「教育現場で生徒の成績開示をしていいのか?」についてです。

先日、大阪の橋本市長が、学力水準に達していない小中学生の留年を検討する考えを示しました。

これは、「小木ママ」の相性で、知られる教育評論家で法政大学教授の尾木直樹さんの提言に賛同したものとい言われています。
ところが、東京新聞(2012年二月二九日水曜日24面)にて、小木さんは真意と違うと、戸惑い気味だそうです。

小木さんの言う、留年制度は、「理解するまで、学びたい子に留年するまで学ぶ権利を認める」というものだそうです。

また、小木さんは以下のようにも言及しています。

○「留年しないように生徒に勉強を強いるこのが目的ではない。」
○「留年するかどうかの決定権は生徒本人に与えなくてはならない。」

(参考)【東京新聞2012年2月29日24面】

以上のように、今日、教育問題について、熱く議論されている中で、私は留年以外にも方法があるのではないか?と、思うようになりました。

その中の一つが、「教育現場での生徒の成績の開示をしてもいいのか?」についてです。

これは、「教員が生徒の期末等のテスト成績を順位別に張り出しても良いのか?」という意味です。

もし教員が生徒の成績を開示し、順位別に並べても良いのであれば、それだけでも効果はあると思います。

教員が、生徒に、「留年回避」のために勉強を促すよりも、成績の順位を競わせたほうが、有効だと感じました。

留年は、生徒の今後に大きく影響します。

学校の勉強の成績のみで、同級生よりも遅れが生じることに違和感を感じました。

もし、留年以外にも、学力向上について策が、あるのであれば、まずは、留年以外の策を考えて、手を尽くしてからのほうがいいのではないかと思います。

教育倫理や、現場での体験を踏まえた返答をお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

開示する必要云々はつまりその必要があるかどうかからでているのでしょう。



ですから、留年そのものの必要性についてから考えないと、枝葉末節の論議はその後ですよ。

私は留年制度は大賛成です。ただ、そのハードルはあくまで必要最小限に留めるべきでしょうが。

まるで理解してないのに、上の学年に進むということも、残酷ですよ。学ぶ機会を奪っていることに限りなく近いです。
やればできる子なら、やらせるべきです。やってもできない子はそういうクラスに行くべきです。
それが教育です。

今のように不登校で、全然学校に行ってなくても卒業証書が出てくるというのは間違ってます。
不登校の子にも、教材を届けて、レポートを出させる、試験もする、そういう風にするのが当たり前です。

当たり前のことをしていない、この国はおかしいです。
    • good
    • 0

以前は、上位について成績順を開示していました。


しかし、これにより教育に対し加熱化し成績が良い生徒が更に成績を上げるために塾に行くようになりました。
その反面、成績が悪い生徒は余計に反抗し更に勉強しなくなり悪いことをしだしたため、家庭内暴力や校内暴力へと発展していきました。
そこで、子供の心のゆとりを持つことを前提に(実際は違うようですが)、ゆとり教育が始まったのですが、成績を開示するだけでは一時的には効果がある様に見えますが、期待するほど効果は上がらないと思います。
それより、橋下市長が言うように分かる形が一番良いと思います。
小木ママの言うような方法では、勉強したくない子供にはどこまで効果が上がるか私は疑問です。
高校や大学は、留年制度があるので、進級できないと分かればやりだします。
やらなければ留年し辞めるだけですからね。
でも、義務教育では辞めさせることができませんが、学力がない子供を進級させない勇気も必要だと思います。
現に、平均が分からない大学生や、九九が言えないアルファベットが書けない高校生では、将来の日本が崩壊すると思いませんか。任せられますか。
なぜ、学校で知識を身につけるのか、身につけないといけないのかを考えれば、自ずと何をしなくてはいけないかが分かると思います。
それと、多くの子供には夢がないことです。子供に夢を与えるように、大人がいい加減な事をしないことも立派な教育です。学校だけが教育現場ではないと私は考えます。
    • good
    • 0

>教育現場での生徒の成績の開示をしてもいいのか?



個人情報保護法施行以降は、校内での個人成績の開示などは実施されていない、と聞いているが・・・
もっとも、私立はこの限りではないようだが・・・


とりあえず、指摘しておきたいのだが、義務教育過程において『留年』は、学力よりも社会適応能力などの部分にこそ評価を重くするべきであろう
つまり、学力云々ではなく、児童・生徒の全般的活動を総合的に勘案して進級を判断するのが妥当だろう

巷説で指摘されているのは、単なる「学力」であるが、日本の学校教育は、学力のみならず、社会適応性・自立活動性などが重視されている。
諸外国では家庭が担う「社会性・自立性」を学校に依拠する日本の教育事情を鑑みれば、単なる「学力」だけで考査するのも問題があろう

仮に家庭が「社会適応・自立性」を培う指導が実施できれば別だが、日本の学校教育の裾野の広さを鑑みて評価すれば、学力だけで判断することの正当性には嫌疑が大きい

学力があれば進級できて、社会性・自立性のない精神的生長の見られない児童・生徒が留年しないで済む・・・それが健全であろうか?

もちろん、社会性・自立性などを評価するのは難しい。
しかし、進級させるに十分な学力であれば、問答無用に進級できる、というのが日本の学校制度のありよう・家庭教育の実態からして健全とは到底思えない
 
個人的な見解であるが、
日本の義務教育課程は、学力ではなく、俗にいう「心育」の考査が強い。しかし、この「心育」の到達道評価は難しく簡単には、落第とはしにくい現実もある。

私個人が、現行制度の適否について疑問を感じなくはないが、学力のみで判断するならば、反対である

なお、教育臨床の立場でいえば「学力とは何か?という問題が最初の障壁になるのだが、果たして世俗の示唆する「学力」が本当に「学力」として諸外国に受けいられる考査基準なのか?ということも踏まえて嫌疑はつきない
    • good
    • 0

尾木氏の言動はちょっとぶれてますね。


読売新聞2月20日夕刊に載った尾木氏の記述は以下のとおりです。

>大阪の子ども全員を底上げする施策を考えて。
>ヨーロッパでは常識ですが、小学校で九九ができなければ、留年させても面倒をみる。
>(小中学校でも)留年させても府民の子供の力をつけてもらう、というのを橋下さんが
>出してきたら僕は大喝采します。

この表現からは、「留年するかどうかの決定権は生徒本人に与えなくてはならない。」と言うニュアンスは、あまりうかがえないですね。

ちなみに、「ヨーロッパでは常識です」は、確かにそのとおりで、しかも橋下市長の考えている内容に近いものです。

以下、国際教育情報室のHPから引用。
http://eri.netty.ne.jp/realvoice/vg/fr/01.htm
・・驚いたことに、フランスでは一年生でも留年することがあるのです。その生徒の成績があまりにも悪い場合、または個人的な問題で長期間、学校を休んだ生徒は留年してプログラムをやり直すのです。これは小学校から大学まで同じシステムで、どの年齢でも最低レベルをゲットしなかった生徒はもう一年やり直しということになります。現在でも、少なくとも一年くらい留年した事のある生徒は珍しくなく、クラスに必ず何名かいるくらいです。・・・
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q教育現場で教員がイスラム国による死体など残酷画像を見せた事案について

小学校等の社会科の授業ででイスラム国の処刑画像、残酷な死体画像を子供たちにみせたという事案が問題となっています。テレビタックルというテレビ番組でも賛否をめぐって先生方が議論を戦わせていました。

 両者とも抜けていると思ったのが、子供たちのことばかり言っていて、犠牲になった湯川さん、後藤さんの遺族の方のことは一切言及してなかったことです。
社会科の先生は遺族の方に手紙や電話等で「息子さんのご遺体を社会科の学習材料として活用したいのですがよろしいですか」とうかがいを立てたうえで「どうぞ、ご利用下さい」と許可をいただいて(そんな事言う遺族はいないと思いますが)それから、授業で本当に扱うかどうか再検討してみるというのが順番ではないでしょうか。
 戦争の悲惨さを子供たちに教えるために死体の画像を提示するにしても、何十年も前の第二次大戦の画像ならどこのだれだか特定できないでしょうからいいかもしれませんが、つい昨日今日の出来事で、個人を特定できるのにそんなことやっていいのでしょうか。
教員たちは、常日頃から人権の大切さとか命の大切さについてうんぬん言ってますが・・・

 私は、今回問題を起こした教員は、社会科の授業とか、命の大切さとかいってもそれはウソで本当は、マスコミで騒がれているホットな話題だから子供たちと一緒に盛り上がりたいといった興味本位、面白半分、「子供たちを驚かしてやるぞ〜」といった遊び半分の気持ちからやっていると思います。
 
 本当に、命の大切さをうんぬんするなら、なぜ交通事故の死体画像を子供に見せないのでしょうか、あるいは肺ガンにかかった人の死ぬ前の写真とか、覚せい剤で頭がおかしくなった人の動画を見せるとかしないのでしょうか。交通事故や、タバコの問題、覚せい剤などのほうが子供たちの身近にある恐ろしい問題だと思います。
 そのような画像はなかなか手に入らないし、イスラム国が出している画像はネットで簡単に手に入るというお手軽さもあるかもしれませんが、本気で命の大切さを教えるために死体画像が必要と思うなら(私は思いませんが)警察、厚労省に訴えてでも手に入れるべきだと思います。

 戦争の悲惨さとか、人の命などと言うのは全くの嘘っぱちであって、“子供に受けたい”という気持ちからの軽率な行動だと思います。

 教育委員会は子供たちやその保護者に謝るのもいいですが、その前に、遺族に謝るべきじゃないかと思うのですが、遺族の方は黙っているのでしょうか?
 遺族の方々は、自分の息子たちの行動で多くの国民、政府の職員の方に迷惑をかけたと思っているかもしれませんが、だからといって息子の死体画像がいいように扱われることを我慢しなければいけないなどということはありません。それとこれとは話は別だと思います。
みなさんはどうお考えでしょうか。

小学校等の社会科の授業ででイスラム国の処刑画像、残酷な死体画像を子供たちにみせたという事案が問題となっています。テレビタックルというテレビ番組でも賛否をめぐって先生方が議論を戦わせていました。

 両者とも抜けていると思ったのが、子供たちのことばかり言っていて、犠牲になった湯川さん、後藤さんの遺族の方のことは一切言及してなかったことです。
社会科の先生は遺族の方に手紙や電話等で「息子さんのご遺体を社会科の学習材料として活用したいのですがよろしいですか」とうかがいを立てたう...続きを読む

Aベストアンサー

もうひとつ。
本島に教育委員会や関係者は
遺族に謝っていないんですか?
「謝りませんでした」とテレビでやってましたか?
もしかして電話なり手紙なり直接なり
謝っているかも知れませんよ。
ただテレビで流さないだけで。

流さない理由はご察しの通り、
この件に関しては自己責任うんぬんとかで、
よく思っていない人もいるからです。
そこを蛇の巣をつつくように、
テレビで謝罪しているところを見せたら
「自己責任で行って勝手に死んだのに何謝ってんねん!」
と新たな火だねが生まれるかも知れません。
悲しみに暮れている遺族よりそういった人たちの方が元気があります。
たちうちできないでしょうね。
だからそっとしておくのが一番です。
新たな火種になりそうなものは要りません。
だから画像を生徒に見せた先生たちも「バカ」なんです。
といっても全国の先生職(10万人くらいいるのかな?)の
1パーセントにも満たないと思いますけどね。
10パーセントだと10人に1人(1万人)になるので、
そんなにいるとは思えないので、
1パーセントにも満たないと思います。

もうひとつ。
本島に教育委員会や関係者は
遺族に謝っていないんですか?
「謝りませんでした」とテレビでやってましたか?
もしかして電話なり手紙なり直接なり
謝っているかも知れませんよ。
ただテレビで流さないだけで。

流さない理由はご察しの通り、
この件に関しては自己責任うんぬんとかで、
よく思っていない人もいるからです。
そこを蛇の巣をつつくように、
テレビで謝罪しているところを見せたら
「自己責任で行って勝手に死んだのに何謝ってんねん!」
と新たな火だねが生まれるかも...続きを読む

Q学校の教員の方に質問です。 いじめや、孤立している生徒、悪口を言われている生徒をみたらどうしますか?

学校の教員の方に質問です。
いじめや、孤立している生徒、悪口を言われている生徒をみたらどうしますか?
助けますか?
なぜ、助けない先生が多いのですか?

Aベストアンサー

答えられる先生なんて、居ないでしょう。

「教育」が間違っているんです。

教師なんて、教育の「副教材」程度に考えるべき、連中です。
何の価値も無い。

「困ったら、親に言え。」を子供に教えて、親は、然るべき機関に
依頼する。

然るべき機関とは、教育委員会のような、腐った機関ではなく、
公的な機関を警察とか、行政の一機関として作って、解決
してもらう。

この機関で状況を把握してもらい、指導をしてもらい、
必要に応じて、必要な処置をしてもらう。
そうすれば、解決です。
必要なのは、強制力です。

私の言っていることは、極論でしょうが、その位、教師と言う
連中は、くずで、存在価値が無い連中が多い。

逆に言えば、もし、まともな教師がいる学校であれば、
いじめの目を握りつぶす。

見る目があって、注意深く観察していれば、絶対わかる。
逆に言えば、その力を持った者が、教師と呼ばれる資格がある。

私の場合が、学校に怒鳴り込んで、言葉と理屈で圧力をかけ、
解決させました。

Q教育に関する仕事 元教員です。勉強や教育に関する仕事がしたいのですが、塾や自宅採点しか思いつきませ

教育に関する仕事

元教員です。勉強や教育に関する仕事がしたいのですが、塾や自宅採点しか思いつきません。
何か他にありますでしょうか。

Aベストアンサー

能力次第では??
 私の知人は、一般の商店主でしたが、55歳の時に頼まれて非常勤で高校で教師してましたが、毎年3月になるとあちこちから引っ張られて10年目にとうとう常勤で県立高校に・・
 この社会、そうしたものです。

 塾でもなんでも、そこで働いて能力が認められれば、道は開ける。

Q教育現場の在り方について 僕が中学校の頃、生き過ぎた管理教育が蔓延しており、個人主義は蔑ろにされて

教育現場の在り方について

僕が中学校の頃、生き過ぎた管理教育が蔓延しており、個人主義は蔑ろにされていました。

事あるごとに学年集会が開かれ、
「絆をみんなで育てよう」なんてフレーズの元、有難いお話を学年主任からよく聞かされていました。

僕はこのフレーズが大嫌いでした。
たかが学区で仕切られた集団の中で絆なんて育つ訳がない。

ある程度の家庭に生まれたブルジョワ階級も居れば、平民も居れば、貧困層も居る。
みんな一緒な訳がない。そんなで育てる絆なんて存在しない、そもそも他人から押し付けられる筋合いはない。

絆なんて美徳は自発的な交流の賜物であって、最初から結論付けできる訳がない。
馬が合う奴と好きなだけつるめばいいんです。そして絆は醸造される。

方便によって、此処まで陳腐な言葉に化けるんだなぁと思いました。

もちろん、こういった話を有難がって聞く生徒もいました。(悪い事だとは思いません)

きっと情に厚く、自分の頭で思考できないんだろうなと白い目で見てましたが。

僕は時間の無駄だと思ってたので、睡眠に充てていました。

高等学校でも、似たような現象が起きました。文化祭のクラスの出し物の時でした。
頭が弱く、一致団結を重んじるクラスだったので息苦しさを感じていました。
ちょっとでも、手際が悪ければお調子者から喧嘩を売られたり。
まるで、「俺たちはこんなに頑張ってるんだ!」と言わんばかり。
僕は基本的に、努力を認めろだなんて空気を往々にして醸す奴は嫌いなんです。

人の自由意思を平気で侵害する。

そういう奴は、お世辞にも品行方正とは言えず、授業態度も最悪でしたし、教師陣への挑発もありました。

余りにも物事の本質を捉えてなさ過ぎる。

僕は髪を染めたり、ワザと制服を着崩したりしてましたね。それが僕のスタイルです。

授業は真面目に受けましたし、1学年約300人(総合科、特進、特特進)の一斉学内模試で一位を取ったこともあります。

個人主義の排斥、そして同調圧力の温床にしかならない今の中等、高等教育に価値は有るのか疑問に思いました。

ある意味、洗脳に近いものを感じていました。

嫌な事があれば、学校を抜け出して他校のヤツと飯食いに行ったり、遊戯王してました。
学外の友好関係は割と広かったです。

まぁ、テンプレートな青春を歩む彼等から見れば、単なる異端児なんでしょうが。

皆さんは、同調圧力や絆に関して、違和感を感じた事はないでしょうか?

「今の若者は我慢が足りない」
なんて老害発言はお断りします。
我ら若者は、自分で思考して取捨選択できるスキルを秘めた新人類なのだから。

教育現場の在り方について

僕が中学校の頃、生き過ぎた管理教育が蔓延しており、個人主義は蔑ろにされていました。

事あるごとに学年集会が開かれ、
「絆をみんなで育てよう」なんてフレーズの元、有難いお話を学年主任からよく聞かされていました。

僕はこのフレーズが大嫌いでした。
たかが学区で仕切られた集団の中で絆なんて育つ訳がない。

ある程度の家庭に生まれたブルジョワ階級も居れば、平民も居れば、貧困層も居る。
みんな一緒な訳がない。そんなで育てる絆なんて存在しない、そもそも他人から押し...続きを読む

Aベストアンサー

>皆さんは、同調圧力や絆に関して、違和感を感じた事はないでしょうか?
違和感を感じることが、自主自立の自由意志を育てる。
不自由の中にしか自由はないし、自由は与えられるのもでなく、自分で獲得するものだから。
絆も自由も、習わないと、知らない感情なのです。

>我ら若者は、自分で思考して取捨選択できるスキルを秘めた新人類なのだから。
これは老害として一笑に付しておきます。秘めてんなら、とっとと本気出しな。負け犬だけが吠える。
愚者は経験に学び、賢者は歴史に学ぶ。

私の住む神奈川の方言らしいんですけどね「つっぱらかる」って言葉があるんですよ。湘南弁なのでヤンキー語でもある。
不良が「つっぱる」のは自分の弱さを見せない攻性で、「つっぱらかる」のは弱さに負けない防性。微妙な差異がある。
変なプライドでつっぱってないで、自分の矜持を持ってつっぱらかってください。

Q日本の学力順位について

日本の学力順位が下がったと騒がれていますが、世界の中心のアメリカがトップ10の順位に入っていませんでした。
これって学力が必要ないっていうことを証明しているんじゃないでしょうか?

どうして学力順位が下がって騒がれているのでしょうか?

Aベストアンサー

アメリカですが、この国の場合、国内トップと下位の差が物凄く大きい、ということがいえます。
トップクラスは勿論、世界でトップクラスですが、下位は本当に酷いものです。No.4さんに近い意見なのですが、格差社会などで、多少、下位を切り捨てても、その分、エリートを育てる、と言うような方針もあります。

この問題に関しては、「順位」にこだわりすぎている、と言う部分があるかと思います。
今回の結果を見ると、1位のフィンランドは2位以下を少し離した形でいましたが、その後の2位グループは殆ど団子状態で、日本もその中にいます。水泳で言えばタッチの差、競馬で言えばハナ差でちょっと順位が落ちた、と言うのが結果であり、そこだけを見て右往左往することこそ、問題です。
例えば、フィンランドに関して詳しく調べると、極端に低い下位が少ない、と言うことがいえます。つまり、飛びぬけたエリートはいなくとも、脚を引っ張る存在がいない、と言うわけです。先に書いたように、アメリカでは逆です。
では、日本ではどうでしょうか? マスコミなどを見ていると、フィンランドのような「脚を引っ張るようなレベルの子供をなくす」ことを目指し、同時にアメリカのような「世界レベルのエリートも」と言ってるように思います。
勿論、それが出来るのなら、それは理想的です。けれども、教育予算などは限られています(特に、日本と言う国は世界的に見てGDPにおける教育予算の割合の低さが目立つ国です)。それを実行するためには、明らかに予算が足りず、中途半端に右往左往しているのが実情といえるでしょう(まして、そこへの対応が、「教育再生会議」などと名づけられた井戸端会議では…)
結局、この調査に対する反応を見てわかるのは、むしろ、日本の教育に対する欲張りさと、調査の表面的な数字に一喜一憂する態度である、と言うように思えてなりません。

アメリカですが、この国の場合、国内トップと下位の差が物凄く大きい、ということがいえます。
トップクラスは勿論、世界でトップクラスですが、下位は本当に酷いものです。No.4さんに近い意見なのですが、格差社会などで、多少、下位を切り捨てても、その分、エリートを育てる、と言うような方針もあります。

この問題に関しては、「順位」にこだわりすぎている、と言う部分があるかと思います。
今回の結果を見ると、1位のフィンランドは2位以下を少し離した形でいましたが、その後の2位グループは...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報