人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

畑に15坪の平屋納屋が有ります。柱は角60*60*1.6です。地上30~150センチの間で高さを変えて切断し角パイプを継ぎ足し50センチの天井カサ上げを考えています。角パイプのツナギ目を水平溶接したり筋交い取り付け用のアングル40*40*3を縦溶接することの難易度はどのくらいでしょうか?ボイラー等にかかわらない普通の鉄鋼所での溶接経験がどのくらいあれば余裕で作業が出来ますか?溶接機は2.6φ用のエンジン溶接機です。棒は1.4, 2.0 2.6 を用意出来ます。おわかりになる方宜しくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

すでに柱として固定されて建っている角パイプを切断して、屋台を持ち上げ、間に別の角パイプをかませて入れて柱を長くする・・という話ですよね?


話だけ見ても、プロでも非常に難しい作業だと思います。

まず、納屋の柱をどのように切断しますか?
手持ちグラインダーの切断砥石?(ガスは論外ですよね)
間に入れる新しい角パイプは切断機で切り口は直角に切れると思いますが、現場の柱もそのようにキッチリと直角に切断可能ですか?
それができなければ、角パイプ同士の切り口を横溶接する・・以前に、1.6ミリ厚の突合せでスキマいいかげんな状態なら、まず、プロでも溶接は難しいです。
キッチリくっついた同士でも1.6厚だと難しいですが何とかできますが、相当の熟練が必要です、そこにスキマがある場合はなおさらです。
難易度は「そうとう難しい」です。
Lの溶接は「少し難しい」です。

そういう場合、一般的に「あて板」をします。
本当は角パイプ内側にできればいいのですが無理なので、外側にフラットバーや寸法切りした鉄板で合わせ目4面全部にあてがいます。

これなら、建物側の柱がいいかげんな切り口でもカバーできます(限度がありますが)
これだと、溶接は、あて板と柱に対しての角溶接になりますので、スキマのある突合せに比べてはるかに溶接が安易になります。
ただし、あて板下側は慣れないと難しいでしょう、1.6だと、しつこく溶接すればすぐに穴があきます。

溶接は2.6ミリ捧で十分です。
2.6だと、捧の種類が選べますので、強度よりもやりやすさ優先の捧を選んでやればなおさらいいです。

その大きさの納屋で柱が1.6x60x60ということは、相当な簡易型の建物と想像できますので、かさ上げ自体が大丈夫かどうかの問題もありそうですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

納屋は簡易なもので自身が友人と人力だけで他から移設したものです。屋根はみぞ形鋼10*30*60*1.6に10Φ位の丸鋼が筋交補強に使われているだけの物で軽量です。壁もアングルンチップが柱に溶接されその上にみぞ形鋼が水平に取り付けされ波板がフックで直付けされています。屋根もしかりです。筋交いはターンバックルの両端に10Φ位の丸棒が付いているものです。柱の切断は1000ワット(非常に重く600ワットの物が欲しいです。)のセーバーソーです。罫書線の上下に刃の厚さ位の隙間を開けフラットバー(6か9t)をシャコ万で固定して直線切のガイドとする予定です。No.1さんからもアドバイス頂いており無難な「あて板」方式にします。内部構造は100角以上の家屋の廃柱でロフト風にし高さの無いものは1階、2階に納めています。草刈機の様な長尺ものは吹き抜け部に立てかけています。さすがに2階部の作業は背を折り曲げての作業で直ぐに腰が痛くなります。ロフトは完全に独立しており柱への負荷は屋根の重量のみで地震等はあまり心配していません。周囲が開けているので屋根を含め突風対策はこれから考えねばと思っています。アドバイス有難う御座いました。                                                                                                                                                                                                                                                                                                     

お礼日時:2012/03/03 15:37

ビードの出来栄えを気にしなかったら(グラインダーをかけることは出来ます)


