グッドデザイン賞を受賞したウォーターサーバー >>

NHKで平清盛をみて質問が一つあります。 平清盛や佐藤義清など多くの人が出家していますが、 なぜ多いのですか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

おいらは 変わりました宣言として出家が一般的だったから。



現代であれば、転職するとか、大学に入り直すとか退職するとか、いろいろありましたが、当時は出家以外に方法がなかった。

佐藤義清の場合は、まぁ個人的に家を捨てということです
清盛の場合、息子の重盛の動向を見る必要がある
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B9%B3%E9%87%8D% …
1166 後の高倉天皇の立太子と、重盛の妻が乳母に成る重盛が乳父に
同年12月には東宮大夫
1167年2月権大納言
1167年5月 重盛に対して東山・東海・山陽・南海道の山賊・海賊追討宣旨 そして清盛の太政大臣退任
1168年 清盛出家

平家の棟梁は次、重盛で決まりました宣言となります。
    • good
    • 0

 平安時代は仏教の力が非常に強かった時代なので,貴族達も死ぬまでに出家して功徳を積めば極楽浄土に行けると考えていた人が多かったものと思われます。

中には本当に俗世が嫌になって出家した人もいますが,引退して後継者に家督を譲る際に出家した人も多いです。
 このような傾向は近世くらいまで続いており,戦国大名にも出家した人はかなり多いですね。
 有名どころだと武田信玄,上杉謙信,大友宗麟,島津龍伯(義久),島津惟新(義弘),黒田如水,細川幽斎など。まあ,徳川家康のように長生きしながら最後まで出家しなかった人もいますが。
    • good
    • 0

出家する=世俗を捨てる


って意味があります。
家督争いから逃れるためとか、一族に迷惑をかけない為とか、NO1様がおっしゃるように、息子に代を譲る時とかに出家します。でも、実際、僧侶になって厳しい修行をしたりするわけではないので、、、
清盛の場合、自分の一族を強化する為に、自分以外にも権力を持つ人材を作り出し、より広範囲に影響力を発揮するためと、天皇の外祖父になるために、、、政職に就いていると「第二の藤原氏」を周りから意識され、また敵視され、弊害が生じるのを危惧したからではないでしょうか?
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q出家について

武田信玄とか上杉謙信等は出家した後も
それまでと同じように武将として活躍して
ますが、出家とは俗世間と縁を切る事では
ないのですか?そんな事を寺が許したので
しょうか?

Aベストアンサー

 NO.3さんの>「その人物になりきって、ものを考える」の考え方や、その内容について賛成。権力者は権力を維持するためにはなんだって利用します。
 最近でも、大東亜戦争(太平洋戦争)で大勢のお坊さんが出征されました。そして戦功を挙げた僧侶兵士も存在します。
 「殺生」を禁じている仏教の教えと、どう折り合いをつけるのか僧侶兵士の方は苦しんだと思いますが、「無益な殺生はいかぬが国民を守るためにはやむを得ない」として出征されたのだと思います。そして戦いながら毎日お経を唱え、自分の心を静まらせたのでしょう。
 仏門に入った戦国大名も同じことだと思います。支配者として、領民の庇護者として、領民の生活の安寧を守るため外敵とは戦わざるを得ません。また領土を拡大すれば、ますます領民の生活の安寧化は深まります。戦国大名も「無益な殺生はいかぬが」と整理したんじゃないでしょうか。理屈や折り合いは何としてでもつけられます。
 領内のお寺さんも、治安がよくなれば布教もやりやすくなりますし、仏教界が大名に物言いをつけることはなかったと思います。また実際問題怖くてクレームはつけられんでしょうな。

 NO.3さんの>「その人物になりきって、ものを考える」の考え方や、その内容について賛成。権力者は権力を維持するためにはなんだって利用します。
 最近でも、大東亜戦争(太平洋戦争)で大勢のお坊さんが出征されました。そして戦功を挙げた僧侶兵士も存在します。
 「殺生」を禁じている仏教の教えと、どう折り合いをつけるのか僧侶兵士の方は苦しんだと思いますが、「無益な殺生はいかぬが国民を守るためにはやむを得ない」として出征されたのだと思います。そして戦いながら毎日お経を唱え、自分の...続きを読む


人気Q&Aランキング