現在生物科にて花粉の研究しているのですが
花粉というのはスポロポレニンというとても強い物質で
守られているため壊れにくいんです。
また大きさが大きさのため、つぶしにくいのが現状です。
方法がないわけではないんですが、(高圧、ホモジナイザーなど)
さらに良い方法はないかと思い質問しました。
花粉でなくてもかまいません、このくらいの大きさの物質を壊す
良い方法ありましたら、回答お願いします。
よろしくおねがいします。( ^.^)( -.-)( _ _)

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

MiJunです。


「凍結粉砕」に関しては、以下の参考URLサイトは参考になりますでしょうか?
「クールミル 密閉式」

さらに「粉砕」に関する以下の成書は参考になりますでしょうか?
=====================================
粉砕/化学工業社/2000.1 
最新撹拌・混合・混練・分散技術集成/村上泰弘/リアライズ社/1991.11 
=====================================
ご参考まで。

参考URL:http://www02.so-net.ne.jp/~tokken/tkcm.html
    • good
    • 0

葉っぱから葉緑素を取り出す実験のときにやったと思います。

乳鉢に葉っぱを入れて、液体窒素を入れてゴリゴリ。。。継ぎ足してはまたゴリゴリ。。。さらさらの粉にしてから薬品で処理し、ペーパークロマトグラフィでクロロフィルaとbとを検出したような。。。?
液体窒素の目的は、熱変性を防ぐためと細胞壁を壊すためだったと思うのですが、確かなことは言えません。ごめんなさい。
単純に、冷やしてもっと硬くなった方が物理的に壊れ易いかなーと思いました。
花粉が小さすぎて、液体窒素を入れたときに吹き飛ばされそうな気もしますが。。。
    • good
    • 0

花粉を乳鉢に入れて、液体窒素を入れつつすりつぶしていったらどうでしょう?

    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
ちょっとどのようになるのか想像がつかないんですが。
yuuka29さんが研究かなんかで用いている方法なのでしょうか
もしよければもうすこし詳しく教えてください。
液体窒素は何のために入れるのですか?

お礼日時:2001/05/10 01:22

以下の参考URLサイトは参考になりますでしょうか?


「運動性放線菌の高度選択分離法:花粉捕集」
このページによると
「Actinoplanes」
は分解能があるようです。

また
http://soba.shinshu-u.ac.jp/NewHomePage/buckwhea …
(スポロポレニン (sporopollenin))
リポプロテインのようです。

ご参考まで。

参考URL:http://kaede.clab.yamanashi.ac.jp/~hayakawa/kenk …
    • good
    • 0

1:先ず キッチンのラップで 飛散防止の為に 2重に丁寧に包む。



2:平らで硬い物の上に 静かに置き。

3:カナヅチで先ずは弱く叩き潰す。だめなら強く叩き潰す。

これでつぶれる(壊れる)はずですが。質問の意図と違う回答で。失礼しました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
試してみたいと思います。ですが直径0.1mもない物質でも
壊れるものでしょうか

お礼日時:2001/05/10 01:24

焼却するのが一番だと思います。

    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q花粉の大きさ

花粉症の季節ですね。憂鬱です。
花粉の大きさはスギ花粉が30マイクロぐらいと聞きましたが、植物によって違うようですね。
これまで知られている最も小さい花粉、最も大きな花粉はそれぞれどれくらいなのでしょうか。
ご存知の方教えてください。

Aベストアンサー

おもしろそうなので調べてみました。
小さいほうはワスレナグサ(Myosotis scorpioides)と書かれていることが多く、直径3umとか5umとかそのあたりのようです。
大きいほうは書いているサイトにより違いますがオシロイバナ(Mirabilis jalapa)、マツヨイグサ属(Oenothera)、かぼちゃ(Cucurbita pepo)あたりで200um程度のようです。

http://www.ehow.co.uk/facts_7399786_pollen-grain-size.html
http://www-saps.plantsci.cam.ac.uk/pollen/index2.htm
http://www.hindawi.com/journals/jb/2010/612017/

Qホモジナイザーってどこまで破砕できるの?

先日実験でポリトロンホモジナイザーを使用したんですが、これは赤血球を破壊することは可能でしょうか?
ホモジナイザーとはどの程度の大きさのものまで粉々に出来るものなんでしょう?物によっても違うと思うんですが、教えてください。
または、どういう資料を見れば調べることが出来るか教えていただくだけでもいいです。そうしたら自分で調べられますので。
私は調べ物をしたくてもどういう資料を見れば調べられるのかいつもわからなくて困っているんです。つまり調べ物がうまくないんです・・・。
どうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

ポリトロンホモジナイザーは臓器などを均一に
する機械なので、赤血球を破壊することはでき
ますが適切な使い方だとは思いません。血球は
可溶化剤を加えれば簡単に溶解しますので、
物理的処理はする必要はありません。

『生化学実験講座』という全集がありますから、
索引でホモジナイザー、ソニケーター、可溶化
を調べてください。

Q花粉症!昨日今日あたりは何の花粉?

東京多摩地区に住む花粉症の者です。

杉花粉がようやくおさまり、ほっとしたのもつかの間、昨日今日、これまでにないほどの強烈な花粉症で苦しんでします。

洟がとまらず、涙目。外はもちろん、家の中にいても車を運転していてもマスクも効かず。これほどひどい症状は初めてです。

多摩地区、昨日今日あたりの花粉の正体は何ですか?

Aベストアンサー

ヒノキの可能性もありますが、ここ2,3日ならカモガヤ(イネ科)かもしれません。
カモガヤだと5月~梅雨入りの頃まで、症状が出ます。
私も数日前から、カモガヤの花粉に反応しています。
お互いつらいですが、頑張って乗り切りましょう。

参考URL:http://www.atopy.jp/36kafun.htm

Q杉花粉症の人が杉花粉を食べたら……?

  ともだちの議論に巻き込まれまして、ダウンしました。
 「そんなんしたら、食物アレルギーで死ぬで」「いや、消化器官が健全なら、何も起こらないはずだ」「意外と減感作療法で治療に使えるかもしれん」などの意見が出てるのですが……私、理性的に考える気力がありませんので、どなたかお願いします(気分が悪くなった方、申し訳ありません)
 そうそう、「粘膜についたり、吸い込まないように、オブラートかカプセルで包んで飲めば……」だそうですので。

Aベストアンサー

 面白い着眼点だと思います。例えば、食物アレルギーは乳児に多いですが、小学校に入る年齢でまだ食物アレルギーの人はほとんどいません。乳児の数人に1人はアレルギー検査(RAST)で卵が陽性ですが、小学生ではほとんどいません。これは、少量づつ腸管から摂取していることにより、耐性が獲得されたと考えることができます。
 ダニアレルギーの喘息の人に、ダニ抗原を内服させて耐性を獲得させるという臨床研究はすでになされていると聞いたことがあります。結果は知りませんが。スギに関してもあながち空論ではないように思います。

Q花粉症の原因の杉花粉。品種による違いはありますか?

先日、家から離れた、杉の木に囲まれている場所で半日過ごしたのですが、マスクと点鼻薬を使ったとはいえ、少しの鼻水程度のわずかな症状しかでませんでした。
ところが、花粉の量は遙かに少ないはずの我が家に帰ると、いつも通り”くしゃみ・鼻水・鼻づまり”がはじまりました。

そこで、花粉症の杉花粉についての疑問です。

杉にも品種があると思います。
当然、その花粉もわずかながら違うでしょう。
同じ杉花粉でも、品種によって花粉症の反応が違ってくることはあるのでしょうか。

Aベストアンサー

一つは、環境の違いではないでしょうか。

コンクリートは乾燥していますし、強風や車が通るといったことで、落ちた花粉が舞いあがりやすい環境にあります。
一方で、山の中ですと、車の交通量も限られますし、スギ林の地面は湿気ていますので、落ちた花粉が舞いあがりにくいです。

ここで、飛散量は同じだとすると、都会の方が再び舞い上がる分、多くなりがちなのではないかと思います。

もちろん、品種による違いという可能性もあります。
ただし、花粉の形態ではなく、花粉の量が少ないタイプの開発が進んでいます。(目標は花粉の出ないもののようですが。)
http://ftbc.job.affrc.go.jp/html/topics/ikusyu/kafun.htm

花粉の形態が異なるものと接したのであれば、アレルギー反応は出ないでしょう。
アレルギー反応が出たということは、アレルゲン(スギ花粉)とは接したということで、
症状が軽かったのはスギ花粉と接した量が少なかったからだと思います。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報