痔になりやすい生活習慣とは?

仏壇でのマナー、真言宗智山派について

実家には仏壇があります。うちの宗教は真言宗智山派です。

毎晩夕食をお供えする際に、

線香をあげ、チンチンと音を鳴らして、目を瞑って合掌をしているのですが、

正しいやり方とかご存知の方がいらっしゃいましたら、教えていただきたく思います。

以前に、テレビ番組かなにかで、仏様にお願い事はしてはいけない
という情報を耳にしたので、

私はいつも無の状態で合掌をしています。

合掌する際にするお経とかありますか?


宗教に詳しい方回答よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

当家も真言宗ですが、あなたが日頃から行われている方法で構いません。


あくまで供養する気持ちが大切なだけですから、ほうじょう様(真言宗で
は御住職様や和尚様と言う言い方はしません)が日常的に行われ居られる
方法を真似て、同じようにする必要はありません。

御大師参りと言うのがありますよね。四国霊場八十八か所巡り等が有名で
すが、確かこの時は梵字で書かれている何文字かの言葉を、三回唱えるの
が基本と聞いた事があります。何処かの御堂に振り仮名を付けてあったの
を覚えていますが、流石にメモをしないと覚えられない言葉でした。
別にその梵字を唱える必要はありません。南無大師遍照金剛と拝んだ後に
唱えられてはどうでしょうか。

余談ですが、チンチンと鳴らす鐘の事を「リン」と言います。これは正式
な名称で、日本に13宗ある宗で全てで呼ばれている名前です。
鳴らす回数も決まってなく、1回でも2回でも別に構いません。


御線香を立てると言われますが、我家では1本の御線香を真半分に折り、
それを2本にして火を灯し、御線香立ての灰の上に寝かせています。
御線香代が勿体ないので折っているのではなく、最後まで燃焼させる事と
万が一に倒れて火事になる事を防ぐため、我家では十数年前から行ってい
ます。ほうじょう様も真言宗に御線香を折って寝かせては駄目と言う教え
は無いから、そのようにされて構いませんよと仰って頂いています。

ただ御飯だけでは駄目で、御茶も一緒に御供えして下さい。御供えが終わ
ってから食事をするのがマナーです。
    • good
    • 1

お世話になっているお寺の御住職が素晴らしいHPを立ちあげています。

ご参考になさってください。
ただし…豊山派です。住職がお経を唱えていますのでご参考に聞いてください!!
真言宗ですが、住職とも和尚とも言いますよ!!

http://www.kongohin.or.jp/recite.html#j
    • good
    • 2

あまり細かいことにこだわることはありません


おはようございます、ただいま、おやすみなさい で良いのです

それに 今日の予定や、今日あったこと、感じたことを話せば良いのです

たまには、親に頼むこともあるでしょう、それと同じで良いのです
ただし、頼んだら頼みっぱなしではなく、経過の報告とお礼は忘れずに

お経は 懺悔文と般若心経が唱えられれば最高でしょう
南無大師遍照金剛 だけでも良いでしょう
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q四十九日までの自宅での供養を教えてください

四十九日まで、初七日や逮夜以外の日に、家族はどのように供養すればよいか教えてください。

数日前、喪主として母の葬儀を終えました。
(ちなみに父はずいぶん昔に亡くなっています)
今のところわからないまま、家族で毎夜般若心経を3回唱えています。
(般若心経の本がたまたま家にあったので、なんとなく3回です)

宗教は、私自身は信仰はありません。
私の実家(母の婚家)は浄土真宗です。
亡くなった母の実家は真言宗です。
葬儀は音楽葬という形でお坊さんはお願いしませんでした。
引っ越しを期に(浄土真宗)の檀家ではなくなり、仏壇は置いていません。
お盆やお彼岸はお墓参りだけで、自宅で祀ることはしていません。

現在、遺骨はローボードの上で、写真とろうそく立て・線香立て・花入れを並べています。
これもわからないまま、なんとなくです。
(住宅事情で後飾り壇・中陰壇というものを設置できません。)
仏壇があった頃は平常、仏飯器と華瓶を仏壇に供えていました。
この時期も同じようにしてもよいのかどうか。
故人の好物などを供えてもよいのかもわかりません。

お参りに来られる方も呼ぶべき人もいませんので、対面を気にする必要はありません。
信仰している宗教はないのだから好きなようにしていいのじゃないかと思いつつ、腑に落ちないまま日が過ぎています。
最初に初七日・逮夜・四十九日といった言葉を使いましたが、法要や、お骨やお墓をどうするかもまだ考えていません。
十分に悲しんで母との別れを納得したいです。
含めて助言をいただけたらと思います。
よろしくお願いします。

四十九日まで、初七日や逮夜以外の日に、家族はどのように供養すればよいか教えてください。

数日前、喪主として母の葬儀を終えました。
(ちなみに父はずいぶん昔に亡くなっています)
今のところわからないまま、家族で毎夜般若心経を3回唱えています。
(般若心経の本がたまたま家にあったので、なんとなく3回です)

宗教は、私自身は信仰はありません。
私の実家(母の婚家)は浄土真宗です。
亡くなった母の実家は真言宗です。
葬儀は音楽葬という形でお坊さんはお願いしませんでした。
引っ越しを期に(浄...続きを読む

Aベストアンサー

 お母様を亡くされてご愁傷様です。
 人間は死んだら物体になるだけと思っていますし、宗教はビジネスだと思っている者です。そんな人間の意見なので参考まで。
 
 三谷幸喜さんが若くして他界された、俳優の伊藤俊人さんの葬儀で、「人間は2回死にます。1回は肉体的な死。そして、もう1回は友人たちがその人のことを語らなくなった時です。僕たちは君のことを語り続けます」と言う内容の弔電を述べられました。
 また、居酒屋で知り合った男性は他界された奥様のことを今でも心から愛していると話されていました。奥様が他界される1週間前、病床で私は生まれ育った故郷の墓に入りたいと言われたので離婚届を提出され、奥様を故郷の菩提寺に供養されたそうです。お墓参りには中々、行けないけど、奥様と過ごした写真を部屋中に貼られているそうで毎日、行って来ます、ただいま、と声を掛けられ、、その日の出来事を奥様の写真に話しをされているそうです。
 何が言いたいのかと言うと供養の方法等どうでもよいのです。ただ、悲しみが癒えるまでお母様との思い出に浸り、納得が行ったときにお墓に供養されればいいのです。そして、たまには故人を思い出すことが大切だと思います。

 大体、多くの日本人はクリスマスを祝った1週間後に初詣に行き、春になったらお墓参りしているんです。質問者様がどうかわかりませんが、そんな宗教にいい加減な人が仏教の供養方法にこだわっても無意味だと思いませんか?

 お墓は、離婚をされていなければお父様のお墓に供養されればいいです。ただ、遠くてお参りできないのなら近所に建てるのも良い思います。質問者様がご結婚されていて息子さんがいらっしゃるのなら、外墓地を探されるのもよいし、未婚、あるいは息子さんがいらっしゃらないのであれば納骨堂での永代供養墓というのもあります。納骨堂は比較的、費用を安く抑えられると思います。
 お墓に納骨する時期ですが、一般的には四十九日前にされる方が多いですが、それを過ぎたらいつ納骨しても同じです。ただ、永代供養墓の場合、契約期間が、十三回忌までとか三十三回忌までとなっているので手元にお骨を置いて供養する期間が長ければ、お墓の使用期間が短くなります。納骨堂の場合、使用期間を過ぎると合祀墓に合祀されます。
 話が前後しますが、故人を忘れないために、法事を行い、子孫に故人を語り継いでいく、そのことで故人の2度目の死を避ける事ができます。

 お母様を亡くされてご愁傷様です。
 人間は死んだら物体になるだけと思っていますし、宗教はビジネスだと思っている者です。そんな人間の意見なので参考まで。
 
 三谷幸喜さんが若くして他界された、俳優の伊藤俊人さんの葬儀で、「人間は2回死にます。1回は肉体的な死。そして、もう1回は友人たちがその人のことを語らなくなった時です。僕たちは君のことを語り続けます」と言う内容の弔電を述べられました。
 また、居酒屋で知り合った男性は他界された奥様のことを今でも心から愛していると話されて...続きを読む

Q真言宗の御坊様が法要で読まれるお経は

真言宗の御坊様が以下の法要で
・お葬式
・49日
読まれるお経を教えてください。

Aベストアンサー

真言宗の葬儀は導師と呼ばれる僧侶によって執り行なわれ、故人に戒を授けて仏弟子として、成仏のための秘印明(ひいんみょう)を与える。
導師が引導を渡す時「理趣教(りしゅきょう)」「阿弥陀陀羅尼(あみだだらに)」、光明真言などを唱えます。
真言宗の葬儀儀礼は、複雑なうえ、各流派、地域によって違います。

ちなみに、私がお世話になっているお寺(真言宗豊山派)の法事のお経は、「本尊法楽 普門品偈(ほんぞんほうらく ふもんぽんげ)」(妙法蓮華經勧世菩薩普門品第二十五偈)と「佛説魔訶般若波羅蜜多心經」、「光明真言」、「十三佛真言」などです。

Q新盆と塔婆など

この夏新盆を迎えるのですが、塔婆は必要なのでしょうか?我が家は真言宗です。新盆の儀式?(読経)は自宅で行う予定です。

実は新盆のこと、よく理解できていないようです。(苦笑)一応親戚・家族を呼んで住職に来ていただいて読経、その後昼食。時間次第で当日もしくは翌日に墓参りをする段取りで考えてます。

塔婆のことも含めてこんな段取りでいいのか、ご教授願います。

Aベストアンサー

宗派が違うとすることも違いますよ。
地域によっても違うと思います。

我が家(浄土宗)も新盆ですが、盆施餓鬼供養は7月24日の夜にお寺でまとめて行われ、新盆の方のみ、それに関するお経が上げられました。
毎年「7月24日の夜」「お寺で」と決まっています。
塔婆は、新盆に限らずお願いしています。
我が家の場合、私の祖父母(父方)、父の姉、私の母の4人が鬼籍に入っていますが、それぞれの戒名を記した塔婆をお願いしているため、結構な「額」にもなります(今年は父の姉の新盆)。
我が家の檀那寺の場合、塔婆は、葬儀、七日ごと、満中陰、回忌法要のほか、盆、(春と秋の)お彼岸にも毎年あります。

お盆の時期(我が家の地域は旧盆なので8月15日頃)には、「棚経」といって、お寺様が各お宅を廻ってお経をあげます。
新盆のお宅だけでなく、全ての檀家を廻ります。
我が家の檀那寺の場合、「何日の何時ごろにうかがいます。」という事前の通知を出してくれるので助かりますが、友人・知人等の檀那寺の殆どは、「8月12日から8月16日の間のいついらっしゃるか分からないから、その間は家を留守にできない。」と言います。
しかも、早朝であったり、夕方であったり、「年によってバラバラ」とのこと。
法要ではないので、お布施も毎月の命日の読経と同程度のお布施しか出しません。
我が家のお墓参りは、お寺様の都合もあり(お寺様がお墓でお経をあげてくださる)、8月の第1日曜日の早朝から正午まで、その翌日(月曜日)の早朝から午前10時まで-と決まっています。
お寺様から、施餓鬼供養の案内と一緒に、お墓参りでお寺様が墓地にいらっしゃる日時の案内がありますので、それに合わせていきます。
法要ではないので、親戚は集めませんし、会食もありません。
また、#1さんのところと違って、誰も来ません。
本家のお宅ですと、「里帰り」を兼ねていらっしゃる方もいるかもしれませんが、お盆は(同居)家族だけですね。

分からないことは、お寺様に伺うのが一番いいと思うのですが…。

宗派が違うとすることも違いますよ。
地域によっても違うと思います。

我が家(浄土宗)も新盆ですが、盆施餓鬼供養は7月24日の夜にお寺でまとめて行われ、新盆の方のみ、それに関するお経が上げられました。
毎年「7月24日の夜」「お寺で」と決まっています。
塔婆は、新盆に限らずお願いしています。
我が家の場合、私の祖父母(父方)、父の姉、私の母の4人が鬼籍に入っていますが、それぞれの戒名を記した塔婆をお願いしているため、結構な「額」にもなります(今年は父の姉の新盆)。
我が家の檀...続きを読む

Qお霊供膳について

最近初めて、真言宗のお霊供膳を知ったのですが
供えた後のお料理はどうするのでしょうか?
しばらく供えたあと、家人でいただくのかどうかが分かりません。
供えたまま、家の物も同じ物を頂いたのですが、
仏様のお膳はいつ片付けていいのか…
教えて下さい。

Aベストアンサー

回答2の者です。

食後に下げた物でも、日持ちのする物はもちろん後で頂いています。
なるべく、勿体ないことはしたくないのでね。
日持ちのしないものは、それ以前に、お供え後すぐに下げて、頂きます。

処分するしかないまで、ほったらかした食べ物などは、恐らく今までないと思います。

普段、気をつけている事は、これからの時期の果物のお供え。
傷みが早いので、りんごなどは毎日見るだけでなく、毎朝ちゃんと触って確認しないと、あっというまに柔らかくなっていたりします。

宗派によっては、お供えの物や期間で違っているものもあるかもしれませんね。
私の頭の中では、日常の食事や、お菓子、果物なので・・・

皆さん、菩提寺にお問い合わせされる方が多いようですね。
昨今は、菩提寺との縁が薄いことも多いので・・・なんとも・・・ですね。

うちの場合は、お仏壇を購入した「仏壇店」の店員さんがよく相談に乗ってくださいました。
分からない事は調べていただいたりもしましたよ。
結構、いろんな宗派のことを御存じなので、購入したお店でなくても通りすがりにちょっと聞いてみたりするのもいいと思います。

回答2の者です。

食後に下げた物でも、日持ちのする物はもちろん後で頂いています。
なるべく、勿体ないことはしたくないのでね。
日持ちのしないものは、それ以前に、お供え後すぐに下げて、頂きます。

処分するしかないまで、ほったらかした食べ物などは、恐らく今までないと思います。

普段、気をつけている事は、これからの時期の果物のお供え。
傷みが早いので、りんごなどは毎日見るだけでなく、毎朝ちゃんと触って確認しないと、あっというまに柔らかくなっていたりします。

宗派によっては、お供えの...続きを読む

Q大日如来様とはどんなお方なのですか?

私は浄土真宗ですがご説教の中に大日如来様の話が出て詳しくしりたいと思いました。

もしよければ教えてください。

Aベストアンサー

 我が家も浄土真宗ですが、浄土真宗の説教に大日如来が出るのは珍しいんじゃないでしょうか。

 というのは、浄土真宗などは仏教の中でも「顕教」と呼ばれる一派に分類されますが、もう一派を「密教」と言います。つまり、別派だからです。

 この密教は、この大日如来(理解の仕方にもよりますが、本来は大宇宙そのものであって物言わぬ仏)から、直接意向を聞いたり、加持祈祷を通じてお願いをしたりしようという仏教を言います。

 空海が中国から持ってきたのが真言宗ですが、空海が渡海した時、空海を一目見た中国真言宗の最高僧が、「遅し!我、汝を待つこと久し!」と叫んだという逸話があります。

 勉学に励んだ空海は真言宗のすぐに最高位に就き、奥義や仏典などを全部日本に持って帰ったために、以後、中国では真言宗は廃れました。数年前、中国に空海像が里帰りしたような記事を見た記憶があります。


 密教では当然、大日如来は宇宙(宇宙を描く曼荼羅)の中心であり、諸仏(如来その他)も大日如来から産まれるものとされています。それ故、諸仏の王とされて王冠を被って描かれたり、彫られたりします。場合によっては装身具も身につけます。

 大本の思想は、帝釈天と戦った阿修羅系の神だそうです。ゾロアスター教のアフラ・マズダ(全生命の根源)・・・ そのものではないようですが、思想的には同系だとのこと。

 一神教は、他宗教信徒に対して「受け入れ」を求めるだけ(拒否すれば死)ですが、仏教のように平和的な宗教では、相手の言い分を認めて受け入れなければなりません。

 有名なところでは、阿修羅は帝釈天と何度となく戦った後、仏教に帰依したことになっています。これなどは、阿修羅を信じる者に、「阿修羅でさえ帰依したんだから、おまえたちも」と言うための方便だったものと思います。

 そう説得するためには、まず阿修羅の存在を認め、次に仏教の中に受け入れなければなりません。

 つまり、平和宗教というのは、いろんな宗教からの影響を受けざるを得ないのです。で、その一つが、大日如来。

 大日如来は、万物の根源であり宇宙そのものですので、かくかくしかじかの容姿であった、こう考えた、というようなことはおそらく伝わっていないものと思います。

 その代わり、というわけではないのでしょうが、金剛界や胎蔵界のそれぞれで、さまざまな仏や菩薩、明王などに変身して人々を教え導くとされています。例えば、不動明王も大日如来の変身姿の一つ(教令輪身)です。

 従って、大日如来そのものを直接知るのではなく、それぞれの仏などの教えや特徴を知って積み上げていくしかないのではないかと思います。
  

 我が家も浄土真宗ですが、浄土真宗の説教に大日如来が出るのは珍しいんじゃないでしょうか。

 というのは、浄土真宗などは仏教の中でも「顕教」と呼ばれる一派に分類されますが、もう一派を「密教」と言います。つまり、別派だからです。

 この密教は、この大日如来(理解の仕方にもよりますが、本来は大宇宙そのものであって物言わぬ仏)から、直接意向を聞いたり、加持祈祷を通じてお願いをしたりしようという仏教を言います。

 空海が中国から持ってきたのが真言宗ですが、空海が渡海した時、空海を一...続きを読む

Qお線香の本数には決まりがあるのですか。

仏前やお墓にあげるお線香の本数には、何本が好ましいというような決まりがあるのですか?

49日までは、(49日まで用の)祭壇に毎日お線香を1本だけ(起きている時間)絶やさず着けていましたが、春の彼岸ということでお寺さんが来てお経を上げてもらった時は、お坊さんがお線香を2本同時に着けていました。

お墓参りの時は、10数本~1束まとめてお線香を着けていような記憶があります。

そこで質問なのですが、49日までは1本で、それ以降は2本(又は2本以上)といった決まりがあるのですか?

また、仏前とお墓の前とでは、お線香をあげる本数に違いがあるのですか?

ご存知の方、詳しい方、少しでも知っている方、
教えてくださいますようお願いします。

Aベストアンサー

詳しく書かさせていただきます。

私の家は浄土宗なので浄土宗のお話になりますが、
お線香は『仏・法・僧』の意味を込めてそれぞれ1本ずつ、計3本です。
仏は仏様、法はその宗派、僧は、仏様をあの世へと導いてくれた菩提寺の住職へ。という意味です。
ですからお坊さんが来たときには自分から自分へ。なんてことはしないので基本的に仏・法への1本ずつ計2本ということになります。

ですから49日までの飾り棚を見ていただければわかりますように、一人の仏様用です。それに宗派によってですが、ご本尊もそこには奉られていないはずです。
ですからこの場合、仏への1本。ということになります。さて、では49日を過ぎると、仏様はあの世へ到着し、本当に仏様となって、再びこの世に生を受けるための修行をなされます。
そうなると飾り棚ではなく仏壇を使用されますが、
そこからは、仏、法、僧の3本を焚いてください。また、僧を抜かして2本でも構いません。

コレはお焼香(抹香)でも同じです。
よく、通夜式(御通夜)なんかでは3回しますが、
翌日の葬儀式(告別式)では、ホールの方に、お焼香は一回で構いません。
といわれるケースが最近ありますが、通夜では、仏・法・僧の意味で、告別式では故人との別れとのことで
仏だけの1回ということになります。


また、お墓ですが、これまた49日までは一人1本ずつ。その後は特に決まりはありませんが、こういう基準を持つといいでしょう。
まず最低ラインである仏・法・僧の3本に、
そのお墓に入っていらっしゃる仏様の人数×1本ずつ
を一人一人が焚けば宜しいと思います。

ですからお墓に3人入っていらっしゃるのならば6本。5人なら8本ですね。

また、法事などでは一人3本ずつで構いません。が、法事をする対象の故人の人数が2人ならば+1本ずつ。としていけばいいでしょう。
法事のときに一人1本ずつは恥ずかしいですよ。

また、点けてしまってあまったお線香は施主か家族が全部線香受けに入れてあげてください。


ついでに言っておきますが、法事などのお墓参りには
事前に3ヶ月ほど前にお寺さんに出向き、1週間前に確認のため出向いたほうがいいです。その時、お寺ごとは2人で行くのが常識です。また、確認後はお墓へ行き、線香はいいので、お墓の掃除やお花を供えて、当日にやることがないようにしましょう。


ながながとすみません。

詳しく書かさせていただきます。

私の家は浄土宗なので浄土宗のお話になりますが、
お線香は『仏・法・僧』の意味を込めてそれぞれ1本ずつ、計3本です。
仏は仏様、法はその宗派、僧は、仏様をあの世へと導いてくれた菩提寺の住職へ。という意味です。
ですからお坊さんが来たときには自分から自分へ。なんてことはしないので基本的に仏・法への1本ずつ計2本ということになります。

ですから49日までの飾り棚を見ていただければわかりますように、一人の仏様用です。それに宗派によってですが、ご...続きを読む

Qお経を教えてください(真言宗)

小さい頃、祖母の家でお経を暗記し、嬉しくて毎日唱えていましたが、最近そのお経を思い出そうとして、インターネットでも探しているのですが、なかなか見つかりません。
もし、ご存知の方がいらっしゃれば、教えてください。
そのお経の特徴は以下の通りです。
1.お経の本で3行ぐらいの、短いお経。
2.最後の一部を除いて、6回唱え、7回目は全文を唱えるもの。
3.お経の一部に「しゅくだい」という言葉がある。
4.祖母の家は真言宗なので、おそらく真言宗でも唱えるお経。
こんな少ない情報で申し訳ございませんが、もし分かるようであれば、教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ちょこっと調べてみました。次のページにそれらしきものがありました。十三仏念仏次第というそうです。もしかしたらこれかもしれません。

参考URL:http://www.sakai.zaq.ne.jp/piicats/shingonshuuha.htm

Q49日の法要 持参する品物について(真言宗)

こんにちは、はじめまして。
どうぞよろしくお願いいたします。

真言宗なのですが、49日の法要、お寺さんに持参する事で
分からない事があります。

葬儀屋さんから、お花と果物、位牌と遺骨をお寺さんに
持参してくださいと言われたのですが、お花と果物の量を
どれぐらい持っていけば良いか分かりません。

お寺に問い合わせていいものか悩みましたので、こちらで
予備知識として教えてもらえばと思いました。

一般的には、どのようにしたほうが良いのでしょうか?
お寺さんに揃えてもらったほうが良いのでしょうか?
自分達で揃えて持参しても良いのであれば、だいたい
どのぐらいの量を持っていけば良いのでしょうか?

参列者は、8~10人ぐらいです。

また、この持って行ったお花と果物は、お寺さんから引きあげて
自宅に持ち帰るものなのでしょうか?

日が迫っておりますので、できるだけ早く回答頂けますと
幸いです。

どうぞよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

こんにちは。
お寺さんに伺う前に葬儀屋さんに伺ったほうがいいでしょう。
そういうものは確かに宗派によっても違いはあったりするのでしょうが、どちらかというと「その地方ではどうするか」ということのほうが大きいものです。
お住まいの地域によって相場(?)のようなものがありますから、その辺のところもよくご存知であろう葬儀屋さんにお尋ねするのが一番いいかと思います。
一般人でそう法要に慣れている人などありませんから、わからないことはプロである葬儀屋さんに伺って構わないのです。
「そういうことの為にも葬儀屋はある」と以前お世話になった葬儀屋さんが仰っておりました。
因みにですがうちの場合などはこちらで用意し、それをお寺さんから持ち帰るようなことはありませんでした。
あまりお役には立たないかもしれませんがご参考までに。

Qお寺へお金を包む表書きを教えて下さい

法事などは、御布施と書いて半紙で中包みをして、奉書紙で上包みをしたいと考えています。御膳料や御塔婆供養料・御車代はその通り書いて良いものでしょうか?奉書紙は、水引見たいなものが無くて良いのでしょうか?書くのはやはり筆ですか?宜しくお願いします。

Aベストアンサー

御布施の包み方は、それで構わないと思います。基本的には毛筆で書くのが
正しいと言われていますが、どうしても毛筆は苦手だと言われるなら、毛筆
ではなく筆ペンでも構いません。慶事の場合は薄墨で書くのだと思われてい
る方が多いのですが、実際には薄墨ではなく濃い墨で書きます。
絶対に駄目なのは鉛筆、ボールペン、マジックペン、ゴム印です。どうして
も書けないと言われるなら、表書きが印刷された物でも構いません。

慶事の場合は熨斗はつけません。

水引ですが、半紙の中包みに御金を納め、奉書紙で慶事方法の折り方をし、
水引をかけません。市販の既に印刷された封筒や、通常の白い封筒でも別に
構いません。我家では御盆の読経の御礼に御布施を出しますが、白い封筒に
御布施と書いて御渡ししています。法事では正式な方法で御渡ししますが、
それ以外の際は封筒に御金を入れて御布施と書いて渡しています。

御布施の他に御渡しする物は、御車で御越し頂いた時は「御車代」、卒塔婆
供養をされた時は「卒塔婆代」と書きます。
御寺により会食を参列者と一緒にする場合と、辞退する場合があります。
会食を一緒にされた時は、御布施、御車代と引き出物を御渡しします。
もし一緒の会食を辞退された時は、御布施、御車代、引き出物の他に、御前
料も御渡しします。ただ既に会食をされるものだと思い、用意がされていた
時は、御寺さんが食される予定だった料理は、持ち帰りが出来るように別の
容器に入れて御渡しします。

御布施等をお渡しする時には、それなりの作法と言うか決まりがあります。
御布施等は直接手渡してはいけません。
法事で使用される袱紗(ふくさ)盆の上に袱紗を敷き、その上に御布施等を
包んだ封筒(必ず御寺さんが文字が読める向き)を置き、御寺さんの前に出
します。御寺さんが頂戴されてから盆を下げます。
要は絶対に手渡ししては駄目だと言う事です。
「本日は有難うございました。これは御礼ですので、どうか御納め下さい」
と言って盆を前に出します。手を引っ込めて御寺さんが納められたら盆を下
げます。御布施等を御渡しするのは、必ず喪主が行います。
御寺さんが御帰りなられる時は、必ず御車まで同行し、最後まで御見送りを
します。
御寺さんが持ち帰られる御膳や引き出物は、御寺さんが持参せず、喪主の方
が御車まで御持ちし、御車に乗られた時点で手渡します。
御車が自宅から見えなくなるまで御見送りは続けます。

御布施の包み方は、それで構わないと思います。基本的には毛筆で書くのが
正しいと言われていますが、どうしても毛筆は苦手だと言われるなら、毛筆
ではなく筆ペンでも構いません。慶事の場合は薄墨で書くのだと思われてい
る方が多いのですが、実際には薄墨ではなく濃い墨で書きます。
絶対に駄目なのは鉛筆、ボールペン、マジックペン、ゴム印です。どうして
も書けないと言われるなら、表書きが印刷された物でも構いません。

慶事の場合は熨斗はつけません。

水引ですが、半紙の中包みに御金を納め、奉書紙で...続きを読む

Q浄土真宗の東と西、真言宗の智山派と豊山派のちがい・・・

浄土真宗の東と西、真言宗の智山派と豊山派のちがいはなんなのでしょうか?
また、真言宗では木魚を使わない場合もあると聞きましたが、どのような宗派が主に使わないのでしょうか?すみませんがわかる方、教えてください!

Aベストアンサー

では、浄土真宗の東と西の違いについて、ざっくばらんに・・・。
そもそも、何故、東と西が存在しているのか?
それは、中世の武家政権の政策によるものです。
当時、武士階級は、各地に頻発した一向一揆に苦しめられ
てきました。浄土真宗は、一向宗ともいいます。
安土桃山時代までは、キリスト教の布教に寛容な政策を
取って、浄土真宗を牽制しておりました。
しかし、江戸時代になると鎖国政策を取り、キリスト教の
布教を禁じました。
そうすると、浄土真宗が力を盛り返したのです。
それを危惧した幕府は、何とかその力を削ぎたいと
考えました。
当時の本願寺(浄土真宗本山)門跡の跡目相続の内紛に
付け入り、関東に分派(東)を立てさせ、幕府をそれを
擁護しました。
互いに牽制させ、反目させるよう煽ったりして、本願寺の
勢力を分断する事に成功したのです。
それによって、昔のような一揆を起させないようにした
のでした。
ですから、東と西に宗教上の違いはないと思います。
当時の支配階級の思惑によって、分断されただけです。

真言宗の事については、詳しくは存じませんので
パスいたします。

では、浄土真宗の東と西の違いについて、ざっくばらんに・・・。
そもそも、何故、東と西が存在しているのか?
それは、中世の武家政権の政策によるものです。
当時、武士階級は、各地に頻発した一向一揆に苦しめられ
てきました。浄土真宗は、一向宗ともいいます。
安土桃山時代までは、キリスト教の布教に寛容な政策を
取って、浄土真宗を牽制しておりました。
しかし、江戸時代になると鎖国政策を取り、キリスト教の
布教を禁じました。
そうすると、浄土真宗が力を盛り返したのです。
それを危惧し...続きを読む


人気Q&Aランキング