「忠犬もちしば」のAIボットを作ろう!

ここ最近(本当は随分前から一部では問題になっていたと思いますが)、長野県ストーカー殺人事件において、警察の言い分は、「被害届けを1週間待ってくれと御願いした理由は、他の事件の捜査があったためであり、旅行は直接的な理由ではない」となっています。

しかし、数学でも、AならばB、BならばC、よってAならばCというのが成り立つように、旅行に行くために、他の事件を早く捜査しなくてはならない・他の事件を早く捜査するために、被害届けの受理を1週間待ってくれと頼んだ、というようにはならないでしょうか?もちろん、旅行にいくために、他の事件の捜査を早急に行う必要があったかどうかは分かりません。しかし、報道を見る限り、そのようにしか思えません。

したがって、結果的には、旅行にいくために被害届けの受理を1週間待ってくれと頼んだことになると思います。どうでしょうか?ご意見をお聞かせください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

長野県ストーカー殺人における警察の対応について



基本的に警察はストーカーにあっても助けてくれません、もちろん旅行に行くなどと持っての他ですが
今回偶々であって別に旅行に行かなくても絶対助けてくれません
そもそもストーカーする輩が、その行為を止めなさいと言って、はい解りましたと止めるはずなどなく
警察は殺されて始めて動き出す訳で、警察が善良な市民を守ってくれるなどと思っていたら大間違いです。
私の県でも母娘が何度もストーカー被害にあって警察に相談を繰り返しおこなったが結果は二人とも殺されてしまいました
警察は一人ひとりの命など何とも思っていません、それよりも組織の面子が大事な集団である事を知る事です。

私も昔ストーカーに恐ろしい経験をしました夜も昼も付回されて仕事場にも現れて、ノイローゼ状態になった事もありました
もちろん警察などには行かず、ある方法で解決しました。ある方法とは具体的にはここには書けませんが
要は自分の命は自分で守ると言う事です。
    • good
    • 0

仰る通りです。

慰安旅行なんて何処の警察署でもやってます。其れで操作に支障を来したり、犯罪を招くような事は有りません。この裏にはもっと別の問題があります。来週発行の某週刊誌をご期待下さい。
    • good
    • 0

AならばB、BならばC、よってAならばCの成り立ちも大事ですが、長野県と長崎県の違いも大事だと思います。

    • good
    • 0

受理しても、他の事件から優先した上で、旅行にも行って、後回しになるのだから、同じ事では?


警察の肩を持つわけじゃないですけど、報道が全部を語っていると思って、自己審判しないほうがいいですよ。
数学の問題じゃないので、問題にすべての情報が明らかにされていないから、不祥事といえる事件が起きるのです。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング