プロが教えるわが家の防犯対策術!

名前空間というのを本でみていて沢山あるのにびっくりしてしまいました。
尤も基本的なのがvisualBasic名前空間だと思っていたら、
Webでは基本的に使わないようにという意見が並んでいて驚きました。

皆さんはこの名前空間をイチイチ覚えているのでしょうか。
何かコツというかそういうものがあったら宜しくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

名前空間は住所みたいなものです。



日本全国の住所はたくさんありますけど、
人生のうちで1回も使わない住所が山の
ようにありますよね?

逆に、自宅と会社と友人宅の住所くらいは
覚えるでしょう?なぜ覚えるのですか?
よく使うからでは?

ファイルの操作をよく使う人は
System.IO 名前空間
データベースをよく使う人は
System.Data 名前空間
VBの使い方によって利用する場所は違います。
覚える名前空間も人によって違います。

> visualBasic名前空間
そもそも、.NET Framework は複数の言語を
同じ土台で使いましょうという概念です。
VisualBasic名前空間はVB固有の機能を
まとめたもので、その内容のほとんどが
VB6.0時代の古い手法を引き継ぐ為のものです。

ほとんどの命令が、.NET Framework で
共通化された関数で代用できます。
(同じような関数が別の名前空間にあります。)
つまり、全国共通の公用語で話そうと
しているのに、VB6.0時代の方言が忘れられない
人のために用意されているという扱いです。
使っちゃダメとまでは言わないけれど、
公用語の方を使うべきですよね?

>名前空間よりdllですか。
>これってどこで見れば分かるのですか?
基本的に名前空間とDLLは1対1です。
プロジェクトのプロパティで[参照設定]の
一覧を見れば現在参照しているDLLの[パス]と、
その[参照名]が分かります。
この[参照名]が名前空間と一致していると
思います。
[参照の追加]ダイアログにも、[コンポーネント名]
と右端に[パス]が表示されます。

[参考]
http://www.atmarkit.co.jp/fwin2k/dnitpro/dntech/ …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答有り難うございます。
大変よく分かりました。
あまりにもたくさんあって、ちょっと目眩がしていました。
dllも基本的に1対1で参照設定をみればいいのですね。

お礼日時:2012/03/15 13:29

名前空間を間違えて解釈してますね。


とりあえず、そこの項目は置いといて、
もし、コンピューター言語で遊びたい場合は
きちんと1つずつ基礎を理解しましょう。
「名前空間について」の回答画像3
    • good
    • 0

使っているうちに勝手に覚えていきますが


わざわざ意識して覚えることはないですね。
名前空間はクラス名のバッティングを避けることが主目的のものですし。

インポートしていない名前空間のクラスを(完全修飾名で書かかずに)ソースに書くとエラーになりますが
そのエラーとなっているコード上にカーソルを合わせると横にアイコンがでます。
このアイコンをクリックすると「○○(候補の名前空間)をインポートします」とリンク表示されるので
それをクリックすると自動的にインポート文を付与してくれます。
この機能を使うと名前空間をいちいち覚えておく必要がないので
私は専らこの機能に頼っています。

名前空間よりも、どのクラスがどのDLLに入っているかということを
覚えておくこと方が重要ですね。
クラス名が合っていても、適切なDLLが参照されていなければ
この補助機能も当然使えませんから。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

使っている間に覚えてしまうのですね。
私なんかEXCELのVBしか知らないので、
MIDとかが良くないといわれるとびっくりしてしまいます。

名前空間よりdllですか。
これってどこで見れば分かるのですか?
dllの名前空間のところとか見てみたのですけど、よく分かりませんでした。

お礼日時:2012/03/15 05:07

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QVB.NET getとsetの概念がわかりません。

GetとSetがどういう働き・意味をもっているのか理解できていません。

たとえばSpecialTextBoxというクラスがあったとします。
***************************************************************
Imports System.Web.UI.MobileControls

Partial Class SpecialTextBox
Inherits System.Web.UI.MobileControls.MobileUserControl

Public Property Item() As SelectionList

Get
Return Me.CheckBox
End Get
Private Set(ByVal value As SelectionList)
Me.CheckBox = value
End Set

End Property

End Class
****************************************************************

ここでのGet Setはどういう動き・働きをしているんでしょうか?
わかる方がいたらご助言お願いいたします。
(サンプルソースなどがあれば理解しやすいかもしれません。。)

