東風は「こち」。南風は「はえ」。西風と北風にもこのような読み方があるらしいのですがどなたかご存知ないでしょうか? よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

こんにちわ。


地名なんですが、宮城県に西風、神奈川に北風原という所があり、それぞれ「ならい」「ならいはら」と呼ぶそうです。
東風・南風と違い北風・西風は有り難くないからトクベツな呼び方をせず、地方によって方向は変わるから当てる字が違っているんだというのが、私の知人の説です(信憑性はさだかではないです・・・汗)
俳句を勉強したことがあるのですが、俳句では北風はそのまま「きた」と読みます。
で、再び別の知人によりますと北風は「きたげ」、西風は「まげ」と呼ぶと言っています。根拠たる出典は定かではないので、やはりこちらも信憑性は・・・?です(苦笑)

参考になりましたでしょうか(^^)
    • good
    • 1
この回答へのお礼

お礼が遅くなってすみません。
大変参考になりました。
「ならい」と「きたげ」難しいところですね・・・
「まげ」というのも信憑性がありそうな・・・
ありがとうございました。

お礼日時:2001/05/13 11:32

局地風を指す方言ではなく,もっと用法上も地域的にも一般性があるということなら,「西風(にし)」「北風(きた)」があります。


小さな古語辞典でもたいてい載っています。また,国語辞典でも「西が強い」「北が吹き出す」の例が見られました(三省堂・新明解)。
ただ,これだと方位をそのまま風の名前にしただけじゃないか,「こち」「はえ」のような風だけをさす言い方はないのか,という話になりそうですね。
何か風専用の言葉もあるのかなあ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が遅くなってすみません。
和歌などの字余りを考えると「西風(にし)」「北風(きた)」というのも
納得ですね。
参考になりました。
ありがとうございます。

お礼日時:2001/05/13 11:47

「こち」というのはどこの方言かわかりませんが、一般的な語として古くから定着しているように思います。


「はえ」は、中国西国琉球の方言、とあります。(広辞林)

それで、前の人の出してくれた「ならい」ですが、関東の方言で「東北の風」という意味で同じく広辞林に掲載されていました。一般には「きたごち」ともいうようです。
「きたげ」ですが、これは北の方から吹きくる風、として載っています。
しかし、「まげ」は載っていませんでした。

裏をとってくるだけで申し訳ありませんでした。が、これだけ地方によって言い方がばらけているようなので、間違いなく存在はすると思いますが、「こち」「はえ」と対峙するものとしての「西風」「北風」は見つからないのではないかと思います。「こち」と「はえ」でもどうももともと次元が違う言葉のような気もしますが、どうでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が遅くなってすみません。
「きたごち」というのも初めて聞きました。
いろいろ参考にさせて頂きます。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/05/13 11:44

推測ですが「こち」「はえ」という古語が今日まで生き延びたのは和歌との関係ではないでしょうか。

風の方角は単純に東、西、南、北で良いわけですが、東と南は字余りになります(なり易い)。そこで古語が好んで使われたのではないかと思います。

東(こち)ひがし
西(にし)
南(はえ)みなみ
北(きた)

なお、方角とは別に局地(ある地域)特有の風があり、こちらは農業や漁業と密接な関係から、夫々の地域名がつけられています。混同は避けるべきです。
例。
からっかぜ、ならい、のわき、六甲おろし(各地の山の名前をつける)
春一番は気象用語としてNHKが広めた感があります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が遅くなってすみません。
和歌(古語)との関係 ということはとても参考になりました。
ありがとうござました。

お礼日時:2001/05/13 11:37

風の名前は、方言などでたくさんあるようです。


北風は「ならい」でよいのでは。
「のわき」は台風のことで、西からの風ですがどうでしょうか。

参考URL:http://members-1.home.ne.jp/seijun/center/self/k …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が遅くなってすみません。
大変参考になりました。
「西風」というのは難しいようですね。

お礼日時:2001/05/13 11:27

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「理科の”良い”授業の条件」について書かれた文献を探しています。ご存知の方いらっしゃいましたらご教授ください。

お世話になります。初等教員養成系の学部3年生です。
教育実習を通して、授業の善し悪しについて客観的な観点が欲しいな、と感じました。
そこで、いつかの社会科教育法の講義で、社会科の授業評価の観点について(残念なことに詳細を覚えていません。社会認識形成がなんたら・・・とか言っていた気がするのですが・・・)学んだことを思い出したのですが、その理科バージョンを探しています。

理科の”良い”授業とは、一口に言ってしまえば、理科の目標をできるだけ達成した授業ということになりますが、具体的にどのような授業であれば「科学的な見方や考え方を養う」ことができるのでしょうか。
たとえば、「取り扱う内容が一般的である」とか、「児童が応用していく余地がある」とかいったような(上述の社会科授業評価の観点がこんな感じでした)、”良い”授業の条件のようなものはないのでしょうか。そしてそういった観点についての到達度で理科の授業を評価する方法はないのでしょうか。

「理科 授業評価」で検索をかけても、大学講義の授業評価についてばかりがヒットしてしまいます。少し理科教育学の文献を調べても見たのですが、児童に対する評価法(これも間接的に授業評価につながるといえばそうなのですが)しか載っておらず、なかなかお目当ての話にたどり着けません。

キーワードだけでも教えていただければ幸いです。よろしくお願いします

お世話になります。初等教員養成系の学部3年生です。
教育実習を通して、授業の善し悪しについて客観的な観点が欲しいな、と感じました。
そこで、いつかの社会科教育法の講義で、社会科の授業評価の観点について(残念なことに詳細を覚えていません。社会認識形成がなんたら・・・とか言っていた気がするのですが・・・)学んだことを思い出したのですが、その理科バージョンを探しています。

理科の”良い”授業とは、一口に言ってしまえば、理科の目標をできるだけ達成した授業ということになりますが、具体...続きを読む

Aベストアンサー

以下のような小学校などと限定する検索で、いくつかの試みが見つかるかと思います。

ちょうど、ベネッセの書籍で、『移行措置対応のポイント 第3回 子どもが主体的に考える理科の指導』という特集がなされています。

情報誌ライブラリ(小学校向け) - Benesse教育研究開発センター
http://benesse.jp/berd/center/open/syo/index.shtml

授業評価シート - 宮城県登米市立北方小学校
http://www.cms-school.jp/kitakata/index.cfm/6,286,15,34,html

小学校 "授業評価" - Google 検索
http://www.google.co.jp/search?hl=ja&q=%E5%B0%8F%E5%AD%A6%E6%A0%A1+%22%E6%8E%88%E6%A5%AD%E8%A9%95%E4%BE%A1%22&lr=

Qどなたかよろしくお願いいたします。

月を“忌む”風習が、古来の日本ではありましたが、その起源について、知りたいのです。
その起源は白居易の漢詩、「月明に対して往事を思うこと莫れ。君が顔色を減じ君が年を損はむ」では?
と私が目にした文献に書かれていたのですが、もしかしたら他にも月忌みが込められた詩があるのではないかと思い、どなたか詳しい人に助け舟をお願いしたく、ここに投稿させていただきました。
何分、かなり専門的分野なので、多くの回答を得られるのは難しいとは思いますが、どんな情報でも構いません。この本ではこんなこといっている、この研究者はこう言っている、このサイトは詳しいよ...など、少しでも月忌みを含んでいる情報ならば、本当に何でも構いません。
また、月をめぐる習俗と思想について(日本・中国において)、何かご存知でしたらお教え願います。
お願いします。何卒宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

ふたたびで失礼します。
#2でも紹介したサイトの別の部分で
関連の文献として紹介されていた本があったので・・・
(もしかしてcomuneさんも見つけてしまったかも知れませんが)

市村宏「万葉集と万葉びと」(明治書院)
月を忌むことの民俗学的な解釈が載っているとの情報です。

手には入りにくい本だと思いますが・・

参考URL:http://ine.cool.ne.jp/hr-01.html

Qどなたかご存知ないでしょうか?

外国人が日本語を無料で勉強できるサイトがあれば紹介してください。

Aベストアンサー

NHKのラジオJapanオンライン版に、日本語レッスンが用意されていますが、いかがでしょう?

参考URL:http://www.nhk.or.jp/lesson/

Q瓢箪から駒の出典ご存知の方

ことわざに「瓢箪(ひょうたん)から駒(こま)」というのがあります。意味は良く分かるのですが、どうして「瓢箪」に「駒」なのか、分かりません。昔の中国か日本に、このことわざが生まれる故事がきっとあるはずです。どなたかご存知の方いらっしゃったら浅学な私にお教え下さい。

Aベストアンサー

思いもよらないことが実際に起こること、または
実際にはありえないことの例え、として瓢箪(酒の容器)から駒が飛び出した(ようなもの)といいます。
ことわざ辞典には次のような説明があります。

中国の唐時代に張果老という仙人がいた。いつも白いロバにまたがり一日数千里を行き、休むときは瓢箪の中にロバを収めていたという。この話が日本に伝わり室町時代に仙人が瓢箪から白いロバを出している絵が描かれた。江戸時代にこの構図の絵がたくさん描かれた。ことわざは室町時代に既に存在していた。

現代では冗談で言ったことが現実となった場合に驚きをこめて「これは驚いた!まるで瓢箪から駒だ」というように使いますね。

Qこの漢字の意味をご存知ないですか

片を左に書いて右は旁と書きます。この字の読みはわかったのですが(「ぼう、ふだ」となっていました。)漢字の持つ意味がわかりません。欲を言えばこのボウと示を書いてボウジと読むのですがこの単語の意味を知りたいのです。パソコンの入力の仕方もわかりませんので、わかりにくい質問の仕方ですみません。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

クイまたは,石などによって領地・領田の境界の表示。
馬場の仕切り。
庭の筑垣。
と出ていますね!示じの難しい?書き方の用ですね!!


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報