さして難しいことはないでしょう。

柱材は上に当てる部材に必ず開先(突き合わせるとレ状態を90度回転した状況になる)を
厚みの60%程度取って下さい。
=開先は多い目が良いのですが、溶接の時に貫通して穴をあける恐れがあります。
 少ないといもづけになり、強度がありません。
もし、どうしても上手く出来ないようでしたら、先輩に頼むか、仮付に使用するような
プレートを少なくとも2面は取り付けて、縦向け隅肉溶接を目指して下さい。

アングルの縦向けは隅肉溶接状態になれば、材料を切ったままでくっつける方が楽でしょう。

後は経験で電流値(棒の太さ)や、品物に棒を当てる角度・距離を調整して下さい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

私は経験が有りません。経験1年と30年の知人がいます。1年は持ちつ持たれつで無報酬でいつでも気軽に頼めます。熟練者は親しさの関係で日程調整から応分の謝礼も必要です。従って1年生に回答内容を理解したうえで自信が有れば挑戦してもらおうと思います。有難う御座いました。

お礼日時:2012/03/03 13:53

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qアーク溶接で鉄板にアングルを垂直に溶接する場合に、 アングル内側の角がどうしてもうまく溶接できず、相

アーク溶接で鉄板にアングルを垂直に溶接する場合に、
アングル内側の角がどうしてもうまく溶接できず、相談させてもらった所
回し溶接という技法を教えて頂きました。やり方は円弧を描くようにとの事なのですが、円弧を書くことによりなぜ角が溶接できるのでしょうか?

今日も上記アングル角の溶接の練習をしている時に、うまくいかない時の角の様子をしっかり
みたのですが角の時は、溶融地、ノロ、アークがすべて重なっているような状態でした。
金属が溶けているのかも見えず、ただオレンジ色の塊といった感じです。
うまくいかない状態の詳細は、角の所で全体にビートがのっておらず、ビートに穴が開いているような感じです。
対処法、原因、練習方法など教えて頂けましたら幸いです。
明日も練習するつもりです。
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

アングルの外側から溶接をスタートしてみてください。それによってアングルと鉄板が温められてビードがのりやすくなります。ブローホール防止になりますよ!

Q丸パイプをはしご状に組むための加工法

お世話になっております。
確実で効率のよい方法を御存知の方がいらしたら、お知恵を貸してください。

丸パイプ(鋼管)のポールを垂直に2本立てます。
間に開き止めの丸パイプ(同直径)を水平に入れたいです。
このとき、横棒のパイプの両端が直線だと、縦棒とは2点でしか
溶接できないので、当然強度は落ちます。
なるべく線で溶接したいので、横棒の両端に縦棒のRに合わせた
えぐり込みを入れて、密着させる加工をしたいです。
しかし、フライス盤は持っていません。

そこで質問なのですが・・・

・横棒は2~3本入れるつもりなので、えぐり込みの深さを均一にしたい
・2本の縦棒の間に入るので、両端のえぐり込みの向きをキッチリ合わせたい

以上2点を実現させるためには、どのような加工法があるでしょうか?
数が少ないので、横棒の両端をけがいてグラインダで削っていくことに
なると思うのですが、きれいにけがける自信がありません。

持っている機材はボール盤と高速カッター、ハンドグラインダと
万力程度です。

直接の回答でなくとも、参考になるページを紹介していただければ
助かります。
よろしくお願いします。

お世話になっております。
確実で効率のよい方法を御存知の方がいらしたら、お知恵を貸してください。

丸パイプ(鋼管)のポールを垂直に2本立てます。
間に開き止めの丸パイプ(同直径)を水平に入れたいです。
このとき、横棒のパイプの両端が直線だと、縦棒とは2点でしか
溶接できないので、当然強度は落ちます。
なるべく線で溶接したいので、横棒の両端に縦棒のRに合わせた
えぐり込みを入れて、密着させる加工をしたいです。
しかし、フライス盤は持っていません。

そこで質問なのですが・...続きを読む

Aベストアンサー

手持ちの道具で作りましょう。
裏面無地の広告を用意して。
テープ一本で横パイプに貼り付け、巻いた紙の"縦のへり"をかさねれば、紙の横辺で基準線がひけますよね。重なる部分に印を付ければ、パイプの円周も測れますよね。紙を開いて1/2に印を付けてパイプに写せば上下の線がかけますよね。縦パイプ一本横パイプ2本線を引く。紙だけを丸め、紙の基準線と縦パイプの基準線を合わせ、エンピツを縦パイプのアールに沿わせて動かし紙に写す。ハサミで切り取りながらパイプのアールに合わせる。出来た型紙を横パイプに巻き、切った縁をなぞれば、削る部分が分かりますよね。あとはハンドグラインダーで欠きとって溶接すれば出来上がり。がんばれDIY>

QNをkgに換算するには?

ある試験片に40kgの重りをつけた時の荷重は何Nをかけてあげると、重り40kgをつけたときの荷重と同等になるのでしょうか?一応断面積は40mm^2です。
1N=9.8kgfなので、「40kg=N×0.98」でいいのでしょうか?
ただ、式の意味がイマイチ理解できないので解説付きでご回答頂けると幸いです。
どなたか、わかる方よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。

kgfはSI単位ではないですが、質量の数値をそのまま重さとして考えることができるのがメリットですね。


>>>
ある試験片に40kgの重りをつけた時の荷重は何Nをかけてあげると、重り40kgをつけたときの荷重と同等になるのでしょうか?

なんか、日本語が変ですね。
「ある試験片に40kgの重りをつけた時の引っ張りの力は何Nの力で引っ張るのと同じですか?」
ということですか?

・・・であるとして、回答します。

40kgのおもりなので、「おもりにかかる重力」は40kgfです。

重力は万有引力の一種ですから、おもりにも試験片にも、地球からの重力はかかります。
しかし、試験片の片方が固定されているため、見かけ、無重力で、試験片だけに40kgfの力だけがかかっているのと同じ状況になります。

試験片にかかる引っ張り力は、

40kgf = 40kg×重力加速度
 = 40kg×9.8m/s^2
 = だいたい400N

あるいは、
102グラム(0.102kg)の物体にかかる重力が1Nなので、
40kg ÷ 0.102kg/N = だいたい400N


>>>1N=9.8kgfなので、「40kg=N×0.98」でいいのでしょうか?

いえ。
1kgf = 9.8N
ですね。


>>>一応断面積は40mm^2です。

力だけでなく、引っ張り応力を求めたいのでしょうか。
そうであれば、400Nを断面積で割るだけです。
400N/40mm^2 = 10N/mm^2 = 10^7 N/m^2
1N/m^2 の応力、圧力を1Pa(パスカル)と言いますから、
10^7 Pa (1千万パスカル) ですね。

こんにちは。

kgfはSI単位ではないですが、質量の数値をそのまま重さとして考えることができるのがメリットですね。


>>>
ある試験片に40kgの重りをつけた時の荷重は何Nをかけてあげると、重り40kgをつけたときの荷重と同等になるのでしょうか?

なんか、日本語が変ですね。
「ある試験片に40kgの重りをつけた時の引っ張りの力は何Nの力で引っ張るのと同じですか?」
ということですか?

・・・であるとして、回答します。

40kgのおもりなので、「おもりにかかる重力」は40kg...続きを読む

Qアーク溶接がうまくいかない

この間、アーク溶接機を買ってきました。
アークボーイジュニアです。5千円でした。
http://www.ikuratools.com/seihinsyoukai/arkboy.htm
DIYで、ちょっと鉄をくっつける程度なら、大丈夫だろうと思って買いました。
いちおう、溶接に関する基本的な知識はネットで調べたり、本で調べたりして、
溶接に臨みました。
最初は、溶接棒が、母材にくっついてしまって、うまくいきませんでしたが、
そのうち、アークを連続して発生させることができるようになり、
素人の範囲で、うまくできるようになったつもりでした。

