織田信長と豊臣秀吉のの関係ってなんなんでしょうか…。
織田信長って全国を統一したんでしたっけ?
それとも豊臣秀吉でしたっけ?
もしよければ、織田信長と豊臣秀吉のおこなった事をくわしく教えていただけませんか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

1.織田信長公と豊臣秀吉公の御関係は、主君と侍です。



2.織田信長公はモンゴル大帝国に続く、文字による世界史上二度目であり、古今東西にモンゴル大帝国と北方ユーラシア無文字文明以外に例のない「世界帝国」を目指していらっしゃいました。
織田信長公は南方の海づたいにヨーロッパを落とす戦略をお持ちでした。
織田信長公は、それゆえに、ローマ教会の命令で宣教師の謀略で暗殺されました。
つまり、当時の日本とヨーロッパ全体が戦争すると、日本が勝っていたということを示すということです。

3.それに対して、豊臣秀吉公は、織田信長公の遺志を継いでいるつもりでいらっしゃいましたが、支那文化圏という狭い範囲で「皇帝」になることを目指していました。
それゆえに、豊臣秀吉公は「明出兵(「朝鮮出兵」ではありません。朝鮮になど何もありはしなかったのですから。)」という陸上戦略をとってしまいました。
飛び石戦略で織田信長公の戦略通りに南方の港港を抑えて、陸上戦はヨーロッパ大陸でヨーロッパ諸国とだけ行えばよかったのです。
    • good
    • 16

織田信長は、戦国時代でもっとも天下統一を志した人です。


三大武将で最年長であり、豊臣秀吉はその家臣です。
信長が上司で秀吉が部下。
「織田がつき、羽柴がこねし天下餅、座りしままに食うは徳川」
上記の詩は
織田信長が天下を取るための勢力の準備をして(織田がつき)
豊臣(羽柴)秀吉が天下を取って(羽柴がこねし天下餅)
徳川家康が二度と戦国の争いが起こらぬように総仕上げとして幕府を開く(座りしままに食うは徳川)
質問でいくと、天下を取ったのは、秀吉でしたが、実質最終的には徳川が今の世を作りだしたというのが簡潔な答えでしょう。
信長の統一事業は
簡単に言うと、数々の末恐ろしい大名を後の乱にならないように滅ぼした。
秀吉は
それを引き継いで天下を統一した後、戦乱でぼろぼろになった農家や商業を復興させ、農民一揆が起こらないよう、刀狩を行っています。
(徳川家康は武士の総取締役である征夷大将軍になり、幕府を開きます)
    • good
    • 15

織田信長は天下を目前にして本能寺の変で家来の


明智光秀に殺されました。

信長は1560、桶狭間の戦いで今川義元を殺した。
安土城を建てて楽市楽座の令を出しました。
山城の国一揆や、延暦寺の焼き討ち、3千挺の鉄砲の
長篠の戦い、室町幕府を滅ぼす。のようなこと
をしました。

豊臣秀吉は信長の使いになり太閤というところまで
出世しました。
高松城の水攻め、墨俣の1夜城、山崎の戦いで光秀を殺す
小牧、長久手の戦い、大阪城建築、太閤検地、刀狩り 
文禄、慶長の役(朝鮮半島を攻める)
千利休を殺すっということになります。
    • good
    • 20

織田信長と豊臣秀吉の関係はみなさんが書かれている関係です。


 織田信長が行った最大の偉業は、戦いの方法で、兵隊の大半は農民であったため、田植えや稲刈りの時期は戦いを止めていましたが、信長は初めてお金を払って兵隊を雇う制度を採用し1年中戦いをできるようにしたため強かった事です。(職業の世襲制度をなくした)
 豊臣秀吉が全国統一を行ったのですが、最大の失敗は、大名への報酬を土地のままであったため、戦争がなくなったことで報酬を与えることができなくなり、新しい領土の確保のため朝鮮に攻め入ったことです。
 その後、大名を止め商人となったのが三井や住友のような財閥が生まれた事です。
    • good
    • 8

信長・・・戦国武将。

天下を目指したが志半ばで謀反に会い自刃
秀吉・・・戦国武将。信長の配下の武将としてドンドン出世して、最後は天下を統一した。

室町時代は長く続きましたが、その晩年はやはり勢力が衰えてきて、今川・毛利・武田・上杉などの勢力が天下を治めんと、近隣諸国を攻め取り始めました。
そんな戦国時代の中で、最新鋭兵器だった鉄砲を有効に使い、また柴田・前田・明智・羽柴などの有能な武将を配下に持っていた織田信長は、尾張の所領をドンドンと広げていき、天下を取らんばかりに勢力を拡大していきました。
室町幕府も終焉を告げ、いよいよ信長の天下統一の野望が達成されるかと思われたとき、信長は部下の明智光秀の謀反に会い、本能寺で討たれます。
羽柴秀吉・・・後の豊臣秀吉は、初めは木下藤吉郎と名乗り、信長の部下の中でも身分の低いものでしたが、やがてその才能を発揮して戦やその他もろもろの事で成果を挙げ、ドンドン出世して織田家の重臣になりました。
信長討たれる!の報を聞き秀吉は、すぐさま軍勢を率いて明智光秀を討ち、主君信長の敵を討つと共に、信長亡き後の世で各地を平定し天下を統一して、太閤の位に上り詰めました。

この辺は歴史的にもなかなか面白い時代なので、いろいろな書物などに取り上げられています。
代表としては"太閤記"などがありますので、イロイロ探して呼んでみると良いのではないでしょうか
    • good
    • 5

信長が主人で、秀吉が家来です。



信長は、全国統一を進めており、
現在の愛知県あたりから始まって、
関東から中国地方くらいまで攻略しました。
日本全国ではありませんが、戦国大名中最大の力を得ていたので、
そのまま生きていれば完全に全国を統一したでしょう。

しかしその途中で、家臣の明智光秀に殺されます。
その光秀を討ったのが秀吉です。
秀吉は当時は、
「信長を社長とすると、何人かいる部長の一人」
くらいの立場だったのですが、
かたきを取ったことで一目置かれるようになり、
やがて最高権力を得て、北海道・沖縄を除く日本を統一します。
    • good
    • 9
この回答へのお礼

前半わかりやすかったです。
回答ありがとうございます

お礼日時:2004/01/17 20:27

あまりよくわからないのですが・・・


小学校の教科書にのっていたことで
織田信長は鉄砲を広めた人で他にキリスト教を保護したり南蛮文化を取り入れた人です。若いころは織田の若者はおおうつけ(大ばか者)だと呼ばれていたそうです。豊臣秀吉は全国を統一し、刀狩や検地を行ったそうです。大阪城を築いたのも豊臣秀吉です。
    • good
    • 5
この回答へのお礼

ありがとうございます

お礼日時:2004/01/17 20:26

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q織田信長と豊臣秀吉と徳川家康。

 江戸幕府を開き長年国内の統治に成功した徳川家康ですが、彼はどうして幕府を開き、政治を安定させる事ができたんでしょうか?。
 その前に織田信長と豊臣秀吉は全国を実質的に統治できましたが、どうして幕府を開いて、政府を作り全国を長年に統治できなかったんでしょうか?。
 そもそも、幕府って何ですか?。朝廷から任命されるんでしょうか?。
 

Aベストアンサー

本来、幕府とは将軍(征夷大将軍を含む)の居場所を指す言葉でした

それから転じて、征夷大将軍の政権機構を幕府と言うようになったのです

将軍は、天皇から将軍宣下を受けて、将軍となったのです
他の回答にもあるように令外の官です、令外の官とは律令に規定されていない役を称します、また、臨時に置かれる官で、その任務が終われれば解かれました

平安時代の征夷大将軍からの歴史を紐解いてください

このようなことは、歴史の経緯が判らなくて、その部分だけを抜き出したのでは全く理解することが出来ません

いろいろな事象は、突然起こるのではなく、歴史の流れの中のわずかなうねり、それがだんだんに大きくなって、あるとき、突然大きな事象となって現れます

ある瞬間を見るのではなく、流れで見ることを心がけてください

Q織田信長と豊臣秀吉の弱点

織田信長と豊臣秀吉の弱点を教えてください小学校6年生の宿題です。調べてもわからず、困っております。

Aベストアンサー

織田信長の弱点。
近畿・東海地方を平定した段階に於いて
自信家になってしまった。
自分は他を裏切ることはあっても、部下は
絶対に自分を裏切るはずはないと思ってしまった。
その油断が、僅かの兵しか連れずに京へ入る
事となり、本能寺の変を招いた。

