インタネットとはいったいどういった仕組みでHPが見れるのでしょうか?
我々個人ユーザーはプロバイダまで電話回線を利用してアクセスしていると思うのですが、そこから先、プロバイダは物理的に何を使って(どんな回線を使って)様々な各国のwwwサーバーに接触しているのですか? よく「専用線を使って」と聞きますが、それはやはり電話回線(銅線)なのかなんなのか? その専用線はどこにあるのか? プロバイダが払うNTTへの使用料とはなんの使用料なのか?
 インターネットはネットワークのネットワークと言いますが、何を用いてネットワークがなされ我々が閲覧できているのかを物理的、ハード的な視点で教えていただきたいのですが。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

自宅からプロバイダまでは加入電話、ISDN、CATV等で接続されますよね。


これらは主にメタル回線(銅線)です。

>よく「専用線を使って」と聞きますが、それはやはり電話回線(銅線)なのかなんなのか?

プロバイダから上部は専用線を使います。専用線と言っても色々な種類(=商品)がありますが、高速な回線の場合、大部分は光回線(光ファイバー)です。

>その専用線はどこにあるのか? 
専用線の場所ですが、NTTの場合は街中にある電話線の電柱を通ってます。(地下ケーブルもあります)
日本テレコムなんかはJRの線路沿いに敷設しています。
電力系通信会社は電力用電柱を通ってます。
----------
専用線はNTT以外の会社でも販売しています。たとえば電力系通信会社(TTNet,CTC,QTNet等)、新電電(KDDI、日本テレコム)。これらの会社を第一種電気通信事業者というのですが、この一種会社から専用線を買って企業に再販(リテール)している第二種電気通信事業者という会社もたくさんあります。
----------

>プロバイダが払うNTTへの使用料とはなんの使用料なのか?
NTTへ使用料を払うのはNTT(正確にはNTT東、NTT西、NTT-Com)の専用線を使っている場合です。この場合の使用料は「(専用)回線使用料」です。
(他社の専用線なら他社に払います)

専用線に付いては各社のHPに詳細が載っていますよ。参考までにNTT西日本の専用線HPのURLを書いておきます。

参考URL:http://www.ntt-west.co.jp/senyo/index.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

分かりやすいご説明本当にありがとうございました。
根本的なことでお恥ずかしい限りの質問でしたが、大変勉強になりました。
またなにかあったらよろしくご鞭撻ください。

お礼日時:2001/05/10 22:48

大体の仕組みは参考URLを見ていただくと分かるのですが、プロバイダは相互に接続されていて小さなプロバイダはより大きなプロバイダと接続していて大きなプロバイダは専用線(光ケーブルが多い)で繋がっています。

バックボーンと言うのはこの後ろ盾のことを言います。
専用線は高速道路や新幹線などを利用して張られていることが多いです。
また日本からアメリカなどへの接続は光ファイバケーブルの海底ケーブルを使います。

あとは参考URLを色々見てみて下さい。

参考URL:http://www.kids.mpt.go.jp/internet/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。あとは自力で頑張ります。

お礼日時:2001/05/11 00:14

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qインタネットの接続やメールの送受信はできますが,こちらからインタネット

インタネットの接続やメールの送受信はできますが,こちらからインタネットのアドレス⇒https://web.…省略にクリックしても,反応がありません。どこか接続がおかしくなっているのでしょうか?

Aベストアンサー

ブラウザをリセットしてみましょう
http://support.microsoft.com/kb/923737/ja
http://support.microsoft.com/kb/882341/ja

Qインタネット回線の経費負担

インタネットの主要回線の費用は誰が、どういう形で負担しているのでしょうか。もちろん、最終的にはユーザーが負担していることは分かっています。しかし、プロバイダー相互間のつなぎや、国際的なつなぎの回線は、どういう形で契約され、直接的には誰が支払っているのでしょうか。無差別に相互接続しては大変なことになるでしょうし、国ごとにセンター(プロバイダーのまとめ役)のようなものがあって、そこを介してつながっているのでしょうか。

Aベストアンサー

事業者間接続を含めて様々な接続形態があるのですが、ここではごく一般的なIX接続に関して考えてみます。

様々なプロバイダがIXに接続して、そこで通信が行われます。
IXに接続する為の費用は接続費用と回線費用です。
この両方を接続元のプロバイダ(NTT-COMやKDDIなど)が負担します。

そのプロバイダは回線リセールなどでより規模の小さなプロバイダに回線と接続権を売ります。
小さなプロバイダはさらに小さな業者や企業、個人に対して線を引いてコストを回収します。

何年か前にGYAOなどの無料サイトが流行始めた頃、動画配信先が帯域相応の費用を負担すべきだとの話が出たこともありました。
しかし動画配信サイトでは、配信に要する帯域分は負担している、あとはそっち(見る側)の勝手だと撥ね付けました。

> 無差別に相互接続しては大変なことになるでしょうし

基本的にはダイナミックルーティングの出来る仕組みなので、無差別に接続しても良いのです。
実際には経路を規定したルーティング設定を行っていることが多いのですが、基本的には。

QUR(東京)のインタネット回線の速度について

UR(東京)のインターネット回線が
(1)VDSL
(2)住棟用LAN
(3)ADSL
(4)CATVインターネット
(5)光回線(BB-EAST)とありますが、

同じ条件化での速度の順番をご存知の方、教えてください。
また、送受信の速度、もし、もし、分かる方がいらっしゃれば、教えてください。
もし、住んでる方で、うちはこれを使っていて、速度はこのくらい出てるよ!みたいな、
もし、よろしければ教えてください。

Aベストアンサー

先ず、質問の前に貴方がどんな条件の所(個人の一軒家か集合住宅か?

bb-east.ne.jpは、UR賃貸住宅(むかしの公団住宅)のネットサービスです

なので、貴方が一軒家なら申し込めません。
------------------------------------------
今のインターネットは(ブローバンド)と呼ばれる高速通信が当たり前で。
ADSL
光回線
CATV
-----
↑夫々に個人用(一軒家)か(大規模集合住宅か)アパート形式(マンションとも呼ばれて居る)←夫々に適合出来る物と出来ない物があります。

知識として、聞きたいだけなら、全部に答える必要がありますが、貴方が現実に導入を考えるなら(詳しく)先ずどう言う状況下で使うのかをはっりさせた上で質問した方が最善の答えが得られると思います。
----------
理論上では、光回線が一番早いですが(高速道路はHIスピードが出せる)と言っても、渋滞すれば歩いた方が速い場合もあります。
又、回線その物は順調でも、OK waveのサーバーがノロければ低速なやり取りしかできません(総べてのサーバーに言える事です)
---------
光回線にも(契約ランクが)あり、現在、1Gbpsで申し込んでいても(時間帯に依っては)ADSLより遅い事も起こります。
当然、100Mbpsならもっと遅いです。
-----
光(CATVでも)←マンションや大規模集合住宅の場合、各戸に分割(LAN方式やVDSL方式)で契約してると←多勢が使う時間帯は、遅く成って当たり前。
----
今は、集合住宅でも(分割しない)直に部屋まで、グラスファィバーを引く契約もあります。
---
VDSLや住棟用LANと言うのは、光回線を複数の部屋へ分岐する方法です。←従って、個人住宅には適用しません。

先ず、質問の前に貴方がどんな条件の所(個人の一軒家か集合住宅か?

bb-east.ne.jpは、UR賃貸住宅(むかしの公団住宅)のネットサービスです

なので、貴方が一軒家なら申し込めません。
------------------------------------------
今のインターネットは(ブローバンド)と呼ばれる高速通信が当たり前で。
ADSL
光回線
CATV
-----
↑夫々に個人用(一軒家)か(大規模集合住宅か)アパート形式(マンションとも呼ばれて居る)←夫々に適合出来る物と出来ない物があります。

知識として、聞きたいだけなら、全部に答える...続きを読む

Q512kbps以上の速度条件を満たす回線(プロバイダのことなのでしょう

512kbps以上の速度条件を満たす回線(プロバイダのことなのでしょうか…)を探しています。
光回線は通っていない地域です。ADSLなどでも大丈夫ですか?

Aベストアンサー

こんなのとか
http://www.tiki.ne.jp/eisei/index.html

こちらもどうぞ!
http://planet-net.jp/ipstartoppage.html

Q回線事業者、プロバイダ

ADSL回線事業者(イーアクセス、アッカなど)、プロバイダについて、人に簡単に説明するのに以下の説明で間違いないでしょうか?仕事上での説明なので、間違いや誤解のないように説明したいのですが。

「回線の持ち主はNTT、それを接続できるようにするのがプロバイダ、その中間の回線の卸し的な役割が回線事業者。」

Aベストアンサー

電話線の持ち主はNTTですが、「ADSL回線」は回線事業者の
持ち物ではないでしょうか。
プロバイダの役割は、回線をインターネットに接続することです。
 
ということで、
 
「ADSLでは、通信に利用する電話線の持ち主はNTT、電話線を
 利用してADSL回線を提供しているのが回線業者、その回線を
 インターネットに接続するサービスを実施しているのがプロバイダ」
 
という説明ではいかがでしょう。
 


人気Q&Aランキング

おすすめ情報