今年から、東京で一人暮らしする学生です。東京は、地震が発生する可能性があるそうなので、地盤がしっかりしてる場所に住みたいんですが、教えて下さい!
学生なんで家賃が安い場所がいいです!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

東京と他の地方で、地震の起きる確率は実はあまり変わらないそうです。

でも実家から離れるのは何かと不安ですよね。#5の方とは違ってしまうのですが、川沿いとは避けるべきだと思います。川の近くで土地の低くなっている部分は沖積地です。阪神大震災の時も同じ震度なのに沖積地の部分は大きく揺れ、倒壊率が高く、火災も多く発生しました。もちろん埋め立て地や、もと田んぼも揺れやすいですが、武蔵野台地は昔から田んぼはあまりありません。また、建築基準法が1986年に大きく改正されたので、それ以降に建った建物は耐震性が高くなっているのが普通です。新宿なら西武新宿線が安くて便利ですが、やはり近いところは密集地になってしまいますね。
阪神大震災以降、東京都では「広域避難場所」という考え方はやめたので、大きな公園の近くでなくても大丈夫です。指定の避難場所は今、地域の公立小学校になっています。避難場所という看板のある小学校(ほとんどの小学校)の学区単位で防災訓練も行われていますし、食料なども備蓄されています。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

86年以降の物件でさがしてみます!ありがとうございました。

お礼日時:2004/01/05 20:38

東京というより関東平野全体の地盤が弱いので別の見方をした方が良いでしょう。


崖の下、崖の上、高架橋の近く、河川の近くの低地を避ける(大雨)、沿岸部(高潮・津波)、道路の状況(交通事故)、震災後の大火災を避けられる空間がある等。

これだけと言うのは無いですし、妥協も必要です。

通勤・通学、生活だけでも大変です(笑)

頭を働かしてKYT(危険・予知・トレーニング)をしましょう。
    • good
    • 0

私のお勧めは、広い避難場所の近くが第一です。


家が潰れるかどうかは耐震構造化どうかでしょうから・・・・家賃が安いとそれほど最新の免振構造は期待は出来ないでしょう。

山の手なら今の筑波大学が有った、文京区の茗荷谷付近や(比較的少ないが、学生向きの木造住宅が未だ残っていて、安いです)、
又、万が一の場合の避難場所が多く、避難物資が川沿いに運ばれる東京の川沿いなどはお勧めでしょう。 
東京の土手は江戸時代から延々と補強されてきて、今は多くの場所がスーパー堤防になっていますから、そういう場所が良いでしょう。

白ひげ橋付近などは火が広がらないようにするために連続した高層マンションが作られています。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

耐震構造がいいとこにすみたいんですが、学生なんで
安いとこしかすめません。。悩みどころです。

お礼日時:2004/01/05 20:36

東京だとほぼ全域に関東ローム層があるので、


他の地域より地盤がしっかりしてるとは言いにくいですね。

でも、地震で恐いのは地震そのものよりも火災です。
なので木造住宅が密集している地域はお勧めしません。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ありがとうございます。

お礼日時:2004/01/05 20:34

東京に住んでいる者としては、ちょっと違うと思いますが…


地震で怖いのは、家がつぶれる事よりも火事です。
どんなに地盤がよくても、ゆれる大きさはほとんど変わりませんので。
地割れとか陥没となると、地盤の強さが直接影響しますけど。

地盤が良い場所の住宅密集地、たとえば下北沢などはかなり危険と言われています。
逆に地盤が弱くても他に家が少ない、たとえば江東区の塩浜などは、かなり安全と言われています。
もっとも、江東区の場合には津波などの心配もありますけど…

東京は、西方向と南方向は、都心から離れてもほとんど家賃は下がりません。
東方向と北方向は、かなり家賃が下がります。
基本的には通学に便利な場所をおすすめします。
大地震だったら、東京のどこでも揺れは同じだと思ってください。
住宅密集地だけは避けた方が良いとは思いますけど。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

下北沢あたりにしようと思ってましたが、危険みたいなんでやめます。

お礼日時:2004/01/05 20:33

東京都都市計画局が「地震に関する地域危険度測定調査結果」を発表していますので、ご参考にしてはいかがでしょう。

かなり詳細です。地盤も関係はあるんでしょうけど、建築物や避難路、その他諸環境が大きく関係しますよね。
私見としては、地盤にはあまりこだわらず、利便性と住環境と賃料で探しては如何でしょう。

ご質問からして、しばしば地震が起きる東京の環境は慣れるまでいやかもしれないですね・・。

参考URL:http://www.toshikei.metro.tokyo.jp/bosai/chousa_ …
    • good
    • 2
この回答へのお礼

参考にみてみます!ありがとうございました!

お礼日時:2004/01/05 20:32

これは東京に限ったことではないのですが。


地域としての地盤は埋立地と下町は悪く、山側は比較的いいです。ただし、東京の場合は山側ですと家賃の高いか都心から離れた場所になります。また、地域として地盤が良くても昔が田んぼや沼であればその土地自体の地盤は悪くなります。
ただ、地盤が悪くとも高層マンションなどで杭が地下まで打たれていれば、地震には十分耐えられるはずです。

質問を見ると既に行く学校が決まっている学生さんと見うけられます。基本的には学校の近辺に住むのが生活しやすいので、差支えなければ学校の最寄駅(沿線、所在地)を教えていただければと思います。それからでも地震に強い土地は十分見つけられるはずです。もしくは不動産会社にその条件で探してもらうことも可能です。地盤はその土地ごとに違うので、物件が出揃ってからの判断でいいのではと思います。

この回答への補足

学校は、新宿です。山手線ぞいの家がいいんですが。

補足日時:2004/01/05 00:40
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q地盤改良後の土地売買について

地盤改良後の土地売買について

先日、公共機関で販売の土地を契約したのですが、当団体では水田だったところを地盤改良して地耐力が50KN/m2で整備してあるとパンフレットに記載されているにも関わらず、ハウスメーカーでサイディング試験をしたところ20KN/m2しかないという結果が出て、地盤改良費に120万円かかるということでした。
パンフレットに記載してあるので、安心して契約したのにと納得がいかず公共機関に説明を受けましたが、2001年国土交通省告示第1113号のとおり整備しており、問題はないという回答でした。。。ハウスメーカーの結果がおかしいという話も出ました。

ただ納得がいかず調べたところ、
告示では,「“基礎の底部から下方2m以内で荷重1,000N以下で自沈する層が存
在する”もしくは“基礎底部から下方2mを越え5m以内で荷重500N以下で自沈する
層が存在する”場合には,沈下などの地盤変形を考慮して,建築物に有害な損傷
や変形が生じないことを確かめることが義務づけてられている.」(地盤工学会,
地盤調査の方法と解説,287ページ)

との内容でしたが、試験結果で基礎の底部から2m以内で自沈する層が3箇所存在しています。
そのことも話をしましたが、「告示に基づいて改良しており、結果は問題ない。試験結果で自沈する層が出てても保証する義務はない」との回答でした。

私は素人で、あまりよくわかりませんが、なんだか納得がいきません。
どこか相談する窓口を知っている方など、どなたか教えていただければと思います。よろしくお願いします。

※地耐力の記載がおかしいとも話ましたが、「弁護士にも確認してOKが出て記載している」とのことでした。

地盤改良後の土地売買について

先日、公共機関で販売の土地を契約したのですが、当団体では水田だったところを地盤改良して地耐力が50KN/m2で整備してあるとパンフレットに記載されているにも関わらず、ハウスメーカーでサイディング試験をしたところ20KN/m2しかないという結果が出て、地盤改良費に120万円かかるということでした。
パンフレットに記載してあるので、安心して契約したのにと納得がいかず公共機関に説明を受けましたが、2001年国土交通省告示第1113号のとおり整備しており、問題はないと...続きを読む

Aベストアンサー

1.>地盤改良して地耐力が50KN/m2で整備してあるとパンフレットに記載
・地耐力まで表示している物件は先ず無い。契約書に明記されていない。保証していない。契約書で、保証なし、パンフレットの記載だけで、自己責任もありますね。土地は、品質保証、同瑕疵担保、地盤保証などいずれも対象でありません。アンテナを張り調査、最終的に合意して購入するシステムです。無論、宅地造成認可、造成工事、地盤改良工事(業者との契約、施工管理、検査)、公的検査をへて、完了検査を受けています。私の推測ですが、土地の販売増進のため、PRとして、(開発業者販売の場合は地盤改良を大々的に宣伝Pしているのが実態、但し地耐力数値までは記載無し、地盤改良工事を施工していること、その土木工事内容の一軸圧縮強度50KN/m2を(改良体の設計基準強度、設計に際し採用する圧縮強度、、改良体から切り取ったコア供試体の強度試験により得られた材齢が28日の供試体の圧縮強度の数値)を言っているのではないか。この数値を地耐力との表現で記載したのではないでしょうか。通常は、地耐力は長期許容応力度ですね。
・地盤改良設計図、設計書、試験結果報告書、施工計画書、品質管理報告書について、公的機関に公開を要請して、明確にすることですね。複写して、土木の地質技術者、設計コンサルタント、地質調査会社(協会)、地盤改良会社(協会)、大手ゼネコンの土木専門技術者、土木専攻の大学生、役所に勤務する土木系技術者(地質に詳しく経験を充分積んだ技術者)に内容を精査していただく事が重要である。
2>メーカーで試験をしたところ20KN/m2結果が出て、改良費に120万円かかる。
・敷地内で何箇所実施したものか。最低でも3箇所くらい必要である。報告書の内容について専門の土木技術者に精査してもらったか。依頼して精査、公共機関の報告書と比較する必要がある。追加の試験の実施が必要か否か。許容応力算定について、公的機関と同じ、計算式、土質乗数を使用しているかについても照査する必要がある。違う乗数を使用すれば結果は違いが出る。調査解析の責任技術者によって乗数は違いがある。
3.>パンフレットに記載、公共機関に説明を受けたが、2001年国土交通省告示第1113号のとおり整備しており、問題はないという回答でした。ただ納得がいかず調べたところ、云々、自沈する層が3箇所存在し。話をしたが、「告示に基づいて改良しており、結果は問題ない。試験結果で自沈する層が出ても保証する義務はない」との回答でした。
「告示に基づいて改良しており、結果は問題ない。」の意味は表現に違いがあると思う。第1113号は、地盤の許容応力度、云々であり、改良云々でない。結果とはセメンと系固化材を用いて改良された改良体の改良について一軸圧縮強度50KNは得られているとの結果を言っているのではないか。1113号との整合が出来ていない。(再度、質す必要がある。1113号の許容応力を出した式など、及び長期許容応力の算出計算の結果についても、長期許容応力は設計基準強度の1/3、本来は50KN×1/3?が地盤の地耐力、長期許容応力を記載すべきでないか?)
「自沈する層云々、保証する義務は無い」第1113号抜粋「地震時に液状化するおそれのある地盤の場合又は(3)項に掲げる式を用いる場合において、基礎の底部から下方2m以内の距離にある地盤にスウェーデン式サウンデイングの荷重が 1kN以下で自沈する層が存在する場合若しくは基礎の底部から下方2mを超え5m以内の距離にある地盤にスウェーデン式サウンデイングの荷重が500N以下で自沈する層が存在する場合にあっては、建築物の自重による沈下その他の地盤の変形等を考慮して建築物又は建築物の部分に有害な損傷、変形及び沈下が生じないことを確かめなければならない。」については、「液状化すると判断した地盤、云々は、変形及び沈下が生じないことを確かめなければならない。」ことから、液状化なし、(3)項式を使用しない場合はその必要が無いと判断できる。(建築構造物の設計段階での検討課題でもあり地盤造成完了段階で、技術的な評価は出ない、保証はないとの判断だと思います。
4.相談する窓口は土木の地質技術者、設計コンサルタント、地質調査会社NET、(協会)、地盤改良会社NET(協会)、大手ゼネコンの土木専門技術者、土木専攻の大学生、役所に勤務する土木系技術者。
5.>「弁護士にも確認してOKが出て記載している」とのことでした。
手回しが早過ぎますね。過去に強力な問題の提起があったのでしょうね。問題のため弁護士がかかわったか。その内容について、文書公開を依頼です。公務員倫理規定の説明責任義務に違反です。打合記録は録音も含め確実に記録を、あいては弁護士と協議済ですね。

