ミステリ批判として有名な
「人間が描けていない」
というコメント。いったい、人間が描けているミステリとはどういったものなのでしょうか。昔から疑問でした。

誰からも文句の出ない作家で思いつくのは宮部みゆきさんくらいでしょうか。
しかし本格とは言いがたい。

本格推理小説でなおかつ人間が描けている作家さんはこれだ!!というのを知りたいのです。
私見で結構ですのでお教えください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

何が「本格推理」かというのをよく知らないのですが、(謎解きがあるということ?クイーンとかクリスティみたいなのですかねぇ)


時代や国籍を超えて、「リアルな人間」が感じられたミステリとしては、
「ヒマラヤ杉に降る雪」(工藤夕貴で映画になった)講談社文庫
「シンプル・プラン」スミス 扶桑社だったかな?
「レベッカ」ダフネ・デュ・モーリア 新潮社文庫
(あ、なんか映画マニアみたいなラインになってきた…どれも映画みてないのに)
「鳥 デュ・モーリア短編集」創元推理文庫
「夢果つる街」トレヴェニアン(角川?)(この人「シブミ」では日本人が見ると勘違いコントみたいな、まじめにやってるの?超ナンセンス?みたいなの書いてますが、これはシブイです。)
ハヤカワミステリアス・プレス文庫のマーガレット・マロン「密造人の娘」から始まるデボラ・ノットシリーズも、人間関係がリアルで、(サザンものはわりに身内の関係がウエットで、日本人になじみやすいのかも。「図書館の死体」シリーズとか)かつ、ストーリーもずっしりと読み応えあっておすすめです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

さまざまな回答ありがとうございます。
みなさまの本格論たいへん参考になりました。

なるほどなぁ。納得です。

お礼日時:2001/05/11 14:20

「人間が描けていない」を見て、すぐに清涼院流水を思い出しました。


ミステリ作家なんですが(ご存知かな?)、この人の書くものには
描写も出来ないほどすごい人がたくさん出てくるので、
「人間が描けていない」とのお叱りを受けるそうです。
彼の作中にこの言葉はよく出てきます。
「まるで人物が描けていない小説の登場人物のような」といった感じで。
新作ではこれを逆手に取ったトリックが使われていますし。
私は大好きなんですけどね。すごくて。

本格派のミステリではないのですが、藤本ひとみさんの
鑑定医シャルルシリーズは、主人公や犯人の持つ心の病を描いていて
心理ミステリとして素晴らしいと思います。
しかし普通ミステリというと、読者が求めるのはトリックでしょうから
それも本格といわれるものにいたっては、人間らしさはそれほど
必要とされないのではないでしょうか。だってあんなに人死にまくってるし…。
    • good
    • 0

>ミステリ批判として有名な


>「人間が描けていない」
>というコメント。

こんな事を言う批評家の書評は信用しちゃいけません。
本格ミステリーは「人間が描けていない」のではなくあえて「描かない」のです。
フーダニット、トリックに人間性は不必要だからです。
ロジックのみで推理して欲しいのに、そこに感情を入れると二時間ドラマ仕立てになり、出てきた瞬間に犯人が限定されてしまいます。

「人間が描けていない」ではなく「魅力的な登場人物が居ない」ものは小説として問題だとは思いますが、感情の描写が少なかったり主人公に関する紹介がされないだけで「描けていない」と批評するのはお門違いです。
そんな部分でミステリーを測ると言う事は、本格を理解出来ていない証拠でしょう(済みませんが、本格ミステリーについて説明出来るスペースも時間も残念ながらここにはないようです)

あえて「人間が描けている」ではなく「魅力的な人間を描いている」作家と言われれば敬愛する有栖川有栖氏の「月光ゲーム」「孤島パズル」「双頭の悪魔」の江神シリーズです。
    • good
    • 0

こんにちは。


私はあまり批評など気にせず本を読むのですが、ご質問を読んで思い浮かんだのは
”森村誠一”さんです。
有名な作家なので、平凡なお答えかもしれませんが...
あの映画にもなった”人間の証明”などはご存知でしょうか?
私が森村さんにはまった最初の作品です。ストーリー(トリック)はもちろん、関わる人達の思い、心の葛藤など、読み応え充分でした。
もし、読んだ事がなければ、お勧めです。
    • good
    • 0

まず、本格物というのが何をさしているのかよくわからないので、ちょっとそれについて書かせてもらいますね。



なんとなく、いわゆるパズラーというか謎とき物(特にトリックがカギになっているもの)が『本格』といわれることが多いような気がするのですが、それをして、『本格』という、なんか『ミステリのホンモノ』みたいなイメージのある言葉でくくるのって変だと思うし、謎ときがメインの小説って、不自然で、どうもおもしろくないと思うんです。そのへんが「人間が書けてない」という批判になるんじゃないかな、と思うのですが。『本格物』をパズラーに限定しなければ、人間が書けているものって(へたすると、他のジャンルより)多いと思いますよ。
(あ、だからといって、別にパズラーを否定するつもりはありません。deagleさんの意見を読んで思ったんですが、たしかに何をおもしろいと感じるかはその人次第ですから、パズラーだけではおもしろくない、というのはわたしの好みの問題です)

で、探偵役がいて謎を解いていく、その謎も解き方も、探偵のあり方も不自然でなく、読みごたえがある、というミステリがわたしは好きなのですが、それでよろしければ、
・P.D.ジェイムズのダルグリッシュ警視シリーズ
・エリザベス・ジョージのリンリー警部シリーズ
・レジナルド・ヒルのダルジール警視シリーズ
・コリン・デクスターのモース警部シリーズ
がおすすめです。
もう少し軽い感じのものなら、アーロン・エルキンズのスケルトン探偵ギデオン・オリバーのシリーズもおもしろいと思います。

あと、コーンウェルはわたしも好きですね。なかなか猟奇ですが。。。
    • good
    • 0

 julianoさんの紹介されている作家はパトリシア・コーンウェルですね。

ぼくもこのシリーズは好きで読んでいます。
 tallman99さんのいう「人間が描けていない」というのがどういう意味なのかよくわかりませんが、海外作品ではポール・リンゼイなんかどうでしょうか?パトリシア・コーンウェルと同じ講談社文庫(青と白の背表紙)です。
 ぼくは日本作家では島田荘司が好きです。御手洗潔シリーズや吉敷刑事シリーズがありますが、日本人的な人間くささでいったら吉敷刑事シリーズですかね。
    • good
    • 0

 人間が描けてている、とは、要するに「物語がちゃんとドラマになってる」ってことです。


 登場人物達がいかにも人間らしいと読者が感じるのは、作中に葛藤シーンが入っているときです。心の葛藤を描くことで、登場人物はいかにも実在の人間っぽく動きます。
 ……が。

 俺に言わせれば、それすらもしょせんはテクニックにすぎません(笑) 本当にリアルな葛藤シーンは、作家にとって「一生の課題」と言ってもいいくらい難しいですが、それっぽいものでよければ割かし簡単にかけます。

 それがちゃんと描けていないのは、理由ははっきりしてます。たいていのミステリー作家にとって、ミステリー小説は「クイズ小説」だからです。
 クイズを読者に解かせることがメインであり、物語を追い、人間ドラマを描くことは2の次なんです。
 ミステリーで人間ドラマを描くと、「カッコいいヒーローとしての主人公」を描かざるをえなくなり、結果として出題される謎は極端に難しくなります。(なぜなら、読者にも解けるような謎に関していつまでも悩んでいるような主人公は、それはもはやヒーローではなく、いわばミステリーテラーでしかないからです)
 絶対にクリアできないと分かっているゲームを買うゲーマーはいません。それと同じように、難しすぎて難解なクイズブックを買うミステリーファンもいやしません。

 もっとも、だからって一概に「人間が描けてない」という批判を繰り返すのはどうかと思いますけどね(^_^; なぜなら、そういう小説を書いている人はその人なりの考え方があるわけですから。
 だから、クイズ小説しか描けない作家を攻めるべきじゃないと思いますね。
 けっきょく、小説にルールなんてないんです。
 「小説とはかくあるべし! この見解以外はすべて間違いである!」と声高に叫んだところで、創作の世界ってのは「面白いもの書いた者勝ち」なんです。
 それができなかった人が何を言っても、それはしょせんは「負け犬の遠吠え」でしかありません。
    • good
    • 0

海外作家のものでもよければ・・・。

えーと、作家のかたの名前が長すぎて忘れてしまったのですが、確かPとかがはいっていたような・・・。もと検死官か何かをされていた人です。(間違ってたらすみません。)
シリーズもので、タイトルは「死体」「検屍」「死体農場」などです。
あまりミステリーを読む方ではありませんが、海外のものって、結構人間が描けているような気がしますが・・・。日本のミステリーで私が好きな人は赤川次郎さんです。彼こそ、毎回人間味あふれる登場人物を生み出していますよ。あ、でも、彼の作品は本格ミステリーではないのかなあ・・・。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qヤフーのオークションで、出品者からアクセスした人間は特定される?

回答にこちらの名前入れないでください<(__)>すみません。検索に引っかかりたくないので、、、。

◎ヤフーのオークションですが、出品者が、出品ページにアクセスした人や大体の地域を特定することは出来るのでしょうか?

ふつうのHPでしたら運営者が、アクセスした人間や大体の地域を特定できるようですが、、、。
前に、通っていたお稽古事のHPにアクセスしたら、「こないだHPに来てたね~」って言われて驚きました。

ヤフーのオークションでもそのようなことされるのでしょうか?


よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

あるホームページにアクセスした場合、管理者には以下の情報がわかります。
「確認くん」
http://www.ugtop.com/spill.shtml
これ以上でも以下でもありません。
しかしこれは管理者がわかる事で出品者にはわかりません。
   
> 通っていたお稽古事のHPにアクセスしたら、「こないだHPに来てたね~」って言われて
アクセスが少なくて、相手の使っているプロバイダがわかっていれば大体見当がつきます。
あくまでも見当であって特定は出来ません。

Qミステリ好きにおすすめな、ミステリ以外の本は?

私は、今までミステリ、というか、「謎があって、続きが気になる」作品ばかり読んできました。(特に東野圭吾さんや宮部みゆきさんが好きです)そういう作品は読むのに夢中になって、たいてい一日で読み終えてしまいます。

でも、ミステリ以外?の、特に事件がおこったりしない作品は読み進めるのが苦手で、図書館で借りてきてもほとんど読まずに返却期限がきてしまいます。今までだと江國香織さんや梨木果歩さんのものを何度か借りたり買ったりしましたが最後まで読めませんでした;。そのため、最近は躊躇してしまってほとんど読んでいません。
けれど、ミステリ以外の世界にもはまってみたい!!と思います。素晴らしい作品がたくさんあるに違いないので、はまるきっかけがほしいです。

そこで、図々しいですが皆さんのおすすめの作品や作家さんを紹介してほしいです。よろしくお願いいたします!

ちなみに、例外的?に、北村薫さんの「時と人」三部作・小川洋子さんの『博士の愛した数式』は夢中で読めたし、大好きです。
全体的にオシャレな雰囲気(うまく伝えられませんが)がする作品はニガテです。

私は、今までミステリ、というか、「謎があって、続きが気になる」作品ばかり読んできました。(特に東野圭吾さんや宮部みゆきさんが好きです)そういう作品は読むのに夢中になって、たいてい一日で読み終えてしまいます。

でも、ミステリ以外?の、特に事件がおこったりしない作品は読み進めるのが苦手で、図書館で借りてきてもほとんど読まずに返却期限がきてしまいます。今までだと江國香織さんや梨木果歩さんのものを何度か借りたり買ったりしましたが最後まで読めませんでした;。そのため、最近は躊躇し...続きを読む

Aベストアンサー

例外的になってくれるといいのですが・・・。
小川洋子さんと同じせつない系の恋愛小説です。
・川上弘美「センセイの鞄」
月子さんと高校の元国語のセンセイとの淡くせつないお話です。

こちらは、さらっと読めるコメディの要素もある恋愛小説かな?
・劇団ひとり「陰日向咲く」
意外な才能に驚かれるかもしれません。一つ一つは短編ですが、読み進めて行くと、あれ?って思います。
・阿川佐和子「スープ・オペラSoup Opera」
ひとつ屋根の下の独身女性と二人の男性の恋の花咲く長編小説、ってありましたが、どろどろ感はまった~くないです^^

Q横紋筋や平滑筋と色の関係

横紋筋は赤っぽく(牛肉や豚肉など)平滑筋は白っぽい(ホルモンやモツなど)ですよね。では魚の場合、横紋筋(刺身など)でも赤いものと白いものがありますよね。実際は筋肉の種類と色は関係ないのでしょうか?

Aベストアンサー

筋繊維の色はミオグロビンの含有量により白から赤まであります。横紋筋には,ミオグロビン含量により赤色筋繊維(赤筋)と白色筋繊維(白筋)に大別されます。また,平滑筋はミオグロビンを含みません。

白い筋肉は,平滑筋と横紋筋の白色筋繊維であり,赤いものは横紋筋の赤色筋繊維です。横紋筋のミオグロビンの機能は酸素の取り込みですから,赤筋は長時間の弱い運動である有酸素運動を司り,白筋は短時間の力強い運動である無酸素運動を司ります。

この両横紋筋の割合は遺伝的に決まっています。種により,同種間では個体により違いがあります。外洋を遊泳し,浮き袋を持たないマグロのような魚類は泳ぎを止めますと沈んでしまいますから疲れを知らない赤筋ですし,タイのように浮き袋を持ち短時間の力強い遊泳が必要な魚類は白筋です。ヒトでもマラソンランナーは赤筋,スプリンターは白筋が普通の方より割合が多くなる傾向にあります。「スプリンターは生まれるものだ」という言葉はこの辺の事情からです。参考になりましたなら…

Q最近のミステリ小説のトリックを詳しく解説しているサイトを探しています

最近のミステリ小説のトリックを詳しく解説しているサイトを探しています

ミステリ小説を書きたいと思い、トリックについて勉強しています。
ミステリ小説を片っ端から読んでいるのですが、それだけではどうしても時間がかかってしまい、困っています。
そこで、もしも最近のミステリ小説のトリックを詳しくネタバレしているサイトなどがあれば、そこも使って勉強したいと考えています。
もしも、そうしたトリックを詳しく解説しているサイトのようなものをご存知でしたら、どうか教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

■サイト
「国内外のミステリー・推理小説のデータベースサイト」
『ミステリー・推理小説の用語』
http://www.aga-search.com/mystery_word/mystery_word.html

■書籍
「世界の名探偵50人 推理と知能のトリック・パズル」
「刑事コロンボ完全事件ファイル」
「名探偵コナン ミステリーアカデミー」
「金田一少年の事件簿謎ときファイル」
「金田一少年の事件簿謎ときファイル2」

Q人のアルビノは存在するの?

ウサギのアルビノはペットショップにでも行けばいるでしょうし、カラスやヘビ、ワニその他の動物のアルビノも動物園に行けば見れたりしますよね。

そこで疑問なのですが、人間でもアルビノは存在するのでしょうか。
色素欠乏症でメラニン色素ができないわけですから、ありえそうといえばありえそうですが。
ただ、漫画や小説の中で登場するくらいで実在するアルビノの方は噂にも聞いたことがありません。
いるとしてもすごく体が弱そうなイメージがあります。きちんと成長できなそうな……。
北欧などは本当に髪の色が薄い人もいますが、別にアルビノというわけじゃありませんしね。瞳の色はウサギのように赤くはないですし。

どうなのでしょうか。とても気になっています。
現代が舞台のベストセラー小説にアルビノの人物が出てきて、「本当にいるのかなー」と素直に読めません。
アルビノのヒトは存在するのか。いたとして普通に日常生活がおくれるのか。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

はい、いますよ^^超有名どころでは、ミュージシャンのジョニー・ウィンターですね。ちなみにエドガー・ウィンターという兄弟共々アルビノです。いまだに現役バリバリのブルースマン(時々ロックに転んだりしてますが)で活躍中です。
アルビノも、程度(という言い方は適切でないかもですが)によって生活への影響度は様々ですね。視力等に著しい弊害のある方もいれば、ある程度の環境対策で支障なく日常生活を送れる方もいますし。以前私が住んでいた街の飲食店で、アルビノの男性が接客をされていました。20代半ばくらいだったかな、髪と体毛・肌はあくまで白く、眉毛と睫毛も真っ白、目はルビーのような緋色でした。しかしテキパキと仕事をこなす様は健康な人そのもので、陽の高い時刻に「お疲れさま~」と帰るところにも遭遇しましたが、特別紫外線対策もしていなかったような気がします。案の定、界隈では「ジョニー」と呼ばれていたようですが(笑)。その方はたまたまとても健康に恵まれていたのかも知れませんね。

架空の小説でアルビノを主人公にした作品では、マイケル・ムアコックの「エルリック・サーガ」が有名です。翻訳版ではファイナル・ファンタジーのイラストで有名な天野喜孝さんが挿絵を手がけておられます。アルビノのミステリアスなイメージを美麗に表現していると思いますので、ヤフオク等で絵を見てみるのも面白いかと^^

参考URL:http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B000002ARV/qid=1128347531/sr=8-8/ref=sr_8_xs_ap_i8_xgl15/249-9823892-6169918

はい、いますよ^^超有名どころでは、ミュージシャンのジョニー・ウィンターですね。ちなみにエドガー・ウィンターという兄弟共々アルビノです。いまだに現役バリバリのブルースマン(時々ロックに転んだりしてますが)で活躍中です。
アルビノも、程度(という言い方は適切でないかもですが)によって生活への影響度は様々ですね。視力等に著しい弊害のある方もいれば、ある程度の環境対策で支障なく日常生活を送れる方もいますし。以前私が住んでいた街の飲食店で、アルビノの男性が接客をされていました。20...続きを読む

Qお勧めのミステリ

十角館の殺人を読んで、ミステリ読もうかなと思ってるんですが、面白いのを紹介してください。

Aベストアンサー

十角館が面白いとおもったのなら、館シリーズを読んでいくことをおススメします。
水車館、迷路館、人形館、時計館、黒猫館と続いていますので。

あとは、おススメする人間の個人的趣味になると思いますが
話題性という面では殊能将之氏の「ハサミ男」(講談社刊)は映画化も控えていますし
読んでおくといいかもしれません。映画は当たったときに話題に乗っていけるかも。
ミステリとしても十分面白いですし。
同じように横山秀夫氏の「半落ち」も映画化されるのでおススメです。
ただ、綾辻氏のような新本格的な作品ではありません。

個人的趣味でおススメすると、西澤保彦氏でしょうか。
ミステリとSF要素を融合させた変な設定で見事なミステリ作品を書く方です。
SF設定が絡まない作品もあり、それはそれで面白い作品ばかりです。
「七回死んだ男」「人格転移の殺人」などがおススメです。
講談社文庫から発売されています。

QCAD図面にEXCELの表を貼り付けした後、CAD上で表の編集はできま

CAD図面にEXCELの表を貼り付けした後、CAD上で表の編集はできますか?
「LTらすた」というソフトは確か貼り付けだけのみだと思うのですが、
他のソフトなどで出来たりするのでしょうか?
ありましたら教えてください。

CADは AutoCAD 2007です。

Aベストアンサー

私は、AutoCAD LT2005です。方法は、エクセルの貼り付ける表を選択して右クリックメニューのコピーを選択する。次にAuto CADの画面に移動して、編集メニューから 形式を選択して貼り付け を選択する。形式を選択して貼り付けダイアログボックスが表示されるので Auto CAD図形(Auto CADLT図形) を選択して OK でダイアログを閉じる。たくさんの範囲を選択していたら、カーソルが砂時計になりAuto CADが壊れたかと思うほど時間がかかるが、時間がたてば正常なカーソルに戻る。お試しあれ。

Q日本ミステリと洋館

明治あたりのお金持ちが建てたような洋館(西洋建築)
について興味があって調べている者です。
よくミステリの例えば綾辻の館シリーズとか
京極とかで、「洋館」って出てきますよね。
そういうミステリに出てくる洋館で実在する建築
またはモデルになった建物があったら教えてください。
実在しそうな建築の出てくるミステリを紹介して
頂いても嬉しいです。お願いします。

Aベストアンサー

藤森照信という人の書いた「建築探偵シリーズ」、
これはミステリではなく、
日本の各地に残る洋館を見物・研究してまわるグループの
記録です。

三島由紀夫の小説の舞台のモデルとなった建物などが
紹介されていました。

文庫版もあるので読みやすいと思います。

Qペニーオークションは落札さえできれば問題ないのか?

ペニーオークションが問題になっています。
私が「ペニーオークションはいろいろ疑わしいことがある」と見聞きしたのは結構前ですが、その頃はペニーオークションの問題点とは

1回の入札ごとに少額の手数料が掛かり、それが積もり積もって気が付いたときにはちっとも安い買い物ではなくなってしまっている、

という点だけでした。
まさか、競争相手の落札者は一緒に参加している人間とおもっていたらまさかプログラムによる自動入札であり、絶対に人間には落札できない仕組みだったとは・・・・・

では
「きちんと商品を用意し、落札者には必ず商品を渡す」こととし、
「プログラムによる自動入札で、絶対に一般参加者は落札できない仕組みになっている」
という部分を是正すれば、ペニーオークションは問題ないのでしょうか?

(芸能人がブログで宣伝活動云々、はこの討議から排除します。それはまた別問題)

Aベストアンサー

問題があるかないか以前に、買い物するのに手数料払えって時点でおかしいだろうが。
数万円するものが数百円で落とせるなんて時点で、出品者には何のメリットもないし、オークションの意味がないわ。

ちょっと考えれば分かるようなことを、考えもしないで騙される方が馬鹿なんだよ。

Qミステリのカテゴリってわかります?

ホラーなど含む広い意味のミステリの中の細かいカテゴリってわかる方いらっしゃいますか?
何らかの区分分けの情報がありましたら。

Aベストアンサー

本の分類も人様々に意見がありますようで。
本を整理する際の基準のために考えるのでしたら、
1,本屋さんに無料でおいてある出版社の目録を貰ってきて参考にする。
2,「このミス」や何かの年度ランキング誌を参考にする。
3,ミステリ関係の辞典を参考にする。
というのが楽な方法だと思います。
因みに、「ミステリ-」と「ミステリ」の表記の違いに拘ったりする方も見えますので、この段階から分けようという方もおられるかもしれませんね。
私としてはそう拘らずに自分で分類を決めた方が楽しいと思います。


人気Q&Aランキング