学者の仕事ってのは、政府によって、給料をもらっているのですかね?
また、どこの機関に所属しているのですかね?
研究機関に所属している人達は研究者っていうじゃないですか。
また、大学の教授だったら学者なんていわなくて、教授っていうじゃないですか。
この人達を総称して、学者っていうですかね?
でも、テレビとかでは、古代物理学者とか、なんたらかんたら学者とかで、紹介されているじゃないですか。

この辺の定義をおしえてもらえてもらえないですか?
また、学者になるための一般的プロセスをおしえてください。
あと、物理学者っていう職業はあるのですかね?

よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

「学者」を辞書でひくと「学問・研究を専門とする人」とあります。

なので、おっしゃっているような全部をひっくるめた言い方で「学者」で良いと思います。
そう言う意味では大学の場合は必ずしも「教授」だけではなくて「助教授」も入るでしょう。「助手」までいくとあんまり学者とは言わないですね。
また国の研究機関も存在します。「国立~センター」とか「国立~研究所」などという機関です。ここの研究員は公務員ですから、国からお金をもらっています。
ただ最近ではこれらの独立行政法人化が行われており、その場合は純粋な国家公務員ではありません。
学者になるためには、これらの機関に「就職」すればよい訳です。具体的には、大学~大学院に進んでそのまま先生を手伝って教授への道を歩むか、研究機関の場合は大抵どこかの大学の研究室とパイプがありますので、そこから推薦してもらって就職するのが一般的でしょう。
従って「物理学者」になりたいのであれば、大学の物理専攻から院に行って教授になるか、○○物理研究所みたいなところに就職すればよいのです。
但し物理といっても色々範囲は広いですが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

非常に参考になりました。ありがとうございました

お礼日時:2001/05/10 09:31

学問分野によって多少事情が異なるだろうと思うし、回答の都合上、ご質問の順番が若干前後しますが、許してください。



>学者になるための一般的プロセスをおしえてください。

人文系の場合で回答してみますね。
その前に、わたしは普段、「研究者」という言葉と「学者」という言葉とを、ほぼ同義に理解してる者であることをお断りしておきます(^^)

「学者・研究者」だと "世間一般から認められる" には、専門の研究誌に論文が掲載されたことがあるかどうか、が目安だと思います。(研究職員などを職業的な意味合いで「研究者」と称すような例を除く。)

で、専門の研究誌に論文を採用&掲載してもらうには、その研究誌を出している「学会(研究機関)」に所属している(学会員である)必要があるかと思います。

ある学会の学会員になるには、その学会の定めた条件を満たす必要があります。その条件は、学会によって(当然)異なり、○○大学卒業者オンリーなど、特別な資格を問われる場合もあれば、入会金さえ払えば誰でも所属できる場合も少なくないようです。
(つまり、いずれかの学会の学会員になったからといって、即、「学者・研究者」になったとは "認められない" です。)

>この人達を総称して、学者っていうですかね?
「学者・研究者」が「教授」をしている場合が多いかとは思いますが、民間人(特に学術論文発表等の経歴は持たないが、世間でエキスパートと認められている人)を教授として招く場合もあるでしょうから、「教授」=「学者・研究者」とは言えないんじゃないでしょうかね。

うまく言えないけれど、
「教授」というのは、その人の「職業身分」(=収入を何で得ているか&職責)を指して言うもの。
「学者」「研究者」というのは、(「職業:学者」みたいな言い方はあるものの)収入の有無に関わりなく、ある学問分野でのその人の「立場」(業績、及び、世間での評価)を指して言うもの。
ではないでしょうかね~。


余談ですが、「アマチュア研究者」(上で述べた「研究者として認められる条件に該当しない人」)の中にも、多くの知識・業績を持っておられる方が少なくないのも、また、世間一般の認めるところですよね。
厳密に定義し分けるのでなければ、わたしは、彼らもまた学者・研究者と呼んで差し支えない方々だと思っています(^_^)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 非常に参考になりました。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/05/10 09:42

学者をまともに解釈すればDEMERARA151さんのようになるのですが、その他に(日本特有の慣行として)、”まともな”組織をはづれた自由業の識者を呼ぶ呼称にも使われていると思います。

例えば、前東大の先生で、いまはフリー業としてTVなんかに出ている某氏は、国際経済学者なんてタイトルがついてます。

大体日本は、なんかの”まともな”組織に属してないと、信用が出ないシステムというか文化ですから、余程のことがない限り、「XXX学者」という呼称は、うさんくさく見られますよね。「XXX評論家」と似たようなものです。

こうした風潮は、個人の専門性を重んじるトレンドと相容れないところがありますから、これからは変わっていくとおもいますが。歴史に残る経済学者のケインズは、株に明け暮れていて、どこの大学の教授でもなかったし、経営学者のドラッカーだって、クレアモント・カレッジなんて、聞いたこともないですからね。

トム・ピーターズが言うように(『サラリーマン大逆襲作戦』TBSブリタニカ)、これからは「個人ブランド」の時代になるのかも。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 お金がないと、個人的な学者にはなれそうにないですね。
個人の学者には一般市民以下である自分はなれないですね。お金をもうければ別でしょうが、
非常に参考になりましたありがとうございました。

お礼日時:2001/05/10 09:35

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q日本に暮らすベトナムの人達が差別されませんが?なぜですか? なぜ在日韓国朝鮮人はベトナムの人達に敵対

日本に暮らすベトナムの人達が差別されませんが?なぜですか?

なぜ在日韓国朝鮮人はベトナムの人達に敵対意識を持つのでしょうか?
なぜあんな酷いことができるのですか?

Aベストアンサー

近年フィリピンでも禁止になりました。

そこが日本人と違うとこですかね。
日本人はベトナム人でもフィリピン人でもタイ人でも嫁にしますから。

結婚詐欺事件は日本でも起きてるんですけどね。まったく問題視されませんし、するとヘイトだと言われます。

Q今のご老人達や40歳・50歳くらいの人達が若い時は今の若者に比べしっかりしていたのでしょうか?

テレビや新聞などでご老人達や40歳・50歳くらいの人達が「今の若者は駄目だ」としきりにぼやいているのをよく目にします。
彼らが若者の時は今の若者よりずっとしっかりしていたのでしょうか?
正直いってだらしない若者をみてひとくくりに「今の若者は駄目だ」と言う人達がうっとうしいです。

Aベストアンサー

何をもって、「しっかりしていたのか?」が問題になりますが、一つ、客観的な資料として、「犯罪統計」があります。

戦後の少年犯罪の統計において、最も、少年による殺人事件が多かったのは、1960年初頭で、年間450件以上に及びました。
現在は、というと、2006年で73件と実に6分の1以下まで激減しています(当時も現在も、殺人事件の検挙率は95%を上回っており、取り逃していた、なんていうのは考えなくて良いでしょう)
1960年代頭に10代後半だった、というのが、現在の50代~60代くらいの人々ですから、その時代の人たちは、もの凄く犯罪を犯していた、と言えるでしょう。なお、50代、60代くらいの殺人率が、10代のそれを上回っている、というのは日本の特徴と言えます。

それから、「ニート」云々に関して言えば、その定義を全く理解できずに述べている場合が殆どです。
「ニート」というのは、厚生労働省の定義で、「15歳~34歳の教育を受けておらず、職に就いておらず、求職活動をしていない未婚の者」であり、そこに当てはまれば「ニート」で、少しでも外れれば「ニート」にはなりません(35歳になった瞬間にニートではなくなります)
これは、年金未納問題を元にして作られた定義だからであり、あまり意味がないのです。
そして、ニート人口の増加、というのは、職場条件が悪化したことなどで、心身を壊しての休職中とかが増加したことが原因です。厚生労働省の無職者に対する意識調査では、1980年代から、「今後も職に就きたくない」と考えている人の数そのものは増えていないことが明らかです。そういうものを無視して、一部マスコミの無知な発言に踊らされて「ニート」=「ダメな若者」扱いにしているのも、一種の偏見による若者批判と言えるでしょう。

最近は、大学の講義の出席率が高い=まじめ過ぎでダメ、とか、最早、ただの難癖に近い若者批判まであります。
さらに、先に書いたように、少年犯罪が激減しているにも関わらず、なぜか、「少年犯罪に対する厳罰化」なんていう変な事態も起こっています。
ここまで来ると、ちょっと危ないのではないか、と思わざるを得ません。

何をもって、「しっかりしていたのか?」が問題になりますが、一つ、客観的な資料として、「犯罪統計」があります。

戦後の少年犯罪の統計において、最も、少年による殺人事件が多かったのは、1960年初頭で、年間450件以上に及びました。
現在は、というと、2006年で73件と実に6分の1以下まで激減しています(当時も現在も、殺人事件の検挙率は95%を上回っており、取り逃していた、なんていうのは考えなくて良いでしょう)
1960年代頭に10代後半だった、というのが、現在の50代~...続きを読む

Q相手に失礼じゃないですか?

こんにちは。
どこのカテゴリーに入れるのかすごく迷ったのですが質問です。

最近ネットで見かける表記についてです。
よく学生さんが「ぁたしゎ」とかいう風にわざわざ小さい文字にするのを見かけます(ギャル文字は最近見かけませんが
友達同士で話したり、ちょっと使うぐらいだったらかわいいかなと思います。
私も高3(といっても卒業済み…)ですが、友達同士で使ったりはします。

でもこれを初対面の人に、しかもいっぱい使うのってなんか失礼だと思いませんか?
ホームページを管理してるのですがいきなりこういう書きこみで来られると「はぁ、、、」という気分になります。
(ちょっとぐらいなら全然気にならないのですが
教えてgooの質問ページでもたまに見かけるのですが…これもちょっとなぁ…という感じで見ています。

文字小さくしただけで失礼とかいうのは考えすぎでしょうか。
いろんな方の意見を聞きたいです。
特に同年代の方はどう思っていますか?

愚痴ばっかりすいません…

Aベストアンサー

こんにちは。
17歳の高校生です。
私も小文字を使いすぎた文については疑問に思っていました。
これを引き合いに出すのが正しいのかはわかりませんが
文面的に「こんにちは」より「こんにちわ」のほうが柔らかい感じがしますよね。
それに似た効果があるのではないでしょうか。
しかし、小文字にすることで文面の無機質さをなくす、というのは違うと思います。

Rolilyさんが「失礼」と感じるのは、砕けすぎているからだと思います。
私は小文字を使わないのでその感覚はよくわかりませんが
たしかに「でゎ~」とか「ぁりがとぅ」とかそういう表記を見ると
他人のよそよそしさよりはかわいさや、
親近感(ちょっと意味違いますが)を感じることは確かです。

でも、使いすぎは文面的にも見苦しいものになるし
何より読みづらいので読む気が失せますよね。
小文字の使い方も間違っているので
「失礼」というよりは「非常識」と思われると思います。
ここ最近特によく見るようになったような気がするので
一種の流行りみたいなものなのかもしれません。
若気の至りってところですかね(笑)
さすがに20越えた人が使いすぎていたのは引きましたが。

こんにちは。
17歳の高校生です。
私も小文字を使いすぎた文については疑問に思っていました。
これを引き合いに出すのが正しいのかはわかりませんが
文面的に「こんにちは」より「こんにちわ」のほうが柔らかい感じがしますよね。
それに似た効果があるのではないでしょうか。
しかし、小文字にすることで文面の無機質さをなくす、というのは違うと思います。

Rolilyさんが「失礼」と感じるのは、砕けすぎているからだと思います。
私は小文字を使わないのでその感覚はよくわかりませんが
たしかに「...続きを読む

Q市役所や区役所は、なぜ制服じゃないですか?

市役所や区役所に行くと役人は、私服なので分かりずらいですね。
制服を導入したほうがいいじゃないでしょうか。
もちろん下僕に税金を使うのは、もったいないので自腹で導入されないでしょうか?

Aベストアンサー

制服は冬服、夏服、男、女、破損取替え等と区分が多く、かなりの費用が掛かります。内規も作らねばなりません。まさに無駄遣いそのもの。税金を上げることに繋がりますよ。
赤字自治体が多いのに困難ではないでしょうか。

民間企業でも非製造部門は制服廃止に向かっています。主に経費節減のためです。

自腹で導入、ということですが、それでは自前だから何を着ても良いということになりますよ。自腹への規制は困難でしょうね。
規制や統一は経営者が経費を負担すべきものです。

Q日本は人口多すぎじゃないですか?

こんな鼻くそみたいな小さな島国(世界65番目の国土)に1億以上(世界10番目)って。。
生めばいいってもんじゃないのに昔のひとは貧乏の癖に本当にバカタレだったんですね。
人口減少が
もっと進んで北欧の国やオーストラリアのように豊かになることを祈ります。
ちなみに幸福度が高い国で人口1億人以上いる国(11か国)は一つもありません。

Aベストアンサー

では、明治天皇あたりにつかえていた首相とか軍人の、産めよ育てよ、欧米に追い付き追い越せ政策をした人間たちを戦犯として、叩いておいてください。

統計表一覧 政府統計の総合窓口 GL08020103
人口推計 > 長期時系列データ > 我が国の推計人口(大正9年~平成12年)
http://www.e-stat.go.jp/SG1/estat/List.do?bid=000000090004&cycode=0

1920年(大正9年):5596万人 男:2804万人 女:2792万人
1940年(昭和15年):7193万人 男:3539万人 女:3655万人
1947年(昭和22年):7810万人 男:3813万人 女:3997万人

日本の人口統計 - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E3%81%AE%E4%BA%BA%E5%8F%A3%E7%B5%B1%E8%A8%88


あとは、「年金制度が破たんするから、新生児を増やさないといけない」という本末転倒な年金制度を肯定するために必死な戦後の官僚たちも叩いておいてください。

昭和15年の対米大戦前より2倍にも人口を増やしておいて、そのころに生まれた年寄りにまともな額の年金が払えていないで生活保護を払っているんですから。

生活保護受給 高齢者世帯増で過去最多 NHKニュース (2014年12月3日 12時10分)
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20141203/k10013682241000.html

『受給世帯の増加は5か月連続で、昭和26年に統計を取り始めてから最も多くなりました。
内訳は、65歳以上の「高齢者世帯」が最も多く、前の月よりおよそ2000世帯増えて75万9000世帯余りと、全体の半数近くを占めています。』

では、明治天皇あたりにつかえていた首相とか軍人の、産めよ育てよ、欧米に追い付き追い越せ政策をした人間たちを戦犯として、叩いておいてください。

統計表一覧 政府統計の総合窓口 GL08020103
人口推計 > 長期時系列データ > 我が国の推計人口(大正9年~平成12年)
http://www.e-stat.go.jp/SG1/estat/List.do?bid=000000090004&cycode=0

1920年(大正9年):5596万人 男:2804万人 女:2792万人
1940年(昭和15年):7193万人 男:3539万人 女:3655万人
1947年(昭和22年):7810万人 男:3813万人 ...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報