GetとSetがどういう働き・意味をもっているのか理解できていません。

たとえばSpecialTextBoxというクラスがあったとします。
***************************************************************
Imports System.Web.UI.MobileControls

Partial Class SpecialTextBox
Inherits System.Web.UI.MobileControls.MobileUserControl

Public Property Item() As SelectionList

Get
Return Me.CheckBox
End Get
Private Set(ByVal value As Sele...続きを読む

Aベストアンサー

getはそのインスタンスから値を取り出します。
setはそのインスタンスに値を設定します。
あなたの例だと、GetはCheckBoxの値を取り出します。
SetはCheckBoxに指定した値を設定します。

QShell.ApplicationのNameSpaceを書き換えたい

こんばんは、みなさん。

少し前に以下の質問でプログラムを作っていただいたのですが、
WindowsXPだとうまく動くのに、Windows2000だとうまく動作しません。

http://question.woman.excite.co.jp/kotaeru.php3?qid=2006207

具体的には、「ZIP作成メイン」【CreateZIP(p_strZipName, p_colParams)】関数の以下の部分で、
オブジェクト実行エラーで引数の指定が間違っているとか何かのエラーが表示されました。

'書庫オブジェクトを取得する
Set l_objZIP = m_objShell.NameSpace(CStr(p_strZipName))

XPではうまく動いているので、おそらくはVBScriptのインタプリタ側に
何らかの違いがあるようです。
この構文の代わりに有効なコードを書きたいと思います。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

どうも10500YEN(←よく見てね)です。

>ZIPに関連しない部分だけ抜き出したサンプルでも
>Set l_objZIP = m_objShell.NameSpace(CStr(p_strZipName))
いいえ、ここがそのOSでZIPを扱えるかどうかの、一番の要です。


WIN2000環境で
(1)ZIPFLDR.DLLをレジストリ登録しましたか?
(2)それによって、エクスプローラで書庫ファイルの一覧が表示できるようになりましたか?

それができなければ、ネームスペースとしてのオブジェクトを取得は無理です。
2000環境を潰したので、私のところでの実験はできません。
以前、#5にて発言した内容について、onoohnoさんがどのような対応をしたのでしょうか?

それがわかると、無理かどうかもはっきり発言できるのですが、
今の段階では、まずは#5の発言で示した内容を行動してみてくださいとしか
言えません。。。

QDoEvents関数って何?

こんにちは。

VBAやプログラミングに詳しい皆様に
教えていただきたい質問があります。

cells(1,1)からcells(5000,1)までの値を消去するときに
処理の進行状況を表示するためにuserform上にプログレスバーを表示したいと思います。

そこで下記のようなコードを入力しました。

userform1.show
for i =1 to 5000
cells(i,1)=""
userform1.progressbar1.value=i/5000*100
next i
unload userform1

しかしこれだとuserformの背景が真っ白になってしまい
ラベルの文字も消えてしまいます。
そこで「EXCEL VBA パーフェクトマスター」という本を見たら

for i =1 to 5000
cells(i,1)=""
userform1.progressbar1.value=i/5000*100
DoEvents
next i
unload userform1
と入力すれば解決することがわかりました。

しかし「DoEvents」についてあまり詳しく書いていなかったのでDoEvents関数をヘルプで見ると、
「発生したイベントがオペレーティング システムによって処理されるように、プログラムで占有していた制御をオペレーティング システムに渡すフロー制御関数です。」

と書いてあるのですが正直、書いてあることがよくわかりません。

どなたかDoEvents関数について、
もう少しわかりやすく教えていただけませんか。
それから、最初に書いたコードで実行すると
ユーザーフォームの背景が真っ白になってしまう原因も
教えていただけませんか?

よろしくお願いいたします。

こんにちは。

VBAやプログラミングに詳しい皆様に
教えていただきたい質問があります。

cells(1,1)からcells(5000,1)までの値を消去するときに
処理の進行状況を表示するためにuserform上にプログレスバーを表示したいと思います。

そこで下記のようなコードを入力しました。

userform1.show
for i =1 to 5000
cells(i,1)=""
userform1.progressbar1.value=i/5000*100
next i
unload userform1

しかしこれだとuserformの背景が真っ白になってしまい
ラベルの文字も消えてしまいます。
そ...続きを読む

Aベストアンサー

簡単に言うと、
OS に制御を渡すってことです。(ヘルプそのまんま)
時間が掛かるループ処理などの場合、ループが終わるまで制御は独占されてしまいます。
ですのでループ中は OS や Excel そのものにも再描画をさせる暇さえ与えません。
途中に DoEvents を入れると制御が OS に渡るので、OS は溜まっていた処理をそこで行うことができます。
結果、フォームの再描画などが行われることになります。

注意点ですが、
Private Sub CommandButton1_Click()
  Dim i As Long

  For i = 1 To 50000
    DoEvents
    Cells(i,1) = ""
  Next i
End Sub

Private Sub CommandButton2_Click()
  MsgBox "hoge"
End Sub

っていうフォームのコードがあった場合、
DoEvents を入れることによって、ループ中にユーザーがCommandButton2 を押すことによって CommandButton2 のクリック イベントも動いちゃいます。
CommandButton1 のクリック イベントではループの前に
CommandButton1.Enabled = False
CommandButton2.Enabled = False
を書いてフォーム上の CommandButton を無効にしておき、ループが終わったら
CommandButton1.Enabled = True
CommandButton2.Enabled = True
と書いて CommandButton を有効に戻してください。

これを工夫すれば、CommandButton2 で CommandButton1 のループを途中キャンセルする処理もすることができます。

Private Canceled As Boolean

Private Sub CommandButton1_Click()

  CommandButton2.Enabled = False

  Dim i As Long
  For i = 1 To 50000
    DoEvents

    If Canceled = True Then
      MsgBox "キャンセルしました"
      Exit Sub
    End If

    Cells(i, 1).Value = ""
  Next i
End Sub

Private CommandButton2_Click()
  Canceled = True
End Sub



コードの行頭にあるスペースは見易さのために全角スペースで作成していますので、これをこのままコピペするとエラーになるかもしれません。
コピペするなら行頭の全角スペースを半角スペースに直してください。

簡単に言うと、
OS に制御を渡すってことです。(ヘルプそのまんま)
時間が掛かるループ処理などの場合、ループが終わるまで制御は独占されてしまいます。
ですのでループ中は OS や Excel そのものにも再描画をさせる暇さえ与えません。
途中に DoEvents を入れると制御が OS に渡るので、OS は溜まっていた処理をそこで行うことができます。
結果、フォームの再描画などが行われることになります。

注意点ですが、
Private Sub CommandButton1_Click()
  Dim i As Long

  For i = 1 To 50000
...続きを読む

Q「インスタンス」の意味をわかりやすく教えてください

VBのヘルプなどによく出てくる「インスタンス」という言葉の意味をもっとわかりやすく教えてください。

Aベストアンサー

もっと噛み砕いちゃいましょう。

例えばMac/VというパソコンをGrapeという会社が発売するとしましょう。
Grape社が用意する仕様に従って、製品が出来上がるわけですが、私が買ったMac/Vとあなたの買ったMac/Vは全く同じ仕様ですが、別々に存在するので全く同じ物では有りません。

というお話の中の「仕様」がクラスで、「私のMac/V」や「あなたのMac/V」がインスタンスです。

QCloseとDisposeの違い

みなさまこんばんわです。よろしくお願い申し上げます。

VB.NET 2008でコーディングしています。
CloseとDisposeの違いについて教えていただきたいのです。

これらのメソッドは、開いたファイルを閉じるときなどにも使いますが、今回お尋ねするのは、フォームを閉じるとき、しかも、自ら呼び出すとき(Me.Close() と、Me.Dispose() )のみに限ったこととしてお話しさせていただきます。

たとえば、ShowDialog() で呼び出したフォームは、そのフォーム内でMe.Close() しても、プロセスは残り、たとえば、タイマーコントロールのイベントに記述していますと、それは実行され続けます。

これを防ぐために、Me.Dispose() を使います。すると、きれいにプロセスは終了し、イベントは発生しない模様です。

そこで、「フォームを閉じる」意味のMe.Close() をすべてMe.Dispose() に変えてしまいました。確実にプロセスを破棄出来ると思ったからです。Webで調べると、違いは「再利用できる、できないの違い」という答えがありましたが、それはきっと、ファイルやオブジェクトのことで、フォームの場合は、再びShowまたはShowDialogで表示させることは可能でしたので、特に問題は感じていませんでした。

ところが、アプリケーション設定で、「最後のフォームを閉じるとき」にアプリケーションがシャットダウンする設定になってるのに、シャットダウンしてくれないことが起こりました。調べてみると、Me.Dispose() が原因。Me.Close() に変えるとうまくいきました。

わけわからなくなってきました。。。

ちなみに、その残ったフォームは、スタートアップフォームであり、別のフォームからShowまたはShowDialogメソッドで呼び出したものではありません。

ここで4つの仮説を立ててみました。

1. ShowDialogで呼び出したフォームは、Me.Dispose()、Showで呼び出した、あるいは、スタートアップフォームは、Me.Close() すれば破棄できる

2. ShowDialogで呼び出したフォームは、Me.Dispose()、スタートアップフォームは、Me.Close()、Showで呼び出したフォームは、どちらでも、破棄できる

3. 呼び出し方ではなく、別の要因が存在する

4. 併記する必要がある場合がある

Me.Close()
Me.Dispose()

または、

Me.Dispose()
Me.Close()



どれが正しいのでしょうか?どなたがご存じの方がいらっしゃいましたら、ご教授いただけませんでしょうか? どうぞよろしくお願い申し上げます。ありがとうございました。

みなさまこんばんわです。よろしくお願い申し上げます。

VB.NET 2008でコーディングしています。
CloseとDisposeの違いについて教えていただきたいのです。

これらのメソッドは、開いたファイルを閉じるときなどにも使いますが、今回お尋ねするのは、フォームを閉じるとき、しかも、自ら呼び出すとき(Me.Close() と、Me.Dispose() )のみに限ったこととしてお話しさせていただきます。

たとえば、ShowDialog() で呼び出したフォームは、そのフォーム内でMe.Close() しても、プロセスは残り、たとえば、...続きを読む

Aベストアンサー

Me.Close()
Me.Dispose()
は根本的に違うものです。

formについて、Close()メソッドはフォームの表示を終了させるメソッドです。

ほかのクラスも同様。すべてのDispose()メソッドについて、これはインスタンスの破棄を明示的に行うものです。

>再利用できる、できないの違い

Dispose()はインスタンスが破棄されるため、再びコンストラクタを用いて、インスタンスを生成しないいけません。

一方Close()はインスタンスが残っているので、それを利用することができます。

>1. ところが、アプリケーション設定で、「最後のフォームを閉じるとき」にアプリケーションがシャットダウンする設定になってるのに、シャットダウンしてくれないことが起こりました。調べてみると、Me.Dispose() が原因。
Me.Close() に変えるとうまくいきました。

通常はどちらでもうまくいきます。

>2. ShowDialogで呼び出したフォームは、Me.Dispose()、スタートアップフォームは、Me.Close()、Showで呼び出したフォームは、どちらでも、破棄できる

ShowDialogの場合は、メソッド内部で、ハンドルが破棄されているため、Close()メソッドの際にDispose()メソッドが呼び出されます。

>3. 呼び出し方ではなく、別の要因が存在する

そう思います。

>4. 併記する必要がある場合がある

インスタンスを明示的に破棄したほうがよい場合は多く存在します。
Disposeが使えるメンバはIDisposableをインターフェースとして持っているメンバです。
これらのメンバは、外部とのやり取りを行うものが多くあります。
たとえばSQLClientに含まれるようなメンバです。

外部とのコネクションを確実に破棄を保障してほしいなどという場合がありますよね、このようなときに使用します。

Using構文を使用するのとまったく同じ理由になります。
正確にはUsing構文を使用できるメンバには条件があります、IDisposableをインターフェースとして持っているメンバに限るというものです。

ほかにもガーベージコレクタによるファイナライズを伴うかどうかという違いがあります。
Disposeの場合はファイナライズが同時に行われるため、使用していたメモリ空間を開放することができます。

上記のような理由により、
Me.Close()
Me.Dispose()
は両方書いたほうがよいと思います。

蛇足ですが、
Me.Dispose()
Me.Close()
はエラーになります。
Me.Dispose()により、Me本体(インスタンス)は削除されてしまいます。
存在しないMeに対してCloseメソッドを要求することはできないためです。

