『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜこれほど人々を魅了するのか

-------------------- CDデビューから水着披露まで、どう見てもタレントさながらの活動を行なってきた丸山。バラエティにも多数出演していたが、ホリプロと交わした契約はあくまでも「サッカー第一」でのマネジメント。ところがなでしこブームも比較的落ち着いた現在、本人はオファーや露出が減ったことに不満を覚えているという。--------------------
http://megalodon.jp/2012-0414-1705-03/news.infos …

W杯とその後のTV出演をちょこちょこ見たぐらいでしか私は知らないのですが、この丸山選手というのは、サッカー界ではかなりの実績を誇る、凄い選手なのでしょうか?
また、タレントとしてTVや世間から需要を求められている方なのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

こんばんは。

ちょっと回答がずれていたらすいません。ホリプロと契約した理由はここだと思います。
1、個人でスケジュール管理が出来なくなり、誰かに相談したら、スポーツ選手のマネジメントが出来る
ホリプロを紹介された。(恐らくホリプロのスポーツ部門の誰か?)
2、「事務所自体に所属した方がいいよ。」と言われた。事務所に所属するとギャラが高くなるので
仕事が減るその事に気づいて居ないか、勘違いしているか。
3、ホリプロ自体が「優香」「綾瀬はるか」「和田アキ子」以外の目先のお金にくらんでとりあえず。
その理由の1つに自社の劇場を持っているのですがここが赤字を出している。さらには
2008年1株1279円だったのが2011年には1株686円に下がりました。
株数が1400万株以上なので1株当たりー593円X1400万株=83億円以上の評価損が
ある。でも利益は出ているので配当を出さないといけない。民放4社が合計68万株を保有しており
2011年の株式配当は1株31円(山口百恵特需による)X68万株=2100万円。
全体の株式で行くと31円X1400万株=4億3400万円ほどの出費になり
会社のこの先を考えて上場廃止しました。
因みに、丸山と言ったら茂樹プロ(ゴルフ)しか思いつきませんし、丸山桂里奈って?って感じです。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング