こんにちは。教えて下さい。

 ビートルズの「Let It Be...Naked」のボーナス・ディスクのタイトルが「Fly On The Wall」。ポール・ウェラーのB面コレクションも同じタイトルでした。

 何か英語の慣用句なのでしょうか? ご存じの方がいらっしゃったら教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

a fly on the wall 直訳すると、「壁に止まっているハエ」ですが、意味としては、「ひそかに人を観察している人間」という意味があります。



静かに壁に止まって、室内の人間を観察している感じがするのでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
なるほど、ビートルズの場合は「盗み聞き」しているような意味合いでしょうか。

お礼日時:2003/12/28 13:01

>「Fly On The Wall」



#2の方の回答どおりですが
(壁に止まる蝿のごとく)密かに人を観察する人、
人に気付かれずに観察する人、と云う意味です。

like a fly on the wall
壁にとまっている蝿の様に、人の秘密にじっと聞き耳を立てている
壁にとまっている蝿の様に、人をこっそりと観察している
    • good
    • 1
この回答へのお礼

なるほど、慣用句としてあるのですね。勉強になりました。

お礼日時:2003/12/28 13:02

うぬぼれ者、という意味だったと思います。


このFlyは、蠅という意味ですよね…多分^^;
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。そおかあ、蠅ね。

お礼日時:2003/12/28 12:59

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qカオスな曲とはどういう意味ですか?

カオスな歌詞、カオスな歌、カオスな曲・・・

カオスって何ですかー?

(´・д・`;)

Aベストアンサー

どちらかといえば混沌という意味で使われます。
なんか凄いのはわかるけど理解できない
凄く面白いけど常人には作りあげることのできない境地
などの意味です。

カオスな歌詞は…「秀逸だけど確実に作詞者は病人」じゃないでしょうか。
カオスな曲はメドレー系などで複数の曲が同時に演奏されハーモニーが凄いんだけど何が起きてるのかよくわからない、という時に使う気がします。

QLet It GoとLet It beはどう違う?

Let It GoとLet It beはどう違うのでしょうか?

ディズニーとビートルズの違いという答えは無しです。

Aベストアンサー

例えば、ネジ巻き式のブリキの車のおもちゃがあるとしましょう。
ネジを巻いた状態で放すのがLet it goです。「解き放つ」のですね。Goという動きを表す動詞を使っています。

そのおもちゃ、「もうペンキがはげちゃったけど塗りなおそうかしら」と考え
いやいや、「そのままにしておこう」がLet it beです。Beは状態を表すので。

エルサはその持てる能力を隠さずに解き放とうという意味で「ありのままに~」となりました。
ビートルズは、落ち込んでいる人に、「そう悩むなよ、そのままにしておけよ」と語りかけました。

Qカオスの言葉の意味は?

題名の通りです。
日本語になったネット用語になるのか?それとも英語になるのか分らないので、ココで質問しました。
意味が分るに教えていただきたいです。お願いします。

Aベストアンサー

カオスChaos, Khaos)とは混沌を意味する言葉です。
ギリシャ神話の原初神の名前が由来で、英語ではケイオスというような発音になります。
プロレスラーの軍団にCHAOS(ケイオスがありますが、ここから名づけたのでしょう。

カオスの対義語はコスモス。
宇宙は調和と秩序により成立しているという概念です。

Qlet it be me の意味は

let it be me の意味を教えてください。
どういうニュアンスのときに使用しますか。

Aベストアンサー

It is me. (それは私です)という基本形を踏まえて (^^)
let it be me. (直訳すると)それが私であるようにさせて
→ 「(どうか)それが私であって」

無理にシチュエーションを作ると (^^;;
If you must love someone forever, let it be me.
「もしあなたが、誰かを永久に愛さなくちゃならないとしたら
、どうかそれが私であって...」

参考までね

Q言葉の意味

「カオス」について、
(1)日本語では「カオス」とは何ですか?
(2)ゲームでいう「カオス」とは何ですか?
(3)「彼の頭はカオス」ってどういう意味ですか?
(4)「彼の顔はカオス」ってどういう意味ですか?
(5)「彼の体はカオス」ってどういう意味ですか?

「カオス」の意味が分かりません。
誰か教えてください。

Aベストアンサー

今晩です。
私なりの解釈ですが、
(1)混沌-こんとん
(2)敵側 闇、悪魔に近い者?
(3)何を考えているかわからない、カリスマ性のひらめきの頭
(4)他者に当てはまらない個性な面差し
(5)意外な身体的能力&特徴
語り尽くせない事がカオスですね… 始まりがあっても終わりがないような。変な回答で申し訳ないです。

QLet there be morningとはどういう意味?

SWE産のバンドThe Perishersのアルバムに「Let there be morning」というタイトルのものがあるんですが、これはどう訳せばよいのでしょうか?

「ここに朝あれ!」って感じですか?いま一つ分からない・・・。どなたか良い意訳を教えてくださいm(._.)m

Aベストアンサー

旧約聖書の創世記に以下のような文があります。
And God said, Let there be light. And there was light. 
神は言われた。「光あれ。」こうして、光があった。

文法的な説明をすると、これは、there is light の前に Let 「~させる」という使役動詞をつけたものです。I go there.ならLet me go there.となるのと基本的に同じです。
お示しの文は、light がmoriningになっているだけです。

Qカオスって…?

ネットで時々「テラカオス」みたいな文面を見るんですが
カオスって、(よくわからないですが)天と地を作ったもの?
みたいな神様ですよね?
ネットで使われているカオスとは意味が違う気がするんですよ。
「テラカオス」って何のネタなんですか?

Aベストアンサー

意味を考える時は「テラ」と「カオス」で区切ってくださいね。

テラは単位です。
HDD容量等で使われてるのを見たことないですか?
100MB、100GB、1TB、とか。(右に行くほど大きい)

って事で、テラってのは、凄く大きい感じを表してます。

なので、物凄くカオス、って意味だと思ってください。

カオスも考えるなら、物凄くぐちゃぐちゃになってる、って感じでしょうかね。
もう、収集が付かなくなっててどうしようも無い感じだと思えば良いです。

QLet Me Be With You の翻訳。

歌でLet Me Be With Youとあったんですけど、
そのイメージの絵が描きたいんですけど
『Let Me Be With You』の意味が分からないので教えてください。

翻訳機とかやったんですけど、イマイチわからなくて‥。。

Aベストアンサー

ものすごく直訳すれば「あなたのそばに居させてください」ですね。
letという単語はmakeと同じく使役動詞ですが、letは「主語がそれをやりたいと思っており、それを妨げない」という意味、makeは「主語はそれをやりたくないが、無理やりやらせる」という意味です。
ですので、この場合のMeはあくまでも「あなたと一緒にいたい」と思っており、それを許してください、とお願いしていることになります。
ですから、こなれた訳としては疑問形に訳して「そばにいてもいいかい?」なんてどうでしょうか。

Qカオス

具体的に「カオス」ってどういう意味ですか?
(「彼の頭はカオス」を分かりやすく言うとどういう意味ですか?)

Aベストアンサー

カオスって、混沌とした状態を指す言葉ですよね。
彼の頭がカオスというのは、頭の中が混乱していて無秩序な感じ、
もっといえば頭の中がめちゃくちゃで、まともに物を考えられない
様子のことを言っているのだと思います。

QI saw him flip a guy..................

NHKラジオ英会話講座より
I saw him flip a guy twice his size in a competiton once.
一度試合で彼が倍の大きさの相手を投げ飛ばしたのを見たよ。

質問:
(1)SVO形式でよろしいでしょうか?
(2)[flip]の使われ方について教えてください。
   動詞の原形ですか? 何か違和感を覚えますが?
   現在分詞がふさわしいとも考えますが如何でしょうか?
(3)[a guy twice his size]を教えてください?
   単語を日本語とは逆に、後ろから並べて行き次のような表現も可能ですか?
a boy half my age(私の半分の年齢の少年)
the USA 10 times my country(わが国の10倍のアメリカ)

上記質問、用例ともまずいと思いますが、何卒初心者であることをご理解の上、分り易いご回答をよろしくお願いいたします。質問になっていなかったら、参考意見でも結構ですので、お待ち申しています。以上

   
   

Aベストアンサー

(1, 2)
SVOではなくてSVOCです。see him flipで「彼がflipするところを見る」となります。

see、hear、feel、noticeなどの知覚動詞は、動詞の原形を補語(C)にとることができます。「OがCするのに気づく」という意味です。目的語(O)は、動詞(V)の目的語であると同時に、補語である原形不定詞の意味上の主語になっています。視覚的に気づけばsee(見る)など、聴覚的に気づけばhear(聞く)など、触覚的に気づけばfeel(感じる)になります。
 I saw him cross the street.(彼が通りを横断するのを見た)
 I heard him sing a song.(彼が歌を歌うのを聞いた)
 I felt him tickle my ribs.(彼が脇腹をくすぐっているのに気づいた)

一方で、Cに分詞をもってくることも可能です。そのときもSVOCで、Oが分詞の意味上の主語であることには変わりはありませんが、ニュアンスが異なります。
 She saw him cross the street.(渡る行為(全体)を目撃)
 She saw him crossing the street.(渡っている瞬間を目撃)

(3)
twice his sizeがa guyを修飾しています。「名詞A twice the 尺度 of 名詞O」で「Oの2倍の……のA」です。尺度は、たとえば、size、age、lengthなどが相当します。今回は「of 名詞O」の部分が所有格hisに置き換えられています。This is a red flowerのredがa flowerをa red flowerへと限定しているように、twice his sizeがa guyを限定しています。

a boy half my ageもいえると思います。
  a boy who is half as old as I am
 =a boy who is half my age
 =a boy half my age

the USA 10 times my countryは、尺度が抜けているので、表現として成立していません。たとえば国土面積なら、次のようになると思います。
  the USA, which is 10 times as large as my country is
 =the USA, which is 10 times the size of my country
 =the USA, 10 times the size of my country
the USAのあとにコンマがあるのは、付加的な説明だからです。つまり、上のguyやboyが限定されているのにたいし、もともと国としてあるthe USAは限定されるようなものではないので、付加的な説明として置くことになります。

また、国土面積のようなものは国そのものの性質ですが(the USA, which is...といえる)、the USA, which has...と表わせるGNPや人口についても、withを用いて同じように書けるようです。
  the USA, which has 10 times as much GNP as my country has
 =the USA, which has 10 times the GNP of my coutry
 =the USA, with 10 times the GNP of my country

  a family who has twice as much income as they have
 =a family who has twice their income
 =a family with twice their income

(1, 2)
SVOではなくてSVOCです。see him flipで「彼がflipするところを見る」となります。

see、hear、feel、noticeなどの知覚動詞は、動詞の原形を補語(C)にとることができます。「OがCするのに気づく」という意味です。目的語(O)は、動詞(V)の目的語であると同時に、補語である原形不定詞の意味上の主語になっています。視覚的に気づけばsee(見る)など、聴覚的に気づけばhear(聞く)など、触覚的に気づけばfeel(感じる)になります。
 I saw him cross the street.(彼が通りを横断するのを見た...続きを読む


おすすめ情報