自然破壊のなか、大陸と水中のなかで、一番最初に植物で被害を受けるのは何の植物ですか?

A 回答 (2件)

陸と水中という分け方は不適当かと思います。


今現在、植物は大気汚染が原因で枯れていると考えられます。
しかし特にどの植物がと言うことはないと思います。
例えば、アルゼンチンや北欧ではすでに酸性霧や酸性雨で植物が枯れている現実が報じられています。
特に川筋や湖で霧の発生し易いところで大気汚染の影響の強いところでは植物が枯れています。
日光でも大気汚染の影響で枯れている植物があると言うことを聞いたことがあります。
ところが、川や湖に高濃度の汚染物質が投げ込まれた場合など水生植物といえども枯れてしまいます。
汚染物質に強い植物というのはありますが、それも程度ものでしょう。
耐えられる能力以上の汚染を受けた植物は被害にあってしまいます。
    • good
    • 0

 自然破壊の種類によると思います。

また、水中のほうが大陸より比熱が大きい分、温度が変化しやすいため温度変化に弱い水中植物は死んでしまうでしょう。大陸の植物も紫外線に弱いものは徐々にかれていくと思います。具体的に植物名を出すのは少し難しいのではないでしょうか。こうしている間にも自然破壊によって絶滅した植物がいるかもしれないのですから。聞くところ、1日(1年?)に36種の動植物が絶滅する時代なのですから。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q自然破壊は悪い!!

自然破壊って本当に悪いことですか?

自分で考えてそう思いますか?

誰かが言ってたからそう思うんじゃないですか?

本当に悪いとだと考えたらレッツ ホームレスじゃないですか?

人間は自然によって創造されました。つまり自然の中に人工が含まれます

確かに自然破壊が悪いという考え方も自然に含まれますが・・・

しかしそれほど罪悪感に駆られることもないと思いませんか?

「この考えを打破できる考え、またはサイトを教えてください」

Aベストアンサー

こんにちは。
質問者さんの迫力に圧倒されてしまいました!

>自分で考えてそう思いますか?
>誰かが言ってたからそう思うんじゃないですか?
>しかしそれほど罪悪感に駆られることもないと思いませんか?
>本当に悪いとだと考えたらレッツ ホームレスじゃないですか?

環境保護のために明日から石油を一切使うなと言われたら、ホームレスどころか何百万人の失業者が出て、死者も出ますね。
質問者さんの仰りたいことは良く分かります。環境破壊を訴えて、お前はホームレスになれるか! そう言われても何も答えられないのが、文明を持ってしまった人類の哀れなところですね。これに関係し、何が善で何が悪であるかはあとで私の考え述べさせて頂きますが、「自分で考えてそう思いますか?」という質問は、ここでは「人類がきちんとそれを学ぶことができるのか」という問題に置き代えらることができると思います。

太古より様々な文明が繁栄しては滅びました。それが戦争であったこともありますが、都市化・近代化によって環境が変わり、食料不足に陥ったり、疫病が蔓延したりといった例もあります。近年では公害に始まり、現在では地球規模の環境破壊に至っており、温暖化問題に於いては、その起源は産業革命時代に遡ることができると考えられていますよね。このような歴史を振り返るならば、それが人類の犯した過ちであることは誰にでも分かることです。
未来の結果を予測するためには、過去の歴史に学ばなければなりません。水俣病やサリドマイドなどの被害者を見て、それに嫌悪感を持てないのであれば、人類は再び同じ過ちを犯すことになります。
公害ならば、被害者と加害者がはっきりしていますから、まだ訴訟という手段も残されます。ですが、環境破壊は「被害者イコール加害者」です。人類が人類自身の首を締めているというのはそういうことですね。

>自然破壊って本当に悪いことですか?

そうですね。
人類は環境破壊によって自らの首を締めています。また、環境を破壊されて、そこに棲む生物はえらい迷惑です。少なくとも、このふたつは問題にされるべきものではないでしょうか。だけど、質問者さんが仰るのはそういうことではないですよね。

>人間は自然によって創造されました。つまり自然の中に人工が含まれます
>確かに自然破壊が悪いという考え方も自然に含まれますが・・・

何が善で何が悪であるかは誰にも分かりません。これは、別に哲学的な問題でも何でもありません。
生物は、種の存続のために様々な進化を遂げました。ですが、地球生物の進化にはまだ結果が出ていません。人類が生きている内に結論が出るとも思えません。遥か太古に有性生殖を獲得した多細胞生物が、大腸菌のような無性生殖よりも有利であったかどうかさえ、誰も分からないんです。事実、単細胞生物は現在でも見事に繁栄しています。

人類は特別な生物でしょうか? これに就いては、私も「人工は自然の結果である」と仰る質問者さんと同じ意見です。
人類が文明を持ったのは、その遺伝子が生き残り戦略としてそれを選択したからだと思います。そう考えれば、文明も進化に於ける自然選択の産物です。ですが、進化というのは結論の出せるものではありません。従って、その選択が正しかったかどうかも分からないということになります。文明を持たずとも、何億年も生延びた種は幾らでもあります。それに比べて、ホモサピエンスの歴史はせいぜい200万年ですよね。

生物は、大なり小なり環境に影響を及ぼしています。例えば、群が増え過ぎれば餌も生殖領域も不足します。もちろん、環境の自然変化によって絶滅することもありますが、自らが環境に及ぼす影響が大きくなれば自滅することもあります。
同様に、人類の持つ文明が生物の進化という理に従って獲得されたものであるならば、やがて人類も自然の節理に従って絶滅します。人類が環境に及ぼす影響は大変大きなものですから、その確立は高いですね。それは、人類が文明というものを獲得してしまったからです。
これは極論ですが、その結果地球丸ごとひとつが例え滅んでしまっても、それが良いことなのか悪いことなのかは誰にも分らないということになります。ですが、地球が滅びてしまえば人類も生きてはゆけません。残念ながら、人類を含めて全ての生物には、生き残らなければならないという謂れのない使命が課せられています。であるならば、それに上手く対処し、如何に末永く生延びるかが、私は人類が進化の過程で獲得すべき本当の知恵ではないかと思います。

こんにちは。
質問者さんの迫力に圧倒されてしまいました!

>自分で考えてそう思いますか?
>誰かが言ってたからそう思うんじゃないですか?
>しかしそれほど罪悪感に駆られることもないと思いませんか?
>本当に悪いとだと考えたらレッツ ホームレスじゃないですか?

環境保護のために明日から石油を一切使うなと言われたら、ホームレスどころか何百万人の失業者が出て、死者も出ますね。
質問者さんの仰りたいことは良く分かります。環境破壊を訴えて、お前はホームレスになれるか! そう言わ...続きを読む

Qもしも北極に大陸があったらどうなっていた?

ふと友人と話していて気になったので質問させて頂きます。

昔の地球では大陸が一つであり、それが長い年月をかけて分断され現在の地球のようになったと言われています。
もしこのとき、大陸が現在の北極のある場所に移動していたと仮定した場合、現在の地球はどうなっていたでしょうか?
(実際プレートなどの関係上その方向に行くことはないだろう、などの論点はなしの方向で、あくまで『もしも』の話です)

北極に移動した大陸はどうなったのか?
地球全体の気温に変化はあるのか?
水位などはどうなっていたか?

そういった観点から意見をくださると嬉しいです。

ただどのように大陸が分断されたのかはこの段階で仮定していませんので、生態系などに関してはスルーする方向でお願いします。

Aベストアンサー

太古、赤道付近にパンゲア大陸があり、海洋上を東から流れてきた暖流が大陸の東海岸にぶつかって両極方向に流れて
地球全体に熱が伝達され、温暖な気候であったそうです。
これが逆であったらどうなると言うお話なのかな?
結構有名なお話なので書物やNETをあされば似たようなお話は出てくると思います。
私も、何度か聞いたことがあります。

簡単に説明すると、
パンゲアが分割され、極地に大陸が集まった場合。
赤道の暖流の流れをさえぎるものが無いわけですから、熱が極地に流れることも無いわけで、極地と赤道付近の温度の差が大きくなります。
このことから、赤道付近から極地にかけての水蒸気により水の移動が起こり、水は極地に氷の状態で集まると言われています。
これにより、海の水位は大きく下がるでしょう。
また、極地の氷が多くなると、宇宙に放出される熱の量も多くなります。
よって、地球全体の気温も下がるでしょね。

Q水道水中の硝酸塩

日本の水道水中には最大で何mg/lの硝酸塩が含まれているのですか?

Aベストアンサー

水道法による飲料水に関する「水質基準」では硝酸性窒素及び亜硝酸性窒素の合計で10mg/Lという基準が設けられています。従ってこの数値を上回るような水道水は供給されることはないものと思います。
通常水道水源に使用される源水に亜硝酸性窒素が含まれることは考えられないため、(合計)のほとんどが硝酸性窒素だと思います。水道水源が山間部のダムから供給されている地域では1mg/Lを越えることは稀です。大河川の下流部を水源にしている(例えば大阪市)地域は上流部からの汚水の影響で高くはなりますが、硝酸性窒素で(硝酸イオンではありません)最大でも5mg/L程度だと思います。
硝酸イオンは陰イオンのため、土壌に保持されることは無いため(アンモニウムイオンは土壌有機物などで保持される)、硝酸性窒素による地下水汚染が問題になっています。畑作が盛んな地域では肥料として施された窒素が流亡し地下水中の窒素の合計で50mg/Lとなっている地域が各地で見られます。このような地域で井戸を使用しているところ(公共水道ではなく個人所有)では濃度が高い水を利用している方も居ると思います。

水道法による飲料水に関する「水質基準」では硝酸性窒素及び亜硝酸性窒素の合計で10mg/Lという基準が設けられています。従ってこの数値を上回るような水道水は供給されることはないものと思います。
通常水道水源に使用される源水に亜硝酸性窒素が含まれることは考えられないため、(合計)のほとんどが硝酸性窒素だと思います。水道水源が山間部のダムから供給されている地域では1mg/Lを越えることは稀です。大河川の下流部を水源にしている(例えば大阪市)地域は上流部からの汚水の影響で高くはなります...続きを読む

Q水道水中のカルシウムを測定したいと思っています。

水道水中のカルシウムを測定したいと思っています。
比色法であるOCPC法で測定しようと思っているのですが、
OCPC法の検出限界はどのぐらいの濃度なのでしょうか?
ちなみに、使うセルの光路長さは1cmです。

Aベストアンサー

試薬を使って既知濃度の溶液を作成し、
検量線を描いてみればいかがでしょうか?

Q環境破壊

今砂漠化や温暖化など環境問題が言われてますが、
今環境問題は砂漠化や温暖化の他にどんな問題があるのでしょうか?

Aベストアンサー

そうですね!沢山あると思います!ってゆーか沢山あります(>_<)
ゴミ処理問題もかなり問題を抱ているはずだと思います!
海などにゴミや釣り針、さらに網など様々なゴミ類が海を汚染し、
海中に危害を加えています!!(>_<)
海に住む生き物たちは、何万年も前から海中に浮いている魚類や海草などを食べているます。
そこにゴミがあっても、食べてしまって、
肝心のエサ(本来食べる魚などの食事)ができず、
胃のなかがゴミでいっぱいになり、栄養失調で死んでいくそうです。

いずれにしても、ゴミは30年ほど前から
日本は急激に増えて行き、処理しきれない状態にあると思います。


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報