o-またはp-nitrophenolのモル吸光係数が乗っているサイトまたは論文を紹介してください。また、一般の化合物の情報があるサイトも同時に教えていただけたら幸いです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

rei00 です。

お礼拝見しました。

>これらの値は有機溶媒中でしょうか?
 やっぱりこの情報がいりますよね。回答時気になって探してみたのですが,明記されていませんでした。一般的には,nitrophenol 自身は水には溶け難いと思いますので,有機溶媒(メタノ-ルかエタノ-ル)中のデ-タではないかと思います。
 本文には元になった文献がありますので,そちらを御覧になれば出ていると思います。

>目的としては発色基質としての使用を考えていたので、400nm前後のデータが必要だったのです。
 その様な目的であれば,モル吸光係数よりもスペクトル集のようなものを探された方が良いかも知れません。
 簡単なものでしたら,有機化学や機器分析の教科書を御覧になればのっていると思います。
    • good
    • 1

直接的な回答ではありませんが、以下の参考URLサイトは参考になりますでしょうか?


「Phenol, 2-nitro-」

さらに「Phenol, 3-nitro-」に関しては、
http://webbook.nist.gov/cgi/cbook.cgi?ID=C554847 …

これらの「References」の文献(仏語)に記載があるかもしれません?

ご参考まで。

参考URL:http://webbook.nist.gov/cgi/cbook.cgi?ID=C88755& …
    • good
    • 0

有機化合物の分子吸光係数の記載で参考になる文献をお知らせいたします。



JOHN WILEY
ORGANIC ELECTRONIC SPECTRAL DATA

手許にありませんので確かめませんでしたが、多分 Nitro phenol
類は記載されていると思います。

なお、NITRO PHENOLは指示薬として使われることもあるように
pHによって色の変化があります。オルトもパラもアルカリ性で黄色になります。
溶媒によってもかわります。極大吸収波長における分子吸光係数の意味か、可視部
なのか紫外部なのか・・・・により違ってくるはずです。
    • good
    • 0

o-nitrophenol:


  λmax = 278.5 nm, εmax = 6,600
  λmax = 351 nm, εmax = 3,200

p-nitrophenol:
  λmax = 317.5 nm, εmax = 10,000

ちなみに,m-nitrophenol は
  λmax = 273.5 nm, εmax = 6,000
  λmax = 333 nm, εmax = 1,960

「紫外・可視スペクトル」C.N.R. Rao 著,中川正澄 訳(東京化学同人),p.89 より


一般の化合物に関しては範囲が広すぎます。上記の書籍などの適当なものを御覧になれば,参考文献が多数出てくると思います。

また,特定の化合物のデ-タが必要でしたら,「Chemical Abstract」で文献検索をされた方が有効だと思います。

この回答への補足

ありがとうございました。これらの値は有機溶媒中でしょうか?とりあえずお示しの本を探してみようかと思います。目的としては発色基質としての使用を考えていたので、400nm前後のデータが必要だったのです。

補足日時:2001/05/11 09:34
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q文献複写 「Nineteenth Century」

下のサイトにも出ている下記の文献なんですが、「Nineteenth Century」の正確な雑誌名は分かりますでしょうか。文献複写をしたいのですが、「Nineteenth Century」だとあまりに多くのタイトルが出てしまいます。

Charles E. Beveridge, "Frederick Law Olmsted's Theory of landscape Design,"
Nineteenth Century vol. 3, no. 2 (Summer 1977), pp. 38-43.

http://bfn.org/preservationworks/bam/kowsky/nf/bev/
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

英語検索エンジンで調べました。

おそらくこの雑誌だと思います。
http://search.goantiques.com/cgi-bin/texis/scripts/resources/framesethead.html?targeturl=www.victoriansociety.org

ここの、
「Volume 3 Number 2 Summer 1977」
がお目当ての雑誌です。

 ●Frederick Law Olmstead's Theory of Landscape Design - Beveridge
 ●"This Brilliant Year" An Exhibition of The Royal Academy
 ●My Kind of Town, Ambler, Pennsylvania - Sadler
 ●Carl Faberge in London - Snowman
 ●The Royal Pavillion at Brighton in America (An Exhibition at the Cooper-Hewitt) - Myers
 ●The Furniture Industry in Victorian Boston - Seidler
 ●Frith's Photographic Views of Egypt - Hemphill
 ●Queen Victoria's Golden Jubilee of 1887 - Lant

こんな団体があるから、
庭園や景観・貴重な建造物などが
守られているんですね。。。
私も勉強になりました。

ここの連絡先はこちらです。
 THE VICTORIAN SOCIETY IN AMERICA
 205 South Camac Street
 Philadelphia, PA 19107
 Phone: 215-545-8340
 Fax: 215-545-8379
 Email: info@victoriansociety.org

ご参考にして下さい。

英語検索エンジンで調べました。

おそらくこの雑誌だと思います。
http://search.goantiques.com/cgi-bin/texis/scripts/resources/framesethead.html?targeturl=www.victoriansociety.org

ここの、
「Volume 3 Number 2 Summer 1977」
がお目当ての雑誌です。

 ●Frederick Law Olmstead's Theory of Landscape Design - Beveridge
 ●"This Brilliant Year" An Exhibition of The Royal Academy
 ●My Kind of Town, Ambler, Pennsylvania - Sadler
 ●Carl Faberge in London - Snowman
 ●T...続きを読む

QBODIPYのモル吸光係数

ランベルト・ベールの法則から蛍光剤の濃度を求めたいのですが,肝心のモル吸光係数がわかりません.
BODIPY505/515(Ex502nm)のモル吸光係数が記載されている論文,またはサイトを教えてください.
よろしくお願いします.

Aベストアンサー

説明不足でしたので補足します。

 実際に測定した結果から計算して下さい。

 A=ECD より、(1).濃度1mol,(2).セルの長さ1cmm で測定したときの
  吸光度 Aからモル吸光係数Eを計算して下さい。

Q研究目的の文献デジタル複写の法律的解釈

研究目的で図書館から借りた本の一部(半分以下)を複写する際、スキャナでパソコンにデジタルデータとして複写してもよろしいのでしょか。個人的には、かさばらずにありがたいのですが、法律的には許されるのかが分かりませんが、詳しい方よろしくお願いします。

Aベストアンサー

別に図書館のコピー機でなくても良いですよ。
私的複製権(著作権法第30条)を主張すれば良いだけです。
自分で一般的なコピー機で行ったなら問題ないです。
著作権法第30条ただし書きで、公衆利用可能な自働複製機がなんちゃら書いてあるけれど、現在、文書、図面だけのコピー機は対象外扱いですから、気にしないでください(附則 第五条の二)。

Qモル吸光係数

溶媒中で発光物質の吸収スペクトル測定を行う際、溶液の温度を高くするとモル吸光係数εも上昇する、らしいのですが、この理由が分かりません。
出来るだけ詳しく教えて頂けると幸いです。

Aベストアンサー

見かけの吸光係数でしょうか?

温度上昇する前は、(発光)+(透過光)を測定
温度上昇すると、発光しなくなる。
(透過光)のみを測定。

だから見かけ上の吸光係数が増える!?

QNikon 2台目の外部スピードライト 複写用

カメラボディー D200,D70
現在所有しているスピードライト SB-600(1台)
用途 平面の図面、文献の複写の為に、スピードライト2灯で、ワイヤレス増灯撮影を考えています。
2台目として購入するスピードライトは、せっかくなら、SB-800と考えているのですが、GNのバランスから考えると、左右の光量ムラが心配です。
同じ、SB-600の方が無難でしょうか?

Aベストアンサー

フラッシュより市販のランプ付きコピースタンドを使った方が楽なのでは?。
左右45度から照射するのでテカリや影ができにくく、定常光なのでどのように光が当たるか(意図しない反射や照明ムラが発生しないか)容易に観察できます。
デジタルカメラであれば色温度の問題もありませんし。
SB800を買う予算でおつりが来ると思いますが...。

Qモル吸光係数

モル吸光係数って何なんでしょう?
モル吸光係数から何がわかるのかがわかりません
この値が大きいと透過率が低いんですか?

Aベストアンサー

そういう傾向にありますよ(^o^)
     ln(I0/I)=εCL  (Lambert-Beerの式)
からわかるとおり、モル吸光係数εが大きい場合
「同じモル濃度C、同じセルの厚みLでもln(I0/I)が大きい」
「つまりI0/I(=入射光強度/透過光強度)が大きい」
「したがって100×I/I0(透過率[%])が低い」

ですよね。要するにεは「その物質の、ある波長の光に対する光吸収の強さをあらわす指標」です。εは融点や沸点と同じような「物性」ですから、その物質が何であるか目星をつけるのに使えるのではないしょうか。

Qコクヨ 複写簿 ノーカーボン使ったことある方いますか? コクヨ 複写簿 ノーカーボン 便箋 横罫 B

コクヨ 複写簿 ノーカーボン使ったことある方いますか?



コクヨ 複写簿 ノーカーボン 便箋 横罫 B5タテ 40組 ウ-303N
といったものを使おうかと思っているのですが

これは一気に何枚複写できますか?
複写された方はやはり 複写しているやつだ と解っちゃいますか?

複写している事が解らないような
一気に何枚か複写出来る
表題のようなものがほしいのですが
ご存じではないでしょうか?

Aベストアンサー

お示しのものは「2枚複写」ができるタイプですね。
ボールペンで記入した「本紙」(一番上)に対して、その下の「2枚」に複写されます。

いろいろな「申込用紙」とか、銀行で預金や引き出しのときに書いて窓口に提出する伝票を考えれば、どんなものかわかるでしょう?

一番上(1枚目)は、直接ボールペンで記入するので手書きそのものですが、用紙が「ノーカーボンコピー紙」なので「複写が作られているな」ということは分かります。
複写された2枚目、3枚目は、色からして「複写された」ことは一目瞭然です。

「複写している事が解らないような
一気に何枚か複写出来る」
これは無理でしょう。手書きで普通の紙に書いて、コピー機でコピーをとるしかありません。

Q分子(モル)吸光係数について教えてください。

レポートで、

「BPB4ml+水1ml→BPB…4.0×10-4(%)、
 BPBの分子量を670、吸光度A590、
 光路長1.27cmから、
 分子吸光係数を計算しなさい。」 

という問題が出ているのですが、
C=A/ε という式において、分子量をどのように使えば良いのかわかりません。
どなたか教えてくださるとうれしいです!!(..)″

Aベストアンサー

極めて薄い水溶液なので、水溶液の密度=1(g/cm3)として良いと思いますから、水溶液1リットルの質量は1000gとなります。

その後が問題なのですが、BPBと水を混ぜて新たにできたBPB水溶液の濃度が4.0×10-4(%)ということで良いのでしょうか?
だとすると、BPB水溶液1リットルあったとして、溶質の質量は(4.0×10-4)×1000×100=40gとなります。
これをモルに直すために分子量で割れば、40÷670=0.0597molとなります。
これがまさに水溶液1リットルに含まれているBPB分子のモル数ですから、
C=0.0597(mol/l)となります。

Q起動ドライブを丸ごと複写するだけで起動できる?

Cドライブのファイルを外付けHDに全て複写するだけで、複写したHDから起動できますか?

それともローダーのようなものがあってそれも複写しないと起動しないのでしょうか?

あるツールでHDを丸ごと複写するモードの場合、差し替えても起動したのですが、Cドライブの全ファイルを外付けのHDにパーティションを切って複写しても起動しなかったので、何故かな?と思い質問しました。

Aベストアンサー

HDDのクローンを作成するにはMBRとPBR(ブートセクタ)も複写しなければなりません
MBRとPBRはファイルではないので、ファイルコピーでは複写できません

MBRの複写とパーティションの複写でもOKです

HDDのクローンを作成するにはセクタ単位でコピーするのが簡単です

Qモル吸光係数

ある分子とその分子のイオンとで、モル吸光係数が
等しくなる(等しいと近似できること)ことがあるのでしょうか?
あるのでしたら、条件などを教えてください。

Aベストアンサー

吸光度が等しいこととモル吸光係数が等しいこととは別の問題.
等吸収点とはモル吸光係数が等しい点.
たぶん,等吸収点の意味をちゃんと理解できていないと思われます.
たとえば A->B という反応があって,このスペクトル変化を経時的に見ていくと,
すべてのスペクトルが交わる点があるはず.これが等吸収点.
ある波長でのモル吸光係数をεA,εB とすると,この波長での全吸光度は
{εA×[A] +εB×[B] }×光路長.
反応によって A が B になるのだから,[A]+[B]は時間によらず一定値.
今,ある波長でεA=εBとすれば,全吸光度はεA×{[A] +[B] }×光路長 となり,
[A]+[B] が時間によらず一定なので,結局,全吸光度は時間変化しないことになる.
これが等吸収点.
色素の解離平衡をスペクトルの pH 変化で解析するときとか,
分光電気化学でスペクトルの電位依存から酸化還元電位を求めるときとかも,
等吸収点じたいの持つ意味は本質的に同じで,吸光係数が等しいということ.


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報