東日本大震災では、津波は何キロ先までいったかご存知の方居ましたら教えてください(>_<)

今後、予想される関東大震災に備え避難すべきかを考えたいと思います。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

標高差もあるでしょうが、今回の大震災で、宮城県の仙台市宮城野区から岩沼市にかけて約20キロの沿岸で、海岸から内陸部5キロ前後まで津波が及んでいたようです。



東北大震災の津波は、869(貞観(じょうがん)11)年の貞観津波に極めて似ているそうです。
ただし、貞観のときは、もっと内陸部まで到達したのではないかと言われています。

いずれにしても、関東東海など全国各地域で、地震・津波被害の想定見直しが行なわれ、もう発表されている地域もあります。
津波の高さや到達地域も想定されていますから、地元自治体に聞くか、自治体HPで検索すれば、津波浸水地域などを想定したハザードマップが見れると思います。

いずれにしても、先ずは自助自立の精神で、災害に備えましょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど! 静岡県なので、東海大地震がきたら津波の影響が大きそうで怖いです。
とりあえず、自治体に確認してみます!
ありがとうございました(^人^)

お礼日時:2012/03/09 21:07

場所にもよりますが、5キロ以上に渡って津波に襲われた地域がありました。

5キロというと、東京で例えるならJR池袋駅から山手線に乗って南下し、JR代々木駅あたりがちょうど5キロくらいです。代々木駅あたりが海岸線だとしたら、目白駅も水没したということになります。

ただ、東京の場合は東京湾がありますので東日本大震災で三陸の各町が襲われたような津波にはならないといわれています。東京湾は入口が狭く、湾内は広くなっているので津波は拡散しやすいのです。
ただし、ゼロメートル地帯のように海水面より地面が低いような地域もあるので「安全」ではありません。ほんの1mか2mの津波でも被害を受ける可能性はあります。

おそらく30年か50年以内にくるのは間違いないであろう首都直下型かそれに近い地震が怖いのであれば、そりゃ東京は離れたほうがいいに決まっていますよ。地震が怖いのは津波だけじゃありません。東京なら大火災が発生する可能性も高いですし、古いビルが倒壊するとか、首都高なんて危険きわまりないし。

東京都は首都直下型地震のときに死者6500人、重傷者16万人と予想していますが、これ、平成18年のときの予想なんですね。東日本大震災を受けて被害想定はもっと上回るものになるということはもう明白ですし、震災後の地質調査で、千葉県にあるフィリピンプレートが予想より20キロほど浅い場所にあることも判明したそうです。つまり、震源地が今までの予想より20キロも浅くなる可能性も出てきたわけで、これを受けて都内の予想最大震度は震度6強から震度7に上方修正されることになりました。
建築基準法は1981年に大きな改正をされているのですが、それ以前に建てられた中小のビルやマンションは危険だということは専門家の意見が一致するところですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど(;´・`)直下型も確かに怖いですね↓
だけど私は静岡県だったのでおそらく、直下型よりは東海大地震の方が影響が大きく、おそらく津波が…
と思い質問させて頂きました。

ありがとうございました(v^-゜)

お礼日時:2012/03/09 21:04

国土地理院の津波浸水図です。


http://www.gsi.go.jp/kikaku/kikaku60003.html

同じもの、こちらは毎日新聞のものですがこちらの方が見やすいかもしれません。
http://mainichi.jp/select/jiken/graph/sinsai_zus …
http://mainichi.jp/select/jiken/graph/sinsai_zus …
http://mainichi.jp/select/jiken/graph/sinsai_zus …

一見4,5キロに見えますが、川をさかのぼり、思うよりもずっと深く上がったところもあります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど、分かりやすかったです!
ありがとうございました(v^-゜)

お礼日時:2012/03/09 21:01

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q湾岸地域の津波ハザードマップの有無

神奈川の湾岸地域は大震災時の津波ハザードマップがあって、どこまで津波が押し寄せるかの予想ができ助かるのですが、東京都のホームページを見ても、大震災時の津波ハザードマップは小笠原諸島くらいしかありません。東京湾って、津波の心配が全くないのでしょうか?? あれだけ埋立地にマンションが建ってますから、大震災時には島ごと津波に呑まれてしまうのだろうなと想像してたのですが、違うのでしょうか?
大震災と建築、危機管理などに詳しい方がいたら教えていただけないでしょうか。

Aベストアンサー

東京湾は地形上津波の影響を受けにくくなっています。
それでも0.5m程度の津波が予想されていますから、海岸近くには近付くことは危険ですが、浸水被害は軽微であると考えられることから、ハザードマップが作成されていないものと考えられます。
http://www.attokyo.co.jp/tips/tunami.html

Q東日本大地震の時は『津波が来る』とテレビに表示されたのでしょうか?

地震が起こるとすぐにテレビのテロップに『何時何分に地震がありました。震源地は○○、各地の震度は○○』等と出て、だいたい最後に『この地震による津波の心配はありません』と表示されますよね。

でも東日本大地震の時は、大きな津波がきましたね。

それで疑問に思ったのですが、その時はテレビに『大きな津波が来るので避難してください』というような表示はされたのでしょうか?

Aベストアンサー

テロップでも出ましたが、アナウンサーも口頭で伝えていましたよ。
その時は「大きな津波が来ます!高台に避難してください」だったと思います。
このアナウンサーは発表が出る前に迅速にアドリブで注意喚起したので、この行動が評価されました。
今回の熊本地震では津波の心配は大丈夫ですが、南海トラフプレートが近く、この地震によりストレスがかかっているのも事実です。
南海トラフ地震が起きた場合は沿岸地域では津波がほぼ100%あると考えて良いので、大きな地震があったらすぐに何も考えなくても良いので逃げることをお勧めします!
最後に、熊本地震で犠牲になった方のご冥福を心より御祈り申し上げます。

Q津波ハザードマップを再編集し配布は可能か?

ウオーキング大会を開催するにあたり、万が一の事態を考え、津波ハザードマップにイラストレーターなどのソフトでルートを書き込みし、印刷をして配布したいのですが、著作権などの問題はあるのでしょうか?

Aベストアンサー

配布元の自治体に使用許諾を求める必要があります。
その上で地図原版を有する会社にも二次利用許諾(著作権)が必要です。
行政については「住民の安全確保」は公益ですから無償又は安価で許諾しますが、ウオーキング大会での利用は「大会の安全確保」と言う収益事業と扱われます(この辺を考慮して通常は地元マスコミ等に協賛を依頼するのが基本です)。

Q東日本大震災

よくテレビで見かけるのですが、東日本大震災でのがれき処理の受け入れで
揉めている映像をみます。多分自分の事しか考えれない方たちが吠えているのでしょうが。
これを震災に遭われた方はどういう風に見られているのでしょうか?
もし自分が震災にあったらどうするのでしょうか?
でもそういった方が震災にあっても助けてくれる人は必ずいます。
困った人を助け合うのは本当の人間ではないでしょうか?
がれきのの処理が進まなく復興が遅れているのは事実です。
一部の心が貧乏な方の行動を残念に思うと共に同じ日本人である事を恥ずかしく思います。
自己中心的な考えは止めてもらいたいです。
みなさんはどう思われますか?

Aベストアンサー

Aさんにも考えがあるし、BさんにもCさんにもDさんにもEさんにも、
考えがある訳だし、生活も環境も皆色々とある訳で、
「受け入れたくない」=「自己中心的な奴ら」というのはどうなのでしょうか。

因みに私の住んでいる地域は瓦礫の受け入れをしていませんし、
私も「受け入れて欲しくない」と思っています。
理由は幾つかありますが、主な理由は

・自分の住んでいる地域も"被災"したから

・自分の住んでいる地域の"震災瓦礫"の処理すら出来ていない

・そこらじゅうにホットスポットがある上にそこらじゅう液状化、
 おまけにそんなことが色々とあったお陰で
 どんどん引っ越して皆出て行って、
 元から足りないお金がもっと足りなくなっているから

・自分たちの地域のごみの一時保管所だけでも足りない状態だから



被災したのは東北の3県だけじゃないですが、
震災で道路が壊れただとか、ライフラインが止まっただとか、
高線量が検出されたから除染をしなければならない

それなのに国はお金を殆どくれません。
自分たちは毎晩のように高級ホテルで会合してらっしゃいますが。

Qハザードマップを持っていますか?

学校で災害時についてどのようにすればよいのか
勉強しています。
災害時に役立つハザードマップについて考えたのですが
私の家にはハザードマップがありません。
みなさんの家にハザードマップはありますか?
ハザードマップについて思うことがあれば教えてほしいです。

Aベストアンサー

定年退職をした両親が、都会から田舎に
移り住みました。

田舎で家を探すにあたって、
土地についての地図は入手していました。
地震などによる土砂崩れが起き易い地域か
どうか地盤について記したものです。

それを見て、安全そうな土地を探して
いました。

知っている範囲ではその程度です。

私は都会で働いているので、もし帰宅難民に
なったら、スマートフォンが頼りです。
電気が止まれば、充電できないという点で
使えませんが、これも役立つツールだと思います。

Q東日本大震災

東日本大震災のとき、創価学会は学会員ばかり助けたの?

Aベストアンサー

いいえ。未曽有の大震災に、学会員であるとか、学会員ではないとか、そんなことは関係ありません。
宮城・岩手・福島の3県の29会館では、近隣の住民など3500人の避難者を受け入れました。義援金・支援物資の提供をはじめ、被災地への清掃ボランティア「かたし隊」、弁護士・税理士による生活相談、医師・看護師による健康相談等を実施しました。福島県からは、救援支援活動に対する感謝状が、創価学会と、避難所となった県内の各会館に贈られています。

Q活断層や液状化のハザードマップはどこにあるの?

震度7クラスの大地震に備え、自宅周辺のハザードマップを見て、避難方法をシミュレーションしたいのですが、国土交通省のハザードマップhttp://disapotal.gsi.go.jp/ を見ても、津波ハザードマップのほかには、洪水・ 内水・高潮・土砂災害・火山の各ハザードマップがあるだけで、地震にはあまり関係がないようです。

阪神大震災では、道ひとつ隔てて、活断層の走っている方では犠牲者が出、そうでない方では無事だったという報告がありますし、元々埋立地だった東京都江東区のような所では、液状化現象が起こるとも言われています。

このようなハザードマップは、どこにあるのでしょうか? あまり一般に公表すると、不安を煽るということで公表されていないのでしょうか? それとも、一旦危ないと思われると土地が売れないから、不動産業界からの差し金があるのでしょうか?

それでもどうしても知りたい場合、地域ごとの安全対策・避難対策は、区役所や自治会でどの程度教えてもらえるものでしょうか?

Aベストアンサー

江東区なら区役所の土木課等、インフラを担当する部署へ行けば必ずある筈です。しかし、活断層がどこにあるかを見たところで殆ど何の役にも立ちませんよ。日本の殆どの地方は活断層で真っ赤と言っていいくらいです。これを避けてなんてことはナンセンスです。阪神大震災で道一つ違ったら被害が全然違ったというのは断層の有無ではなく、地盤の土質、岩の種類が違っていることが原因でした。寧ろ地層図を見た方がいいかも知れませんよ。液状化はこれじゃないと分りません。液状化と活断層とは殆ど無関係です。

Q東日本大震災の支援物資について

 毎日、TVなどから流れる情報に心痛めております。

今朝、日テレの某番組で、ある団体が個人支援物資の受付をしているような報道がありました。
家事をしながらなので、きちんと聞いていませんでした。

私の聞き違いなのか、本当に個人支援物資を受付し始めたのか、教えて下さい。

本当なら、団体名と連絡先もわかると幸いです。

Aベストアンサー

近くの社会福祉協議会に連絡してみて下さい。
そちらの方が判り易いを思いますし早いですよ。

都道府県から早く送りたいのでしたら
地域から救援物資を送っていますので
そのほうが確実です。

Qハザードマップって何ですか。

ハザードマップって何ですか。何処で手に入るのですか。教えて下さい。

Aベストアンサー

不謹慎かもしれないですが、↓の本が本屋さん等で流行っている?そうです。

参考URL:http://7andy.yahoo.co.jp/books/detail?accd=31536829

Q東日本大震災の震源地からの距離

震源地から仙台、栗原市、東京が何キロ離れているのか知りたいです。分かる方教えてください。

Aベストアンサー

パソコンがあるなら自分で調べられます。

Google Earthをインストールし、レイヤーから[ギャラリー]→[地震]にチェックを入れると震源が表示されるので、定規ツールを使用すれば距離がわかります。
定規ツールは2点間の距離を表示します。


M9.1の震源地からだと
仙台市:約132Km
栗原市:約128Km
東京都:約375Km
※いずれも県庁所在地からの距離。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報