ネットが遅くてイライラしてない!?

こんにちは、この春高校生になります。

この春休み中に高校から出された課題で
調べ学習をしないといけないのですが、
私は恒星の寿命を計算などで調べようと思っています。
そこで色々なサイトを見て寿命の出し方を調べたのですが、
理解力に乏しい私はなかなか計算方法が分からずじまいでした。

もし恒星の寿命を計算で出す方法を知ってる方がいましたら、
本当に勝手なのですが・・・分かりやすく教えて頂けたらと
思っています。

よろしくお願いします!!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

啓林館の地学2の教科書を今見ていますが、(Page183)


質問者さんはこの4月高校入学ですか、
新課程だと「地学基礎」「地学」の2科目のうち、「地学」で平成25年度以降に習うことになるでしょうね。
まだ習ってないのに、キツいですね。


2つ式が書いてあって、

t ∝ 恒星の質量(水素の量)/単位時間に反応する水素の量

t ∝ 恒星の質量/恒星の明るさ ∝ 恒星の質量/(恒星の質量)^4 ∝ 1/(恒星の質量)^3

質量の大きな明るい恒星ほど寿命が短いんですね。

(∝ ...比例関係を表します)


ちょうど今年の東大入試に出題されました。
第一問 問V
ある恒星が主系列にとどまる時間を、その恒星の寿命と呼ぶことにする。
恒星の寿命は、その恒星が誕生した時にもっている水素の総量に比例し、その全表面から毎秒放出されるエネルギーに反比例する。すなわち、恒星の質量に比例し、光度に反比例する。また、恒星の光度は質量の4乗に比例するものとする。太陽の寿命を100億年としたとき、問IIの恒星Sの寿命を有効数字2桁で求めよ。計算過程も示せ。なお、恒星の光度は、その寿命のあいだ変化しないものとする。

問IIには、
恒星Sの表面温度は太陽の二倍、光度は太陽の千倍、という設定あり。

HR図が添えられていて、恒星Sの値を読み取ると、スペクトル型はBで、絶対等級は-3となっています。

第一問の問題文には、こう書かれています。
ただし、必要なら次の近似 10^0.5=3.16, 10^0.25=1.78 を使用してもよい。


解答例です。

恒星Sは、寿命が太陽のy倍、質量がm倍、光度がl倍だとすると、y=m/l が成り立つ。
l=m^4 であるので、m=l^(1/4)となる。よって、
y=l^(-3/4) = 10^(-9/4) = 1/{10^2*10^(1/4)} = 1/(100*1.78)
よってSの寿命は、
(100*10^8)/(100*1.78) = 5.56…*10^7

答え 5.6*10^7 年

参考URL:http://kaisoku.kawai-juku.ac.jp/nyushi/honshi/12 …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

やはり地学は2年次からになってしまうんですね・・・残念です。
質問させていただいた後にまた自分でも調べたのですが、
回答者さんのおっしゃる通り、理解に苦しみましたね(汗)

回答者さんから頂いた回答内容をもとに
周囲の大人に相談してみながら、色々な解決策を
練っていこうと思います。

ありがとうございました!!

お礼日時:2012/03/26 06:05

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q元素と原子の違いを教えてください

元素と原子の違いをわかりやすく教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

難しい話は、抜きにして説明します。“原子”とは、構造上の説明に使われ、例えば原子番号、性質、原子質量などを説明する際に使われます。それに対して“元素”というのは、説明した“原子”が単純で明確にどう表記出来るのか??とした時に、考えるのです。ですから、“元素”というのは、単に名前と記号なのです。もう一つ+αで説明すると、“分子”とは、“原子”が結合したもので、これには、化学的な性質を伴います。ですから、分子は、何から出来ている??と問うた時に、“原子”から出来ていると説明出来るのです。長くなりましたが、化学的or物理的な性質が絡むものを“原子”、“分子”とし、“元素”とは、単純に記号や名前で表記する際に使われます。

Qビックバン

ビックバンが爆発して宇宙ができたそうですが、そもそもビックバンとは何の塊ですか?そしてビックバンが爆発する前の外側の環境はどんな状態ですか?よろしく御願いします。

