先日事故をおこしました。
片側4車線の国道の一番左車線を直進していたところ、信号がなく停止線のある横道から相手の車が飛び出してきて、私の車の左前タイヤのあたりに接触しました。しかし相手の言い分は違っていて「自分は先に国道に出ていてそっちの車は左から2番目の車線(第2車線?)から車線変更してきたんじゃないか」と言うのです。
お互いの保険屋同士でも話がつかず、間にリサーチ会社というのが入って事故を検証することになりました。
その結果、相手の方が正しいと言う事になり過失割合は
「10対0」という事でした。
「10対0」というのはよほどの事がない限り有り得ないとよく聞いていたのですが・・・。
動いている車同士の事故で「10対0」というのは有り得るのでしょうか?
過失割合についていろいろ教えて下さい。
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

詳しい根拠は他の方が述べられているので省略しますが、たとえあなたが悪かったとしても10:0になんてなるはすがありませんよ。

しかもあなたが100なんてことは絶対おかしいです。
あなたの言い分は相手(保険会社やリサーチ会社)にきちんと伝わってないのではないですか?もう1度話を聞いてもらうべきだと思います。
    • good
    • 0

私も加入しておられる保険会社から再度リサーチをかけてもらう様お勧めします。


0:10の過失を出したリサーチ会社は、貴方の意見を聞きにきましたか。
ここに書かれている内容から判断をすると先のnishimoriさん言われる過失割合になると思います。
事故のなるまでの状態を 忘れない内に箇条書きにして警察で事情聴取の時に警察官が書いていたような見取り図を自分なりに書いておくことも必要と思います。
そして再度加入しておられる保険会社に伝えて見てください。
そして、
貴方の保険会社は、今回出てきた過失割合について納得しているのでしょうか。確認をしてください。

先に事故証明書に事故状況(道幅・車の位置等の記載・加害者)あると書かれていますが、何か他の証明書等と勘違いをされておられると思います。
事故証明書には、事故の当事者の氏名・住所・年齢・自賠責番号・事故の日時・場所・事故の形態・それと人身か物損の区別等の記載しかありません。

そして 「損害の種別とその程度、事故の原因、過失の有無とその程度を明らか
   にするものでありません。」記載されています。

リサーチ会社の調査結果も当事者は、閲覧できませんのでご承知ください。
    • good
    • 0

過失割合認定基準を参考にアドバイスさせていただきます。



相手方は国道を左折と思われますが、これに該当する認定基準が掲載されていませんので、類似の認定基準でお話します。

条   件:交差点における直進車同士の出会い頭の事故
      信号機のない交差点で一方が優先道路の場合
基本割合:sumirokuさん10:90相手方
修   正:相手方の明らかな先入の場合はsumirokuさん20:80相手方
  
条   件:交差点における直進車同士の出会い頭の事故
      信号機のない交差点で一方に一時停止の規制がある場合
基本割合:(同程度の速度)sumirokuさん20:80相手方
     (相手一時停止)sumirokuさん40:60相手方

条   件:交差点における右折車と直進車との事故
      交差点からの進入で一方が明らかに広い道路または優先道路の場合
基本割合:sumirokuさん20:80相手方
修   正:相手方が既右折の場合はsumirokuさん35:65相手方
相手方に一時停止標識のある場合も過失割合は同じ。
既右折とは直進車が交差点に進入する時点において右折車が右折を完了しているか又は、それに近い状態。

<補足>
交差点は原則として一時停止の規制がないときは減速(徐行)しなければなりませんが、
4車線の道路で明らかに広路の優先性がありますので優先道路と見ることができ、
減速の必要はありません。

以上、3点の認定基準を示しましたが、いずれも100:0の過失割合を示していませんので、リサーチ(調査)会社が判断した過失割合は不適合と言えますし、
この基準からはsumirokuさんには最大でも4割の過失しかありません。

調査会社というのは任意保険会社の関連会社などであり、
調査自体が相手側に有利に扱われた可能性がありますので
ご自分の任意保険会社に再度調査をするように申し出ることも必要かと思います。

ただし、物損事故で過失が生じ任意保険を使用し、全て保険で賄われるのであれば
過失割合の多い少ないはご自身には関係が無いところです。
しかし、物損事故で過失が少ないので保険を使用せずに自費で修理したいというのであればきちんと過失割合を算出する必要があります。
保険使用の有無は双方の修理費用によって異なり回答できませんので、
再度修理金額を示した上でご質問されるとよいかと思います。
    • good
    • 0

『過失割合』というものは、『警察』と『保険会社』では違います。


これは『事故』検証での警察見解と、『民事』検証での保険会社見解との違いです。
そこに『リサーチ会社』なるものが介入した場合は、また違います。

一般的に10対0というものは相手に全く過失が無い場合ですが、『信号待ちをしていたら、後ろから追突された』とか、『路上駐車していた時に、追突された』という場合でも、10対0にはならないときもあります。
『路上駐車していた車に、バイクが追突。ライダーが死亡。』という場合、今では警察が路上駐車していたドライバーを検挙していますから。この場合、ドライバーには過失責任割合が発生しています。

さて、あなたの場合、事故証明書をお手元におもちでしょうか?
この証明書、一般的には保険会社が警察に取り寄せている場合が多いのですが、もちろん自分でも取り寄せることは出来ます。
事故証明書には、『道幅』や『車の位置』、『進行方向』などが記載されており、ある程度、役に立ちます。
この中で一番役に立つのが、『加害者』と『被害者』の欄です。
『加害者』欄にあなたの名前が記載されていなければ、これをもとに保険会社と戦うことも出来ます。
特に今回のケースでは、あなたの言うことを『全面的に』信じること前提とすると、相手の過失が0で、あなたが全面的に『加害者』であることは無いはずです。

『リサーチ会社』の検証は法的根拠は全くありません。
裁判を起こした場合は、弁護人が裁判所に許諾申請をして、許可された人・団体が検証した場合に限り『証拠』として認められます。
先にも書きましたが、『事故』と『民事』では『ある程度』の過失割合に『差』が生じることはしょうがないことだと思います。
しかし、法的根拠が無い論証であなたが一転、加害者と判定されるのであれば、保険会社の代理人交渉を解除して、ご自分で相手方保険会社と交渉したほうが宜しいかと思います。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q車同士の交通事故の過失割合

私の車(車A)が優先道路(道A)から、センターラインも一時停止標識も無いT字路の縦棒の道(道B)に右折しようとした際、道Bから優先道路に左折しようとした車Bが、道Bのやや中央寄りを徐行していたため、車Aはすれ違いは危険と判断し停車しました。停車後4秒前後の間、車Bは徐行し続け、車Bの右前部が停車していた車Aの右前部角に衝突しました。現場検証に来た警察官に、車Bの所有者は「右からくる車ばかり見ていて前を見ていなかった」と証言しました。車B所有者とその保険会社は、車Aが「近回りして右折した、車Bは道Bの左半分を走行していた」と主張し、車Aにも20%~50%の過失があると主張しています。私の方は普通に右折しようとしただけで、近回りしたとは思っていません。衝突した位置は、道Bから優先道路に僅かに出たあたりです。
このようなケースでは、過失割合はどう判断されるのでしょうか?

Aベストアンサー

修正しました。
こんな感じかな?

この場合は車Aがセンターラインのところで待つのが正しい。
優先道路をふさいではいけない。

当然過失はある。

道路の幅に明確な違いがあれば30:70
修正要素は
A車の右折方法違反、その他の著しい過失、
B車の右折方法違反、その他の著しい過失、

で、道交法。

(左折又は右折)
第三十四条 2
 自動車は、右折するときは、あらかじめその前からできる限り道路の中央に寄り、
かつ、交差点の中心の直近の内側(道路標識等により通行すべき部分が指定されているときは、
その指定された部分)を徐行しなければならない。

(交差点における他の車両等との関係等)
第三十六条 4
 車両等は、交差点に入ろうとし、及び交差点内を通行するときは、当該交差点の状況に応じ、
交差道路を通行する車両等、反対方向から進行してきて右折する車両等及び当該交差点
又はその直近で道路を横断する歩行者に特に注意し、かつ、できる限り安全な速度と方法で進行しなければならない。

第三十七条
 車両等は、交差点で右折する場合において、当該交差点において直進し、
又は左折しようとする車両等があるときは、当該車両等の進行妨害をしてはならない。

A車、B車とも右折方法違反で+10
B車は前方不注意なので+10
一時停止標識がB道路にあった場合、これにも違反しているのでB車に+10


20:80か、10:90といったところでしょう。

修正しました。
こんな感じかな?

この場合は車Aがセンターラインのところで待つのが正しい。
優先道路をふさいではいけない。

当然過失はある。

道路の幅に明確な違いがあれば30:70
修正要素は
A車の右折方法違反、その他の著しい過失、
B車の右折方法違反、その他の著しい過失、

で、道交法。

(左折又は右折)
第三十四条 2
 自動車は、右折するときは、あらかじめその前からできる限り道路の中央に寄り、
かつ、交差点の中心の直近の内側(道路標識等により通行すべき部分が指定...続きを読む

Q車対車の接触事故の過失割合について

こんにちは。早速質問させていただきます。

先日、事故に遭いかけました。
もしも、の話で恐縮なのですがもしも、事故に発展していた場合の
過失割合が気になったので質問させていただきます。

先日私は大阪市内の、片道2車線で中央分離帯があるような高速の下道を走っていました。
私は左車線を走行していたのですが、左側に路上駐車の車が停まっていたので
右車線にはみ出しながら追い越そうとしました。
すると、左側に停まっていた車の1台(仮に駐車車両Aとします)が、
ウィンカーも出さずに急に動き始めました。
しかもその駐車車両Aの前にも他の駐車車両があったので
こちらの方へ大きくはみ出してきました。

その車は先ほども言ったとおり、ウインカーは出していなかったですし、
ブレーキランプもついていませんでした。

圧倒的に向こうが悪いとは思うのですが、車の側面にぶつかった方が悪いとか、
動いている車同士ならゼロはないとか聞くのでこういう場合の過失割合は
何%~何%くらいになるのか教えていただけると幸いです。

長くなり、分かりにくいかと思いますが是非よろしくお願いします。

こんにちは。早速質問させていただきます。

先日、事故に遭いかけました。
もしも、の話で恐縮なのですがもしも、事故に発展していた場合の
過失割合が気になったので質問させていただきます。

先日私は大阪市内の、片道2車線で中央分離帯があるような高速の下道を走っていました。
私は左車線を走行していたのですが、左側に路上駐車の車が停まっていたので
右車線にはみ出しながら追い越そうとしました。
すると、左側に停まっていた車の1台(仮に駐車車両Aとします)が、
ウィンカーも出さずに...続きを読む

Aベストアンサー

駐車していた車両がいきなりウインカーも出さずに
その車両の前の駐車車両を避けて、
大幅に車線を斜めに発進してきたので、
質問者さんは避けきれず相手の右側面に衝突した
というような事故でしょうか。

路外からの進入との衝突で基本は20:80です。
それよりも想定外のウインカーを出さずに
斜めに発進してきた駐車車両との衝突で、
50:50は無いと思います。

私なら、最初は、注意はしていたが相手はウインカーを出していない・
前に駐車車両があり発進しようとすれば、大幅に車線に出ないと
出て来れないところを走行車がいるのに無理やりこちらの進路妨害して
出てきたとしてこちらにも注意義務はあるが、
そこまで注意する義務は無いとして0:100を主張します。
譲歩して10:90。最悪20:80というところでしょうか。
ただ、免ゼロの車両保険に加入していて、
保険を使うなら過失割合にこだわる必要はあまりありませんが。
ちなみに、相手が何メートル手前でどのような角度で出てきて、
何キロで走っていて発見し、何秒で衝突したかなどの計算して状況図を
書いて、相手と交渉しましょう。

駐車していた車両がいきなりウインカーも出さずに
その車両の前の駐車車両を避けて、
大幅に車線を斜めに発進してきたので、
質問者さんは避けきれず相手の右側面に衝突した
というような事故でしょうか。

路外からの進入との衝突で基本は20:80です。
それよりも想定外のウインカーを出さずに
斜めに発進してきた駐車車両との衝突で、
50:50は無いと思います。

私なら、最初は、注意はしていたが相手はウインカーを出していない・
前に駐車車両があり発進しようとすれば、大幅に車線に出ないと
出て来れないと...続きを読む

Q自動車同士の事故です。過失割合

はじめまして、皆様の意見を聞かせてください。四輪同士の事故ですが、私が直進していたところ左にあった工場からトラックが側面衝突(ワンボックスですがちょうど真ん中くらい)してきました。トラックは右折しようとしたみたいです。私はトラックには気づいていましたが、まさか出てくるとは思いませんでした。加害者は口答ですが前方不注意(右方不注意?)を認めています。私と同乗者(1人)は軽い鞭打ち+打撲で通院中です。こちらに違反等はなく非がないと思いこちらの保険は使っていません。
先日、先方の保険会社から過失割合は80:20といってきました。予想はしていましたが、とても納得できるわけありません。予想しようもないところから突っ込まれても100:0は難しいのでしょうか?少額訴訟も考えてます。少額訴訟の場合資金はどのくらいかかるのでしょうか?

Aベストアンサー

ご質問の場合には路外車と直進車の事故で、
過失割合は保険会社の言う通り当方20:80相手方が基本になります。

修正要素として
相手方に徐行なしの場合、相手方に+10、
幹線道路の場合、相手方に+5、
相手方の著しい過失があった場合、相手方に+10、
相手方に重過失があった場合、相手方に+15、
相手方が頭を出して待機の場合、当方に+10、
相手方が既右折の場合、当方に+10、
当方に15km以上の速度違反があった場合、当方に+10、
当方に30km以上の速度違反があった場合、当方に+20、
当方に著しい過失があった場合、当方に+10、
当方に重過失があった場合、当方に+20。

上記修正要素の内、客観的事実を証明できないものは主張しても認められないことでしょう。

少額訴訟は過失割合を巡る争いには向きません。
少額訴訟をしたところで、相手方に異議申し立てをされて本訴に移行するだけです。
また、訴訟をしても100:0はあり得ないと思います。

車両、対物保険に入っているのでしたら保険を使った方が時間の節約になります。
また、怪我をされていることですから、きちんと通院して慰謝料で補填しましょう。

あと、搭乗者傷害を忘れずに請求しましょう。

なお、動いている車同士でも基本過失割合で100:0があります。

ご質問の場合には路外車と直進車の事故で、
過失割合は保険会社の言う通り当方20:80相手方が基本になります。

修正要素として
相手方に徐行なしの場合、相手方に+10、
幹線道路の場合、相手方に+5、
相手方の著しい過失があった場合、相手方に+10、
相手方に重過失があった場合、相手方に+15、
相手方が頭を出して待機の場合、当方に+10、
相手方が既右折の場合、当方に+10、
当方に15km以上の速度違反があった場合、当方に+10、
当方に30km以上の速度違反があった場合、当方に+20、
当方に...続きを読む

Q過失割合10:0(自分が加害者)の対物事故

駐車場で当方の後方確認ミスで新車の軽にぶつけてしまいました。(人は乗っていない)
完全に私のミスで本当に反省しております。
事故の事は保険やさんに当事者同士直接話さないように言われましたので、事故の事は気にはなりつつ任せたまま、事故後2週間たった今日、相手の方より携帯の方に電話があり『修理代は57万かかるみたいで、その57万は保険からおりるけど、それでは納得いかない。まだローンも残っている新車だったのに、事故車扱いの車に乗るのは嫌だから、新車を買いたい。その差額約60万をあなたの誠意として払って下さい』と言わました。
確かに相手方の言われている事は身にしみるほど分かるし、本当に申し訳ない気持ちでいっぱいなのは確かなのですが、60万となると高額なので悩んでおります。
このような場合は誠意を示して払わなければならないのでしょうか?

Aベストアンサー

 保険会社は「払うべきものは払う」「払う必要のないものはびた一文払わない」という姿勢です。払うもの・払う必要のないものの境は「法的賠償義務の有無」です。今回は質問者さんの法的賠償義務が57万円というように保険会社は判断しています。保険会社に歩調を合わせるのなら、質問の回答は「ノー」ということです。
 相手の要求に応じるか否かは質問者さん次第です。しかし保険以外に支払いをするということは、保険会社には守ってもらえなくなります。

 誠意ってお金ですか?事故相手は「誠意」を要求しているのではなく「お金」を要求しているのです。しかも法的賠償義務の範囲外について、です。「誠意」という言葉に惑わされないようにしましょう。

Q車線変更の過失割合について

車線変更の過失割合について

車線変更の過失について何件も投稿されいますが、今回自分のケースではどうなるのかアドバイスをお願い致します。

衝突時の車の位置関係は下記URLの一番上にある画像の内、右のようなケースです。
私がA、相手がBです。
http://www8.ocn.ne.jp/~nakamura/qa1_2.htm

実際は私が左側車線直進、相手側は右側車線から左へ車線変更です。
右後方を走っている車が私の車の右後方へ衝突しました。

この時の状況としては以下のとおりです。
・お互い速度は混雑していた為20Km以下
・私の車の損傷個所は右後方リアバンパー、相手側左前フロントバンパー
・相手はウィンカーをかなり前から出していたらしい(ここは曖昧な表現でしか答えてもらっていません)

事故時の対応
・相手が現金1万でいいかと言ってきた(当然拒否)
・相手は警察に通報しようともしなかったので私が通報

お互いの主張
[相手(保険屋)]
・過去の裁判の判例から検討して7:3です
・理由としてはそっちも動いていたから、こちらはウィンカーをあげていた。
 車線変更してくることを予見して走行しなければならない。

[私]
・10:0
・予測は不可能、右後方の車が自分に衝突するかもということを予測しなければならないのか?
・混雑により回避行動は不可能
・ウィンカーをあげていたというが、いつからですか?(回答貰えず)
・そもそも相手は1万でいいか?ということを先に提案してきた。
 これは明らかに自分が悪いと認めている証拠だ。
 また相手は明らかに加害者であるにも関わらず、事故当時警察に連絡しようともしなかった

上記のような状況で現在平行線を辿っています。
相手の車は元々ボロボロで今回も修理に出さないと言っています。
このままでは私だけが完全に当てられ損になってしまします。
強気に交渉中ですが、相手の保険会社は担当者がコロコロ変わり話がまとまりません。
確かに10:0は難しいとは思っていますが、それでも7:3は酷過ぎると思います。
私が加入している保険会社に相談しても10:0でもおかしくないケースとの回答をいただきました。

早期解決に向けて今後どうすればよいかアドバイスをお願いします。

車線変更の過失割合について

車線変更の過失について何件も投稿されいますが、今回自分のケースではどうなるのかアドバイスをお願い致します。

衝突時の車の位置関係は下記URLの一番上にある画像の内、右のようなケースです。
私がA、相手がBです。
http://www8.ocn.ne.jp/~nakamura/qa1_2.htm

実際は私が左側車線直進、相手側は右側車線から左へ車線変更です。
右後方を走っている車が私の車の右後方へ衝突しました。

この時の状況としては以下のとおりです。
・お互い速度は混雑していた為20Km以下
・私の車...続きを読む

Aベストアンサー

進路変更の30:70というのは、進路変更車と「後続直進車」との判例です。
ご質問者は「後続」ではなく「先行」直進車ですので、相手の保険会社の提示は妥当ではありません。

後方車両が進路変更することなど、予見不可能ですし、回避もできないので、0:100主張で問題ありません。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報