今、授業で有機化学をやっていて、授業では極性があるものは水に溶け、炭化水素基があるものは有機溶媒に溶けると教わりました。なぜそうなるんですか?
また、そもそも「物質が溶ける」とはどういうことなのですか?
どなたか教えて下さい。

A 回答 (3件)

溶けると言う現象については説明があるので、極性のありなしの事について答えます。


イオンや極性のある分子は水に溶ける理由は、水が極性を持っているからです。
物が溶けた時には溶媒分子が周りを覆う事になります。
もしプラスイオンの場合、水のマイナス側がプラスイオンを取り囲む事によって、溶媒に溶けます。
また、極性のない分子でも水に少量は溶けます。

洗剤などの界面活性剤を使って、水に極性のない分子を溶かす事もできます。
まぁ、本当は溶けてる状態ではないのですが・・・
界面活性剤は一つの分子の中で極性のある部分と無い部分があります。
界面活性剤の極性のない部分が極性のない分子を取り囲み、極性のある部分が外側に来るので、水がその周りと取り囲める。
と言う具合です。
    • good
    • 0

例外はいくつか有るとは思いますが、概念として簡単にとらえるのなら、分子がバラで混じり合うということではないでしょうか。



相性がいいもの同士はお互いにバラバラになって混じり合いますが、相性が悪いと溶質同士などがくっついたままでバラバラにならなかったり、一度バラバラになってもまた集まってきてしまうということでしょう。

極性があるもの同士は相性が良く、非極性のもの同士も相性が良いということですね。
    • good
    • 0

 溶けるという現象は、溶媒の分子間に他の物質(溶質)が入る現象です。

ですから、単純に言うならば、溶媒の分子同士の引き合う力より、溶媒と溶質の分子が引き合う力が弱いと溶けないことになります。極性のある有機化合物は、水と水素結合を形成するので溶けます。一方、炭化水素基は、極性のない有機溶媒に溶解します。
 ここで注意すべきことは、エントロピー項の影響です。溶媒の分子同士の引き合う力が、溶媒と溶質の分子の引き合う力が弱くても、分散することによるエントロピーの増大の効果で、溶解します。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q炭化水素基で

学校の教科書などには、炭化水素基を表すときに、
「R」を使うことがありますよね。
あの「R」はなにか特別な意味があるのですか??
ただ単にRになっているだけなのですか??
教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

前に似た質問に答えたことがあります(下のNo.2)。また、No.3様から良い補足をいただきました。
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=1220434

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=1220434

Q<有機>炭化水素の燃焼から 構造式を求める

「室温で、気体の炭化水素を燃焼させたところ、燃焼に必要な酸素は、この炭化水素の5.5倍だった。
この炭化水素の構造式を書け。」

という問題を解いています。

CxHy+(x+1/4)O2→xCO2+y/2H2O ←この式を使うと思うのですが、5.5倍をこの式にどのように当てはめれば答えが出るのでしょうか?

ちなみに答えは1,3-ブタジエンだそうです。

回答宜しくお願いいたします

Aベストアンサー

>>(x+1/4)O2
ではなくて、#1様がご指摘のように{x+(1/4)y}O2です。
さらにここで炭化水素の性質からxとyとの関係が与えられます。もちろんxもyも自然数(ゼロでない正の整数)、yは偶数。
不飽和度0の時、つまり二重結合が全くないとき:y=2x+2
不飽和度1の時、二重結合が1つだけあるとき:y=2x
不飽和度2の時、二重結合が二つか、三重結合が一つある時:y=2x-2
不飽和度nの時、y=2x-2(n-1)
また、分子内に環があるとき、一つの環に付き不飽和度一個と同様二つの水素が減ります。
>>ちなみに答えは1,3-ブタジエンだそうです。
このときブタは炭素四つを表し、ジエンは不飽和度2を表します。
だからx=4,y=2*4-2=6
C4H6で x+(1/4)y は4+(6/4)=5.5 です。
ちなみに1,3-は不飽和のはじまる炭素の番号です。
>>この炭化水素の構造式を書け。
この問題は答えが複数あるんです。1,3-ブタジエン(CH2=CH-CH=CH2)は一番当たり前のお答え。その他に三重結合のある1-ブチン(CH3-CH2-C≡CH)、2-ブチン(CH3-C≡C-CH3)、アレン構造を持つ(二重結合が重なっている)1,2-ブタジエン(CH3-CH=C=CH2)、環状で不安定なシクロブテン。全てC4H6の組成を持つ「異性体」(isomer)です。混乱するといけないので、「異性体」という言葉だけ覚えておいてください。

>>(x+1/4)O2
ではなくて、#1様がご指摘のように{x+(1/4)y}O2です。
さらにここで炭化水素の性質からxとyとの関係が与えられます。もちろんxもyも自然数(ゼロでない正の整数)、yは偶数。
不飽和度0の時、つまり二重結合が全くないとき:y=2x+2
不飽和度1の時、二重結合が1つだけあるとき:y=2x
不飽和度2の時、二重結合が二つか、三重結合が一つある時:y=2x-2
不飽和度nの時、y=2x-2(n-1)
また、分子内に環があるとき、一つの環に付き不飽和度一個と同様二つの水素が減ります...続きを読む

Q有機溶媒におけるフタル酸水素カリウムpH標準溶液

フタル酸水素カリウムが水溶液におけるpH標準物質として用いられているのはご存知だと思います。
有機溶媒においてもフタル酸水素カリウムのpHの値付けがされているという事実は知っているのですが、具体的に有機溶媒の種類まで把握できておりません。
いま、参考書などを読んで、探しているのですが、なかなか見つかりません。
どなたか、種々の有機溶媒におけるフタル酸水素カリウムのpHがまとめられている文献などをご存知の方がいらっしゃれば、教えてください。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

pH標準液のことだね。
4pHの標準液として使われる。
これはJISで規格化されているのでJISのサイトを参考にすると良いだろう。
JIS K 0018~0023に規定されている。
しゅう酸塩pH標準液 (JIS K 0018)2pH
フタル酸塩pH標準液 (JIS K 0019)4pH
中性りん酸塩pH標準液 (JIS K 0020)7pH
ホウ酸塩pH標準液 (JIS K 0021)9pH
炭酸塩pH標準液 (JIS K 0022)10pH
りん酸塩pH標準液 (JIS K 0023)7pH

0℃、5℃から95℃まで5℃刻みで値が公開され補完式もあるがリニア補完で十分な精度を出せる。
ラボ用機器や計装機器においてPH計の校正(キャリブレーション)に使われるので
それら計装機器を扱っているメーカーやpH標準液を販売しているメーカーで値を公開している。
例:東亜DKK http://www.y-dkk.com/yusb01setu07.shtml

Q有機物の官能基と物質の組合わせとして次のうち誤りはどれか・・で

問題集に
有機物の官能基と物質の組合わせとして次のうち誤りはどれか・・で
(5) ケトン基・・・・アセトアルデヒド →誤り
 以上ですが
 それでは、
 ここでいう
「ケトン基」の組合わせの物質としまして、何が該当するのでしょうか?
 また「アセトアルデヒド」にも”ここでいう”物質の組合せはあるのでしょうか?
 以上よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

ケトン基を有するのは、たとえばメチルエチルケトン。

アセトアルデヒドは、アルデヒド基になります。

Q【理科授業】「物質の化学変化」の授業をします。初回授業で、生徒の化学へ

【理科授業】「物質の化学変化」の授業をします。初回授業で、生徒の化学への関心をひくような話をしたいのですが、いい話が思いつきません。アイディアをください。

今まで、物理分野の勉強をしていて、化学分野に入る初めての授業です。
5分程度で、生との興味をひく話をしたいですが、思いつきません。
対象は中学2年生、学習に意欲的なクラスです。

何か、いいアイディアがあれば教えてください。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

話もいいですが「百聞は一見にしかず」とも言います。
簡単な演示実験はどうでしょうか?

(1)ビーカーに角砂糖をおいて、濃硫酸を少しかける。
水蒸気の煙とともに、砂糖が炭化していきます。
ヘビ花火のような変化をするので興味を引きます。
濃硫酸は有機物をこのように変化させますので、薬品の
危険性についても教えられます。
※実験はかなり発熱しますので注意してください。

(2)マグネシウムリボンの燃焼
教室の灯りを消してMgリボンに着火してください。
圧倒的な香料で生徒の目も輝くはずです。
身近な反応である酸化反応の最も激しい形であることが
実例で覚えられます。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報