Me.Close()
Me.Dispose()
は根本的に違うものです。

formについて、Close()メソッドはフォームの表示を終了させるメソッドです。

ほかのクラスも同様。すべてのDispose()メソッドについて、これはインスタンスの破棄を明示的に行うものです。

>再利用できる、できないの違い

Dispose()はインスタンスが破棄されるため、再びコンストラクタを用いて、インスタンスを生成しないいけません。

一方Close()はインスタンスが残っているので、それを利用することができます。

>1. ところが、アプリ...続きを読む

QConsole.WriteLine で表示されない

VB2008でプログラムミングしておりますが、プログラミング試験の為によく使われる、「Console.WriteLine」ですが、表示されないのです。
何処に表示されるのでしょうか。
デバックを行っても何処にも表示されません。

Console.WriteLine("Hello World")
でも表示が何処にも有りません。

初歩的な質問ですが、私には大事な一歩なので宜しく御願い致します。

Aベストアンサー

質問者さんはもう見ていないかもしれませんが、一つ。
質問者さんはプロジェクトのタイプをFormにしているので、コンソールに表示されないのです。
プロジェクトのタイプをコンソールアプリケーションにすれば良く見られるDOS窓に表示されます。
Formアプリケーションタイプでも、確かプロジェクトのプロパティをいじればできたはずです。

Q[VBA]標準機能のみでパス付zipファイルの解凍

いつもこちらの識者の皆様にはお世話になっております。
VBAのことで質問させてください。

環境はwindows7 Pro
Excel2010(14.0.7128.5000) 32bit
です。

掲題のとおり、パスワード付のzipファイルを解凍しいたいのですが、調べてもやり方が分からず困っています。

■やりたいこと
外部アプリケーションを使わずにWindows7の標準機能のみで"C:\aaa\bbb.zip"をパスワード"111"で解凍する

会社で使っているのですが、アプリケーションのインストールが禁止されており、
毎日複数のパスワード付zipファイルを手動で解凍して処理をしています。
効率を考えVBAで処理したいのですが、どなたか上記内容の場合どのようなコードが適しているか
教えていただけませんでしょうか。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

こんばんは。
>>ついでに、その掲示板の質問者さんは、・・・
>実はこの質問も僕なんです。
失礼しました。気が付きませんでした。(^^;

>zipfldr.dllで圧縮・解凍処理をしてるんですね。
これが、私には使いこなせなかったのです。それで、試行錯誤の上、結局、Shell.Application で任せてしまいました。(おそらく、古い環境では動きません)

>ひとまず単一のパス付きzipファイルを解凍するコードをご教示いただければありがたいです。
実に、へんてこなコードですが、試してみてください。こちらの環境ではうまくいきましたが、他人の環境では、失敗する可能性が結構あります。Sendkeyは、Win32 API関数の方が確実ですが、仰々しくなってしまいます。


'//
Sub OneZipExtract()
 Dim fn As Variant
 Dim DestFolder As Variant
 Dim objZip As Variant
 '出来る限り、VBEditor は閉じていたほうがSendkeyの誤動作から免れます。
 Const PSWD As String = "000" 'パスワード
 DestFolder = "C:\aaa\" '展開フォルダ 末尾は、¥(セパレータ)を置くようにしてください。
 
' fn = Application.GetOpenFilename("ZIPファイル*.zip(*.zip),*.zip")
' If VarType(fn) = vbBoolean Then Exit Sub
 fn ="C:\aaa\bbb.zip"  'キメウチ・ファイル名
 ' DestFolder = Mid(fn, 1, InStrRev(fn, "\")) '展開ファルダが、ZIPファイルのある場所の場合
 Set objShell = CreateObject("Shell.Application")
 Set objZip = objShell.Namespace(fn).Items
 Application.SendKeys PSWD & "{Enter}"
 objShell.Namespace(DestFolder).CopyHere (objZip) '*
 Set objShell = Nothing
End Sub
'//

*確実にZIPファイルが展開できたかは、このようにすると良いです。
 ret = objShell.Namespace(DestFolder).CopyHere(objZip)
 If ret > 0 Then
   MsgBox "失敗しました。", 48
 End If

こんばんは。
>>ついでに、その掲示板の質問者さんは、・・・
>実はこの質問も僕なんです。
失礼しました。気が付きませんでした。(^^;

>zipfldr.dllで圧縮・解凍処理をしてるんですね。
これが、私には使いこなせなかったのです。それで、試行錯誤の上、結局、Shell.Application で任せてしまいました。(おそらく、古い環境では動きません)

>ひとまず単一のパス付きzipファイルを解凍するコードをご教示いただければありがたいです。
実に、へんてこなコードですが、試してみてください。こちらの環境ではうま...続きを読む

QVBとVBAの違い

お世話になります。

現在、ExcelVBAで機械設計の計算をさせようと思い勉強しているのですが、VBとVBAの違い(VBと比較したとき、VBAできること、できない事)の境目?がいまいち判りません。
まだまだ勉強中で困惑しております。このままExcelVBAを勉強していく物か、VBについて勉強していくか迷っています。このままExcelVBAを勉強してExcelVBAを理解すれば判断できるかと思うのですが、畑違いの勉強になってしまわないかと心配です。

やりたいことは、各種計算の簡略化です。
現在は、関数電卓で行っていますが、これをパラメータを入力すると計算結果が出る。このような物を作りたいと思っています。

長くなってしまったのでまとめると、
1、VBAとVBの違い
2、ExcelVBAで設計計算が可能か
あと、
プログラムにより計算させるときに、最適なプログラム(JavaとかPHPとかHTML等など・・・)お勧めのプログラムがありましたらアドバイス頂けたらと思います。

Aベストアンサー

1. VBAとVBの違い

VBは単体で動作するアプリケーションが作れますが、VBAはOfficeが必要です。
また、VBAはOfficeの環境が使えるので、Excel等を使った入出力の機能が既にできていますが、VBではある程度自分で作る必要があります。また、費用的な面でVBは購入しないと使えませんが、VBAはOfficeがあれば使えますので、既にExcelなどを導入されているならば、追加の費用が必要ありません。
もし、複数の人間で作ったプログラムを利用され、かつその中にOfficeを持っていない人が含まれるのであればVBAではできませんので、VBが必要です。

2. ExcelVBAで設計計算が可能か

可能です。また、多分VBAを使わなくてもExcelの関数でもある程度のことが可能だと思われます。お持ちの関数電卓の桁数にもよりますが、相当な高精度が必要でない限り大丈夫です。

文面からすると、プログラミング未経験のようですが、やりたいことが明確なので、Excelをお持ちであればVBAで始めてみてはいかがでしょうか。他の言語(Java, C, PHP...)でも可能でしょうが、中には環境を用意しなくてはならなかったり、本質である計算以外に気にしなくてはならないことが多く、初心者にはとっつきづらいのではないかと考えます。

VBAからVBへの移行、VBからVBAへの移行はどちらも可能ですし、VBAからVBへの移行は多少時間がかかるかもしれませんが、VBよりVBAから始める方が楽なので、どちらに優越があるとは一概に言えないと思います。一人でちょっと使う程度や勉強用なら、ExcelVBAをお勧めします。
しばらくすると、ExcelVBAの限界を感じるようになると思うので、そこからVBに移行するというのでも悪くないと思います。

1. VBAとVBの違い

VBは単体で動作するアプリケーションが作れますが、VBAはOfficeが必要です。
また、VBAはOfficeの環境が使えるので、Excel等を使った入出力の機能が既にできていますが、VBではある程度自分で作る必要があります。また、費用的な面でVBは購入しないと使えませんが、VBAはOfficeがあれば使えますので、既にExcelなどを導入されているならば、追加の費用が必要ありません。
もし、複数の人間で作ったプログラムを利用され、かつその中にOfficeを持っていない人が含まれるのであればVBAではで...続きを読む

QEXCEL VBA で現在開いているブックのファイル名を取得する方法

EXCEL2003 VBAで業務を簡素化するために、現在開いているブックのファイル名を取得する方法が分かりません。
作業手順をマクロを使って処理していますが、オリジナルのワークブックをファイル名を変えて保存し、以後、このワークブックを読み込んで使用しています。
このときのVBAは、オリジナルのファイル名を使っているため、ファイル名を変更するとエラーになり、以後の業務に使用できません。
常にファイル名を取得出来るVBAをどなたか、教えて下さい。

Aベストアンサー

>現在開いているブックのファイル名
 ちょっと曖昧な表現かなぁという気もいたしますが、VBAが書いてあるブックのブック名は
ThisWorkbook.Name
で、現在 "アクティブにして" 操作対象になっているブックの名前は
ActiveWorkbook.Name
ですね。

 しかし、
>VBAは、オリジナルのファイル名を使っているため、ファイル名を変更するとエラーになり
というような文脈からすると、
ThisWorkbook.Name
の方ですかね。

QVBA zipファイルの作成

(1)作業環境
Windows 7 Professional SP1
Intel(R) Core(TM) i3­3240 CPU @ 3.40GHz 4.00GB
32ビットオペレーティングシステム
Microsoft Office Standard 2010
Excel ver.14


(2)やりたいこと
3つのファイルのzipファイルを同じフォルダに作成したい
  C:\temp\a.txt
  C:\temp\b.txt
  C:\temp\c.txt
  から
  C:\temp\d.zip
  を作りたい。


(3)状況
下記サイトを参照しましたが知識不足で正確にわからないのと、『本当にこんなに長いコードが必要なのか?』と疑問に思っています。

 参考①VBAでZIP圧縮する。
 http://scripting.cocolog-nifty.com/blog/2007/11/vbazip_a144.html

 参考②ファイル/フォルダをzipファイルに圧縮
 http://qiita.com/kou_tana77/items/72346c69107fabf99335

定義、ループ、分岐など基本的なことは分かっています。
APIやFSOなども詳しくはないですが、知っています。
たとえば①の「fso.*******」、「Shell.*******」などの、*******が分かりません。


(4)質問事項
余計なものは除いて必要最低限のコードだけにするとどのようになるかしりたいです。
※エラー処理などに関しては使用環境にあわせて作成します。


ご存じの方ご教示くださいm(_ _)m

(1)作業環境
Windows 7 Professional SP1
Intel(R) Core(TM) i3­3240 CPU @ 3.40GHz 4.00GB
32ビットオペレーティングシステム
Microsoft Office Standard 2010
Excel ver.14


(2)やりたいこと
3つのファイルのzipファイルを同じフォルダに作成したい
  C:\temp\a.txt
  C:\temp\b.txt
  C:\temp\c.txt
  から
  C:\temp\d.zip
  を作りたい。


(3)状況
下記サイトを参照しましたが知識不足で正確にわからないのと、『本当にこんなに長いコードが必要なのか?』と疑問に思ってい...続きを読む

Aベストアンサー

こんな感じでしょうか?
・既に圧縮書庫ファイルが存在する場合は上書きされます。
・指定した被圧縮ファイルが存在しなかった場合はハングアップします。

-----------------------------
Sub MakeZip()
Dim sfo As Object, app As Object
Set sfo = CreateObject("Scripting.FileSystemObject")
Set app = CreateObject("Shell.Application")

Dim zipFolder As Object
Dim file As Variant
Dim count As Long

Const zipFile = "C:\excel\圧縮.zip" '圧縮書庫ファイルの絶対パス
Dim files As Variant
files = Array("C:\excel\あ.txt" _
, "C:\excel\い.txt" _
, "C:\excel\う.txt") ' 圧縮するファイルの絶対パス

'空のzipファイルを作成する
With sfo.CreateTextFile(zipFile, True)
.Write "PK" & Chr(5) & Chr(6) & String(18, 0)
.Close
End With
Set zipFolder = app.Namespace(sfo.GetAbsolutePathName(zipFile))

'zipファイルに圧縮対象のファイルをコピーする
count = 0
For Each file In files
count = count + 1
zipFolder.CopyHere (sfo.GetAbsolutePathName(CStr(file)))
'このファイルのコピーが終わるまで待つ。
Do Until zipFolder.Items().count = count
Application.Wait Now + TimeSerial(0, 0, 1)
Loop
Next
Set sfo = Nothing
Set app = Nothing
Set zipFolder = Nothing
End Sub

こんな感じでしょうか?
・既に圧縮書庫ファイルが存在する場合は上書きされます。
・指定した被圧縮ファイルが存在しなかった場合はハングアップします。

-----------------------------
Sub MakeZip()
Dim sfo As Object, app As Object
Set sfo = CreateObject("Scripting.FileSystemObject")
Set app = CreateObject("Shell.Application")

Dim zipFolder As Object
Dim file As Variant
Dim count As Long

Const zipFile = "C:\excel\圧縮.zip" '圧縮書庫ファイルの絶...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング