独立性が大事にされる公認会計士がコンサルタント業務(MAS業務)を
行う事によって独立性がそこなわれる事はないのでしょうか?

昔にアメリカでそのような問題が提起された事があるそうですが、
日本ではどのように見られているのでしょう。

どなたか、教えてください、お願いします!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

 日本では、まだ「少なくとも監査証明業務と非監査業務との間に人事及び組織上の隔離措置(ファイアウォール)を設け、更には監査業務に影響を及ぼすコンサルティング業務を回避する等の一定の措置を講ずることを検討する必要」があると認識している段階です。



参考URL:http://www1.ocn.ne.jp/~yamatyo/kaikaku.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

参考URLがとても参考になりました!
どうもありがとうございました。
具体的にどのような措置がとられていくのか、きになるところですね。

お礼日時:2001/05/24 12:26

私が勤めたことのある(コンサルタント部門)会計士事務所では、


・法人が別
・スタッフも別
・情報交流もなし
・顧客開拓も別
ということで、人材・情報の交流はまったくありませんでした。

だいたい会計士とコンサルタントの仕事は能力が違っていて、二股かけることはほとんど不可能です。

ただこれから有望なIT戦略コンサルとなると、話しは別ですが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど。実体験をはなしてくださって、どうもありがとうございました!

お礼日時:2001/05/24 12:24

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング