はじめての親子ハイキングに挑戦!! >>

アメリカに5-7年くらい留学に行く予定なのですが、その間、日本円の貯金を運用したいと考えています。1500万くらいあるので、そのうち半分くらいは投資信託して、残りを定期預金など、リスクがないもので運用しようと思っています。
そこで、定期預金を探しているのですが、今はどこも金利がよくなく、東京スターの右上がり定期は金利がいいかと思ったのですが、仕組み預金でこれから金利が上がると考えるとよくないみたいで、結局どれにしよう、と迷っています。
そこで質問ですが、留学中は口座を開くことができないので、今のうちに主要な銀行の口座を作り、必要に応じてネットで定期を開ける状態にして、こまめに振替をしていけるように準備しておくのがいい野でしょうか?あと、国債もいいかと思うのですが、日本国債も信用が…という話も聞き、どうだろうというのもあります。
定期、投信に限らず、ほかにいいアイディアがあれば教えていただけますと、ありがたいです。
どうぞよろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

1500万円全く使う予定がないのであれば、


HSBC銀行のプレミア口座をとりあえず開いていくというのは
いかがでしょうか。最低預け入れ金額が1000万円です。
この口座を作っておけばアメリカにあるHSBC銀行の
口座を開くこともできるようになります。預けたお金は
投信でも仕組み預金でもHSBC銀行内でなら運用可能です。

仕組み預金は基本外貨預金なので今後円がひたすら下がっていくと
思われるなら、投信よりは安全な運用だと思います。
ただし豪ドルNZドルは結構上がってしまっているので、
リスクありと思いますが。
    • good
    • 0

海外へ行くと日本では非居住者なので、証券口座は維持が難しいかもしれません。

国内に連絡先があるのかどうか、代理出来る人がいるのかどうか、ちょっと気になります。黙っていればいいじゃないかというのも当然ありますけど、、、、。

考え方が逆だと思うのです。日本を離れるので、帰国まで資産は保全したいというふうにはお考えにならないのでしょうか。信託銀行あたりに信託して資産の保全を図ったらどうなのだろうかと思います。

そういう意味で、維持するのに手数がかかる投資信託はお勧めしません。銀行の1年定期預金で元利自動継続にしておけばほったらかしでも安心です。

どうしても運用したいなら回答にはなっておりません。
    • good
    • 1

運用とすると日本の世界のGDPは1割ありませんので150万円となります。


10年個人国債は元本保証で長期金利に連動するからインフレに強いです。
ファンドよりETFが有利です。
SBI証券がおすすめです。
前はEトレでアメリカの会社が日本語に翻訳したものです。
ETFですかVTを基本に考えてください。
取れるリスクですが100歳ー自分の年齢が基本です。
何をリスクと感じるかは人それぞれです。
アメリカ、ユーロ、日本の国債、債権は避けたほうがいいです。
*超バブルです
あとは、アメリカにいって世界を見てきてください。
投資の考え方が変わりますから。
    • good
    • 0

国債はやめておいたほうがいいですね。



元本保障にこだわるなら中国銀行とかが無難かもしれないです。
    • good
    • 3

アメリカなので「ドル」での投資はダメなの?


日本は低金利なので利回りでないよ。
下手したら「含み損」なるかも・・・
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q海外に滞在していることが多い人の投資信託

数日かけて投資信託カテゴリーの質問回答を全部読んでみました。大変勉強になりましたが、私の疑問に対する答はなかったようなので、アドバイスをお願いします。
まず私たち夫婦の生活パターンとしては、以下の条件で海外に2~3年滞在+日本に半年程度滞在、を繰り返しています。
・日本にて配属先を持って(本邦給あり)海外で仕事をする(その間、住民票は除票)
・年に一度休暇一時帰国(一ヶ月程)可能
・一つの契約(2~3年)が終わると、帰国し半年程日本に滞在(住民票戻、離職(失業)状態)、次の仕事の準備、再度海外に出発

先日、日本滞在時に、Eトレードやある投資信託会社より、海外在住者とは取引できません、と言われました。
株などで頻繁に取引する場合は、税金の関係上海外在住者は不適切かもしれませんが、長期(15年超で分配金等不要)の資産運用を考えた場合でも、上記のような生活パターンが問題になるのでしょうか?
法律違反はしたくありませんが、夫の職業上退職金もないことですし、何とか資産運用を始めたいと思っております。

ちなみに、私(嫁35歳)と夫(39歳)の運用資産(20年以上必要でない余裕資金)としては、800万円。3年に一度くらい見直し、増額を希望。
今までの感触では
さわかみファンド 300万円
野村世界6資産分散投信(成長コース) 300万円
ステートストリート外株インデックス 200万円
というPフォリオを考えていますが、国債(日本)を多少加えてもいいかな、とも思っています。
また、もし上記のような生活パターンで401K(個人型)が適用可能であれば、是非利用してみたいです。

とにもかくにも現時点では、海外にいて手をこまねいている状況で勉強するしかない、といったところです(今!はじめたいのですが・・・)。

要領を得ない質問になっていましたら申しわけありません。必要な情報がありましたら是非お知らせください。

数日かけて投資信託カテゴリーの質問回答を全部読んでみました。大変勉強になりましたが、私の疑問に対する答はなかったようなので、アドバイスをお願いします。
まず私たち夫婦の生活パターンとしては、以下の条件で海外に2~3年滞在+日本に半年程度滞在、を繰り返しています。
・日本にて配属先を持って(本邦給あり)海外で仕事をする(その間、住民票は除票)
・年に一度休暇一時帰国(一ヶ月程)可能
・一つの契約(2~3年)が終わると、帰国し半年程日本に滞在(住民票戻、離職(失業)状態)、次の仕事...続きを読む

Aベストアンサー

海外からの日本のオンライン証券会社の取引については以下にQ&Aがありますので(株式ですが)ご参照下さい。
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=1321544

さわかみファンド1種類でも始められるところから、おはじめになればよろしいかと思います。過剰な比率でなければ、ポートフォリオ構成上も問題はないと思います。後に算段ができた段階で他の資産クラスへの投資をお考えになればよろしいかと思います。

海外口座の件ですが、ひとつの選択肢として心に留めておかれると良いと思います。というのは、日本の投資信託は手数料や商品構成の点で、米国のEFFに劣ります。米国のETFは低手数料で全世界の資産クラスに投資できるので実に有用ですよ。

HSBCはどちらかというと富裕層向けのサービスに力を入れており、少額投資に向かないという点や、銀行自体の信用力は高くとも、全体として投資コストが高くつくという問題点があります。

以上の観点から私は複数の米国の証券会社で、ETFなどの取り引きを行っています。口座開設は、全てオンラインで可能で、居住地の制限がない会社が多いですから、赴任地からネットで口座開設されれば良いと思います。問題は米国への送金コスト(為替手数料を含む)でしょうか。米国に銀行口座があると小切手やACHでやりとりができるので便利なのですが、、、。

TDAmeritrade (日本居住者は新規開設不可らしい)
http://www.tdameritrade.com/

E*trade
www.etrade.com

などがあります。

海外からの日本のオンライン証券会社の取引については以下にQ&Aがありますので(株式ですが)ご参照下さい。
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=1321544

さわかみファンド1種類でも始められるところから、おはじめになればよろしいかと思います。過剰な比率でなければ、ポートフォリオ構成上も問題はないと思います。後に算段ができた段階で他の資産クラスへの投資をお考えになればよろしいかと思います。

海外口座の件ですが、ひとつの選択肢として心に留めておかれると良いと思います。とい...続きを読む

Q海外移住者の銀行口座

最近、発展途上国に海外移住しました。(2年から4年ぐらいの予定)
住民票は抹消して、「非居住者」になっています。

最近、本来銀行は「非居住者の届出」をしなければいけないと知ったのですが、
これをせずに移住してしまいました。
また、届出をした場合、ネットバンキングが使えなくなるとのことで、そもそも
困るという事情もあります。(こちらで実質ボランティアで十分なお金がもらえておらず、
日本の口座のお金を使わないとやっていかれない状態)

銀行口座について「非居住者の届出」を怠って、それがばれた場合、どのような罰則があるのでしょうか?

また、先日相続が発生して私も相続人なのですが、仮に税務調査が入った場合に、
この銀行口座のことがばれる可能性はありますでしょうか??
(税務調査で相続人の銀行口座も調べられると聞いたので・・・。相続の書類上、
すでに「非居住者」になります。)

Aベストアンサー

非居住者が日本に銀行口座を持ち続けていることについての法的な問題は金融庁が関係します。しかしすべてを確認することは難しいでしょう。実際のところ銀行が郵便物を送ったけれど住所不明で戻ってきた、電話をかけたけれど利用されていない、といったことで非居住がわかり口座取引を停止されたといった程度です。
(海外で活動すると日本の銀行口座やクレジットカードが使えないと本当に不便ですから、親族などの住所に変更するのも一つの方法です。本人確認に運転免許を利用できるので、免許センターに本人宛の消印のある郵便物を持参すると住所変更をしてくれます。)

税金に関して法的な管轄は財務省ー税務署です。しかし(わずかの)利息からは源泉徴収されているので金融庁と管轄が違う税務署もそれほどうるさくないと思います。

日本のネットバンキングは、お住まいの国のネット回線が安定していればたいてい利用できます。
ただ銀行によってそれぞれセキュリティ設定があるのでクリアできる必要があります。

あと追加情報ですが、すでに年金の加入必要年数は過ぎているでしょうか。(非居住者になると年金・健康保険は任意になります。)
年金を払わないまま障害を負っても障害者年金を受けられません。また結婚されているなら奥様の寡婦年金受取にも問題が起きます。年金は所得が少ないと減免措置もあるので、以前の住所を管轄する市町村役場で確認することをすすめます。
(医療保険料は、現地の保険が日本の国民健康保険よりたいてい安いと思います。)

非居住者が日本に銀行口座を持ち続けていることについての法的な問題は金融庁が関係します。しかしすべてを確認することは難しいでしょう。実際のところ銀行が郵便物を送ったけれど住所不明で戻ってきた、電話をかけたけれど利用されていない、といったことで非居住がわかり口座取引を停止されたといった程度です。
(海外で活動すると日本の銀行口座やクレジットカードが使えないと本当に不便ですから、親族などの住所に変更するのも一つの方法です。本人確認に運転免許を利用できるので、免許センターに本人宛の...続きを読む

Q海外赴任中の子ども手当について

夫の転勤で、海外へ5年間の予定で、家族とともに引っ越しします。
子どもが3人おります。
この場合、現在もらっている手当はもらえなくなるということでしょうか?
例えば、子どもの住民票を抜かずに、祖父母のもとへ残しておけば、手当はもらえるのでしょうか?
そういうことは違法になりますでしょうか?教えてください。

Aベストアンサー

>現在もらっている手当はもらえなくなるということでしょうか?

その通りですね。
実子でも養子縁組でも「国籍を問わず、親権者が日本国内に滞在している事」が条件です。
そもそも、この手当ては「在日特権を増やす」として民主党が考えた愚策です。
兵庫県尼崎市の在日韓国人が、タイ在住の子供約50人と養子縁組。
「楽して儲けよう」とした事件がありましたよね。
尼崎市は、申請を常識的に拒否しました。
反日組織である○団は、「約束が違う!」と猛抗議を民主党に行なっていました。
(抗議の数日後、この団体の公式HP上の抗議文が消えました)
どんな約束・密約が、存在していたのでしようかね?

>子どもの住民票を抜かずに、祖父母のもとへ残しておけば、手当はもらえるのでしょうか?

残念ですが、不可能です。
事故・病気で、両親が居ない日本国籍の子供でも受給資格がありません。
あくまで「子供がいる両親に、税金をばら撒く」のが目的です。
不幸にして、両親が居ないくて祖父母が育てていても受給対象外です。
支給すれば、ポンコツ民主党が考えている政策の趣旨に反します。
現実的に、両親が居ない養護施設入所の子供には1円の手当ても受給不可能なんです。
この現実でも、子供手当て(与野党協議で廃止が決まったので、確か新たな名前で復活しますよね)の目的が理解できると思います。
日本国籍の子供に支給する為の、税金ばら撒き政策ではありません。

>そういうことは違法になりますでしょうか?

違法にはなりません。
私の後輩も、両親だけ海外に転勤。教育上の問題で、子供を祖父母に預けています。
が、法的には何ら問題がありません。
ただ、産業空洞化政策(企業の海外脱出政策)と並ぶ民主党政権で成功しつつある子供(の為の)手当ては1円も受給していません。
可能とすれば、世界中の多国籍の子供を持つ親にばら撒く必要が発生します。
日本の国家予算では、足りません。^^;
こうなると、民主党の事ですから「消費税率120%」を目指すでしようね。

>現在もらっている手当はもらえなくなるということでしょうか?

その通りですね。
実子でも養子縁組でも「国籍を問わず、親権者が日本国内に滞在している事」が条件です。
そもそも、この手当ては「在日特権を増やす」として民主党が考えた愚策です。
兵庫県尼崎市の在日韓国人が、タイ在住の子供約50人と養子縁組。
「楽して儲けよう」とした事件がありましたよね。
尼崎市は、申請を常識的に拒否しました。
反日組織である○団は、「約束が違う!」と猛抗議を民主党に行なっていました。
(抗議の数日後、こ...続きを読む

Q海外駐在経験者の方へ!給与振り分けについて(現地・日本)

夫がバンコク駐在しております。(私も帯同、子供なしです)
うちの会社は給与が全て「現地通貨支給」で、日本の口座への振り込みは出来ないことになっています。。

そこで、海外赴任をしていらっしゃる方々に質問です。
かなり「お金」の話なので恐縮なのですが・・・全てじゃなくても、回答可能な範囲で結構ですので、教えてください。


1、給与としてもらっている額の、振り込み割合を教えてください。
【例】
6割・・・日本口座への振り込み
4割・・・現地生活費  など


2、貯金は毎月どのぐらいしていますか?(金額ではなく割合でも結構です)

3、独身ですか?既婚ですか?(単身赴任ですか?)

4、駐在してらっしゃる国



我が家は、全ての給料が現地支給なので貯金がうまくできるか心配です。
想像以上に接待や、お付き合いゴルフなどの回数が多く(自費)、確かに日本国内で働いていた時よりも収入は増えるものの、出ていく分も遥かに多いです。
せっかくの海外生活なので、あまりケチケチして生活したくもないのですが、できれば日本に帰るときのことも考えてある程度堅実に貯金もしたいのです。

よろしければ、海外駐在の経験のある方なんでも結構ですのでアドバイス頂けると嬉しいです。
よろしくお願い致します。

夫がバンコク駐在しております。(私も帯同、子供なしです)
うちの会社は給与が全て「現地通貨支給」で、日本の口座への振り込みは出来ないことになっています。。

そこで、海外赴任をしていらっしゃる方々に質問です。
かなり「お金」の話なので恐縮なのですが・・・全てじゃなくても、回答可能な範囲で結構ですので、教えてください。


1、給与としてもらっている額の、振り込み割合を教えてください。
【例】
6割・・・日本口座への振り込み
4割・・・現地生活費  など


2、貯金は毎月...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。
うろ覚えでごめんなさい。

>1、給与としてもらっている額の、振り込み割合を教えてください。

ごめんなさい。よく覚えていません。
毎月定期的に日本の口座に送金しているみたいでしたが・・。
たぶん日本に送金していたのは3割弱くらいだったような・・・。
(ボーナス時はおそらく全額に送金していたかも)。
この送金先の銀行は、日本の会社も口座を管理していて、
住民税などの税金とかの支払い時には、ここから会社が
引き落とすようにされていたと思うので・・・。
送金したお金=全額貯金ではありませんでした。

>2、貯金は毎月どのぐらいしていますか?(金額ではなく割合でも結構です)

ごめんなさい。これも不明です。
ボーナスのお金を貯金+日本へ毎月送金したお金を
貯金・・・したかったのですが、
カードで使ったお金や、日本で契約している生保の
お金を引き落としていたので・・・。
日本へ一時帰国した時に使うお金も、ここから使って
ましたし・・・。
夫がお金を管理していて、シ○ィバンクや、海外から
送金している口座、カードの引き落としされる口座などで
お金をいろいろインターネットで動かしていたように
思います。

>3、独身ですか?既婚ですか?(単身赴任ですか?)

既婚で家族帯同でした。

>4、駐在してらっしゃる国

タイのバンコクと、他の国に住んでいた事があります。

>我が家は、全ての給料が現地支給なので貯金がうまくできるか心配です。

うちの会社もそうでした。
日本の口座に給料を直接振り込むのは、会社側が脱税したと
税務署に指摘される??・・・と聞いていました。

バンコクだと現地の生活費は安い反面、日本の食材を
食べたくなって買ってしまったり、外食費が安いから
外食する頻度が高くなったり・・・。
暑いからと一日冷房を入れていて、光熱費が信じられない
ほど高くなってしまう事もありました。
体系、デザイン的にタイの物は厳しかったので、日本で
洋服も大量購入してました。
日本に毎年一時帰国してましたし。帰国時には
大金を使ってました。
(日本への一時帰国、数年に一度、会社から
補助が出ていましたが・・。出ない年でも帰国して
いました)。
ソンクランなどの時には旅行に行って、お金を使って
ました。
今思うと派手な生活でしたね。
(当時は「うちは地味」と思ってましたけど)。
もっといろんなところで我慢ができたはずだと
思います。

日本に家を残している方や、貯金を意識されている
方と、そうでない方ではお金の使い方が違ったかも
しれません。

私も帰国後、夢から覚めてみると
「よく分かんない」ではなく、ちゃんと
堅実に貯めておけば良かったなぁと思います。
その一方で・・・。自分のカルチャースクール通いや
習い事(子供のも)、ランチ、旅行などはないと生きて
いけないと思ってましたので、現地で使うお金も、
あれ以上は減らせないと思ってました。

貯金は・・・。やはり「自分の意思」でするしか
ないですね。余った分を貯金ではなく、
「これだけ貯めたいから、海外では質素に」と
目標金額を意識しないと難しいように思います。
うちは無理でしたが・・「ほどほどに」頑張って
貯金してくださいね。

こんにちは。
うろ覚えでごめんなさい。

>1、給与としてもらっている額の、振り込み割合を教えてください。

ごめんなさい。よく覚えていません。
毎月定期的に日本の口座に送金しているみたいでしたが・・。
たぶん日本に送金していたのは3割弱くらいだったような・・・。
(ボーナス時はおそらく全額に送金していたかも)。
この送金先の銀行は、日本の会社も口座を管理していて、
住民税などの税金とかの支払い時には、ここから会社が
引き落とすようにされていたと思うので・・・。
送金した...続きを読む

Q海外在住ですが、ANAマイレージ使い道について

現在、仕事の関係でイギリス在住のものです。
日本へは年に5~6回程とヨーロッパ諸国への出張が年間数10回あるので、マイレージはかなりの勢いで溜まります。
現在はブロンズクラスで、来年はプラチナになるという事です。

そこでマイルの使い道について質問します。

こちらでチケットを予約する際は、当然イギリス⇔日本の往復になるわけですが、日本在住時はよく溜まったマイルをEクーポンに交換し、日本のANAのサイトから日本発の往復航空券をEクーポンで購入していました。

ところが、海外に移住後、予約の際は現地のウエブサイトから(海外が発着の場合は日本のウエブでログインしても自動的にそうなる)になり、Eクーポン利用は「日本発着便に限る」という規定によりその道は絶たれてしまいました。

また、近日帰国する際、マイルでアップグレードを使用と思っていたのですが、ANAイギリスのサイトからだと、マイルによるアップグレードも出来ません。

そこではたと思ったのですが、海外在住者にとってANAマイレージは何かメリットはあるのでしょうか?

今のところ、あまり欲しくない景品に交換するか、Edyに交換するか(と言っても海外では使えませんが・・・)日本帰国中に国内旅行でもするか 位しか思い浮かばないのです。


その上、Eクーポンは従来の「ご利用券」と違い、ショッピングなどほかの使い道もなく、チケットも海外発着なので購入できず・・・今月末で期限が来てしまう15万円相当のEクーポンは諦める以外に道はなさそうです。

どなたか有効な使い道等をご存知の方がおられましたらお教えいただくと助かります。

またANA以外でもっと使える!という情報をご存知でしたら是非お教えください。

あまりにも使えないようであれば乗り換えも検討中です。

どうぞ宜しくお願い致します。

現在、仕事の関係でイギリス在住のものです。
日本へは年に5~6回程とヨーロッパ諸国への出張が年間数10回あるので、マイレージはかなりの勢いで溜まります。
現在はブロンズクラスで、来年はプラチナになるという事です。

そこでマイルの使い道について質問します。

こちらでチケットを予約する際は、当然イギリス⇔日本の往復になるわけですが、日本在住時はよく溜まったマイルをEクーポンに交換し、日本のANAのサイトから日本発の往復航空券をEクーポンで購入していました。

ところが、海外に移住後、予約...続きを読む

Aベストアンサー

ご質問を読み返してみると、既に今月末で期限を迎えるEクーポンをどうするかということと、溜まったANAのマイルをどう使うかという事かと理解しました。

まずEクーポンですが、これは、円建てなので、結果的に日本のANA国内線、日本発のANA国際線、日本発のANAの旅行商品という事に限定されると思います。Eクーポンとは別の話ですが、航空券は、出発する国の通貨で発行する事が決まりなので、結果的にイギリス発(日本発以外)の航空券には利用できないことになります。ですから、例えば沖縄経由石垣など日本の国内線の航空券を購入されるとか、日本発の国際線を購入されれば、円建てですので利用できるかと思います。ただし、8月末迄に発券してしまわないと無効になってしまいますね。国内線の航空券は90日間有効、国際線は普通運賃なら一年間有効で旅行開始後1年間有効ですが、15万で買える普通運賃はかなり近場(多分韓国くらい)になりますね。これは、多分その為に日本にいらっしゃらなくてもANAの予約センターで発券してもらえると思います。イギリス予約センターではひょっとすると、国内線だけは扱えないかもしれないですが、その場合は東京予約センターなら対応可能かと思います。

二番目のANAのマイルから直接の使い方ですが、イギリスからでも、結構使えると思いますよ。提携航空会社特典というところをご覧になると書いてありますが、もちろん単一の会社で往復のみならず、複数の航空会社の組み合わせも可能で、その場合トータル何マイルかという計算になります。途中降機(24時間以上の滞在)は欧州内は二回までとか、いくつかの条件はありますが、乗り換え(24時間以内に乗り継ぐこと)はかなり自由にできるので、直行便に限らなければ、いろいろなところに行けると思います。単純に行って帰る旅程でなくても大丈夫です。特にスターアライアンスのハブ(フランクフルト、ミュンヘン、ミラノ、ウィーン、チューリッヒ、ザグレブ等々)に一旦行くと、その先につながるところはかなり多いです。全く個人の趣味ですが、クロアチアのドゥブロブニク、スプリットなどは、英語で事足りますし、ユーロ圏に比べて物価は安いし治安も良いし良いですよ。この複数の航空会社を組み合わせて自由に旅程を組み立て、トータルでのマイル数で計算するというのは非常に便利です。これはお勧めです。

今後ですが、今後日本に住まわれることが無く、今後ずっとイギリスにお住まいなら、イギリスの会社などに乗り換えられても良いかもしれませんが、日本に戻られるようなら続けられても良いかもしれません。特にプラチナになられたのなら、スーパーフライヤーズカードに入会されれば、カードを所持して居られる限りは、スターゴールドのステータスが続きます。英国在住の方がスーパーフライヤーズカードをどのように取得できるか(或いは否か)は詳しく存じておりませんのでANAにお尋ねになってはいかがでしょうか?この為に、週末ごとなどに(用は無いのに)ANAの便に乗ってプラチナを取得しスーパーフライヤーズカードを作る方もいらっしゃるようですよ。

ご質問を読み返してみると、既に今月末で期限を迎えるEクーポンをどうするかということと、溜まったANAのマイルをどう使うかという事かと理解しました。

まずEクーポンですが、これは、円建てなので、結果的に日本のANA国内線、日本発のANA国際線、日本発のANAの旅行商品という事に限定されると思います。Eクーポンとは別の話ですが、航空券は、出発する国の通貨で発行する事が決まりなので、結果的にイギリス発(日本発以外)の航空券には利用できないことになります。ですから、例えば沖縄経由石垣など日...続きを読む

Q海外駐在でもインターネット取引ができますか?

インターネットでの株式売買をはじめようと思っていたら、海外駐在の辞令が出てしまいました。 税金の問題とかありますが、インターネット取引はできないのでしょうか? いい方法があれば教えてください。 よろしくお願いします。

Aベストアンサー

#2です。

>ありがとうございます。
>駐在で行く前に口座を開設すればいいのでしょうか

ご紹介したHPでは、”グレーゾーン”という表現をしています。実際、証券会社は、口座開設時には住所確認をしますが、それ以降は取引報告書などの郵便物が顧客に郵送されていれば問題がないわけで、改めて住所をチェックするわけではありません。大手証券は電話連絡を重視する傾向にありますが、ネット専業ではほとんど電話を使いません。

売買にともなう税金関係が、最も問題ですが、これも#1さんがおっしゃるように、特定口座の源泉ありにしておけば、源泉徴収によって基本的に課税関係が終了しますので証券会社にとって困ることはないのではないでしょうか。

以上から、1)オンライン専業証券会社に源泉ありの特定口座を開設する。2)申し込み時の住所宛て郵便物(配当金、取引報告書、契約変更)を誰かが受け取れる状態を維持すれば問題は生じないのでは、と思います。

2)ができないと証券会社が困るでしょうね。後は個々の証券会社の対応如何になります。

海外からのネット接続はたいてい大丈夫だと思います。

以上「グレー」な話でした。

アメリカの証券会社では日本株のADRが取引できますよ。

#2です。

>ありがとうございます。
>駐在で行く前に口座を開設すればいいのでしょうか

ご紹介したHPでは、”グレーゾーン”という表現をしています。実際、証券会社は、口座開設時には住所確認をしますが、それ以降は取引報告書などの郵便物が顧客に郵送されていれば問題がないわけで、改めて住所をチェックするわけではありません。大手証券は電話連絡を重視する傾向にありますが、ネット専業ではほとんど電話を使いません。

売買にともなう税金関係が、最も問題ですが、これも#1さんがおっしゃ...続きを読む

Q海外赴任の奥様、仕事はしていますか?

現在お付き合いしている人と結婚する予定なんですが、彼は将来海外主要国に赴任する可能性があります。その場合私も一緒に行くつもりなのですが、英語は中級程度(まだ勉強中)、日本での仕事は一般事務くらいで特に特技はありません。(ちなみに現在27歳で、海外赴任するとしたら30歳以降になると思います)
私も現地で何かしら仕事ができればと思うのですが、現状ではレストランかカフェ、日本人相手の旅行代理店の受付くらいかなと思います。あとネイルにも興味があるので、今から勉強して現地のサロンでアルバイトできたらいいなとも思います(まだ調べていないので本当に現地でやれるか分かりませんが)。

旦那さんの海外赴任に一緒に行かれた奥様は、どこでどのような生活をしていますか?一番困ったことは何ですか?お仕事はされていますか?そのお仕事はどのようなものでしょうか?
質問ばかりで申し訳ありませんが、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。

駐在妻経験者です。

他の方もおしゃる通り就職は困難でしょうね。

私は買い物に大変便利な、その国では今話題のスポットに有るサービスアパートメント(と言っても日本ではとうてい住めなさそうな家賃の豪華マンション)に住まわせていただきました。何が便利って隣がショッピングモールで地下に食料品売り場が有る事でした。日本食が欲しい場合はタクシーで買出しに出ていました。どこに行くのもタクシー。日本では自分で運転していたので大変優雅でした。お仕事はしていませんでしたよ。

エステやマッサッジー、アパートメントが主宰する生花教室、記念写真を撮りに行ったり、アパートメント中庭の空中庭園のプールで泳いだり(ビルとビルの谷間に有るので外からは見えない)階下に有るジムで鍛えたり、リラックスルームでのんびりしたり、近所の奥様とお茶したり、日本からのお客様をアテンドしたり(借りた家はゲストルームにお客様専用バスルーム付き!)休日は主人と旅行したり、食べ歩きしたり、ゴルフしたり、DVD見たりしてました。後は長期のお休みは日本からはなかなか行かない場所に旅行したりもしました。旅先で出会った駐在組の方は皆さん結構旅行してますね。日本から行くよりも安いからだそうです。駐在中は豪華旅行のチャンスかもしれません。週三回6時間語学のレッスンにも通っていました。私は3ヶ月に一度は帰国したり旅行したりしているので、結構飽きなかったですね。

途方に暮れるほど困る事は有りませんでした。ただ派遣された国が大変いいかげんな国で、これだけ立派なアパートメントでこれだけ高価なのに、腹立つほど欠陥が多くて、スタッフとの苦情対決が面倒でした。怪しげな英語と現地語をくしするので疲れました。買出しの時の荷物が重いのも大変でした。自家用車のありがたみを改めて知らされました。タクシーを捕まえるのも競争でした。でもだんだんコツが分かってきて誰よりも早く捕まえる事が生きがいになってきました(暇な駐在妻ですね)現地人のタクシーさんとお話出来た時は嬉しかったですね。都合が悪い時は言葉が分からない不利してました(笑)

まあだいたいこんな日常です。国によって事情は変わりますが、慣れてしまえば楽しいものです。総じて良い経験でしたよ。私自体やわな精神力を鍛えられましたし体力も付きました。なによりも言葉は違えど皆同じ人間で有る事、そして日本の良さも見直す事が出来ました。海外に行かれたらその状況を楽しむしか有りません。一度マイナスな気持ちになるとそれにずっと引かれる恐れが有りますね。

本音はほとんどの人が生まれ育った環境が一番生活し易いのは当たり前なので、やっぱりどうしても不便さを感じてしまうかもしれません。これは仕方ない事なのであまり構えすぎないで、とにかくそこでしか出来ない事を楽しんでみましょう。

こんにちは。

駐在妻経験者です。

他の方もおしゃる通り就職は困難でしょうね。

私は買い物に大変便利な、その国では今話題のスポットに有るサービスアパートメント(と言っても日本ではとうてい住めなさそうな家賃の豪華マンション)に住まわせていただきました。何が便利って隣がショッピングモールで地下に食料品売り場が有る事でした。日本食が欲しい場合はタクシーで買出しに出ていました。どこに行くのもタクシー。日本では自分で運転していたので大変優雅でした。お仕事はしていませんでしたよ。
...続きを読む

Q海外赴任の際の日本の銀行口座とクレジットカード

海外赴任の際の日本の銀行口座とクレジットカード
海外赴任が決まり、数年間国外に住むことになったのですが、日本の銀行口座や
クレジットカードが使えるかが心配です。ネットバンクですと日本に住んでいることが
利用の条件となっていますが、都市銀行の場合どうなのでしょう?
もしダメだとしても口座を閉めないまま海外で生活をしても問題ないのでしょうか?
海外赴任の方や経験者の方のアドバイスを頂けると助かります。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>ネットバンクですと日本に住んでいることが利用の条件となっています
これはもう法規制が現実に追いついていないだけのことですので気に
することはありません。ただ大人の約束事として銀行には日本の住所を
届けておく必要があります。自宅を処分されてしまうのであればご実家や
ご兄弟に頼んで連絡先になってもらって口座を維持してください。
都銀でも事情は同じです。給与の振込み先、クレジットカードの引き落とし先
として日本国内の口座は残していかなければならないのです。
クレジットカードはVISAやMASTERが付帯しているカードであれば海外でも
そのまま使えます。ただし不正利用された時の対応が遅くなるので
赴任先国の銀行口座をお作りになり、他の方も言われているように
赴任先国のクレジットカードを作るほうがいいと思います。

Q海外駐在中に貯蓄した米ドルの日本での運用について

 二カ国で足掛け10年弱の駐在生活をし、約13万ドルほどのキャッシュがHSBCベトナム支店の口座に溜まってしまいました。現在ベトナムのHSBCプレミア口座を持っております。ようやく帰任がきまり、久しぶりに日本の住民票を復活することになります。
 HSBCがまだ日本にあればプレミア口座特典のHome and awayプログラムで一発解消なのですが、HSBCが日本から撤退した今となっては、どうしようもありません。
 そこで出国前に作った神戸の東京三菱銀行に支店の外貨預金担当(USDとAUS$の預金口座を保有)の方に確認したところ、海外から入金した外貨は日本国内での他行向け外貨建ての再送金は現在受けつけていないとのこと。それは円転か外貨海外送金以外はできないということですか?と聞くとYESとのことでした(私の聞き方が悪かった可能性もありますが)
 となると、HSBCの次に外貨の使い勝手のいい銀行ということで、シティ銀行で運用&US$でkeepして出張時に現地通貨でおろす位しか手がないかなと思っております。
 今考えている作戦は、こちらのシティバンクハノイ支店で口座を開きCiti Gold資格をとり、帰国後にCitiのマルチマネー口座を開きオフショア送金ぐらいしか思いつきません。
SONY銀行とSBI信託の2行は評価は高いようですが、外貨での直接引出しは不可(2通貨決済クレカのみOK)のようですので対象から外しております。
皆様のお知恵をお借りしたい次第です。何卒宜しくお願いいたします。

 二カ国で足掛け10年弱の駐在生活をし、約13万ドルほどのキャッシュがHSBCベトナム支店の口座に溜まってしまいました。現在ベトナムのHSBCプレミア口座を持っております。ようやく帰任がきまり、久しぶりに日本の住民票を復活することになります。
 HSBCがまだ日本にあればプレミア口座特典のHome and awayプログラムで一発解消なのですが、HSBCが日本から撤退した今となっては、どうしようもありません。
 そこで出国前に作った神戸の東京三菱銀行に支店の外貨預金担当(USDとAUS$の預金口座を保有)の方...続きを読む

Aベストアンサー

 そのお金で何がしたいのですか?

1.日本での生活費、あるいは日本円での運用であれば日本円へ交換して国内金融機関へ入金。

2.外貨での運用であれば、日本国内へ持ち込むメリットは全くないのではないでしょうか。日本国内の金融機関での外貨運用は制限が大きい上にコストが高すぎます。
 外貨で運用するのであれば、海外の金融機関で行うほうが便利だと思います。HSBCベトナムがどうかはわかりませんが、確認すべきこととして、

 1.非居住者でも口座の維持が可能か。
 2.その金融機関で投資用口座が開設できるのか。
 3.2が無理であれば、他の金融機関への送金が可能か。
 4.税制の確認。

 海外の金融機関を利用していてもっとも不便を感じるのは送金です。海外からではインターネットでの送金指示ができない場合もあるので、入出金、送金を考えて金融機関を選ぶ必要があるとおもいます。

Q海外から日本の株の売買する場合

自分は現在アメリカに住んでいます。本来はアメリカ在住の場合は日本の証券会社に口座を開くことが出来ませんが、方法はあり、実際にアメリカに住みながらインターネットで日本の証券会社経由で日本の株の売買を行っている人がいます。そこで質問です。自分もこれから日本の証券会社の口座を開き、ネットトレードが出来るようにする予定ですが、その場合は問題は儲けが出た場合の税金です。特別口座制度を使い、特別口座を持ち、源泉徴収まで証券会社にお願いすることが出来るようですが、自分はアメリカ在住ですので、本来は日本に所得税を払う必要はありません。ただ、日本の証券会社からすると、あくまでも自分は日本在住ということになっているようになります。この場合、源泉徴収オプションを選んで、本来必要がない税金を払えば、続けてアメリカでも日本の株の売買が可能でしょうか。いい方法を教えてください。お願い致します。

Aベストアンサー

まず事実誤認があります。日本で上げた収益も課税されます。
また、アメリカでも課税されるため二重課税を避ける精度として
租税条約が結ばれています。
申請することで優遇税率で税金を払う仕組みになっています。

>>方法はあり、実際にアメリカに住みながらインターネット
どの様な方法かわかりませんが、アメリカに居住している以上(外交官を除く)
外国為替管理法の制約を受けます。通常証券会社は非居住者の
個人取引は敬遠します。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング