万能鑑定師Qシリーズやビブリア古書堂の事件手帖、など、殺人事件を伴わない(人が死なない)ミステリ系路線のものがあれば是非教えて下さい。

あくまでミステリ「系」なので、これぞミステリー!というものでなくてかまいません。ジャンル分けするのに微妙なラインだと思うので。

文庫でもハードカバーでもかまいませんので、オススメがあれば教えて下さい。よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

こんにちは。



>殺人事件を伴わない(人が死なない)ミステリ系路線

他の方も回答していらっしゃるように「日常の謎」系と呼ばれるジャンルのようです。
Wikipediaにも「日常の謎」として載ってますね。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E5%B8%B8% …

上記ページでもかなり多くの作家さんや作品が紹介されていますので参照してみてください。

私のお薦めは
西條奈加さん「無花果の実のなるころに」
米澤穂信さん「さよなら妖精」
愛川晶さん「神田紅梅亭寄席物帳」シリーズ
畠中恵さん「しゃばけ」シリーズ
山本兼一さん「とびきり屋見立て帖」シリーズ
小路幸也さん「東京バンドワゴン」シリーズ
などです。
※畠中さんと山本さんの作品は時代物です。

お気に入りの作品が見つかるといいですね(^^)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます!日常の謎ってジャンルで調べていけば良かったんですね。これで面白い作品に出会えそうです。色々紹介してくださりありがとうございました!

お礼日時:2012/03/21 21:58

tiorangeさん、こんにちは。



下の方が進めている北村薫はわたしもおススメします。是非読まれてください。
これも下の方の勧めている作家
加納朋子 「ななつのこ」「スペース」 駒子と瀬尾さんモノはもっとほんわかしていていい感じです。
もう一人
はやみねかおる 「僕と先輩のマジカルライフ」「少年名探偵 虹北恭助の冒険シリーズ」
たしか殺人事件は起きなかったと…。

意外なところで…
「シャールック・ホームズ」 これ、あまり殺人事件は起きませんよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます!たくさん紹介してくださり今からとてもワクワクしています。少しずつ探しだして読んでみようと思います。ホームズは中学生のころめちゃくちゃ読みました!懐かしいです。
ありがとうございました!

お礼日時:2012/03/21 19:46

坂木司さん『青空の卵』シリーズ


ひきこもり探偵と友人のほのぼのミステリー

大崎梢『配達あかずきん』シリーズ
書店の店員さんが探偵さん(本買いに行けなくなりますよね)

加納朋子さん『月曜日は水玉模様』
日常のちいさなことが実は大事件だったり!!

アイザック・アシモフ『黒後家蜘蛛の会』
内容より登場人物が面白いです。

などいかがでしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます!坂木司作品は「切れない糸」しか読んだことがありませんが、作風がとても好きなので読んでみたいと思います!
ありがとうございました!

お礼日時:2012/03/21 19:43

北村薫は「日常の謎」系の作家として有名です。



「空飛ぶ馬」「夜の蝉」などの円紫さんシリーズは、落語好きの女子大生が主人公。

「街の灯」「鷺と雪」(直木賞受賞)などのベッキーさんシリーズは、昭和初期が舞台。お抱え運転手(ベッキーさん)の送迎で学校に通う女学生が主人公。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます!北村薫…名前だけは知ってましたが、作品を読んだことはありませんでした。日常の謎ですか!探しているジャンルにぴったりですね!読んでみます!
ありがとうございました!

お礼日時:2012/03/21 19:40

ミステリー系という事で、微妙な本を紹介させて頂きます。



三谷幸喜さんの
『古畑任三郎』
です。

古畑任三郎シリーズの中で、1番最初の
『警部補古畑任三郎』のドラマ放送後に
小説化されたものです。
ドラマに登場した西村雅彦さんが演じた今泉刑事は
登場せず、古畑さんが1人で事件を解決します。
ですからドラマ通りだったり、ドラマと違う解決したりします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます!古畑シリーズドラマ好きでした~。今泉さんが出てないのはさびしいですが、探してみたいと思います。ありがとうございました!

