はじめての親子ハイキングに挑戦!! >>

質問1
芥川賞の「共食い」と「苦役列車」のことなんですが。。。
まだ読んでいないのですが(これから読むつもり)、共食いの方はなんか近親相姦みたいな内容で、
苦役列車の方は「酒乱の父が犯罪ばかり繰り返している」、というような内容、と聞きました。

こういうのも純文学、っていうんでしょうか?
エロ小説、犯罪小説でよければ私でも書けそうなんですが・・・

純文学っていうからにはエロとか犯罪とかはNGのような気がしますが。
そういう内容でもいいんですか?


質問2
それから芥川賞を取るには、文学雑誌に発表された作品が対象、と聞きましたが、そもそもその文学雑誌に発表するにはどうすればいいのでしょうか?
募集とかしてるんでしょうか? 郵便で送ればいいのかな?  それとも漫画雑誌の「作品持ち込み」みたいに自分で編集部を訪ねて編集者に目の前で読んでもらう、というスタイルでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

質問1 =



芥川賞の大元、芥川龍之介の作品を精査してみます。

かの有名な「羅生門」では、「ある下人」が主人公として出てきますが、この下人は「羅生門の楼の上で死骸の髪の毛を抜いてる老婆」を見咎めます。老婆は「この髪を抜いてな、かづらをつくろうと思うたのじゃ」と言います。平安の都で起きた飢饉により、かづらを売って食い物を手にし、生き抜く為の手段であると。すると下人は自分も生き抜く為に老婆の着物を奪い取ります。これは純文学でも「犯罪の描写」です。

また「地獄変」においても、主人公の絵師、良秀は大殿から「地獄変」の屏風絵を描くよう命じられます。話を受け入れた良秀ですが、彼は「実際に見たものしか描けない」絵師でした。彼は、地獄絵図を描くために弟子を鎖で縛り上げ、梟につつかせるなど、狂人さながらの行動をとります。しかしどうしても仕上がらない。燃え上がる牛車の中で焼け死ぬ女房の姿を書き加えたいが、どうしても描けない。つまり、実際に車の中で女が焼け死ぬ光景を見たい、と大殿に訴えて出ます。話を聞いた大殿は、その申し出を受け入れました。当日、屋敷に呼び出された良秀は、車に閉じ込められたわが娘の姿を見せつけられます。良秀は嘆くでも怒るでもなく、やがて車に火がかけられ、縛り上げられた娘は身もだえしつつ、纏った豪華な衣装とともに焼け焦がれていきます。これも明らかな「気違いじみた犯罪の描写」です。

ですから「犯罪を純文学に表現として入れるのは」問題ないと思います。


それとエロは作品全体がエロなら「官能小説」になりますが(例えば団鬼六作品)、一部描写では、全く問題は無いでしょう。大正時代は「接吻」と表現しただけでも「エロい」描写とされてましたからね。


質問2 =

こちらのURLをどうぞ

http://www.bunshun.co.jp/award/index.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

>すると下人は自分も生き抜く為に老婆の着物を奪い取ります。

>良秀は嘆くでも怒るでもなく、やがて車に火がかけられ、縛り上げられた娘は身もだえしつつ、纏った豪華な衣装とともに焼け焦がれていきます。

なるほど、犯罪、狂気であってもその根底に人間の性とか生きることの本質、みたいなものが描写されている必要があるんですね。単なる遊ぶ金欲しさの強盗とか、遊ぶ金欲しさの女子高生売春(エンコウという言葉は使いたくない)という内容ではイカンわけですね。

いやいや、その遊ぶ金欲しさの根底に、生きるための本質が隠されていれば私にも書けるかも・・・・
遊ぶ金欲しさの根底にそんなもん無いか。

一部描写ならエロもアリなんですね。

落選者には何か連絡くれるんでしょうか?
「サクラチル」
って電報が届くとか。

お礼日時:2012/03/09 21:23

文学がしばしば性的だったり犯罪をとりあつかっていたりするのは


人間の究極の姿を描くためだと思います
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど、よくわかりました。

お礼日時:2012/03/13 08:59

エロや犯罪が問題となるのは「児童文学」の場合であって、純文学の9割以上は何らかの形でエロや罪が盛り込まれているものです。



ただし、純文学の線引きは曖昧で、過去にはいくつもの作品が裁判にかけられています。また、エロや犯罪という題材そのものよりも、差別用語や露骨な隠語の多用など、表現方法のほうが、出版するに当たって問題となりやすいのではないかと思います。

援助交際なども題材自体は全く問題ありません。村上龍や山田詠美の小説などには、不道徳で無軌道な男女が大勢登場します。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%8F%E3%81%84% …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

>エロや犯罪が問題となるのは「児童文学」の場合であって、純文学の9割以上は何らかの形でエロや罪が盛り込まれているものです。

あー、そうなんですか。私は純文学で扱う恋愛ってのは、悲恋の心中みたいなものだけだと思ってましたわ。
まあ、心中も犯罪と言えば犯罪ですが。

じゃー、人妻風俗とか不良女子高生が援助交際しておっさんから金を巻き上げるような純文学、書いてみますわ。

お礼日時:2012/03/09 22:47

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q近親相姦を題材にした小説

近親相姦を題材にした小説をさがしています。みなさんのオススメがあれば教えてください。
性的虐待のようなものではなくて、お互い同意の上で(?)と言うか、ちゃんと恋に落ちてそうなった、と言うような感じのものが良いです。
出来れば兄と妹か従兄弟同士の関係が良いです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ソポクレース著『オイディプス王』。
フローベール著『聖ジュリアン傳』。『三つの物語』所収。

Q官能的な小説さがしています。

完全なエロ小説というよりも、恋愛感情や人間関係をエロティックに描いている文学作品を読みたいと思っています。
倉橋由美子の「聖少女」みたいなのが理想的です。
かいつまんでいうと、ただエロシーンが連続するオカズ小説というより、「文学作品」として深く読めるエロティックな本。です。
説明がうまくできず申し訳ありません…。
ちょっとでもお心当たりがあれば、ぜひともよろしくお願いします。

Aベストアンサー

やっぱり渡辺淳一がぱっと思い出しました。
個人的には昔の作品のほうが良かったなと思います。
・化身
・うたかた

それから聖少女とかの方向とは違うと思うのですが
酒見健一「陋巷に在り」
中国歴史ファンタジーです。ファンタジー文学としても面白いですが
性についても、エロティックというより、人間や世界にあふれるエネルギーのひとつ
とでもいうのでしょうかね。
隠避ではないもっとおどろしいエロティックさと、逆に少女の純愛な部分との対比とか
まあ面白いです。


人気Q&Aランキング