人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

現在両国(緑)への転居を検討していますが、それを知った人から「両国は昔、干拓湿地帯で過去地震被害が最も大きかった地域の1つらしい。考え直した方が良いのでは。」と言われました。(最近TVで見たそうです)
心配になりインターネットで調べましたがイマイチ良く分からず、正確な情報を確認することが出来ませんでした。
とても気に入った街と物件(賃貸)ですので、正確な情報を確認できないと諦める気になれませんし、かといって不安も残ります。
何かご存知の方がいましたら教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

まず、


>両国は昔、干拓湿地帯で・・・
と言い出したら、東京のほとんどの部分は干拓地ですよ。
少なくても浅草から南、隅田川の西はほとんど全て、
日比谷だって品川だってそうです。

両国界隈は江戸時代には江戸最大の繁華街であったわけで、
数百年の歴史はあります。
現在の湾岸エリアで液状化現象をおこした地域とはわけがちがいますよ。

>過去地震被害が最も大きかった地域
といのうがどの地震のことかわかりません。
両国というわけではないですが、関東大震災や東京大空襲(地震ではないですが)
で下町エリア(本所や深川ですね)では多くの犠牲者が出ています。
それは火事のせいですね。
現在とは違って、木造の町家が密集していたことと、川が邪魔して避難できなくなり、
溺死者も多く出たことなどが挙げられています。

>最近TVで見たそうです
って、たぶんこのことですかね・・・
当然、当時とは状況が違いますので、同様の事態が発生するとは思えません。

東京なんかどこでもいっしょですよ。
土地の低い地域は、基本的に干拓地や沖積平野ですし、逆に山手側・多摩地域は
関東ローム層で地盤は良くないですし・・・
練馬の方は断層が・・・とか、言い出したらきりがないです。

>考え直した方が良いのでは・・・
こういうのを無知からくるデマというのですね。
自分で調べてもわからないようなことは、気にしてもしょうがないですよ。
あとは運・不運だけですから。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速ありがとうございます!
確かに最近の液状化エリアとは歴史が違いますし、
東京大空襲等で多くの人が亡くなっていますが
それは今と状況も全く違いますから比較の対象にはならないのですね。
東京なんてどこも一緒、あとはは運不運。たしかに。
そう腹をくくらないと東京ではまったく生活できないです!

お礼日時:2012/03/18 12:08

両国(緑)って、東京都墨田区緑のことですよね。



両国をはじめとする現墨田区、旧本所区界隈が関東大震災で被害を受けた理由は、
液状化でも地盤沈下でも津波でもなく、火事が原因です。

内閣府の防災ページでもご覧になってお勉強してください。(PDFです)

過去の災害に学ぶ(第14回)12 広報ぼうさい 
No.40 2007/7 1923(大正12)年関東大震災
http://www.bousai.go.jp/jishin/chubou/kyoukun/re …

なお、関東大震災当時以降も1970年位まで地盤沈下は進んでいます

東京都 平成 22 年地盤沈下調査報告書(PDFです)
http://doboku.metro.tokyo.jp/start/03-jyouhou/ch …

墨田区は確かにゼロメートル地帯と言われる場所が多く、
隅田川の水面より地面が低い場所が多いです(河口近くなので潮の干潮の影響も受けます)
墨田区のハザードマップもご覧になっておくといいのでは。

墨田区 洪水ハザードマップ
http://www.city.sumida.lg.jp/kurasi_guide/katei_ …

液状化がご心配なら、東京都土木技術支援・人材育成センター 東京の液状化予測図
http://doboku.metro.tokyo.jp/start/03-jyouhou/ek …
予想地図1の39あたりが墨田区緑です。

治安的なことに関しては気にしないでいいですか?
警視庁の事件事故発生状況マップでもご覧ください。

参考URL:http://www.keishicho.metro.tokyo.jp/toukei/annai …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速ありがとうございます!
たくさんURLをご紹介いただきまして
こういう情報を確認したかったので大変ありがたいです!
勉強し十分に納得したうえで、転居先として決めたいとおもいます。

お礼日時:2012/03/18 12:15

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q錦糸町に住もうと考えているんですが、都会に住むべきか、郊外に住むべきかアドバイスをお願いします。

錦糸町の物件を購入しようと思っているのですが、治安が良くないと言われているので、どうしようか迷っています。

現在は夫婦2人なので、交通の便がよく、駅から近ければOKなのですが、子供が出来た場合のことを考えると環境が良いところがいいと思っています。
墨田区&錦糸町は乳幼児育成、小学校・中学校など教育・指導面は充実しているのでしょうか?

JRの大きな駅はどこでもあると思いますが、歓楽街など気にもなっています。

都会に住むべきか、郊外に住むべきか。
そして、西東京から東東京に移るべきか悩んでいます。

Aベストアンサー

具体的な物件を想定していられるのでしょうか。
南側一帯が旧来の錦糸町のイメージ、北側は徐々に発展していって、新しい一面が出てきているという状況です。

治安は心配するほどの事はありません。(特に北側は)
むしろ歴史の浅い郊外などでは若年齢層が多いので、駅前などでの夜の落ち着きなさ、怖さを私などは感じてしまいます。
そういう街から比べると、墨田区自体年齢層が高めですし、駅の北側の直ぐ周辺は繁華街ではありますが、「若者が集まる場所」というわけではないので、のんびりしています。
北側のプロジェクトが良い方向に向かった場合、違った面が増えるので、一帯の価値は上がります。
プロジェクトに含まれる物件自体も価値が下がる事はないでしょう。
ですが家族で住む物件としては落ち着かないなと私は思っています。(プロジェクトが成功すれば夜や休日も賑わいますし)
DINKSであれば、利便性もあり良いと思います。
子連れの場合、心配するほどのデメリットは無いと思いますが、特にお薦めはしません。

私が子連れだったら、歴史の無い郊外はまず選択しませんし、繁華街の近くも選択しません。
地域コミュニティが(かろうじてでも)存続している、古い町の中から選びます。

具体的な物件を想定していられるのでしょうか。
南側一帯が旧来の錦糸町のイメージ、北側は徐々に発展していって、新しい一面が出てきているという状況です。

治安は心配するほどの事はありません。(特に北側は)
むしろ歴史の浅い郊外などでは若年齢層が多いので、駅前などでの夜の落ち着きなさ、怖さを私などは感じてしまいます。
そういう街から比べると、墨田区自体年齢層が高めですし、駅の北側の直ぐ周辺は繁華街ではありますが、「若者が集まる場所」というわけではないので、のんびりしています。
...続きを読む

Q敷金はどのくらい戻ってくるのでしょうか?

賃貸マンションを探している学生です。
まだ入居してもいないのですが、払った敷金がどの程度戻ってくるのか気になります。
私はタバコも吸いませんし、部屋を汚くしたりすることはないと思います。この場合、敷金はいくらぐらい戻ってくるのでしょうか?
また、契約時に不動産屋と敷金についての個人的な約束をつくり、書面にする必要などはあるのでしょうか?
一般の人からですが、たまに「敷金は戻ってこないものと思え」などという言葉を耳にします。不動産屋によって変わるとは思いますが、敷金はどのくらい戻ってくるものなのでしようか?

Aベストアンサー

敷金は敷引き契約(関西に多いようですね)がなく、部屋に自然損耗以外の損傷が無ければ全額戻ってくるのが当然です。

日本人らしいと言うのでしょうか、揉め事を嫌って敷金が帰ってこなくても泣き寝入りをしてあきらめる人が多いようですね。そんな状況なので、大家や管理会社もなめてかかって敷金を戻さない、その繰り返しです。
今は貸主よりも賃借人の方の権利が保護されています。泣き寝入りをせずに交渉すれば敷金は戻ります。

>また、契約時に不動産屋と敷金についての個人的な約束をつくり、書面にする必要などはあるのでしょうか?
そのようなことは契約書や重要事項説明書に書いて有るはずです。書いてなければ敷金は全額帰ってくるということです。もし、契約内容に疑問があればその場でうやむやに契約せずに、きちんと納得した上で契約するべきです。

さて、入居が決まったら、まず荷物を運び込む前に部屋の写真を撮ってください。特に新築物件ではなく既存の物件の場合は、特に壊れている場所を詳しく写真に撮ってください。日付入りでフィルムの最初に
その時のカメラはデジタルカメラではなく、フィルムカメラを使ってください。(フィルム付きカメラ、いわゆる使い捨てカメラではなく、せめてコンパクトカメラを使ってください。)
そして、退去するときも荷物を運び出した後に写真を撮ってください。もしも退去時に敷金の交渉が必要だった場合に証拠になります。

私の例ですが、敷金20万円、2年半居住で、当初修復費として19万円を敷金から引くとの案内が不動産屋経由で大家から着ました。
「修復の明細の内、経年変化・自然損耗によらない修復部分を教えて欲しい」と不動産屋にFAXしたところ、「3万円のハウスクリーニング代だけ払って欲しい」と連絡があり、そこを落としどころとしました。
結局20万円の敷金のうち、17万円帰ってきましたよ。(写真が撮ってありましたが使うまでも無かったでした。)


とにかく泣き寝入りしてしまえばそれで終わりです。少しがんばるだけで10万、20万が戻ってくるのですから、交渉はきちんとしましょう。

参考URL:http://www.kansai.ne.jp/tomatohm/z_genzyou/newpage131.htm

敷金は敷引き契約(関西に多いようですね)がなく、部屋に自然損耗以外の損傷が無ければ全額戻ってくるのが当然です。

日本人らしいと言うのでしょうか、揉め事を嫌って敷金が帰ってこなくても泣き寝入りをしてあきらめる人が多いようですね。そんな状況なので、大家や管理会社もなめてかかって敷金を戻さない、その繰り返しです。
今は貸主よりも賃借人の方の権利が保護されています。泣き寝入りをせずに交渉すれば敷金は戻ります。

>また、契約時に不動産屋と敷金についての個人的な約束をつくり、書面...続きを読む


人気Q&Aランキング