学校の課題で仏教の救済論について知りたいのでできるだけ具体的に
教えてもらいたいです。お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

まず、仏教では、


「すべての事象は移ろい行く性質の物であり」(諸行無常)
「すべての存在は寄りかかり、寄りかかられて存在している」(諸法無我)
「それは苦しみにほかならない」(一切皆苦・以上を三法印という)
「すべての苦しみから解放されよう」(涅槃寂静・合わせて四法印という)
と定義します。
仏教ではすべてが移ろい行き、寄りかかり、寄りかかられて存在しているのは
苦しみであるとするのが他宗教との際立った特長です。
すなわち三法印が救済されるべきものの定義であり、
「涅槃寂静」が救済の最終目標です。

ですから、このロジックの流れに沿って、
あとは用語を調べられてご自分の言葉で肉付けされ、
字数を埋められたらよろしいでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

nekoucchaliさん。どうもありがとうございます。
回答を中心に自分で調べたことを付け加えて
まとめてみようと思います。
どうもありがとうございました。m(_ _)m

お礼日時:2001/05/15 14:11

宗派によって違います。

どちらの宗派でしょうか?
上座部と大乗、大乗でも各派あります。

漠然と「仏教」であるなら、本道である上座部の救済論をお答えしますが?

また、要領として学校や先生の宗派にあわせた回答も出来ますね(笑)。

この回答への補足

初めて質問をかいて、初めての回答で、なんだかとってもうれしいです。
ありがとうございます。
仏教にもいろいろあるのですね。
学校の先生に合わせた回答を!とまでは気が回りませんでした。 
そういうやり方もあるのですね…
でも、学校の先生はキリスト教の方なので、あまり深くは追求されない………
はずです………
ので、本道である上座部の救済論でお願いします。

補足日時:2001/05/11 02:51
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q仏教

私は仏教に興味があり信仰を深めたいと思っていますが、どういう宗派の教えを受けたら良いかわからず困っています。

私は人との関わりあいや妄想・欲望からくる苦しみ、仕事の上の苦しみ等々で色々苦しい思いをする中で、仏教的なものに興味を持ち始めました。
般若心経や十句観音経、ご真言(不動明王、地蔵菩薩、観音菩薩)等は本やCD、インターネット、寺社参拝等で覚えて日常的によく唱えています。特に般若心経をありがたく感じています。また、お遍路や坐禅にも興味を持ち始めた今日この頃です。
今後、もっと仏教の正しい知識を勉強し、信心を深めていきたいとは思うのですが、世の中見渡すと怪しい宗教ばかりに感じます。
また、伝統的な宗派を装っていても、金ばかり要求する様な寺もある気がします。そもそも「お守りを買ったら救われる」的なご利益信仰そのものがばからしい気がします。

以下のような宗派はありますでしょうか。教えてください。

・伝統的な仏教の宗派(新興系は絶対嫌)のひとつ。
・宗派の教えというよりは、仏教(釈迦)の教えそのものを客観的に教 えてくれる宗派。
→例えば「不動明王を信じれば救われる」だけではなくて、実在した人間である釈迦が説いた哲学が仏教であるはずなのに、恐らく実在しなかったであろう不動明王をご本尊にする理由を教えてくれる。

・しつこく勧誘してこない。(来る者はこばまず、去る者は追わず。)
・あまりお金をかけずにできる(年2~3万円位)
・お金をかけたければかけられる。
・信者や檀家となって入信しなくても、請えば教えてくれる。
・寄付や機関紙の購読、集会への参加を強要されない。
・教えを受けるからと言って、勧誘活動は絶対絶対にしたくない。

勝手なことばかり申しますが、ご回答宜しくお願い致します。

私は仏教に興味があり信仰を深めたいと思っていますが、どういう宗派の教えを受けたら良いかわからず困っています。

私は人との関わりあいや妄想・欲望からくる苦しみ、仕事の上の苦しみ等々で色々苦しい思いをする中で、仏教的なものに興味を持ち始めました。
般若心経や十句観音経、ご真言(不動明王、地蔵菩薩、観音菩薩)等は本やCD、インターネット、寺社参拝等で覚えて日常的によく唱えています。特に般若心経をありがたく感じています。また、お遍路や坐禅にも興味を持ち始めた今日この頃です。
今後...続きを読む

Aベストアンサー

在家信者で教えを説く資格も無いまま、僭越ながら幾度も説法じみたアドバイスを差し上げた事をご容赦下さい。
また、心に不安や迷いを与えてしまったとしたならば、重ねてお詫び申し上げます。

私のいままでの信仰の体験や遍歴をお話するすべもありませんが、最後に、あなたにとって有益と思われる事をお話させていただきます。

仏のご加護とは(お導きとは)
自分では知らず知らずのうちに頂いているものです。
後になって、気がついて、ありがたいと思う事がほとんどです。
気がつかずにいる事の方が或いは多いかもしれません。
日常の生活では、そんな感じなのです。
特殊な場合もあります。
急を要する大切な事や人生の大事といった事です。
お金で解決のつかない、どうにもならないといった事などです。
私も若い時に、そういった事を救って頂いた経験があって、信心が深まってきたのです。
地獄で仏という言葉がありますが確かに本当です。

仏様の慈悲心(大悲)に素直に感謝しながら、だいぶ安らかに生きていけるようにもなりました。

お不動様は破邪顕正の強さだけではなく、その怖いお顔の底には、万石の涙を含んだ熾烈な慈悲の心があるとも言われています。
絶対の慈悲心、絶対の優しさです。
そんな大きな心に少しでも近づいてください。
 
最後に
仏教や密教について分からない事がありましたら
織田隆弘という人の本を読んでみてください。
私を救ってくれた人の書いた本です。
以上です。

在家信者で教えを説く資格も無いまま、僭越ながら幾度も説法じみたアドバイスを差し上げた事をご容赦下さい。
また、心に不安や迷いを与えてしまったとしたならば、重ねてお詫び申し上げます。

私のいままでの信仰の体験や遍歴をお話するすべもありませんが、最後に、あなたにとって有益と思われる事をお話させていただきます。

仏のご加護とは(お導きとは)
自分では知らず知らずのうちに頂いているものです。
後になって、気がついて、ありがたいと思う事がほとんどです。
気がつかずにいる事の方が...続きを読む

Q仏教とは?仏教の聖典とは?

仏教とは?仏教の聖典とは?
良いか悪いかは別として、キリスト教には、新旧約聖書、イスラム教にはコーラン、という、それぞれ、宗教をある程度つかむための代表的な聖典(半分、聖人と呼ばれる人の生きてきた昔話みたいな)、共通の理解すべき分かり易い対象があり、人々の間にも文化として根付いていると思います。それに対して、仏教には、なぜ、代表的聖典というものが無いのでしょうか。庶民には、およそ意味の分からぬ、頭ごなしに有難がるしかない、お経を聞くことぐらいしか、身近に接することはありません。
(1)仏教とは、サルにもわかるように言うと何でしょうか?
(2)仏教に、これ一冊が大方の人に読まれてますよ、という聖典はあるのでしょうか?、新旧約聖書に相当するような昔話のようなタイプの聖典もありますか?サルにも分かるような聖典もありますか?
(3)日本の庶民の文化として、仏教は息づいてい無いと思いますが、なぜですか?外国で庶民文化として仏教が息づいている国はあるのでしょうか?

Aベストアンサー

1)仏教とは、サルにもわかるように言うと何でしょうか

七佛通解ゲというお経に書いてあります。
「諸悪幕作 衆善奉行 自淨其意 是諸仏教」「諸悪を作すことなかれ、衆(もろもろ)の善は奉行し、自らその心を浄くせよ、是れ諸仏の教えなり」これは過去七仏通解と云われ、根本仏教より仏教が道徳の根源となっていることを説いていることを表すものです

良いことをしなさい。悪いことをするな。これが仏教です。(筆者訳)

2)仏教に、これ一冊が大方の人に読まれてますよ、という聖典はあるのでしょうか
仏教聖典と言って、世界各国語に翻訳されてます。日本語版は、200円くらいで、手にはいります。聖書と同じですね。
http://www.bdk-jp.org/buddhism/book01.html

ここでは、525円となっているようですが。。


3)日本の庶民の文化として、仏教は息づいてい無いと思いますが、なぜですか

一応、信教の自由ってことですので、本来、日本人に合ってはいるのですが、気がついていない人が多いのでしょう。

外国で庶民文化として仏教が息づいている国はあるのでしょうか
たくさんありますよね。タイとか、仏教が国の宗教ですから。
中国も、チベット仏教とかは、そうなんですが、漢民族が、認めてませんね。

1)仏教とは、サルにもわかるように言うと何でしょうか

七佛通解ゲというお経に書いてあります。
「諸悪幕作 衆善奉行 自淨其意 是諸仏教」「諸悪を作すことなかれ、衆(もろもろ)の善は奉行し、自らその心を浄くせよ、是れ諸仏の教えなり」これは過去七仏通解と云われ、根本仏教より仏教が道徳の根源となっていることを説いていることを表すものです

良いことをしなさい。悪いことをするな。これが仏教です。(筆者訳)

2)仏教に、これ一冊が大方の人に読まれてますよ、という聖典はあるのでし...続きを読む

Q仏教の分類について

仏教は、観光仏教・民俗仏教・葬式仏教・信仰仏教に分類されるそうですが、具体的にはどのような違いがあるのですか?できれば、その成立の過程や、現在の日本仏教への影響についても教えてください。

Aベストアンサー

 これは仏教の内容による分類というよりは、位相による分類だと思います。成立の過程や影響もなにも、現在の日本仏教をさまざまなレベルで区切るとこういったものに分類できる、ということでしょう。
 観光仏教というのは、京都や奈良の有名な寺院のように観光客集めの目玉として仏教を利用すること。拝観料と称して入場料を取ったり、縁結びのお守りを出したり、写経ツアーを組んだり、といったことでしょう。今のようにひどくなったのは戦後、ことに高度経済成長期以降旅行が手軽になってからですが、信心のお客さんを集めてお金にするという意味では善光寺や清水寺なんかは江戸時代からそうかもしれません。また巡礼も見方を変えれば観光仏教と言えるでしょう。
 民俗仏教というのは、お寺を離れて民俗信仰として息づいている仏教的なもののこと。京都の地蔵盆や各地に残っている百万念仏、あるいはお盆やお彼岸の地域的な風習といったものから、葬儀にかかわるその地域だけの習俗なども含まれると思います。山伏や修験も仏教的な要素を多く持っているという面で民俗仏教と言えるかもしれません。この起源はどこまでさかのぼれるか不明であるとしかいえませんが、多くの場合中世期に現在のかたちが完成しているようです。
 葬式仏教というのは、お寺もしくは仏教は葬式と法事だけをやればいい、という発想や信仰のこと。多くの日本人がそうであるように人が死んだときだけ仏教にかかわるという態度のことであり、一方お坊さんの側ではそうした人生の不幸に際して相手にたかるたちの悪い売僧への悪罵として用いられることもあるようです。これも今のような状況になったのは戦中から戦後にかけてですが、度合いこそ違え日本人は江戸時代ごろからそういう傾向がありました。幕府がキリシタン禁制を行うために、すべての日本人(神道者も含めて)はどこかのお寺に属し、そこで葬式をあげなくてはならない、という制度を作ったあたりに淵源があるといえます。
 信仰仏教は以上のいずれでもない、人間の苦しみを救うための信仰としての仏教のことでしょう。ここまでゆくとその淵源は聖徳太子あたりにさかのぼってしまいます。

 これは仏教の内容による分類というよりは、位相による分類だと思います。成立の過程や影響もなにも、現在の日本仏教をさまざまなレベルで区切るとこういったものに分類できる、ということでしょう。
 観光仏教というのは、京都や奈良の有名な寺院のように観光客集めの目玉として仏教を利用すること。拝観料と称して入場料を取ったり、縁結びのお守りを出したり、写経ツアーを組んだり、といったことでしょう。今のようにひどくなったのは戦後、ことに高度経済成長期以降旅行が手軽になってからですが、信心の...続きを読む

Q専門学校の課題で・・・

専門学校の夏休みの課題で職種研究なるものが出されました。
就職も近いのでこの手の課題がよく出されるのですが、ネットを使って検索するもあまり具体的なものが見つからず困っています。
内容は「事務職とは、」「営業職とは、」「情報処理職とは、」「販売職とは、」「現業職とは、」それぞれ意味を調べて来いというものです。その後にそれぞれ「求められる人物とは、」と付いています。
正直、知識や経験もない私にはどうしたら良いかわかりません。

ここで聞いて良いことなのか不安なのですが、それ以外の課題も多く困っています。

社会人の皆さんどうかお助け下さい。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

http://uaa.monobeansprout.net/
「事務職とは」
http://www.find-job.net/keyword/%E5%96%B6%E6%A5%AD%E8%81%B7
「営業職とは」
http://www.lotte.co.jp/recruit/jobfile/jouhou.html
http://kyusaku.jp/d5783390.html
「情報処理職とは、」
http://www.7htnyk.com/Job/1_2nah07.html
「販売職とは」
http://www.weblio.jp/content/%E7%8F%BE%E6%A5%AD%E8%81%B7
「現業職とは、」

こんな感じでネットでも探せます。
こういう調べ方をすれば、どういう風にまとめればいいのか大体分かるはずです。
但し、求められる人物像は営業・販売なら人付き合いの良い人程度で
あとはこれと言う物がありません。
しいて言えば地道にコツコツできる人が事務、現業くらいです。
後は図書館で調べるといいです。

http://uaa.monobeansprout.net/
「事務職とは」
http://www.find-job.net/keyword/%E5%96%B6%E6%A5%AD%E8%81%B7
「営業職とは」
http://www.lotte.co.jp/recruit/jobfile/jouhou.html
http://kyusaku.jp/d5783390.html
「情報処理職とは、」
http://www.7htnyk.com/Job/1_2nah07.html
「販売職とは」
http://www.weblio.jp/content/%E7%8F%BE%E6%A5%AD%E8%81%B7
「現業職とは、」

こんな感じでネットでも探せます。
こういう調べ方をすれば、どういう風にまとめればいいのか大体分かるはずです。
...続きを読む

Q「小乗仏教」という言葉の使用が適切でない理由

「小乗仏教」という言葉の使用が適切でない理由とは何ですか?

以前、仏教について「仏教は主に小乗仏教と大乗仏教に分類されるが、小乗仏教という言葉の使用は適切ではない」という話を聞きました。
イマイチこの意味がわからないのですが…。

小乗仏教は上座部仏教の蔑称であるから適切ではない、のでしょうか?

どなたか回答お願いします。

Aベストアンサー

もともと「大乗仏教」と「小乗仏教」が存在したわけではありません。
釈迦の教えを忠実に守る上座部仏教というのがあり、
それに対し後から出てきた一派(つまり新興宗教)が自らを大乗(仏教)と名乗り、先に存在する上座部仏教のことを古くて小さな考えしか持たない小乗(仏教)だと罵った言い方をしたものです。

上座部仏教にすれば、大乗と名乗る団体こそ新参者に過ぎない軽蔑すべき団体ですが、いかにせん大衆を味方につけた大乗側の圧倒的な勝利に、上座部仏教は小乗との汚名を着せられた格好になったものです。

歴史的に考えても、釈迦の教えを忠実に守る上座部仏教は決して低く見られる存在でなく、大乗側が勝手に付けた蔑称は好ましくないと言うことです。

Q【地域特有の課題】政治、社会、経済でお答えください。47都道府県の地域特有の課題を教えてください

【地域特有の課題】政治、社会、経済でお答えください。

47都道府県の地域特有の課題を教えてください。

Aベストアンサー

山口県、東部に米軍の岩国基地。上関に原発建設の予定。県内だけに限定してと、東部に問題が固まりすぎ。

政治、、やはり安倍の地元というのが、他県から白い眼で見られてるような気が。。

Qなぜ仏教は力を失ってしまったのか

 
問う人:
なぜ仏教は力を失ってしまった。

「人の道」:
それは仏教が本来の理念と哲学を失い、安々とビッグバン理論の上に居座り、一神教世界の仲間入りをしたからである。
これでもー仏教は仏教でなくなった。
これで仏教は理念と哲学を完全に失い、ただ南無妙法蓮華経とかお経を唱えるだけの安物になってしもーた。

問う人:
仏教が力を取戻すことはできるのか。

「人の道」:
いや、こーなってしまった以上、仏教が力を取戻すこと出来まい。
仏教は安々とビッグバン理論の上に居座り、宇宙の偉大さを忘れ、創造主を求めるよーなった。
もはや仏教は仏教ではなくなった。
仏教はミーハーになってしもーた。

問う人:
あ~、哀れ仏教。
皆はどー思う。
 

Aベストアンサー

とうほぐの被災地で、ある曹洞宗の寺の檀家が30名も亡くなったんだと。

で、30名に戒名付けて、ひとり当たり平均30万円として、「被災遺族から900万円もの戒名料を巻き上げんのかい?と友人に聞かれた坊主は、さすがに欲ボケ、焼け太りはイケないと戒名料を無料にしたとさ。

その話を聞いた、情動信州の葬式坊主がの、「そんな話を広められて、戒名料を取れなくなるのは困る」って談話を発表しただと。

これが、仏教の実態やで。たまたま曹洞宗が慈悲を持ち、浄土真宗が無慈悲ということになっちょるが、これは偶々じゃて。みんな、出家坊主の葬式ビジネスの話じゃ。

Q私は仏教自身をよく知らないのですが、知人のご主人がなくなってから、夏の

私は仏教自身をよく知らないのですが、知人のご主人がなくなってから、夏のお盆近くになるとお坊さんが知人宅に見えてお経を唱えていかれます。このお経は誰に対してとなえられているものでしょうか?教えて下さい。お孫さんがこの間、はんにゃあしんきようと読んでみえたのですが。

Aベストアンサー

 仏教にもいろいろな宗派があるので、一般的なことを説明すると、誰かが亡くなるとします、その亡くなった前日から数えて7日目を初七日といって、法要します。何のための法要かというと、故人が仏様になるためです。

 その7日目の法要は、二七日、三七日、四七日・・・七七日まで行います。
この最後の七七日のことを掛け算してみて分かるように、四十九日といいます。
四十九日は別名「満中陰」といい、この日をもって、故人は三途の川を渡りきって仏となります。

 それまでは白木で出来た、台や位牌を使いますが、四十九日以降、仮にその家に先祖代々の仏壇があれば、新たに黒い位牌に戒名を彫ってもらって仏壇に入れることが出来ます。浄土真宗などは過去帳に名前を書きます。また四十九日の次の法要はなくなって百日目の百か日法要、一年後の一周忌となります。

 新しい仏様にとっての最初のお盆を「新盆(にいぼん・しんぼん)」といい、これも特別に法要を行います。もちろんもともと仏壇に入ってらっしゃるご先祖様もお盆には帰って来ますので一緒にお坊さんにお経を唱えてもらいます。

 しかし、たとえばその年のお盆の四十九日前よりも後に亡くなった場合・・・ややこしいですが、7月1日などに亡くなった場合は、その年のお盆にはまだ四十九日に至っていないので(ってことは仏様になっていないので)来年のお盆が新盆となります。

 故人のことをお参りするのは毎日はもちろんですが、月命日は毎月(月命日というのは1日に亡くなったら毎月1日ってことです)そして本当の命日を祥月命日といいます。

 1年後の祥月命日は一周忌、2年後は三回忌(三年後じゃありません)その後は七年後の七回忌、十三年後の十三回忌、十七年後の十七回忌・・・以後、二十三回忌、三十三回忌、五十回忌となります。

 これらのことを法事といいます。

 仏教にもいろいろな宗派があるので、一般的なことを説明すると、誰かが亡くなるとします、その亡くなった前日から数えて7日目を初七日といって、法要します。何のための法要かというと、故人が仏様になるためです。

 その7日目の法要は、二七日、三七日、四七日・・・七七日まで行います。
この最後の七七日のことを掛け算してみて分かるように、四十九日といいます。
四十九日は別名「満中陰」といい、この日をもって、故人は三途の川を渡りきって仏となります。

 それまでは白木で出来た、台や位牌を使...続きを読む

Qヒンズー教、バラモン教、仏教

インドは零の発見など文明として数々の発明発見をしてきた土地だと思います。また、宗教上でも多くの宗教が芽生え発展してきたように思います。

現在、ヒンズー教がインドで最も盛んな宗教のようですが、ヒンズー教の前身にバラモン教があると勉強しました。

質問:現在、日本で私を含め信仰の深い仏教もインドから中国、朝鮮を通じて日本に入ってきましたが、この仏教はヒンズー教より歴史は古いのでしょうか?

質問:今、仏教はインドではどうして多数派では無いのでしょうか?
昔から仏教を信仰してきた私には、発祥の地のインドで仏教が盛んではないないというのが残念です。

また、お隣の中国は逆に現在仏教に関してはかなり研究が盛んに行われているようです。
質問:チベットは密教として仏教が盛んのようですが、チベットの仏教とインドの仏教の接点を教えてください。

Aベストアンサー

インドでは今から3000年ほど前にヴェーダやウパニシャッドという
聖典がすでに成立しています。結局のところインドの宗教はすべて
これらのインド哲学の聖典が元になっています。同じ聖典を基にしている点
ではインド宗教は、ユダヤ教とキリスト教・イスラム教のような関係と言えます。


ヴェーダに登場する火の神(アグニ)を信仰していた彼らは森を焼き、
農地を拡大していきました。その結果として洪水被害や塩害のような
環境被害が繰り返されます。当時のの哲学に共通する特色としては
「なんでこんなに苦しまなきゃいけないの?」というものです。
現代の我々はそれが化学作用によるもので人間が原因だと理解できますが、
これに近い明確な答えを出したのがインド哲学です。
つまりこれらの原因を「業(カルマ)」であるとしました。



数百年後、仏教の開祖「シャカ」が誕生します。
彼はヴェーダの思想どおり、「殺すからその報いを受けている」と考えました。
ところが彼の思索はさらにその先に突き抜けてしまいます。つまり
「我々の食事は動物を殺して食べている。だから植物を食べて生きよう」
という凄まじい結論に達します。この<<不殺>>の考えはヴェーダの「業」を信じ、
環境被害に苦しんでいたインドの人々に広く受け入れられ、
急速に勢力を拡大していきます。




ここから様々な分派が生まれますがインドにおいてはヴェーダの思想が強く、
カーストを否定した仏教徒との対立が次第に多くなります。
とはいえ、「業」の思想に明確な答え<<不殺>>を出した仏教も支持され
カースト(前世の業による階級制)の思想と仏教の不殺の思想が融合していきます。
こうして成立したのがヒンドゥー教です。



一方で中国にわたった仏教は、儒教や道教の思想と出会い、
やはり融合をすることになります。この中国仏教が日本に伝わっている仏教です。
統治論としての政治手法や組織宗教としての完成度は高まっていますが
一方で最初の理想である<<不殺>>は大部分で失われており、ほぼ別物です。
つまり原始仏教の成立は早いものの、日本に伝来した中国仏教は
成立がかなり後期ということになります。



これ以外にも様々な宗教が仏教との融合により生まれています。
チベット土着の宗教であるボン教は巫女による神との交信を行っていた宗教ですが、
これが仏教と出会い儀式性の強いチベット仏教へと変化していったのです。

インドでは今から3000年ほど前にヴェーダやウパニシャッドという
聖典がすでに成立しています。結局のところインドの宗教はすべて
これらのインド哲学の聖典が元になっています。同じ聖典を基にしている点
ではインド宗教は、ユダヤ教とキリスト教・イスラム教のような関係と言えます。


ヴェーダに登場する火の神(アグニ)を信仰していた彼らは森を焼き、
農地を拡大していきました。その結果として洪水被害や塩害のような
環境被害が繰り返されます。当時のの哲学に共通する特色としては
「なんでこ...続きを読む

Q社会人から小学校教論を目指す事を考えています。

私は現在24歳で会社員をやっております。
父親と兄が教論をやっている影響もあり、今になって父と兄と同じ教論をやってみたいと思うようになりました。

中学、高校と進学するにつれ、それほど頭のよくなかった私は成績の悪さから教論への道は勝手に諦め、別の道へ進もうと思い、短大へ出て就職しましたが卒業をして、2度転職をしました。どの職場も円滑と言える程の人間関係も上手くは作れず、仕事も完璧になる前に辞めてしまっています。
今の職場は2年目に突入しましたが、以前犯したミスが原因で、完璧に信頼はされず、一人前ではありませんし、コミュニケーションも上手くはいっていません。
それが私の現状です。

2.3年前ほど通信教育で、短大でとれた単位を生かし、仕事をしながら小学校教論への単位がとれる事を知りました。
以前兄に相談したら、今からなんて時間の無駄だ。結婚しろ。と言われました。
最近、母に教員になりたい事を相談したところ、何かに挑戦するのはいい事だし応援はしたいけど、あなたの今のコミュニケーション能力で、保護者や他の先生方とのコミュニケーションが上手くとれるとは思わない。他の結婚の道や技術を磨く道もある。それでも自信があるのならやってみなさい。と言われました。
自分としては24歳で最後のかけにでる訳なので慎重に自分の納得できる道を選びたい。今諦めたらこの先後悔するし挑戦してみたい。という気持ちがあります。でもそれと共に不安もあり挑戦すべきか決め兼ねています。
実際に小学校で教員されている方、または人生経験の先輩方、厳しい意見でも構いません。挑戦すべきか、アドバイス又はご意見頂ければ嬉しいです。
あと、実際に直接小学校の先生に会って仕事内容や日々の苦労、その他お話をお聞きしたいと考えているのですが、近所の小学校に電話をしてお話しをしてくれるか聞きたいのですが受け付けてくれないでしょうか??1度そういった事をされた方はいらっしゃいますか⁇

私は現在24歳で会社員をやっております。
父親と兄が教論をやっている影響もあり、今になって父と兄と同じ教論をやってみたいと思うようになりました。

中学、高校と進学するにつれ、それほど頭のよくなかった私は成績の悪さから教論への道は勝手に諦め、別の道へ進もうと思い、短大へ出て就職しましたが卒業をして、2度転職をしました。どの職場も円滑と言える程の人間関係も上手くは作れず、仕事も完璧になる前に辞めてしまっています。
今の職場は2年目に突入しましたが、以前犯したミスが原因で、完璧に信頼...続きを読む

Aベストアンサー

教員です。

お母さんの意見に同意します。

挑戦ならば、教員資格のいらない「学童保育」の「先生」を体験されてはどうでしょうか?

多少なりとも「教える」ことを経験した上で「教員資格」を目指してもいいかもしれません。

>近所の小学校に電話をしてお話しをしてくれるか聞きたいのですが

ほぼ、無理でしょう。今は「個人情報」に絡む話は「部外者」にはできません。

「教育実習」できた者にならば「守秘義務」を科したうえで「話す」事はできます。

ご参考までに。


人気Q&Aランキング