AKB48の推しメンをセンターにできちゃうかもしれない!? >>

前の質問の回答はよくわかりました。こちらからまた質問でいいのかわかりませんが…


またまた言葉が足らずすいません。また前の質問の補足をさせていただきます。

会社の口座から総支給額を下ろし、給料、所得税などの預かり金、前貸しなどすべて一度分けた上で手元に所得税などの現金が残り、それを、各口座(所得税なら所得税の引き落とし口座、積立口座)に預け入れています。その場合でも、貸方は当座預金でいいのでしょうか?
前貸しも、一度は下ろした総支給額から天引きし、手元に残ったものを再び預け入れます。

面倒ですいません。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

こんにちは。



あなたの会社のやり方が、やっと理解できましたよ。変わった会社ですね。珍しいです。

以下、私がひな形を書きましょう。


2月24日の給料日、当座預金から給与総額300万円の現金を下した。
〔借方〕現金3,000,000/〔貸方〕当座預金3,000,000

役員報酬80万円と従業員給与220万円を現金で支給した。ただし、所得税23万円、社会保険料31万円、雇用保険料1万1千円、社員旅行費4万円、貸付金5万円を天引きした。
〔借方〕役員報酬   800,000/〔貸方〕現金2,359,000
〔借方〕従業員給与2,200,000/〔貸方〕預り金 230,000 
〔借方〕………………{空欄}……………/〔貸方〕預り金 310,000
〔借方〕………………{空欄}……………/〔貸方〕預り金  11,000
〔借方〕………………{空欄}……………/〔貸方〕預り金  40,000
〔借方〕………………{空欄}……………/〔貸方〕貸付金  50,000

さて、現金が641,000円余った。そのうち、

社員旅行費分の4万円を、その日に銀行の積立預金とした。
〔借方〕定期積金40,000/〔貸方〕現金 40,000

貸付金分の5万円を、その日に当座預金へ戻した。
〔借方〕当座預金50,000/〔貸方〕現金 50,000

社会保険料分の31万円を、その日に普通預金へ入金した。
〔借方〕普通預金310,000/〔貸方〕現金 310,000

雇用保険料分の1万1千円を、その日に普通預金へ入金した。
〔借方〕普通預金 11,000/〔貸方〕現金 11,000


所得税分の23万円は、3月2日に銀行窓口で納税した。
〔借方〕預り金 230,000/〔貸方〕現金 230,000
    • good
    • 0
この回答へのお礼

遅くなりました。
大変解りやすい回答ありがとうございます。

社会保険や雇用保険の預かり金勘定は、引き落とし時点で、借方預かり金、貸方普通預金で仕訳すればいいですか?
旅行費は、旅行で使った時点で借方預かり金になるんでしょうか?旅行は毎年行く訳ではないので、長期預かり金にしたほうがいいでしょうか?

お礼日時:2012/03/09 11:07

No.2です。



>社会保険や雇用保険の預かり金勘定は、引き落とし時点で、借方預かり金、貸方普通 預金で仕訳すればいいですか?

その仕訳でOKです。


>旅行費は、旅行で使った時点で借方預かり金になるんでしょうか?

その通りです。

>旅行は毎年行く訳 ではないので、長期預かり金にしたほうがいいでしょうか?

すばらしい!!
「預り金」より「長期預り金」の方がベターです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました(^^)
とても解りやすかったです☆

お礼日時:2012/03/09 15:17

各企業やお店の仕訳け方がありますので、ここでは何も書けません。


ただ、各差引いた分を当座預金から引落しされるというのは、初ですが。

この回答への補足

すいません、所得税は間違えました。所得税は引いた現金を後日銀行窓口で支払いますが、社会保険、雇用保険は引き落とし、前貸しも口座に戻し、旅行費は全員分まとめて同じ口座に入れ、旅行の時に各自の旅費代としてまとめて渡します。

以前いた経理が辞めてしまい、任される事になりました。簿記は少し勉強してましたが、実際伝票書いたりしてるとわからなくなります。

会社によってやり方が違うのですね…。

補足日時:2012/02/23 20:02
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q振替伝票の書き方(預かり金)を教えてください2

http://oshiete.goo.ne.jp/qa/7154900.html
前回こちらで質問させていただいたのですが、まだちょっと分からない点があるので、
教えてください。

11/25分は分かったのですが、
11/30では「預かり金」分をどのようにすればいいのでしょうか。

給与ソフトで出てくる数字とあわせているのですが、貸方の預り金には全従業員分の「預り金」が含まれた数字が出てくるのに(休職中の従業員分も含め)対し、借方で出てくる数字は課税対象額で出てくるため、合計が合いません。
借方で休職中の従業員から預かった個人負担分の振替が必要かと思うのですが、
この場合「預り金」?「立替金」なのでしょうか?

〔借方〕従業員給与/〔貸方〕普通預金←実際振り込んだ金額
〔借方〕交通費・・・〔貸方〕預り金
〔借方〕振込手数料・・・〔貸方〕法定福利費
〔借方〕?・・・〔貸方〕法定福利費

Aベストアンサー

No.1です。

11/30の給料日の」仕訳は間違っています。

(1)「預り金」で、11/25に現金で預かった分を含めるのは誤りです。つまり、この仕訳では、11/25に現金で預かった分は関係ないのです。
(2)ここで雇用保険料を「法定福利費」として貸方計上するのは、全く不可解です。というより、やはり間違いでしょう。


給料日の仕訳は、一般には次のようになります(役員報酬を除く)。

〔借方〕従業員給与 /〔貸方〕普通預金
〔借方〕通勤交通費 /〔貸方〕預り金…健康保険料・介護保険料
〔借方〕支払手数料 /〔貸方〕預り金…厚生年金保険料
〔借方〕…{空欄}…/〔貸方〕預り金…雇用保険料
〔借方〕…{空欄}…/〔貸方〕預り金…所得税
〔借方〕…{空欄}…/〔貸方〕預り金…住民税
=================================
〔借方合計〕☆☆☆☆☆/〔貸方合計〕☆☆☆☆☆

以上、ご参考に。

Q預金から引き出して現金で給料を支払う時の仕訳

預金から現金を引き出して現金で給料を支払う時の仕訳について教えて下さい。

まず銀行から引き出した時の仕訳は
現金  200000 / 普通預金 200000
で、合ってます…よね?

そして給料を支払う時の仕訳は
給料手当 200000 / 現金   170000
            預り金   30000

で、良いのでしょうか?それとも最初から

給料手当 200000 / 普通預金 170000
            預り金 30000
とすると、預金の金額が狂って来るのでしょうか?
初歩的な質問ですが、宜しくお願いします。

Aベストアンサー

No.2です。


>今日、銀行から現金を引き出し、今日、給料を現金で支払う場合は、


◆今日の日付で、
〔借方〕給料手当 200,000/〔貸方〕普通預金 170,000
〔借方〕………{空欄}………/〔貸方〕預り金   30,000
です。

かりに現金17万円をおろして、社員に現金を支給する場合でも、この仕訳で良いのです。この場合は、預金出納帳では、「支出 170,000」が表示されるだけです。相手科目は「給料手当」とだけ表示されます。


◆この仕訳では納得できないという場合は、

今日の日付で、
〔借方〕現  金 170,000/〔貸方〕普通預金 170,000

今日の日付で、
〔借方〕給料手当 200,000/〔貸方〕現 金  170,000
〔借方〕………{空欄}………/〔貸方〕預り金   30,000

というように、二段階に仕訳をしても間違いとはいえません。

この場合も、預金出納帳では、「支出 170,000」が表示されるだけです。相手科目は「現金」とだけ表示されます。


◆もし、預金から現金20万円をおろすのであれば、

今日の日付で、
〔借方〕現  金 200,000/〔貸方〕普通預金 200,000

今日の日付で、
〔借方〕給料手当 200,000/〔貸方〕現 金  170,000
〔借方〕………{空欄}………/〔貸方〕預り金   30,000

ですから、預金出納帳では、「支出 200,000」が表示されるだけです。相手科目は「現金」とだけ表示されます。

また、預金から現金20万円をおろして、そのうち17万円を給与で払いますから、現金出納帳の今日の残高は、前日の残高よりも3万円だけ増加することになります。

No.2です。


>今日、銀行から現金を引き出し、今日、給料を現金で支払う場合は、


◆今日の日付で、
〔借方〕給料手当 200,000/〔貸方〕普通預金 170,000
〔借方〕………{空欄}………/〔貸方〕預り金   30,000
です。

かりに現金17万円をおろして、社員に現金を支給する場合でも、この仕訳で良いのです。この場合は、預金出納帳では、「支出 170,000」が表示されるだけです。相手科目は「給料手当」とだけ表示されます。


◆この仕訳では納得できないという場合は、

今日の日付で、
〔借方〕現  金 170...続きを読む

Q現金給料の振替伝票

はじめて質問します。

会社の振替伝票と現金出納帳を任されました。出金と入金伝票は書いてません。
現金を預金から下ろしその日に渡します。(土曜の場合は前日に下ろし土曜に渡します)

役員報酬、給与手当、賃金給料があり、それぞれから所得税、旅行費積立、雇用保険、社会保険、前貸を引き現金で渡すのですが、
(1)伝票は借方に役員報酬や給与手当の各金額を書き(科目が違うから)貸方の現金の金額はまとめていいのですか?
(2)伝票は一人一人書くべきですか?
(3)旅行費積立を銀行に積む時の仕訳、科目は?
(4)前貸分を銀行に預ける時の仕訳、科目は?(5)土曜の場合、前日に未払い金などで伝票起こして渡したらまた伝票書くべきですか?


教えてください。

Aベストアンサー

No.1です。

>前貸しは、会社の預金から下ろして貸し、『貸付金』で処理し、

この仕訳は、
〔借方合計〕貸付金@@@/〔貸方合計〕当座預金@@@
ですね。

>給与から天引きした

この仕訳は、
〔借方合計〕給与@@@/〔貸方合計〕貸付金@@@
ですね。

>のをまた同じ口座に戻します。この時の仕訳は?

「口座に戻す」という考え方が、全く理解できません。給与から天引きしたら貸付金が会社に戻るのだから、給与から天引きするだけで充分なのではありませんか。

>旅行費は天引きし、全部同じ口座に積立してるようです。
>預け入れるのに、貸方が当座預金でいいのでしょうか?

会社名義の口座(当座預金)からお金を下して、従業員名義の口座に積立てます。当座預金からお金を下すのだから、貸方が当座預金で正しいのです。

Q12月のお給料の振替伝票

所得税を多く払いすぎていた場合に、12月のお給料の振替伝票を書くときに、いつも所得税の預り金を貸方にかいているのですが、借リ方に所得税、貸方にお給料と逆にすればいいのでしょうか?

Aベストアンサー

年末調整の還付額があるということですね。
この場合は、その払いすぎていた所得税を本人に還付することになりますので、
(預り金)/(現金預金)
ということになります。
給料を貸方に記入するということは、給料勘定の残高を減らすということになります。これはおかしいですよね。

例えば、給料100,000円、所得税の還付が10,000円だとすると、ご本人には110,000を支払うことになります。従ってこの仕訳は、
(給 料)100,000/(現金預金)110,000
(預り金) 10,000
となります。

Q源泉所得税を支払った勘定科目は何ですか?

一人で法人を営んでいます。源泉所得税を六ヶ月に一回支払っています。(甲)

帳簿に記載する場合でお聞きします。

毎月法人として預かっている金額は科目として「預り金」で「収入」に記載すればいいと思うのですが、法人が支払った(甲)の科目は「預かり金」で「支払い」欄に記載すればいいのでしょうか?

税金なので違う科目があるように思うのですが・・

検索しても支払った時の(甲)の科目を説明したサイトを発見できません。

お詳しい方宜しくお願いします。

Aベストアンサー

横レス失礼します。


議論が長引いているようですので、私の回答で納得して下さい。

以下、会計ソフトを使います。

ケーススタディとして、「11月25日、従業員に給料30万円を支給するとき、所得税1万円を天引きして、残額の29万円を現金で支払った。12月10日、天引きした所得税1万円を現金で納税した」とします。

※仕訳の入力では、「振替伝票」の画面だけを使うようにして下さい。その他の入力画面、例えば「現金出納帳」、「入金伝票」、「出金伝票」、「預金出納帳」、「売上帳」、「仕訳日記帳」などの画面は決して使わないようにして下さい。間違いが起きやすいので。

◇11月25日、従業員に給料30万円を支給するとき、所得税1万円を天引きして、残額の29万円を現金で支払った。

〔借方〕給 与 300,000/〔貸方〕現 金 290,000
〔借方〕…………{空欄}…………/〔貸方〕預り金  10,000
※この「預り金」は、「所得税預り金」でも良い。

この仕訳が、自動的に総勘定元帳へ転記されます。
・「給 与」元帳の借方へ300,000と記入。相手勘定は「諸口」。
・「現 金」元帳の貸方へ290,000と記入。相手勘定は「現金」。
・「預り金」元帳の貸方へ10,000と記入。相手勘定は「現金」。
転記後の総勘定元帳を確認して下さい。

また、現金出納帳へも自動的に転記されます。
・「支出」の欄へ290,000と記入。相手勘定は「給与」。

《注》しかし、このとき、「預り金」は現金出納帳へは転記されません。
  そもそも現金出納帳とは、財布(金庫)の現金の増減を記録するとともに、現金の有り高を管理するのが目的の帳簿です。入金があったら記入し、出金があったら記入します。そして出納帳の残高と財布(金庫)の中の現金とが一致することを確認します。
  ここの「預り金」は現金の増加に伴って発生する「預り金」ではないので、この「預り金」の増加を現金出納帳に記録するのは誤りです。この「預り金」は、給与の一部の支払いを保留するために生じる負債を表示する「預り金」に過ぎません。

【重要】ここで「現 金」元帳と現金出納帳は同じ機能を果たしていることに注意して下さい。そうです。会計ソフトでは、現金出納帳は必要ありません。「現金出納帳」は、コンピュータ会計時代の前の古い時代、つまり手書き簿記時代の「遺物」に過ぎないのです。


◇12月10日、天引きした所得税1万円を現金で納税した。

〔借方〕預り金 10,000/〔貸方〕現 金 10,000
※「預り金」で天引きした所得税を納税したときは「預り金」で支払いをします。「所得税預り金」で天引きした所得税を納税したときは「所得税預り金」で支払いをします。

この仕訳が、自動的に総勘定元帳へ転記されます。
・「預り金」元帳の借方へ10,000と記入。相手勘定は「現金」。
・「現 金」元帳の貸方へ10,000と記入。相手勘定は「預り金」。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ということで、標題の御質問ですが、

>源泉所得税を支払った勘定科目は何ですか?

源泉所得税を支払う際の借方の勘定科目は「預り金」または「所得税預り金」です。

横レス失礼します。


議論が長引いているようですので、私の回答で納得して下さい。

以下、会計ソフトを使います。

ケーススタディとして、「11月25日、従業員に給料30万円を支給するとき、所得税1万円を天引きして、残額の29万円を現金で支払った。12月10日、天引きした所得税1万円を現金で納税した」とします。

※仕訳の入力では、「振替伝票」の画面だけを使うようにして下さい。その他の入力画面、例えば「現金出納帳」、「入金伝票」、「出金伝票」、「預金出納帳」、「売上帳」、「仕訳日記帳」などの...続きを読む

Q初歩です。現金で給与を払い、仕分けの仕方

初歩的ですがよろしくお願いします。
給与を現金で支払っています。
例えば、額面20万、健康保険料1万、年金2万、介護保険料5千円、所得税1万、差引き支給額15万5千円という給与明細の場合、それぞれ科目と適用はどうなりますか?
とても恥ずかしい質問ですが、教えてください。

Aベストアンサー

借方 給与200000 貸方 現金150000
            預り金50000
です。
保険料等は授業員に変わって会社がまとめて払うだけなので、預り金(従業員預り金)になります。
これらを分ける必要はないです。

Q振替伝票の書き方

経理初心者です。
振替伝票の書き方を教えてください。

21000円の請求に対して、お客様が手数料(315円)を引いた20685円を振り込んで来ました。
この場合振替伝票はどう記入すればよいでしょうか?

金額    借方科目   適   要    貸方科目   金額
20685   普通預金   〇〇会社    売上      21000
 315    振込手数料 


上記記入方法で合っていますか?

お分かりの方教えて下さい。

Aベストアンサー

正しいやり方はこうです。
21,000円の請求に対して,お客様は21,000円支払いくださればよかったのです。
ところがお客様が銀行から振り込み送金する時に315円かかったのです。だから本来は,お客様が銀行へ支払う費用です。しかしお客様は315円差し引いて20,685円送金してきたのです。

でも実際は質問の通りです。何とかしたい。ですね。
(借方)普通預金20,685/(貸方)売上高21,000
    支払手数料  315/

よけなことですが,誰であれ銀行へ行って振り込み手数料がかかった時は振り込んだ方の費用になります。ですから,お客様と,しっかり契約時に,決めてください。もし,お客様が数十件だったらどうしますか?平成のこの時代にどんぶり勘定は通用しません。

Q振替伝票の書き方(預かり金)を教えてください

経理初心者で、質問内容に失礼があったら申し訳ございません。
振替伝票の書き方を教えてください。

会社で本日(11/25)、長期休職中の社員さんから、社会保険料個人負担分を現金で預かりました。
現金/預かり金?

11/30給料支払いで発生する社会保険料です。
※日給のため、勤務しなければ給料が発生しません。

宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

本来は、

11/30
〔借方〕従業員給与/〔貸方〕普通預金
〔借方〕……{空欄}…/〔貸方〕預り金
です。

しかし、その社員は休職中であり日給社員であるために給料が発生せず、社会保険料を天引きすることができません。で、社員負担分の社会保険料を11/25に現金で預かったというわけですね。

この場合も、
現金/預かり金
でOKです。

会社がいずれ、日本年金機構や健康保険協会に納付する社会保険料の一部に充当する資金だから「預かり金」で良いのです。

Q【初心者です】振替伝票の書き方

いつもお世話になっております。

振替伝票の書き方について教えてください。
営業事務ですが、少しずつ 経理を覚えるように・・・と言われ
簿記3級の講座に通い、先日 試験を受けた者です。

昨日、小口現金について振替伝票を書くように指示されたのですが、
初めて振替伝票を見たので何をどうしたらいいのかわかりません。

用紙には...
[金額] [借方科目] [摘要] [貸方] [金額] とあります。

1.80円の切手[通信費]を小口現金から出した場合は...

 80  通信費  切手代  現金?(小口現金??) 80

 と するのでしょうか。

2.振替伝票の左上に日付を書くところがあるのですが、ここには
  伝票を作成した日(起票っていうのかな?)を書くのでしょうか。

3.1枚につき、1行を書くのでしょうか。
  例えば、[通信費]と[会議費]と[事務用品費][消耗品費]等を1枚に書いていいのでしょうか。
  それとも[通信費]は通信費だけの振替伝票、[会議費]は会議費だけの振替伝票に分けた方がいいのでしょうか。


 わかりづらい質問で申し訳ありません。
 何卒ご教授くださいますようお願いいたします。
 
 *今日は18時まで、ずっとPC前でご回答をお待ちしております。

 

いつもお世話になっております。

振替伝票の書き方について教えてください。
営業事務ですが、少しずつ 経理を覚えるように・・・と言われ
簿記3級の講座に通い、先日 試験を受けた者です。

昨日、小口現金について振替伝票を書くように指示されたのですが、
初めて振替伝票を見たので何をどうしたらいいのかわかりません。

用紙には...
[金額] [借方科目] [摘要] [貸方] [金額] とあります。

1.80円の切手[通信費]を小口現金から出した場合は...