1.>地盤改良して地耐力が50KN/m2で整備してあるとパンフレットに記載
・地耐力まで表示している物件は先ず無い。契約書に明記されていない。保証していない。契約書で、保証なし、パンフレットの記載だけで、自己責任もありますね。土地は、品質保証、同瑕疵担保、地盤保証などいずれも対象でありません。アンテナを張り調査、最終的に合意して購入するシステムです。無論、宅地造成認可、造成工事、地盤改良工事(業者との契約、施工管理、検査)、公的検査をへて、完了検査を受けています。私の推測ですが、...続きを読む

Q東京で働いてみたいのですが、家賃高いですよね……通勤可能な距離にあって、出来るだけ家賃低め、そんな

東京で働いてみたいのですが、家賃高いですよね……
通勤可能な距離にあって、出来るだけ家賃低め、そんな都合の良い地域はないでしょうか?神奈川県、埼玉県あたりはどうなんでしょうか?
詳しい方、教えて下さい。

Aベストアンサー

地方から東京へ来られた方におどろくのは
通勤時間の短いことです

どうやら地方では通勤時間は15分から遠くて30分くらいのようで
30分でも遠いと感じられているようです

渋谷に勤めている地方からこられた方に住んでいるところをお聞きしたら
なんと渋谷のど真ん中の路地のなか
せまいうえに暗く高いのはあたりまえです

都内でも1時間は覚悟をして
しかも駅から15分くらいは歩く
そうすれば静かで陽もあたりよく安い物件はたくさんあります

基本的には
東京の人というのは静かな生活をしています
新宿や渋谷のような町は遊びに行くところです

地方の繁華街は県庁所在地1ヵ所くらいしかありませんが
東京は地方と違ってどこにいっても繁華街がたくさんあります

どの駅をおりても
有名な繁華街があります
路地に入ってもおしゃれな店があります

あまり有名な駅を考えると
後悔します

この辺から東京の住み方をかんがえると
快適な生活が送られるかもしれません

Q杭の式なのか地盤の式なのか?

直接基礎の極限鉛直支持力(学会指針)
Ru=qu・Aの
単位面積当たりの極限鉛直支持力度quですが
qu=ic・α・c・Nc+iγ・β・γ1・B・η・Nγ+iq・γ2・Df・Nq

それに対し

地盤の許容応力度(告示)
qa=○/3(icαCNc+iγβγ1BNγ+iqγ2DfNq)

で、極限か許容かの違いでベースの式はほぼ同じです。

ここからが質問ですが、
単位面積当たりの極限鉛直支持力度quは
杭の極限支持力度ですか?
それとも
地盤の極限支持力度ですか?

Aベストアンサー

(A)地盤の極限支持力です。

 杭基礎の場合は、地盤の極限支持力+杭の周面摩擦力が杭の極限支持力になります。
 地盤の極限支持力ではなく、N値だけから求めた杭先端支持力を用いることが多いです。

 杭の支持力は、地盤から求めた極限支持力と杭体の極限支持力を比較し、
 どちらか小さいほうを杭の支持力として用います。

参考URL:http://www.tec.fukuoka-u.ac.jp/tc/labo/road/geotech/kougi/h19/jibankougaku/jibankougaku_20070424.pdf

Q東京で住む場所探し

東京で住む場所探し

単身(女性)で東京に引っ越します。
以下の条件で住む場所を絞りたいと思っているのですが、よい場所がありましたら
教えてください!

(1)新宿に20~30分以内で、電車1本で出てこれる。
(2)深夜まで営業してる庶民的なスーパーがある。(高級スーパーではなく・・)
 (ドラッグストアや100均などもあればなおよい)
(3)賃貸の家賃が10万円以内で鉄筋コンクリートマンション・駅から徒歩10分以内
(4)学生よりも社会人・OLがよく住んでいる場所
(5)できれば成田or羽田空港まで、たくさん乗り換えしなくても行ける。

(1)と(2)と(3)は必須条件で探しています。

ほかの質問を見て、吉祥寺・荻窪・中野・中井・下高井戸・調布辺りが
いいのかな?と思いましたが、深夜までやっているスーパーが近くにあるか不明です。

雰囲気のよさそうなところがありましたらよろしくお願いします!

Aベストアンサー

20代女性です。荻窪在住です。
住まい探しは大変ですけどワクワクしますよね。


さて、質問への回答ですが、
私が分かる範囲ですと

荻窪
スーパー・・・駅前にルミネ(21時まで)、西友(24時間営業、同じく24時間営業の無印良品もあり)、地元の庶民的なショッピングモール(21時まで?100均あります)が一緒にありますので、仕事帰りのお買い物にとても便利です。ドラッグストアは駅周辺に3つほどあります。

雰囲気・・・学生はあまりいないように感じます。かなり庶民的な雰囲気のまちで、洗練された感じではないです(笑)。

家賃・・・10万以内で徒歩10分以内は、探せば充分あると思います。


吉祥寺
スーパー・・・駅周辺に西友(23時まで)、ライフ(1時くらいまで?)、Foodexpress(外資系の24時間スーパー)があります。ドラッグストアはサンロード(アーケード街)にいくつか。

雰囲気・・・若者が多いイメージで、休日の駅周辺はかなり混んでます。でも安くておいしいお店や、かわいい雑貨屋さんがたくさんあるので近所の散歩が楽しいでしょうね。

家賃・・・住んだことがないのでよく分からないですが、荻窪よりちょい高めでしょうか。



参考までに。
質問者様に合った場所が見つかるといいですね!

20代女性です。荻窪在住です。
住まい探しは大変ですけどワクワクしますよね。


さて、質問への回答ですが、
私が分かる範囲ですと

荻窪
スーパー・・・駅前にルミネ(21時まで)、西友(24時間営業、同じく24時間営業の無印良品もあり)、地元の庶民的なショッピングモール(21時まで?100均あります)が一緒にありますので、仕事帰りのお買い物にとても便利です。ドラッグストアは駅周辺に3つほどあります。

雰囲気・・・学生はあまりいないように感じます。かなり庶民的な雰囲気のまちで、洗練された感じで...続きを読む

Q地盤調査について

建築確認申請時の地盤調査データーの必要性についてご回答願います。
法20条2号によりる構造計算を必要としない場合、法20条1号にの構造方法に関する基準には適合させるのですが、適合範囲令36条~令80条の3までのうち、基礎に関する規定は令38条になるかと思います。
構造計算の必要なしとする場合は、令36条2項1号に適合させるため、令38条3、4項により告示第1347号による地盤の許容応力度を確認する必要があると解釈してよいのでしょうか?
以前35m2ほどのプレハブ車庫の確認申請を提出する際に、担当建築主事に「地盤調査データーが必要では?」と確認したとき、「小規模建物なのでデーターは必要ない」との回答をもらい、?と思い確認の意味もあり質問させていただきました。
私自身の考えは小規模であっても、地盤調査をするべきてあると思いますが、SS試験でも5~8万は費用が掛かります。
義務であるのならば、建築主も納得せざる得ないと思いますが、あくまでも任意という事なら、こちらから強制させることは出来ません。
こちら側からは説明のみと言うことで実施に関しては、建築主の判断に任せることになります。
実務者の方でこのような場合どうなさっているか、またはどうしたらよいかアドバイスを宜しくお願い致します。

建築確認申請時の地盤調査データーの必要性についてご回答願います。
法20条2号によりる構造計算を必要としない場合、法20条1号にの構造方法に関する基準には適合させるのですが、適合範囲令36条~令80条の3までのうち、基礎に関する規定は令38条になるかと思います。
構造計算の必要なしとする場合は、令36条2項1号に適合させるため、令38条3、4項により告示第1347号による地盤の許容応力度を確認する必要があると解釈してよいのでしょうか?
以前35m2ほどのプレハブ車庫の確認申請を提出する際に、担当建築主...続きを読む

Aベストアンサー

北国の設計屋さんです。
物置や自家用車庫、納戸のような小さい平屋建物は、必要無いです。
でも、将来的に増改築の計画に備えて、事前にSS式試験をしておく事をお薦めします。
計測できる空地のある内に行えば、後が楽です。
測点ポイントのデータは、2~3mずれていても、地耐力の大幅な相違は、微々たるものです。
10~15m間隔で行えば必要なデータは、揃えられます。
施主に提言するのは一向にかまいません。
最終的には、施主様の判断でしょう。
言わない事の方が、将来的に問題が発生します。
建築士法も改正されて、施主への説明が必要となります。
ちなみに私の出入りの業者は、SS試験を4箇所一式3万でやってくれます。
ご参考まで

Q軟弱地盤の地盤改良について、おしえて下さい。

 姉が家を建てることになり、先日ボーリング調査をしました。母名義の土地で、ずっと田んぼだったところですので、地盤が悪くてもそこに建てるしかないと思います。この条件に適した地盤改良の方法について知りたいので、よろしくお願いします。

敷地面積100坪 建て坪40坪 一階面積20坪 木造2階建て ベタ基礎 
元水田 昨年8月盛土(約80cm 周囲よう壁なし)
今年夏頃 着工予定
地下14mまで粘土質シルト(N値6以下)
地下14mから泥岩(N値35)

Aベストアンサー

 支持地盤までが深いので、それだけをみれば杭基礎でしょう。ただ、それだとかなりの高額となります。

 それ以外の方法としては、置換えまたは浅層混合処理があります。これらの工法は、本来支持地盤まで施工するのですが、本件のようなケースの場合だと、改良範囲を大きく取って荷重分散を図り、建物等と改良地盤の自重と在来地盤が持つ反力が釣り合う深さまでを改良するという方法があります。
 ただし、この場合は改良範囲が大きくなるため、建物の周りに十分な余裕がないと、他の敷地を侵して施工しなければならなくなります。

 他の工法としては、少々古い物ですが、松杭を打設する物があります。これは、松が腐食しにくく、水分を含むと膨張しるという性質を利用し、土中水分の多い地盤に打ち込むことで、摩擦を大きくして沈下しにくくするという物です(摩擦杭といいます)。昔の丸ビルがこの工法で建てられていて、現在の物に立て替えるとき掘り出した松杭は全く腐っていなかったそうです。
 コンクリート杭や鋼管杭でも摩擦杭は出来ますが、支持地盤までが14mではそこまで打ち込んだ方が確実でしょう。松と違って、これらの杭材は摩擦係数が小さいので、もっと深くないと効果が出ません。

 いずれにせよ、設計施工を行うハウスメーカー(又は工務店)とよく相談することでしょう。軟弱地盤での施工実績が多いところなら、信頼性も高いと思います。いくつかの工法について、概算の見積りと施工上の注意点などをまとめてもらって(比較検討書といいます)、それで検討すると良いかと思います。検討書の作成にお金と時間がかかる、といわれたらそれも仕方ないでしょう。検討段階をおろそかにすると、後で取り返しの付かないことになりかねません。

 支持地盤までが深いので、それだけをみれば杭基礎でしょう。ただ、それだとかなりの高額となります。

 それ以外の方法としては、置換えまたは浅層混合処理があります。これらの工法は、本来支持地盤まで施工するのですが、本件のようなケースの場合だと、改良範囲を大きく取って荷重分散を図り、建物等と改良地盤の自重と在来地盤が持つ反力が釣り合う深さまでを改良するという方法があります。
 ただし、この場合は改良範囲が大きくなるため、建物の周りに十分な余裕がないと、他の敷地を侵して施工しな...続きを読む

Q排煙の緩和 告示1436号について

31m以上の建築物の2階に店舗を計画する場合に、告示1436号4号ハは適用できますか? 
それとも告示1436号4号ニの緩和が適用ということになるのでしょうか?(31m未満の階も含め建物すべてに告示1436号4号ニを適用する)

Aベストアンサー

建築物の防火避難規定の解説
によれば
告示1436号4号ハは
見込みの通り31m超の建物の31m以下の部分も含む
と解釈してますね
告示1436号4号ニは
31mを超える部分のみ対象と解釈してます。

解説本によればですが。。

確かに条文だけだとややこしいですね
高さ三十一メートル以下の建築物の部分

Q女性 1人暮らしの家賃

今年あたり、気分転換をかねて引っ越そうかと思っています。
1人暮らしだからあんまり変な場所もな~と色々物件検索しているうちに、
家賃はいったい幾らなら大丈夫なんだ??と
よくわからなくなってしまいました…

<現在>
・管理費、駐車場込みで\81000 (3DK、55平米)
・支出→家賃含む固定費、流動費併せて24~26万/月
・収入→手取40~60万/月とばらつきあり。ボーナスなし

という状況です。

趣味の荷物や、仕事上の書籍が多いため2LDK以上の物件を探していますが
そうなると必然的に家賃が10万前後になってしまいます。

まわりの一人暮らしの友人に月10万払っている人がいないので
もしかして、収入に対して10万という金額が大きすぎるのかな…?と思い始めています。

・10万という家賃は負担が大きすぎるか?
・↑の条件だったら、家賃に幾らまでだすか?

みなさんのご意見おまちしてます!

Aベストアンサー

それだけの収入があるなら、私なら10万円払って気に入った部屋に引っ越しますね。

快適な住まいは人を幸せにするし、幸せだといろんなことを頑張れるし、そうすると収入も上がる可能性が高いでしょ?いい家に住むのは、ある意味、自分への投資ですから。

Q緊急告示病院の定義

病院のHPなどを見ていると
「救急告示」や「緊急告示」を受けていたりする
病院があります。

自分なりに調べたところ
「救急告示」については、ようするに救急車で搬送される患者を受け入れられる
病院であるようだということがわかりました。
(「救急病院等を定める省令」って法律?をみました)

でも、「緊急告示」についてはわかりませんでした。
どなたか定義を教えてください。

また、これらの告示を受けていることで
その病院が信頼できる病院であると判断してもよいものなのでしょうか。
(たとえば、施設が充実している、医療スタッフが充実しているなど)

Aベストアンサー

 「緊急告示」は「救急告示」の誤用であろうと思われます。
(例)
http://www.kawasaki.kanagawa.med.or.jp/content4-1.html
「救急告示」は、まず、保険所に申請し、申請を受けた都道府県が次の4つの条件を満たしているか否かを審査し、承認するかどうかを決定します。
1.相当の知識及び経験のある医師が常時診療に従事していること。
2.手術室、麻酔器、エックス線装置、輸血及び輸液のための設備、その他事故の負傷者の医療を行うために必要な施設、設備があること。
3.救急車が入りやすいこと。
4 空きベッドがあること。

参考URL:http://www.geocities.co.jp/SweetHome-Brown/4651/syoukai.htm

Q地震発生の際、エアコンは、、、

狭い寝室で家族4人で寝ています。かなりぎゅうぎゅうで、必ず誰かが壁にあるエアコンの下に寝ることになります。万が一、地震が発生した場合は、エアコンはやはり落下するものでしょうか?エアコンの重量、落下高度からして、落下した場合は、無事では済まないのはあきらかです。
それに備えての補強グッズってあるんでしょうか?
教えてください。

Aベストアンサー

地震でも揺れにもよりますが、滅多なことではエアコン自体は壁に固定されたり、ホースが接続されているので落下はしにくくなっていますが、阪神大震災程度の地震だと落下したそうです。

敢えて補強するなら、L字の棚受け金具がいいかとおもいます。棚受け金具はエアコンの下に壁に固定し、エアコンをしたから支えるくらいがいいのではないでしょうか。金具自体の耐荷重は結構ありますのでエアコンを支えるくらいなら充分です。上からL字金具で固定する手もありますが、エアコン自体がプラスチックで弱いから揺れですぐ脱落するでしょう。

http://www.rakuten.co.jp/rack-kan/546938/547732/

エアコンだけではなく、家具類の転倒防止もお忘れなく。食器棚が倒れてガラスが割れて、避難時に足を切った例はたくさんあります。

参考URL:http://web.kyoto-inet.or.jp/org/bousai_s/html/tisiki/jisin/torikumi/kagu.html


人気Q&Aランキング

おすすめ情報