ミステリ批判として有名な
「人間が描けていない」
というコメント。いったい、人間が描けているミステリとはどういったものなのでしょうか。昔から疑問でした。

誰からも文句の出ない作家で思いつくのは宮部みゆきさんくらいでしょうか。
しかし本格とは言いがたい。

本格推理小説でなおかつ人間が描けている作家さんはこれだ!!というのを知りたいのです。
私見で結構ですのでお教えください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

何が「本格推理」かというのをよく知らないのですが、(謎解きがあるということ?クイーンとかクリスティみたいなのですかねぇ)


時代や国籍を超えて、「リアルな人間」が感じられたミステリとしては、
「ヒマラヤ杉に降る雪」(工藤夕貴で映画になった)講談社文庫
「シンプル・プラン」スミス 扶桑社だったかな?
「レベッカ」ダフネ・デュ・モーリア 新潮社文庫
(あ、なんか映画マニアみたいなラインになってきた…どれも映画みてないのに)
「鳥 デュ・モーリア短編集」創元推理文庫
「夢果つる街」トレヴェニアン(角川?)(この人「シブミ」では日本人が見ると勘違いコントみたいな、まじめにやってるの?超ナンセンス?みたいなの書いてますが、これはシブイです。)
ハヤカワミステリアス・プレス文庫のマーガレット・マロン「密造人の娘」から始まるデボラ・ノットシリーズも、人間関係がリアルで、(サザンものはわりに身内の関係がウエットで、日本人になじみやすいのかも。「図書館の死体」シリーズとか)かつ、ストーリーもずっしりと読み応えあっておすすめです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

さまざまな回答ありがとうございます。
みなさまの本格論たいへん参考になりました。

なるほどなぁ。納得です。

お礼日時:2001/05/11 14:20

「人間が描けていない」を見て、すぐに清涼院流水を思い出しました。


ミステリ作家なんですが(ご存知かな?)、この人の書くものには
描写も出来ないほどすごい人がたくさん出てくるので、
「人間が描けていない」とのお叱りを受けるそうです。
彼の作中にこの言葉はよく出てきます。
「まるで人物が描けていない小説の登場人物のような」といった感じで。
新作ではこれを逆手に取ったトリックが使われていますし。
私は大好きなんですけどね。すごくて。

本格派のミステリではないのですが、藤本ひとみさんの
鑑定医シャルルシリーズは、主人公や犯人の持つ心の病を描いていて
心理ミステリとして素晴らしいと思います。
しかし普通ミステリというと、読者が求めるのはトリックでしょうから
それも本格といわれるものにいたっては、人間らしさはそれほど
必要とされないのではないでしょうか。だってあんなに人死にまくってるし…。
    • good
    • 0

>ミステリ批判として有名な


>「人間が描けていない」
>というコメント。

こんな事を言う批評家の書評は信用しちゃいけません。
本格ミステリーは「人間が描けていない」のではなくあえて「描かない」のです。
フーダニット、トリックに人間性は不必要だからです。
ロジックのみで推理して欲しいのに、そこに感情を入れると二時間ドラマ仕立てになり、出てきた瞬間に犯人が限定されてしまいます。

「人間が描けていない」ではなく「魅力的な登場人物が居ない」ものは小説として問題だとは思いますが、感情の描写が少なかったり主人公に関する紹介がされないだけで「描けていない」と批評するのはお門違いです。
そんな部分でミステリーを測ると言う事は、本格を理解出来ていない証拠でしょう(済みませんが、本格ミステリーについて説明出来るスペースも時間も残念ながらここにはないようです)

あえて「人間が描けている」ではなく「魅力的な人間を描いている」作家と言われれば敬愛する有栖川有栖氏の「月光ゲーム」「孤島パズル」「双頭の悪魔」の江神シリーズです。
    • good
    • 0

こんにちは。


私はあまり批評など気にせず本を読むのですが、ご質問を読んで思い浮かんだのは
”森村誠一”さんです。
有名な作家なので、平凡なお答えかもしれませんが...
あの映画にもなった”人間の証明”などはご存知でしょうか?
私が森村さんにはまった最初の作品です。ストーリー(トリック)はもちろん、関わる人達の思い、心の葛藤など、読み応え充分でした。
もし、読んだ事がなければ、お勧めです。
    • good
    • 0

まず、本格物というのが何をさしているのかよくわからないので、ちょっとそれについて書かせてもらいますね。



なんとなく、いわゆるパズラーというか謎とき物(特にトリックがカギになっているもの)が『本格』といわれることが多いような気がするのですが、それをして、『本格』という、なんか『ミステリのホンモノ』みたいなイメージのある言葉でくくるのって変だと思うし、謎ときがメインの小説って、不自然で、どうもおもしろくないと思うんです。そのへんが「人間が書けてない」という批判になるんじゃないかな、と思うのですが。『本格物』をパズラーに限定しなければ、人間が書けているものって(へたすると、他のジャンルより)多いと思いますよ。
(あ、だからといって、別にパズラーを否定するつもりはありません。deagleさんの意見を読んで思ったんですが、たしかに何をおもしろいと感じるかはその人次第ですから、パズラーだけではおもしろくない、というのはわたしの好みの問題です)

で、探偵役がいて謎を解いていく、その謎も解き方も、探偵のあり方も不自然でなく、読みごたえがある、というミステリがわたしは好きなのですが、それでよろしければ、
・P.D.ジェイムズのダルグリッシュ警視シリーズ
・エリザベス・ジョージのリンリー警部シリーズ
・レジナルド・ヒルのダルジール警視シリーズ
・コリン・デクスターのモース警部シリーズ
がおすすめです。
もう少し軽い感じのものなら、アーロン・エルキンズのスケルトン探偵ギデオン・オリバーのシリーズもおもしろいと思います。

あと、コーンウェルはわたしも好きですね。なかなか猟奇ですが。。。
    • good
    • 0

 julianoさんの紹介されている作家はパトリシア・コーンウェルですね。

ぼくもこのシリーズは好きで読んでいます。
 tallman99さんのいう「人間が描けていない」というのがどういう意味なのかよくわかりませんが、海外作品ではポール・リンゼイなんかどうでしょうか?パトリシア・コーンウェルと同じ講談社文庫(青と白の背表紙)です。
 ぼくは日本作家では島田荘司が好きです。御手洗潔シリーズや吉敷刑事シリーズがありますが、日本人的な人間くささでいったら吉敷刑事シリーズですかね。
    • good
    • 0

 人間が描けてている、とは、要するに「物語がちゃんとドラマになってる」ってことです。


 登場人物達がいかにも人間らしいと読者が感じるのは、作中に葛藤シーンが入っているときです。心の葛藤を描くことで、登場人物はいかにも実在の人間っぽく動きます。
 ……が。

 俺に言わせれば、それすらもしょせんはテクニックにすぎません(笑) 本当にリアルな葛藤シーンは、作家にとって「一生の課題」と言ってもいいくらい難しいですが、それっぽいものでよければ割かし簡単にかけます。

 それがちゃんと描けていないのは、理由ははっきりしてます。たいていのミステリー作家にとって、ミステリー小説は「クイズ小説」だからです。
 クイズを読者に解かせることがメインであり、物語を追い、人間ドラマを描くことは2の次なんです。
 ミステリーで人間ドラマを描くと、「カッコいいヒーローとしての主人公」を描かざるをえなくなり、結果として出題される謎は極端に難しくなります。(なぜなら、読者にも解けるような謎に関していつまでも悩んでいるような主人公は、それはもはやヒーローではなく、いわばミステリーテラーでしかないからです)
 絶対にクリアできないと分かっているゲームを買うゲーマーはいません。それと同じように、難しすぎて難解なクイズブックを買うミステリーファンもいやしません。

 もっとも、だからって一概に「人間が描けてない」という批判を繰り返すのはどうかと思いますけどね(^_^; なぜなら、そういう小説を書いている人はその人なりの考え方があるわけですから。
 だから、クイズ小説しか描けない作家を攻めるべきじゃないと思いますね。
 けっきょく、小説にルールなんてないんです。
 「小説とはかくあるべし! この見解以外はすべて間違いである!」と声高に叫んだところで、創作の世界ってのは「面白いもの書いた者勝ち」なんです。
 それができなかった人が何を言っても、それはしょせんは「負け犬の遠吠え」でしかありません。
    • good
    • 0

海外作家のものでもよければ・・・。

えーと、作家のかたの名前が長すぎて忘れてしまったのですが、確かPとかがはいっていたような・・・。もと検死官か何かをされていた人です。(間違ってたらすみません。)
シリーズもので、タイトルは「死体」「検屍」「死体農場」などです。
あまりミステリーを読む方ではありませんが、海外のものって、結構人間が描けているような気がしますが・・・。日本のミステリーで私が好きな人は赤川次郎さんです。彼こそ、毎回人間味あふれる登場人物を生み出していますよ。あ、でも、彼の作品は本格ミステリーではないのかなあ・・・。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qヤフーのオークションで、出品者からアクセスした人間は特定される?

回答にこちらの名前入れないでください<(__)>すみません。検索に引っかかりたくないので、、、。

◎ヤフーのオークションですが、出品者が、出品ページにアクセスした人や大体の地域を特定することは出来るのでしょうか?

ふつうのHPでしたら運営者が、アクセスした人間や大体の地域を特定できるようですが、、、。
前に、通っていたお稽古事のHPにアクセスしたら、「こないだHPに来てたね~」って言われて驚きました。

ヤフーのオークションでもそのようなことされるのでしょうか?


よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

あるホームページにアクセスした場合、管理者には以下の情報がわかります。
「確認くん」
http://www.ugtop.com/spill.shtml
これ以上でも以下でもありません。
しかしこれは管理者がわかる事で出品者にはわかりません。
   
> 通っていたお稽古事のHPにアクセスしたら、「こないだHPに来てたね~」って言われて
アクセスが少なくて、相手の使っているプロバイダがわかっていれば大体見当がつきます。
あくまでも見当であって特定は出来ません。

Q宮部みゆき作品について

宮部みゆき作品について

「長い長い殺人」・「魔術はささやく」・「龍は眠る」を見ました。

人の描写やストーリー展開が面白くてどんどん読まされてしまうのですが、事件の真相を聞いたときに「う~ん、スッキリしない」と思いました。「おしい!」と。

他の作品でラストが「すごい!」と思った作品ありましたか?ジャンルは特に問いません。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

わかります。「長い長い殺人」は惜しいですよね(笑)
私的には「理由」と「模倣犯」も惜しかったです。
ただ、模倣犯は途中の展開は素晴らしかったように記憶しています。

飛び抜けて「すごい!」と思ったのは、何と言っても「火車」です。
題材が今となっては古い社会問題ですが、ラストの、息が止まるような緊張感はなかなか読書で味わえるものではありません。

「蒲生邸事件」もお勧めです。「ラストがすごい!」というのはありませんが、読後の余韻が深いです。
余談ですが、ドラマ化されましたがキャストがいまいちでした。山田孝之君あたりでやってくれないかな・・

Qペニーオークションは落札さえできれば問題ないのか?

ペニーオークションが問題になっています。
私が「ペニーオークションはいろいろ疑わしいことがある」と見聞きしたのは結構前ですが、その頃はペニーオークションの問題点とは

1回の入札ごとに少額の手数料が掛かり、それが積もり積もって気が付いたときにはちっとも安い買い物ではなくなってしまっている、

という点だけでした。
まさか、競争相手の落札者は一緒に参加している人間とおもっていたらまさかプログラムによる自動入札であり、絶対に人間には落札できない仕組みだったとは・・・・・

では
「きちんと商品を用意し、落札者には必ず商品を渡す」こととし、
「プログラムによる自動入札で、絶対に一般参加者は落札できない仕組みになっている」
という部分を是正すれば、ペニーオークションは問題ないのでしょうか?

(芸能人がブログで宣伝活動云々、はこの討議から排除します。それはまた別問題)

Aベストアンサー

問題があるかないか以前に、買い物するのに手数料払えって時点でおかしいだろうが。
数万円するものが数百円で落とせるなんて時点で、出品者には何のメリットもないし、オークションの意味がないわ。

ちょっと考えれば分かるようなことを、考えもしないで騙される方が馬鹿なんだよ。

Q宮部みゆきのレベル7

図書館で借りてきたのですが最後の最後のほうが剥がれて見えない文字があります。持っている方がいたら教えてください。
第四日(57)
「榊医師は東京にもクリニックを持っているから、その店でも○○がきいた。
表面はあくまでも猛蔵に盲従している☆☆☆装いながら、いわば二重生活をしていだのだ。」
という部分です。ハードカバー版ですがうしろから6ページほどです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

「レベル7」私も面白く読みました。

問題の個所は、

 ○○……「自由」
 ☆☆☆…「ふりを」

です。

Qインターネットオークション・・・。

こんばんわ!
僕はまだ中学生なので、オークションに参加することが出来ません・・・(悲)。
先日オークションサイトをぶらぶらしていると欲しい商品があったので、
お年玉で購入したいなぁ~と思いました。
で、親(父)にオークションで品物を代わりに落札してほしいとたのんだんです。
でも・・・、
「ネット通販とかオークションは信用できんからアカン」
と言われました・・・(悲)。

そこで質問なんですが、こういう人間を説得するにはどうすればいいですか?
僕の親はそんなに頑固一徹みたいな人ではないんですけど・・・。
みなさんの説得術教えてください!!!