豊臣秀吉の弱点。
卑しい身分から、成り上がったまでは良かったが
家歴代の家臣というものがおらず、常に損得勘定で
人を引きつけておくしかなかった。
領地には限りがあり、これが朝鮮へ出兵する遠因と
なった。
晩年近くになって実子が出来たが、それを守るべき
親戚がいなかった事が、豊臣家崩壊の原因となる。

共通する弱点。
いずれも、天下を取るという意識は旺盛であったが
天下を取ったあとの政治という面での意識が希薄で
あった。

したがって信長は本能寺の変が無くとも、織田家の
天下は長続きしなかったと思われる。

秀吉も、実子秀頼が成人の時まで存命していたと
しても、豊臣家の天下は長くは続かなかったと
思われる。

後の天下人、徳川家康との決定的な違いかと思います。

以上、お粗末な講釈で失礼しました。

織田信長の弱点。
近畿・東海地方を平定した段階に於いて
自信家になってしまった。
自分は他を裏切ることはあっても、部下は
絶対に自分を裏切るはずはないと思ってしまった。
その油断が、僅かの兵しか連れずに京へ入る
事となり、本能寺の変を招いた。

豊臣秀吉の弱点。
卑しい身分から、成り上がったまでは良かったが
家歴代の家臣というものがおらず、常に損得勘定で
人を引きつけておくしかなかった。
領地には限りがあり、これが朝鮮へ出兵する遠因と
なった。
晩年近くになって実子が出来...続きを読む

Q【日本史】「織田信長が豊臣秀吉を秀ねずみと呼んだ記録は残っているが猿と呼んだ記録は残っていない」 な

【日本史】「織田信長が豊臣秀吉を秀ねずみと呼んだ記録は残っているが猿と呼んだ記録は残っていない」


なぜ記録にないのに豊臣秀吉は織田信長にサルと呼ばれていたという話が広がったのでしょう?

Aベストアンサー

信長が猿と呼んだかどうか記録に無くとも、以下の通り多くの文献に秀吉は猿のような風貌をしており、多くの人々から猿と呼ばれていたことが記載されている。 よって、直属の上司である信長が秀吉を猿と呼んだことは想像に難くない。

『太閤素生記』では秀吉の幼名を「猿」とし、また秀吉の父が亡くなったとき、秀吉に金を遺した一節に「父死去ノ節猿ニ永楽一貫遺物トシテ置ク」とある。また松下之綱は「猿ヲ見付、異形成ル者也、猿カト思ヘバ人、人カト思ヘバ猿ナリ」と語っている。毛利家家臣の玉木吉保は「秀吉は赤ひげで猿まなこで、空うそ吹く顔をしている」と記している。秀吉に謁見した朝鮮使節は「秀吉が顔が小さく色黒で猿に似ている」としている(『懲毖録』)。ルイス・フロイスは「身長が低く、また醜悪な容貌の持ち主で、片手には6本の指があった。目が飛び出ており、シナ人のようにヒゲが少なかった」と書いている。また、秀吉本人も「皆が見るとおり、予は醜い顔をしており、五体も貧弱だが、予の日本における成功を忘れるでないぞ」と語ったという。秀吉が猿と呼ばれたのは、関白就任後の落書「まつせ(末世)とは別にはあらじ木の下のさる関白」に由来するという説もある。また山王信仰(猿は日吉大社の使い)を利用するため「猿」という呼び名を捏造したとの説もある。

信長が猿と呼んだかどうか記録に無くとも、以下の通り多くの文献に秀吉は猿のような風貌をしており、多くの人々から猿と呼ばれていたことが記載されている。 よって、直属の上司である信長が秀吉を猿と呼んだことは想像に難くない。

『太閤素生記』では秀吉の幼名を「猿」とし、また秀吉の父が亡くなったとき、秀吉に金を遺した一節に「父死去ノ節猿ニ永楽一貫遺物トシテ置ク」とある。また松下之綱は「猿ヲ見付、異形成ル者也、猿カト思ヘバ人、人カト思ヘバ猿ナリ」と語っている。毛利家家臣の玉木吉保は「秀...続きを読む

Q豊臣秀吉と織田信長の息子達との関係

日本史にあまり詳しくありません。質問よろしくお願い致します。
織田信長が本能寺の変で自殺した後、豊臣秀吉が彼の後継者として諸侯をまとめ天下統一したことは
誰でも知っている話ですが、そもそも織田信長には自分の息子がいますよね?
なぜ信長の息子たちが後を継がず秀吉が後継者になれたのでしょうか。
信長の息子を差し置いて秀吉がしゃしゃりでたら秀吉には後継者を名乗る道理も大義もないと周囲から非難されそうだし、秀吉が信長の息子をリーダーに立てて織田の名の下に天下統一、ということにならなかったのは理由があるのでしょうか?

もう一つ、柴田勝家と秀吉は昔は仲間だったと思うのですが、後々でお互い戦い合うようになったのはどうしてなのでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは。
私は、自称「歴史作家」です。

簡単に説明しましょう・・・。

(1)織田信長には、長男信忠(のぶただ)、二男信雄(のぶかつ)、三男信孝(のぶたか)、四男秀勝(ひでかつ)の4人の息子がいました。しかし、秀勝は信長の命により秀吉の養子となっていました。

(2)本能寺の変(天正10年6月2日)で明智光秀が信長と信忠を倒すと、それを知った秀吉は備中高松城の毛利氏と戦っていて釘づけの状態でしたが、早々に毛利氏と和睦を結び、すぐさま京にとって返し(これを「中国の大返し」と呼びました)「山崎の戦い」で光秀軍を撃破しました。

(3)信長の家臣の中で、すばやくただ一人で光秀を討った「第一の軍功功労者」として柴田勝家らに一目置かざるを得ない存在となりました。

(4)その後、6月27日に信長の後継者問題を討議すべく清州城(いわゆる清州会議)で、出席をしたのは柴田勝家、丹羽長秀、羽柴秀吉、池田恒興の4人で、滝川一益は関東地方へ出陣中で欠席した(直前の神流川の戦いでの敗戦を口実に、参加を拒まれたとの説もある)。
その場で勝家は二男信雄が跡目相続をするべきだ、と主張しましたが、秀吉は、長男信忠(二条城で信長と一緒に死亡)の一人息子三法師丸が血筋としては最も正しい、と主張しました。丹羽長秀や池田恒興はそれに賛同をし、軍功功労者第一番という威圧感もあって秀吉は三法師丸の後見役として信孝を指名したことにより、勝家はニガニガしい思いをしながらも、出席者の意見に従うしかなかったのです。

(5)やがて柴田勝家は信長の妹お市の方を押し立てて100ケ日法要を妙心寺で行い、秀吉よりも地位が高いことを見せつけようとしましたが、秀吉も黙ってはおらず、信長と信忠の葬儀が行われていないことに目をつけ、10月15日、秀吉の養子となっていた信長の四男秀勝を喪主として大徳寺で盛大に葬儀を執り行いました。

(6)この頃より秀吉と勝家が一層不仲になったと言われています。

(7)秀吉は勝家への「ゴマすり」の意味も含めて、天下一の美女と言われていたお市の方を勝家に嫁がせましたが、勝家は秀吉の策略を見抜いていました。

(8)12月、越前の勝家が雪で動けないのを好機と見た秀吉は、信孝が三法師丸を安土城に戻さないことなどを大義名分とし、信孝打倒の兵を挙げる。12月9日、秀吉は池田恒興ら諸大名に動員令を発動し、5万の大軍を率いて山崎宝寺城から出陣し、12月11日に堀秀政の佐和山城に入った。そして柴田勝家の養子・柴田勝豊が守る長浜城を包囲した。元々勝豊は勝家、そして同じく養子であった柴田勝政らと不仲であった上に病床に臥していたため、秀吉の調略に応じて降伏。秀吉は長浜城を獲得した。12月16日には美濃に侵攻し、稲葉一鉄らの降伏や織田信雄軍の合流などもあってさらに兵力を増強した秀吉は、信孝の家老・斎藤利堯が守る加治木城を攻撃して降伏せしめた。こうして岐阜城に孤立してしまった信孝は、三法師丸を秀吉に引き渡し、生母の坂氏と娘を人質として差し出すことで和議を結んだ。

