千日手指し直しってなんでしょうか?辞書で調べてもわかりませんでした,分かりやすく教えてください。

このQ&Aに関連する人気のQ&A

A 回答 (2件)

00sevenさんの回答の補足です。



千日手は00sevenさんの回答の通り、盤上にお互いの持ち駒も含めてまったく
同じ局面が繰り返し現れることをさします。千日繰り返しても勝負がつかない
ことから千日手と呼ばれています。

さて、以前は同一手順が3回繰り返されたときに、千日手が成立するとされ
ていましたが、結果的に同一局面になるにしても、微妙に手を変えること
(たとえば、先日の名人戦では先手の飛車が2七、2八、2九の3箇所に動
ける/動けないが順番を微妙に変えていけば無限にくりかえせる)によっ
て同一手順とは言えない場合があることが示されて規定が「同一局面が4回
現れた」ときに千日手が成立すると改められました。

今回では同一局面が4回現れたわけではありませんが、両対局者の合意で
千日手となりました。また、千日手になると、先手と後手が入れ替わり、
持ち時間は千日手となった対局の残り時間で戦われます(一方の持ち時間
が1時間未満のときは1時間になるまで両方に足します)。
    • good
    • 0

将棋の用語です。



対戦中に、お互いに攻防を続ける中で、数手前に出てきたのと全く同じ場面(盤上のコマの配置)に戻ってしまうことがあります。そのときに、どちらかが他の指し手をすればよいのですが、どちらも譲れないとなると、またまた同じ場面に戻ってしまいます。そういう繰返し状態のことを「千日手」といいます。

千日手は、きりがないので、数回(プロでは回数の規定があったと思います)繰り返されたところで対戦を終了して、再戦(指し直し)をするわけです。引き分け再試合みたいなものです。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する最新のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