ここから質問投稿すると、最大4000ポイント当たる!!!! >>

ビジネスでEメールを使用していますが
その、Eメール文末の「署名」に関する質問です。

私は、この署名部分を「名刺」と同様に会社同士で
交わす重要な部分と考えていました。

その為、初めてメールを送る方にも、また従来から
取引ある顧客に対しても、丁寧にあるべきと考えており
当然のように署名には

株式会社XXX
部署名
役職名
仮鈴木 一郎(よみがな)
電話番号 : xxx-xxx-xxxx
FAX番号 : xxx-xxx-xxxx
メールアドレス :
ホームページアドレス :
郵便番号 : xxx-xxxx
住所 :

と、上記のように正確に書いていました。
ですが、最近、大幅に省略して書く話が上がり、私は是には反対しています。
その、省略内容が下のように

株式会社XXX 部署名 役職名
姓名
郵便番号 住所
電話番号 FAX番号
ホームページアドレス

という風に、つめて書いて、さらに個々のEメールアドレスも
省略しよう(返信先アドレスで対応できるだろう?)と言う話です。

実際に、書いてみると、何処までが社名か分からないし
長く連なった番号や住所が非常に読みにくくなりました。
更に個々のメールを書かずに返信なら送れるだろう?と言う不親切さが
今までの考えからは礼節を欠いているようで気が引けるのです。

皆さんは、ビジネスマナーとしてのメールの署名は
どのように考えられていますでしょうか?

ご意見を、おねがいします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

40過ぎの会社員です。



我社の場合は、送る宛先によって署名を違えている者がほとんどです。

【社内向け】
担当部署 氏名
直通電話番号
Eメールアドレス

【社外 恒常的にメールをやり取りする相手】
会社名
担当部署 氏名
直通電話番号
FAX番号
メールアドレス
郵便番号
住所

【社外 恒常的にメールをやり取りしない相手】
会社名
担当部署 役職 氏名(よみがな)
郵便番号
住所
代表電話番号 内線番号
(必要ならば直通電話番号)
FAX番号
部署メールアドレス
(必要ならば個人メールアドレス)

質問者さま同様に名刺にちかいもの、あるいは封筒のリターンアドレスにちかいものと考えています。
ただ、毎回同じ内容をダラダラと送信しているのも邪魔な気もします。名刺にしても、日々お会いしている相手に毎回は渡しません。営業だと、来社の証拠代わりに置いていくという方もいらっしゃいますが。
一方で、日ごろメールをやりとりしていない相手に、直通の電話番号だの個人メールアドレスだのをお教えすると、かえって個人で仕事を止めてしまう可能性があるため、私の部署では部署のメンバー全員が見るアドレスをお教えするのが基本になっています。個人のアドレスになるのは、実務上、直接やり取りをする場合だけです。

そのメールで何を知らせたいか、なぜ省略しようとするのか、がポイントではないでしょうか。
まさか署名を毎回手作業で入力しているのでもないでしょうし、省略することで、どんなメリットがあるのか、だと思います。
ちなみに我社の場合は、余計な情報があるだけ邪魔、署名はコンパクトに済ませサイズも少しでも小さくしよう、という理由です。新規開拓の営業部署ではありませんので、営業部では、質問者さまと同様の署名の可能性もあります。
    • good
    • 1

一番最初に思った正直な感想は「ええ~、めんどくさい」です。



もし私が質問者さまとビジネス上でメールのやり取りをすると、質問者さんからメールを受け取る度にその長ったらしい署名がついたメールを見ることになるのでしょうか?
まぁそれは我慢するとして、ビジネスメールですから返信時にはメールの後ろに元メールを引用状態でくっついてるんですよね?
ってことは返信の返信の、そのまた返信、、みたいなメールのやり取り続くと、「了解しました」だけのメールの中に、質問者さんの長い署名が何度登場することになるのでしょうか?

ウチの会社のルールは以下です。
・署名はなるべく短く。→所属、名前、電話番号くらい
・返信メールには署名をつけない
・社内関係者向けと社外向けメールで署名を使い分ける(強制ではない)
正直、くそ長い署名のついたメールを受け取るとイラっとします。
まぁ営業職だとまた違うのかも知れませんが。
    • good
    • 2

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q役職付のメール

自分の役職で送ってくるメールどう思いますか?

メールの
最後に

AB株式会社
部長 ○×

とか

株式会社 BC
代表取締役 社長 CD

とか書いてある人をです。

私はあまりよい印象をもてません。
自尊心がなく自己肯定感がもてない人なのかな
劣等感がある人なのかな
とか思ってしまいます。

Aベストアンサー

>会長さんで 会長 ○○
>書く人はいませんでしたのでしたが

 小さな会社ならいいと思いますが、数千から数万規模の会社なら
『名前』だけ書かれてても どの部署の方か分からないです。

例えば
 生産管理部  部長BCなら
 社内メールで生産管理に関する通達が正式に通達されたという事になります。

役職がなどなければ、その方個人の意見で会社が承認した通達ではない
 ・・という見解の所もあります。

社内メールで 会社に関する正式な通達であるならば 役職名をつけるのが普通です。

Q「ご連絡いたします」は敬語として正しい?

連絡するのは、自分なのだから、「ご」を付けるのは
おかしいのではないか、と思うのですが。
「ご連絡いたします。」「ご報告します。」
ていうのは正しい敬語なのでしょうか?

Aベストアンサー

「お(ご)~する(いたす)」は、自分側の動作をへりくだる謙譲語です。
「ご連絡致します」も「ご報告致します」も、正しいです。

文法上は参考URLをご覧ください。

参考URL:http://www.nihongokyoshi.co.jp/manbou_data/a5524170.html

Qメールの返信時の署名について

 メールの返信について質問です。
 マナーとして、送信するメールには署名を付けるということがあると思いますが、
 返信のメールにも署名は必要でしょうか?

 教えてください。
 宜しくお願いします。

Aベストアンサー

>マナーとして、送信するメールには署名を付けるということがあると思いますが

確かにマナーとしては「署名をつけろ」と言われていますが、会社などの場合はその通りだと思いますが、仲間同士の場合は
如何でしょう? 
お仲間用の署名ならともかく、普通の署名では堅苦しくありませんか?
むしろ、名前だけ、又はニックネームの方が良いかも知れません。

これは返信の場合も同じです。

署名には普通アドレスを入れますが、これをクリックすると相手のアドレスが入った
メール作成画面がでますので、私の場合は署名を送信相手別に3つほど用意して
常に入れるようにしています。

Q社内メールの最後に所属・氏名は入力すべき?

社内メールの最後に所属・氏名は入力すべき?

社内のメール連絡文末尾に、所属と氏名を入力するようにしていますが
社内で使うメール連絡文は
グループウェアを使用しているので、送信元でも送信先でも所属・氏名は別で表示してくれています。

こういった場合でも、文書の可読性やビジネスマナー?のため
所属・氏名を入力する必要があるでしょうか?

それとも、2重表示になり文章も長くなるので、省いてもよいものなのでしょうか?


通常のEメールでは、送信先の環境も異なるため
ビジネスマナーとして署名を入力するのはわかるのですが
社内で環境が整っていれば省いてしまってもよいように思いますが
マナーにかける文章として取り扱われてしまうものなのでしょうか?

ご意見お願いします。

Aベストアンサー

>社内メールの最後に所属・氏名は入力すべき?

なぜ、そのような疑問をもたれたのでしょうか、第三者に確認することではなく、社内でどのように使われているかだと思います。

自分なら、メールの終わりが締まらないので、署名として部署と内線番号と名前位付けますけどね。

Q返信時の署名位置について

受信したメールに返信する場合、

 ==自分が書いた部分==

 ==相手から来た内容==

となりますが、

この場合、私の署名は「自分が書いた部分の後」と「相手から来た内容の後」のどちらが正しいのでしょうか?
Becky!では初期設定が後者になっているのですが、返信が続いた場合、署名がかなり下になってしまうので・・・

別に決まりがないのであれば、どちらが一般的かどうか教えてください。

Aベストアンサー

決まりはないですね。
ただ、ソフトの返信機能を使って返信しますと

自分が書いた返信内容
引用部分
署名

となるソフトが多いようです。
個人的には

自分が書いた返信内容
署名
引用部分

でも良いように思います。

Q「いずれか」と「いづれか」どっちが正しい!?

教えて下さいっ!
”どちらか”と言う意味の「いずれか」のかな表記として
「いずれか」と「いづれか」のどちらが正しいのでしょう???

私は「いずれか」だと思うんですが、辞書に「いずれか・いづ--。」と書いてあり、???になってしまいました。
どちらでもいいってことでしょうか?

Aベストアンサー

「いずれか」が正しいです.
「いづれ」は「いずれ」の歴史的かな遣いですので,昔は「いづれ」が使われていましたが,現代では「いずれ」で統一することになっていますので,「いずれ」が正しいです.

Q関係各位と関係者各位はどっちが正しい?

タイトルどおりなんですが、ふと疑問に思ったので質問させていただきます。

よくメールや資料などに上記の言葉が記載されていると思いますが、どっちが正しい(もしくは両方正しいが使用方法や相手によって違う?)のかわかりません。ちなみに私は関係各位を使っています。

私の個人的な意見としては多分、人に対してか不特定に対してかの違い、意味合いかな?ぐらいに思ってますが。。。どうなんですかね?

以上、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

No.4再補足します。

各位は皆さんの古い言い方で官庁、会社関係、一部の個人が使用しますが、商売でお得意様を相手にする場合は使わない方がいいでしょう。

各位で満足せず「関係者」「お得意様(厳密には様は不要)」を付け加えるなら、お得意様の具体的名前を入れ「各位」を省くのが現代流だと思います。または「拝啓」などではじめる方がいいような気がします。

フラメンコ研究会会員各位なら相手を特定しているので個人に準じた扱いとなり、現代でも許される範囲の
使い方といえるでしょう。

以上がコメントです。結論として、間違った使用法も含めて「各位」を使いたい人が依然として多いので、
関係者各位、お得意様各位、父兄各位のように使用しても一般には違和感なく受け入れられるでしょう。

個人的意見としては、「各位」が「皆さん」という呼びかけ(相手を特定しない)なので、更に「関係者」とか
「お得意様」という不特定多数をさす言葉を重ねるのは
「個」を大事にする時代の流れに沿わないと思っています。個人的こだわりです。

Q「お取引先様各位」は正しいですか?

多数の取引先に対して通知文書を発行する際に、「お取引様各位」という宛名は正しいのでしょうか?
「お取引様」で「様」をつけて、更に「各位」とつけると重複するような印象を感じたのですがいかがなものなのでしょうか?(○○各位殿 みたいな印象)
過去の回答に「お客様各位」という使い方があるようなことがあったのですが、「お客様」は客+様じゃなくて「お客様」という代名詞のような扱いなのかしら・・?と思ったりしたので新たに質問させていただきました。
ネット検索したのですが、まちまちなので・・
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

難しいですよね。
「お取引先 各位」「お得意先 各位」のレベルでよい、とは思いますが・・
「お取引先様 各位」はちょっと「くどい」感じを受けますね。
「各位」には、ある程度の「敬称」を意味として含んでいるはずなので、失礼ではないように思われます。
バカ丁寧な宛先の書かれた文書にも拘らず、内容が「支払いの督促」だったら、意味ないですしね(笑)

「お客様 各位」は、対象がいわゆる「ビジネスの相手」ではなく、不特定多数の客なので、おかしくはないでしょう。
「お客様へ ~ お知らせ」でもいいわけですし。

その他のいろいろな、ビジネス文書の記入方法をまとめたページを見つけました↓ので、ご参考に・・

参考URL:http://www.ddart.co.jp/businessletter.html

Q前年比の%の計算式を教えてください

例えば前年比115%とかよくいいますよね?

その計算の仕方が分かりません・・・
例えば 前年度の売り上げ2.301.452円
    今年度の売り上げ2.756.553円
の場合前年比何%アップになるのでしょうか?計算式とその答えを
解りやすく教えて下さい・・・
バカな質問でゴメンなさい(><)

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 
(今年の売上÷前年の売上×100)-100=19.8%の売上増加

 

Q「基」と「元」の使い方

経験を"もと"に話す。
上記の場合の”もと”は元、基のどちらが正しいのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

はじめまして。

ご質問1:
<上記の場合の”もと”は元、基のどちらが正しいのでしょうか?>

「基」になります。

1.「経験を"もと"に話す」とは言い換えれば「経験にもとづいて話す」ことと同じです。

2.「もとづい(て)」は「もとづく」の連用形です。

3.「もとづく」は「基づく」という漢字しか存在しません。

4.従って、ここでは元、本、素などの漢字は適切ではありません。


ご質問2:
<経験を"もと"に話す。>

1.「~をもとに」という語感が「~を元に戻す」といった語感になるため、「元」の漢字を想定されたのだと思われます。

2.しかし、ここで使われる「もと」とは「土台」の意味になります。

3.他の漢字「元」「本」などには「土台」「ベース」といった意味はありません。

4.従って、ここでは基が適切な漢字となります。

以上ご参考までに。


人気Q&Aランキング