それから数日後、この間、溶接した部分の少し上に、
同じ鉄の棒を、同じ要領でくっつける作業をしました。
最初は順調だったのですが、数本、鉄を付けた途中で、
さっぱり、溶接ができなくなりました。
アークが連続して発生しないのです。
母材に溶接棒を突っついて、試行錯誤していると、
すぐに母材に溶接棒がくっついてしまい、ショートして、
溶接機のブレーカー(安全装置)が落ちるのです。
電源スイッチを切り、数秒待って、また作業を始めても、
やっぱりアークが連続せず、母材にくっつき、ブレーカーが落ちる。
それの繰り返しで、そこから全く溶接が進みませんでした。

使用率を越えたのが原因かと思ったので、その日の作業はやめて、
後日、やってみたのですが、
今度は最初から、できませんでした。
やっぱり、アークが連続しないのです。

取扱説明書を見ると、くっつく原因として、
「電源電圧が足りない。」「溶接棒が太すぎる」「低電圧用の溶接棒ではない。」
「アークの感覚がつかめていない。」
と書いてありましたが、
電源は、分電盤からすぐの所で、溶接機のみに使用し、
溶接棒も、φ1.6を使い、低電圧用のものです。
いったい、何か原因でできないんでしょうか?
それとも、アークの感覚がつかめていないせいでしょうか?

この間、アーク溶接機を買ってきました。
アークボーイジュニアです。5千円でした。
http://www.ikuratools.com/seihinsyoukai/arkboy.htm
DIYで、ちょっと鉄をくっつける程度なら、大丈夫だろうと思って買いました。
いちおう、溶接に関する基本的な知識はネットで調べたり、本で調べたりして、
溶接に臨みました。
最初は、溶接棒が、母材にくっついてしまって、うまくいきませんでしたが、
そのうち、アークを連続して発生させることができるようになり、
素人の範囲で、うまくできるようになったつも...続きを読む

Aベストアンサー

車両整備に従事し、溶接技能者としても勤務しています。

熔接機の能力不足もしくは、過負荷作業と思われます。
質問の製品の定格ですが、容量40Aで使用棒が1.6mm
使用率5%となっています。

1.6mm棒で40Aの溶け込み厚は約1.6mmとなり、10mm
は無理です。2.6mm棒に80A程度必要になります。
使用率5パーセントですが、電源を投入している運転時間に
対する熔接作業時間を示しています。
運転時間を60分として、その中で3分熔接が出来るという事
です。限界に達するとブレーカが落ちるのでしょう。

アークがうまく発生せずに棒がくっつくと、短絡状態となって
過大電流が流れます。

最初はうまく出来たようですが、能力からして溶け込み不足で
充分な強度が出ていないかも知れません。
薄物専用の機種ですのでやはり役者不足の感があります。

熔接機は、大は小を兼ねる傾向がありますので、余裕のある
機種選択がよろしいかと。
せっかく入手した熔接機ですが、能力の限界は残念ながら、
どうにもなりません。
知り合いに熔接の職人さんがいれば適切なアドバイスが得られた
でしょう。

私は150Aのエンジンウェルダー(発動式熔接機)を所有して
いますが、3.2mm棒が使え個人的な使用では、充分な能力を
発揮できております。
今後も熔接に興味を持って取り組むのでしたら、もう少し容量の
大きな物を入手された方が良いでしょう

100V仕様では100A位が市販品の限界となります。
200V仕様だと150Aくらいの物がありますが、入力が
30A程度になりますので、契約アンペアによっては少々苦しい
かも知れません。

エンジンウェルダーの利点は移動可能なこと、防音仕様でも
夜間の作業は気が引けます。価格も高価ですが。

熔接のコツですが、ありません。
他の回答にありますが、これはコツと言うよりも基本的な
手順になります。
熔接は職人の領域とも言える作業で、説明だけで簡単に
できるものでもありません。
14年ほどやっていますが、改心の出来ばえと言えるものは
あまり多くありません。

最後に、熔接姿勢による難易度ですが、下向き<立て向き
<横向き<上向きとなります。
この向きとは運棒の向きになります。

下向き →母材を見下ろす姿勢の作業
立て向き→壁や柱のような垂直に立った母材に対し上下方向
     に運棒
横向き →垂直の壁や板状母材に対し水平方向の運棒
上向き →棒の先端を上に向け母材を見上げるようにして
     作業

適切な電流調整と姿勢に応じた適切なアークの維持が決めて
となります。横向き、立て向き、上向きでは電流が強すぎると
母材が解けて流れ落ち見栄えが悪く、強度も低下します。

車両整備に従事し、溶接技能者としても勤務しています。

熔接機の能力不足もしくは、過負荷作業と思われます。
質問の製品の定格ですが、容量40Aで使用棒が1.6mm
使用率5%となっています。

1.6mm棒で40Aの溶け込み厚は約1.6mmとなり、10mm
は無理です。2.6mm棒に80A程度必要になります。
使用率5パーセントですが、電源を投入している運転時間に
対する熔接作業時間を示しています。
運転時間を60分として、その中で3分熔接が出来るという事
です。限界に達するとブレーカ...続きを読む

Q家庭用100V電源でどこまでのアーク溶接が可能でしょうか?

 家で自分でアーク溶接をして色んな物を作りたいと考えておりますが、ホームセンター等で1万円前後で溶接機が売られています。
 私は工業高校卒でアーク溶接は昔、少ししたことがあります。家庭で4mm厚み位の鉄板を溶接したいのですが、よく、すぐ電源、ブレーカーが落ちる、ショートすると聞きます。また溶接機には使用率○%とか記載されています。電源電圧、電流等はよく分からないので、家でアーク溶接する場合、注意しなければならないことは何でしょうか?
 無論、安全、保護具等は分かっています。溶接する上での機器の取り扱い、また100V機で出来る範囲、こうなると電源の容量不足、使用率の意味、溶接棒の選択、継続作業時間等、詳しい方、教えていただけないでしょうか?

Aベストアンサー

100Vの溶接機で4ミリの鉄板を溶接しようとしたら溶接棒は2.6ミリの太さが欲しいでしょうね。
2.0ミリでもできない訳ではないでしょうが電流の方も100Vのものでは使用できないと思います。
2,0ミリの棒で60アンペア位  2.6ミリの棒85アンペア位必要だと思ってください。(細かい設定が必要だと思いますので多少の上下はします)
僕たちが仕事でするときは3,2ミリの棒で130アンペアくらいが一番綺麗に溶接ができます。
100Vでの使用できる範囲とありますが 使用できる溶接電流次第です。(大きくなると使用電流も大きくなるので、ご自宅の契約アンペアを確認してください)まあ一般的に薄板2,0ミリくらいの鉄板の溶接が表面がくっついている状態だと思います。
使用率の意味は連続使用しての溶接できる時間です。
もし 10%でしたら 1時間の間の連続使用は6分間しか使用できないという意味です。 後の54分は本体の冷却時間になってしまいます。
溶接機に自己保持機能(基盤の破損防止)がついているものは、アークも飛びません。使用率というものはこういう意味があります。
溶接棒は先ほどにも述べましたように 大体の太さと電流が決まっているので下記にサイトが参考になればと思っています。
溶接屋からいわせていただくと4ミリの鉄板は溶接ができないと思います(くっつくことはできると思いますが溶けていないと思います)

参考URL:http://www.nichido-ind.co.jp/frame-list2.htm

100Vの溶接機で4ミリの鉄板を溶接しようとしたら溶接棒は2.6ミリの太さが欲しいでしょうね。
2.0ミリでもできない訳ではないでしょうが電流の方も100Vのものでは使用できないと思います。
2,0ミリの棒で60アンペア位  2.6ミリの棒85アンペア位必要だと思ってください。(細かい設定が必要だと思いますので多少の上下はします)
僕たちが仕事でするときは3,2ミリの棒で130アンペアくらいが一番綺麗に溶接ができます。
100Vでの使用できる範囲とありますが 使用できる溶接電流次第です。(大きくなると使用電...続きを読む

Qアーク溶接棒の選択は?

バッテリー溶接機を買いました。 3.2ミリまでの溶接棒が使える機種です。

溶接棒を買おうと思うのですが、3.2ミリの溶接棒だけでいいでしょうか?

板厚 1ミリ~3ミリ位を溶接することが多くなりそうです。 板厚に合わせて、溶接棒は買うものなのでしょうか? 溶接棒の場合、大は小を兼ねますか?

素人です。 よろしくお願いします。

Aベストアンサー

溶接機使われるならどこかで一度訓練受けるか、知り合いに鉄工所でもあれば相談して教えてもらうことをお勧めします。
ご質問の溶接ですが板厚考えるとどちらかといえば難しいほうの部類に入ります。薄板溶接は少し技量を必要とします。少しだけくっついていれば良いと言うような目的ではなさそうですので。通常はほかの方の指摘にも有ります様に板厚から板厚より少し細い棒径位でしょう。板厚に合わせてそろえるのがよいでしょう。が板厚1ミリ、2ミリは苦労します。板厚3.2mでも多少ましくらいで。母材が入力の熱で溶けて溶接にならないからです。長さ1cmとか2cmをとびとびに溶接し冷ましながら又隣を溶接というような手順になります。
板厚3ミリ程度ですともう少し長い距離でもいけますが、連続で溶接していくことはむつかしいかと。
ネットで薄板溶接で検索すると結構説明や要領が出ております。溶接棒の大は小を兼ねることはできません。やってもかまいませんが失敗するだけです。大の棒にはそれに適した板厚があり板が薄くなれば小に変えるしかありません。素人と表現ありますがどのレベルかわかりませんが一言老婆心を書かせてください。
1・溶接するからには、防護メガネか溶接面も揃え、手袋(溶接用)も買われたと思いますが半そでなど皮膚が直接出ないよう気を付けてください。この火花はとても高温で、服を着ていても火傷することがあります。素肌など危険です。結構深いところまで焼けます。アイロンでアッチチ程度のものではありません。点状で深いやけどです。溶接部など冷めていれば良いのですがすぐ素手で直接触らないように気を付けてください。見た目以上に高温ですので。
2・溶接するときどうしても溶接部を見てその後溶接面や防護メガネで目を保護して溶接するわけですが、最初はうまくいかずアークを直接に見てしまう瞬間があります。これが結構何回も続きます。やって見ればわかります。これで結構目をやられてしまいます。昼間はまだあまり感じませんが夕方から目が開けていられないくらい痛みます。時間とともにおさまっていきますが翌日まで残ることがあります。あまり長時間なさらないほうがよいと思います。30分~1時間。できるだけアークを見ないよう努めてください。また目をよく濡れタオルなどで冷やしてください。現場では熟練者からまた目を火傷したかとからかわれていました。
3.溶接する鉄板にアースをとること。 注意してください。
4.火花が飛びますので、付近に燃えやすいものなどおかないよう気を付けてください。火災に注意を
また電気系統の配線、安全等溶接機の取説に書いてあること十分注意してください。
安全第一で進めてください。
私も素人で偉そうなことが言えませんが、若い時会社に入って現場実習の時しばらく溶接も教えてもらったのでその時の体験をお話しした次第です。多少参考になれば幸いです。
趣味で使われるようですが 現場用語 ご安全に を最後にお送りしたいと思います。

参考URL:http://image.orange-book.com/image/pdf/help_file/file56651t010005665087.pdf

溶接機使われるならどこかで一度訓練受けるか、知り合いに鉄工所でもあれば相談して教えてもらうことをお勧めします。
ご質問の溶接ですが板厚考えるとどちらかといえば難しいほうの部類に入ります。薄板溶接は少し技量を必要とします。少しだけくっついていれば良いと言うような目的ではなさそうですので。通常はほかの方の指摘にも有ります様に板厚から板厚より少し細い棒径位でしょう。板厚に合わせてそろえるのがよいでしょう。が板厚1ミリ、2ミリは苦労します。板厚3.2mでも多少ましくらいで。母材が入...続きを読む


人気Q&Aランキング