最近、半生をかけて愛し続けた人を亡くしました。

たまたまここ数年、仏教に心をひかれるものを感じ、少しずつですが宗派を超えた本も何冊か読んでいます。
子供のような質問かもしれませんが、仏教的見地から優しく平易にお答え下されば幸いです。
(1)亡くなって4週間程ですが、彼の魂は今、どこにいるのでしょうか?
(2)愛してくれたわたしの所へ、何故会いに来てくれないのでしょうか?
(亡くなった後、虫の知らせのような出来事はありましたが・・・)
(3)わたしが人生を全うし、死んだ時でなければ、もう彼に会えないのでしょうか?
(4)亡くなった彼が、今、一番喜んでくれる事は何でしょうか?
(5)亡くなった彼の為にわたしが今出来る最良の事は何でしょうか?

今はまだ毎日がつらく、泣き崩れるのをやっと堪える日々が続いています。
どうぞ宜しくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

それでは、仏教的見地から回答させていただきますね。


>(1)亡くなって4週間程ですが、彼の魂は今、どこにいるのでしょうか?
原始仏教、釈尊の教えでは、「魂」について「無記」です。
無記というのは魂については、有るとも無いともいわないということです。
ところが、日本の仏教ではそうではなく
亡くなってから49日間は、中有(ちゅうう)に在るといいます。

>(2)愛してくれたわたしの所へ、何故会いに来てくれないのでしょうか?
>(亡くなった後、虫の知らせのような出来事はありましたが・・・)
原始仏教では、やはり無記です。原始仏典には、なにも書かれていません。
故人が会いに来たとしても、そっとしておくのが普通です。
なぜなら、あなたが彼の死に囚われていては、苦しむだけだからです。
仏教では、囚われが、苦しみの原因であるといいます。

>(3)わたしが人生を全うし、死んだ時でなければ、もう彼に会えないのでしょうか?
仏教では、大前提として「存在するものは無くならない」と考えています。
また五陰化和合といいまして、縁起によって人というかたちができるといいます。
人が亡くなった場合は、五陰化和合の形(縁起)が変わっただけという見方をします。
ですから、物理的には無くなったように見えますが、存在するものは無くなることがないので、
形を変えて、なお存在しているということです。

>(4)亡くなった彼が、今、一番喜んでくれる事は何でしょうか?
故人が望むことは、あなたが、故人のことで悲しまないことです。

>(5)亡くなった彼の為にわたしが今出来る最良の事は何でしょうか?
日本の仏教では、故人の供養が大事とされていますが、
原始仏教では、そうではなく、亡くなった方には、
何も必要ではないと教えています。
ですから、亡くなった方を、「ほとけ」と呼ぶわけです。

この回答への補足

tetraさん、仏教的見地からのご回答、どうもありがとうございました。

まもなく彼の四十九日を迎えます。
まだまだ毎日が悲しく、苦しい状況ですが、時々、何となく彼の存在を身近に感じるときがあります。
お墓参りに行った時には、香りの良い白檀のお線香をあげ、思い切り彼に語りかけて来ようと思っています。
本当にありがとうございました。

補足日時:2001/05/25 12:48
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。

彼とは最後は喧嘩のような形のまま別れ、しかしそれもまた愛情ゆえの事が原因でした。怒ったり、憎んだり、妬んだり、悪い感情もたくさん胸の中にありました。
けれど、亡くなった事を知った直後から、それが全くなくなりました。
許すとか許さないとかの問題ではなく、「悪」は去り、「善」といいますか、良いものだけが心に残ったのはそれもまた愛情ゆえの為だと思えます。

tetraさんのおっしゃるように彼は今、形を変えて存在しているんですね。
だとしたら、今も「おまえ、食べ過ぎ!」とダイエットの必要性をわたしの耳元でささやいているかもしれませんね。

お礼日時:2001/05/10 14:00

ご丁寧なおへんじをいただきまして 有難うございました。


 あなたに 早くお元気になってほしいと投稿しましたのに、なんだか逆に 私が癒されているようです。

実は あなたの質問を拝見した5月9日と言う日は 父の命日だったのです。
「あぁ 今日は父がなくなった日・・・・」と、また色々と思い出を反芻しながら OKウェヴを開いたんです。

魂があるのなら 父があなたの質問に引き合わせたのかもしれませんよね。

私は 仮に無いにしても、何かしら形を変えてこの世界の何処か(宇宙かも?)に 父の魂?(なんと呼んでよいのかわからない)が存在しているのかも?と考えたりもしました。
まったく無いと言うのも 変な話でエネルギー不滅の法則?からすると、こころや意識もエネルギーだし、無になるなんて それも変??
などと よくあれこれ考えます。
結局 わからなくなって やはり無なのだ、と思ってしまうのですが、
今回 こんな形であなたが私を癒してくださったこと、あなたがおっしゃるように 魂は、無くなった方の心は、存在するのかもしれませんね。

あなたが読んでいらっしゃる本、私も読んでみますね。 

この回答への補足

akiyoteaさん、再三のアドバイス、どうもありがとうございました。

わたしはもともとお鮨が好きなのですが、彼が亡くなってから、無性にお鮨が食べたくなる事があり、病の為にあまりお鮨が食べられなかった彼が、わたしと一緒に食べたがっているのかと感じたりしています。
(鮨好きの単なる言い訳という可能性もアリ・・・)

以前お薦めした本、もしお時間のある時に、P96~P101の「死後の世界」と「死者への供養」をお読みになってみて下さい。わたしはあの辺りが一番、心癒されます。
それから、仏教の本は、専門用語が多く、とてもわかりづらいのが悩みでしたが、瀬戸内寂聴さんの「痛快!寂聴 仏教塾」集英社を今読んでいますが、子供でもわかりやすい内容で、ちびまるこちゃんも多々出演していて、とてもわかりやすい内容です。わかりやすいだけに、心に響くものもあります。
もしよろしければ、書店でお手に取ってご覧になってみて下さい。

喧嘩別れのようなかたちで会わなくなって3年以上経つのに、恐らくわたしに自分が亡くなった事を知らせてくれた彼の愛情を、最近になって感じ、また悲しさが増します。
また、大切な存在の人の死による心の傷は、誰の心でも永遠に癒される事は無いのではないかと最近思えます。でも、それでいいのだと思います。心に傷の無い人間はいませんし、それが人の一生だとも思えます。

この質問を締め切るにあたり、ポイントをさしあげたいのですが、ご回答下さった方々皆さんに差し上げる分のポイントがありません。
ですから、質問本来の「仏教的見地」からご回答下さった方のみにポイントをさしあげたいと思います。ごめんなさい。
でも、たくさんの貴重なアドバイスを本当にありがとうございました。
心より感謝申し上げます。

そして、どこかにいらっしゃるはずのお父様の魂にどうぞ宜しくお伝えください!

補足日時:2001/05/25 14:35
    • good
    • 0
この回答へのお礼

akiyoteaさんのお気持ちを癒しただなんて・・・とんでもないという思いで、はずかしいやらうれしいやらという感じです。

お父様のお命日に引き合わせていただいたのは、きっと「仏縁」というものなのかもしれません。
お父様は、akiyoteaさんがお線香をあげられた時やお花やお供えをあげられた時、お墓参りにいらした時、そして合掌された時、きっと喜んでいらっしゃるのですよ。そんな時にも虚しいお気持ちの貴女にご自分のお気持ちを知っていただきたかったのではないでしょうか?

おすすめした本は、先日の書店では汚れていた為、別の書店で取り寄せていました。さっき届いたと電話が入り、今週末は、ゆっくりと読んでみたいと思います。
もしかしたら、このインターネット上の貴女のご回答をお父様は貴女の隣でお読みになり、「そうそう、そうなんだよ!それが言いたかったんだよ!」って思っていらっしゃる・・・かもしれませんね。

お礼日時:2001/05/11 18:27

魂の存在を信じられるとの事、本当にうらやましいです。



信じられたら この空しさから少しは抜けられるのでしょうが・・・。
でも もしかしたら、なくなった方の魂・・と言うか意識・・と言うか心は
 何処か別の次元にいって存在しているのかもしれませんよね。

3年もお会いしないままなくなられたとの事、本当に、本当に、お辛いことでしょう。私は父と最期はそばにいて見取ることができましたから、まだ幸せでした。
あなたの辛さはきっと、私の何倍もお辛いことと思います。

魂の存在が信じられないとは思っている私ですが、何かにつけて父のことを思います。
桜の木下で、春の日を過ごしたことや、心の中でいろんな事を父に知らない間に問い掛けていたりするんです。
そんな時、父は私が思い出す限り、私の心の中で生きているんだなぁ・・・とこの頃は思います。
あなたがおっしゃるように、魂があるとするなら、わたしもいつかきっと、父に会えるのでしょうねぇ。
そんな時が ありますようにと思うことにします。

どうかどうか 1日も早く お辛い日々から抜け出されますよう・・・。
なくなられたその方の分も お幸せになられて いつか 再び そのかたとお会いするその日のために 楽しいお話をいっぱいお土産に持っていかれますよう・・・。 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

再度のご投稿、どうもありがとうございます。

わたしは18年前に祖父母を四十二日間で相次いで亡くしました。急逝した祖母の死がショックで、とにかく半端でなく気の強い頑固だった祖父が四十九日を待たず、四十二日目の祖母が亡くなったのとほぼ同じ時刻に祖母の遺影を見ながら亡くなったそうです。祖父は何ら病気ではありませんでしたから、毎朝お線香をあげ、「早く迎えに来てくれ」と言っていた祖父を見かねた祖母が迎えに来たのだと思わずにはいられないような不思議な最期でした。ですから祖母の四十九日と祖父の初七日は同じ日でした。
四十九日の間に相次いで亡くなる夫婦は何回生まれ変わっても夫婦になるそうですよという恩師の話で随分と心が慰められた記憶があります。
祖父母が亡くなって18年にもなるのに、わたしは未だにたまにですが祖父母の夢を見ます。そして目覚めると泣いています。

3年間以上会わずにいた彼の死を知ったのは、普段は殆ど開くことの無いインターネット上の訃報のページを偶然開いた時でした。
あのページを開かなければ、恐らく彼が亡くなった事を何ヶ月も何年も知らなかったことと思います。
あれは彼が最期のお別れに来てほしいと言ってくれていたのだと思えます。
不思議だったのは、ソメイヨシノが既に散ってしまっていた時期にもかかわらず、火葬場の裏手の、ほとんどソメイヨシノと同じ(恐らく)山桜の花びらがはらはらと花吹雪のように舞っていた事です。ソメイヨシノは私達の思い出の花でした。

先日、書店で「生き方としての仏教入門」西川隆範・著を読み、涙が止まりませんでした。
それによると、例えばakiyoteaさんが亡くなったお父様の事を思い出しますよね。そうすると、その思いの部分から亡くなった方の魂は、世間を見ることができるそうです。だから亡くなった方をたくさん思い出すことは良いことらしいですよ。
全部読破したら、おすすめのページをご紹介いたしますので、もしよろしかったらまずは立ち読みでもしてみて下さい。

わたしが心配だったのは、わたしが人生を全うし、死んだ時にシワシワのおばあさんだったら彼より「年上の女」となり、彼は幻滅してしまうのではないかということです。まるで笑い話ですけどね。
でも、肉体はこの世で生きる天からの借り物であり、再会できるのは魂なのだから年齢は関係ないと年長の知人が笑っていました。
魂はありますよ、きっと。
だって、自分が相手を想っている時って、相手も自分のことを想っていてくれていたから。

お礼日時:2001/05/10 17:47

さぞ お辛いでしょうね。

 お察しします。
私も 10年前に 大好きだった父を亡くしました。
いまでも 父のことを思うと 涙が出そうになります。

仏教的見地からではなくて 申し訳ないのですが、さぞ つらい日々であろうあなたに 私の経験が 少しはお役に立てばと投稿いたしました。

私は 神仏の存在を信じて いません。・・・というよりも
信じられないのです。 でも、もしかしたら 神仏は存在しているのかもしれませんが・・・・ともかく 私は 信じられないんです。

ですから 父がなくなったときの 無常感は例えようがありません。
いまでも 全てが空しい感じです。
そして 悲しみと・・・。
夢に必ず父が出て  泣いてしまって眠れないんです。
精神科にもいきました。 宗教書も読んでみました。
でも 結局は 時が 薄皮をはぐように 少しずつ癒してくれました。
といっても。完全に元に戻ったわけではありません。
無常感、空しさは 常に胸のうちにあります。
魂の存在を信じられる人がうらやましい・・・・
お墓に行ったとて、そこにあるのは かつて父の体の一部だった単なるモノ?であるとしか 思えません。
お墓に 手を合わせる気にもなりません。
この空しさは どうしようもなく、寂しさだけのお墓参りです。

辛さから抜け出すために 私は 絵を描き始めました。
何も考えなくてよいからです。
書いている時は 対象だけを見詰めて描くことに専念できるので 癒されました。

あなたも 仏様を信じられるなら 一心にお経をあげられるなり、お参りにいらっしゃるなりなされば 癒される時間が早いと思います。 わたしはだめですが、もしかしたら仏様は本当にいらっしゃるかもしれませんしね。

さもなくば なにか 新しいことをはじめれるとよいかもしれません。
といっても 今はまだ 何もする気になれないでしょうが・・・。

きっと 時間がとてもかかると思います。
私は 8年たって やっと 元気になれたような気がします。
私の友人で お嬢さんを亡くされたかたは 完全に癒されるのに20年かかったといっています。
それまでは なくなったお嬢さんと同じ年頃のお嬢さんを見ることができずに、無理に見ると怖い顔になってしまったそうです。

いま 私も とりあえず 人前では笑って父の話をできるようになりました。

父の死のおかげで 人に対してやさしくなれた気がします。
以前だったら 腹が立つような人に対しても、「あの人とも、いつか別れなくてはならないのだから、」と思うと 許せる気持ちになるんです。
人の死は 残される人間を 成長させてくれるのかもしれません。

いつか きっとあなたも癒される日が来ると思います。
その日が 早く来ますようにお祈りしています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お辛い体験からのアドバイス、どうもありがとうございます。

仏教用語での「四苦八苦」の中のひとつに「愛別離苦」という、愛する人と別れなければならない苦しみがあるそうですが、まさしく苦しみ以外の何ものでもありませんね。
実は彼とは想いあいながらも事情があって3年程会っていませんでした。
今、彼にもう一度会えるのなら、世界の果てまででも行くことでしょう。この世にもう彼が存在しないという事実をこれから時間をかけて受け止めて行かなければならない訳ですから、それを考えただけでも人生は何と厳しいものかと思います。
現在は、精神的に鬱傾向に入り、薬を飲んでいます。
でも、生きたくて生きたくてしようのなかったであろう彼を思うと、わたしのこれからの人生をまさしく一生懸命に生きなければと思えます。
人にはそれぞれ事情はある事と充分理解していますが、自殺者が多い昨今、「どうせ死ぬのなら、生きたかった彼の命と取り替えてほしい」と理屈に合わない事も考えたりします。
akiyoteaさん、わたしは魂の存在を信じます。
そして、陳腐なセリフのようではありますが「彼はわたしの心の中で生きている」とも思えます。
立花隆の「臨死体験」の中にありますが、臨死体験者の中には、その時、自分の愛した人達が迎えに来てくれたとあります。もっともその方は「まだこちらに来るのは早いから帰れ」と言われて帰り、生き返ったそうですが。
わたしが人生を全うした時に迎えに来てくれる人々の中に微笑む彼がいてくれることを願っています。

お礼日時:2001/05/10 13:39

わたしも数年前に父を亡くしたのですが、adelaideさんのお話を拝読して、それ以来の母の様子(自分もそうですが、)を思いおこしてしまいました。



自分の学んでいる事柄に仏教が多少関わっているので、まったく知らないわけではないと思うものの、詳しいわけではないし、そもそも神仏を一切信仰してすらいない者です。

このご発言では、仏教的見地からの回答をお求めなのは
承知していますが、
adelaideさんが求めておられるのは、理論としての仏教の教えではなく、
いまの苦しいお心から救われる方法ではないかともお見受けしましたので、
あえて回答を付けさせてください。

もし不適切な回答とご不快でしたら、どうぞお許しになって、この回答は無視してください。
管理者に削除を求めていただいてもかまいません。ごめんなさい。

以下、仏教的には正確でないもの、実は仏教の教えとは反するもの、などありますけれども....。

>(1)亡くなって4週間程ですが、彼の魂は今、どこにいるのでしょうか?

まだ四十九日経っておられないので、現在、仏様になられるための修行をなさっているところですね(微笑)。

>(2)愛してくれたわたしの所へ、何故会いに来てくれないのでしょうか?
(亡くなった後、虫の知らせのような出来事はありましたが・・・)

じゃあ、そのとききっと会いに来られたんですよ。
でも仏さまになるための修行も一生懸命がんばっておられるので、あまりしょっちゅう会いに来ることができないでおられるのでしょうね。
仏さまになられたあとは、目には見えなくても、きっとadelaideさんの側でずっと見守ってくださるようになると思いますよ。

>(3)わたしが人生を全うし、死んだ時でなければ、もう彼に会えないのでしょうか?

仏さまとなられたその方は、あらゆるところに存在なさるでしょう。adelaideさんの心の中にも。
だから、姿や声として目に見、耳に聞くことができなくても、語りかければ答えを返してくれるでしょう。
もしこう語りかけたら、こんなふうに応えるだろうなっていうこと、いっぱい思い出してみてください。これからは、そんなふうにして、いつでも会うことができますよ。いままでとはちょっと会え方が違うようになったんですね。

>(4)亡くなった彼が、今、一番喜んでくれる事は何でしょうか?

その方のことを忘れずに、時折思い出されながら、でも、いままでどおりの元気なあなたを取り戻して、ほがらかに生活していってくださること、だと思います。
心の中のその方に尋ねてみてください。なんとおっしゃってますか。

>(5)亡くなった彼の為にわたしが今出来る最良の事は何でしょうか?

上の(4)に書いたことと重なりますが、その他に、
その方の好きだった食べ物、お花、その他の品物などを、お供えして見せてさしあげてはいかがでしょうか。
お経を読んでさしあげるのもいいでしょうし、好まれそうな本を読んで(声に出しても出さなくても)さしあげたりするのもいいかもしれませんよね。

ひとまずは、四十九日、それからお盆の法要を無事、済ませてさしあげること。次に一周忌。
そうして忙しくなさっておられるうちに、お心も次第に落ち着いていかれますように。

この回答への補足

MinmMinmさん、ご親切なアドバイス、どうもありがとうございました。

もうすぐ彼の四十九日がやって来ます。
これからは何かある度に、お墓参りに行こうと思っています。

本当はご回答やアドバイスを下さった皆さんにポイントをさしあげたいのですが、私の質問が「仏教的見地から・・・」となっている為、また、ポイントが限られている為、見送らせて頂きます。
でも、心から感謝しております。
質問を締め切るにあたり、重ねてお礼を申し上げます。本当にありがとうございました。

補足日時:2001/05/25 12:39
    • good
    • 0
この回答へのお礼

MinmMinmさんのお優しい心が表れているアドバイス、どうもありがとうございます。

>もし不適切な回答とご不快でしたら、どうぞお許しになって、この回答は無視してください。

とんでもない!とても心救われる思いです。
でも、今はどうがんばってみても泣くことしかできず、日にちの感覚すらなくなっています。今は時が早く過ぎてくれるの事を待っている状態です。
本当にありがとうございました。

お礼日時:2001/05/09 09:11

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q仏教

私は仏教に興味があり信仰を深めたいと思っていますが、どういう宗派の教えを受けたら良いかわからず困っています。

私は人との関わりあいや妄想・欲望からくる苦しみ、仕事の上の苦しみ等々で色々苦しい思いをする中で、仏教的なものに興味を持ち始めました。
般若心経や十句観音経、ご真言(不動明王、地蔵菩薩、観音菩薩)等は本やCD、インターネット、寺社参拝等で覚えて日常的によく唱えています。特に般若心経をありがたく感じています。また、お遍路や坐禅にも興味を持ち始めた今日この頃です。
今後、もっと仏教の正しい知識を勉強し、信心を深めていきたいとは思うのですが、世の中見渡すと怪しい宗教ばかりに感じます。
また、伝統的な宗派を装っていても、金ばかり要求する様な寺もある気がします。そもそも「お守りを買ったら救われる」的なご利益信仰そのものがばからしい気がします。

以下のような宗派はありますでしょうか。教えてください。

・伝統的な仏教の宗派(新興系は絶対嫌)のひとつ。
・宗派の教えというよりは、仏教(釈迦)の教えそのものを客観的に教 えてくれる宗派。
→例えば「不動明王を信じれば救われる」だけではなくて、実在した人間である釈迦が説いた哲学が仏教であるはずなのに、恐らく実在しなかったであろう不動明王をご本尊にする理由を教えてくれる。

・しつこく勧誘してこない。(来る者はこばまず、去る者は追わず。)
・あまりお金をかけずにできる(年2~3万円位)
・お金をかけたければかけられる。
・信者や檀家となって入信しなくても、請えば教えてくれる。
・寄付や機関紙の購読、集会への参加を強要されない。
・教えを受けるからと言って、勧誘活動は絶対絶対にしたくない。

勝手なことばかり申しますが、ご回答宜しくお願い致します。

私は仏教に興味があり信仰を深めたいと思っていますが、どういう宗派の教えを受けたら良いかわからず困っています。

私は人との関わりあいや妄想・欲望からくる苦しみ、仕事の上の苦しみ等々で色々苦しい思いをする中で、仏教的なものに興味を持ち始めました。
般若心経や十句観音経、ご真言(不動明王、地蔵菩薩、観音菩薩)等は本やCD、インターネット、寺社参拝等で覚えて日常的によく唱えています。特に般若心経をありがたく感じています。また、お遍路や坐禅にも興味を持ち始めた今日この頃です。
今後...続きを読む

Aベストアンサー

在家信者で教えを説く資格も無いまま、僭越ながら幾度も説法じみたアドバイスを差し上げた事をご容赦下さい。
また、心に不安や迷いを与えてしまったとしたならば、重ねてお詫び申し上げます。

私のいままでの信仰の体験や遍歴をお話するすべもありませんが、最後に、あなたにとって有益と思われる事をお話させていただきます。

仏のご加護とは(お導きとは)
自分では知らず知らずのうちに頂いているものです。
後になって、気がついて、ありがたいと思う事がほとんどです。
気がつかずにいる事の方が或いは多いかもしれません。
日常の生活では、そんな感じなのです。
特殊な場合もあります。
急を要する大切な事や人生の大事といった事です。
お金で解決のつかない、どうにもならないといった事などです。
私も若い時に、そういった事を救って頂いた経験があって、信心が深まってきたのです。
地獄で仏という言葉がありますが確かに本当です。

仏様の慈悲心(大悲)に素直に感謝しながら、だいぶ安らかに生きていけるようにもなりました。

お不動様は破邪顕正の強さだけではなく、その怖いお顔の底には、万石の涙を含んだ熾烈な慈悲の心があるとも言われています。
絶対の慈悲心、絶対の優しさです。
そんな大きな心に少しでも近づいてください。
 
最後に
仏教や密教について分からない事がありましたら
織田隆弘という人の本を読んでみてください。
私を救ってくれた人の書いた本です。
以上です。

在家信者で教えを説く資格も無いまま、僭越ながら幾度も説法じみたアドバイスを差し上げた事をご容赦下さい。
また、心に不安や迷いを与えてしまったとしたならば、重ねてお詫び申し上げます。

私のいままでの信仰の体験や遍歴をお話するすべもありませんが、最後に、あなたにとって有益と思われる事をお話させていただきます。

仏のご加護とは(お導きとは)
自分では知らず知らずのうちに頂いているものです。
後になって、気がついて、ありがたいと思う事がほとんどです。
気がつかずにいる事の方が...続きを読む

Qご両親がお亡くなりになっている方に、親孝行についての質問

最近、「親孝行」ということを考えるようになってきた40代男性です。

わたしは、これまで特に孝行らしいこともせず、ここまできてしまいました。
両親は70歳ほどで、特に病気もなく、離れた故郷に二人で暮らしています。近所に娘夫婦(つまりわたしの妹)がいます。わたしは長男で(妹が一人いるだけ)、毎年盆と暮れには、妻と子と土産を持って帰省はしています。

失礼とは思いますが、ご両親を亡くされている方、もし今のわたしのように両親が故郷で健在なら、両親に何をしてあげたいですか?

Aベストアンサー

お孫さんや家族のの写真とかイベントがあった時のビデオとかそれについてのコメントなどを送ってあげるのも、きっと喜ばれると思います。家庭であったこと
ほほえましいことや、子供の話題など、手紙にしてまめに送ってあげるのはいかがでしょう。気にかけているよ、おかげでこんなに楽しく暮らしていますという感謝の気持ちが伝わるのが一番でしょう。

Q仏教の分類について

仏教は、観光仏教・民俗仏教・葬式仏教・信仰仏教に分類されるそうですが、具体的にはどのような違いがあるのですか?できれば、その成立の過程や、現在の日本仏教への影響についても教えてください。

Aベストアンサー

 これは仏教の内容による分類というよりは、位相による分類だと思います。成立の過程や影響もなにも、現在の日本仏教をさまざまなレベルで区切るとこういったものに分類できる、ということでしょう。
 観光仏教というのは、京都や奈良の有名な寺院のように観光客集めの目玉として仏教を利用すること。拝観料と称して入場料を取ったり、縁結びのお守りを出したり、写経ツアーを組んだり、といったことでしょう。今のようにひどくなったのは戦後、ことに高度経済成長期以降旅行が手軽になってからですが、信心のお客さんを集めてお金にするという意味では善光寺や清水寺なんかは江戸時代からそうかもしれません。また巡礼も見方を変えれば観光仏教と言えるでしょう。
 民俗仏教というのは、お寺を離れて民俗信仰として息づいている仏教的なもののこと。京都の地蔵盆や各地に残っている百万念仏、あるいはお盆やお彼岸の地域的な風習といったものから、葬儀にかかわるその地域だけの習俗なども含まれると思います。山伏や修験も仏教的な要素を多く持っているという面で民俗仏教と言えるかもしれません。この起源はどこまでさかのぼれるか不明であるとしかいえませんが、多くの場合中世期に現在のかたちが完成しているようです。
 葬式仏教というのは、お寺もしくは仏教は葬式と法事だけをやればいい、という発想や信仰のこと。多くの日本人がそうであるように人が死んだときだけ仏教にかかわるという態度のことであり、一方お坊さんの側ではそうした人生の不幸に際して相手にたかるたちの悪い売僧への悪罵として用いられることもあるようです。これも今のような状況になったのは戦中から戦後にかけてですが、度合いこそ違え日本人は江戸時代ごろからそういう傾向がありました。幕府がキリシタン禁制を行うために、すべての日本人(神道者も含めて)はどこかのお寺に属し、そこで葬式をあげなくてはならない、という制度を作ったあたりに淵源があるといえます。
 信仰仏教は以上のいずれでもない、人間の苦しみを救うための信仰としての仏教のことでしょう。ここまでゆくとその淵源は聖徳太子あたりにさかのぼってしまいます。

 これは仏教の内容による分類というよりは、位相による分類だと思います。成立の過程や影響もなにも、現在の日本仏教をさまざまなレベルで区切るとこういったものに分類できる、ということでしょう。
 観光仏教というのは、京都や奈良の有名な寺院のように観光客集めの目玉として仏教を利用すること。拝観料と称して入場料を取ったり、縁結びのお守りを出したり、写経ツアーを組んだり、といったことでしょう。今のようにひどくなったのは戦後、ことに高度経済成長期以降旅行が手軽になってからですが、信心の...続きを読む

Q仏教とは?仏教の聖典とは?

仏教とは?仏教の聖典とは?
良いか悪いかは別として、キリスト教には、新旧約聖書、イスラム教にはコーラン、という、それぞれ、宗教をある程度つかむための代表的な聖典(半分、聖人と呼ばれる人の生きてきた昔話みたいな)、共通の理解すべき分かり易い対象があり、人々の間にも文化として根付いていると思います。それに対して、仏教には、なぜ、代表的聖典というものが無いのでしょうか。庶民には、およそ意味の分からぬ、頭ごなしに有難がるしかない、お経を聞くことぐらいしか、身近に接することはありません。
(1)仏教とは、サルにもわかるように言うと何でしょうか?
(2)仏教に、これ一冊が大方の人に読まれてますよ、という聖典はあるのでしょうか?、新旧約聖書に相当するような昔話のようなタイプの聖典もありますか?サルにも分かるような聖典もありますか?
(3)日本の庶民の文化として、仏教は息づいてい無いと思いますが、なぜですか?外国で庶民文化として仏教が息づいている国はあるのでしょうか?

Aベストアンサー

1)仏教とは、サルにもわかるように言うと何でしょうか

七佛通解ゲというお経に書いてあります。
「諸悪幕作 衆善奉行 自淨其意 是諸仏教」「諸悪を作すことなかれ、衆(もろもろ)の善は奉行し、自らその心を浄くせよ、是れ諸仏の教えなり」これは過去七仏通解と云われ、根本仏教より仏教が道徳の根源となっていることを説いていることを表すものです

良いことをしなさい。悪いことをするな。これが仏教です。(筆者訳)

2)仏教に、これ一冊が大方の人に読まれてますよ、という聖典はあるのでしょうか
仏教聖典と言って、世界各国語に翻訳されてます。日本語版は、200円くらいで、手にはいります。聖書と同じですね。
http://www.bdk-jp.org/buddhism/book01.html

ここでは、525円となっているようですが。。


3)日本の庶民の文化として、仏教は息づいてい無いと思いますが、なぜですか

一応、信教の自由ってことですので、本来、日本人に合ってはいるのですが、気がついていない人が多いのでしょう。

外国で庶民文化として仏教が息づいている国はあるのでしょうか
たくさんありますよね。タイとか、仏教が国の宗教ですから。
中国も、チベット仏教とかは、そうなんですが、漢民族が、認めてませんね。

1)仏教とは、サルにもわかるように言うと何でしょうか

七佛通解ゲというお経に書いてあります。
「諸悪幕作 衆善奉行 自淨其意 是諸仏教」「諸悪を作すことなかれ、衆(もろもろ)の善は奉行し、自らその心を浄くせよ、是れ諸仏の教えなり」これは過去七仏通解と云われ、根本仏教より仏教が道徳の根源となっていることを説いていることを表すものです

良いことをしなさい。悪いことをするな。これが仏教です。(筆者訳)

2)仏教に、これ一冊が大方の人に読まれてますよ、という聖典はあるのでし...続きを読む

Q「小乗仏教」という言葉の使用が適切でない理由

「小乗仏教」という言葉の使用が適切でない理由とは何ですか?

以前、仏教について「仏教は主に小乗仏教と大乗仏教に分類されるが、小乗仏教という言葉の使用は適切ではない」という話を聞きました。
イマイチこの意味がわからないのですが…。

小乗仏教は上座部仏教の蔑称であるから適切ではない、のでしょうか?

どなたか回答お願いします。

Aベストアンサー

もともと「大乗仏教」と「小乗仏教」が存在したわけではありません。
釈迦の教えを忠実に守る上座部仏教というのがあり、
それに対し後から出てきた一派(つまり新興宗教)が自らを大乗(仏教)と名乗り、先に存在する上座部仏教のことを古くて小さな考えしか持たない小乗(仏教)だと罵った言い方をしたものです。

上座部仏教にすれば、大乗と名乗る団体こそ新参者に過ぎない軽蔑すべき団体ですが、いかにせん大衆を味方につけた大乗側の圧倒的な勝利に、上座部仏教は小乗との汚名を着せられた格好になったものです。

歴史的に考えても、釈迦の教えを忠実に守る上座部仏教は決して低く見られる存在でなく、大乗側が勝手に付けた蔑称は好ましくないと言うことです。

Q亡くなった方へのお花

先月わたしのお友達が亡くなってしまいました。
告別式の前日に知らせを聞いたのでお花の準備が出来ずにお別れしてしまいました。

でもどうしてもお花を渡したいのですが、渡すのは49日以内であればいつでも大丈夫なのでしょうか?また、どのようなお花が良いのでしょうか?無知ですいません。教えてください。

Aベストアンサー

お渡ししても大丈夫です。

亡くなってからお通夜、告別式と進んで次に初七日法要があります。おそらくは告別式と同時に済まされている場合がありますので、49日法要で亡くなったご友人をお墓に納めると思います(場合によっては100日法要かもしれませんが)。少なくともその間はずっと生花を花瓶に入れますので、お花はご遺族の方にとっても大変有難いと思います。

お花は故人様の好きなお花が良いですが、確かドライフラワーはNGです。No1の回答者様も答えていますが、棘のあるものもだめなので、フローリストに聞くのが一番無難です。後お花はおそらく祭壇で対で供えていると思います。

Qなぜ仏教は力を失ってしまったのか

 
問う人:
なぜ仏教は力を失ってしまった。

「人の道」:
それは仏教が本来の理念と哲学を失い、安々とビッグバン理論の上に居座り、一神教世界の仲間入りをしたからである。
これでもー仏教は仏教でなくなった。
これで仏教は理念と哲学を完全に失い、ただ南無妙法蓮華経とかお経を唱えるだけの安物になってしもーた。

問う人:
仏教が力を取戻すことはできるのか。

「人の道」:
いや、こーなってしまった以上、仏教が力を取戻すこと出来まい。
仏教は安々とビッグバン理論の上に居座り、宇宙の偉大さを忘れ、創造主を求めるよーなった。
もはや仏教は仏教ではなくなった。
仏教はミーハーになってしもーた。

問う人:
あ~、哀れ仏教。
皆はどー思う。
 

Aベストアンサー

とうほぐの被災地で、ある曹洞宗の寺の檀家が30名も亡くなったんだと。

で、30名に戒名付けて、ひとり当たり平均30万円として、「被災遺族から900万円もの戒名料を巻き上げんのかい?と友人に聞かれた坊主は、さすがに欲ボケ、焼け太りはイケないと戒名料を無料にしたとさ。

その話を聞いた、情動信州の葬式坊主がの、「そんな話を広められて、戒名料を取れなくなるのは困る」って談話を発表しただと。

これが、仏教の実態やで。たまたま曹洞宗が慈悲を持ち、浄土真宗が無慈悲ということになっちょるが、これは偶々じゃて。みんな、出家坊主の葬式ビジネスの話じゃ。

Q亡くなった人宛の年賀状の処置は?

今年同居の父が亡くなりました。交友関係が広い人でしたので年賀状も毎年大変多いです。ただし遺族にとっては殆ど知らない方ばかりです。亡くなった事を知らずに年賀状が来た場合そのままにしておいてよいものでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは。

松が明けてから、寒中見舞いや挨拶状としてお送りするほうが良いみたいですね。
私は喪中の方への賀状を寒中見舞いとして出した事がありました。

アドレスを参考になさってください。

参考URL:http://www.nengasyotyuu.com/nenga/nbashic/nbashic_01.html

Qヒンズー教、バラモン教、仏教

インドは零の発見など文明として数々の発明発見をしてきた土地だと思います。また、宗教上でも多くの宗教が芽生え発展してきたように思います。

現在、ヒンズー教がインドで最も盛んな宗教のようですが、ヒンズー教の前身にバラモン教があると勉強しました。

質問:現在、日本で私を含め信仰の深い仏教もインドから中国、朝鮮を通じて日本に入ってきましたが、この仏教はヒンズー教より歴史は古いのでしょうか?

質問:今、仏教はインドではどうして多数派では無いのでしょうか?
昔から仏教を信仰してきた私には、発祥の地のインドで仏教が盛んではないないというのが残念です。

また、お隣の中国は逆に現在仏教に関してはかなり研究が盛んに行われているようです。
質問:チベットは密教として仏教が盛んのようですが、チベットの仏教とインドの仏教の接点を教えてください。

Aベストアンサー

インドでは今から3000年ほど前にヴェーダやウパニシャッドという
聖典がすでに成立しています。結局のところインドの宗教はすべて
これらのインド哲学の聖典が元になっています。同じ聖典を基にしている点
ではインド宗教は、ユダヤ教とキリスト教・イスラム教のような関係と言えます。


ヴェーダに登場する火の神(アグニ)を信仰していた彼らは森を焼き、
農地を拡大していきました。その結果として洪水被害や塩害のような
環境被害が繰り返されます。当時のの哲学に共通する特色としては
「なんでこんなに苦しまなきゃいけないの?」というものです。
現代の我々はそれが化学作用によるもので人間が原因だと理解できますが、
これに近い明確な答えを出したのがインド哲学です。
つまりこれらの原因を「業(カルマ)」であるとしました。



数百年後、仏教の開祖「シャカ」が誕生します。
彼はヴェーダの思想どおり、「殺すからその報いを受けている」と考えました。
ところが彼の思索はさらにその先に突き抜けてしまいます。つまり
「我々の食事は動物を殺して食べている。だから植物を食べて生きよう」
という凄まじい結論に達します。この<<不殺>>の考えはヴェーダの「業」を信じ、
環境被害に苦しんでいたインドの人々に広く受け入れられ、
急速に勢力を拡大していきます。




ここから様々な分派が生まれますがインドにおいてはヴェーダの思想が強く、
カーストを否定した仏教徒との対立が次第に多くなります。
とはいえ、「業」の思想に明確な答え<<不殺>>を出した仏教も支持され
カースト(前世の業による階級制)の思想と仏教の不殺の思想が融合していきます。
こうして成立したのがヒンドゥー教です。



一方で中国にわたった仏教は、儒教や道教の思想と出会い、
やはり融合をすることになります。この中国仏教が日本に伝わっている仏教です。
統治論としての政治手法や組織宗教としての完成度は高まっていますが
一方で最初の理想である<<不殺>>は大部分で失われており、ほぼ別物です。
つまり原始仏教の成立は早いものの、日本に伝来した中国仏教は
成立がかなり後期ということになります。



これ以外にも様々な宗教が仏教との融合により生まれています。
チベット土着の宗教であるボン教は巫女による神との交信を行っていた宗教ですが、
これが仏教と出会い儀式性の強いチベット仏教へと変化していったのです。

インドでは今から3000年ほど前にヴェーダやウパニシャッドという
聖典がすでに成立しています。結局のところインドの宗教はすべて
これらのインド哲学の聖典が元になっています。同じ聖典を基にしている点
ではインド宗教は、ユダヤ教とキリスト教・イスラム教のような関係と言えます。


ヴェーダに登場する火の神(アグニ)を信仰していた彼らは森を焼き、
農地を拡大していきました。その結果として洪水被害や塩害のような
環境被害が繰り返されます。当時のの哲学に共通する特色としては
「なんでこ...続きを読む

Q亡くなった祖父(葬儀は親族のみで密葬)のお別れの会(偲ぶ会みたいなもの

亡くなった祖父(葬儀は親族のみで密葬)のお別れの会(偲ぶ会みたいなもの)を遺族主催で行います。その際のお礼状の文面を教えていただきたいです。返礼品を渡す時に、一緒に袋に入れるつもりです。
お別れの会は、ネットで調べてもなかなかなくて、どういった内容を書くべきかものすごく困っています。

Aベストアンサー

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1011125555?fr=rcmd_chie_detail
http://questionbox.jp.msn.com/qa2858085.html

上のサイトが参考になりそうです。
ご覧ください。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報