(9)翌年の天正11年2月28日、勝家は前田利長を先手として出陣させ、3月9日には自らも3万の大軍を率いて出陣した。これに対して秀吉は北伊勢を蒲生氏郷に任せて近江に戻り、3月11日には柴田勢と対峙した。この対峙はしばらく続いたが、4月13日に秀吉に降伏していた柴田勝豊の家臣・山路正国が勝家方に寝返るという事件が起こった。さらに織田信孝が岐阜で再び挙兵して稲葉一鉄を攻めると、信孝の人質を処刑した。はじめは勝家方が優勢であった。

(10)4月20日早朝、勝家の重臣・佐久間盛政は、秀吉が織田信孝を討伐するために美濃に赴いた隙を突いて、奇襲を実行した。この奇襲は成功し、大岩山砦の中川清秀は敗死し、岩崎山砦の高山重友は敗走した。しかしその後、盛政は勝家の命令に逆らってこの砦で対陣を続けたため、4月21日に中国大返しと同様に迅速に引き返してきた秀吉の反撃にあい、さらに前田利家らの裏切りもあって柴田軍は大敗を喫し、柴田勝家は越前に撤退した(美濃大返し)。

(11)4月24日、勝家は正室・お市の方と共に自害した。秀吉はさらに加賀国と能登国も平定し、それを前田利家に与えた。5月2日(異説あり)には、信長の三男・織田信孝も自害に追い込み、やがて滝川一益も降伏した。

(12)こうして織田家の実力者たちを葬ったことにより、秀吉は家臣第一の地位を確立。表面上は三法師丸を奉りつつ、実質的に織田家中を牛耳ることになり、やがては、関白となって天下統一への路を走ったのです。

こんにちは。
私は、自称「歴史作家」です。

簡単に説明しましょう・・・。

(1)織田信長には、長男信忠(のぶただ)、二男信雄(のぶかつ)、三男信孝(のぶたか)、四男秀勝(ひでかつ)の4人の息子がいました。しかし、秀勝は信長の命により秀吉の養子となっていました。

(2)本能寺の変(天正10年6月2日)で明智光秀が信長と信忠を倒すと、それを知った秀吉は備中高松城の毛利氏と戦っていて釘づけの状態でしたが、早々に毛利氏と和睦を結び、すぐさま京にとって返し(これを「中国の大返し」と呼...続きを読む

Q織田信長・豊臣秀吉・徳川家康が行った事、功績を教えて下さい。

織田信長・豊臣秀吉・徳川家康が行った事、功績を教えて下さい。
サイトなどを見ても難しい言葉ばかりでよく分かりません。
簡単に分かりやすく詳しく3人を比較して書いてくださると嬉しいです。

Aベストアンサー

質問者様の意思を尊重して回答します。あいまいですが、ご了承ください。

☆織田信長
貿易の自由化、楽市楽座は大変な功績です。
能力主義で人材を登用した功績。⇒秀吉の登用。

☆豊臣秀吉
私的には、あまり功績は無いと思います。
基本的に、信長の遺志を引き継いだ人物。
子(後継者)に恵まれなかったのが、短命政権となってしまった。
やはり、家康の存在が大きすぎました。

☆徳川家康
戦国時代を終わらせたという功績。

すべては家康で終息しています。
脱線しますが、家康が「本能寺の変」の主犯格との一説もあります。
家康のブレーンに「天海」という人物がいました。
「天海」=「明智光秀」という説があります。明智光秀は生きていたという説です。

歴史に「たら」「れば」はないですが、織田政権とあるいは豊臣政権が続いていたらどうなっていただろうか?と思うとさらに興味が湧いてきます。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報