『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜこれほど人々を魅了するのか

1.当初オーディションでは一人だけがデビューできる予定だったのが、最後に残った二人が甲乙つけがたく、けっきょく二人組でデビューさせることになったというのは本当なんでしょうか?また「CHEMISTRY」という名前は、そのオーディション番組での公募で決まったんでしょうか?
2.いつも右側(視聴者側から見て)で歌ってる川畑要は、両腕にタトゥーを施してるみたいなんですが、どういった理由があってのことなんでしょうか、またどんな(何を意味する)デザインなんでしょうか?
3.これまでの彼らの曲の中で、彼らが作詞または作曲した曲ってあるんでしょうか?

以上いっぱいありすぎて申し訳ないんですが、この中の一つだけでもいいんで、この僕の疑問について「…だと思う」といった回答でもいいんで教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

1、だけ解かります。


男子ボーカリスト募集で何人か残り最終5人残ったのですが、「今音楽界に無いあいている場所を埋める歌手を作る」ということでR&Bのデュオがいない(フォ―ク系は多いが)ということで、#2のかたが書かれているように
なったのです。
いま「エグザイル」のアツシさんはソロのほうが向いている(上手すぎる)ということで落とされたのでした。
名前も#2のかたの通りで「化学反応」をおこす。ということです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました

お礼日時:2004/01/04 21:26

3だけ。



『Now or Never』
(鉄腕アトムのオープニング)は、
作詞m-flo&CHEMISTRYとなっていました。

それと、
『Bright Lights』
これはお二人で作詞したようです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました

お礼日時:2004/01/06 17:53

1と3だけ。


1→最初は1人だったのが2人になったかどうかはわからないのですが、オーディションの最終段階では、現在のケミストリーである「川畑・堂珍」組と、「ネスミス(STEEL)・藤岡」組と「堂珍・ネスミス」組という3組で「最後の夜」という全く同じ曲を発売して、プレデビューのような形を取ってますので最後に残った2人を1人に絞れず・・・ということではなかったと思います。
(結局この3組で一番売上が多かった「川畑・堂珍」がケミストリーとしてデビュー)
あと、名前は公募ではなくプロデューサーの松尾氏が決めたものだと記憶しています。
3→あったと思いますよ。共作もあったはずです。その辺りはもっと詳しいケミファンの方から回答があるかと思いますので(^^;

さわりだけ回答させて頂きました。
失礼しますm(__)m
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございました

お礼日時:2004/01/04 18:55

1.デビューはオーディションをやってるときから(番組の企画をやってるときから)2人って決まってたと思います。

もしかしたら1人が2人になったかもです。CHEMISTRYという名前は公募ではないですよ。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございました

お礼日時:2004/01/04 18:56

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング