親子におすすめの新型プラネタリウムとは?

無知ですみません。教えて頂きたいことがあります。

私は国民年金第三号被保険者で、保険と年金だけ控除されています。
(夫はサラリーマン、協会けんぽ加入者です。)

長い間、給与所得者として年間収入130万未満で、稼いできました。
ですが去年(H23年)はじめに1か月半分(→10~18万)給与を受け取った後に退職いたしました。

その後は在宅で個人事業主(といっても業務委託のようなもの)をしており、今年の収入は190万位でした。
大元の会社からは支払調書が送られてきて、確定申告して下さいねということでした。
計算したところ経費は70~80万くらいあったので、おそらく所得は110万ぐらいです。
レシートなどは残しています。

夫の年末調整では、
国民年金第3号として私の所得の記入もしました。
給与収入と、経費を引いた事業者収入の金額を両方書き、130万未満になりました。
そのため国民年金第3号で大丈夫だと認識していました。
確定申告でも、同じように書き、白色で、申告書Bと収支内訳書を提出しようと思っていました。

ですが今、不安になってきました。(遅いですが、、)
経費が多すぎると言われないか、合算で本当にこれで130万未満になるのか?等…

また、給与のほかに事業者収入があって、それが20万未満なら申告の必要はないと聞きますが、逆の私のような場合(事業者収入の他に給与が20万未満ある)は、どちらの申告も必須なのでしょうか?等…

後で勧告されるのは嫌なのでしっかりやりたいのですが、私のような状況が、周囲でもネット上でもあまりなく、調べられないので質問いたしました。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

>保険と年金だけ控除されています…



何の保険が何から控除されているのですか。
三号被保険者で年金が控除されているって、どういう意味ですか。

>夫の年末調整では、国民年金第3号として私の所得の記入もしました…

税と社保は全く別物で、年末調整に国民年金第3号なんて言葉は無縁ですけど。

>給与収入と、経費を引いた事業者収入の金額を両方書き、130万未満…
>そのため国民年金第3号で大丈夫だと認識していました…

社保は税金と違って全国共通した基準があるわけではありません。
お書きのような細かい部分は、それぞれの会社、健保組合によって違います。
正確なことは夫の会社、健保組合にお問い合わせください。

>また、給与のほかに事業者収入があって、それが20万未満なら申告の必要はないと…

今度は税金の話ですか。

20万以下申告無用というのは、給与で年末調整を受け、要り要否控除その他の要因による確定申告の必要性も一切ない場合限定の話です。
年の途中で退職した人には年末調整がありませんので、あなたには関係ありません。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1900.htm

>事業者収入の他に給与が20万未満ある)は、どちらの申告も必須なのでしょうか…

すべての所得が申告対象です。

>1か月半分(→10~18万)給与を…

・給与による「収入」18万円
・給与による「所得」 0 円
【給与所得】
税金や社保などを引かれる前の支給総額から、「給与所得控除」を引いた数字。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1410.htm

>経費は70~80万くらいあったので、おそらく所得は110万ぐらいです…

・事業による「収入」190万円
・給与による「所得」110万円
【事業所得】
「売上 = 収入」からその仕事をするのに要した「仕入」と「経費」を引いた「利益」。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1350.htm

よって「合計所得金額」は 110万円。

それで、夫は昨年の年末調整で配偶者控除も配偶者特別控除も取っていませんね。
もし、どちらかでも取っていたのなら、夫も確定申告をして訂正しなければいけませんので、老婆心ながらお伝えしておきます。

「配偶者控除」は、配偶者の「合計所得金額」が 38万円以下であることが条件です。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1191.htm
38万円を超え 76 万円未満なら「配偶者特別控除」です。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1195.htm

>経費が多すぎると言われないか…

それはあなたが自信を持ってこれだけかかったんだと言えるなら、それで良いです。
収入も経費も「収支内訳書」
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinkoku/shotoku/ …
できちんと明らかにできれば良いのです。

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm

この回答への補足

よく分かりませんでした。バカかも知れないですけどいくら調べても分からなくて質問しました。自分でも勉強したつもりでしたがもっと調べろと言われても仕方ないですね。周りのサラリーマンや友人や同僚にも聞きましたがだいたいよく分からない、自分も分からず悩んでる…とのことでした。イライラしたのに、詳しく回答して下さってありがとうございます。

事業所得は、収入ー経費 で
それが76万未満なら 配偶者特別控除 のままでいられたんですね。
去年の年末、配偶者特別控除の用紙に記入しましたが、
所得が110万になっているのなら、配偶者特別控除は外されたのかも知れないですね。
経費を引いた数字が「収入」で、所得ではないと認識していました。
この書き方もまた無知でしたら申し訳ございません。

補足日時:2012/03/01 15:57
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q個人事業主が第三号被保険者になるための条件と限度額

今年から個人事業主として起業し、白色確定申告しようと思っています。

しかし、収入金額から必要経費を引くと、ほとんど儲けが無く、(80万くらい)
さらに、保険や基礎控除などの所得控除額を引くと、課税所得額が数万円になりそうです。
そこで、国民年金に対してなのですが
サラリーマンである主人の第三号被保険者になれるのでは?と思い、
その「第三号被保険者になるための条件と限度額」を教えていただきたくて、質問させていただきました。

また、それは、「所得金額」で判断されるのか、
そこから所得控除額を引いた「課税所得額」で判断されるのか、
どちらでしょうか。

お詳しい方がおられましたら、宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

給与の場合は税込み収入で130万以下というのを聞いたことがありますが、
事業所得の場合は、所得金額で130-65=65万
と考えるのが、妥当ではないでしょうか。

Q個人事業主が年金、健康保険の扶養になるためには?

すべてが初めてなので、無知ですがよろしくお願いします。

今までは夫の扶養に入っております。
これから、個人事業主として開業して、青色申告するつもりです。

私が望むのは、今年は夫の扶養内でおさまりたいのです。(年金、健康保険の扶養です)

部屋の改装や看板、材料費、まだお客さんもついていないので、
月の収入は家賃や材料費などを引くと10万円いきません。

社会保険事務所に電話したところ、個人事業主でも必要最低限の経費を差し引いて、毎月10万円いかないのであれば、年金などは扶養範囲内ですよ。と言われました。

そこで、質問なのですが、個人事業主は2月の確定申告で一年間の収入や税金が決まりますよね。
その後に、自分の収入が記載されたものを、夫の会社などに提出しなくてもいいのでしょうか?

個人事業主には、源泉徴収票などはないので、夫の会社には私の収入がいくらなのか、どのように知らせればいいのでしょうか?しかも、売上げから経費を引いたものが分かるのは来年になってしまいます。
それとも、確定申告が済んだら、自動的に通知されるものなのでしょうか?
その時に、130万円超えていたら、扶養から勝手に外されるものですか?

あと、必要最低限の経費とはどこまでをいうのでしょうか?
家賃やガソリンはもちろん大丈夫と言われましたが、2ヶ月に一度のセミナーや青色申告のソフトなどはだめなのでしょうか?

すべてが初めてなので、無知ですがよろしくお願いします。

今までは夫の扶養に入っております。
これから、個人事業主として開業して、青色申告するつもりです。

私が望むのは、今年は夫の扶養内でおさまりたいのです。(年金、健康保険の扶養です)

部屋の改装や看板、材料費、まだお客さんもついていないので、
月の収入は家賃や材料費などを引くと10万円いきません。

社会保険事務所に電話したところ、個人事業主でも必要最低限の経費を差し引いて、毎月10万円いかないのであれば、年金などは扶養範囲内で...続きを読む

Aベストアンサー

>その後に、自分の収入が記載されたものを、夫の会社などに提出しなくてもいいのでしょうか?
健康保険では被扶養者の収入調査を行います。
ただ、その調査のしかたは健康保険によって違います。
私の健康保険では、確定申告書の控えを提出します。
いずれにせよ、健康保険からの指示があったときその指示に従えばいいでしょう。

>個人事業主には、源泉徴収票などはないので、夫の会社には私の収入がいくらなのか、どのように知らせればいいのでしょうか?
「会社」ではなく「健康保険」です。
あとは、前に書いたとおりです。
健康保険から指示があります。

>それとも、確定申告が済んだら、自動的に通知されるものなのでしょうか?
いいえ。
それはありえません。
ご主人が会社を通し、申告するということになります。

>あと、必要最低限の経費とはどこまでをいうのでしょうか?
健康保険によっても違うでしょうね。
健康保険に直接、確認されることをおすすめします。
ちなみに、私の健康保険では、光熱水費、修繕費、消耗品費、地代家賃で、それ以外は認められません。

Q厚生年金の被扶養者が個人事業主の場合の年収とは?

今年会社に就職し、現在厚生年金と社会保険に加入しております。
そして昨年から妻が個人事業主として、ほそぼそとネットショップをしております。
先日税理士による記帳指導を受けた際に、売り上げが伸びれば厚生年金から外れる場合があるからといって社会保険事務所に問い合わせてくれました。
そのときの社会保険事務所からの回答は、売り上げが年¥130万を超えると夫の厚生年金から外れるとのことでした。
しかしほんとに売り上げなのか、それとも売り上げから仕入れや経費を引いた所得なのか確認したくて質問しました。税理士の方も売り上げっておかしいよねと言っていました。
ちなみに現在の妻の売り上げは90万、そこから経費等差し引くと40万くらいです。
説明不足もあるかもしれませんが、教えていただければ幸いです。

Aベストアンサー

旧・社会保険庁当時からの運用通達があります。
国民年金法における被扶養配偶者の認定基準の運用について、というタイトルの通達で、昭和61年4月1日付け庁保険発第18号として、社会保険庁年金保険部国民年金課長から各都道府県民生主管部(局)国民年金主管課(部)長に宛てられたものです。

これによると、所得税法上の所得の計算とはまったく関係なく、扶養を認定したい対象者(あなたの奥さんのこと)の年間の総収入金額(条件:130万円まで)によって判断されます。
ここで、総収入金額のうち、それを得るための必要経費がかかったときには、社会通念上最少限度の範囲として認められるものに限って、収入から実費を控除できるとされています。
したがって、自営業者などは、必要最低限度の必要経費を差し引くことができる場合があります。
必要最少限度の経費とは、原材料費、人件費(自分自身の分は含みません)、運搬費などだけをいいます。
つまり、もうけに関係なくどうしても必要になってしまうものだけです。

基本は、以下のとおりです。

1 あなたの奥さんが最初に健康保険の被扶養者として認められれば、あなたの奥さんは国民年金第3号被保険者になることもできる。
2 恒常的な収入としての年間収入で見るものとし、恩給、年金、給与所得、傷病手当金、失業給付金、
資産所得等の収入で、継続して入るもの(又はその予定のもの)をすべて含める。
3 恒常的な収入のうち、資産所得、事業所得などで所得を得るために経費を要するものについては、社会通念上明らかに当該所得を得るために必要と認められる経費に限りその実額を総額から控除し、当該控除後の額をもつて収入とする。
4 給与所得(給与、年金、恩給等)は、控除前の総額を収入とする。

必要として認められる経費の実際上の具体的な範囲は、健康保険組合や協会けんぽによってばらつきがあります。
証明のために求められる添付提出書類などにもばらつきがありますから、ご面倒でも、あなたが会社で入っている健康保険組合などに直接お尋ねになって下さい。このサイトで質問されても明確な答えは得られません。

旧・社会保険庁当時からの運用通達があります。
国民年金法における被扶養配偶者の認定基準の運用について、というタイトルの通達で、昭和61年4月1日付け庁保険発第18号として、社会保険庁年金保険部国民年金課長から各都道府県民生主管部(局)国民年金主管課(部)長に宛てられたものです。

これによると、所得税法上の所得の計算とはまったく関係なく、扶養を認定したい対象者(あなたの奥さんのこと)の年間の総収入金額(条件:130万円まで)によって判断されます。
ここで、総収入金額のうち、そ...続きを読む

Q専業主婦が個人事業主になった場合・・・

先日専業主婦で38万円の収入を超えそうと質問をした者です。
ご丁寧に教えて頂きありがとうございました。
頂いた回答をしっかりと読み、解決したことが多いのですが
まだわからないことがあったので再度質問をさせて頂きます。


私は専業主婦、ネットビジネスの収入が毎月10万円程あります。
(経費などは差し引かず単純に収入だけです)
色々なことを考え、開業届を出し個人事業主になり青色申告することを
目標にしています。

そこでいくつか質問させて頂きます。

(1)専業主婦が個人事業主になった場合でも所得が130万円以下だった場合は
自分で年金や保険を払わなくてもいいんでしょうか?

自分なりに調べたところ、国民年金や国民健康保険はとても高く
自分で払うとかなりの額になることを知りました。
できれば払わないようにしたいのですが、個人事業主となった場合は
夫の社会保険の扶養に入ったまま(?)ということはできないのでしょうか?
(今は夫が入っている社会保険で私も保険証をもらっている状態です)

また、それぞれの会社の社会保険によって所得額に違いがあるということを
前回教えて頂いたので、仮に130万円ということで教えていただければと思います。




(2)所得が38万円なり130万円なりを超えた段階で夫の会社に何か伝える必要が
あるのでしょうか?
それとも私が確定申告をし、その情報が夫の会社に伝わりその後配偶者控除が
廃止されるのでしょうか?


たびたび申し訳ありません。
教えて頂けたら幸いです。
よろしくお願い致します。

先日専業主婦で38万円の収入を超えそうと質問をした者です。
ご丁寧に教えて頂きありがとうございました。
頂いた回答をしっかりと読み、解決したことが多いのですが
まだわからないことがあったので再度質問をさせて頂きます。


私は専業主婦、ネットビジネスの収入が毎月10万円程あります。
(経費などは差し引かず単純に収入だけです)
色々なことを考え、開業届を出し個人事業主になり青色申告することを
目標にしています。

そこでいくつか質問させて頂きます。

(1)専業主婦が個人事業主になった場合でも...続きを読む

Aベストアンサー

長いですがよろしければご覧ください。
(※不明な点はお知らせください。)

>(1)…個人事業主となった場合は夫の社会保険の扶養に入ったまま(?)ということはできないのでしょうか?
>仮に130万円…

「個人事業主(自営業者)」は「誰にも雇われず、自分の腕と才覚で商売を行なう人」のことです。

つまり、「誰かに生活の面倒をみてもらっている人」=「誰かに扶養されている人」とは根本的に「生活の仕方」が違うわけです。

ですから、「個人事業主(自営業者)」は、「たとえ赤字でも、それは(自営業を選んだ)本人の問題で、儲からなければ生活が苦しいのが当たり前」というのが、一般的な考え方です。

そのような「考え方」のもと、「被扶養者」に認定しない「保険者(保険の運営者)」【も】あります。

(リクルート健康保険組合)『被扶養者認定:自営業を始めたばかりで収支が赤字です。扶養申請できますか?』
http://kempo.recruit.co.jp/asp/faq/faq.asp?articleid=557&categoryid=4

ちなみに、「儲からない(赤字の)個人事業主」は、税金を払うことはありません。
また、「国民年金」や「市町村国保」の制度も「所得の少ない(所得のない)個人」には、きちんと「負担を減らす」対策を行なっています。

『日本年金機構>保険料を納めることが、経済的に難しいとき』
http://www.nenkin.go.jp/n/www/service/detail.jsp?id=3770

『国民健康保険―保険料が安くなる制度―保険料の軽減制度』
http://kokuho.k-solution.info/2006/04/_1_29.html
『国民健康保険―保険料が安くなる制度―保険料の減免制度』
http://kokuho.k-solution.info/2006/04/_1_1_1.html
(八尾市の場合)『保険料の軽減(減額)について』
http://www.city.yao.osaka.jp/0000013401.html
(神戸市の場合)『保険料の減免制度』
http://www.city.kobe.lg.jp/life/support/insurance/hokenryo/08_7.html
『北見市|国保上の世帯主変更について』
http://www.city.kitami.lg.jp/docs/2011020200019/

---
ちなみに、「個人事業主」を「被扶養者」に認定しない保険者でも、【過去の実績】で、「被保険者の援助がないと(自分の稼ぎだけでは)生活ができない」事が証明できれば「被扶養者」に認定する保険者【も】あります。

「リクルート健康保険組合」もそうですし、以下のような「考え方」の保険者もあります。

(大阪市職員共済組合の場合)『[PDF]個人事業者等の被扶養者認定の取扱いについて』
http://www.city-osaka-kyosai.or.jp/tanki/kojin.pdf
(はけんけんぽの場合)『配偶者に収入がある場合>夫:自営業ですが、最近は低収入が続いています。夫は扶養に入れますか?』
http://www.haken-kenpo.com/faq/faq4.html#q0202
(公文健康保険組合の場合)『Q9 自営業をしている妻の収入が130万円を超えた。』
http://kumon-kenpo.or.jp/hoken/qa_minaoshi.html#box09
---
『けんぽれん>よくある質問』
http://www.kenporen.com/faq/index.shtml
『あなたも入るかもしれない?協会けんぽって何』(2008/10/02)
http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/column/20081001/1019299/
『健康保険(協会けんぽ)の事務と手続等』
http://www.nenkin.go.jp/n/www/service/detail.jsp?id=1964

>(2)所得が38万円なり130万円なりを超えた段階で夫の会社に何か伝える必要があるのでしょうか?

○税務申告

「会社員」などの「給与所得者」は、給与の支払者(≒会社)に「給与所得者の扶養控除等申告書」で、「家族のその年の【見込みの】所得金額」を申告していることがあります。

ですから、「見込みが違った(所得金額が38万円を超える見込みになった)」場合は、「訂正」のために「給与所得者の扶養控除等【異動】申告書」を提出するルールになっています。

『[手続名]給与所得者の扶養控除等の(異動)申告 』
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinsei/annai/gensen/annai/1648_01.htm
>>…当初提出した申告書の記載内容に異動があった場合には、その異動の日後、最初に給与の支払を受ける日の前日までに異動の内容等を記載した申告書を提出してください。

---
○「健康保険」の申告

前述のとおり、「自営業」を始めた場合は、【ご主人の加入している健康保険】の「保険者(保険の運営者)」に、「被扶養者の認定はどうなるか?」を確認しておく必要があります。

なお、相談窓口がない保険者の場合は、「会社の社会保険の担当部署」が相談窓口になります。

(リクルート健康保険組合の場合)『お問い合わせ』
http://kempo.recruit.co.jp/member/info/query.html
『社会保険』
http://kotobank.jp/word/%E7%A4%BE%E4%BC%9A%E4%BF%9D%E9%99%BA?dic=daijisen

>それとも私が確定申告をし、その情報が夫の会社に伝わりその後配偶者控除が廃止されるのでしょうか?

※tigger69さんの【所得金額】が38万円を超えた場合

ご主人が、「給与所得者の扶養控除等【異動】申告書」を提出せず、「配偶者控除を申告したまま」にしておくと、そうなります。

(パターン1.)

・tigger69さんが確定申告する
  ↓
・ご主人の「給与所得の源泉徴収票」の「配偶者控除」の申告と矛盾することに税務署が気がつくと、ご主人の会社に、「所得控除の申告に誤りがあるので、不足する所得税を徴収するように」と連絡が来る。

(パターン2.)

※「給与所得の源泉徴収票」が「税務署」に提出されていない場合

・tigger69さんが確定申告する
  ↓
・市町村に「確定申告のデータ」が提出される
  ↓
・ご主人の「給与所得の源泉徴収票(給与支払報告書)」の「配偶者控除」の申告と矛盾することに市町村が気がつくと、「税務署」に報告する
  ↓
・税務署からご主人の会社に、「所得控除の申告に誤りがあるので、不足する所得税を徴収するように」と連絡が来る。

『「給与所得の源泉徴収票」の提出範囲と提出枚数』
http://www.nta.go.jp/taxanswer/hotei/7411.htm
『扶養控除の否認』
http://masasan.blog69.fc2.com/blog-entry-122.html

*****
(備考)

「国民年金の第3号被保険者」の資格は、「健康保険の被扶養者」の認定に合わせるのが「原則」です。
「健康保険の被扶養者」の認定に合わせることに納得がいかない場合は、「年金事務所(日本年金機構)」にお問い合わせください。

『第1号被保険者』(と関連リンク)
http://www.nenkin.go.jp/n/www/yougo/detail.jsp?id=152
『国民年金法施行令』(より抜粋)
http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S34/S34SE184.html
>>(被扶養配偶者の認定)
>>第四条…主として第二号 被保険者の収入により生計を維持することの認定は、健康保険法…国家公務員共済組合法…地方公務員等共済組合法…及び私立学校教職員共済法 における被扶養者の認定の取扱いを勘案して日本年金機構(以下「機構」という。)が行う。

『日本年金機構>全国の相談・手続窓口』
http://www.nenkin.go.jp/n/www/section/index.jsp

※間違いのないよう努めていますが、最終判断は【必ず】各窓口に確認の上お願い致します

長いですがよろしければご覧ください。
(※不明な点はお知らせください。)

>(1)…個人事業主となった場合は夫の社会保険の扶養に入ったまま(?)ということはできないのでしょうか?
>仮に130万円…

「個人事業主(自営業者)」は「誰にも雇われず、自分の腕と才覚で商売を行なう人」のことです。

つまり、「誰かに生活の面倒をみてもらっている人」=「誰かに扶養されている人」とは根本的に「生活の仕方」が違うわけです。

ですから、「個人事業主(自営業者)」は、「たとえ赤字でも、それは(自営業を選...続きを読む

Q夫の扶養に入っているが、確定申告と年末調整、どちらをすればいい?

お世話になります。

私は現在、夫の扶養に入っていますが、年末調整と確定申告、どちらをするのがいいのか知りたくて、過去検索や色々なサイトも調べてはみたものの、うまく検索できず、こちらで詳しい方がいましたら教えていただきたいと思い、質問いたしました。

私の状況を説明しますと、私は2007年1月~6月初旬まで派遣にてフルタイムで働いておりました。健康保険も派遣会社のものに入っておりました。
ですが、妊娠しまして体調も悪かったので6月初旬で退職し、退職した次の日から夫の会社の健康保険に切り替え、扶養に入りました。

もうすぐ年末調整の時期ということで、派遣会社から源泉徴収票を取り寄せ確認したところ、1月~退職日までの収入金額が約113万円でした。

ここでお聞きしたいのが、
1)夫の扶養家族として、夫の会社から渡される年末調整の申請書に必要事項を記載すればきちんと処理されるのか?
それとも私の分だけ来年になってから確定申告をするのか?
どちらがよろしい(正しい)のでしょうか?
(無知すぎて質問自体がおかしいかも知れません‥)
2)また、もし私が確定申告をするのであれば、夫の会社から渡される年末調整の用紙には、扶養であっても私の事は一切、何もかかずに提出していいのか?

よくパートで働いている主婦の方などは103万以下にしないと‥とか聞くのですが、私の場合は103万以上ですし、やはり確定申告をしなければならないのかなぁとは思っているのですが、よくわからず困っています。

本当に無知すぎてお恥ずかしいのですが、毎年、年末調整やら確定申告のことになると頭を悩ませています‥。
それに今年は途中で仕事をやめたり、夫の会社の健康保険に入ったりと色々あり、どうしたらいいのかと色々調べている次第です。
詳しい方がいましたら、どうか教えていただければ‥と思います。

よろしくお願い致します。

お世話になります。

私は現在、夫の扶養に入っていますが、年末調整と確定申告、どちらをするのがいいのか知りたくて、過去検索や色々なサイトも調べてはみたものの、うまく検索できず、こちらで詳しい方がいましたら教えていただきたいと思い、質問いたしました。

私の状況を説明しますと、私は2007年1月~6月初旬まで派遣にてフルタイムで働いておりました。健康保険も派遣会社のものに入っておりました。
ですが、妊娠しまして体調も悪かったので6月初旬で退職し、退職した次の日から夫の会社の...続きを読む

Aベストアンサー

>(1)

夫婦であっても税金の処理は別々です。
夫が会社から渡される年末調整の用紙は、妻に対する夫の控除を申請する書類でありあくまでも年末調整という夫の税金の処理のためであり、妻の税金の処理とは関係ありません。
妻は妻で自らの税金については確定申告で処理しなければなりません。
質問者の方の場合は年収が113万ならば、夫は妻に対する配偶者特別控除を受けられますので、「給与所得者の保険料控除申告書兼給与所得者の配偶者特別控除申告書」の「配偶者特別控除」の欄に書きます。
まず給与所得の収入金額等の欄に1130000と書きます、その横に650000とすでに印刷されていますね、1130000からその650000を引いた金額480000をすぐ右の所得金額のところに書きます。
次にその7つ下にAを四角で囲った欄がありますね、そこにその480000を書きます。
その下に配偶者特別控除額の早見表がありますね、左側のA欄の金額で先ほどの480000は「450000円から499999円まで」に当たります。
するとその右側の控除額が310000円となっています、この31万の31をその下のB(を四角で囲った)欄の金額のところへ書きます。
これが一応の手順です、これで夫は31万の配偶者特別控除が受けられます。

>(2)

繰り返しになりますが質問者の方の確定申告は妻側の税金の処理、夫の会社から渡される年末調整の用紙は妻の収入は書きますがあくまでも年末調整という夫側の税金の処理ですから混同しないように。
それぞれ別々の処理ですから、どちらか一方をやればもう一方はやらなくてもよいということはありません、どちらも処理もそれぞれ必要です。

>よくパートで働いている主婦の方などは103万以下にしないと‥とか聞くのですが、私の場合は103万以上ですし、やはり確定申告をしなければならないのかなぁとは思っているのですが、よくわからず困っています。

103万を超えているいないにかかわらず所得税が天引きされていれば、確定申告をすることによって例えわずかでも還付がありますのでやったほうがいいと思いますが。

>(1)

夫婦であっても税金の処理は別々です。
夫が会社から渡される年末調整の用紙は、妻に対する夫の控除を申請する書類でありあくまでも年末調整という夫の税金の処理のためであり、妻の税金の処理とは関係ありません。
妻は妻で自らの税金については確定申告で処理しなければなりません。
質問者の方の場合は年収が113万ならば、夫は妻に対する配偶者特別控除を受けられますので、「給与所得者の保険料控除申告書兼給与所得者の配偶者特別控除申告書」の「配偶者特別控除」の欄に書きます。
まず...続きを読む

Q被扶養者の個人事業収入が年末に130万を超える

個人事業主で青色申告をしています。夫の勤務先では年収130万以下なら問題ないと言われ、ずっと夫の扶養に入っていました。先月年末調整を記入する際にも大した年収にはならない予定だったのですが、12月に入って大きな仕事を受けてしまい、年末の時点で売上げが150万ほどになってしまいそうです。
特に大きな経費はありません。
配偶者控除や配偶者特別控除は、基礎控除38万円と所得控除65万円を引いた47万円を所得と考えて、特に申し出なくていいのでしょうか?
また、来年以降も収入が増えそうなのですが、すぐ国民年金や国民健康保険に入らなければいけないのでしょうか。今年度分も徴収されるのでしょうか?まさか今年度1年分を遡って徴収?それとも12月分のみ?
いろいろ調べてみても難しくてよくわからないのです。どなたかわかりやすく教えていただけないでしょうか?

Aベストアンサー

扶養というのは、税金・健康保険では基準も考え方も違います。
 また、税金は所得での判断ですし、健康保険では年収による判断になります。

 健康保険では、これからの収入の見込みがどれくらいになるかによって変ります。
 例えば、今まで月収50万の人でも、退職して無職・無収入になれば健康保険の扶養になることができます。
 来年以降も収入が増えそうということであれば、国民年金・国民健康保険に加入する必要があります。
 過去の質問を参考にされるとわかりやすいかも。
  http://oshiete.goo.ne.jp/qa/4280367.html

 それに対して、税金は12月31日の時点の年収で判断されます。
 ご質問のとおり、収入から基礎控除や青色申告特別控除(記帳などの条件を満たしていれば65万)を引いた47万が所得になります。
 ですから、配偶者特別控除の対象になりますが、所得により控除額の金額が変りますので、所得金額の申し出は必要です。
  http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1190.htm

 ご主人の年末調整は既に終わってしまっていると思うので、確定申告することになるでしょう。

扶養というのは、税金・健康保険では基準も考え方も違います。
 また、税金は所得での判断ですし、健康保険では年収による判断になります。

 健康保険では、これからの収入の見込みがどれくらいになるかによって変ります。
 例えば、今まで月収50万の人でも、退職して無職・無収入になれば健康保険の扶養になることができます。
 来年以降も収入が増えそうということであれば、国民年金・国民健康保険に加入する必要があります。
 過去の質問を参考にされるとわかりやすいかも。
  http://oshiete.goo.ne....続きを読む

Q妻の国民年金は、妻が確定申告?夫が年末調整で申告?

妻の国民年金支払い分については、妻本人が申告しても夫の年末調整で申告しても良いそうですが、夫と妻では所得が全然違いますよね。所得の少ない妻が確定申告した方が還付率が大きいのでしょうか?
どちらにしても妻は仕事を中途退職しましたので確定申告はしなければならないのですが。

Aベストアンサー

国民年金を始めとする社会保険料控除については、夫婦どちらでも控除していいという訳ではなく、それを実際に支払った人でしか控除できません。
http://www.taxanswer.nta.go.jp/1130.htm

ですから、ご主人が実際に支払われているのであれば、ご主人の年末調整で控除すべき事となり、奥様本人が支払われているのであれば、奥様の確定申告の際に控除すべき事となります。

実際に支払った方で控除するとの前提で、所得税は超過累進課税ですので、所得が高いほど税率が高くなりますので、国民年金等の所得控除がある場合は、一般的には所得が高い方が還付率自体は大きい可能性が高いとは思います。

それと、今年から改正により、国民年金については、控除証明書の添付が要件となりましたので、おそらく今月上旬ぐらいに証明書が送られてきますので、年末調整又は確定申告の際にはそれを提出すべき事となります。

Q第三号被保険者の加入条件について

1年間の内、例えば1月1日から6月30日までの期間で収入が130万円を超えていた場合、翌月から第三号になれるのでしょうか。
逆の場合ですが、1月1日から6月30日の間第3号被保険者であり、その後第2号被保険者になって130万以上の収入を得た場合はどうなるのでしょうか。第3号被保険者の資格はさかのぼって取り消されるのでしょうか?

Aベストアンサー

基本的な説明がないようなので補足的に。

税金の「扶養」は、「1~12月」の年収で判断しますが、保険は「これから1年間の見込額」で判断します。

ですから、たとえば、退職時に厚生年金の被扶養者=国民年金の第3号被保険者になれるかどうかは、その時点から1年間の収入により判断され、過去の収入は考えません。

後の質問については、この逆で、これから130万円以上の収入を得られそうか、現実には月額10万8334円以上、日額3612円以上の収入があるかどうかによります。

Q社会保険の第3号被保険者になれないと会社から言われたのですが

娘の事ですが社会保険に関して納得のいかないことが有ります。
娘は1年5ヶ月前までOLでしたが出産のため育児休暇を頂きましたしかし育児とOLの両立は無理と判断し(勤め先が遠いため)会社を辞めて失業保険を頂きながら考えていましたが最近、フランチャイズの学習塾を開設する事にしました。
自営業になるわけですが、まだ現実には収入は殆ど見込めないため夫の第3号被保険者になれる筈だと思うのですが、夫が会社で聞くと自営業の妻は第3号被保険者なれないと言われたというのです。
娘の夫はサラリーマンで社会保険です、会社は一部上場企業です。
私の経験では社会保険は所得税と違って娘が会社員、自営に関係なく年収が130万円までだったら、扶養家族になれると思うのですが・・・
この件で娘と夫がしばしば対立して喧嘩になる状態です。
夫は会社がそういってるんだから無理だ、判らないなら自分で俺の会社へ電話して聞いてみろ!社会保険といっても会社によって違うんだというのです。
どうか宜しく御願い致します。

Aベストアンサー

健保組合の被扶養配偶者の認定基準が厳しいのだと思います。

が、国民年金法に第3号被保険者は第2号被保険者(厚生年金、共済組合などの加入者)の被扶養配偶者であることしか規定されていません。

元来、健康保険制度と年金制度は別個の制度ですから健康保険又は健保組合の被扶養配偶者であることなんてどこにも規定されていないんです。

3号被保険者である基準は健康保険法、各共済組合法の被扶養配偶者の認定の取り扱いを勘案して行われますので、組合健保の認定基準ではなく政管健保の認定基準内であるなら3号被保険者になります。

ですので、3号被保険者の届出を健保組合を通さず会社経由(収入の証明添付)で申請すれば社会保険事務所で認定してもらえます。

この場合、医療関係は国民健康保険の被保険者となり、年金上は3号被保険者となります。

社会保険事務所へ確認してみてください。同じ回答になります。

Q収入が130万円を超えても主人の会社の社会保険に加入し続けられますか?

収入が130万円を超えても主人の会社の社会保険に加入し続けられますか?

先月の私のアルバイト収入が14万円ほどになってしまいました。
このままだと年間130万円を超えてしまいそうです。
妻が扶養から外れて国民年金に加入するかしないかは国で定められているわけでは
ないのですか?
昨日、確定申告に行ったら税務署の方からご主人の会社次第・・・と言われたので
話し合いしだいでそのまま社会保険に加入させてもらっても違法ではないのですか?

Aベストアンサー

こんにちは、bunkou8さん。

先月の賃金が14万円を越えた⇒ご主人の社会保険からは外れるのが普通です。
しかし、必ず外れるとは限らず、各保険組合によっても対応はまちまちなので、結論としてはご主人の会社の保険組合に電話をして確認しないと分らない。
(ご主人の保険は保険組合ではなくて、政管保険かも知れませんのでそ、のあたりも調べる必要も有りますし、一度電話してみるのが一番良いと思いますよ)

一般的に、年間所得が130万円を超える場合と言う、大まかな表現でザックリと、どんぶり勘定で説明されている事が多いのですが、実はもう少し複雑なシステムになっています。
(年間ではなく月単位で判定するシステムになっています)

この質問の回答は凄く複雑なので、書いて説明すると永~~~くなりますので、参考URLのベストアンサーの回答者さんの説明をお読み下さい。

参考URLです。
http://okwave.jp/qa/q4629746.html

他力本願で申し訳ございませんが、お役に立てば嬉しいです。


人気Q&Aランキング