 80  通信費  切手代  現金...続きを読む

Aベストアンサー

usausa1224さん、こんにちは。

1.仕訳は正しいです。貸方は小口現金だと思いますが、勘定科目や摘要欄の書き方は会社ごとに違いますので、過去の伝票を確認してみるのが良いでしょう。

2.日付は社内のルールがあると思います。
  ・銀行や小口現金の入出金→入出金日
  ・請求書(買掛金、未払金)→請求書の日付または入力日 
  (月次で締めている場合は、6月になってから届いた5月の請求書は6月の日付で入力するなどの決まりがあるかと思います。)

3.複数の科目を1枚の伝票に書いてかまいません。
  支払先ごと、入金日ごとなどまとめて大丈夫です。

いずれも一般的な方法はあるものの、会社独自の決まりごとがある場合がありますので、
まずは
(1)過去の資料を確認してみて、
それでもわからない場合は
(2)経理担当者または上司の方に聞いてみる
というのが間違いないと思います。

頑張ってください。

Q勘定科目使い分け 備品費・消耗備品費・事務消耗品費

勘定科目の使い分けについて教えてください!!
会計ソフトを使って入力をしています。その際にタイトルの

備品費
消耗備品費
事務消耗品費
消耗品

が勘定科目にあり使い分けに悩んでいます。
前任の経理担当者からも教えてもらったのですが、いまいち基準が分からなくて…

何人か会計に詳しい人に聞いて、上記の4つを今期からは

消耗品(10万円未満のもの)
事務消耗品費(消耗品の中でも事務で使うもの)

という使い分け方をして、二つに絞ることになりそうです。

そこでいまさら調べる必要はないのですが、あえて上記4つの勘定科目を使うなら、みなさんはどう使い分けますか?
もしくはどのように使い分けるのが一般的だと思われますか?

結局備品費って何!?消耗備品費との違いは!?事務消耗品費、消耗品とは…というもやもやをすっきりさせたいです。

Aベストアンサー

#3です。

>備品費という固定資産の科目があるということを初めて知りました。
詳しく知りたいので、
できたら資産として備品費を紹介しているページ等紹介していただけませんか?


そこまで突っ込むのであれば・・

◆「備品費」という勘定科目はほとんど見かけません。紛らわしい科目は使わない方が良いでしょう。

固定資産科目としては普通は、

「什器・備品(什器及び備品と読む。「・」が必要。什器備品という日本語はありません)」または「器具・備品」または「工具・器具・備品」

です。

器具・備品○○/現金○○

と仕訳します。


◆「消耗備品費」という勘定科目もほとんど見かけません。「消耗性備品費」が正しい。

器具・備品のうち少額のもので、税法が「費用」に計上することを認めるもの(※)。

税法が「費用」に計上することを認める:
(1)法人税法では、少額の資産は損金算入を認めます。
(2)所得税法では、少額の資産は必要経費算入を認めます。


※ちなみに、会計では「消耗品」という科目は存在しません。会計では、
消耗品費:洗剤、モップ、箒、灯油、お盆、湯のみ・・
貯蔵品:期中に消耗品費または事務消耗品費または通信費などに費用計上したもののうち期末時点で未使用のものは、「貯蔵品」という資産科目に振り替えます。「消耗品」という科目は使わない。

#3です。

>備品費という固定資産の科目があるということを初めて知りました。
詳しく知りたいので、
できたら資産として備品費を紹介しているページ等紹介していただけませんか?


そこまで突っ込むのであれば・・

◆「備品費」という勘定科目はほとんど見かけません。紛らわしい科目は使わない方が良いでしょう。

固定資産科目としては普通は、

「什器・備品(什器及び備品と読む。「・」が必要。什器備品という日本語はありません)」または「器具・備品」または「工具・器具・備品」

です。

器具・備...続きを読む


人気Q&Aランキング