人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

講義で教育についてやっていて、小論の試験があるのですが、それで高校生の制服について書こうと思っています。
1960年後半から70・80年代は、制服の自由を求める声が圧倒的でした。しかし、今は、制服で行く高校を決めたり、制服をどうすればかっこよくみせれるか(腰パンにしたり、ルーズソックスにしたりなど)ということが増えています。
このような事に関して、意見がありましたらお願いします。また、このような事に関しての資料や意見が載っているページがありましたら、教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

ダイレクトな答えではありませんが・・・。


きっと予想される問題は主として、「あなたは制服に賛成ですか反対ですか」タイプ、またはそれに結び付けられる問題なのかなあと思います。教育とジェンダーの問題が絡んできますね。書き方としては、賛成意見、反対意見、そして、その両者を踏まえた上での自分の意見と結論、つまり、あなたは賛成なのか、反対なのか。問題をしっかり読んで問題に答える。書いているといろいろなことが浮かんだりして、あちらこちらに議論がいってしまいます。きっちり、常に問題はなになのか、それに答えようとする姿勢が大事です。
1イントロダクション
現代社会では~~~と制服に関する一般的な事柄を述べる。で、徐々に、焦点を絞っていって、「この小論文では~~~について論じる」って書く。その際、定義したい言葉があれば自分なりに定義してください。イントロの書き方はだいたいこんな感じに決まっています。
本論は、たとえば。。。
2制服賛成論
・誰がどこの学生かわかる。社会の目もあり、だれがどこで何をしたか(犯罪、喫煙など)を管理しやすい。
・ファッション感覚。生徒のアイデンティティ表現の一形態。
・規律がとれる。連帯意識をもたせられる、もてる。
3制服反対論
・常に社会の目に曝されたり、制服によって学校を判断する他者の目は差別・偏見につながりかねない。
・学校はファッションのために行くのではない。勉強をしに行け。また、軍隊の残余物である制服をファッションとするのは戦争の反省をしていないのではないか。
・連帯意識にしばられ、日本教育にいまだ問題の「個人主義」が育たない。
4考察
以上3点から、自分は~~~~考える。なぜなら~~~だからだ。だから制服に賛成/反対だ。
5結論
まず、この小論文で何を書いてきたのかを再び述べる。イントロダクションの後半に対応するかたち。この小論文では、まず~~、次に~~~、そして~~~、最後に~~~を論じてきた。そして~~~だから、結論として、制服に賛成/反対である。と、問題に答えたことをその理由とともに強調する。で、最後のシメとして、今後予想される、このトピックの問題としてどのようなことが考えられるか、読者に考えさせる、何か一言を添えて終える。

自分が書くとしたら、このような感じかと思います。制服に関するものは手元にあるジェンダーの本に載っていたと思ったのですが、ちょっとすぐには見つかりません。すみません。教育の講義ですから、その手の本には、教育とジェンダー、ジェンダーフリーな教育などの項目があって、載っていると思われます。

また、男性女性に関して分けて述べる場合は、やはり不便な点(寒さや熱さ対策としての機能の不充分性、教育服であるはずなのに性の対象として見られがちであること、女性はスカートしか選択肢はないのか、など)や便利な点(毎日着ていく服を選ばなくても良い、特に女性、など)をしっかり見て行ってください。

すみません、これくらいしか回答できませんでした。
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q制服は是か非か

ぼくは総合学習の時間で
制服は是か非かというのでデイベートすることになりました。
皆さんの意見が聞きたいと思いますのでどうか回答をお願いします

Aベストアンサー

中学生か、高校生か。また、学校の制服に限るか、世間一般で見られる様々な制服まで含むかで、ちょっと答え方が変わってきます。

高校の制服に限って言えば、下に挙げた参考URLの、私の回答のところを参考にしていただきたいと思います。

制服全般について言えば、これを「反対」の立場で意見を組み立てていくのは、かなり難しいと思います。制服のメリットや、意義はいくらでも考えられますので。

うーん…あえて言えば、「人を、全く見かけで判断しないぐらいの力がついたとき、制服はなくてもよい。」とか、「制服を着ているメンバーが、その制服の意義を全く理解できず、むしろその制服の着こなしにより、その集団のイメージをダウンさせるような状態になった場合、廃止させるべきである。」でしょう。

例えば、制服をわざとくずして、いきがっているような生徒の多い学校があったとしましょう。それを見て、「あの学校の制服にあこがれるなあ」という印象を持つ人は少ないでしょう。それどころか、「あんなだらしない生徒の通う学校なんて、どうせ、…」と、評判を落とすもとになりやすい。

当の生徒たちが、あまり「公」の意識をもたず、そういうことをしているとすれば、制服は、百害あって一利なし。廃止すべきでしょう。残念ですが。ただしそれは、勝ち取ったことによる制服自由化ではなく、学校の評価が最低である印としての、制服廃止です。生徒はその学校にいるというだけで、公の意識をもたない集団だと評価されます。

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=399342

中学生か、高校生か。また、学校の制服に限るか、世間一般で見られる様々な制服まで含むかで、ちょっと答え方が変わってきます。

高校の制服に限って言えば、下に挙げた参考URLの、私の回答のところを参考にしていただきたいと思います。

制服全般について言えば、これを「反対」の立場で意見を組み立てていくのは、かなり難しいと思います。制服のメリットや、意義はいくらでも考えられますので。

うーん…あえて言えば、「人を、全く見かけで判断しないぐらいの力がついたとき、制服はなくてもよい。」...続きを読む

Q制服の長所と短所について 制服の長所と短所についてのレポート書こうと思うのですがあまり思いつきませ

制服の長所と短所について

制服の長所と短所についてのレポート書こうと思うのですがあまり思いつきません。なにかいいポイントがあれば教えてください

Aベストアンサー

長所
服装について平等になる(これは人の生まれ持った格差を意識する機会が減るということで短所にもなりえますが)
服装を考える手間が省ける(TPOをわきまえた服を選ぶセンスが磨かれないという短所になりえますが。プライベートで頑張るしかなくなります)

短所
洗濯の機会が減るから汚い。
気温変化に対応しきれない。(冷夏や残暑といった具合に、衣替えでは対応しきれないこといくらでもあります)
体感温度は人それぞれなのに対応しきれない。(私は極端な暑がりでした)
得てして暗色系なので、夜間の視認性がすこぶる悪し。(交通安全について考えるならまずあの制服を何とかしてくれ)

ってなとこですかね。
教育問題と絡めたり、長所と短所は表裏一体という観点で見てはどうでしょう。

Q学校制服は何故生まれたか?

全世界で学校制服は一般的なようです。
何故、どういう発想で、生徒学生全員を同じ服装にしたいと思ったのか、発想については、ウィキペディアで学校制服の歴史をを読んでも書いていません。

軍隊なら分かります。全員が1つの全く同じ目的に向かって、滅私して目的を完遂する。反抗や異見があっては成り立たないし、多様性とは無縁の世界です。同じ服装に統一する必然性を感じます。

しかし、各人各様の潜在的な能力を引き出す、教育の場で、制服というのは「何故だ?」となります。

元々、学校制服が発生したのはどこの国で、どういう考えの下に生まれたのでしょうか?
また、それが何故これほどまでに全世界に広がったのでしょうか?

宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

きちんと調べたわけではないので、読み流して頂いて結構です。

学校のルーツを辿ると、究極的には宗教施設に行き当たりますね。世界中どこでもお寺や教会が原初の学校になります。お経を読むために文字を習い、寺院を建てるために数学土木を学び、真理を極めるために哲学を学びます。古代エジプトでも、日本でも、ヨーロッパでも、知識階級というのは宗教施設にいました。
宗教に所属する人たちは制服になりますよね。ひとつの目的(その宗教の教え)に向かって結束しなければならないし(どの宗教も他の宗派から激しい攻撃を受けます)、お坊さんが派手な格好をしちゃいけないので内部規定もできてきますし、一目でお坊さんと分かるようにする権威づけの意味合いもあると思います。

ヨーロッパの場合は歴史ある大学のほとんどが教会から生まれていますので、その時点で「この宗教に帰依する者として決められた服装で生活すべき」というのがあったのではないでしょうか。つまり、教育から制服が生まれたのではなく、元々制服がある施設(お寺、教会)から学校が生まれた、と。

それに教育が各々の能力を引き出すというのは割と近代的な考え方です。学校というのは「教わる場」ですよね。じゃあ何を学ぶのかというと、前述したように元が宗教施設ですから、「神(仏)の教え」となるわけです。各々の能力の引き出しとなると、私塾であるケースが多いですよね。
実際、現代日本の教育システムも、義務教育レベルは知識の付与にあるわけです。最近は小学校でも「考える授業」なんかをやっていますが、まずは文字が読み書きできるようになり、計算ができるように教えるわけで、そのレベルでは各々の能力の引き出しというのはありません。そのレベルとなると、基本的には大学以上ですよね。奇しくも大学では日本でもあまり制服というのはありません。ヨーロッパでも服装が決まっているような大学は、キリスト教系か貴族階級向けだったりしますよね。貴族階級向けの場合は完全にある種の特権意識ですよね。俺たちは特別な階級の人間だから、そう分かるような服装をするべきだというわけです。アメリカでさえアイヴィーリーグなんかはそうだと聞きます。

そう考えると、やっぱり日本でさえ制服が厳しい学校というのはあまり生徒の個性を伸ばそうということには無関心で、むしろ「我が校の歴史と伝統に相応しい人材に云々」とカタにはめるところがあり、自由や個性を尊重する校風の学校は制服がないところが多いですよね。

ここまで書いて、「だーかーら、現代の話しじゃないの」と質問者さんが言い出しそうなのに気づいてしまいました・笑。つまり結論としては、「元々学校の歴史は宗教施設と切っても切れない関係にあるので、元々学校には制服があったのではないか。だって宗教施設ではみな同じ服装をしているでしょ」ということです。
ついでにいうと、近代以降の教育システム(例えば明治以降の日本の教育)の場合は「優秀な兵士を育成するため」という側面もあります。だから、中世以前の学校(主に宗教施設)と、中世以降の徐々に宗教関係者以外にも施されるようになった学校と、近代以降の国家の中での教育システムとしての学校というのは別々に考えないといけないのかもしれませんね。近代以降の学校の制服は軍隊の制服的な意味が強いと思います。

きちんと調べたわけではないので、読み流して頂いて結構です。

学校のルーツを辿ると、究極的には宗教施設に行き当たりますね。世界中どこでもお寺や教会が原初の学校になります。お経を読むために文字を習い、寺院を建てるために数学土木を学び、真理を極めるために哲学を学びます。古代エジプトでも、日本でも、ヨーロッパでも、知識階級というのは宗教施設にいました。
宗教に所属する人たちは制服になりますよね。ひとつの目的(その宗教の教え)に向かって結束しなければならないし(どの宗教も他の宗派から...続きを読む

Q女子高生

最近の女子高生は「品」がない。短いスカートの下にジャージをはいて平気でその辺を歩いたり,ローファーのかかとを踏んでいたり,美的感覚がずれているように思うのですが,どうしてなんでしょうか?私は教員のはしくれなんですが,なんとかそれを直したいと思うのです。どうすれば,みっともない女子高生をなおすことができるのでしょうか?

Aベストアンサー

 「身の危険」という観点からの提言だったんですね。

 そういえば、数年前にこんなことがありました。夕方、弁当屋に寄っていた時のことです。たまたま、そこに中学校の卒業生の女子(したがって高校生)がいたんですが、その女の子が唐突に「先生、Hせん?」と言って来たのです。

 その時は、「何を馬鹿なことを言ってるんだ!」と言って、その場を流しました。そのことは、中高生徒指導連絡協議会の場で報告しましたが、高校の生徒指導の先生方は、絶句しておられました。

 また、次のようなこともありました。夏休みの職員旅行の帰りがけのことです。その日は日曜日で、市の中心部で夏祭りがあってました。夜10時ぐらいだったでしょうか。私は同僚の車に乗せてもらっていたんですが、二人の高校生らしき女子が近づいてきて、「~まで乗せてください」というのです。その時は、「~方面には行かないよ」と言って断りましたが、同僚も驚いていました。

 二人の高校生らしき女子の格好は浴衣姿でしたから、無防備と言えば無防備です。あれだけ、事件が報道されているのに、何も考えていないんでしょうか。

 悲しいですね。だからこそ、おとながしっかりしないといけませんね。

 「身の危険」という観点からの提言だったんですね。

 そういえば、数年前にこんなことがありました。夕方、弁当屋に寄っていた時のことです。たまたま、そこに中学校の卒業生の女子(したがって高校生)がいたんですが、その女の子が唐突に「先生、Hせん?」と言って来たのです。

 その時は、「何を馬鹿なことを言ってるんだ!」と言って、その場を流しました。そのことは、中高生徒指導連絡協議会の場で報告しましたが、高校の生徒指導の先生方は、絶句しておられました。

 また、次のようなこと...続きを読む

Q「大学生に制服」は賛成?それとも反対?

中学生や高校生は制服を着ていますが、大半の大学生は制服を着ていません。
質問ですが、大学生も制服を着たほうがいいと思いますか?皆さんの意見をお待ちしています。
僕は、別にどちらでもいいと思っています。

Aベストアンサー

NNRさん、こんばんは。
私が考える制服の意味というのは(あくまで私個人の意見です)、
1)その学校の生徒であることの自覚を持つという意味で着る
2)学生の本分は勉強なので、勉強をする場におしゃれは必要がない
3)毎日着るものにお金をかけるのは学生という観点からあまり良くない
4)生徒同士で、格好に関しての物議をかもしだすのはあまり良くない(あの子はいい服を着てて、この子はいつも同じ物を着ている・・・etc)

でも、こういったことは、せいぜい高校生くらいまでだと思います。
大学生になれば自覚も出てきますし、バイトができたりしてお金にも余裕が出てくると思いますし、けなすなどの悪い意味で「誰の格好がどうだ」とか言う人もあまりいなくなると思うので。

なので、私個人の意見としては、大学生に制服はあまり必要ないと思います。
以上、私見でした。


人気Q&Aランキング