信号待ちで停車中、追突されました。

修理代は50万円以上かかるとの事で、10年以上前の車である為 経済的全損扱いになり
時価価格は新車価格の十分の一の23万円との事。

いくら古いとは言え、大切に乗ってきた車を修理してもらえず、失う事は納得出来ません。
保険で出ない分は加害者に負担してもらい修理してもらいたいのが本心です。

でも それは不可能な話で、修理もしてもらえず、現物支給もダメで、裁判しても負けるとの事。

あとは 買い替えの為の諸費用を支払ってもらうしかないようです。
今回 粘って、諸費用は(代車のレンタカーを早期返却を含め)14万円。
合計 37万円支払う事で合意しました。

この金額は妥当でしょうか?

これから、廃車・車探し・・・と、大変です。

こんな労力の償いはないのでしょうか?

加害者は保険屋任せで 何の連絡もなく、何の落ち度も無い被害者だけが
損をするような全損扱いはおかしいと思います。

制度がある以上 仕方がないのかも知れませんが、納得できない決まりです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

ずいぶんおかしな回答もありますが、時価額を超えて修理代が出るのは


相手が「対物全損時修理費用特約」に加入していた場合のみですよ。
これも時価額+50万円が限度ですが・・

法律上そうなっている以上、仰るように裁判でも無理です。
相手が上記特約加入していなかったのは、運が悪かったという事に
なります。

お気持ちは分かりますが、質問者が「車両全損時修理費用特約」に
加入しておれば、加入の保険金額+50万円がご加入の保険から
出ますが、これも車両保険未加入ならどうしようもありません。
    • good
    • 32

かつては 中古車の 損害に対し 修理費用が 査定金額を上回ると 修理費用を保証せず 全損扱いで


査定額のみの 保証となりましたが

コレでは やられ損 被害者救済や修理し再生させる為 最近の 対物保証は、査定額+50万が補償されたと思います。
なので 通常 +50万の範囲で 修理費用を保証してもらい 直すなり 買い替えるなりします。

保険会社って いかに 保証金を 多く出さないかが 仕事なので 要求を強く申し入れるや
簡単に 納得せず ゴネルや +14万に対する根拠説明を 詳しく求め 食いついて 納得できないとか 言えば 金額UPも 可能だったと思います。

あと 保険だけが保証と言う事も無く 加害者にそれなりの損害賠償請求も可能では?
やみくもに請求も お薦めしませんが 同等の同車両の中古を 購入する場合の 差額を 加害者本人に請求するのも 有りだと思います。 全てが 任意保険の 保証範囲とは 決まってません。
相手の誠意ですねー 

信号待ち 停止中の 追突 100:0ですが
ご自身の 加入する任意保険が 個人の代理店なのですと 保険屋さんが 請求可能範囲などを調べ
妥当金額なのか 何が まだ保証で出るかなど アドバイスを受けられる物です。
ディーラーからの加入や ネット契約保険では 100:0の事故では 何も動いてくれません アドバイスも聞けません。
    • good
    • 28

対物賠償はすべからく、時価額賠償 裁判所が下す法律上の決まりです。



相手が対物賠償超過費用特約にでも加入してれば、法的賠償以上にプラス50万限度に修理費用支払いしてくれる場合もあります。
あなたのような被害者との 早期円満解決のための特約です。これがなければ法的賠償 時価額補償を甘受するしかありません。

逆な見方をすれば、保険金詐欺目的事故を誘因することにもなります。時価額賠償が法的賠償 妥当な賠償補償金額です。
    • good
    • 21

仕方ないんじゃない?


時価相場以上の修理代の見積なんだから・・・
後は人身事故として慰謝料で上乗せを考える位です。
幾ら大事な車でも「価値がない」につきちゃいますね。
    • good
    • 26

以前、十数年落ちの軽自動車で、


全損10万円程度でしたが、30数万円かけて直しましたよ。

要するに、23万円は保険会社の出す金額で、
貴方の財産の査定金額なだけです。
その車をどうしても直すと言えば、
新車価格?を超えない限り出るはずです。
(保険会社は出したくないから、出るとは言いません)

すでに、合計 37万円支払う事で合意しました。
との事なので、今さら何ともなりませんが・・・・
    • good
    • 33

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q全損の場合、代替諸費用が支払われる事を前提に教えてください。

何度かここでお世話になっています。

今回は、代替諸費用が認められる場合の廃車手数料や
登録料について教えてください。
これは、自分で手続きをした場合に陸運局で支払う
金額の事ですか?それとも、お店に頼んだ時に請求
される代行料も含めた金額ですか?

わたしの場合は、
時価額以外認められない
↓廃車代金・登録代金・消費税を認めてほしい
 1.廃車代金 2.登録代金は法定の金額以外認め
 られない
 1.(300~500円) 2.(3,000~3,500円)
↓廃車代金・登録料金・消費税を全て認める訳には
 いかないので、全て考慮して1万円上乗せ

諸費用が支払われる事を前提に教えてください。

ちなみに、時価額は18万円です。

Aベストアンサー

交渉術についてですが、あなたは素人、相手はプロと言う事を武器に交渉すると良いと思います
こちらでのアドバイス等を相手に伝え(当然ですがこのやり取りをそのまま見せるのではなく、いいとこ取りをして必要なHPを印刷→FAX等)『素人の私ですらこれだけ調べた、あなたも認められないではなく具体的な根拠を示してください』ってな具合に
もちろんプロですから反対意見の証拠も簡単に集めると思いますが、決定意的な証拠(根拠)またはあなたが納得できると思えないものは『プロなんだから素人みたいな根拠ばかり並べないでよ、レベルが私と同じじゃない』(相手が上でもあなたがそう思うのは自由です)
と言ってやりましょう
黙り込んでしまう時は『ほら、反論できない・・私の主張が正しいから』『黙っているのは認めると理解します』と言う風に黙秘戦術を取らせないことです

> 一度言ってしまったらもうダメでしょうか?
だめではありません

> それでいいです・・
だけではハッキリしませんが、ここだけ読むと「あなたの考えはわかりました。今結論を出す必要は無いのでとりあえずそれで良いです、また後で話しましょう」と言うつもりだったとも取り繕えますが(ちょっと強引)?

原則口約束も契約のうちですから反故にしないほうが良いと思いますが・・・(逆の立場で考えてみて下さい、ここまで納得してくれたのだからこちらも少し譲歩しようか・・・と折れてくれていたとしたら・・・お話の感じでは無さそうですが・・・じゃあそれも撤回だ!と、話が行ったり来たりしてしまいます)

自分でやれば「ただ」
それではあなたが持ってきてください、あなたがやれば保険から払う必要はないでしょ
または、取りに行く暇が無いのでその間の代車費用を負担してください

廃車も普通は費用が掛からない・・・??
よく保険会社は「そのうち廃車する時が必ず来る」と言いますが、私は免許取立てで、金の無い子にバイクでも車でも無料であげてました
車検が切れるまで例え1~2ヶ月でもレンタカーより安いし、ぶつけて凹ましても(自車は)直す必要ないし、結構喜んで貰ってくれたもんでした

余談ですが
[車を買い換える場合、予算や求めるデザインや性能、在庫の有無などでその日のうちに買い換えることは不可能ですよね、そこで妥当な期間の代車費用を請求できます。2W~1M~買える日まで。]

例え自分で出来るとしても、廃車諸費用は「急を要した」のですから(廃車になるくらい壊れてしまった車、解体業者がどこにあるかわからない・・かといっていつまでもそこに置いておく訳にはいかないし・・壊れて危険な車を運転して探し回るわけにもいかないし・・)業者に頼むは妥当(必然)性があります

話が戻りますが、黙り込んでしまうのを止めさせるには
反論できないから・・・と攻める方法と、話し合いをしているのに話さないの?私は話し合いをしたいので話が出来る人と変わってください(てめぇじゃぁ話にならん!と凄むかどうかはお任せしますが)次ぎ黙ったら担当を替えてもらいます
苦情センターに電話して本当に担当を換えてもらう
保険会社が話しに応じてくれないからと言って加害者と直接話をする
等の方法が考えられます

0:100の事故のようですので支払いを受ける権利のあるものはすべてもらえますので、保険会社が出さないのなら加害者からもらいましょう
(そういう意味で『それで良いです』と言ったの?)

ご自分の保険会社に相談はされましたか?
示談交渉はしてくれませんが相談には乗ってくれますよ

取り留めの無い書き方で申し訳ありませんが、あなたの考え方は間違っていないと思いますのでがんばってください

交渉術についてですが、あなたは素人、相手はプロと言う事を武器に交渉すると良いと思います
こちらでのアドバイス等を相手に伝え(当然ですがこのやり取りをそのまま見せるのではなく、いいとこ取りをして必要なHPを印刷→FAX等)『素人の私ですらこれだけ調べた、あなたも認められないではなく具体的な根拠を示してください』ってな具合に
もちろんプロですから反対意見の証拠も簡単に集めると思いますが、決定意的な証拠(根拠)またはあなたが納得できると思えないものは『プロなんだから素人みたいな根...続きを読む

Q全損時の買い替え諸費用

このカテゴリでの質問で良くあるのですが、「全損時の買い替え諸費用は請求できるか」というテーマについてです。
私の認識としては「請求できるし、認められるべき」「ただし保険会社は普通は払わずに済ませようとする」というものです。
根拠は、全損時の諸費用を認めた判例がいくつもありますし、私自身も保険会社に認めさせた経験があるからです。
「一般的に保険会社は認めたがらない」くらいならかまわないのですが、ここに書き込みをしておられる「専門家」と称する方の中に「全損の場合は、法的に車両時価額さえ賠償すればよい」とうたっている方がおられるのですが、過去にいくつも判例があるというのに、何を持って「法的に」とおっしゃっておられるのかが理解できません。
法的な根拠を述べていただければと思います。

Aベストアンサー

私も補足ですが、確かに最近は全損時諸費用を認める判例も多くなり、保険会社もケースにより自賠責や各種税金を除いた登録諸費用を認める会社も徐々に増えています。
今後の判例の積み重ねの中で保険会社も対応を改めていくものと思います。

最高裁の判例に関しては、保険会社の方も確立されたものとして、それまでの対応を改めるケースは多いですね。

例えば、今週の週間朝日でも問題となりましたが、1社を除き、各社が人身傷害の扱いに関し、今までの考えを改めていますが、これも過日の最高裁の判決を受け、自社基準よりも裁判の結果を優先すると云う方針転換だと思います。

私も個人的には税金や自賠責を除いた登録諸費用は当然認めるべきだと思っています。

なお判例と云う言葉の定義は法学的には最高裁の判決に対してのものですが、保険会社を含め、マスコミも出版界も実務的には下級審の裁判例も判例と云う言葉を使用していますので、私も使わして貰います。

Q全損と言われ納得いかない金額が!!

何度かこちらで質問させて頂いている者です。

先週バイクを運転中クルマと事故を起こしました。
本日保険会社から「バイクは全損で、時価額として保証金は30万です。」と言われました。

自分の愛車が30万!たったそれだけかよっていう気持ちはもちろんありますが、ある程度の減価償却は理解できます。
でも、事故を起こしたバイクと同程度のバイクを買おうとしても30万じゃ全然足りないんですが…

自分の契約している保険会社からの連絡だったので、同グレードのバイクを買うには全く足りません、と伝えたら
「ご自分で相手の保険会社の方に本などで調べた価格等を伝えて交渉して下さい」と言われました。


こういった場合、中古車情報誌などで調べた同年式のバイクの価格を控えて、保険会社に伝えればよいのでしょうか?
あと、登録諸費用だってバカにならないのでその分も欲しいのですが…

まだ過失割合が決まってないようで、当然示談書等にサインはしておりません。おそらく8:2だと思いますが…
どうぞよろしくお願いします!!

Aベストアンサー

中古車情報誌だけでは登録諸費用が見えてこないので、バイク屋さんで見積書を用意して交渉して下さい。
その際に数社の見積もりがあれば尚有効です。
それでも保険会社が30万しか払いませんというのであれば
原状回復して欲しい旨伝えて、30万で購入できる同程度の中古車を探して下さいと言ってみるといいと思います。

Q追突事故(相手100%)、全損扱い、自動車取得税はもらえるの

こんにちは。追突事故に会い、相手過失100%で相手任意保険会社さんと話し合いを進めています。こんど新車を購入するつもりです。
ある程度は認めて戴きましたが、自動車取得税はどうなのでしょうか?
ちなみに時価額は50万円以上です。

Aベストアンサー

回答1の「この回答への補足」欄について回答します。
●新しい車の取得税でしょうか?
名古屋地裁(H10.10.2.判決)と東京地裁(H11.2.5.判決)は、同等の新しい車の取得税を認めました。
●保険会社は問題を起こして立場が弱いのですかね?
昨年、日弁連交通事故相談センターが日本損害保険協会と外国損害保険協会に対して、諸費用(原状回復費用のこと)を損害回復費用として対応するよう指導したのです。
しかも、今年、日弁連交通事故相談センターが金融庁に対し、保険会社に対して諸費用を損害回復費用として対応する指導を行うよう要望を出しています。
さらに、数々の裁判で、保険会社が悉く敗訴した前例ばかり。
そのため、ようやく一部の保険会社では、約款に従うことにしたのでしょう。

自動車保険は、法律上の賠償責任を負う場合に保険金を支払う商品です。
判例は、不文法とされており、各種法令の趣旨に則り、民事訴訟法ないし刑事訴訟法に従って判示されたものなので、法律と同等の効力があります。
したがって、自動車保険は、判例に判示された賠償責任を負う場合も、保険金を支払う商品です。

なお、交通事故形態が複雑化し、酷似した事故による判例が存在しない事件が起こることが少なくありません。
この場合、あらまし似ていれば、「判例の援用」「類推解釈」「類推適用」「勿論解釈」として対応します。
それ故に、判例と質問者さんの事故は、酷似している必要はありません。

ちなみに、私の務める保険会社は、諸費用を損害回復費用として対応しています。
そのため、裁判へ発展することはありませんでした。
しかし、相手保険会社が諸費用を損害回復費用として対応しない場合は、私は金融庁に指導するよう要請しています。
金融庁は、おおむね3日後に指導しています。
この指導を受けた保険会社は、指導を受けた分の交通事故に限って、諸費用を損害回復費用として対応しています。

■不文法とは
条文の形で書き表されていない法。

回答1の「この回答への補足」欄について回答します。
●新しい車の取得税でしょうか?
名古屋地裁(H10.10.2.判決)と東京地裁(H11.2.5.判決)は、同等の新しい車の取得税を認めました。
●保険会社は問題を起こして立場が弱いのですかね?
昨年、日弁連交通事故相談センターが日本損害保険協会と外国損害保険協会に対して、諸費用(原状回復費用のこと)を損害回復費用として対応するよう指導したのです。
しかも、今年、日弁連交通事故相談センターが金融庁に対し、保険会社に対して諸費用を損害回復費用として対...続きを読む

Q10対0の事故被害者、車は全損、金額に納得できなくても泣き寝入りしかないですか?

GW前に友人が事故に遭いました。
友人は10対0の被害者、車は全損です。
幸いそこまでひどいけがはなく、入院もなく、(今のところ)むちうちと痛みですんでいるのですが、
GW直前に車を失くしたのと、さすがに外出を楽しめるほどの状態ではないため、楽しみにしていた計画はおじゃん、
痛みに耐えながら、事故処理に追われるもんもんとした連休になっていました。

新車で買って大事に使っていた車は廃車だそうで、レッドブックの査定(相場より安い)では雀の涙ほどの価格で、
慰謝料も入院などではないのでまったく期待できそうにありません。
どんなに高くてもあわせて80万くらいだろうということです。
中古で買うか、今よりグレードをひとつ落とした新車を買うか、どちらにしても(車をよく使う友人には)全く足りない金額です。

話をきいてそんな理不尽が普通なのかと唖然としてしまったのですが、
これはもう日本のこういう現場ではどうしようもないことなのでしょうか?
天災に逢ったと思って諦めるしかないのでしょうか?
他の被害者の方は泣き寝入りしていらっしゃるものなんでしょうか?
というのも、10対0の被害者のため、逆に友人側の保険屋さんが出てくる場面がなくて、相手側の保険屋さん(プロ)と友人(素人)が直接話をする形になっているので、そう決まっていると言われたらもう何も言えず、いいように貧乏くじをおしつけられているのでは?と私は考えてしまうんです。

加害者の方も悪い方でないようですし、
別に必要以上にむしり取ってやれ!というわけではないんです。
起きてしまった事故は時間を戻せないから仕方ない。
忙しさに殺されそうだった友人が連休をどれだけ楽しみにしていたなんてタイミングは通院日数×2×4600だとかいう公式には関係ない、
車にどれだけ思い出がつまってるかもレッドブック査定には関係ない。
それはそうかもしれないけれど!と。
事故前の車がちょっとグレードアップして戻ってくるくらいならまだ慰められるでしょうが、金銭的にも、身体的にも、楽しみを奪われたという点でも、友人はなにもかも損しかしていないのです。

すみません、途中からムカムカが形になりました。
ここからが皆様にご意見をうかがいたいことなのです。

私も素人なりにちょっとでも回収できる方法が無いか、いろいろ調べてみたのですが、(保険屋さんに交渉して金額をあげてもらう等)素人がやるにはちょっとハードルが高そうです。
弁護士さんにお願いすると、弁護士費用をさしひいて友人が回収する額がアップしそうでしょうか?
あまりなじみのないことなのでためらっているようです。
悪徳弁護士(!)などにあたったらと思うと私も強く勧められません。
保険には弁護士特約などはついていないようです。
また、日弁連の無料相談などに相談すると、成功報酬になるんでしょうか?
流れ的には
無料相談してみる→
弁護士さんが事前に「○○円ほどアップするよ、成功したらそこから○%の◯万円をもらいますよ」→
じゃあお願いします、
という流れになるのでしょうか?
(弁護士さんにお願いしてみたら逆に弁護士費用で取り分が減った、などが心配です。)
弁護士さんにお願いする、以外にもいい方法があったら教えてください!

どうぞ宜しくお願い致します。

GW前に友人が事故に遭いました。
友人は10対0の被害者、車は全損です。
幸いそこまでひどいけがはなく、入院もなく、(今のところ)むちうちと痛みですんでいるのですが、
GW直前に車を失くしたのと、さすがに外出を楽しめるほどの状態ではないため、楽しみにしていた計画はおじゃん、
痛みに耐えながら、事故処理に追われるもんもんとした連休になっていました。

新車で買って大事に使っていた車は廃車だそうで、レッドブックの査定(相場より安い)では雀の涙ほどの価格で、
慰謝料も入院などではない...続きを読む

Aベストアンサー

その被害者ご自身の加入している自動車保険は、示談代行はしてくれないのでしょうか?
10対0(自分側の責任なし)の場合でも、示談代行してくれる保険はありますよ。

あるいは、「弁護士費用特約」などはついていませんか?
交渉に弁護士さんが入ると、それだけで慰謝料等の額が大きく変わります。

また、車が全損して十分な補償がもらえなかった場合に再取得価格との差を補償してもらえる車両保険とか、そういう契約ではありませんか?

ここで挙げた3つは全部、私の自動車保険の契約に入っています。
もう一度、自分の自動車保険の契約内容をよく確かめてみることをお勧めします。

それと、今回の件には間に合いませんが、次回の契約更新のタイミングで、今後に備えて「掛金が安い」だけではない契約を選ぶことをお勧めします。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報