林芙美子さんの葬儀の時に、挨拶に立った川端康成が芙美子の生前の不義理を弔問客に謝ったそうですが、何に対して詫びたのでしょうか。流行作家になってから人が変わったように他人を攻撃したり、悪い噂を流したりしたそうですが、具体的にどんなことをしたのか知りたいと思います。また、なぜそんなことをしたのでしょう。教えていたただければ幸いです。よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

 


 虚像と実像 ~ 余りに文芸的な人々 ~
 
── 川端康成はこう挨拶したのです。『故人は自分の文学的生命を保
つため、他に対して、時にはひどいこともしたのでありますが、しかし、
あと二三時間もすれば、故人は灰になってしまいます。死はいっさいの
罪悪を消滅させますから、どうかこの際、故人を許してもらいたいと思
います。』
 確かに芙美子は、後進の女流作家に意地悪をしたり同輩の女流作家
(とくに吉屋信子や平林たい子)に無意味な対抗意識を持ちすぎました。
けれども、告別式が行われている芙美子邸の外には、焼香を待つ市井の
人たちが何百人も行列していたという事実の方が大事なのではないか。
霊柩車が家を出たときは大勢の人たちに囲まれて、前へも後ろへも動け
なかったともいいますが、つまり、芙美子は文壇の鼻摘みものにして、
市井の人気者だったわけです。いや芙美子は最初から最後まで市井の一
員だった。だから一種特別の集まりだった文壇では摩擦ばかり引き起こ
していたのではないか。・・・」
http://homepage3.nifty.com/ryuichiro-n/comment/t …
── 井上 ひさし《太鼓たたいて笛吹いて 20040402-0429 サザンシアター》
 
<PRE>
♀林 芙美子  19031231 福岡 尾道 19510628 47 /過労死/19510629 46 /籍=フミ子
http://d.hatena.ne.jp/adlib/20030629 生没百年 ~ 林 芙美子「あじさい忌」
http://www.enpitu.ne.jp/usr8/bin/search?idst=875 …
 
♀吉屋 信子  18960112 新潟 鎌倉 19730711 77 /門馬 千代の養母
♀平林 たい子 19051003 長野   19720217 66 /籍=タイ/小堀 甚二の前妻
 
 川端 康成  18990611 大阪 逗子 19720416 72 /ガス自殺/18990614
http://www.enpitu.ne.jp/usr8/bin/search?idst=875 …
 
 井上 ひさし 19341116 山形 東京 20100409 75 /19341117/旧姓=内山 廈
http://d.hatena.ne.jp/adlib/20100409 遅筆堂主人 ~ 怒る亭主は久しからず ~
</PRE>
 
── 芥川 龍之介《文芸的な、余りに文芸的な 192704‥-08‥ 改造》
 
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q林芙美子の放浪記の舞台はどこですか?

林芙美子の放浪記の舞台はどこですか?
との質問を受けましたが、答えられませんでした。
どこというのがよいのでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは。

そうですねぇ・・・ここ!と断言したいなら、私的にはやはり尾道でしょうね。幾ら彷徨っても、彼女の心は何時も、尾道を目指していますから。

Q川端康成著『温泉宿』の一節について

川端康成著『温泉宿』の一節「淵の周りには、銀色の渡鳥の群が溺れるかのように、月光が乱れ立っていた」について質問です。
この文章の意味は、以下のように解釈してよろしいのでしょうか?

ナラの葉によって細く別れた月の光が、流れる川の水面に乱れ射している。
そして、その水面に反射されて銀色に光る月の光が、銀色の渡り鳥の群れが溺れているように見える。
すなわち、流れる川の水面の様子を、銀色の渡り鳥が溺れるさまに例えた文章である。

Aベストアンサー

そこまで、細かく説明する必要は無いですが、そのような解釈で問題は無いでしょう。
原文を普通に書けば、「淵のまわりの水は、激しく波立って、月の光を反射していた」となると思います。
激しく波立つ→銀色の渡鳥の群れがおぼれるかのよう
月の光を反射していた→月光が乱れ立っていた
という文学的な表現にしたと言う事ですね。

Q林芙美子が恨まれた理由は?

 林芙美子さんの葬儀の時に、挨拶に立った川端康成が芙美子の生前の不義理を弔問客に謝ったそうですが、何に対して詫びたのでしょうか。流行作家になってから人が変わったように他人を攻撃したり、悪い噂を流したりしたそうですが、具体的にどんなことをしたのか知りたいと思います。また、なぜそんなことをしたのでしょう。教えていたただければ幸いです。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 
 虚像と実像 ~ 余りに文芸的な人々 ~
 
── 川端康成はこう挨拶したのです。『故人は自分の文学的生命を保
つため、他に対して、時にはひどいこともしたのでありますが、しかし、
あと二三時間もすれば、故人は灰になってしまいます。死はいっさいの
罪悪を消滅させますから、どうかこの際、故人を許してもらいたいと思
います。』
 確かに芙美子は、後進の女流作家に意地悪をしたり同輩の女流作家
(とくに吉屋信子や平林たい子)に無意味な対抗意識を持ちすぎました。
けれども、告別式が行われている芙美子邸の外には、焼香を待つ市井の
人たちが何百人も行列していたという事実の方が大事なのではないか。
霊柩車が家を出たときは大勢の人たちに囲まれて、前へも後ろへも動け
なかったともいいますが、つまり、芙美子は文壇の鼻摘みものにして、
市井の人気者だったわけです。いや芙美子は最初から最後まで市井の一
員だった。だから一種特別の集まりだった文壇では摩擦ばかり引き起こ
していたのではないか。・・・」
http://homepage3.nifty.com/ryuichiro-n/comment/taiko04.html
── 井上 ひさし《太鼓たたいて笛吹いて 20040402-0429 サザンシアター》
 
<PRE>
♀林 芙美子  19031231 福岡 尾道 19510628 47 /過労死/19510629 46 /籍=フミ子
http://d.hatena.ne.jp/adlib/20030629 生没百年 ~ 林 芙美子「あじさい忌」
http://www.enpitu.ne.jp/usr8/bin/search?idst=87518&key=%C9%E7%C8%FE%BB%D2
 
♀吉屋 信子  18960112 新潟 鎌倉 19730711 77 /門馬 千代の養母
♀平林 たい子 19051003 長野   19720217 66 /籍=タイ/小堀 甚二の前妻
 
 川端 康成  18990611 大阪 逗子 19720416 72 /ガス自殺/18990614
http://www.enpitu.ne.jp/usr8/bin/search?idst=87518&key=%C0%EE%C3%BC+%B9%AF%C0%AE
 
 井上 ひさし 19341116 山形 東京 20100409 75 /19341117/旧姓=内山 廈
http://d.hatena.ne.jp/adlib/20100409 遅筆堂主人 ~ 怒る亭主は久しからず ~
</PRE>
 
── 芥川 龍之介《文芸的な、余りに文芸的な 192704‥-08‥ 改造》
 

 
 虚像と実像 ~ 余りに文芸的な人々 ~
 
── 川端康成はこう挨拶したのです。『故人は自分の文学的生命を保
つため、他に対して、時にはひどいこともしたのでありますが、しかし、
あと二三時間もすれば、故人は灰になってしまいます。死はいっさいの
罪悪を消滅させますから、どうかこの際、故人を許してもらいたいと思
います。』
 確かに芙美子は、後進の女流作家に意地悪をしたり同輩の女流作家
(とくに吉屋信子や平林たい子)に無意味な対抗意識を持ちすぎました。
けれども、告別式が行われている...続きを読む

Q川端康成について教えて下さい!(至急)

康成の自殺をテーマにした小説を発表したウスイという人の本の名前を教えて下さい!そのひとの名前を教えて下さい!

Aベストアンサー

臼井吉見さんです。
昭和52年「事故のてんまつ」という小説を書いております。

Q詩の作者名を教えてください(林芙美子?かも)

生命…
もののいわぬかたち ものいわぬひかり
ただ静かに咲きほこり 枯れはててなをかつ 蒼然とゆく空のはな
机のつぼにさしたる あざみのむらさきなる 今日も美しかりき…

Aベストアンサー

作品タイトルまでは辿り着けず、
また前後関係や漢字・平仮名の問題と一部フレーズの差異も伺えますが、
(※下記GoogleBooks自動抽出時の問題の可能性も十分に考えられます※)

『林芙美子全集 第1巻/林芙美子[著]/文泉堂出版/1977』に含まれる
「林芙美子」氏の作品のようです。

GoogleBooks
http://books.google.co.jp/
先ずは上記にてキーワード「ものいはぬかたち ものいはぬひかり」で検索しましたところ、
約5,470件ヒットのうちの上位二つが近似の結果が得られました。

https://www.google.co.jp/search?q=%E3%82%82%E3%81%AE%E3%81%84%E3%81%AF%E3%81%AC%E3%81%8B%E3%81%9F%E3%81%A1%E3%80%80%E3%82%82%E3%81%AE%E3%81%84%E3%81%AF%E3%81%AC%E3%81%B2%E3%81%8B%E3%82%8A&btnG=%E6%9B%B8%E7%B1%8D%E3%81%AE%E6%A4%9C%E7%B4%A2&tbm=bks&tbo=1&hl=ja

なお、GoogleBooksではプレビューできる以外のものは、
自動抽出の断片情報に過ぎませんので、原本と前後左右が逆であったり、
また文字化けなどもあり得ますので正確さには欠けますが参考にはなります。

2番目「Hayashi Fumiko zenshū-第1巻-209ページ Fumiko Hayashi-1977」の断片情報。
あと「Hayashi Fumiko zenshū-第1巻-209ページ」をクリックしますと、
「Bunsendō Shuppan, 1977」(※文泉堂出版)の情報も得られました。

209 今; ! I はうつくしかりきあざみのむらさきなるつくゑのっぼにさしたる
愴然と逝~空のはなかれはててなほかつ哚きをはりてのちもたにしづかに唉きほこり
ものいはぬひかりものいはぬかたち生命

また、1番目「文芸:-第14巻、第1~4号-252 ページ 1975」の断片情報の後半部。

...ててなほかつ山咲きをはりてのちも:ただしづかに咲きほこり 5
ものいはぬひかり出ものいはぬかたち|生命;の哀しさを語らぬのか。

続きまして、上記1番目&2番目を併せ一部(勝手に)修正

今日はうつくしかりき あざみのむらさきなる つくゑのつぼにさしたる
愴然と逝く空のはなかれはててなほかつ 咲きをはりてのちも ただしづかに咲きほこり
ものいはぬひかり ものいはぬかたち 生命の哀しさを語らぬのか。

上記を御質問内容と比較した場合、
前後関係や漢字・平仮名の問題と一部フレーズの差異も伺えますが、
「林芙美子」氏の作品と同源のように感じられます。

最後に、
・国立国会図書館サーチ
http://iss.ndl.go.jp/
キーワード「林芙美子全集 第1巻 文泉堂出版」で検索しましたところ、

〇『林芙美子全集 第1巻/林芙美子[著]/文泉堂出版/1977』(全547頁)
(日本文学全集・選集叢刊 第7次)
部分タイトル:
蒼馬を見たり 鯛を買ふ いとしのカチューシャ 朱帆は海へ出た
ボクの素描 心境風景 こひうた 輝かしき追憶 遺稿 放浪記

などの情報が得られましたが、全547頁中209頁部分の
タイトルまでは分かりませんでした(><)

以上 少しでも疑問解消の糸口に繋がれば幸いです^^

作品タイトルまでは辿り着けず、
また前後関係や漢字・平仮名の問題と一部フレーズの差異も伺えますが、
(※下記GoogleBooks自動抽出時の問題の可能性も十分に考えられます※)

『林芙美子全集 第1巻/林芙美子[著]/文泉堂出版/1977』に含まれる
「林芙美子」氏の作品のようです。

GoogleBooks
http://books.google.co.jp/
先ずは上記にてキーワード「ものいはぬかたち ものいはぬひかり」で検索しましたところ、
約5,470件ヒットのうちの上位二つが近似の結果が得られました。

https://www.google.co.jp/sea...続きを読む

Q川端康成に関する事

「雪国」をテーマに50枚の論文を書かなければならないので役に立つホームページ、本など知っている方は是非教えてください。

Aベストアンサー

役に立つかもしれないページ

・川研WEB ホーム ページ
http://www.asahi-net.or.jp/~uc4t-hys/
(文献目録・年譜など)

・川端康成
http://www.linkclub.or.jp/~keisuke/kawabata/kawabata.html

参考URL:http://www.asahi-net.or.jp/~uc4t-hys/

Q一番歴史が動いた時代

旧石器時代~縄文時代~弥生時代~古墳時代~飛鳥時代~
奈良時代~平安時代~鎌倉時代~ 南北朝時代~室町時代~
戦国時代~安土桃山時代~江戸時代~ 明治時代~大正時代~
昭和時代~平成時代の中で、一番歴史が動いたと思う時代を
教えてください。

Aベストアンサー

一番を決めるのは難しいと思いますが、ターニングポイントが2箇所。
天皇の時代、武士の時代、再び天皇の時代ということで、「平安・鎌倉時代の間(天皇から武士へ)」「江戸末期・明治維新の間(武士から天皇へ)」。

でも個人的には戦国時代です。理由は攪拌と混乱から生まれる新しい秩序。何事にもエネルギー溢れる時代だと思います。

Q太宰治と川端康成について

太宰治さんが書いた川端康成さんへの文句、
「川端康成へ」について
川端康成さんはどんな反応をしましたか?
なんか気になって質問します。
教えてください。

Aベストアンサー

以下のURLをさんこうにしてみてください。

  http://www.library.metro.tokyo.jp/14/14022.html

  http://www.tokyo-kurenaidan.com/dazai-tokyo2.htm

  http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1412878464

Q明治、大正、あたりの時代の文学を読みたいと思っているのですが、どんなのが読みやすいでしょうか。 ご回

明治、大正、あたりの時代の文学を読みたいと思っているのですが、どんなのが読みやすいでしょうか。
ご回答宜しくお願いします。

Aベストアンサー

夏目漱石作品が読みやすいと思います。
明治・大正あたりの小説は文語調で書かれたものが多く、読みにくいと思います。
しかし、夏目漱石は現代の文章に近い書き方なので読みやすいと思います。

Q川端康成『化粧』について・・・

今度の実力試験に川端康成の『化粧』が出ます。(試験はすべて記号で出ます。)

この話の一番最後で、泣きながら厠に入ってきた少女が、鏡ににいっと一つ笑って厠を出て行くシーンがありますよね。その笑いの本当の意味とゆうのは何なのでしょうか?
(泣きはらした顔を人に見せまいとする健気な思いに発するものではないようです。)

もしお分かりになる方がいたらお返事下さい。よろしくお願いします<(_ _)>

Aベストアンサー

川端が謎の笑いなんて書いてるので、解釈の仕様がないですが…
強いて言うなら、女の強さ?はたまた人間の感情は単純に決め付けできないもの?とでもいうのでしょうか。
今村昌平の映画「赤い殺意」には自殺を図って失敗した女が大盛りの飯をもりもりと食べるシーンが出てきます。さっきまで死ぬつもりでいた筈なのに、なんでそんなにもりもりと飯を食う(生きるという行為に貪欲な)んだ!と突っ込みたくなりますが。
人間の感情なんてものは、泣いている少女本人にすらわからないものだから、傍観者の川端がわかろう筈もないというあたりかと思います。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報