「山椒の葉の佃煮」って市販されていないでしょうか?「山椒の実の佃煮」「じゃこちりめん」などはちょっと風味が弱く、もっとダイレクト「山椒」を年中楽しめないか...と思っています.よろしくお願いします.

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

以前、京都のある店で山椒の葉の佃煮を頂いて、あまりのおいしさに聞いてみたら自家製とのこと。

そこのご主人の話では、山椒の実や若芽は食用に使われるけれど、成長した葉については利用されていないんだそうです。そこの店はちょっと変った趣向の店でしたので、ご主人の作ったよそでは食べられないこんな料理があるんです。もちろん、山椒の葉は市販されておらず、山椒の木がある家に行けば、喜んで分けてくれるでしょうと言っていました。
ということで、おそらく、山椒の葉の佃煮を購入するのはかなりの難事であろうと推測します。
    • good
    • 10
この回答へのお礼

ありがとうございます.
そうなんですよね...材料をいかに揃えるか...
なにせ大量に必要だと思うんですよね.あとは努力次第ですね.

お礼日時:2001/05/15 12:52

 こんにちは そろそろ山椒の季節ですね。


>「山椒の実の佃煮」「じゃこちりめん」などはちょっと風味が弱く
 市販品は きっと あく抜きが しっかりしすぎているのかも ぜひ 手作りされては
 うちでは 山椒の実を 醤油漬けにしています。(実を洗って乾かしたものを 醤油に漬けこむだけです)それをその時その時に 佃煮にしたり 鶏の照り焼き・鰻のしぐれ煮・アサリのしぐれ煮等に 使ってます。
 火を入れていないせいか 風味がしっかり残っています。
 保存は 瓶詰め 一年十分もちます。普通の 醤油でもいいですが お勧めは 「白醤油」(中部地方の方なら御存知)あまり 醤油臭くないので いろんな料理に 抵抗なく使えます。
 葉山椒のみでは やってみた事がないので 今年は 一度試してみます。
    • good
    • 5
この回答へのお礼

う~ん...やっぱり手作りですね.
そうなんですよ、ちょっとアクっぽいところが欲しいなぁ、なんて思ってます.

ありがとうございました.

お礼日時:2001/05/15 12:49

市販品の情報ではありませんが、参考URLに「山椒の若芽の佃煮」の作り方が出ています。


手作りができるのですから、デパートなどの佃煮屋さんなどを丹念にチェックすれば
いずれ見つかるのではないかとおもいますが・・・。

参考URL:http://www2q.biglobe.ne.jp/~sakai/sansho.html

この回答への補足

ありがとうございます!
じつはあれからけっこう探したんですよ...ネットでは売ってないようなんです...

でもレシピがあるんだったら作ってみるのも手かなぁ.

補足日時:2001/05/10 17:28
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qこの写真の葉の名前を探しています。前にも質問したの

この写真の葉の名前を探しています。前にも質問したのですが答えがなかったので大きくなった葉を写真に撮りました。お願いします

Aベストアンサー

一般名で、いわゆるテンナンショウ(天南星)類ですな。
http://www.mhlw.go.jp/topics/syokuchu/poison/higher_det_12.html

テンナンショウの仲間は、属に広義としてマムシグサとも呼ばれる。一品種としてのマムシグサや、ウラシマソウもいわゆるテンナンショウ。厚労省によると日本では30種類程度の自生らしい。果実は食べないように。

テンナンショウの仲間
http://yikflower.sakura.ne.jp/flower%20frame%20tennanshou.html
http://www.geocities.co.jp/NatureLand/6324/menu/ta/tennansho.html
http://wwwc.pikara.ne.jp/wildplant/newpage1.htm

下記サイトによると約150種類あるらしい。
http://yasashi.info/te_00007.htm

QNHKきょうの料理:ちりめんじゃこの佃煮レシピ

NHKきょうの料理で、おそらく昨年放映されたレシピを探しています。
杉本節子さんが紹介されたものと記憶しているのですが、ちりめんじゃこの佃煮にひじきが入ったものです。
番組のHPで検索してみたのですがヒットしないのです…

一度作ってみたところ、とてもおいしくてお気に入りだったのですが、年末の大掃除で間違って本を捨ててしまい困っています。

ご存知の方おられましたら、お助けください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。


私が調べた限りでは、NHKテキスト『きょうの料理』に(2009年以降)掲載された杉本節子さんのレシピの中で、ちりめんじゃこが使われたものは以下のとおりです。

2009年4月号 ふきじゃこ
2009年5月号 湯葉ちりめんざんしょう
2010年10月号 ピーマンのちりめんじゃこ炒め


『きょうの料理』でちりめんじゃことひじきが同時に使われたレシピの中で一番新しいものは、昨年7月号に掲載された桑原櫻子さんの「おじゃことひじきのしょうが煮」です。

使用されている材料は以下のとおりですけど、どうでしょうか?
(テキストの写真では、器に盛られたものに白ごまがたくさんかけられています。)

●ちりめんじゃこ
●ひじき(乾)
●酒・みりん・しょうゆ
●しょうが汁・白ごま

Q写真有:パキラの葉が多くなってモサモサしてきました。

写真有:パキラの葉が多くなってモサモサしてきました。

1年ほど前から、鉢(直径&高さ13cm)に入ったパキラを育てています。
幹の茶色部分が高さ13cm、その幹から5~6cmの緑の幹が3本伸びていて、
そこから葉をつけた1番細い枝が、各幹に4本ずつ生えています。

暖かくなってきてから、急にモサモサと葉を出して上へと伸びてきています。
大きな葉だと1枚10cm位あります。下の葉が窮屈そうに見えて心配だったり。
大きな葉は、濃く元気な緑色ですが、影になった葉はレタスの様な淡い緑色です。

剪定してあげた方がいいのでしょうか。
また、植え替え等を考え出す大きさの目安などは有りますでしょうか。

長く元気に育てていきたいです。 宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

写真を見る限りは、今年植え替えなかったからか、あるいは冬の管理がいまひとつだったのか、今のところ葉も小さめで元気というほどには見えませんが、(最近)急に成長を始めたということですから育てるにはまったく問題ないでしょう。

◆今のままでも鉢の大きさ・樹形ともに、とてもバランスがいいです。
今のまま管理するなら、下の方の元気のなさそうな小さい葉は少し落としてもいいでしょう。夏の生育中に緩効性肥料の置き肥を1~2回与える程度にして下さい。

<植え替えについて>
本当は6月に植え替えた方が良かったのですが・・・・・
根の成長が早く根詰まりしやすいですから、鉢の下から根が詰まっていないか、または木の成長の度合いによって1~2年ごとに植え替えるのが普通です。

◆植え替えの時期は5月~梅雨明け位までですから、今はそのままのほうがいいです。根が見えていなければ来年5~6月ころ植え替えて下さい。もし鉢の底から見て根が出ているようなら9月下旬に植え替えて下さい。
 ※もし9月に植え替えたら次の植え替えは20~21ヶ月後の5~6月でいいです。

<以下は植え替える場合での話>
(1)新しい土を用意して下さい。市販されている観葉植物専用の土か、自分で作る場合は、赤玉土(小粒)6、腐葉土4ぐらいです。
(2)鉢から抜いた株は周りの古い土を3分の1ほど落として、弱っていそうな根や鉢の周りに密集した根を同様に3分の1ほど切り落として、鉢は今の大きさでもバランスはいいですが、先のことを考えて1サイズ大きくして下さい。
(3)9月には今より成長していると思いますから、植え替える場合は下の方の元気のなさそうな葉を落として下さい。また上の方ですごく大きく成長した葉のうち何枚かは半分にカットしてもいいでしょう。※植え替えは来年にするという場合にも方法は同様にして下さい。
(4)枝の剪定はいずれにしても植え替えの時がいいでしょう。残したい枝と切る枝、育てたい形もイメージして切るといいでしょう。写真の枝はまだ小さいですからそれほど切らなくてもいいように思いますが、9月か来年5~6月に植え替える時、あまりにも細い枝があるようでしたら切り過ぎない程度に落としてもいいです。

●<管理> 参考に
http://www.yasashi.info/ha_00020g.htm
http://www9.plala.or.jp/mosimosi/green/pakla.htm
http://www.yonemura.co.jp/zukan/zukan-k/naiyou/pachira3.htm

がんばって花を咲かせてください^^
http://aoki2.si.gunma-u.ac.jp/BotanicalGarden/HTMLs/pakira.html

購入される時がこの位の大きさで、その後成長させます。
http://www.yonemura.co.jp/zukan/zukan-k/naiyou/pachira1.htm
http://www.087greensmile.com/plant-pakira.html

写真を見る限りは、今年植え替えなかったからか、あるいは冬の管理がいまひとつだったのか、今のところ葉も小さめで元気というほどには見えませんが、(最近)急に成長を始めたということですから育てるにはまったく問題ないでしょう。

◆今のままでも鉢の大きさ・樹形ともに、とてもバランスがいいです。
今のまま管理するなら、下の方の元気のなさそうな小さい葉は少し落としてもいいでしょう。夏の生育中に緩効性肥料の置き肥を1~2回与える程度にして下さい。

<植え替えについて>
本当は6月に植え替えた...続きを読む

Qちりめん山椒の山椒がピリピリすぎる

初めてちりめん山椒を作ってみました。
レシピを参考にしながら、まずは山椒を下茹でして、あとはちりめんと一緒に酒・みりん・しょうゆで味付けし、コトコト煮ました。

ですが、完成品を食べてみたら、山椒が効きすぎてしまって・・↓↓
仕方がないので、山椒を除けながら食べていこうと思っています。

実は、茹でた山椒がまだまだ残っています。
次回再挑戦する時に、何に気をつければよいでしょうか?
茹でる時間の問題でしょうか?

よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

回答としては、山椒の下茹で時間の長短でピリピリ感が変わります。

時間長く茹でれば少なくなり、短ければ多く残っています。
当然香りも一緒に変化してしまいます。
何分茹でたのか分かりませんが、下茹でして残っている物を再度下茹すればピリピリは減ります。

しかし何分茹が良いかは山椒の産地・採取時期によってだいぶ違うので回答は出来ません。
そして、それぞれの人の好み・感じ方も違うので更に回答困難ですね。

再下茹でしている時に、途中1分毎位に数粒つまんで試食して加減をみながら茹でてください。
味付け煮の段階では長時間煮てもピリピリ感はそれほど変わらないです。

ご存知かと思いますが、下茹でしたら冷凍庫で長期保存できますので、一年中いつでも「ちりめん山椒食べたくなった!」時に作れます。
(鰻山椒も美味しいですね)

Qこの写真の葉の名称をご存知な方はいませんか?

この写真の葉の名称をご存知な方はいませんか?
場所は北信越地方で写真は最近撮影したものです.
よろしくお願いします.

Aベストアンサー

 エゾノギシギシに似ている様な気もしますが、自信はありません。

【参考URL】
 エゾノギシギシ
  http://www.paw.hi-ho.ne.jp/ya-ho/yasopage/tade/ezonogishigishi.htm

 エゾノギシギシ
  http://had0.big.ous.ac.jp/plantsdic/angiospermae/dicotyledoneae/choripetalae/polygonaceae/ezonogisigisi/ezonogisigisi.htm

Qちりめんじゃこのレシピ

タイトルどおりなのですが、たくさんのちりめんじゃこがあるのですが、まとめてちりめんじゃこを使って一気にできるレシピってないでしょうか?いつもは大根おろしと一緒にあえたりするのですが、大抵最後には冷蔵庫に残ってしまうのです。どなたかアドバイスいただければ嬉しいです。宜しくお願い致しますm(__)m

Aベストアンサー

こんにちは。

一人暮らしをしている時に、ちりめんじゃこを貰ったりして、食べ切れなくて困ってた時に作ってみたのですが、おいしかったので一度お試しください。

と、言ってもたいした事じゃないんですが。

●卵を溶いて、半熟の状態でお皿に取り出す
●お漬物を刻みます(シバ漬けとか高菜漬けがおいしかった、味の付いてる物の方が良いかもしれません)
●お漬物とジャコを炒めます(普通の油でも良いし、嫌いじゃなければゴマ油を少し入れても良いです)
●葱・玉ねぎのみじん切りなどを炒める(お好みの物を。私はシンプルな方がおいしかったですが)
●ご飯を炒める
●味付け(塩・コショウ・コンソメか鶏がらスープの素など。風味付けにしょうゆを少し入れると香ばしいです)
●半熟卵を一緒に炒めて、できあがり!

残り物で色々アレンジしながら、お好みの物に仕上げてください。

あと、私がよく参考にしているのですが「ちりめんじゃこ」で検索すると、たくさん出てくると思います。

参考URL:http:www.cookpad.com/

Q写真のとおりイチゴの葉に黒い点々ができました。

写真のとおりイチゴの葉に黒い点々ができました。
これは親株からとった苗の写真です。
ほかの苗もこんな感じなのですが、回復は無理でしょうか?

炭疽病だと思います。

Aベストアンサー

写真だと良くわかりずらいのですが病班からすると炭疽病だと思われます。
登録農薬としてはアミスターフロアブル、ゲッター水和剤、バイコラール水和剤などがありますので広がる前に防除されたほうがいいです。
紹介した薬剤はそれぞれ系統が違うのでローテーションを組んで散布するようにしましょう。

>回復は無理でしょうか?

ご存知かとは思いますが植物は人間のように修復能力がないので病班が消える事はありません。
病班が広がらなければ薬剤が効いていると判断して下さい。
この時期どうしても炭疽病が発生しやすいので症状が出る前の防除が大事ですよ。

Q山椒の佃煮の作り方

山椒の木があるので佃煮を作りたいのですが、作り方が分かる方分かりません。
それ以外にも山椒の実を使った料理など知っている方がいらっしゃったら教えていただきたいのですが…
基本的に山椒の実って天日干ししてから使うものなのでしょうか?生のままだと臭みがあるような気が…。

Aベストアンサー

うちのは しょうゆと砂糖だけですけどね。

参考URL:http://www.city.sasayama.hyogo.jp/mikaku/rcp021.html,http://www.city.sasayama.hyogo.jp/i/rcpd.html

Q四つ葉のクローバーの写真素材を探しています。

こんにちは。
今、HP用の四つ葉のクローバーの写真素材を探しています。
いくつかは検索サイトなどから見つけましたが
なかなか自分の理想に近いものが見つかりません。
条件としては

・四つ葉のクローバーの写真素材
・あまり群生して写っているのではなく
 単体、もしくは少数で写っているもの。
・加工OKである。(リンクウェアでもかまいません)

以上です。
ご存知の方、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

http://www.google.co.jp/imghp?hl=ja&tab=wi&ie=UTF-8
で「四葉のクローバー」という検索キーワードをお試しください。

参考URL:http://www.google.co.jp/imghp?hl=ja&tab=wi&ie=UTF-8

Qちりめん山椒

京都土産にちりめん山椒をいただきました。
お茶漬け、おにぎり、豆腐サラダにしていただきましたがまだ残っています。
普段食べなれないので色々レシピを教えていただけますか。
宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

パスタ
http://www.mieya.com/recipe1.html

きんぴら
http://www.hankyu-dept.co.jp/takarazuka/recipe/r00627.htm

などはいかがですか?

参考URL:http://www.mieya.com/recipe1.html,http://www.hankyu-dept.co.jp/takarazuka/recipe/r00627.htm


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング