最新閲覧日:

カプノメーターって何が測定できるんですか?原理などを教えていただいたらうれしいです。

A 回答 (1件)

カプノメーターとは、終末呼気炭酸ガス分圧を測定する装置のことです。


呼吸する度に、人は肺胞から炭酸ガスを吐き出しますが、呼気の開始とともに、呼気中の炭酸ガス濃度は、急速に上昇します。上昇が一段落すると、肺胞の収縮とともに徐々に炭酸ガス濃度が上昇し、最終的に呼気の一番終わり(呼気終末)で最も高い値をとります。この値を測定して、動脈中の炭酸ガス分圧の指標にしようというわけです。カプノメーターで測定した値は、必ずしも動脈中の炭酸ガス分圧と一致するわけではありませんが、長時間モニターすることによって、上昇下降の傾向を知ることができ、呼吸状態の把握に有用です。麻酔中であるとか、ICUなどで呼吸管理をする時に、頻繁に利用されます。
    • good
    • 12

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