出産前後の痔にはご注意!

平成12年に父が亡くなり、平成13年に遺産分割協議、相続税申告、納税をしました。
ところが、申告の4カ月後に税務調査が入り、兄名義の預金の一部が父の名義預金という指摘を受け、私に内緒で修正申告がなされていました。委任状、修正申告書は偽造によるものです。その事実を知ったのは、平成21年になってからです。
私は、不当利得返還請求をしましたが、兄は「預金は引き出しているが、自分の分から引き出している。総額で名義預金以上の残高があるから遺産として残っている。従って、不当利得では無い」と主張しています。
しかし、10年間、兄の名義のままだったと言うことは、金融機関から利息を得ている訳ですし、不当利得に当たらないことは納得できません。
私は、法定利息5分の利息を付けて、法定相続分を要求しています。

預金は、例えでいえば、バケツの水に牛乳が混ざった状態で、水だけ取りだすことは出来ないのと一緒で、名義預金は遺産として残っていると言う主張に納得が行きません。(水が兄の預金、牛乳が父の名義預金)

このような場合、不当利得には当たらないのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (13件中1~10件)

 まず、名義預金というのは税法上の問題であって、それが直ちに私法上の法律関係を表現しているわけではありません。


 例えば、お父様がお兄様に現金を贈与し、その現金を兄名義に預金したのであれば、当然、不当利得ではありません。せいぜい、特別受益や遺留分侵害の問題になるだけです。
 一方、税務当局は、贈与税だと時効により徴収できないので、名義預金と認定して相続税として追徴課税したかもしれません。
 それから、受益の時点からの法定利息を請求するとなると、悪意の受益者であることを証明しなければなりません。また、不当利得返還請求という法的構成を取ると、相手方は消滅時効を主張する可能性もあります。
 このようにぱっと思いついただけでも、上記の問題を検討する必要があり、詳細な事実関係を把握することができないこのような掲示板で解答することは困難です。きちんと、弁護士に相談されることをお勧めします。

民法

(不当利得の返還義務)
第七百三条  法律上の原因なく他人の財産又は労務によって利益を受け、そのために他人に損失を及ぼした者(以下この章において「受益者」という。)は、その利益の存する限度において、これを返還する義務を負う。

(悪意の受益者の返還義務等)
第七百四条  悪意の受益者は、その受けた利益に利息を付して返還しなければならない。この場合において、なお損害があるときは、その賠償の責任を負う。

(債権等の消滅時効)
第百六十七条  債権は、十年間行使しないときは、消滅する。
以下省略
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2012/03/03 10:27

次は利息の問題ですね。


これは「父が、兄の名前で預金していたお金」が、民法404条で言う「利息を生ずべき債権」かどうかの問題となると思います。
buttonholeさんが言うように、税務署の扱いと今回の争いの法律関係が同じとはならないと思います。
しかし、少なくとも現段階で兄は、「父から贈与されてもの」と言っていないし「消滅時効」の主張はしていません。
むしろ「遺産として残っている。」と言っています。
そうしますと、「利息を生ずべき債権」ではないと思います。
だから同条で言う年5%の利息は請求できないと思います。
利息を請求できるのは、損害賠償請求や債務不履行などです。
そうかと言って現実に現在でも銀行に預金しているならば、当然ながら利息もついています。その利息は兄のものではないです。
正しく「法律上の原因なくして得たお金」であって不当利得です。
以上で、私が訴状を書くとすれば、「請求の趣旨」では遺産分割分と、その金員に対する銀行の利息相当額の合計を記載し、請求の原因に、その2つを別々に詳細に記載します。
    • good
    • 0

>相手が兄であることは、私もそう思います。



では、次の問題ですね。
その問題とは、兄に請求できる法律的根拠とは、
のようです。
私は「1年以内の贈与は取消しできる」と言いましたが、10年以上も前に「父が、兄の名前で預金をしていた」わけですよね。
それならば、取消できないです。
尤も、兄は「遺産として残っている。」と言っているから、取消云々の問題ではなかったです。
やはり「父が、兄の名前で預金をしていた」お金は、まだ遺産として残っているお金ですから共有持分割合で請求することになります。
なお、morizou02さんは「なんどもいいますが、預金債権は、被相続人の死亡とともに「当然に分割」です。共有物分割請求などできるはずもありません。かような独自の法律構成をくみたてて、無理やり兄に請求したところで裁判所に一蹴されるのがオチでしょう」と言っておられますが、預金であろうと不動産であろうと遺産にはかわりはないので、分割協議が整っていなければ、協議するか、法定相続分とするかだけです。

この回答への補足

何度もご意見ありがとうございます。
私は、法定相続分を請求するつもりです。
しかし、問題の肝は、年5%の利息を請求できるかです。利息といっても500万円ですので、こだわりがあります。

補足日時:2012/03/02 17:56
    • good
    • 0

>兄は父の死亡前に、父の預金を引き出していたわけでしよう。


>>違います。いわゆる名義預金とは、この場合、父が、兄の名前で預金をしていたことを言います。

同じではないですか。
「父が、兄の名前で預金をしていた」と言うことは、もともと、父のお金でしよう。
そのお金を引き下ろしていてもいなくても、兄を相手とします。
兄が手元にあろうが、なかろうが、それは兄のことですから、銀行が相手ではないです。

この回答への補足

相手が兄であることは、私もそう思います。
問題は、1000万円の名義預金(父の遺産で兄名義の預金)で、すでに、10年以上、経過していますから、不当利得であれば、年5%の利息も要求できるので、不当利得か否かで500万円もらえるかが決まるわけです。
morizou02さんは、不当利得に当たらないとのご意見です。
ウキペディアによれば、不当利得の要件として
1.他人の財産または労務により利益を受けていること
2.他人に損失を及ぼしたこと(消極的損失も含む→本来受け取れていたものが受け取れなかったことなど)
3.受益と損失の両者に因果関係があること
4.利得について法律上原因がないこと
と記してあります。
私は、お金に名前がある訳がないし、残高が私の法定相続分以上あれば、不当利得に当たらないという理論は、疑問に思っています。お金持ちは、不当利得返還請求をすべて回避できてしまうことになり、不平等だと思うのです。
ただ、morizou02さんのご意見も言われてみると、そうなのかなと思う次第です。

補足日時:2012/03/02 13:11
    • good
    • 0

>明快なご回答、良くわかりました



何が明快ですか、全く明快ではないです。
wencyanさんは「父が先に亡くなることがわかっているため、相続税逃れのために兄名義の預金にしていたということです。」と言っておられるでしよう。
私は当初「平成12年に父が亡くなり、平成13年に遺産分割協議」と言っておられたので、分割協議が成立し、その内容に従って父名義の預金も分配し問題なかったが、税務調査で分割協議内容と違った額を兄が取得しており、その部分に申告に漏れがあり、それで発覚したと思っていました。
ところが、そうではなく(そうだとしても、私の回答に間違いないですが)、兄は父の死亡前に、父の預金を引き出していたわけでしよう。
それならば、1年以内の贈与は取消しできるので、その取消をしたうえで共有物分割協議すべきと思います。
今更、その部分だけ「協議」も不自然なので、結局、法定割合で計算した金額だけ共有物分割請求権に基づいて兄に請求すると言う法律構成となります。
だから「あなたの法定相続分の債権を管理していることになりますね」は違うし「共同相続人たる兄には相続財産管理人としての地位があります」と言うことは違います。
その前の「譲渡禁止特約違反です」と言うことも、どこからそのような文言が出てきたかわからないです。
更には「共有物分割請求などできるはずもありません」と言っておられますが、それらは全て誤解です。

この回答への補足

>兄は父の死亡前に、父の預金を引き出していたわけでしよう。

違います。

いわゆる名義預金とは、この場合、父が、兄の名前で預金をしていたことを言います。現状も、修正申告で父の遺産として税務署が指摘した預金は、兄の名義のままです。税務調査がなければ、私は知ることができなかったでしょう。しかし、税務調査は私に知らされていませんでしたし、私が、ふっとしたきっかけで、税務署がら個人情報開示手続きをして申告書を取り寄せてみたら、修正申告書が含まれており、それで発覚しました。
税務署は、兄の預金が収入からしてあり得ない多さの金額でしたので、父のお金も含まれていると指摘したわけです。

補足日時:2012/03/02 10:14
    • good
    • 0

ありがとうございます。



なるほど、兄名義の預金に父親の金が入っていたのですね。
譲渡禁止特約違反ですが、当事者間ではありえないはなしではないですね

なら話は早いです。
兄は、あなたの法定相続分の債権を管理していることになりますね
預金債権の引渡し請求ができるとおもいます。金利も同様

で、肝心なのは、法定利息か、預金金利(法定果実)なんでしょうが。最近の低金利時代ではあなたがここにこだわる気持ちはわかります

残念ながら、後者の方になります。


不当利得というより、共同相続人たる兄には相続財産管理人としての地位がありますので
あなたの法定相続分まで使い込んでいなければ、確かに兄の言うとおり不当利得は無理だと思います
不当利得がありえない以上、法定利息もまたありえず、ただ単に法定果実の返還しか請求できません

この回答への補足

ようするに、父が先に亡くなることがわかっているため、相続税逃れのために兄名義の預金にしていたということです。しかし、税務署が分かることまで考えていなかったのでしょうね。(名義預金は、相続税は当然のこと、延滞税も取られ、大きな損失を被ってしまっています。

補足日時:2012/03/01 13:27
    • good
    • 0
この回答へのお礼

morizou02さん、何度もご回答いただきありがとうございます。
明快なご回答、良くわかりました。

お礼日時:2012/03/01 13:23

いえ、請求の相手方は「銀行」です(銀行に478条が成立する場合は別)




tk-kubotaさまは
>今回は、兄が引き下ろし解約もしているでしようから、兄です。

いえいえ、銀行実務では、被相続人が死んだ場合、共同相続人の一人で全部の預金を下ろすことも、解約もできないはずです。
判例は、預金債権は当然分割債権になることから、共同相続人の持分を超えた弁済は478条が成立する場合を除き、無効としています。
銀行実務も、必ず、全共同相続人の同意書を付させたうえでないと、被相続人名義の預金は引き出せないのが実務です。
そして、そのような手順を踏まなければ、1000万という多額ではATMでおろしたってことはないでしょうし、寄託者としての善感注意義務違反をとわれます。
よって、兄が全残債を引き落とすことは無理ですし、なんかの事情で解約できたとしても、銀行の過失ある弁済ということで向こうとなるのが落ちでしょう

tk-kubotaさまは
>その分の内、法定相続割合だけ共有物分割請求すればいいと思います。利息も同様な考えで請求できると思います。
なんどもいいますが、預金債権は、被相続人の死亡とともに「当然に分割」です。共有物分割請求などできるはずもありません
かような独自の法律構成をくみたてて、無理やり兄に請求したところで裁判所に一蹴されるのがオチでしょう

この回答への補足

morizou02様、ご回答何度もありがとうございます。
どうも、私の質問の仕方がまずかったせいで、議論が横道にそれた気がします。
「名義預金」とは、あくまでも兄名義の預金です。従って、兄は全額下ろすことも可能です。その中の、一部が父の遺産と税務署は指摘したわけです。銀行は、通帳と印鑑があれば、真の所有者とみなして取引することを建前としていると思いますので、兄が自分の名義になっている以上、その一部が、実質、父のものであっても責任は負わないのではないでしょうか?

補足日時:2012/03/01 11:07
    • good
    • 0

>・・・残高は私の法定相続分以上の残高があるので、私の権利は侵害していない、と主張しています。



やはりそうですよね。
簡単に言えば、兄が「君のもらう部分も私の通帳にありますよ」といっているわけです。
ですから、計算して、兄に「よこせ」と言えばいいです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2012/03/01 13:24

wencyanさん、もう一度お伺いしますが、平成13年に遺産分割協議した時点で、兄が兄の通帳に父名義の口座にあった預金を振り替えたか、現金で引き出したかわかりませんが、その預金が入金してあったわけでしよう。


そして、銀行としても死亡している預金者とは取引できないので解約しているはずです。
「銀行を相手とする」なら、銀行がwencyanさんに支払うお金がないとならないです。
又は、逆に、wencyanさんは銀行に請求できる何らかの権利がなくてはならないです。
どちらもないのではないですか ?
銀行にあるお金は、通帳や印鑑をもっている兄から預かっているのですから、wencyanさんが銀行に請求する権利はないです。
morizou02さんは「相続人の地位に基づく預金債権行使として」と言っておられますが、父名義の預金が現在でもあるならば、相続人は被相続人の相続財産を持分権に応じた金額を請求できるので、これならばそのとおりです。
今回は、兄が引き下ろし解約もしているでしようから、兄です。

この回答への補足

説明不足で申し訳ございません。

>兄名義の預金の一部が父の名義預金という指摘

兄名義の預金の内、一部は父のものだと税務署が指摘した訳です。
ですから、預金の名義は、兄です。今も兄です。そして、残高は私の法定相続分以上の残高があるので、私の権利は侵害していない、と主張しています。

補足日時:2012/02/29 17:44
    • good
    • 0

wencyanさんは「兄名義の預金の一部が父の名義預金」と言っておられます。


そして、兄も「預金は引き出している・・・総額で名義預金以上の残高がある」と言っているのでしよう。
つまり、兄が銀行から引き出して「混ざったバケツ」は兄が持っているのでしよう。
それでしたら、「金よこせ」の相手は、銀行ではなく兄です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。
やっぱり、兄に請求するべきですか。
銀行に請求したとしても、銀行は、通帳と印鑑を持っている人を、所有者とみなし、不備はないと言うと思うのです。

お礼日時:2012/02/29 11:04

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q善意の不当利得と悪意の不当利得の違いとは?

教えてください。

通勤手当が無支給範囲の人間の給与に通勤手当1000円が支給されています。
本人(以下A)同条件を承知して8ヶ月受給していました。

A曰く
「支給ミスだと会社が指摘すれば返します。
そうでなければ私からは確認等はしません。
前の会社では通勤手当が出ない場合補助手当てが出たので
その類だと思ってもらっているし、
給与として振り込まれている限りこちらから要りませんとはいいません。」

Aには、会社側がミスを見つけ返還要請があれば返還する気持ちはあるようですが
自分から「補助金かどうか確認する」意思は無いようです。

こういう状況でのAの立場は「善意」の不当利得なのか、「悪意」の不当利得なのか、
どちらと捉えるのが正しいのでしょうか?

この金額はAのみ支給されており
人事の入力ミスの可能性が高いようです。

Aベストアンサー

判例では、悪意の受益者とは法律上の原因のないことを知りながら利得した者をいう、とされています(最高裁昭和34年(オ)第478号同37年6月19日第三小法廷判決)。また、「法律上の原因の有無は法的な評価にかかわる問題であるから、単に法律上の原因のないことを基礎付ける事実を認識しているだけではその者が悪意の受益者に当たるということはできず、そのような事実の下では法律上の原因がないものと評価されることまで認識していることを要すると解される」、とされています。

今回の件はなかなか難しい判断ですが、無支給範囲であると分かっていただけでは足りず、ミスで給付していたことまで認識していないと「悪意」とはいえないのではないでしょうか。会社の判断で本来は資格がないけど支給する、ということが全くないとは言えませんから。


なお、悪意の受益者は、利息をつけて不当利得額を返還しなければならないとされています。善意の受益者は不当利得を現存する限りで返還することになります。善意であれば全く返還しなくていい、という訳ではありません。

Q民事訴訟で和解を提案してくるのはどんな場合ですか。

民事訴訟で和解を提案してくる場合があると聞きました。
(裁判所or被告)
たとえばこちらが原告で、提出した証拠などを見て勝ち目がないと被告側が和解を提案してくる場合とかあるのでしょうか?

Aベストアンサー

 民事通常訴訟の場合,白黒をはっきり着けるというより,原告被告双方が折り合えるところで決着させるという進行が多いですね。
 明らかに原告の主張を被告が全部認めていても,裁判所が和解を模索する例が多々あります。
 完全に原告勝訴の判決が得られる訴訟の場合でも,被告から原告に譲歩を求めることがあります。原告としても,判決を得ても,被告に差押えによって回収できる財産がない場合などは分割払を容認する和解案を受け入れ,和解条項に違反した時点で強制執行をかけた方が若干でも債権が回収できると判断した場合に和解案を受け入れることがあります。
 
 民事訴訟は白黒をはっきりさせるより,判決と和解とを比較して,より実利がある方を選択する裁判であるとも言えると思います。

Q税務署は相続税の税務調査どのように進めるの?

相続税の税務調査は大変厳しいと聞いてております。実地調査されると約80%に非違が見つかるそうですが、税務署は相続税の申告書が提出されると、すべての申告書に対して、記載された被相続人の口座の履歴、及び相続人の口座の履歴も調べているのでしょうか?あと、名義預金って、どうやって見つかるのでしょう?それにしても、80%も非違が見つかるなんて、不思議です。どなたか、お詳しい方、宜しくご回答お願い致します。

Aベストアンサー

長いですがよろしければご覧ください。

-----
税務調査の実態というのは税務署職員の口から漏れることはありませんので、発表された統計データと、調査を受けた人の体験談がもとになっています。
ですから、多分に憶測が入り込んで、話が大きくなったりしますが、「本当のところ」は「国税庁・税務署職員」以外は分かりません。(退職したら守秘義務がなくなり、話し放題になるわけでもありません。)

そのことを踏まえた「個人的見解」としてご覧ください。

>税務署は相続税の申告書が提出されると、すべての申告書に対して、記載された被相続人の口座の履歴、及び相続人の口座の履歴も調べているのでしょうか?

もともと、相続税の申告が必要な人は「基礎控除」などによってふるいにかけられた人、つまり、「税務署が調べがいのある人」ですから「数字のつじつまが合っているのでスルー」ということはあまり無いでしょう。

『相続税・基礎控除とは』
http://homepage2.nifty.com/0466887194/souzoku8.html

なお、「申告内容の確認」は、「申告の誤り」「申告漏れ」などの発見も含まれていますので、「犯罪の捜査」のようなものとは本質的に違います。(もちろん、意図的な所得隠しに対しては警察以上に厳しいです。)

また、「家族構成」は明らかですから、「意図的に隠蔽された口座」以外は簡単に調査が可能です。(税務調査に個人情報の保護は適用されません。)

『[PDF]金融分野における個人情報保護に関するガイドライン』
http://www.fsa.go.jp/common/law/kj-hogo/01.pdf
>>第5条
>>3 前二項の規定は、次に掲げる場合については、適用しない。
>>(4)…(例)・ 税務当局の任意調査に応じる場合…

>名義預金って、どうやって見つかるのでしょう?

「名寄せ」で簡単に見つかります。

『名寄せ』
http://www.dic.go.jp/shikumi/manga/yokin/nayose.html

なかには「架空名義口座」「借名口座」を使った「脱税」もあるでしょうが、そもそもは、金融犯罪防止の観点からそのような口座は作れませんし、そのような口座を持っているような人は「犯罪に抵抗がない人」なので、「怪しいところがまったくない」ということはまずないでしょう。

『金融庁>疑わしい取引の届出等』
http://www.fsa.go.jp/str/index.html
『外務省>資金洗浄(マネーロンダリング)』
http://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/m_laundering/index.html

>それにしても、80%も非違が見つかるなんて、不思議です。

これはちょっとした誤解です。
以下のサイトをご覧になってみて下さい。

『相続税の税務調査における最近の傾向(2012年9月4日)』
http://www.ochiaikaikei.com/mlmg/201209041022_581.html
>>申告した中で、およそ30%に税務調査が入ることになります。
>>一番新しいデータでは、修正申告の割合は82.5%となっています。
>>8割以上の修正割合と、とても高くなっています。
>>これは、調査が入ってから間違いがないかを調べるのではなく、あらかじめ間違いを調べておき、その確認のために調査に入る、となっているということです。

つまり、「机上調査」で絞り込んで、「実地調査」が行われたのが、約30%、そのうち修正申告に至ったのが82.5%なので、「全体の約25%」ということになります。

(参考)

『どこをどうみる相続税調査』
http://www.tabisland.ne.jp/explain/souzoku6/

『国税に関するご相談について』
http://www.nta.go.jp/shiraberu/sodan/denwa_soudan/index.htm
『不服申立ての手続』
http://www.nta.go.jp/taxanswer/fufuku/huhuku3.htm
『納税者支援調整官を設置している国税局・税務署のご案内』
http://www.nta.go.jp/soshiki/kokuzeicho/kiko/nozeishashien/index.htm

『税務署が親切』
http://blog.livedoor.jp/stock_value/archives/50363449.html
『税務署は意外と親切』
http://dorobune.chips.jp/?p=155
『確定申告は早い目にやると、かなり親切に教えていただけます。』
http://kanata731.sakura.ne.jp/blog/403.html

長いですがよろしければご覧ください。

-----
税務調査の実態というのは税務署職員の口から漏れることはありませんので、発表された統計データと、調査を受けた人の体験談がもとになっています。
ですから、多分に憶測が入り込んで、話が大きくなったりしますが、「本当のところ」は「国税庁・税務署職員」以外は分かりません。(退職したら守秘義務がなくなり、話し放題になるわけでもありません。)

そのことを踏まえた「個人的見解」としてご覧ください。

>税務署は相続税の申告書が提出されると、すべての...続きを読む

Q相続に於ける、悪意の受益者の例

相続に於ける、悪意の受益者の例に付いてお尋ねします。
私の母が亡くなってから、相続に付いて調べていたところ、兄弟の1人がとんでも無い事をしていました。
一つ目に、自分の妻を私の母の養女にしていた、しかし母が認知症だった為に署名捺印を偽造して
法務局に届け受理されていた事。
(これは相続の為市役所で除籍謄本を入手して判明した)

二つ目に、母の預金口座より累積額で25,00万円のお金を母の生前に引き出し、母が亡くなった後に
500万円を無断で引き出している、別の口座も200万円生前無断引き出し。
これらはカードで数度に渡り引き出している。
キャッシャカードの作成に当たっては母の署名を偽造している。

(母の字は下手くそなので直ぐ分りますし、重度の認知症の母の介護審査の書類を開示して貰い見た所、物事を認知したり呼びかけに反応したりは出来ないと判定されている)
(郵貯銀行に母の預金口座取引履歴の開示と、カード作成の申請書の開示をして貰って判明した。)

これ以前にも父の遺産分は、自分がちゃんと管理して置くなどと偽り、何千万かの遺産をいつの間にか全て使い尽くしてしまいました。
何度聞いても余りにも大きな金額なので、なにに使ったのか本人も記憶が無い様です。

このやりたい放題の所業に一矢報いたいのですが、悪意の受益者として訴えて勝算は有るのでしょうか、又は他に刑法での違反が有りますか。

母の亡くなってから以降、問い詰めているのですが、白状しません。

相続に於ける、悪意の受益者の例に付いてお尋ねします。
私の母が亡くなってから、相続に付いて調べていたところ、兄弟の1人がとんでも無い事をしていました。
一つ目に、自分の妻を私の母の養女にしていた、しかし母が認知症だった為に署名捺印を偽造して
法務局に届け受理されていた事。
(これは相続の為市役所で除籍謄本を入手して判明した)

二つ目に、母の預金口座より累積額で25,00万円のお金を母の生前に引き出し、母が亡くなった後に
500万円を無断で引き出している、別の口座も200万円生前無断引き出し。...続きを読む

Aベストアンサー

>一つ目に、自分の妻を私の母の養女にしていた、しかし母が認知症だった為に署名捺印を偽造して
法務局に届け受理されていた事。

 まずは,お母さんの医療記録,介護記録のコピーを取って,養子縁組無効の主張ができそうか確認することですね。

 記録を自分で入手できる範囲で入手して,弁護士の先生に相談です。


人気Q&Aランキング