カプノメーターって何が測定できるんですか?原理などを教えていただいたらうれしいです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

カプノメーターとは、終末呼気炭酸ガス分圧を測定する装置のことです。


呼吸する度に、人は肺胞から炭酸ガスを吐き出しますが、呼気の開始とともに、呼気中の炭酸ガス濃度は、急速に上昇します。上昇が一段落すると、肺胞の収縮とともに徐々に炭酸ガス濃度が上昇し、最終的に呼気の一番終わり(呼気終末)で最も高い値をとります。この値を測定して、動脈中の炭酸ガス分圧の指標にしようというわけです。カプノメーターで測定した値は、必ずしも動脈中の炭酸ガス分圧と一致するわけではありませんが、長時間モニターすることによって、上昇下降の傾向を知ることができ、呼吸状態の把握に有用です。麻酔中であるとか、ICUなどで呼吸管理をする時に、頻繁に利用されます。
    • good
    • 12

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q血圧測定は何故安静時に測定するのでしょうか

高血圧の弊害は、血圧の高すぎにより、血管壁等に障害を与えるからだと聞きましたが、
それなら、一日のうちで一番高い値が問題になるのではないかと思います
血圧測定で、高い値が出ると、深呼吸したりして測定しなおしで、標準値に下がると異常ありませんといわれますが、血圧の高さが問題なのに、最高値を危惧しないのは何故でしょうか?

Aベストアンサー

myeyesonlyさんの回答で正しいと思います。
ただ、参考URLを拝見しましたが、じつは、1999年2月のWHOの基準では、高血圧の定義はより厳しいものになっています。さわりだけ述べますと、収縮期血圧が140-160mmHg未満、または拡張期血圧が90-100mmHg未満は軽症高血圧として取り扱われるようになりました。
それから、何事もそうなのでしょうが、基準値や異常値を決めるためには、出来るだけ同じ条件でデータを集めて統計的に解析する必要があります。ですから、緊張したり、興奮したり、激しい運動をしたりすると上がってしまい、しかもその上がり方の個人差が大きい血圧などの場合では、みんな同じ条件で測るために安静時で測定する必要があるのだと思います。

Qもし、電車で貧血とかで倒れたら、救護室に運ばれるんですか?意識がなかった場合はどうするんですか?

もし、電車で貧血とかで倒れたら、救護室に運ばれるんですか?意識がなかった場合はどうするんですか?

Aベストアンサー

在来線 新幹線問わず 最寄り駅に緊急停車 即救急車にて 病院送りでしょう

心臓マッサージ AEDは 多分訓練済みだろうから

日本の電車なら そのくらい当然じゃないのですかね?

Q胸がキューンってなる原理

恋をした時とか切ない物語を読んだ時に胸が「キューン」って締め付けられるような感覚を覚えると思うんですけど、医学的に体の中では何が起こってるんですか?

心臓(?)がどうにかなってるとは思うんですけど・・・

Aベストアンサー

体は運動をしているわけではなくあくまでも冷静だけど何かを考えて精神的に心臓がドキドキッとする時心臓の周りの血管が十分に広がっていないので心臓を動かすための酸素等(つまり血液)が一時的に足らなくなってちょっと締めつけられるような感じがするという事だと思います。ビックリしたときと状況は似ているけどちょっとニュアンスは違うかな。ビックリした時はアドレナリンが放出されて体全体が瞬時に臨戦態勢(防御体制又は攻撃態勢)を整えようとします。不快な感じはあっても高揚感は無いですよね。
胸キュンの場合は体はあくまでも冷静、ちょっと苦しいんだけど同時に高揚感があります。
ちなみに喉が詰まるような感覚というのは狭心症など心臓病の症状でも良くある症状の一つです。心臓と喉の感覚は密接なんですね。

Q麻酔ってどういう原理で…

麻酔ってどういう原理で痛覚がなくなったり、意識がなくなったりするのでしょうか?

Aベストアンサー

神経を麻痺させる。って回答でいいかな?

局部ならその周りの神経系、全身なら中枢神経。

Q原理が分かりません(><)

前から分からないんですが、
PCO2が溜まって、それを下げるときに呼吸器をつけてCO2を飛ばすと血圧が下がりますよね。
それはなぜなんでしょう。
本を見てものってないし、どれを見ればよいのか分かりません。

分かるかた教えてください(><)

Aベストアンサー

主に、 下記の 2つの機序が 関与していると考えられます。


1.「 高炭酸ガス血症による 一過性高血圧 」 の解除

  PaCO2 が上昇して高炭酸ガス血症になると、 血中カテコラミン濃度が上昇します。
  CO2 が上昇し始めて 最初の30分は ノルアドレナリンが、 それ以降は アドレナリンが主に分泌され、
  これが心血管に作用して 末梢血管収縮・心拍数増加・心拍出量増加 等を来たし、 「 一過性高血圧 」を認めます。

  人工呼吸器を装着して呼吸管理を行う事で 高炭酸ガス血症が解除され、 一過性高血圧が消失します。
  つまり、 「 血圧が下がる 」 と言うよりは 「 高くなった血圧が 元に戻る 」 と言った方が良いでしょう。

  尚、 PaCO2 が 80mmHg を超えた状態が持続すると、 逆に 血圧は低下します。


2. 胸腔内圧の上昇による 循環血液量の低下

  吸気時は 肋間筋・横隔膜の作用により 胸腔を拡張させて空気を吸い込んでいる訳ですが、
  当然この時、 胸腔内圧は陰圧になっています。
  ( 陰圧になる事で 空気を吸い込んでいる訳ですから。 )
  で、 胸腔内圧が陰圧になると、 腹腔内の多臓器や四肢からの 静脈血還流量が増加します。
  【 吸気時 】: 心拍数 ↑ ・ 血圧 ↑ 、  【 呼気時 】: 心拍数 ↓ ・ 血圧 ↓   となるのは このためです。

  人工呼吸器を装着した状態は 外部から胸腔内に機械的に空気を押し込んでいるだけなので、
  胸腔内圧は陰圧にはなりません。
  このため静脈還流量が減少し、 心拍出量の低下を来たすため、 結果的に 血圧が下がるのです。

  また、 PEEP ( 呼気終末陽圧換気 ) をかけると 血圧低下が顕著になる理由も、 同時に説明できます。

主に、 下記の 2つの機序が 関与していると考えられます。


1.「 高炭酸ガス血症による 一過性高血圧 」 の解除

  PaCO2 が上昇して高炭酸ガス血症になると、 血中カテコラミン濃度が上昇します。
  CO2 が上昇し始めて 最初の30分は ノルアドレナリンが、 それ以降は アドレナリンが主に分泌され、
  これが心血管に作用して 末梢血管収縮・心拍数増加・心拍出量増加 等を来たし、 「 一過性高血圧 」を認めます。

  人工呼吸器を装着して呼吸管理を行う事で 高炭酸ガス血症が解...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報