東北新幹線の「はやぶさ」号は、
他の「はやて」「やまびこ」に比べて余計な料金がかかりますが、
その意味は、どういうことですか?

たしかに、「はやぶさ」号は盛岡~新青森間は、
ノンストップですが、
東京~盛岡間においては、停車駅が、
「はやて」「はやぶさ」ともに上野、大宮、仙台のみとなっています。
(仙台~盛岡間各駅に止まる、区間「はやて」もありますが……)

東京~盛岡間において「はやぶさ」と「はやて」で、
500円料金違いますが、所要時間は4分程度しかありません。

車両も、この間の3月の改正で、e5系の「はやて」も意外と
多く運転されるようになりました。

だとすれば、「はやぶさ」「はやて」で大きな差が無いと思います。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

一応、一番速いヤツとそれ以外を区別している、ということではないでしょうか。


最速を謳うか、謳わないか、の違い。
東海道新幹線でも、「のぞみ」特急券は高いですし。

「こだま」とほとんど変わらない「ひかり」があるように、そのうち、「はやて」が「ひかり」並みに冷遇されるようになるのかもしれませんね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます

お礼日時:2012/04/18 17:14

「はやぶさ」の料金は、速達性に対する対価です。

速達性は車両自体の最高速度と停車駅によって決まりますが、「はやぶさ」はいずれの面でも「はやて」に勝っています。

最高速度については、「はやぶさ」は300km/hですが今後320km/hに引き上げることも決まっています。これに対して「はやて」は、たとえE5系使用でも従来の275km/h運転です。

http://www.jreast.co.jp/press/2007_2/20071104.pdf

停車駅についても、定期列車の「はやぶさ」は上野にはとまりませんし、盛岡~新青森間も「はやぶさ」が1日1本を除いてノンストップであるのに対し、「はやて」のノンストップは1日1本しかありません。

所要時間の差でみると大した違いがないようにみえますが、「はやぶさ」はまだ運転を始めたばかりであり、ダイヤは余裕時分をまだまだたっぷり取ってあって、今度のスピードアップによってさらなる所要時間の短縮が見込まれています。これに対して「はやて」は、これ以上の速度向上は予定されていません。

同じように速達性に対して設定された料金としては、「のぞみ」の料金が「ひかり」「こだま」と異なるのが最も有名でしょう。また九州新幹線直通の「みずほ」も、「ひかり」「こだま」「さくら」とは料金が異なります。

在来線では、特急「スーパービュー踊り子」がA特急料金で「踊り子」がB特急料金であるといった違いもありますが、この場合速達性は変わりませんので、こちらは使用車両(快適性など)による差を料金に反映したケースだといえるでしょう。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ありがとうございます

お礼日時:2012/04/18 17:15

同じE5系を使用する「はやぶさ」と「はやて」では、最高速度が違います。

300km/hで走るのは「はやぶさ」だけで、「はやて」はE2系と同じ275km/hしか出しません。料金の違いは速度の違いかもしれません。東日本大震災で復旧した後しばらくの間は、速度制限が有り「はやぶさ」もほとんどの区間で300km/h出さない運転が行われました。その時は「はやぶさ」も他と同じ料金になっていました。

今後、E5系の最高速度が320km/hに引き上げられ、さらに東北新幹線の全てのフル規格車両がE5系で統一(全列車320km/h運転)されると、「はやぶさ」と「はやて」の違いがほとんど無くなるので、「はやて」は「はやぶさ」に吸収されて無くなる気がします。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます

お礼日時:2012/04/18 17:14

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qスーパーこまちとはやぶさに乗る・連結を見る方法

鉄道に詳しい方教えていただけたらと思い質問させて頂きます。
今2歳になる息子がはやぶさとスーパーこまちが大好きなので乗せてやりたいと思っています。
また連結したり外すところも見せてあげたいと思っております。
盛岡で連結を見れるのかなとは思っているので、東京近郊から1泊旅行でいければと思っていますが、スーパーこまちとはやぶさ両方に乗ることは可能なのでしょうか?
また、何度も行けることではないので、鉄道初心者の私にとって何か注意点などあれば教えて頂ければと思っています。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

連結見られるのは、盛岡と福島(Maxやまびこ+つばさ)の二箇所とTVで言ってましたが、盛岡(スーパーこまち+はやぶさ)で。
参考URL
http://nanapi.jp/6973/

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1195472771

http://satoatsu.moe-nifty.com/blog/2011/12/post-a01d.html

http://www.youtube.com/watch?v=CYbP9Nqu6ps

Q新幹線から山手線に乗り継ぎ 東北新幹線「はやて114号」で、新花巻から東京まで行き、山手線外回りに乗

新幹線から山手線に乗り継ぎ
東北新幹線「はやて114号」で、新花巻から東京まで行き、山手線外回りに乗り換える場合、はやて114号の何号車に乗っていると便利でしょうか?
最終目的地まで、時間にあまり余裕がなく、不慣れで方向オンチなため、少しでも時短で乗り換えることのできる車両に指定券をとりたいです。
どうぞ、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ここを参考に
http://josyaichiannai.net/2011/01/78.php

山手線でどこに行くのかが解らないのですが、どちらにせよ昼の時間は4~6分間隔で山手線は出てますから
そんなにあわてる必要は無いと思いますが・・・・間違えて京浜東北線に乗らないように気をつけるだけかと。

Q「スーパーこまち」料金

「スーパーこまち」料金って高いんじゃないですか?

「スーパーこまち」という車両が豪華だから、
料金が余計にかかるにですか?

それなりに設備は期待できますか?

「スーパーこまち」に連結する相手は、必ず「はやぶさ」
ですか?

将来的に、「スーパーこまち」が増備されるようになったら、

安い「はやて」号は、なくなりますか?

Aベストアンサー

>「スーパーこまち」料金って高いんじゃないですか?
>「スーパーこまち」という車両が豪華だから、
>料金が余計にかかるにですか?

「スーパーこまち」は「こまち」の料金より高く、その料金差は
「はやぶさ」と「はやて・やまびこ」の料金差と同一で
「東京」―「仙台」間は¥300、「東京」―「盛岡~秋田まで」間は¥500です。
(「仙台」―「盛岡~秋田まで」間は¥200です。)
JTB時刻表2013年3月号で確認しました。
なお、盛岡から秋田までの区間で乗車した場合は差額が無く同一料金です。

>「スーパーこまち」に連結する相手は、必ず「はやぶさ」ですか?
その通りです。何本か、E5系「はやぶさ」型の車両で「はやて」と名乗って
走る列車にE6系「スーパーこまち」型車両が連結されますが、その際は
ただの「こまち」と名乗って走行します。

>将来的に、「スーパーこまち」が増備されるようになったら、
>安い「はやて」号は、なくなりますか?

こればかりはわかりません。E5系車両使用でも、仙台行き又は
仙台―盛岡間各駅停車で仙台―大宮間準速達となる列車は「やまびこ」と名乗っていますし、
(ちなみに仙台―盛岡間準速達・各駅停車で仙台―大宮間無停車は「はやて」を名乗ってます)
将来新函館まで延長しますが、「はやぶさ」が新函館行きの速達列車オンリーで使われるのか、
盛岡への速達および以北へ向かう列車全てを将来E5系並みにスピードアップした際
「はやぶさ」に統一するのか、JR東日本から正式な発表が無い以上、なんとも言えません。

これはあくまで、私の予測ですが…
E6系「スーパーこまち」はE3系「こまち」を飲み込む形で今後統一されていくでしょうが
仮に「スーパーこまち」の増備があって、併結相手が全て「はやぶさ」と名乗っても
『仙台―盛岡間準速達・各駅停車で仙台―大宮間無停車』の「はやて」単独運転列車は
案外残るような気がします。


>それなりに設備は期待できますか?
グリーン車には真ん中の肘掛けに、普通車には窓側席壁および車端部に
AC電源コンセントがつき(「はやぶさ」と同様)、車内でパソコン等の
電源を補充する際便利です。
サイド部分も頭をもたげられるようシートが工夫されており、快適そうです。
トイレはバリアフリー対応です。
http://www.sankeibiz.jp/images/news/121122/gll1211221729000-p1.jpg
【普通車】
http://www.sankeibiz.jp/images/news/121122/gll1211221729000-p2.jpg
【グリーン車】
http://www.trainfrontview.net/hensei/e6f.jpg
【その他車内設備】

参考になりましたら幸いです。

>「スーパーこまち」料金って高いんじゃないですか?
>「スーパーこまち」という車両が豪華だから、
>料金が余計にかかるにですか?

「スーパーこまち」は「こまち」の料金より高く、その料金差は
「はやぶさ」と「はやて・やまびこ」の料金差と同一で
「東京」―「仙台」間は¥300、「東京」―「盛岡~秋田まで」間は¥500です。
(「仙台」―「盛岡~秋田まで」間は¥200です。)
JTB時刻表2013年3月号で確認しました。
なお、盛岡から秋田までの区間で乗車した場合は差額が無く同一料金です。

>「スーパーこ...続きを読む

Q東北新幹線 「やまびこ」と「つばさ」の違い

明日の朝一番で、京都から福島へ行きます。
東京で東北新幹線へ乗り換えますが、どの時間帯も「やまびこ」と「つばさ」が同一時刻に出て、
同一時刻に到着します。
一体何が違うのでしょうか。

Aベストアンサー

「やまびこ」と「つばさ」は連結されて東京駅を出発します。
福島駅で解結されて「やまびこ」は仙台、盛岡方面、「つばさ」は山形方面へ向かいます。

Qお先にトクだ値でスーパーこまちで盛岡に行ける?

JR東日本の「お先にトクだ値」でスーパーこまちの東京から盛岡までの切符を取得する事は可能でしょうか?
スーパーこまちは、はやぶさと連結しているのですよね?
Webのえきねっと予約システムでは盛岡で下車する場合、はやぶさの方の車両しか選択できない様なのです。
息子(5才)が赤いスーパーこまちの車両に乗りたいと言うのです。親子2人で盛岡に行く予定です。
もちろん、お先にトクだ値で東京から秋田までの切符を取得する場合はスーパーこまちの方の車両を選択できます。
ただ目的地が盛岡なのです。秋田までの切符を買って、盛岡で下車するのは避けたいです。
JRの窓口で買えば可能かもしれませんが、お先にトクだ値で安く買いたいのです。
ご存じの方、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

おはようございます。

東京-盛岡間の運賃・特急料金は以下のようになります。

運賃…8190円
特急料金(はやぶさ/Sこまち)…6150±200円

特急料金は出発日により増減しますが、いわゆる「通常期」に出発の場合、おとな一人当たり14340円(こどもは半額※)となります。
これに対し、えきねっとで「お先にトクだ値30」を利用の場合…

東京-秋田(運賃・特急料金込/通常期)…おとな12110円/こども6040円※

となるため、全区間スーパーこまちで行く場合はたとえ盛岡まで利用であっても秋田まで買った方が安くつきます。「お先にトクだ値30」で買ったきっぷは途中駅からの乗車・途中駅での下車が可能ですので、東京‐盛岡間だけ乗って盛岡-秋田間を乗車放棄することができます。

※5歳のお子様は質問者さんの膝の上に乗せる場合は運賃/料金ともに不要ですが、座席を利用の場合は「こども運賃+特急料金」が必要です。

では、お気をつけて。

Q東北新幹線「はやて」の車内改札

JR東日本の新幹線では、車内改札(検札)は基本的にしていないですよね。

一方、JR東海の東海道新幹線では、「全員チェック」をしていることは有名ですよね。このQ&Aでもたまに質問があります(私も過去にしたことがあります)。

過去の皆さんのご回答やWikiによると、JR東日本の場合、あらかじめ座席指定券を購入した段階で、その情報が乗務員の持つ携帯端末に送られているので、指定券が発行されていない席に乗客が着席している場合や、有人改札を利用した場合にのみ、個別にチェックを行っているようです。

これらを見て「そういえば、車掌は携帯端末らしきものを手にしているな」と納得したものです。

ところで、先日、青森から東京まで、特急「白鳥」と「はやて」を利用しました。

その際、青森で車両点検のため、「白鳥」の出発が7分程度遅れました。八戸には5分遅れで到着。連絡の「はやて」の発車時刻までわずか6分間しか残っていません。

そこで、八戸駅の乗り換え改札口では、自動改札機を開放し、「切符はみせなくていいので、とにかく「はやて」に急いでください」と案内していました。

その後、「はやて」に乗ったら、私が座るはずの座席に別の人が座っていたので、隣席にどいてもらいました。きっとこの列車の指定席券を持っていなかったのでしょう。

八戸では全員自動改札機を通っていないので、車掌の携帯端末には記録がないはずであり、そのうち全員に対し車内改札がくるので、この乗客(私の座席に座っていた乗客)も当然引っかかるはず、と思っていたら、車掌は全員チェックもなし、個別チェックもなし、通り過ぎただけで、その乗客は仙台で下りてしまいました。結局、終点の東京まで、全員チェックはありませんでした。

こんなことってあるのでしょうか?個別チェックで見落としたのかもしれませんが、そもそも全員チェックもしないとは。いったいどうなっているのでしょうか?携帯端末の内容は、自動改札機の通過は無関係なのでしょうか?

JR東日本の新幹線では、車内改札(検札)は基本的にしていないですよね。

一方、JR東海の東海道新幹線では、「全員チェック」をしていることは有名ですよね。このQ&Aでもたまに質問があります(私も過去にしたことがあります)。

過去の皆さんのご回答やWikiによると、JR東日本の場合、あらかじめ座席指定券を購入した段階で、その情報が乗務員の持つ携帯端末に送られているので、指定券が発行されていない席に乗客が着席している場合や、有人改札を利用した場合にのみ、個別にチェックを行っているようです...続きを読む

Aベストアンサー

>過去の皆さんのご回答やWikiによると、JR東日本の場合、あらかじめ座席指定券を購入した段階で、その情報が乗務員の持つ携帯端末に送られているので、指定券が発行されていない席に乗客が着席している場合や、有人改札を利用した場合にのみ、個別にチェックを行っているようです。
>携帯端末の内容は、自動改札機の通過は無関係なのでしょうか?

私の経験からするとその通りだと思います。「購入した段階」で端末に送られているはずです。
(1)はやてのグリーン車に東京→八戸で乗車した時、東京駅で有人改札を通りましたが、車内検札はありませんでした。
(2)上越新幹線を長岡→上野で利用した時、私の近くの席に座っていた人に対して車掌が端末を確認しながら「この席は越後湯沢からのご予約になっているのですが」と言っている場面に遭ったことがあります。その人が間違えて座っていたようです。長岡~浦佐あたりでの出来事なので、本来その席の指定席券を持った人は越後湯沢駅の改札をまたくぐっていないと思われます。

また私もNo.2さんのように、はくたか~上越新幹線の乗り継ぎをよく利用しますが、はくたかの遅れで越後湯沢駅の改札が開放された時も新幹線車内での検札はありません。

ご質問に書かれているケースは、盛岡までの特定特急券で乗車して、仙台まで乗り越したとかいう場合が考えられますね。さらに偶然その人が移動した席が、誰かが予約して乗り遅れたのかもしれません。
そうすれば車掌が見落とす可能性はあるでしょう。

>過去の皆さんのご回答やWikiによると、JR東日本の場合、あらかじめ座席指定券を購入した段階で、その情報が乗務員の持つ携帯端末に送られているので、指定券が発行されていない席に乗客が着席している場合や、有人改札を利用した場合にのみ、個別にチェックを行っているようです。
>携帯端末の内容は、自動改札機の通過は無関係なのでしょうか?

私の経験からするとその通りだと思います。「購入した段階」で端末に送られているはずです。
(1)はやてのグリーン車に東京→八戸で乗車した時、東京駅で有人改...続きを読む

Q在来線を「スーパーこまち」が…

お世話様です。山形県の日本海側に在住のものです。先日の地方紙に、写真入りで「スーパーこまち」が羽越本線を秋田方面へ疾走している記事がありました。おそらく、秋田の車庫への運転かと思いますが…そこで質問です。「スーパーこまち」は標準軌仕様であるにもかかわらず、どうして狭軌である、在来線を走ることができるのですか?また、なぜ盛岡経由での運転ではないのですか?
お分かりになる方ご教授下さい。

Aベストアンサー

秋田新幹線は車両限界や車両のサイズが在来線と同じミニ新幹線ですから、狭軌(1067mm)用の仮台車を履かせ、機関車で牽引するだけで簡単に甲種回送することができます。
日本海側回りにしたのは秋田の車両基地に直接搬入するためでしょうね。

Q東北新幹線「やまびこ」の自由席の混み具合

来週、上野から仙台まで平日の朝10時頃乗るのですが、自由席だと座れるか厳しいでしょうか。
混み具合について知っている方教えて下さい。

Aベストアンサー

東京からであれば確実に座れるでしょうが、上野でも、平日の10時頃であれば大丈夫だと思います。仙台まで各駅の列車であれば、宇都宮を過ぎればガラガラになっているでしょう?「Maxやまびこ207号(上野10:26発)」であれば、間違いないです。

Q甲府駅で大宮→大宮(あけぼの→秋田→スーパーこまち

の乗車券と特急券を株主優待券で発券してもらったのですが、経路が高崎線→信越線→羽越本線→奥羽本線→福島→新幹線→大宮という山形新幹線を利用する場合の誤った経路の乗車券が発券されていました。
ですので、足りない分の380円を大宮駅新幹線改札の横にある窓口で払ってきました。
甲府駅は山梨県内では1番大きな駅なのですが、新幹線が走っていないためそれに関連する切符の発券には少し弱い感じを受けました。
前に、甲府からはまかいじに乗って新横浜で新幹線に乗り継いで小田原に行く乗車券とはまかいじの特急券と新横浜から小田原までの新幹線の特急券を買った際にはまかいじが割引されていませんでした。
新幹線が走っていない千葉県等も、新幹線関連の切符の発券には少し弱いのでしょうか?

発券ミスをされた方は、上から注意を受けてしまうのでしょうか?

Aベストアンサー

No.1です。ご返答ありがとうございます。

>駅では2度目ですが、今回の方と同じ方では無かった様に思います。

そうですか。そうしますと駅内の複数の方が他線区の切符に精通していないと
いうことになりますね。
私の先ほどの回答やNo.2さんも申す通り、切符を購入した際は買った後でも
その場(の記帳台等)で切符の内容を確かめ、間違いがあれば当日中の
その窓口に再びかけあって、手直ししてもらいつつ改善して頂けるよう
まずは当事者の窓口氏に指摘した方がいいと思います。
それがその窓口氏の失敗の痛手を最小限に食い止めるばかりか
指摘事項を反省し今後2度と失敗しないよう、内容の自己チェックの精度を
高める契機ともなるでしょう。

それから、他の回答者さんのご返答にあった
>秋田新幹線に乗るのが初めてでしたので、経路を把握出来ていなかったと思います。
>羽越線→奥羽本線→田沢湖線→盛岡→新幹線→大宮という経路が正しいのですよね?
は、その経路で間違いありません。

>スーパーこまちの車内で車掌さんに確認した際も、
>これで大丈夫ですよ。とおっしゃられていましたので、
>秋田駅の乗り換え口の方に言われた事をお伝えしました。
おそらく現在は廃止になった奥羽本線に関する「列車特定区間」の運賃計算を
誤って解釈し、大宮~秋田間の奥羽本線(山形等)経由で「スーパーこまち」の
区間も乗車できると車掌さんが勘違いされたのかもしれません。
奥羽本線に絡む区間は結構、特例等の運賃計算の方法が変わった経緯があるからでしょう。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%88%97%E8%BB%8A%E7%89%B9%E5%AE%9A%E5%8C%BA%E9%96%93
【Wikipedia「列車特定区間」】

現在東北新幹線区間については検札が省略されているものの
秋田新幹線区間については乗車している全ての乗客について
検札しなければいけないですから、車掌さんも切符を凝視して
確認する暇がなかったものと考えられます。

>疑問なのですが、スーパーこまち・こまちを大曲まで乗り
>新庄から山形新幹線に乗るという場合なら奥羽本線の乗車券で良いのでしょうか?
そのケースでしたら、その経路の乗車券で間違いありません。
・秋田~大曲:秋田新幹線または普通列車
・大曲~新庄:普通列車
・新庄~福島:山形新幹線または普通列車
という乗車形態となるでしょう。
本件の乗車券も、奥羽本線(新庄・山形等)経由なら何ら問題なく乗車でき
精算の必要もありません。

いかがでしょうか。
参考になりましたら幸いです。

No.1です。ご返答ありがとうございます。

>駅では2度目ですが、今回の方と同じ方では無かった様に思います。

そうですか。そうしますと駅内の複数の方が他線区の切符に精通していないと
いうことになりますね。
私の先ほどの回答やNo.2さんも申す通り、切符を購入した際は買った後でも
その場(の記帳台等)で切符の内容を確かめ、間違いがあれば当日中の
その窓口に再びかけあって、手直ししてもらいつつ改善して頂けるよう
まずは当事者の窓口氏に指摘した方がいいと思います。
それがその窓口氏の失敗の痛手...続きを読む

Q新幹線における「東海道(・)山陽新幹線」・「東北上越長野新幹線」という総称について

日本の高速鉄道 新幹線路線で気になる言葉があります。それはいくつか路線を区切った総称です:「東海道山陽新幹線)」・「東北上越長野新幹線」の語です。

前者の東海道山陽新幹線は東海旅客鉄道(JR東海)の運営する東海道新幹線と西日本旅客鉄道(JR西日本)の運営する山陽新幹線を総称したものです。

後者は3路線とも東日本旅客鉄道がまとめて運営しています。方面別に別れており、東北新幹線にはミニ新幹線(新幹線在来線直通特急)の山形新幹線・秋田新幹線があります。



特に前者の方が使用頻度が著しいです。総称した路線名称としては駅数が38駅、距離が1069kmと1,000km前後の長距離にも及びます。

この名称により新幹線の代名詞となってしまいそうです。
地図帳や案内にはそのまま「東海道山陽新幹線」と表記されていることもしばしばあり、正式名称のように思われてしまいます。

東日本旅客鉄道ではアナウンスや案内などで公式に「東海道山陽新幹線」と呼称してしまっています。

下り方面なら博多駅を起点として「山陽東海道新幹線」という表記もできます。西日本旅客鉄道が使用しており、自社発行の時刻表や博多駅構内で細々と使われている程度です。

矛盾していることに、他のフル規格新幹線 4路線は単一名称でそのまま扱うこともあります。
この中で、九州新幹線は仕方がありません。開業が2004年3月13日と比較的最近で、それまでの5路線とは違い、最小規模で経営基盤が弱いです。
5年後(2011年 平成23年)に九州新幹線が博多駅まで開業する予定です。ここでも「東海道山陽新幹線と線路がつながり直通運転」とまたもや総称を使っています。

その場合、現行の総称が「東海道山陽九州新幹線」となるのか、そのまま変わらずに「東海道山陽新幹線」の状態なのか先行きが分かりません。

これはいったいどういうことですか?納得がいかない内容です。

東海道・山陽の2路線もそれぞれ独立した路線で、別会社の運営です…

路線や運行状況などを詳細に表すなら「東海道新幹線」・「山陽新幹線」・「東北新幹線」・「上越新幹線」・「長野新幹線」の各単一名称で良いと思われます。

この総称が、通称や俗語であれば引っ切り無しに用いるのは好ましくないです。
どうか、理由を回答で述べてください。よろしくお願いいたします


フリー百科事典ウィキペディア(Wikipedia)で詳細に伝えられています:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%B1%E6%B5%B7%E9%81%93%E3%83%BB%E5%B1%B1%E9%99%BD%E6%96%B0%E5%B9%B9%E7%B7%9A、http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%B1%E5%8C%97%E3%83%BB%E4%B8%8A%E8%B6%8A%E6%96%B0%E5%B9%B9%E7%B7%9A

日本の高速鉄道 新幹線路線で気になる言葉があります。それはいくつか路線を区切った総称です:「東海道山陽新幹線)」・「東北上越長野新幹線」の語です。

前者の東海道山陽新幹線は東海旅客鉄道(JR東海)の運営する東海道新幹線と西日本旅客鉄道(JR西日本)の運営する山陽新幹線を総称したものです。

後者は3路線とも東日本旅客鉄道がまとめて運営しています。方面別に別れており、東北新幹線にはミニ新幹線(新幹線在来線直通特急)の山形新幹線・秋田新幹線があります。



特に前者の方が使用頻...続きを読む

Aベストアンサー

>「山陽東海道新幹線」の表記がなぜ定着しないのかということも教えてください。
博多駅付近の沿線住民なら使いやすいものです。

No.5さんが回答されるとおりだと思います。登録上の起点から終点に向ってわかりやすいように路線名がつけられるのが一般的です。そもそも福岡県民の方であっても、「東海道山陽新幹線」というのが通称であって正式路線名でないなんて認識を持っている方はよっぽど鉄道好きじゃない限り少ないでしょう。定着しないのは「東海道山陽」が定着しているからです。一般利用客は路線名がどうであろうとどこへ行く路線かわかれば気にしない人が多いですよね。新潟では敢えて「越上新幹線」(上:上州、越:越後の意味)とは言いませんし。福岡県でも「山陽東海道」が定着しないのも同じことだと思います。

国鉄時代からの「東海道山陽新幹線」という呼び名は全国的に定着していますから、民営化後に敢えてJR西日本が山陽新幹線が自社路線であることを強調するために西日本地区で「山陽東海道新幹線」と表記しているだけでしょう。「東京から太平洋ベルト地帯を突っ切るように福岡まで建設された高速鉄道」ということがそのままイメージとして定着していると思います。

>「山陽東海道新幹線」の表記がなぜ定着しないのかということも教えてください。
博多駅付近の沿線住民なら使いやすいものです。

No.5さんが回答されるとおりだと思います。登録上の起点から終点に向ってわかりやすいように路線名がつけられるのが一般的です。そもそも福岡県民の方であっても、「東海道山陽新幹線」というのが通称であって正式路線名でないなんて認識を持っている方はよっぽど鉄道好きじゃない限り少ないでしょう。定着しないのは「東海道山陽」が定着しているからです。一般利用客は路線名...続きを読む


人気Q&Aランキング