これからの季節に親子でハイキング! >>

会社で確定拠出年金の配分をしなければならないのですが,みずほDC定期預金(1年),三井住友銀行DC定期(3年),ろうきん定期(スーパー型)のメリット・デメリット,どれが一番良いのか教えてください.現在22歳です.宜しくお願いします(^^)

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

確定拠出年金は、年間数回は毎月の入金先を変更出来、また年間2回を上限(通常年1回)に既に積んだ部分の配分換えを出来る規定の筈です。

ですから給与と賞与で配分を変えたりも可能です。今のところ、どの商品も大差なく見える為に元本確保で定期預金と考えがちですが、最低でも一部は債券(公社債投信を含む)に配分すべき。債券は「金利上昇期には元本割れをするから不利」と考えがちですが、短期的には利回りが良いのです。
また究極のディフェンスとして金(上場金投信を含む)に配分するのも、考え方次第かも。円から外貨へのシフトは「日本を脱出して海外に移住」するなら有効でしょうが、日本に住み続けるなら無駄になりそう。が海外支店を持つ会社なら外貨運用も考慮に入れるべき。運用先に中国人民元があれば輸出入商社勤務なら不可欠かと。
と、どういう仕事をしているかでも配分先が変わるのです。
勿論自社株はペケ。そちらは確定拠出年金では無くて社員持株会で扱うべきだからです。
    • good
    • 0

給料から毎月一定額が確定拠出年金に振り分けられるんですね。

そしてその振り分け金額を、投資するわけです。何に投資するか、決定しないとなりませんね。

現金に投資する人もいます。「現金に投資」というのは、要するに銀行預金と同じ要領です。全額を株に入れる人もいます。債権と株を半分ずつにする人もいます。22歳という事ですから、年金を使うのは相当先の話です。ですから、100%を株で良いのではないでしょうか。今60歳で5年後に年金を引き出す予定の人なら、いつでも引き出せるように、現金比率を増やしておくのも一つの作戦です。

なお、信託手数料が年間で何%なのか、事前に確認しましょう。1%以下にしたいです。ちなみに小生が前回に書き込んだポートフォリオ全体の手数料は、0.6%です。
    • good
    • 1

定期というのは、現金保有のことですか?ようするにMMF(マネーマーケットファンド)?



現金より、株の方が良いですよ。現金ではインフレに対応できない。金利がついても、インフレ率の方が高いので、購買力はドンドン弱くなる。現金が一番安全に見えて、実は一番危険です。

それに22歳とお若い。たとえ今、株価が急落しても、解約せずに放置しておけば良いのです。いま直ぐに使うお金ではないのですから。株価は長い目で見たら、右肩上がりです。

ちなみに、小生の確定拠出年金のポートフォリオは、商品別では株72・債権10・不動産8・貴金属10です。現金はゼロ。地域別では欧州24・米国37・日本5・その他発展途上34です。

お薦めの本はチャールズエリス「敗者のゲーム」です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます(^^)
現金保有って形なんですかね?会社の給料から貯蓄される金額を確定拠出年金にあてる形なのですが・・・そんな詳しくなくてすいません^^;
日本の株はこの先右肩上がりなのですか?^^
だとしたらいいですね♪
他にも定期預金以外に,みずほ信託銀行マイブレンド株式50か70での配分に迷っていましたが70のほうがよさそうでしょうか^^

お礼日時:2012/04/18 20:04

対応というのは、金利が上がったら反映されやすいし、他の商品にスイッチングするというのも対応のひとつです。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど!スイッチングしやすいということですね.
ありがとうございました(^^)

お礼日時:2012/04/15 15:08

メリット


定期預金なので元本保証です。

デメリット
現状は、超低金利ですので、ちっともお金が増えません。

どれが一番良いのか
1年定期にしておけば、金利が上がってきたときに対応できるでしょう。

この回答への補足

ありがとうございます!
対応とはどのような対応でしょうか?(^^)

補足日時:2012/04/14 16:54
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q確定拠出年金商品の選び方

こういった分野で頼れる人が回りにいないので、こちらで相談させていただきました。

30代女性です。
結婚の予定無し、親に資産があるわけでもなく、
基本的に老後頼れるのは自分だけ、と思っています。

3年前から働いている会社の退職金制度が変わり、
確定拠出年金の商品を選ばなくてはならなくなりました。
慎重に商品を選びたい、と思い、色々調べてみたのですが、
一体何を何%ずつ選んだらいいのか、途方にくれている状態です。

【選べる商品】
DC大和日本株式インデックス
三井住友・DC年金日本債権インデックス・ファンド
DIAM外国株式インデックス
DIAM外国債券インデックス
DC・ダイワ・バリュー株・オープン(DC底力)
大和住銀DC日本バリュー株ファンド
フィデリティ・日本成長株・ファンド
シュローダー日本ファンド(確定拠出年金向け)
DCニッセイ/パトナム・グローバル・コア株式
大和住銀DC外国株式ファンド
明治ドレスナーDC外国債券(DC夢実現)
シュローダーDCアクティブ外国債券
ろうきん確定拠出年金定期預金(スーパー型)
すみしんDC変動定期5年
三井住友会場・積立障害保険(5年)
東京海上日動のねんきん博士・10年

図々しいお願いで恐縮ですが、お詳しい方のお知恵を拝借できると助かります。
よろしくお願いいたします。

こういった分野で頼れる人が回りにいないので、こちらで相談させていただきました。

30代女性です。
結婚の予定無し、親に資産があるわけでもなく、
基本的に老後頼れるのは自分だけ、と思っています。

3年前から働いている会社の退職金制度が変わり、
確定拠出年金の商品を選ばなくてはならなくなりました。
慎重に商品を選びたい、と思い、色々調べてみたのですが、
一体何を何%ずつ選んだらいいのか、途方にくれている状態です。

【選べる商品】
DC大和日本株式インデックス
三井住友・DC年金...続きを読む

Aベストアンサー

まず今付けられている家計簿から老後必要となる資金を算出してみましょう。持ち家の有無、御住まいの地域でも大きく変わります。老後月に幾ら必要か?老後に入る生命保険(医療含む)は幾らぐらいの掛け金になるか?も大事です。
出てきた数字に平均寿命を掛けます。危険率を20%ぐらいと設定して120%掛けます。
出てきた数字が老後必要な金額です。まずはこれを出さなければ話が始まりません。

次に以下の概算を出します。

1.公的年金の額
2.自身の貯蓄に対する考え方、実行力を加味した貯金残高
3.個人年金等の額

これらを減算して出てきた額が必要な企業年金の額です。

(通常は1公的年金、2企業年金を算出して残りを個人年金、貯蓄で補うのですがね・・・)

次に企業年金を最低利息で積み立てた場合の退職時金額を算出します。最初に求めた老後資金を上回っていれば、貯蓄型の運用でよいでしょう。

若干足りないようであればリスクの高い運用益の高い商品を探すことになります。

全然足りないのであれば貯蓄、個人年金、生活を見直しましょう。

考え方の一例ですが、企業年金をどう決めていいかわからない方の多くは生涯設計を一度もしたことがない方の様です。この機会に詳細な金額を試算してみてはいかがでしょうか?

まず今付けられている家計簿から老後必要となる資金を算出してみましょう。持ち家の有無、御住まいの地域でも大きく変わります。老後月に幾ら必要か?老後に入る生命保険(医療含む)は幾らぐらいの掛け金になるか?も大事です。
出てきた数字に平均寿命を掛けます。危険率を20%ぐらいと設定して120%掛けます。
出てきた数字が老後必要な金額です。まずはこれを出さなければ話が始まりません。

次に以下の概算を出します。

1.公的年金の額
2.自身の貯蓄に対する考え方、実行力を加味した貯金...続きを読む


人気Q&Aランキング