荒川弘さんは、
「銀の匙」で
マンガ大賞2012大賞受賞と
なりましたが、
この漫画の
どのようなところが、
評価されたのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

「マンガ大賞」はマンガ好きによる投票で決まるので


評価された理由ははっきりとはわかりません。
投票者のマンガ好きといっても、ほとんどが仕事で関連しているプロですから
ただ読んでおもしろいという作品が選ばれるわけでもありません。

過去の大賞作品からの傾向としては
題材などが珍しい、または難しい作品が受賞しています。
「銀の匙」も同様で、農業高校という特殊な舞台と
作者の実体験を踏まえた農業・畜産のリアルな描写が特徴です。
その上で主人公の成長を描くエンターテイメントとして
上手くまとめているのが評価されているのでしょう。

「なんかハガレンの荒川弘が、変わったマンガを描いているよ。
 案外、おもしろいから読んでみなよ」

そんな感じの、いかにもマンガ大賞な作品だと思います。

あと、今回は過去4回に比べても突出した作品がなく
話題性で勝った作品という側面もありそうです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうですか…。
個人的には、
荒川弘さんに
期待していたのですが
マンガ大賞に選ばれるほどかと
思っていました。
回答
ありがとうございました☆

お礼日時:2012/03/29 09:57

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q銀の匙(小説)について

銀の匙で出てきた「浅葱のしごき」という言葉の意味が分かりません!
教えてください!

Aベストアンサー

銀の匙では

帯を結びなおすときやなにかにどうかして背中からおろされるとなんだか地べたがぐらぐらするような気がして一所懸命袂のさきにへばりついていなければならなかった。そのころ私は浅葱のしごきを胸高にしめ、小さな鈴と成田山のお守りをさげていた。

と、幼少期の「私」の服装がどういう物か語られています。

・浅葱(あさぎ)

浅葱色(あさぎいろ)の事。ごく薄い藍色の事。薄い青緑をこう呼ぶこともある。

新選組が羽織等で使用していた色。

・扱き(しごき)

和服(小袖)の付属品で、旅行や外出時に女性が帯の上から締める布。

男性の和服でも使用された。

・胸高(むなだか)

帯などを胸のあたりに高く締めること。

小さな子供が和服で帯を締めると、胸の辺りまで帯が来る事になるので、自然と胸高に締める事になります。

以上から、判りやすく現代語訳すれば「そのころ私はごく薄い藍色の、女性が帯の上から締める布を、胸のあたりに高く締めて、小さな鈴と成田山のお守りをさげていた。」となります。

ちっちゃい女の子の和服姿を想像してみると良いでしょう。

Q漫画雑誌と荒川弘さんについて質問です。

漫画雑誌と荒川弘さんについて質問です。

こんばんは!
私は漫画とかにはあまり興味がなかったのですが、ここ数年、荒川弘さんの『鋼の錬金術師』にであってからは漫画に少し興味が湧くようになりました。
そこで近々、漫画雑誌の購入を始めてみようかと思っているのですが…何かオススメの漫画雑誌はないでしょうか?出来れば、ファンタジー系が多い漫画雑誌を紹介していただけると嬉しいです^^

あと、荒川弘さんの『鋼の錬金術師』が完結しましたが、今後、荒川さんの新たな作品が書かれるとしたら、どこの漫画雑誌で連載するでしょうか?やはりガンガンという漫画雑誌でしょうか?

Aベストアンサー

荒川弘さんの「鋼の錬金術師」ほどの作品は現状では見つからないと思います…最終回が掲載された雑誌「ガンガン」が発売直後に売り切れを続出させたほどの人気作品です。「鋼の錬金術師」に比べたら他の作品は何かが足りない?と思うかもしれません。

質問者さんが女性か男性か、中学生か高校生かそれ以上なのか判断できないので、知っているだけ…
秋田書店/プリンセス(http://www.akitashoten.co.jp/index2.html)

一迅社/ZEROSUM(http://www.ichijinsha.co.jp/zerosum/)

角川書店/少年エース(http://www.kadokawa.co.jp/ace/)
    /ASUKA(http://asuka-web.jp/)

マッグガーテン/BLADE(http://www.mag-garden.co.jp/comic-blade/top.html)

ソフトバンックリエイティブ(電子書籍)/フレックス(http://comics.yahoo.co.jp/magazine/flare_0001.html)

朝日新聞出版(電子書籍)/HF倶楽部(http://comics.yahoo.co.jp/magazine/hfclub_0001.html)

幻冬舎/BIRZ(http://www.gentosha-comics.net/birz/index.html)
   /webスピカ(電子書籍(http://www.gentosha-comics.net/genzo/)   
   /GENZO(電子書籍(http://comics.yahoo.co.jp/magazine/genzo_0001.html)

集英社/ジャンプSQ(http://jumpsq.shueisha.co.jp/)

講談社/http://kc.kodansha.co.jp/



好き嫌いもあるので、サイトを閲覧するなり、本屋で立ち読みするなりして質問者さんご自身に合った作品&雑誌を見つけてください。
まずは「鋼の錬金術師」が掲載されていた「ガンガン」か「ガンガン」の兄弟誌あたりがいいと思います。
スクウェア・エニックス/http://www.square-enix.com/jp/magazine/top

ちなみに荒川弘さんの他の作品はスクウェア・エニックスで原作つきの「獣神演武」、新書館でご自身のエッセイまんが「百姓貴族」があります。今後についてはわかりません。

荒川弘さんの「鋼の錬金術師」ほどの作品は現状では見つからないと思います…最終回が掲載された雑誌「ガンガン」が発売直後に売り切れを続出させたほどの人気作品です。「鋼の錬金術師」に比べたら他の作品は何かが足りない?と思うかもしれません。

質問者さんが女性か男性か、中学生か高校生かそれ以上なのか判断できないので、知っているだけ…
秋田書店/プリンセス(http://www.akitashoten.co.jp/index2.html)

一迅社/ZEROSUM(http://www.ichijinsha.co.jp/zerosum/)

角川書店/少年エース(http://ww...続きを読む

Qマンガ大賞2012 銀の匙

荒川弘さんは、
「銀の匙」で
マンガ大賞2012大賞受賞と
なりましたが、
この漫画の
どのようなところが、
評価されたのでしょうか?

Aベストアンサー

「マンガ大賞」はマンガ好きによる投票で決まるので
評価された理由ははっきりとはわかりません。
投票者のマンガ好きといっても、ほとんどが仕事で関連しているプロですから
ただ読んでおもしろいという作品が選ばれるわけでもありません。

過去の大賞作品からの傾向としては
題材などが珍しい、または難しい作品が受賞しています。
「銀の匙」も同様で、農業高校という特殊な舞台と
作者の実体験を踏まえた農業・畜産のリアルな描写が特徴です。
その上で主人公の成長を描くエンターテイメントとして
上手くまとめているのが評価されているのでしょう。

「なんかハガレンの荒川弘が、変わったマンガを描いているよ。
 案外、おもしろいから読んでみなよ」

そんな感じの、いかにもマンガ大賞な作品だと思います。

あと、今回は過去4回に比べても突出した作品がなく
話題性で勝った作品という側面もありそうです。

Q藤子・F・不二雄さん (藤本 弘さん) のマンガの 謎 について

 一番大好きなのは、パーマンです。

 ボランティア精神で、見返りを求めず、人助けや、事件、事故を解決し、悪党と対決(特に60年代の作品にシビアな展開がみられ、好きです。)するストーリーや、空を飛べ、パー子とのラブコメディ(テレビカラー版と、80年代の作品)など魅力につきません。

 でも、とうとう最後まで、バードマン(最初はスーパーマンでしが、著作権などの問題で・・)の顔の招待は明かされませんでした。

 1号と3号の将来は、読者に想像で、おまかせだった(?)のかもしれませんが、その次くらいに、ちょっと残念です。

 もうひとつは、オバケのQ太郎の白い服の下はどういう姿なのかが謎だったのかも、知りたかったです。
足は、黒い2本足だというのは、アニメやマンガなどで、ちらっと出てはきますが・・・

怪物くんは、安孫子先生の作品ですが、最終回で、帽子を取って、頭を見せてくれたのがうれしかったです。(正確にいうと、オバQは安孫子先生との合作だったと思いますが。 + 石の森章太郎さんも )

 長くなりましたが、理由はなぜなのでしょうか? やはり、先生ご自身しか知りえないことなのでしょうか?
 ご存知の方いらっしゃるでしょうか?

 一番大好きなのは、パーマンです。

 ボランティア精神で、見返りを求めず、人助けや、事件、事故を解決し、悪党と対決(特に60年代の作品にシビアな展開がみられ、好きです。)するストーリーや、空を飛べ、パー子とのラブコメディ(テレビカラー版と、80年代の作品)など魅力につきません。

 でも、とうとう最後まで、バードマン(最初はスーパーマンでしが、著作権などの問題で・・)の顔の招待は明かされませんでした。

 1号と3号の将来は、読者に想像で、おまかせだった(?)のかもしれま...続きを読む

Aベストアンサー

私も藤子作品のファンです。
私もパーマン好きです。バードマンの正体が明かされなかったのもやはり質問者様がおっしゃるとおり、やはりF先生ご自身しか知りえないことなのかもしれません。
テレビアニメ パーマン(’83年度版(シンエイ版))でバードマンが人間の姿(?)になってミツ夫くんの家に行くというような話がありました。そのときのバードマンは人間の顔をしていましたが、私はそのときのバードマンの顔が本当の顔に近いイメージなのかもしれないなと思いました。(多分・・いや絶対違うような気がしますが)結局F先生にしか分からないのかな~と思っています。けれど、F先生はバードマンの顔をちゃんと考えていたような気がします。スミレちゃんも「ドラえもん」の中でドラえもんたちに自分の恋物語について語っていたくらいですから、バードマンのサイドストーリーもあったに違いありません・・と私は思います。(のちにパーやんも別の作品に登場しますし)
スミレちゃんはてんとう虫コミックス24巻以降全く登場しなくなりました。その後、伊藤つばさちゃんというアイドルが現れ、彼女の成長も「ドラえもん」で見届けることができます。
アイドル星野スミレは、結婚して芸能界を引退したという憶測がファンの間で広まりました。もちろん・・相手はミツ夫くんです。
最後までは描かれませんでしたが、私はそうであってほしいなと思いました。(しかし10年以上も留学しているなんて長い留学期間ですね・・。)
スミレちゃんとミツ夫くんが再会できたのか、
その後どうなったのか実際に漫画で見たかったですね。
彼女の本名は「鈴木信子」ですが新作ではその設定がなくなっており、新作の中では母親も「スミレちゃん」と呼んでいるため本名も「星野スミレ」ということになったのかなと思います。

オバQってあの服を洗濯して乾してましたよね・・・。
アニメで何枚も持っているのを私も見たことがあります。オバQの正体がちらっと見える黒い2本足以外
絶対見えないようにしてたということは、オバQはやっぱりあのままのデザインでそれ以外の姿は無いということで決めていたのではないかな・・なんて思いました。
やっぱりF先生しか本当のことは分からないでしょうけど。
チンプイの結末も永遠に謎に包まれてしまいましたが、あれからどうなったのかチンプイの続きも気になっています。

私も藤子作品のファンです。
私もパーマン好きです。バードマンの正体が明かされなかったのもやはり質問者様がおっしゃるとおり、やはりF先生ご自身しか知りえないことなのかもしれません。
テレビアニメ パーマン(’83年度版(シンエイ版))でバードマンが人間の姿(?)になってミツ夫くんの家に行くというような話がありました。そのときのバードマンは人間の顔をしていましたが、私はそのときのバードマンの顔が本当の顔に近いイメージなのかもしれないなと思いました。(多分・・いや絶対違うような気...続きを読む

Qコミック 銀の匙

コミック 銀の匙で石窯は何の目的に作られたものなんでしょうか?
校長がびくっとしたシーンがあったんですが、校長が関係してるんでしょうか?

Aベストアンサー

過去に校長が趣味で作って使っていたのでしょう。

ありあまる敷地と、資材や食材の流用しての道楽
ということで正式にはまずいでしょうね。
中島先生のチーズみたいなものかと。

Q荒川弘さんの今後について

荒川弘さんの今後について
こんにちは!
私は『鋼の錬金術師』を読んで、荒川弘さんのファンになった者です。
最近思ったのですが、荒川さんの連載作品として、『鋼の錬金術師』、『獣神演武』(作画担当)、『百姓貴族』があるのですが、前の二作品は既に完結し、終わってしまいます。そうなると、『百姓貴族』のみになってしまいますが、また新たな作品を書き始められるということは考えられるでしょうか?それとも、ひとたびの休憩に入られるのでしょうか?
何か情報を持っている方いましたら、教えてください。

Aベストアンサー

鋼の錬金術師の番外編が始まります。
9月11日発売の10月号ですね。
http://gangan.square-enix.co.jp/next/
何回やるかわかりませんが、単行本の事考えて1冊分くらいはやるんじゃないかと予想してます。

Q銀の匙

銀の匙の文中で

紅白だんだらの幕をはった見物小屋の木戸に拍子木と下足札をひかえてあぐらをかいてる男は手を口へあてて、ほうばん、ほうばんと呼び立てる。

という部分があります。この「ほうばん」とは何の事でしょうか?
教えてください。

Aベストアンサー

こんにちは。
この部分、読んでみました。
はて、何のことでしょうね。注釈も無いですね。
方言でしょうか? 見物小屋の呼び込みですので
わたし的には「本番、本番」かな、と取りました。
「さぁ、入った、今から、本番だよ」って意味で……

Q弘兼憲史氏のこのマンガのタイトルが分かりません。

インターネット上に画像ファイルで流れていたのですが、続きがとても気になっています。

ストーリーは、

母、姉、弟の母子三人暮らしの割れた窓に「つぎ」の当たる貧乏家庭が舞台で、ここに小学校の教師が全児童の家庭への家庭訪問をする事になった。
その家庭に訪問した当日、その家庭の母親は先生におはぎを出したが、先生はそれに手を着けず、帰り際に食べなかったおはぎを先生が包んで帰ります、と貰って帰っていったが、姉はそれが河原に打ち捨てられているのを見て、「母が悪いのではない、先生が悪いのでもない、貧乏が悪いのだ」と結論する。

画像ファイルにあったコマはここまでです。

弘兼憲史氏のマンガは中年マンガの代表、というような画風であり、読むのは極力避けていたのですが、このストーリーだけ気になっています。結末はどうなるのかと。

原本が読みたいので、タイトルをご存知の方がいらっしゃいましたら教えて頂きたく宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

http://odn.okwave.jp/qa2582861.html

Q中勘助「銀の匙」について

「銀の匙」の点訳を行っています。そのNo.36の文中に

いやなら よしゃがれ よしべの こんなれ

という部分があります。この「よしべの こんなれ」は、「よしべの 子になれ」という意味に理解してよいのかどうか、判らずに困っています。

教えてください。

Aベストアンサー

 おはようございます。

 「よしべ」は、「由兵衛」で、実在の人物をモデルにした浄瑠璃。歌舞伎の演目にもとがあるようです。
 元禄の頃の大坂に、梅渋吉兵衛という夫婦の盗賊がいました。両替屋帰りの小僧さんに、胡椒のはいった頭巾をかぶせ、むせる隙にお金を奪い取つという手口だったそうです。それが、ついに小僧さんを殺害してしまい、刑死します。
 これが「梅の由兵衛」として、浄瑠璃や歌舞伎の演目になったそうです。
 芝居や浄瑠璃が、江戸から明治の民衆にとって重要な娯楽だったことは周知の事実です。
 そんなことから、よく耳にし、語呂もよかったことから、悪党だった由兵衛の子になれ、という悪態が生まれたそうです。
 ちなみに、これには続きがあって、「~ぺんぺん(三味線)弾きたきゃ 芸者の子ンなれ」だそうです。

 ご参考になれば。

 参考文献:川崎洋『かがやく日本語の悪態』草思社。ほか。

Qりぼん小学生マンガ大賞について

マンガ大賞の作品のジャンルって何でもいいですよね?
恋愛もの以外でもいいですか?

Aベストアンサー

受賞を狙わないのなら、問題ないかと。
受賞を狙うのなら、雑誌名を冠している理由を考えてみましょう。
プロは、芸術家ではなく、求められた範囲で作品を作る人を指します。ただ、細々とした指示がないと描けない人もいれば、描ける人もいます。
受賞を狙っているのなら、過去の受賞を作を参考にしてみては?


人気Q&Aランキング

おすすめ情報