東ティモールは国連による暫定統治下にあると聞いたのですが、その実態はどういうものなのでしょうか?

A 回答 (1件)

 以前NHKの番組で見たことを書いているだけですので、あまり詳しいことはないのですが、主に行政面での支援のようでした。



 東ティモールは国連による暫定統治が始まる前は、ご存知のように戦時下といった状態でした。そのために社会基盤が徹底的に破壊されている状況です。
 当然公務員といった人々も足りません。
 そこで、国連のスタッフが中心となって社会基盤を回復させ、国を運営していけるように活動しています。公務員の募集や工事の準備といったところでしょうか。

詳しいことは下のURLの東ティモール通信を参考にしてください。 

参考URL:http://www.jca.apc.org/parc/timor/index.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。すごく役に立ちました(読むの大変でしたけど・・・)。現地の生の声があったおかげで、学校の授業の時よく調べてると言われて、とにかくありがとうございました。

お礼日時:2001/05/15 18:47

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q東ティモールについて

今度ゼミで東ティモールについて発表したいと思っているのですが、今までの東ティモールや、現在、これからの問題など東ティモールについてのいろいろなことを教えていただきたいです。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

この日刊ベリタというところは東ティモールの記事をよく載せています。

東ティモールの関してはオリジナルの記事が多いので役立つと思います。

参考URL:http://www.nikkanberita.com/

Q東ティモールについて

今東ティモールについての現状について調べているのですが、何かいい情報源はあリますか?一応本などでは調べているのですが、1年前に発行されたものなど、微妙にタイムラグがある物が多いので、出来れば最新の情報が入るものが望ましいのですが・・・。

Aベストアンサー

こんにちわ。平和構築という観点からの最新情報は残念ながらOPENにされていませんね。と言うより現在の東ティモール政府にそれだけの能力がまだ備わっていないようです。人口、農業、インフラ、教育などあらゆる統計は2002年UNDP資料くらいしか見当たらず、ベースは旧インドネシア時代のものだったりします。

インドネシア・ネガラ銀行東京支店の友人にヒヤリングしたところ「あぶないから行ってはダメ」という程度の情報しか出てこないような、情報のない国です。

平和構築活動については、伊勢崎賢治さんの「東ティモール県知事日記」が、国連の能力の問題点の浮き彫りにするという視点でおもしろいです。

治安現状について若干のデーターを差し上げます。

○東ティモール警察(PNTL) 
2004年2月現在の勢力は約3000名。2003年12月に国内全ての治安維持の責任がUNPOL(国連警察)から移譲された。任務・配置は、各市レベルに配置されている一般警察官が約2,400名(20%が女性)、主として群衆統制の増援任務を持つUIR(特殊部隊)が164名、国境警備に任ずるBPU(国境警備隊)が300名、国境付近における元民兵等武装勢力対処にあたるRDS(緊急展開部隊)が120名であり、脅威に応ずる必要な機能を組織的に編制している。しかしながら、未熟な訓練練度、装備不足、使命感及びリーダーシップ不足等の諸問題を抱えており、現段階での各種事態対処能力は脆弱である。

○東ティモール国防軍(F-FDTL)
現在1,200名態勢であり、将来的には予備役約1,500名を含める3,000名態勢を予定している。配置は、1大隊が東部のロスパロスに駐屯し、東部地域の防衛任務にあたっている。2大隊は、メティナロ(ディリ県)で訓練中である。2004年5月UNMISETの任務終了後の配置は未定である。軍の整備は継続されているが、予算や熟練指導者等の不足により遅滞している。また、東ティモール政府は国内の治安維持におけるPNTLとF-FDTLの任務区分を明確にしていないため、現段階での明確な任務がなく、隊員の士気は高いとは言えない。このため、PNTLとの関係は必ずしも良好な状況とは言えず、度々個人レベルの争いが生起した。

なお、警察・軍ともに旧インドネシアに雇用されていた者、ファリンテル(独立義勇軍)戦士は一切雇用されない。怨念を持ったものに治安維持の任を任せるわけにはいかないという趣旨ですが、逆に教養・経験・指導力不足の若者ばかりの組織となってしまいました。

また、国境周辺には突発事故を防止するために軍を配置していません。(それだけ根深いものが残っているのですね)

更に、東ティモール政府には警察・軍を維持する財力がありません。

難民については、今でも2万人くらいの東ティモール人が西ティモールに居るようですが、これについての情報は私は持っておりません。(すみません)

UNMISET任期満了・撤退後の治安に対する予測ですが、PKF軍司令官等へのインタビューを通じて「概ね維持されるだろう、心配はない」とのこと。
私も中部山岳遅滞へ視察に行きましたが問題なしです。(国境周辺はまだ遠慮して行っていません)

ディリ市内は、併合派民兵によって破壊された建物がいまだ屋根もなく壊れたままですが、ぼちぼち修復されつつあり、落ち着いています。

グスマオ大統領は教育に熱心で、制服のポロシャツを着た生徒たちが市内をにぎやかにしています。

東南アジアで最も貧しい国ですが、卒業旅行の候補地にでも入れておいていただければ、部外者ですが嬉しく思います。

こんにちわ。平和構築という観点からの最新情報は残念ながらOPENにされていませんね。と言うより現在の東ティモール政府にそれだけの能力がまだ備わっていないようです。人口、農業、インフラ、教育などあらゆる統計は2002年UNDP資料くらいしか見当たらず、ベースは旧インドネシア時代のものだったりします。

インドネシア・ネガラ銀行東京支店の友人にヒヤリングしたところ「あぶないから行ってはダメ」という程度の情報しか出てこないような、情報のない国です。

平和構築活動については、伊...続きを読む

Q東ティモールって・・・・・・

ちょっと前はよく東ティモールのことについてよく耳にしてたんですが、

今思うと私世界史高校で習ってるのに全然わかってないことにきずきました・・・

なんだか、東ティモールはインドから独立したんですよね?

で、今はどんな状況なんでしょうか?

どうして東ティモールが独立したがったのか?だうして争ってたのか?など、

全然わかってない馬鹿な私に東ティモール情報を教えてください。

お願いします。世界のことに詳しくなりたいんです!^

Aベストアンサー

チベットに引き続き、こちらもカキコしてみました
というわけで、東ティモールですが
インドから独立したわけではありません
インドネシアから独立したことになっています
厳密には、大航海時代にポルトガルの植民地になり、
その後ずっとポルトガルの植民地でした
一方、インドネシアはオランダの植民地になっていました
そして、時代は流れて第2次世界大戦(太平洋戦争)のときに
これらの島々は日本に占領されたのですが
戦後、元の宗主国(植民地を持っている国)に返されて
その後独立運動が起こり、インドネシアがオランダから独立しました
同じ時、東ティモールもポルトガルからの独立を主張したのですが
同じ島の西半分がインドネシア領なため、一部にインドネシアに併合されようとする勢力があり
インドネシアが、その勢力と一緒になり東ティモールまでインドネシア領としてしまったのです。
そして、近年インドネシアの併合は不当なものであったという空気が世界中に広まり独立することになったわけです
詳しくは、参考URLでどうぞ

参考URL:http://www5b.biglobe.ne.jp/~toku/timor-history.htm

チベットに引き続き、こちらもカキコしてみました
というわけで、東ティモールですが
インドから独立したわけではありません
インドネシアから独立したことになっています
厳密には、大航海時代にポルトガルの植民地になり、
その後ずっとポルトガルの植民地でした
一方、インドネシアはオランダの植民地になっていました
そして、時代は流れて第2次世界大戦(太平洋戦争)のときに
これらの島々は日本に占領されたのですが
戦後、元の宗主国(植民地を持っている国)に返されて
その後独立運動が起こり、イ...続きを読む

Q国連分担金滞納の実態ついて

すいません、
現在国連分担金の滞納の状況について調べているのですが、
どの国がどれくらい滞納しているか、詳しく国ごとに調べられる場所はないでしょうか。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

同趣旨の質問が過去にありますので紹介しておきます。

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?qid=1478679

Q東ティモールの現在

東ティモールについての質問です。
現在、東ティモールはどういった状況におかれているのでしょうか?
国際的には国家として認められているのでしょうか?
また、実質的には独立国としての体裁を持っているのでしょうか?

Aベストアンサー

 前に同じような質問がありました。その参考URLをごらんください。

参考URL:http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=73883

Q国連の実態、現状がよくわかる資料

読売テレビ「たかじんのそこまで言って委員会」でチベットのお話になった時
田嶋陽子さんがパネルで「国連は何をしているの?」と出していました。
結局その時は触れられずに終わったのですが、私は「本当に何をしているのか」と気になりました。

チベットに対しジェノサイドを行った当の中国が常任理事国に入っているし
国連なんかたいしたものではないのではないか? と疑問に思います。

そこで一度国連についてちゃんと調べてみたいと思ったのですが
なかなかこれだ! …という感じの本が見つかりません。

国連がどれほどの実権を持っているのか
どんな組織体制をとっているのか、
具体的な活動実績や国連が世界に与える弊害など

国連の実態を把握するのに役立つ本、WEBサイトなどありましたら教えてください。
できるだけ平易、かつ中立的観点で描かれているものが望ましいです。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

まずは、国連の公式サイトを

http://unic.or.jp/index.php
http://www.un.org/

以下は、参考資料です。
中学生への教育内容として、国連をどう教えるかという論文
http://www.juen.ac.jp/shakai/beinichi/vol2/jitusen/cyu/cyu03.html

多国籍軍の「指揮権」規定とその実態
http://www.ndl.go.jp/jp/data/publication/issue/0453.pdf

国連 PKO 待機制度の現状とその展望
http://www.mofa.go.jp/mofaj/press/pr/pub/geppo/pdfs/02_3_3.pdf

国連を中心とする活動への我が国の人的協力
http://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/pko/pdfs/jinteki.pdf

国連をどのように教えるか
http://www.unic.or.jp/centre/pdf/sympo01.pdf

次に本ですが、

明石 康 (著)『国際連合―軌跡と展望』 岩波書店

国際連合広報局 (著), 八森 充 (翻訳)『国際連合の基礎知識』 関西学院大学総合政策学部

色摩 力夫 (著)『国際連合という神話 』PHP研究所

吉田 康彦 (著)『国連改革 ―「幻想」と「否定論」を超えて』 集英社

あたりが入門書として最適かと思います。


「おまけ」ではないですが、チベット関連で纏められたブログやら

http://oncon.seesaa.net/article/92556388.html
http://www.tibethouse.jp/history/index.html
http://uygur.fc2web.com/tibet4.html

ご期待にそえるものかはわかりませんが、参考にでもなれば幸いです。

まずは、国連の公式サイトを

http://unic.or.jp/index.php
http://www.un.org/

以下は、参考資料です。
中学生への教育内容として、国連をどう教えるかという論文
http://www.juen.ac.jp/shakai/beinichi/vol2/jitusen/cyu/cyu03.html

多国籍軍の「指揮権」規定とその実態
http://www.ndl.go.jp/jp/data/publication/issue/0453.pdf

国連 PKO 待機制度の現状とその展望
http://www.mofa.go.jp/mofaj/press/pr/pub/geppo/pdfs/02_3_3.pdf

国連を中心とする活動への我が国の人的協力
http://www.mofa.go.jp/mof...続きを読む

Q東ティモール情勢がいつの間にか悪化してる?

なんか東ティモールで暴動が起こったりしていつの間にか情勢が悪化してるそうですが、なんでこんなことになってるのか教えてください。
わたしの情勢の知識は「グスマン大統領で独立万歳!これから新しい国造り!」くらいで止まってます。

Aベストアンサー

急速に状況が悪化してきたのは去年からです。

2006年3月、西部出身者の兵士達が、昇級や給料について東部出身者より冷遇されていると抗議の声をあげストを行います。
政府はこの兵士達を除隊処分にし解雇しました。
除隊させられた兵士達は怒り武装蜂起し反乱を起こします。政府は鎮圧軍を差し向けますが、この鎮圧軍の中から反乱軍に合流する者(西部出身者)が多数出ました。
また、首都では、西部出身者が東部出身者の家に投石や放火を行ったり、若者達が反政府暴動を起こします。
もはや事態が手に負えないと判断した政府は、周辺諸国に治安維持の為の軍の派遣を要請しました。

それまで政権与党である「フレティリン(東ティモール独立革命戦線)」は東部出身者を優遇していました。フレティリンが独立を求めて戦っていた時代、東部は最もフレティリンを支持し支え、独立闘争を支えた地域であり、フレティリンの幹部にも多数の東部出身者がいたのです。
独立後は、政党となったフレティリンの重要な支持基盤でした。その為、フレティリンは東部を優遇していました。
その政策に対する西部の不満が噴出したのです。また、独立を達成しても一向によくならない経済や、高い失業率への不満が若者達の暴動になってあらわれました。

オーストラリア軍等が治安維持の為に東ティモールに派遣された為に、暴動等は一応の収まりを見せます。
しかし、今年6月に選挙が行われ、これまで政権与党であったフレティリンが敗北して政権の座を失い、反フレティリン連立政権が樹立されると、熱烈なフレティリン支持者が、これを不服とし暴動を起こしました。
それが現在の状況です。
つまるところ内政の失敗と、民主主義の不成熟により暴動が起き、情勢が悪化していると言えます。

急速に状況が悪化してきたのは去年からです。

2006年3月、西部出身者の兵士達が、昇級や給料について東部出身者より冷遇されていると抗議の声をあげストを行います。
政府はこの兵士達を除隊処分にし解雇しました。
除隊させられた兵士達は怒り武装蜂起し反乱を起こします。政府は鎮圧軍を差し向けますが、この鎮圧軍の中から反乱軍に合流する者(西部出身者)が多数出ました。
また、首都では、西部出身者が東部出身者の家に投石や放火を行ったり、若者達が反政府暴動を起こします。
もはや事態が手に負えな...続きを読む

Q統治形態 ~ 現代の統治改革

統治形態の変遷小史
 人類が誕生して以来、一体どのように人間は統治されてきたのであろうか。
今でははっきり言えるが、まず最初は、最も強い者たちが、自分たちの掟を他の者たちに物理的に押しつけたのである。
 強者はその力によって、富や財産を蓄積していった。強者の子供たちは、その富を相続し、こうして強者の統治は有産者の統治へと移っていった。
 有産者は統治し、彼らの従者の中で最も知恵のある者たちによる緒発見によって、次第に知識を獲得していった。
 次に有産者たちは、専門知識人による統治を実現するため、かれらの知識を民衆のすべてには与えないように気を配った。
 こうした専門知識人たちは、世襲の優越性を一般民衆に信じさせて、民衆を搾取し抑圧し虐待したのである。
 やがて民衆は、こうした専門知識人たちを打倒し、自分らを統治する他の専門知識人たちを民主的に選び出すにいたった。
「権力の座についた知識人」であった。
 しかし、知識は知性ではない。だから、事はうまく運ばない。なぜなら、知識というものは、どんなコンピューターでも行うことのできる記憶作用にすぎず、それによって問題の解決策を発見することはできないからである。
 そこで「統治する知識人」は、その権力を保持するために、天才たちの発明を利用し、善意の発明家たちが考え出したものを殺人目的に利用した。
 ついで「統治する知識人」は、管理の技術を教える高等専門学校を創設した。つまり、「高級官僚」の養成である。これらの高級官僚は、他者の発明を、自分たちの利益のために利用して統治することを学んだ。
 権力を持つ天才が、権力を持つ知識人にとって代わらなければならない。
高等専門学校が提供するのは天才では全くなく、いっぱいに詰めこまれた記憶でしかない。良識と知性を獲得するのに、この学校を卒業する必要はない。
 どの世代も、発明家たちを生み出すが、人類という種の生存を危険にさらすために、権力がそれを利用する。そして、こうして利用され裏切られた発明家たちは、自分の発明品が、罪もない人びとを殺りくするために用いられるのを見て、嘆く。
 こうしたことは、もう続いてはならない!
 人類を今も進歩させ、また常に進歩させてきた唯一の人びとに、権力を与える時である。それは、統治している時に、自分たちに何ができるかを示す機会をすべて持っていた、筋骨たくましい乱暴者や有産者、専門知識人、政治家、軍人のいずれでもない。そうではなくて、それは、自分たちに何ができるかを示す機会を全く持つことができずにきた唯一の人びと、すなわち天才たちである!  _ ラエル著
 _ _ _ _ _ _

 『通貨の発行と管理を私に任せてくれ
そうすれば誰が法律をつくろうとも私の知った事ではない』
--- マイヤー・アムシェル・ロスチャイルド 銀行家 ---

_ 貨幣改革、選挙改革
選挙改革のような貨幣改革は、大きなトピックであり 変化への意欲と既存の概念にとらわれない考え方を必要とします。また貨幣改革は選挙改革のように簡単にはいきません。何故なら既得権益を守るために、彼らは懸命に阻止しようとするからです。 _
_ 現代の借金によるマネーシステムは、300年ほど前に生まれました。イングランド銀行が王室から特許状を与えられ、2:1の穏やかな比率で金の受領書を発行した時です。このささやかな割合が悪夢の始まりだったのです。そのシステムは今世界中に及んで無限のお金を無から創造し、地球の誰もが永遠に決して払うことのできない膨張する借金で鎖につながられています。
これは偶然に起こったものでしょうか?
あるいは陰謀?
明らかでしょう
私たちは とてつもなく大きい危険にさられています! _
      http://rothschild.ehoh.net/material/animation_01b.html  【負債としてのマネー _ Money As Debt】
 _ _ _ _ _ _


 「人類が誕生して以来、 ~ 他の者たちに物理的に押しつけた ~ 世襲の優越性を一般民衆に信じさせて、民衆を搾取し抑圧し虐待した ~ やがて民衆は、こうした専門知識人たちを打倒し 民主的に ~ 殺人目的 ”高級官僚”の養成 ~ 人類という種の生存を危険にさらすために、権力がそれを利用する 」

 統治形態の変遷 として、上記に示されますが、物理的暴力それによる統治、世襲をプロパガンダし民衆を搾取し抑圧し虐待、発明家たちの発明その軍事&殺人目的利用、未だ現代においてもその悪徳猛威、社会に蔓延してはいないでしょうか ?
○ その対応、対策、改善策、いか様なものが考えられ考慮されることが望まれるのか?

 Link【負債としてのマネー _ Money As Debt】、ゴールドスミスが鋳造考案したコイン、標準化され単位として整備され、重さと純度が保証されたコインによる ペテン計画、そして、300年ほど前に始まる悪夢_政治と権力の金権腐敗癒着その蜜月統治『 誰が法律をつくろうとも私の知った事ではない』 もはやそれらペテンも、改革改善革命、その舞台のスポットライトを浴びる所となったのではないでしょうか?

 全域に渡る金権支配_金権配下支配それら無謀支配の討伐(古いようですが玉を捕りにいく将棋のよう?いくさ合戦のよう? ではなく民主的かつ人道的な民主政治の場にて)をせねばならない必要性が発生しているのではないでしょうか?

 所信、考案などありましたら?

統治形態の変遷小史
 人類が誕生して以来、一体どのように人間は統治されてきたのであろうか。
今でははっきり言えるが、まず最初は、最も強い者たちが、自分たちの掟を他の者たちに物理的に押しつけたのである。
 強者はその力によって、富や財産を蓄積していった。強者の子供たちは、その富を相続し、こうして強者の統治は有産者の統治へと移っていった。
 有産者は統治し、彼らの従者の中で最も知恵のある者たちによる緒発見によって、次第に知識を獲得していった。
 次に有産者たちは、専門知識人による統...続きを読む

Aベストアンサー

>現代の統治改革


立法統治があるのに何を求めているのですか?個人資産の剥奪ですか?そんなもの求めると生きていかれなくなりますよ。

Q東ティモールの独立について

今回、東ティモールが独立することになりましたが、
意外と早く独立したことに驚いています。
根本的に民族的な理由が多いのですか。それとも宗教的?
独立しても、経済資源などあるのですか。
インドネシアは観光地としても有名ですが、
この国はどこらへんで国を維持できるのでしょうか。

Aベストアンサー

確かに早く独立へと動き出したのは驚きですが、独立に関する住民投票のあとのインドネシア軍の行動が激しすぎ、かえって国連軍の
看視が強化されたためにスムースに事が運んだのかも知れません。

民族はただでさえ多民族なのにこの東チモールだけでも13~16程度の言語があると云われて複雑ですがポルトガル統治時代の
カソリックが彼らを反イスラムで結束させたかも知れません。。。

産業はコーヒー、大理石、石油(南海域の海底油田)ということになっていますがどれに重点を置くかで決るように思います。

http://www.asahi-net.or.jp/~ak4a-mtn/introduction/geography.html

観光については残念ながら知らない国ですが、戦前からのホテルもあるようですから、全部が近代化されないうちに古いホテルに
泊まるのも一興かと思います・・・昔、ペナンの木造の「イースタン&オリエンタル・ホテル」に泊まった時に、壊さないうちに
香港の「レパルスベイH」、シンガポールの「ラッフルズH」にも泊まっておけば好かったと想ったものです。
・・・多くの課題はこれからだと思います。

http://www.asahi-net.or.jp/~ak4a-mtn/introduction/travel.html

確かに早く独立へと動き出したのは驚きですが、独立に関する住民投票のあとのインドネシア軍の行動が激しすぎ、かえって国連軍の
看視が強化されたためにスムースに事が運んだのかも知れません。

民族はただでさえ多民族なのにこの東チモールだけでも13~16程度の言語があると云われて複雑ですがポルトガル統治時代の
カソリックが彼らを反イスラムで結束させたかも知れません。。。

産業はコーヒー、大理石、石油(南海域の海底油田)ということになっていますがどれに重点を置くかで決るように思い...続きを読む

Q暫定税率は暫定期間中に廃止できますか?

4月末に自民党の方針どおり暫定税率が10年延長されるとします。
民主党の思惑どおり自民党は国民の反感を買って次の衆議院で民主党が第一党となった場合、10年以内に暫定税率を廃止することは可能なんですか?

また民主党って与党になってもそういう動きができる人達の集まりですか?

Aベストアンサー

多分#1の回答にあるとおり、環境税などの名前に変わるだけでしょう。税率は多少変わるかも知れませんが。

昨年2007年12月26日付の民主党税制大綱でも、

「ガソリン等の燃料に対する課税は、一般財源の「地球温暖化対策税(仮称)」として一本化する。」

と明記されています(参考url 7ページ)。また、2006年12月に発表された政権政策の基本方針でも

「3.地球温暖化対策を強力に推進

国内における温室効果ガス削減の長期目標を設定した上で、エネルギーの需要抑制、省エネ対策の一層の推進、再生可能エネルギーの普及促進、排出権取引の法的枠組整備などの対策を強力に推進する。自ら京都議定書の目標達成を図ると共に、諸外国との環境対話を積極的に進め、ポスト京都議定書に向けた新たな国際的枠組みに対する主導的な役割を果し、地球温暖化対策で世界をリードする。」

となっています(このときはまだ暫定税率廃止の「ざ」の字もなかった)から、暫定税率より下げることは、この政策に逆行することから、ないでしょうし、もし下げたとしても、自動車重量税などが増税になるでしょう。

もっとも、この政策そのものを「なかったこと」にしてしまうことも考えられますが、これまでの民主党の主張から言うとそういうことになります。

参考URL:http://www.dpj.or.jp/news/files/071226zeiseitaiko.pdf, http://www.dpj.or.jp/governance/taikai/magunacarta2006.html#05

多分#1の回答にあるとおり、環境税などの名前に変わるだけでしょう。税率は多少変わるかも知れませんが。

昨年2007年12月26日付の民主党税制大綱でも、

「ガソリン等の燃料に対する課税は、一般財源の「地球温暖化対策税(仮称)」として一本化する。」

と明記されています(参考url 7ページ)。また、2006年12月に発表された政権政策の基本方針でも

「3.地球温暖化対策を強力に推進

国内における温室効果ガス削減の長期目標を設定した上で、エネルギーの需要抑制、省エネ対策の一層の推進、再生...続きを読む


人気Q&Aランキング