Aベストアンサー

 
まず、質問に回答する前に、予備的な話をします。それは、ものごとを固定的に考えている人があまりに多すぎるとも思うからです。

アンドロメダ星雲という、私たちの銀河と同じぐらいの規模の渦状星雲があります。この星雲は、肉眼でも見えますが、望遠鏡を使うとよりはっきり見えます。天のある場所に望遠鏡を、向けると、そこに、アンドメダ星雲が「あった」姿が見えます。

ここで「あった」と過去形で言っているのは、現在見えるアンドロメダ星雲は、実は、大体、200万年ぐらい前の姿なのです。あるいは、50万年ぐらい前に、どこかの超宇宙人が、アンドロメダ星雲を破壊してしまっていて、現在、アンドロメダ星雲は、もう壊れて、ないかも知れないのです。

あと150万年ぐらい経つと、アンドロメダ星雲が壊されたときの情景が見えるという可能性もあります。

アンドロメダ星雲は、200万光年ほど離れた場所にありますが、私たちの銀河は、もっと近くにあるというか、私たちが、銀河のなかに住んでいます。この銀河の中心は、おおよそ、3万光年ほど離れたところにあります。

銀河の中心はどうなっているのか、現在、色々なことが分かっていますが、すべて分かっている訳ではありません。中心に巨大ブラックホールがあるとも考えられていますが、確実にあるとかないとか、まだ分かっていません。将来、観測装置の精度や、観測技術の向上や、また、物理学の理論の展開や進歩があり、より多くの知識を得る方法が見つかるかも知れません。現在、知識は「ない」ものがあります。しかし、将来は、分かるかも知れず、知識は「ある」ということになる可能性があります。

さて、質問ですが:

>ビックバンが爆発する前の外側の環境はどんな状態ですか?

これについて、ビッグバンの外側の環境は、現在の観測技術や、物理学の理論では、「分からない」ということになります。

世界は三次元ですが、物理学のモデルでは、重力を空間の歪みとすると、空間は四次元であるということになります。しかし、この三次元の世界・宇宙の「外側」については、物理学の理論は、何も述べていません。何も述べていないというのは、「外側がない」ためであるかも知れませんし、「外側」について、現在の理論や観測技術では、「分からない」ためなのか、実は、これが分かりません。

物理学と哲学は、別のものだと考えている人が大勢います。しかし、最先端の物理学理論は、仮説であって、それは実は、哲学の実在の構造理論に入ってしまうのです。

仮説理論は、実験検証されて、正しいという根拠が出てきたとき、初めて、その実験の有効性のなかで、仮説ではなく、「実証理論」となります。しかし、仮説である段階では、形而上学の理論と、同じような仮定の話なのです。

そして、最新最先端の物理学理論は、仮説の上に仮説を立てて、仮説が実証も検証もされないうちに、更に別の仮説理論を立てるというような形になっています。

ビッグバン爆発と共に、三次元の空間や時間が作られた、または生まれたので、それ以前には、何もなかった、というより、「それ以前」がそもそも「ない」というのは、一つの仮説です。これは実証されていませんし、このような命題を実証する方法などありません。

人間は、時間が「ない」状態や、「空間がない」状態などについて、語れるほど、時間や空間について、いまだ何か知っているのではないのです。従って、ビッグバン以前は、「ない」とかいうのは、知性の欠如か、語れないものを語る傲慢になるはずです。

>ビックバンが爆発する前の外側の環境はどんな状態ですか?

答えは、現在の人間の持っている理論や知識や思考方法では、「まだ分からない」ということになります。何時か分かるとわたしは思っています。すべてが分かる訳ではありませんが、やはり、四次元またはもっと高次の次元空間があり、その内部で、ビッグバンは起こり、この宇宙を、超宇宙の内部で、張った(表現)したのだと想像します。

しかし、答えは、現在は「分からない」です。ビッグバンの前は「ない」ではありません。

>そもそもビックバンとは何の塊ですか?

これも分かりません。時間を過去に遡ると、どうも宇宙は、現在よりも、輻射エネルギーが空間に膨大な量、充満していたらしいとは分かっています。また、現在、宇宙は、空間的に膨張していることが分かっているので、過去に遡ると、膨張の反対で、収縮してゆくことが分かりますが、これが「一点」に収縮するのかどうかも、「分かりません」。

ビッグバンのモデルというのはあるのですが、それは「仮説」です。ホーキングという高名な物理学者は、宇宙には「時間の開始」があったという理論を造り、世の人を驚かせました。人々が驚いていると、今度は、前の始まりがあったという仮説は間違いだという仮説を立てました。

時間が逆に流れている宇宙があるかも知れないという仮説を述べたことがあり、そんなことはないとも述べたようにも記憶しています。

科学の先端理論仮説と、ただの空想・想像の違いはどこにあるかというと、区別は明確にあります。科学の仮説は、観測事実と矛盾せず、観測事実が、何故そうなっているのか、「説明できる」「生産性」を備えていなければなりません。

宇宙は、千匹の白いゴリラが、どこかで喧嘩をしていると、突如、爆発が起こり、喧嘩のエネルギーが、宇宙の最初の莫大な輻射エネルギーになったというのは、観測事実と矛盾しませんが、一体、宇宙の最初に「千匹の白いゴリラの喧嘩」を仮説として出して、「何が説明されたのか」というと、何も説明されていません。生産性がないのです。しかし、「そうでない」という証拠もありません。

科学者の立てた、生産性のある仮説は、色々な本に説明が載っています。「ビッグバン」で検索すると、過去に、そのような質問がたくさんあり、回答もたくさんあったことが分かります。

とりあえず、ビッグバンとは、無限小の点だったと考えられることです。点であって、そのなかには、もの凄いエネルギーが封じられていたと考えます。「あるとき」、この点は、大きさを持ち、膨張を始めるのです。それは、「永遠」のなかの「あるとき」です。

「何時」膨張が始まったのか、点のまわりには何があったのか、何もなかったのか、わたしは、何かあったとおもいますが、それは、この三次元の空間とは、かなり違う何かだったと思います。

「分からない」ということは、「なかった」ということではないのです。いつか、人間の認識力や、数学や物理学理論が、もっと展開し進歩すれば、ビッグバンの前に何かあったのか、なかったのか、ビッグバンのまわりに何かあったのか、なかったのか、答えが、今日よりも、よく分かっていることでしょう。そのときには、今日では、考えてもいなかった、別の分からない色々な問題が、もっとたくさん出てきているのかも知れませんが。
 

 
まず、質問に回答する前に、予備的な話をします。それは、ものごとを固定的に考えている人があまりに多すぎるとも思うからです。

アンドロメダ星雲という、私たちの銀河と同じぐらいの規模の渦状星雲があります。この星雲は、肉眼でも見えますが、望遠鏡を使うとよりはっきり見えます。天のある場所に望遠鏡を、向けると、そこに、アンドメダ星雲が「あった」姿が見えます。

ここで「あった」と過去形で言っているのは、現在見えるアンドロメダ星雲は、実は、大体、200万年ぐらい前の姿なのです。あ...続きを読む

Q日本史Aと日本史Bの違いについて教えてください。

こんにちは、疑問なのですがセンター試験の日本史Aと日本史Bとはどのような違いがあるのでしょうか?
ちょっと気になって調べてみたのですが、ほとんど日本史Bの事しか載っていませんでした。

二つの教科の違いや、選択時の有利不利などを教えてください。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

 日本史Aと日本史Bの違いは、高校での単位数の違いと、教科書で学習する内容の対象が若干違うことです。

 日本史Aは、単位数が2単位など。単位の少ない時間で取り扱う科目です。教科書の内容も近現代史~の内容をメインとした教科書の構成となっています。日本史Bの場合は、大体4単位で、教科書の構成が古代史~スタートし歴史全体の内容を取り扱うものです。

 日本史Aでは、大体どの時代も勉強すると思いますが、教科書の構成上「近現代史」に特化した取扱になっています。また、日本史Bでは、古代史からスタートするので日本史Aの教科書より内容的に若干難しい内容も取り扱います。

 したがって、単位数の違いにより、日本史Aと日本史Bの教科書を使い分けていることです。主に、日本史Aは、職業科の学校で使われています。

 農業高校・商業高校・工業高校など普通科以外の学校で日本史Aの教科書を採択しているケースが多いです。普通科の高校でも日本史Aで近現代をやって、日本史Bで古代から江戸まで勉強して、受験するときは日本史Bで受験するというケースも見られます。

 つまり、日本史Aでは、教科書の構成上、近現代史がメインになりますが、日本史Bでは、古代史からスタートして現代史まで扱うという幅広内容になるということになります。そういうことから、日本史Aで勉強したいようで、勉強していないところ古代史~江戸時代の内容に関しては自力で勉強することが求められます。

 【大学受験での日本史選択】
(1)センター+私大(日本史で受験)する場合
 →「日本史B」を選択
(2)センターのみの場合(日本史A・B両方選択可で2次試験で日本史を必要としない学部学科を受験の場合)
 →「日本史A」を選択(学習時間が少なくてすむ)

 ※私大受験を考えていて、日本史で受験を考えているのであれば「日本史B」を選択するのが無難です。リクルートの進学サイトのURLを載せておくので受験科目の選択に参考にして見てください。

 何らかの参考にならば幸いです♪

参考URL:http://www.shingakunet.com/cgi-bin/shingakunet.cgi

 日本史Aと日本史Bの違いは、高校での単位数の違いと、教科書で学習する内容の対象が若干違うことです。

 日本史Aは、単位数が2単位など。単位の少ない時間で取り扱う科目です。教科書の内容も近現代史~の内容をメインとした教科書の構成となっています。日本史Bの場合は、大体4単位で、教科書の構成が古代史~スタートし歴史全体の内容を取り扱うものです。

 日本史Aでは、大体どの時代も勉強すると思いますが、教科書の構成上「近現代史」に特化した取扱になっています。また、日本史Bでは、古...続きを読む

Q東大の理1と理2の違いは?

僕は次から高1になるのですが、大学は東大の理系を考えています。
理3が医学部だということは分かっている(し、行く気はない)のですが、
理1と理2の違いがあまりはっきりしません。
学部進学の際、どのように振り分けられるのですか?
できれば具体的な人数なんかのデータがあればいいのですが・・・。

Aベストアンサー

>工学が1、農学が2、理学部ではそんな変わんないって感じでしょうか。

理学部はひとくくりにできませんよ。
物理学科、数学科などは理1優勢ですし、化学科だと同じくらい、生物学科なら少し理2優勢といった感じです。
#2で示した集計表のとおりです。
細かいこと言い出すと、工学、農学も学科によって色合いがかなり異なりますよ。

大まかなことを言えば、#2の文中に示した進学振り分けについての資料にありますが、
理科一類 工学部・理学部・薬学部・農学部
理科二類 農学部・理学部・薬学部・医学部・工学部
↑は、それなりに人数比率も反映した順番になっていて、理1なら工・理が大部分を占めるし、理2なら農・理・薬が大部分を占めます。

ここまでいろいろ書きましたが、どちらかというと、momomoredさんには#2の集計表とにらめっこしてほしくありません。
むしろ、大学側からの「進学のためのガイダンス」(http://www.u-tokyo.ac.jp/stu03/guidance/H16_html/index.html)や、#2の進学振り分けの資料の中の各学部の紹介とか、あるいは、各学部のホームページ(学部ごとにホームページをもっています)を見て、できれば研究室のホームページまでチェックして、具体的に何がやりたいか、そしてそれをやるためには東京大学のあの研究室で学びたいんだ、ということをしっかりと意識することのほうが大切だと思います(それがなかなかできないわけですが…ハイ)。

あくまで#2の集計表とかは参考までにね。#2で書いたように、入ってから行きたくても行けない学部・学科なんてものはほとんどないですから(文転もありですよ)。
目標高く勉強のほうがんばってください。

>工学が1、農学が2、理学部ではそんな変わんないって感じでしょうか。

理学部はひとくくりにできませんよ。
物理学科、数学科などは理1優勢ですし、化学科だと同じくらい、生物学科なら少し理2優勢といった感じです。
#2で示した集計表のとおりです。
細かいこと言い出すと、工学、農学も学科によって色合いがかなり異なりますよ。

大まかなことを言えば、#2の文中に示した進学振り分けについての資料にありますが、
理科一類 工学部・理学部・薬学部・農学部
理科二類 農学部・理学部・薬学部・...続きを読む


人気Q&Aランキング