外出自粛中でも楽しく過ごす!QAまとめ>>

三菱純正ダイヤクイーンスーパーロングライフクーラントですが、メンテナンスノートでは新車で購入して初回の交換は5年後が交換時期となっていますが、ディーラーの話によれば実際には汚れ具合で交換時期を判断しているようで、走行距離によっては、10年ぐらい無交換で行けたり、大抵はタイミングベルト交換時まで交換することはないと言われました。
スーパーLLCに関しては詳しくないのですが、実際のところどうなんでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

こんにちは。

ディーラー現役引退者です。
三菱ダイヤクィーンスーパーロングライフクーラント使用車(1台目:11年間13万キロ使用、2台目:6年間6万キロ使用中)を含めて三菱車ばかり約35年ほど乗っていますが旧のクーラントを含めて定期交換したことは無かったですね。
汚れ具合はサブタンクで目視出来ますし、濃度(不凍濃度)は5年に一度程度機器で点検しましたが別に下がったことはありませんでした。(寒冷地で使用なのでマイナス30度以下は保たれておりました)
厳密にはスチールブロック内やアルミヘッド内の対腐食性能低下が考えられるために交換を薦めているのでしょうが、自分の車で試した限りでは殆ど無交換でいいのではないかと思っております。(どうせ次はただ同然で下取りに出すか解体するのでしょうし・・今まで赤錆色に変わってきた例なんぞ見たことは無かったですね、多少くすんできた程度でした。まあ30年も乗るのでしたらまた一度程度は考えるのかもしれませんが・・)
お客様にもサブタンクの汚れ具合と不凍濃度の測定だけの説明で無理に交換は薦めておりませんでしたが、トラブルは無かったですね。(知っている限りでは、懇意のお客様で年6万キロ走り、6年間36万走った車もメンテナンスしておりましたがクーラントは無交換で別段問題は起きませんでした)
個人的な意見・感想とはなりますが(これには反論も出るかとは思いますが)、定期的な汚れ具合と濃度の点検だけで殆どは無交換に近い形(ただし冷却水を抜くような作業があったときはついでに交換程度)でいけるとは思っております。
ご参考の足しになれば幸いです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
当方間もなく10年無交換7万キロですが、ノントラブルでサブタンク、ラジエターキャプ開けて確認しても汚れは見られません。
本当にスーパーLLCはの持続力には驚きます。

お礼日時:2012/03/31 18:19

スーパーロングライフクーラントについては、以前にもあったのですが、下手に手を出さなければ10年10万キロいけるということです。



使い方次第、壊れ方次第で、元のクーラントに異常を起こさせるような事象がなければ、持ちます。

修理などで交換した場合、使う材料によっては普通にクーラント並になるそうです。
うまくやっても、次の交換時期は、元の8割 作業するたび短くなっていきます。

実際のところは、使用環境によるところが大きいので、点検は必要です。
なめて放置すると、それだけ発見・修理が遅くなるので、ダメージも大きくなり、修理代もかさむことになります。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
当方間もなく10年無交換7万キロですが、ノントラブルでサブタンク、ラジエターキャプ開けて確認しても汚れは見られません。
本当にスーパーLLCはの持続力には驚きます。
しかし、そろそろ交換しようかなとは考えています。

お礼日時:2012/03/31 18:20

最近は どのメーカーも スーパーLLCを使っていますが 推奨交換時期は 5年 7年 10万キロ位ですね



ディーラーによっては汚れ具合で交換時期を判断していますけど 殆どの場合 10万キロで交換ですね
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
当方間もなく10年無交換7万キロですが、特に汚れは目で確認できません。

お礼日時:2012/03/31 18:15

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qロングライフクーラントの色について教えて!

ロングライフクーラントの色は、赤と緑が売られていますが、なぜ2種の色を使って区別しているのでしょうか。それぞれどういった特性の違いがあるのでしょうか。

Aベストアンサー

トヨタとダイハツは赤のクーラントで,
そのほかのメーカーは緑を使っているようです。
赤クーラントは汚れがわかりやすく
緑クーラントは漏れがわかりやすいといった
メンテナンス上の利便性の違いはありますが,中身は同じものです。

Q冷却水のスーパーロングライフクーラントについて

お店で売っているロングライフクーラントは寿命2年として売っていて、ディーラーの純正品はスーパーロングライフクーラントというもので5年寿命のものでした。
値段は二倍ぐらいの違いなので、4~5年使った場合のコスト的にほとんど同じなので(交換は自分でやった場合)どっちを購入しようか迷っています。
因みにお店で売ってるスーパーロングライフクーラントは4年ものでディーラー品と同じか少し値段が高かったです。

性能的には違いもなさそうだし普通なら交換の手間が少ない5年ものなのですが、スーパーロングライフのデメリットってありまか?
例えば、ずっと交換しない分タンクに汚れがたまるとか…交換時に洗浄する分2年ものがいいとか…
また、ラジエター関係の修理等で液を抜いた場合、再利用はOKでしょうか?入れなおすと劣化したりしますか?

今までは純正品が入っていてホースの交換やウォーターポンプの交換等で抜いたとき5年ものということでもったいないので再利用してました。
車が20年前三菱車で最初は2年ものが入っていたと思うのですが、古い車なので今後ラジエター関係の修理があって一時抜くこともあると思うのですが…
どっちのクーラントがお勧めでしょうか?

お店で売っているロングライフクーラントは寿命2年として売っていて、ディーラーの純正品はスーパーロングライフクーラントというもので5年寿命のものでした。
値段は二倍ぐらいの違いなので、4~5年使った場合のコスト的にほとんど同じなので(交換は自分でやった場合)どっちを購入しようか迷っています。
因みにお店で売ってるスーパーロングライフクーラントは4年ものでディーラー品と同じか少し値段が高かったです。

性能的には違いもなさそうだし普通なら交換の手間が少ない5年ものなのですが、スーパーロン...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。ディーラー整備部門引退者です。
スーパーロングライフクーラントのデメリットは殆ど無いと思います。新車充填時からですと5年間、途中からですと4年間(ということは2車検毎)は「その性能を保証する」ということでしょうから。
また再利用はOKで、冷却系統の整備時にはお客様からの要望が無い限りは基本的には再利用でした。その行為で劣化することは無いと考えます。今までそのような行為で問題が発生したことはありませんでした。(ただし、純正の使用経験しかありませんでしたが)
20年前の三菱車ということは当時は通常(2年もの)のダイヤクイーンだったはずですが、当時(スーパーロングライフが使われ始めた頃)メーカーからは2年ものと5年ものを混用すると性能は2年もの相当になるので完全に抜き替えすることが必要だと言われたことは覚えております。
もし、もう5年ものの純正品に完全抜き替えで交換されているのでしたらコスト的には同じでしょうから、そのまま5年ものにしておいたほうが良いのではないでしょうか。
出来れば混用は避けて純正のダイヤクイーンの使用をお薦めいたします。

こんにちは。ディーラー整備部門引退者です。
スーパーロングライフクーラントのデメリットは殆ど無いと思います。新車充填時からですと5年間、途中からですと4年間(ということは2車検毎)は「その性能を保証する」ということでしょうから。
また再利用はOKで、冷却系統の整備時にはお客様からの要望が無い限りは基本的には再利用でした。その行為で劣化することは無いと考えます。今までそのような行為で問題が発生したことはありませんでした。(ただし、純正の使用経験しかありませんでしたが)
20年前...続きを読む

Q三菱のATF(三菱サービスに詳しい・・・)

大変困ってます。私はパジェロに乗っています。先日、ATFを交換にディラーに行きました。当然純正を御願いしますと話しました。終わり何という銘柄のオイルですか?と尋ねたところ「三菱ATF SPII」を入れましたとのことでした。それから約一万キロを走り昨日パジエロの取り扱い書を見てたところ「三菱ATF II」というATFオイルを使ってくださいと記載がありその下にはかっこがきで「三菱ATF SPII」はとかわないでくださいと書いてありました。ディラーに確認したところ大丈夫です。とのことでありましたが非常に気になります。問題ないのでしょうか?また、今後どうしたらいいでしょうか?皆様アドバイス下さい。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

もし訳無いです 担当者の名前は・・・?

お客様相談センターフリーダイヤル:0120-324-860
にて年式と型式を連絡
すれば本社で三菱ATF IIか確認できます

その上で
本社から取替えの支持をディラーにだすそうなので
出させて下さい

取替え方法でが・・・・動かしながら取り替える様な話です
聞いても 私もそこまでは詳しく無いので・・・・
通常の取替え方法では25%のこりますので・・・
それしか判らん


詳しい人が入てますので聞いて下さい
納得行くまで聞いて処置して下さい

タイミングが変わるので問題が発生する恐れがあるそうです

4WDにしなければ問題は発生しないので
取替え前は待ち乗りっだけにした方が良いと思います

お客様センターはほんまに一番優秀ですよ
ホンダりも
自分の車で質問して頭にきたは・・・
鈴木も・・・・・

トヨタ、三菱がお客様センター優秀ですは・・・・

デイラーは差が有りすぎです
優秀な整備の人もいてます
見つけるとその人が転勤になると、そこまで持って行きますけどね

頑張って下さいね負けずに・・・・・

もし訳無いです 担当者の名前は・・・?

お客様相談センターフリーダイヤル:0120-324-860
にて年式と型式を連絡
すれば本社で三菱ATF IIか確認できます

その上で
本社から取替えの支持をディラーにだすそうなので
出させて下さい

取替え方法でが・・・・動かしながら取り替える様な話です
聞いても 私もそこまでは詳しく無いので・・・・
通常の取替え方法では25%のこりますので・・・
それしか判らん


詳しい人が入てますので聞いて下さい
納得行くまで聞いて処置して下さい

...続きを読む

Q冷却水(クーラント液)の補充はどんなものでもいいか

先日より、軽自動車がラジエータの故障により、冷却水がへってきていました。近日中に
修理には出す予定ですが、それまでの間冷却水(クーラント液がメモリよりやや下くらいのところにあります。)補充して減り具合などみながら使用したいのですが。
今入っているのがピンク色の液なのですが、やはりおなじピンクいろのを使用
しなくてはならないのでしょうか?
(他にも緑色のとかあるようですが)

今入っているものがなんというものかわからないのですが、エンジンオイルみたいに同じ種類のものを入れなくてはならないとかあるんでしょうか?

整備に詳しい方おしえてください。

Aベストアンサー

>軽自動車がラジエータの故障により、冷却水がへってきていました。

ラジエータ若しくは冷却水ホースの一部から、漏れているのですかね?
私の場合、大手カー用品店で売っている「漏れ予防剤・修理剤」を入れる事で治りました。
もちろん、過去に多くの事例がある有名商品(青いプラスチック容器)です。

>今入っているのがピンク色の液なのですが

冷却水は、そもそも無色なのです。
が、整備工場などで「水と間違わない様に、着色した」様ですね。
※色が付いている方が、漏れの状況把握が簡単。
ピンク色だと、超ロングライフクーラント(超LLC)ですね。トヨタとダイハツが採用している色です。
※トヨタ・ダイハツ以外の超LLCは、青色です。
※一般のLLCは、トヨタ・ダイハツが緑色。その他メーカーは、赤色です。
※ヨーロッパの外車は、黄色・オレンジ色。

>やはりおなじピンクいろのを使用しなくてはならないのでしょうか?

修理を前提にしているのでしたら、真水で充分です。
そうそう、超LLCもLLCも基本的に成分は同じです。
が、ピンクの色に青・緑・赤色を混ぜると・・・。性能云々よりも、腐った色になり精神的に問題です。
大手DIY店で、冷却水補充用(ピンク色)を購入した方が無難でしようね。
もし、ラジエータからの漏れだと分かっているのなら・・・。
冷却水漏れ予防・修理剤を入れるのも、一考です。
2000円程度の出費で治ると、万々歳です。^^;
もちろん、安心できる予防・修理剤を選ぶ事が実用です。

>軽自動車がラジエータの故障により、冷却水がへってきていました。

ラジエータ若しくは冷却水ホースの一部から、漏れているのですかね?
私の場合、大手カー用品店で売っている「漏れ予防剤・修理剤」を入れる事で治りました。
もちろん、過去に多くの事例がある有名商品(青いプラスチック容器)です。

>今入っているのがピンク色の液なのですが

冷却水は、そもそも無色なのです。
が、整備工場などで「水と間違わない様に、着色した」様ですね。
※色が付いている方が、漏れの状況把握が簡単。
ピンク色だ...続きを読む

QデリカD:5の冷却水交換方法について

デリカD:5の冷却水を自分で交換しようと思っています。そこで教えていただきたいのですが、ラジエターのドレンコックを外すためにはグリル下の格子状のカバーを外さないとできない気がするのですが、他に方法があれば教えてください。カバーを外す必要があれば、カバーの外しかたを教えていただきたいのですが。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

三菱車はわかりませんがホンダでは10年または20万キロまで無交換のクーラントですよ。多分.三菱もそうだと思いますのでディーラーで聞いてからの方が良いのかと思います。

Qハンドルをきると奇音が・・・

今乗っている車が、最近、ハンドルを右に切ると車体左前あたりから「ギギギ…」と奇音を発すようになりました。何かが引っかかっているのかとも思ったんですがそーゆーわけでもありません。故障でしょうか?また、修理するなら費用はいくらぐらいかかるのでしょうか?よろしかったらアドバイスお願いします。

Aベストアンサー

車種が分からないので音の出る原因を幾つかまずFR車 ハンドルをいっぱい切ったときにストッパーが当たって音が出る ストッパーにグリスを塗布するか プラスチックのキャップを取り付ける(トヨタ車はこの方法です。)FF車はありません。ここからは両車共通です。パワーステアリングのオイル不足、ベルトの緩み、パワーステポンプの故障(この場合は常に音が出る可能性あり)、パワーステーギャーの故障(この場合にはハンドルを切ったときに出ます。)FF車のドライブシャフトの音ですがたとえば右にハンドルを切ったときにコリコリという音が出ていれば左側のドライブシャフトの外がわのベアリングの音ですので交換が必要になりますが余り大きな音でなければブーツを交換して暫く乗ってどうしても気になるようならば交換をすればいいかと思います。(二重に工賃などが掛かりますが。)金額は最初は400円位 ポンプですと4万円位 ギヤーボックスですと4万円位 ドライブシャフトですと一箇所1.5万円位だと思います。(ドライブシャフトはブーツだけでないとすると最大片側6万円くらいだと思います。但し左右の部品の値段が違う車種がありますのでそれ以上になる可能性も有ります。

車種が分からないので音の出る原因を幾つかまずFR車 ハンドルをいっぱい切ったときにストッパーが当たって音が出る ストッパーにグリスを塗布するか プラスチックのキャップを取り付ける(トヨタ車はこの方法です。)FF車はありません。ここからは両車共通です。パワーステアリングのオイル不足、ベルトの緩み、パワーステポンプの故障(この場合は常に音が出る可能性あり)、パワーステーギャーの故障(この場合にはハンドルを切ったときに出ます。)FF車のドライブシャフトの音ですがたとえば右にハン...続きを読む

Q色の異なるLLC、混ぜても問題ない?

LLCには何種類が色があるようですが、混ぜても問題ないのでしょうか?単に絵の具のように別の色になるだけなのでしょうか?

ここでは「何故異なる色を混ぜるのか?」という事は気にしないで下さい。

Aベストアンサー

LLCの主な効能から考えてみました。
(1)熱交換機能
(2)防錆
(3)防凍結
(4)樹脂/ゴム部品へのダメージの考慮

(1)だけを追求すれば純水が一番ですが(2)(3)はまったく防ぐことができずパイプ部品の内面は錆だらけ、氷点下の環境では凍結によって部品が破損します。
(私は不注意でレース車両から水を抜き忘れていたら凍結してしまい、シリンダーブロックを割ったことがあります)

LLCとして売られているものであれば(1)~(3)はそれなりに考慮されているでしょうが(4)にはすごく不安を感じます。樹脂/ゴムは生ものですから純正品を使っていても吸水して劣化します。車メーカーは自社の純正および市場回収品などから想定した劣悪クーラントでしか部品の耐久性試験はできません。存在するすべてのものでテストすることは不可能だからです。
また、アフターパーツとして販売しているLLCのメーカーは樹脂/ゴム部品へのダメージは検証できないでしょう。樹脂/ゴムといっても種類や充填材の種類/割合で大きく特性は変わってしまいます。

水ホースは昔からゴムですし、最近は部品の樹脂化も拡がってきていることからとても不安です。

混ぜたLLCにダメージを促進させるような成分が入っていないことをお祈りいたします。

LLCの主な効能から考えてみました。
(1)熱交換機能
(2)防錆
(3)防凍結
(4)樹脂/ゴム部品へのダメージの考慮

(1)だけを追求すれば純水が一番ですが(2)(3)はまったく防ぐことができずパイプ部品の内面は錆だらけ、氷点下の環境では凍結によって部品が破損します。
(私は不注意でレース車両から水を抜き忘れていたら凍結してしまい、シリンダーブロックを割ったことがあります)

LLCとして売られているものであれば(1)~(3)はそれなりに考慮されているでしょうが(4)にはすごく不安を感じます。樹脂...続きを読む

Qラジエーターの交換費用

車に疎い友人のラジエーターが壊れました。ディーラー
では全交換で10万と言われたそうです。車種は
カローラなんでたぶんリビルト(再生部品)など
すぐ見つかりますよね。再生部品をうまく見つけて
安く直してくれるお店などだといくらくらいで
直してもらえますか?なんかディーラーだと新車を
売るために高く見積もる傾向があるので。

Aベストアンサー

ラジエーターの全取替えって珍しい気もします。高いと思われるんだったら他の整備工場やディーラーを回った方が良いと思いますよ。
私も以前ラジエーターが壊れた時があったのですが、アッパータンクの交換のみって事で2万円で済みました。

ディーラーや対応してくれる人によって全然違いますよ!
現在中古のトヨタ車に乗ってますが、修理の度に違うディーラーに行ってます。部品が無いので一週間は掛かりますと言われたのに、別のディーラーでは1時間程で出来上がるといった事もありました。
是非何ヶ所か回ってみて下さい。

QATF(オートマフルード)を交換しないとどうなりますか?

ATF(オートマフルード)を交換したことがないまま14万キロを迎えました。取説には2万キロごとに交換しろというかなり繊細なもの???しかしディーラーに交換を相談するとかならず、2万キロ事に交換していないなら今更交換すると詰まってしまうかもしれないそれなら不具合が出るまで交換しない方がいいとの回答。いったいATF(オートマフルード)を交換しないとどうなるのでしょうか?そもそもその役割すらすらないのですが・・・よろしくお願いします。

Aベストアンサー

≪こんにちは。以前、某自動車メーカーの開発耐久実験にいたものです≫

【ATF(オートマフルード)を交換したことがないまま14万キロを迎えました。取説には2万キロごとに交換しろというかなり繊細なもの???】

なぜ2万キロごとに交換した方が良いのか…

人間の任意のタイミングで手動でギアを変えるMT(マニュアルトランスミッション)に対し、AT(オーマチックトランスミッション)は運転者のアクセルの踏み込み量・路面の勾配・積載量等々、それら全てを機械で計算し、非常に複雑かつ密集した蟻の巣の様な油路をバルブで切り替え、自動でギアを変速する構造になっています。
その潤滑油・作動油であるATFが、走行を重ねる事により劣化し不純物(磨耗鉄粉等)が増えると、油路のバルブの動きがスムーズでなくなり変速ショックが大きくなってきます。又、バルブやギアを動かす時の摺動抵抗も増大する為、燃費も悪くなります。
この劣化したATFを交換せず走行を続けると、更に不純物が増え潤滑性能が低下する為、バルブやギアの磨耗が進行し、その磨耗した部分を劣化したATFが埋める様に入り込み部品と部品とのクリアランス(隙間)を正常保つ役割をする様になります。
この様な状態が進行した状態でATFを新品に交換すると、磨耗した部分を埋めていた劣化したATFが洗い流され、クリアランスが正常に保てなくなり、部品と部品とのクリアランス過大によりバルブが正常に作動しなくなったり、油路に血栓の様に固まった不純物が取れ他の油路を塞いだり…等々、様々な不具合が発生してしまうのです。
従ってこの、部品の磨耗が進行する前の状態。=2万キロ走行毎の交換が必要、という事なのです。


【ATFを交換しないとどうなるのでしょうか?】

ATFを交換しないとどうなるかは上記の通りですが、今の国産車ならば全く交換しなくても10万キロまでは変速ショック増大や燃費悪化等の症状は出るものの、普通の走行をしている限りATが壊れる事はまずありません。
あなたの車はすでに14万キロも無交換という事なので、ディーラーの方に言われた通り交換はしない方が賢明です。
この先、ATが壊れた時にはもう走行距離も15万キロ超になっているでしょうし、車自体も寿命時期に近づいているので、高いお金を出してAT交換するより新車を購入した方がいい…という事になってしまうでしょうが。

≪こんにちは。以前、某自動車メーカーの開発耐久実験にいたものです≫

【ATF(オートマフルード)を交換したことがないまま14万キロを迎えました。取説には2万キロごとに交換しろというかなり繊細なもの???】

なぜ2万キロごとに交換した方が良いのか…

人間の任意のタイミングで手動でギアを変えるMT(マニュアルトランスミッション)に対し、AT(オーマチックトランスミッション)は運転者のアクセルの踏み込み量・路面の勾配・積載量等々、それら全てを機械で計算し、非常に複雑かつ密集し...続きを読む

QLLCの廃棄

クーラントを交換した際の古いLLCは皆さんどのように廃棄してますでしょうか?
そのまま下水(車庫で抜くとそのまま道路の排水溝に流れます)に流してよかったのでしょうか?(昔は特に気にする人もいなかったのですが最近はチョッと気になって)
1、本来はどうする?
2、一般的にどうしている?
で教えてください。
また、キッチンで蒸留して残った残留物を燃えるごみに出すなんてOK?できる?のでしょうか?

Aベストアンサー

カストロールのHPに以下のような記載があります。
「使用済みのクーラントを正しく処分するのは、使用済みオイルの処分と同じくらい重要です。繰り返しますが、使用済みクーラントの色と匂いは特に子供の好奇心を引くので、絶対に放置しておいてはいけません。すぐに容器を最寄りの、有害物質を処理するリサイクルセンターに持って行ってください。使用済みのエンジンオイルの廃棄と同様に、各自治体の指示に従って廃棄してください。」

カーショップ等で買ったのでしたら、使用済みのLLCを容器に入れて持っていけば引き取って処分してくれるはずです。

あとはエンジンオイルと同様に新聞紙やぼろ布などにしみこませて燃えるゴミとして出せるかどうかを最寄の役所に聞いてみるといいと思いますよ。
産業廃棄物になりますので、そのへんに流すのは絶対にやめてください。
しっかりした受け皿でいったん受けてから処理しましょう。


人気Q&Aランキング