出産前後の痔にはご注意!

パソコン初心者なので色々教えて欲しいです!

最近パソコンが重くなってきましたので、整理していたのですが、ローカルディスクのバランスが悪い?ことに気が付きました!

ローカルディスクC空き容量39.2GB/244GB

ローカルディスクD空き容量217GB/221GB

このバランスを良くすれば問題は解決されますか??

ローカルディスクDを上手く使う方法教えて下さい!

宜しくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (9件)

重くなるいちばんの原因は、『Cドライブに保存しすぎること』です。



Windowsは、Cドライブになんでもかんでも溜め込むような初期設定になっています。
これを改めないかぎり、Core i7搭載のWindows7であったとしても重くなっていく宿命にあります。

“重くなる”という状態は、システムが必要としているデータを読み込むのにハードディスクの各所に散らばった断片をひとつずつかき集めているあいだの待ち時間。これが重さにつながる一因となっています。(HDDのほかにも、必要の無いサービスや常駐プログラムにリソースを食われたりすると重さが複合します。)

購入直後の快適性はつまり、まっさらのハードディスクにインストールした直後の状態はシステムのデータが断片化していないために、スムーズに読み込めているから待ち時間がほとんど無いのです。
それがCドライブを酷使していくうちにデータの追加と削除が繰り返されていき、削除されて空いたスペースに上書きされた新しいデータが断片となって、各所にできた空きスペースに分散して書込まれることになるんです。
ディスクデフラグを定期的に実行することで、この断片化をある程度は解消できますが、いったん重くなってしまったものはなかなか解消できません。
すでにCドライブが太りすぎているからです。
軽くしたいなら、とにかくCドライブから保存したデータを抜くことです。


※以下補足ですが、
Cドライブに割り当てられているサイズが大きければ大きいほど、検索対象範囲が広がってしまい、さらに余計な時間がかかってしまいます。
加えてチェックディスクなどのメンテナンスに必要な時間も長大なものとなってきます。

極論をいうと32BitOSではCドライブは30~40GBに縮小し、空き容量が50%を下回らないような徹底した保存設定を施せば、何年使っても決して重くなりません。
仮想メモリに使うドライブの指定先や追加するプログラムのインストール先、ドキュメントといったものはすべてCドライブ以外に設定しなければ50%以上は維持できません。
初心者の方にはちょっと敷居が高い説明だったかもしれませんけど、ほかに表現のしようがないです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました!

お礼日時:2012/05/28 13:31

http://oshiete.goo.ne.jp/qa/6187021.html
の#1を参照してください。#2は間違っていますので無視して下さい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました!

お礼日時:2012/05/28 13:31

D:ドライブには、ユーザーが作ったファイル類を保存して、C:ドライブは「OSやプログラム」だけにした方が、パソコンの動きが軽くなるそうです。



ユーザーが作ったファイル類をD:ドライブへ保存するようにするには、次の方法でやります。

スタートボタンのコンピュータからC:ドライブを開いたら「¥Users」または「ユーザー」というフォルダがあります。

そして、「あなたの名前」フォルダがあり、この中にユーザーが作ったファイル類「ドキュメント」「ピクチャー」「ミュジック」「デスクトップ」などがあります。

これらは、全部C:からD:へ移動できます。他にも移動できるものが有るようですが、この¥Usersの中身だけにしておいた方が無難です。

スタートボタンのドキュメントを右クリックしてプロパティから「場所タブ」を開くと現在のドキュメントの「場所」が書いて有ります。

C:¥Users¥あなたの名前¥Documentsとなっていると思います。

これを、

D:¥Users¥あなたの名前¥Documentsに変更するのです。

そのために、事前にD:ドライブに「¥Users¥あなたの名前¥Documents」というフォルダを作ります。

そして、先ほどのC:のドキュメントのプロパティの場所タブを開いて、「移動」ボタンを押して、移動先を「D:¥Users¥あなたの名前¥Documents」に指定すれば、OKです。

ドキュメントフォルダをD:に移動したら次に、中身のデータやファイルも移動しますか?と聞いてきますので、「ハイ」します。

ピクチャーやミュージックも同じようにしてやります。

DocumentsやPictures、Musicなどスペル(綴り)を間違わないでください。

ただし、失敗すると訳が分かんなくなりますので、ゆっくりやってくださいね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました!

お礼日時:2012/05/28 13:31

あなたの環境はCドライブの空きも十分あるようなので特に処置は不要ですが、Dドライブを使いたいならそちらにファイルを保存すればいいだけです。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました!

お礼日時:2012/05/28 13:31

データー類 画像やら動画やら ダウンロードしたものを


Dに移す
また
これから保存するときにDを指定するって感じですね

Dにフォルダを作って整理しとけばいい

めんどくさければ全部Cで確保しとけば?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました!

お礼日時:2012/05/28 13:31

2つのディスクでの消費容量の偏りはパフォーマンスには関係がありません。

もっとも既に指摘のあるように、Cディスクに残った容量が減って来るとソフトの動作が遅くなることはあります。ネット閲覧時の一時ファイルなどはすべてCディスクに溜まりますが、これが意外にCディスクを食うのですよ。

2つのディスクは統合しないほうがいいですよ。一見ディスク全体の容量が大きくなるので使いやすくなったように見えますが、OS更新時などに大きなデメリットがあります。私はデータや画像などはすべてデフォルト(工場出荷時の状態=あなたが最初に使い始めた状態)のCディスクではなく、Dディスクに置いたMy Documentsに保存していますが、これは万が一、OSをクリーンインストールする際もDディスクの貴重なデータはそのまま残せるためです。つまり、更新されるのはあくまでもCディスクだけだからです。

またどでかいソフトですら、Cディスクではなく、いつも余裕のあるDディスクにインストールしたほうが、貴重なCディスクを圧迫せずに使えます。ソフトは何もCディスクに置く必要やルールなどないのです。

どうもメーカーはCディスクの容量をDよりはるかに小さく作りたがりますが、ソフトの巨大化によるCディスクへの影響を考えていないようにも思えます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました!

お礼日時:2012/05/28 13:31

バランスは関係ないです。


Cドライブの残容量が少なくなると動作が遅くなったり、動かなくなります。
どれくらい必要かは、OSによって違いますので何とも言えませんが、10GB以上は空けておいた方が良いでしょう。
「パソコンが重い」という表現をそのまま受け取ると、従来は2.5kgあったものが最近は5kgになったとか?
「パソコンの動作が重い」ということであれば、もっと具体的に、どの動作が重くなったのかによって原因が違うと思うし、OSの種類によっても違います。
Unix系ならあまりそういうことはないと思いますけどね。
Windowsなら現象によって色々な要因が考えられますので、もっと具体的な症状を書いてください。
電源スイッチを入れてから起動完了するまでの時間が長いのか、
ショートカットアイコンをダブルクリックしてからアプリケーションが起動するまでの時間が長いのか、
文字入力をする時に入力の反映や漢字変換が遅いのか、
電源を切る時の停止処理が遅いのか
などなど・・・
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました!

お礼日時:2012/05/28 13:32

お察しの鳥ですが、そうであればCドライブとDドライブをまとめて一つにした方がもっと効率が良いと私は思います。

まとめてしまえば空き容量を心配する必要が殆どなくなります。
まとめるためには幾つかの方法があり、
1)OSを再セットアップしてからその時にまとめる
2)パーティション統合ソフトをり束う
があります。
1)は現在お持ちのデータを移行する作業が大変ですが、失敗のリスクが少ないです。
その反対に2)は失敗のリスクがあります。
各々の詳細が必要であれば再度質問して下さい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました!

お礼日時:2012/05/28 13:32

原因が複数存在するので一概に早くなるとは言えません。



OSが入っているローカルディスクを極力減らすと(移動しても大丈夫なデータに限ります)
多少早くなります。
シークの移動距離が短くなる為

一番確実なのはバックアップを取りOSの再インストールをするのが一番手っ取り早いです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました!

お礼日時:2012/05/28 13:32

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QDドライブにデータを移したい。

Dドライブにデータを移したい。
現在「Cドライブ」にあるデータの中からシステム以外のデータのみ「Dドライブ」にデータを移したいのですが、具体的な方法がわかりません。また、移行するデータ(フォルダ)に何か制限はありますか?

【Dドライブに移行したいフォルダ】

「お気に入り」
「デスクトップ」
「ドキュメント」
「ピクチャ」

アドバイスをお願いします。

Aベストアンサー

C:ドライブを開いたら¥Users(またはユーザー)というフォルダが有ります。

この中に「¥あなたの名前」フォルダが有ります。

その中に「ドキュメント」「ピクチャー」「ミュージック」「デスクトップ」などが有りますが、これら全部をD:ドライブに移動できます。

たとえば、ドキュメントを右クリックでプロパティを開いて、「場所タブ」を見ると、現在の「場所」が書いて有ります。

C:¥Users¥あなたの名前¥Documentsという場所になっているはずです。

これをD:¥Users¥あなたの名前¥Documentsに変更するのです。そのために事前に「D:¥Users¥あなたの名前¥Documents」というフォルダを右クリックでD:ドライブに作っておきます。

そして、先ほどのC:ドライブでの場所タブで「移動」を行い「移動先」を「D:ドライブ」に作ったフォルダに指定すれば良いです。

中身のデータがあれば、データも移動しますか?と聞いてきますので「ハイ」します。

ですから、事前に移動するフォルダを全部作っておきます。

D:¥Users¥あなたの名前¥Pictures
D:¥Users¥あなたの名前¥Desktop
D:¥Users¥あなたの名前¥Musics

などですね。

初めての場合は、よく注意してやってくださいね。途中で間違えると、大変なことになります。

なお、場所タブの「標準に戻す」でいつでもC:に戻すことが出来ます。

C:ドライブを開いたら¥Users(またはユーザー)というフォルダが有ります。

この中に「¥あなたの名前」フォルダが有ります。

その中に「ドキュメント」「ピクチャー」「ミュージック」「デスクトップ」などが有りますが、これら全部をD:ドライブに移動できます。

たとえば、ドキュメントを右クリックでプロパティを開いて、「場所タブ」を見ると、現在の「場所」が書いて有ります。

C:¥Users¥あなたの名前¥Documentsという場所になっているはずです。

これをD:¥Users¥あなたの名前¥Documentsに変更す...続きを読む

Qローカルディスク(C:)と(D:)の違いを教えてください。

ローカルディスク(C:)と(D:)の違いを教えてください。
(D:)って意味があるのでしょうか・・・?
回答、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

通常
C:\は基本領域です。
 こちらがアクティブの状態で且つOSが入っている場は
 システムが立ち上がることになっています。 
  (これも100%そうだとは言い切れません。他の
 記憶メディアが内蔵されているPCの場合そちらが
 優先されてC:\となる場合もあります。)

D:\は拡張領域です。
 この中には複数個の論理ドライブを作ることができます。
 こちらにはいくら頑張っても9x系OSを入れることは出来ま せん。  したがってD:\ドライブにNT系OS(2000,XP)を
 入れてデユアルブートにして二つのOSを使い分けることは
 出来ます。 

 http://yougo.ascii24.com/gh/74/007445.html

>(D:)って意味があるのでしょうか・・・?
 わたしはパーティションを分割したがる傾向がありますので十分に意味は存在しています。

 例えば
*フリーソフトの場合はその場に解凍しただけで
使えるものが結構ありますので、D:\に解凍することにより
C:\の使用領域を減らすことを防止しています。
 この意味から、仮想ファイルや一時ファイルなどもD:\に退避させています。

*さらにお気に入りはD:\にデータ保存してそちらをリンクさせて使っています。 

*さらに画像や音楽ファイルやその他のデータファイルもD:\に保存して全てスタートにショートカット移動していますので
C:\の空き領域は大きく減少することはありません。

 C:\の使用領域はW2Kで4GB、XPで6GB以下で管理していますので、その点D:\ドライブの存在は私にとっては大きいですね。 
 要は使用者の配慮の内ですので答えはありません。

通常
C:\は基本領域です。
 こちらがアクティブの状態で且つOSが入っている場は
 システムが立ち上がることになっています。 
  (これも100%そうだとは言い切れません。他の
 記憶メディアが内蔵されているPCの場合そちらが
 優先されてC:\となる場合もあります。)

D:\は拡張領域です。
 この中には複数個の論理ドライブを作ることができます。
 こちらにはいくら頑張っても9x系OSを入れることは出来ま せん。  したがってD:\ドライブにNT系OS(2000,XP)を
 入れてデユアルブー...続きを読む

QWindows7ローカルディスクC:→D:へ

★Windows7 ですけどローカルディスクC:がかなり空き量が少ないです。でもD:は空き空きですけど、Windows7ローカルディスクC:→D:へファイルを移動するにはどの様にしたら良いでしょうか?

Aベストアンサー

1.C:ドライブのディスクのクリーンアップの時「詳細オプション」タブを開いて「システムの復元」ファイルを削除すると、C:ドライブがだいぶ空きますよ。

2.それから、ドキュメントやピクチャー、ミュージックなどをD:ドライブに保存する方法は次の通りです。

スタートボタンのコンピュータからC:ドライブを開いたら「¥Users」または「ユーザー」というフォルダがあります。

そして、「あなたの名前」フォルダがあり、この中にユーザーが作ったファイル類「ドキュメント」「ピクチャー」「ミュジック」「デスクトップ」などがあります。

これらは、全部C:からD:へ移動できます。他にも移動できるものが有るようですが、この¥Usersの中身だけにしておいた方が無難です。

スタートボタンのドキュメントを右クリックしてプロパティから「場所タブ」を開くと現在のドキュメントの「場所」が書いて有ります。

C:¥Users¥あなたの名前¥Documentsとなっていると思います。

これを、

D:¥Users¥あなたの名前¥Documentsに変更するのです。

そのために、事前にD:ドライブに「¥Users¥あなたの名前¥Documents」というフォルダを作ります。

そして、先ほどのC:のドキュメントのプロパティの場所タブを開いて、「移動」ボタンを押して、移動先を「D:¥Users¥あなたの名前¥Documents」に指定すれば、OKです。

ドキュメントフォルダをD:に移動したら次に、中身のデータやファイルも移動しますか?と聞いてきますので、「ハイ」します。

ピクチャーやミュージックも同じようにしてやります。

DocumentsやPictures、Musicなどスペル(綴り)を間違わないでください。

ただし、失敗すると訳が分かんなくなりますので、ゆっくりやってくださいね。

また、D:からC:へ戻したい場合は、「場所タブ」の中に「標準に戻す」というのがあります。

1.C:ドライブのディスクのクリーンアップの時「詳細オプション」タブを開いて「システムの復元」ファイルを削除すると、C:ドライブがだいぶ空きますよ。

2.それから、ドキュメントやピクチャー、ミュージックなどをD:ドライブに保存する方法は次の通りです。

スタートボタンのコンピュータからC:ドライブを開いたら「¥Users」または「ユーザー」というフォルダがあります。

そして、「あなたの名前」フォルダがあり、この中にユーザーが作ったファイル類「ドキュメント」「ピクチャー」「ミュジック」...続きを読む


人気Q&Aランキング