アメリカの狂牛病がニュースになっていますが、前回日本で狂牛病騒ぎが起こったのはいつからいつぐらいまでの時期だったでしょうか?
なるべく最初の騒ぎの時期から収束した時期までをお教えいただきたくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

2001/9/10


農水省は、千葉県内で乳牛1頭が狂牛病に感染の疑いと発表。国内初。2頭目を北海道(11/21)、3頭目を群馬県で発見(11/30)
2001/10/18
食肉処理されるすべての牛の狂牛病検査が始まり、厚労相と農水相が安全宣言
2002/1/23
雪印食品の関西ミートセンターが狂牛病対策の買い取り制度悪用、豪州産牛肉を国産に偽装し業界団体に買い取らせたのが判明
2002/2/13
過去イタリアから輸入された肉骨粉の一部が、狂牛病感染防止の消毒基準を満たしていなかったことが判明―農水省発表
2002/12/01
牛、豚、鶏肉など食肉の卸値が全面高の展開となっている。気温の低下とともに鍋物の具材としての需要が高まっており、牛肉はBSE(牛海綿状脳症、狂牛病)問題発生前の水準を大きく上回っている。昨秋と打って変わって食肉の最大の需要期である年末に向け、先高観も強い。卸段階の動向をみる限り食肉のBSEショックはほぼ終息したといえそうだ。
2003/01/25
しばらくぶりにBSE感染牛が2頭、たてつづけに発見されました。いままでの5頭につづいて、6頭めが和歌山、7頭めが北海道で見つかっています。いずれも北海道生まれの牛で、いままで見つかった牛と同じ時期に生れた牛だそうです。
2003/10/12
厚生労働省は、きょう開催した専門家会議(座長=品川森一・動物衛生研究所プリオン病研究センター長)で、茨城県の食肉処理場に持ち込まれた肉牛1頭は非定型的なBSE(牛海綿状脳症、狂牛病)に感染していたことが判明したと発表した。
丁度私も調べてたとこでした(^^;
取り合えずこんなとこでどうでしょう。
    • good
    • 0

日本での狂牛病騒ぎの発端となったのは、一昨年9月に千葉県で感染した牛が発見されたことがきっかけとなったようです。


 下記URLに、狂牛病関連記事が特集されています。

参考URL:http://www.mainichi.co.jp/eye/feature/disease/20 …
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q6月10日 朝のNHKニュースでの航空機産業のニュース

こんにちは。

6月10日の朝のNHKニュースで報道されていた航空機産業についてのニュースについて内容をご存知の方がいらっしゃいましたら教えていただけますでしょうか?

飛行機の離陸前に気づいたら画面に表れており、急いで内容を聞こうと思ってイヤホンを探している間に終わってしまいました。

どうぞ、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

これのこと?
http://www3.nhk.or.jp/news/2007/06/11/k20070610000003.html

Q賞味期限のニュースばっかり。C型肝炎のニュースは後回し。

赤福とかいろいろ騒いでますが、賞味期限切れで死んだり食中毒になった人は1人もいないのに、ここまで騒ぐのはおかしくないですか?
逆に30万人も感染のおそれがあるC型肝炎のニュースは後回しになってるのが不思議です。こっちのほうがよっぽど人の命がかかってて重大だと思うんですが・・・

Aベストアンサー

そうですね!
賞味だか消費だか知らないけれど家には買いだめしたものが結構あって平気で食べていますよ。
まるで魔女狩りです。
それに比べてC型肝炎はタチが悪いです。薬剤エイズの非加熱製剤も同じ製薬会社です。
前身は日本陸軍731部隊の残党が作ったミドリ十字です。
この腐りきった会社にもっとメスを入れるべきなんですが、何故か中途半端な政府の対応と報道が腑に落ちないです。
でも今日、福田首相が国の責任を認めましたね。良かった。

Q「産廃カツ転売 無申請倉庫を調査シェア」このニュースや一連のニュース…、でコレラの実態と真実は…?

http://news.goo.ne.jp/topstories/nation/144/8ceab166c41a1019210b8975eb92456b.html

廃棄処分されるはずの食材が、廃棄処分されずに流通した、で、これらの食材について、教えてください。

(a)これらの食材を食したとしても、健康と身体に何らの悪影響は全くないのですか?

(b)もしも、何らの影響も無いのなら、何故どうして、廃棄処分にするのですか?

その、そうしなければならない、というか、そうすることが通常の流れになっている、なってしまっている、その理由というか、絡繰りというか、その実態の本質、これを教えてください。

Aベストアンサー

> その、そうしなければならない、というか、そうすることが通常の流れになっている、
>なってしまっている、その理由というか、絡繰りというか、その実態の本質、これを教えてください。

一言でいえば、需要と供給。
日本の多くの人が、望んだ事。

1. より安心、安全な食品が望まれる。

2. 少しでも傷がある食品はクレームを入れる。

3. 昔と違って、今はネットであっという間に拡散。

4. マスコミも騒ぐ

5. 世間がそれにのって騒ぐ

6. 騒ぎを収めるため、大きな損失がかかる

7. 廃棄した方が、損失はより小さい

8. 廃棄基準を決める

9. 1に戻る

ただ、この問題、望んだ人が一番悪いわけじゃない。
なんとかハラスメントで騒ぐ、世の中の流れ。

それと、
毎年、1万人餓死で亡くなっているとこで
傷んだ食べ物でも、5千人助かれば良いという世界

年寄り、子供、体力が弱っている人も含めた1万人が
食べて問題を起こしてはいけない世界。

この2つの世界を比較できますか。

食べられる傷んだ物を食べて、文句はいうけど
食べられる傷んだ物を捨てる事にも、文句をいう。

そしてその矛盾の世界で、生きていかなければ(お金を儲ける)
必要がある。

>その実態の本質
人の欲

> その、そうしなければならない、というか、そうすることが通常の流れになっている、
>なってしまっている、その理由というか、絡繰りというか、その実態の本質、これを教えてください。

一言でいえば、需要と供給。
日本の多くの人が、望んだ事。

1. より安心、安全な食品が望まれる。

2. 少しでも傷がある食品はクレームを入れる。

3. 昔と違って、今はネットであっという間に拡散。

4. マスコミも騒ぐ

5. 世間がそれにのって騒ぐ

6. 騒ぎを収めるため、大きな損失がかかる

7. 廃棄した方が、損...続きを読む

Q狂牛病の発症率は?

大変に恐れられている狂牛病ですが、そんなに大勢発症したということは聞きません。ヨーロッパで120人とか、そういう数ですね。すると発症率は大変低いということなのでしょうか?それならこれほど大騒ぎするほどの病気なのでしょうか?エイズなどに比べれば、危険と言われる牛肉を食べたとしても個人としてかかる確率はさほどないんじゃありませんか?その辺が知りたいです。

Aベストアンサー

最近はなぜか報道されませんが、以前狂牛病問題が発生した時の報道では日本人の場合、欧米人とは違って遺伝的に発祥する確率は10倍だそうです。

狂牛病の場合5~10年の潜伏期間を経て、発祥すると必ず死に至るという内容のもので、確率では語れないでしょう。何より狂牛病というのは現在でもとりあえずは肉骨粉などを与えない事、流通させない事、検査などで事実上対処が可能なものなのです。しかしそれを飛び越えて、確率が低い、金銭的負担があるから、などの理由で死に至るような危険な内容の食品を流通させて良いなど、あまりに馬鹿げた論理だと思います。

また、確率が低いからいいのだとなったとたんに食の安全はどんどん悪化していく事になると同時に、問題の解明する力を失う事にもなります。

(あとこれは信頼に値するほどの情報ではありませんが、狂牛病に似た症状をもった痴呆など脳に関する病気と混同されて見逃されているという話もあります。参考までに。)

Q数週間のニュースがまとめて見れるニュースサイト

ドイツに留学している友達から1~数週間のニュースがまとめて見れるサイトを教えて欲しいといわれました
いろいろ探してみたのですが、ニュースサイトは最新ニュースだけで過去のニュースは有料というところばかりでした。
もし良いサイトをご存知の方がいらっしゃいましたらご教授ください。

Aベストアンサー

「だめで元々、もしかして」のご質問と思いますが、あるわけがないと思います(私が知らないだけですか?)。有料のものを無料で読めるサイトがあったら、そりゃ無断転載? しかし、れっきとした合法サイトで、「当たらずといえども遠からず」かも知れないものがあります!「数週間」は無理で、「1週間のニュースがまとめて見れるサイト」ですけど。

gooまとめ読みニュース
http://news.goo.ne.jp/summarize/

新聞社などのサイトで、任意の検索語を含む多少過去のニュースが読めるのは、もちろんご存知として、お友達のご要望は、たぶん「検索語は特に指定しないで、ほどよく各種ニュースを取り合わせたものを、まとめて読みたい」じゃないかと思いました。

また、「沖縄タイムス記事データベース」(なんと無料!)でキーワードを工夫すると、(年ごと・月ごとに)大半の記事を取り出せる方法があると思います……。ただし、データベースのサーバーに負担がかかる方法かも知れないので、ここには書きませんが、私のような阿呆でも思いついた或る簡単なキーワードを入れるだけです。このデータベースは、過去数週間のニュースはまだ収録されてなくて、それより前のニュースが対象です。

参考URL:http://news.goo.ne.jp/summarize/

「だめで元々、もしかして」のご質問と思いますが、あるわけがないと思います(私が知らないだけですか?)。有料のものを無料で読めるサイトがあったら、そりゃ無断転載? しかし、れっきとした合法サイトで、「当たらずといえども遠からず」かも知れないものがあります!「数週間」は無理で、「1週間のニュースがまとめて見れるサイト」ですけど。

gooまとめ読みニュース
http://news.goo.ne.jp/summarize/

新聞社などのサイトで、任意の検索語を含む多少過去のニュースが読めるのは、もちろんご存知と...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報