お礼日時:2012/03/21 19:37

<学園ミステリ>


相沢沙呼 午前零時のサンドリヨン 東京創元社
http://www.amazon.co.jp/dp/4488024491
<スイーツミステリ>
上田早夕里 ショコラティエの勲章 ハルキ文庫
http://www.amazon.co.jp/dp/4758435294
<書店ミステリ>
大崎梢 配達あかずきん 創元推理文庫
http://www.amazon.co.jp/dp/4488487017
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます!どれも知らない作品です。特に2つ目が気になります。早速探してみます!
ありがとうございました!

お礼日時:2012/03/21 19:34

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q叙述ミステリーとは

叙述ミステリーの定義を教えてください。
「主人公に秘密があるミステリー小説」という解釈でいいのでしょうか?
主人公に秘密がなくても、叙述ミステリーと呼ばれるケースはあるのでしょうか?
なお、具体的な作品名はなるべくあげないで頂けますでしょうか。ネタバレに加担したくありませんから。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

#11です。

少々、補足。
主人公に秘密があるか/否か?は
叙述ミステリーには関係ありません。

通常のミステリー作品においてのトリックは
犯人が探偵や警察に対して仕掛けるといった具合に
作中において完全に完結した形で用いられるます。

一方、叙述トリックというのは
作者が読者に対して、文章構造上のトリックなど
作外において仕掛けるモノを指します。

叙述トリックは、作中の人物の思考・推理とは
基本的に関係のないものですが
意図的に偽の情報を与えるといった行為はしません。
あくまでも与える情報は「事実」のみである事が重要で
後で読みかえすと様々な伏線(=記述上、嘘はないが
誤読を招くように書かれている部分)が仕掛けられていて
騙された!と思うトコロが魅力といってイイでしょう。

以下、蛇足。
叙述トリックは新本格系の作家が好んで使いますが
これは「後期クイーン問題」というのが大きく絡んできます。
後期クイーン問題とは、中期から後期にかけての
エラリー・クイーンの作品の大きな特徴の一つです。
元々推理小説における「探偵」とは
事件を一段上から俯瞰する神のごとき視点を持ち
事件に対して解決を与える存在でした。
しかしクイーンの中期以降の作品では探偵であるはずのクイーン自身が
事件に対して大きな関わりをもってしまいます。
それは、単に事件に巻き込まれる、というレベルではなく
犯人が最初から「探偵エラリー・クイーン」の存在を前提として
トリックを仕掛ける、というものです。
(http://www.ktr.to/Mystery/ellery.htmlより引用)
つまり「探偵は必ずトリックを見破る」という先入観から
「探偵と同じ視点を確保しようとする読者」を騙す
これがいわゆる「後期クイーン問題」と呼ばれるものです。
クイーンはそれまで「読者への挑戦」と題して
読者が探偵と同じ視点を確保できるように努めてきましたから
探偵が騙されると、一緒に読者が騙されてしまう。
このようなミステリーの可能性をより進めようとするモノのひとつが
叙述トリックだと考えてイイと思います。

#11です。

少々、補足。
主人公に秘密があるか/否か?は
叙述ミステリーには関係ありません。

通常のミステリー作品においてのトリックは
犯人が探偵や警察に対して仕掛けるといった具合に
作中において完全に完結した形で用いられるます。

一方、叙述トリックというのは
作者が読者に対して、文章構造上のトリックなど
作外において仕掛けるモノを指します。

叙述トリックは、作中の人物の思考・推理とは
基本的に関係のないものですが
意図的に偽の情報を与えるといった行為はしません。
...続きを読む

Q金田一少年の事件簿・電脳山荘殺人事件

小説版の金田一少年の事件簿の「電脳山荘殺人事件」の中の読者への挑戦状の第五の謎!この先を読み進めるうちに、皆さんの中に浮かんでくるはずのもの。これはなんのことなのでしょう。分かる方教えてください。ず-っと気になってたんです。

Aベストアンサー

じゃぁ書きますが、ネタバレですので覚悟してくださいね
まず、メンバー全員のハンドル、本名、性別の対応表を書きます

僧正=貴志(男)
ぱとりしあ=浅香(女)
スペンサー=飯田(女)
乱歩=辰巳(男)
アガサ=琢磨(女)
ワトソン=泉(男)
シド=吉行(男)

そして、この本名というのは、すべて「苗字」である、というのがポイントです
出題編では、この本名とハンドル以外は一切出てこないので、本名が「苗字」なの
か「名前」なのかを断定することは出来ません(スペンサーは除外)
仰るように、どちらにも取れる(微妙に名前寄りかな?)表現ですから

そして、アガサとワトソンの本名と性別の対応に目を向け、本名が「名前」と思う
と、性別が逆転して見えますよね?
さらに、メンバーの中に女性が2人いる時に、女性的な名前を持つ人が2人いるわけ
で、しかも、ワトソンが「泉」で表現されるときは、女性的な行動を取りますので
、犯人は男性である、とミスリードさせられてしまうわけです
また、僧正の本名「貴志」に最初にルビが振られていないのは、あれを「たかし」
と読み間違えてもらうことによって、ミスリードさせやすくするためでしょう

それなのに、犯人は女性?どういうこと?というのが、第5の謎です

まぁ、補足を見ると、どうもメンバーの本名を「苗字」と読み取ってしまったよう
ですので、そうするとこの謎には引っかからないんですよね(^^;

じゃぁ書きますが、ネタバレですので覚悟してくださいね
まず、メンバー全員のハンドル、本名、性別の対応表を書きます

僧正=貴志(男)
ぱとりしあ=浅香(女)
スペンサー=飯田(女)
乱歩=辰巳(男)
アガサ=琢磨(女)
ワトソン=泉(男)
シド=吉行(男)

そして、この本名というのは、すべて「苗字」である、というのがポイントです
出題編では、この本名とハンドル以外は一切出てこないので、本名が「苗字」なの
か「名前」なのかを断定することは出来ません(スペンサーは除外)
仰るように、どちら...続きを読む

Qミステリー小説で「不朽の名作」と呼ばれている作品

ミステリー小説で「不朽の名作」と呼ばれている作品を教えてください。海外翻訳ものではなく、日本の小説が良いです。

「不朽の名作」の定義ですが、少なくとも1990年以前に書かれたもので、できれば「個人的に面白かった作品」ではなく、一般的に「不朽の名作」と呼ばれている作品が良いです。

回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

■『心理試験』 江戸川乱歩

犯罪がバレるのはつまらない小細工を弄す事がその原因であるという持論から、小細工を徹底的に排除した犯罪計画をたてる男の話。彼は事件に関係のあることでも隠す必要のない事柄に関しては逆にあからさまにしていく。

通常の推理小説で犯人が発覚する要因を犯人自らが自覚し、それを排除する様が印象的で、読者を擬似共犯者の心境にして物語へと引き込んでいく名作。日本の倒叙(とうじょ)ミステリー物の祖だと言われる。

■『獄門島』 横溝正史

瀬戸内海に浮かぶいにしえの流刑地『獄門島』
この島の鬼頭家の家督をめぐり、陰惨な殺人劇が繰り広げられる。

見立て、トリック、犯人の仕掛けと、最高の完成度を誇る名作。
本作を日本ミステリ史上ベスト作品に推す人は多い。

■『ドグラ・マグラ』 夢野久作

「日本探偵小説三大奇書」に数えられている名作で、構想・執筆に10年以上の歳月をかけて完成された。
大正15年頃、九州帝国大学医学部精神病科の独房に閉じ込められた記憶喪失中の若き精神病患者の物語。
その常軌を逸した内容から、「本書を読破した者は、必ず一度は精神に異常を来たす」とも評されている。

■『黒死館殺人事件』 小栗虫太郎

探偵小説の要素をことごとく詰め込んだ傑作で、日本のオカルティズム・衒学趣味小説の代表書といわれる。
内容に含まれる膨大な知識量から「推理小説の一大神殿」とも称される。

■『他殺岬』 笹沢左保

1985年の作品。誘拐物として展開の仕方が秀逸。こんな着地点があり得るのかというほど驚愕の結末に辿り着く。
プロットの完成度が突出した名作。

■『心理試験』 江戸川乱歩

犯罪がバレるのはつまらない小細工を弄す事がその原因であるという持論から、小細工を徹底的に排除した犯罪計画をたてる男の話。彼は事件に関係のあることでも隠す必要のない事柄に関しては逆にあからさまにしていく。

通常の推理小説で犯人が発覚する要因を犯人自らが自覚し、それを排除する様が印象的で、読者を擬似共犯者の心境にして物語へと引き込んでいく名作。日本の倒叙(とうじょ)ミステリー物の祖だと言われる。

■『獄門島』 横溝正史

瀬戸内海に浮かぶいにしえの流刑...続きを読む

Q奇人変人名探偵のミステリ小説

ルックスもいいし頭もいいのに中身は奇人変人、
「黙ってればいいのに…」なノリの、紙一重な感じの探偵が
登場するミステリを探してます。
もう少しハッキリ言うと、榎木津礼二郎(@京極堂)みたいな
突き抜けた探偵の出てくるミステリが読みたいです(笑)。

はてなダイアリーのキーワードの榎木津の説明文がとても
分かりやすかったので載せておきます。
こんなノリの探偵の登場する小説、ご紹介お願いします~!
「眉目秀麗、文武両道、お家柄は華族で金持ち、と非の
打ち所の無い人間だが、人格は破綻しており、事ある毎に
奇声を出したり他人をあだ名で呼ばねば気にくわなかったりと、
非常に変わっている」

御手洗潔、メルカトル鮎は読みました。
条件からはやや外れますが、ST、薬屋探偵、建築探偵、
有栖川有栖、森博嗣も読了済みです。

Aベストアンサー

#1&2です。

2で言ったデスノートは西尾維新のノベライズ版
「アナザーノート ロサンゼルスBB連続殺人事件」
のことでしたが、読みましたか?
JDCは既読とのことですが、西尾維新もJDCトリビュート企画で
「ダブルダウン勘繰郎」を書いています。
こちらも是非。

Qおすすめのミステリー

主人公が高校生くらいから大学生くらいの若い年齢で、面白いミステリー小説を探しています。
上の条件で、おすすめのミステリー小説がありましたら、教えてください!
ちなみにミステリー系で好きな作家は、東野圭吾さん・宮部みゆきさん・有栖川有栖さん・森博嗣さん・赤川次郎さん・高田崇さん・岡嶋二人さん などです。
逆に、読んでみてダメだった(自分の好みじゃなかった)作家は、西尾維新さん・若竹七海さん・富士見ミステリー文庫全般 などです。

Aベストアンサー

・霧舎巧さんの「あかずの扉研究会」シリーズ(大学生)。読み易いし、登場人物に個性があって面白いです。

・神谷学さんの「心霊探偵 八雲」シリーズ(大学生)。これも偶然見つけて買ったらハマリました。絶対オススメです。

・高里椎奈さんの「薬屋探偵」シリーズ。これは見た目16歳くらいの美少年薬屋(実は妖怪)が主人公の物語です。これはちょっとファンタジー入ってますが、ミステリとして充分楽しめると思います。

・二階堂黎人さんの「二階堂蘭子」シリーズ(高校~大学)。名探偵二階堂蘭子が大活躍するシリーズです。これは本格ミステリですかね。結構凝ってます。

どれも読んで損はしないはずですヽ(´・`)ノ ぜひご一読くださいませ。

Q昔読んだミステリ小説を探しています

ぼんやりした記憶しかなく、タイトルが思い出せません。
覚えていることを書きますので、ご存知の方いらっしゃいましたら教えてください。

(1)ページの四隅の4文字が何かの単語になっている。
(2)すべてのページで(1)のようになっている。

手がかりが少なくて申し訳ありませんが、
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

シビアなことをいうと、ネタバレの可能性が高くなるので、具体的な作品名を直接挙げるのは、将来読むかも知れない読者の楽しみを奪いかねませんなあ。
ああいう作品はプロは真似したら二番煎じとバカにされ、素人なら短篇を同人誌で発表するのが関の山で長編に仕立て上げるのは無理ですわ。
わしゃ、読み終わってそんな仕掛けがあったことに気付かず、本の整理をしていてたまたま解説に目を通してやっと、えーっそうだったのか!!とページを点検して魂消ちまったのさ。
世界にはこんな恐ろしい作品もあるのか。
脳天に走る大ショックのあとにじわじわと感じたのは、気の遠くなる細かい作業を繰り返した、命が縮む仕事っぷりッ!?
しばらく呆然としたまま。
よくこんなこと思い付いて書ききったもんじゃのお。

以上、段落の冒頭、末尾の一字で折り句風に、冠は作品名、沓は作家名になるよう遊んでみました。

Qミステリーサークルって不思議!

http://news.www.infoseek.co.jp/world/story/20060810jiji4639819/

ミステリーサークル群が出現 (時事通信)
ドイツ中部のメーンゼン近郊のトウモロコシ畑に出現したミステリーサークル群。何者かが畑に侵入し、円形に刈り取ったとみられ、農家には500ユーロ(約7万5000円)の損害が出たという(7日)

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
先ほどのニュースにミステリーサークル出現とありました。写真を見て、なんだか人間業じゃなく宇宙人か何かの仕業なんじゃないかと思って鳥肌が立ってしまいました。

これって人間業でしょうか?誰か人間がやったとして、短期間で出来るものなのでしょうか?
ミステリーサークルとは、様々な意見があると思いますが、世間的にはどういった風にとらえられているのでしょうか?人間わざ?それとも不明?全くのミステリー?

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

以前TVでミステリーサークルをいくつも作ったというグループの人が、真夜中に実演していました。
照明機も機械も使わずに数人で、朝までかかって作り上げたのには感動すら憶えました。
それほど素晴らしい出来映えでしたね。
番組ではそれをずっとリポートしていましたが、真夜中で真っ暗ですし地上からの撮影なので、出来あがっても何なのか分かりませんでした。
空中から撮影して始めて分かりました。それをトランシーバーで連絡を取りながら、5時間くらいで作るんですから、これはもう神業ですよね。
下のサイトの6枚目が、その時に作ったのとたいへん似ています。1度ご覧くださいね。

参考URL:http://www.circlemakers.org/totc2004.html

Qミステリ小説の題名を教えて

小学校の時、読んだ小説の題名を思い出せません。
どなたか可能性のある題名を教えて下さい。

1)家族が次々に変死体で発見されます。
2)結局犯人は自分だったと、結末で告白して終わります。
3)兄の殺人手口は、コーラに農薬を入れます。
4)小説の途中で「りんごの木の下」が歌詞に入った歌が関係します。そのとおり殺人が実行されて行きます。
5)舞台は日本ではなく外国だったと思います。
6)作者については忘れました(不明)。

内容の手がかりは断片的ではっきりしませんが、
このような小説をご存知の方は、どうかよろしくお願いします。

Aベストアンサー

それはもしかして
「幸せな家族 そしてその頃はやった唄」
鈴木悦夫・著
ではないでしょうか。
舞台は日本なのですが…。

子供向けの本で、私は小・中学生の頃に図書館で読みました。
子供向けとは思えない凄い内容で、衝撃的で未だに覚えています。

巻末にその歌の楽譜がついてまして、おぼつかないながらもオルガンで弾きつつ歌っていました(苦笑)。

歌詞はうろ覚えですがこんな感じです。
~~~~~~~
子供は兄を憎んでた。いばる奴は邪魔になる。
そこで子供はだいどこで、じゃがいもぐつぐつ煮てました。
兄の背中を蹴りました
ゆでてもゆでてもまだ足りずアハハハーン
退屈まぎれにチッチッチ
めだまのプリンを食べました(焼きました?)
~~~~~~~

…改めて書いてみると怖い歌詞ですね…。

違ってたらごめんなさい。
参考URLのページの一番下に、その本の表紙画像もありますので、確認してみてください。

参考URL:http://members.jcom.home.ne.jp/myoga/juvenile/j-tantei.htm

それはもしかして
「幸せな家族 そしてその頃はやった唄」
鈴木悦夫・著
ではないでしょうか。
舞台は日本なのですが…。

子供向けの本で、私は小・中学生の頃に図書館で読みました。
子供向けとは思えない凄い内容で、衝撃的で未だに覚えています。

巻末にその歌の楽譜がついてまして、おぼつかないながらもオルガンで弾きつつ歌っていました(苦笑)。

歌詞はうろ覚えですがこんな感じです。
~~~~~~~
子供は兄を憎んでた。いばる奴は邪魔になる。
そこで子供はだいどこで、じゃがいもぐ...続きを読む

Qミステリーの種類、教えてください!

こんにちは!

例えば、ユーモアミステリーなど、○○○ミステリーのようにミステリーの種類、というか分けられていると思うのですが・・・
ミステリーっていろいろな種類があるように思いますが、それを何ミステリーというのかわからない時がよくあります。。

どんなミステリーの種類があるのでしょうか?
知っている種類を教えて出来るだけ教えてください!!

できれば、それがどのようなミステリー(の内容)なのかも、教えていただけたらうれしいです!!

Aベストアンサー

こちらにうまくまとめてありますよ。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%8E%A8%E7%90%86%E5%B0%8F%E8%AA%AC

Q実際に起きた殺人事件をモチーフにした小説

新堂冬樹さんの小説で、下記以外に実際に起こった殺人事件をモチーフにした作品を探しています。
無ければ、新堂冬樹さん以外の作品でも結構です。
実際に起こった殺人事件をテーマ・モチーフにしている小説があれば教えて下さい。
グロイのは苦手なのですが、下記の作品程度(それでもかなり気持ち悪かったのですが…)ならば一応は大丈夫です。
どうぞ宜しくお願い致します。

『摂氏零度の少女』…静岡 女子高生母親毒殺未遂事件
『殺し合う家族』…北九州監禁殺人事件
『砂漠の薔薇』…音羽お受験殺人事件
『銀行籠城』…三菱銀行人質事件

Aベストアンサー

 
【松本清張】著
『黒い福音』  
1959年に起きたスチュワーデス(現在ではキャビンアテンダント)殺人事件
1984年にTVドラマ化(DVD化あり) 

『日本の黒い霧』『小説帝銀事件』
1948年に起きた帝銀事件

【横溝正史】著
『悪魔が来たりて笛を吹く』
冒頭の宝石店強盗事件が帝銀事件をモデルにしている。


【福田洋】著
『凶弾』
1970年に起きたシージャック事件
1982年に映画化され、主役は【石原良純】(デビュー作)
(DVD化あり)


【西村望】著
『丑三つの村』
1938年に起きた津山事件
1983年に映画化。(DVD化あり)
 
 


人気Q&Aランキング