Aベストアンサー

オークション経験者のneterukunです。
ヤフーでですがトラぶったことは無いですね。
相手の不払いで入札取り消しにしたことはありますが。
本人確認でアラシみたいな人はかなり減ったし。
評価で注目すべきは「非常に悪い」って欄です。
どういういみでその取引が悪かったのかを見てください。
たいていは入金遅れや、クレームとかの文句で
ここにいちばん本音が出ているんじゃないでしょうか?
私も「非常に悪い」をつけたことはありますが
数えるほどで99%まともに入落札しています。
最近は「非常に悪い」が0の人ばかりですから
信用できますもし、金銭トラブルを警戒されるなら
ちょいと高くつきますが代引きにしてもらうことだってできます。
ヤマト便で送料ほかに\315ゆうパックで送料ほかに¥250です。
私も個人で出品していますし、喜んでもらえるのって
なんか嬉しいです。もちろん買ってよかった!ってのもあるし。
いちいち店まで行かなくてもいいってのも便利さの1つですよね。
お父さんも一緒に参加するとかおかあさんも買うとかすると
家族で楽しめますよ。⌒(*^∇゜)v

オークション経験者のneterukunです。
ヤフーでですがトラぶったことは無いですね。
相手の不払いで入札取り消しにしたことはありますが。
本人確認でアラシみたいな人はかなり減ったし。
評価で注目すべきは「非常に悪い」って欄です。
どういういみでその取引が悪かったのかを見てください。
たいていは入金遅れや、クレームとかの文句で
ここにいちばん本音が出ているんじゃないでしょうか?
私も「非常に悪い」をつけたことはありますが
数えるほどで99%まともに入落札しています。
最近は「非常...続きを読む

Q宮部みゆきの本について

初めて宮部みゆきの本を読もうと思って模倣犯を借りたのですが、初めて読むにはちょっと長いかなと思ってます。

割と短めで、オススメの本があったら紹介していただきたいです。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんばんは。
わたしがいちばんハマったと思う宮部作品は、
今だに『火車』新潮文庫(山本周五郎賞受賞)です。
短くはないですが1冊の本ですし、
何より読んでて止まりませんでした!
読んでいる途中でしおりをはさもうと思っても、
続きが気になって気になってしかたなく、
まさに一気読みしてしまった本です。

宮部みゆきの長編(現代)サスペンスは、
現代社会に潜む社会問題が基本テーマになっていることが多いです。
でも堅苦しくなく織り込まれていて、読み手のテンポを遮りません。
ムズカシイ話が苦手な人でも、興味深く楽しんで読めると思いますヨ。

Qオークションサイトの作成、及び運営をしてみたいのですが・・・

はじめまして、オークションサイトに興味があり質問がいろいろあります、よろしければご教授ください。

実はちょっとアイデアがありまして、オークションサイトを運営したいと思ってます。
ですが、ホームページ作成ソフトやネットショップ作成ソフトを使ってもヤフオクのようなシステムなどは作れないということでしたので、1からオークションサイトを作るにはどうしたらいいのでしょうかか?
プロの方にサイトを作ってもらうにはどのくらい作成料がかかるのでしょうか?
ヤフオクのように不特定多数の人間が出品や落札の参加が可能になるシステムなんて出来るのでしょうか?
など、もしご存知のかたいらっしゃいましたら教えてください!よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

>プロの方にサイトを作ってもらうにはどのくらい作成料がかかるのでしょうか?
もしヤフオクなみのシステムを望むなら億単位の資金が必要になります。
1日2日で作れるような小規模なシステムではないですし、なにしろ
お金がかかわるシステムなので相当数のテストを行う必要もあります。
恐らくヤフオクのような商用システムだとデータベースにOracleを
使っていると思いますが、Oracleだけでも1プロセッサに対して100万円という値段なのです。
更に開発にかかる人件費は半端ではありません。一人の人材を1ヶ月確保するのに
約100万円かかります。10人で6ヶ月ならそれだけで6000万円です。

>ヤフオクのように不特定多数の人間が出品や落札の参加が可能になるシステムなんて出来るのでしょうか?
小規模なオークションサイトなら自分で作る事もできます。
その場合ネットワークやOS(Linux等)、オークションサイトを作成するための言語(PHP等)や
データベース(MySQL等)の知識が必要になります。

Q宮部みゆきさんの模倣犯 文庫本と単行本

こんにちは。
宮部みゆきさんの模倣犯という作品は、単行本だと上下2巻。文庫本だと1~5だそうですが、

単行本の上=文庫本の1~3巻。
単行本の下=文庫本の4・5巻。

なのでしょうか。それともきっちり2巻の半分で上下に別れているのでしょうか。古本屋さんで1、2巻だけ買ってしまったものの・・・その後の購入で迷っています。本屋さんが遠く確認できないので、どなたかご存知でしたら教えてください。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

模倣犯、文庫本で読みました。

単行本との分け方の違いは分からないのですが・・。
文庫本の2巻・・第2部 1~12
文庫本の3巻・・第2部 13~26
文庫本の4巻・・第3部 1~14
となっていました。

Qネットオークションでの とんでもない取引相手を教えて!

ちょっと探してみたのですが、同じ質問が無かったのでおたずねいたします。

私はネットオークション経験者で、取引回数は100回前後です。
今までは、幸いにトラブルもなく、ごく平凡に普通の取引をして来ましたが、

ネットオークション経験者の方で「とんでもない取引相手」を経験なさった方…
特に強烈な非常識人間などの体験談などを教えて下さい。(愚痴でもOKです)

今後の参考にさせて頂きますのでよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

>その後どうなったか非常に興味があります
どうやって連絡先を突き止めたかには触れずに、普通に取引を進めたらどうなるか、相手の反応が見たくて面白半分で試したました。
しかし相手もさる者で、最初は多少驚いたものの連絡先の出所などには全く触れず「商品を取り寄せるまで一週間掛かります」と平然と言われました。
普通に接したため今更怒りを爆発させるわけにもいかず、穏便にキャンセルとなりました。
今思えば、最初に文句の一つも言っておけば良かったです…。
ちなみに連絡先は、出品者の評価から以前の取引相手の出品物の質問を利用し、事情を話して教えてもらいました(匿名で)。

話は変わりますが、出品者が負担する落札手数料や、何故か消費税を請求されたこともあります。
あと質問は有料ですとか…。

Q宮部みゆきの時代小説&実在女性が主役の小説

こんにちは。

時代小説が好きで、読んだ中では平岩弓枝さん、宇江佐真理さん、宮部みゆきさんが好きになりました。
それで、宮部さんの文章力とか構成力はとても素晴らしいと思うのですが、霊とか化け物が出てくるような超能力系時代小説は私にはしっくりきません。

最近『ぼんくら』を読んで、超能力系以外も書いていると知りました。
これ以外に超能力が出て来ない作品はあるのでしょうか?

それから、先日、宮尾登美子さんの「天障院篤姫」を読んだのですが、同じように歴史上の女性を主人公にした作品があれば教えてください。(永井路子さんのはあらかた読みました)

よろしくお願いしますm(__)m

Aベストアンサー

>実在女性が主役の小説

わたしも昔、永井路子さんを読んでいましたので、その頃に読んだ小説をいくつか。
「千すじの黒髪」(田辺聖子・文春文庫)
「悲愁中宮」(安西篤子・集英社文庫)
「女人平家」(吉屋信子・角川文庫)
「紅蓮の女王」(黒岩重吾・中公文庫)

多分お求めのものは日本史上の女性だとは思いますが、歴史上の女性という意味では
「ルネサンスの女たち」(塩野七生・中公文庫)
も挙げられます。

余談ですが、宮尾登美子は「蔵」も面白かったです。
わたしもついこないだ「ぼんくら」を読んで、宮部5冊目にしてようやく「面白い!」と思いました。最後にもう一つくらいどんでん返しを期待したんですけど、それは無理か(^_^;)。
続きが出ているとのことですので、わたしも読みたいと思います(^o^)。「本所深川~」もそのうち読みます。

わたしはあまり時代物を読むほうではないのですが、王道の池波正太郎「鬼平犯科帳」は面白かったです。お読みになりました?昔、友達のお母さんにお借りして読破しました。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報