ふと思ったのですが・・・・
人間がブラックホールに落ちたらどうなるのでしょう?
押しつぶされて死亡するのが早いですか?
それとも死亡する前に時間が止まって(究極に遅くなって)永久に生き続けるのでしょうか?
周りの超高温に耐える、とてつもなく頑丈な閉じられた宇宙船と一緒に加速して落ちていくものとします。

A 回答 (8件)

nanashisan の仰るように宇宙船に乗っている本人にとって時間は普通に経過しています。


外から見ている人にとって宇宙線がブラックホール表面で止まっているように見えるだけです。

したがって、あっという間に飲み込まれて死んでしまうでしょう。
(宇宙船の中の人にとっては)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます
なるほど。ブラックホールに落ちていく人には、その人の時間が流れているのですね。・・・・ということは、この現象を外から見ている人、つまり止まった宇宙船を見ている人にとっては、宇宙船と中の人はずーっと存在しているように見えるのでしょうか。・・・・・益々なぞが深まります(^^;)。

お礼日時:2001/05/11 08:34

お礼に書かれていることですが、


>これは重力が増すことによって物差しが縮む方向ですから
誤解をなさっているようです。
強力な重力源の近くでは物体は引き延ばされるのです。
これは物体の重力源に近い側と遠い側とで、作用する加速度に差違があるためです。この現象を「潮汐力」といいます。参考URLに詳しく説明されています。

 

参考URL:http://www.city.yokohama.jp/yhspot/ysc/tides.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます
難しく考えすぎていたようです(^^;)。

お礼日時:2001/05/11 13:58

死亡するのが早いと思います。

即死ですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます
即死ですか(^^;)。なんか現実感があります。

お礼日時:2001/05/11 08:54

回答ではないのですが、こんなマンガはご存知ですか?


「愛に時間を」/星野之宣
「2001夜物語 Vol.3 双葉社刊」所収
(ロバート・ハインラインに同名の小説がありますが別の話です)

ブラックホールに飲み込まれた男と、取り残された妻の話です。

宇宙飛行士である夫は、ある日作業中にブラックホールに捉えられてしまいます。
男は「内部の潮汐力によって、脱出は勿論、飲み込まれて1分と生きてはいないだろう」とうわさされます。
また残された妻は、彼女なりに残りの人生を一人で懸命に生きていきます。
時は過ぎて30年後、不治の病から「自分があと数週間の命」であることを知った妻は、夫の元同僚に頼み、かつて夫を飲み込んだブラックホールに向かいます。そして.....

ってなお話です。
ラストシーンは、TTakさんへの回答のひとつと言えると思います。なかなか泣かせます。

参考URL:http://bookweb.kinokuniya.co.jp/guest/cgi-bin/ws …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます
そんな書籍があるんですね。ブラックホールに飲み込まれた夫と残された妻・・・。何か読んでみたい気がします(^^)。どうなるんだろう・・・。

お礼日時:2001/05/11 08:42

ブラックホールの形については色々な説もありますが、メジャーなのは「ブラックホールはまたどこかのブラックホールと空間がつながっている」というもの。

いわゆるワームホールというものです。
たとえば例にある宇宙船がこのブラックホールに今落ちていったとしましょう。このブラックホールは御存じのとおり光さえも吸いこんでしまいます。なので、はた目にはホールの入り口で宇宙船がピタッと止まったように見えます。ではその中では何が起こっているのでしょう?
実はわからないんです。しかしそのような条件下で人が生きていくのはあまりにも無理がある話ですよね。空間を歪めてしまうような重力下ではモノの頑丈さなんて問題じゃないですから。なので「死亡してしまう」というのが有力だと思います。

余談ですが、このブラックホールとブラックホールとの間はトンネルのように空間がねじまがってつながっていると考えられています。その丁度中心には"特異点"と呼ばれる空間があるとされています。特異点では重力をはじめとする全ての力学が通用しない、いわゆる"無の空間"になっているという話があります。そこでは時間すらもありません。
時間がなければ(ものすごい不思議な現象ですが)光は届きません。生物も動けませんし、脳を伝うパルスも発生しないでしょう。
ここからはむちゃな作り話ですが、もし特異点に行ったとしても行動はできません。でも死ぬわけではないく、時間と一緒に止まった状態になるんだと思いますね。

このような物理に興味があるのでしたら、"Newton"という科学雑誌を手にとることをおすすめします。TTakさんのナゾを解くてがかりが、また新たなナゾの種と一緒にゴロゴロしているはずです。それでは
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます
"Newton"という雑誌はよく目にするのですが、中身を読む機会はほとんどありませんでした。こういう内容が取り扱われているとすれば、今後、毎月立ち読みしてみます(^^)。
> ホールの入り口で宇宙船がピタッと止まったように見えます。
以前、ブラックホールの解説本を買ったのですが、何せタイトルだけで買ったものですから、中身の物理式のオンパレードに狼狽してしまいました。以来、その本はなくしてしまったのですが(^^;)、唯一覚えているのがシュバルツシルト半径なる記述で、ホールの入り口というのはこの半径の外側近辺ということですね。

お礼日時:2001/05/11 01:06

残念ながら時間は止まりません。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
宇宙船に乗ってる本人の時間は止まらないんですね。

お礼日時:2001/05/11 08:52

時間すら止まるとされるブラックホールですよね。


まずは、時間が止まるなら、入った箇所から止まっていくわけだから、
ブラックホールの領域の濃いところでつぶされるのでしょう。

でも、実際は、ホワイトホールから出て行くものと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます
> 実際は、ホワイトホールから出て行くものと思います。
ホワイトホールというのは聞いたことがあります。ということはブラックホールに落ち込んだ人体は素粒子レベルまで破壊されて、ホワイトホールから吐き出され、宇宙のガスの一部になるということですね。

お礼日時:2001/05/11 00:55

潮汐力によって、落ちていくブラックホール側とその反対方向に引き延ばされます。

これに骨格・組織が絶えられなくなって死ぬと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます
なるほど、やはり時間の進行が遅くなるより早く、物体(人体)が破壊されるのですね。
> 落ちていくブラックホール側とその反対方向に引き延ばされます
これは重力が増すことによって物差しが縮む方向ですから、相対的に引き延ばされるということでしょうか?
天文学というより物理になるのかな・・・(^^;)。

お礼日時:2001/05/11 00:45

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qブラックホールは光ってるんでしょうか?

自分は素人です。

銀河の中心には大質量ブラックホールがあると言われていますよね。

いろんな銀河の画像を見ていたのですが、銀河の中心あたりって光っていませんか?

大質量ブラックホール(元恒星?)自体は光ってるわけじゃないですよね?

ブラックホールは活発に活動していると光るんでしょうか?
何か別のものが光っていて、ブラックホールはその中心にあるのでしょうか?

Aベストアンサー

 ブラックホール自体からとしては、ホーキング輻射という電磁波(可視光を含む)が発せられていますが、これはブラックホールの質量が大きいほど弱く、恒星から出来るブラックホールですと、あまりに弱すぎては観測できません。

 現実にブラックホール探しが行われ、その候補とされるものが幾つも見つかっていますが、これは主に目には見えないX線観測によります(私たちがよく見るブラックホール画像は、X線を可視化した画像補正があるでしょうね)。

 このX線は、ブラックホールが持つ降着円盤と宇宙ジェットから発せられています。どちらも非常に高温です。高温なほど出す電磁波の波長は短くなります。あまりにも高温だと、可視光を超えてしまい、目には見えなくなります。

 ブラックホールは強い重力があり、高速で回転しています。

 もしたとえば、ブラックホールが普通の恒星との連星で、ブラックホールの伴星(連星のもう一方の星)が赤色巨星であったりすると、赤色巨星からどんどん物質がブラックホールに流れ込んで行きます。

 その流れ込む物質は、ブラックホールの重力に引かれながら、さらにブラックホールの回転に合わせて、渦を作りながらブラックホールに落ち込んで行きます。

 それは、高密度・高圧になります。落ち込んでいく物質同士の衝突もあります。このため非常に高温になり、X線を発するようになります。

 また、渦巻きながら落ち込む物質が大量になると、あまりにも高圧になるため、ブラックホールに落ち込まずに、ブラックホールの自転軸の方向に激しく噴き出します。これが宇宙ジェットで、これも高温のため、X線を発しています。

 この二つのX線が観測され、そのもとになるものがブラックホールだと考えられているわけです。もちろん連星だけが、降着円盤や宇宙ジェットの条件ではありません。何であれ、ブラックホールに落ち込んでいく物質が大量にあればいいわけです。

 発せられるのが主にX線とはいえ、降着円盤も外側ほど、宇宙ジェットも離れて行くほど、低温になって行きます。そうすると、発する電磁波も、紫外線、可視光、赤外線、マイクロ波等の電波と、波長が長くなって行きます。

 こうしたものも、補助的に降着円盤や宇宙ジェットの観測に用いているでしょうね。

 ブラックホール自体からとしては、ホーキング輻射という電磁波(可視光を含む)が発せられていますが、これはブラックホールの質量が大きいほど弱く、恒星から出来るブラックホールですと、あまりに弱すぎては観測できません。

 現実にブラックホール探しが行われ、その候補とされるものが幾つも見つかっていますが、これは主に目には見えないX線観測によります(私たちがよく見るブラックホール画像は、X線を可視化した画像補正があるでしょうね)。

 このX線は、ブラックホールが持つ降着円盤と宇宙ジェッ...続きを読む

Q宇宙服はロケット打ち上げ時の加速度に耐えるために着ているのですか

宇宙ロケットを打ち上げると、宇宙飛行士は大きな加速度に耐えなければならないということですが、
宇宙飛行士が打ち上げ時に宇宙服を着ているのは、その大きな加速度に耐えるために着ているのですか。

Aベストアンサー

宇宙服には、船内用と船外用があります。
打ち上げ時に着ているのは船内用です。これは不測の事態による急減圧に備えるもので、加速度に耐えるものではないです。
アポロの頃などでは、打ち上げや大気圏突入時のほか、月着陸船などとのドッキング時にも着ていたそうです。
船内宇宙服、真空などには耐えますが、船外での強い放射線や低温、太陽の強い光に耐えられる構造にはなっていません。その分軽く、活動しやすくなっています。船外活動を行う時には、船外宇宙服を着ます。

なお、船内宇宙服は、ドッキングなど事故の危険性の高いときにのみ着ます。通常は着ません。作業服みたいな服装ですね。

Qブラックホールが誕生してから

最近ブラックホールについていろいろ調べています。
ブラックホールが誕生する仕組みについては何となく理解できたのですが、ブラックホールが誕生してその後、ブラックホールの質量は増え続けるのかそれとも収縮するのかがよくわかりません。
そして、最終的にブラックホールはどのようにして終わりを迎えるのでしょうか。爆発とか自然消滅とかを目にするのですが、まだよくわかっていないのですか?

Aベストアンサー

> ブラックホールが誕生してその後、ブラックホールの質量は増え続けるのかそれとも収縮するのかがよくわかりません。

ブラックホールにある質量の物質が吸い込まれると、ブラックホールの質量はその物質の分だけ増加します。また、ブラックホールに何も吸い込まれないと、ブラックホール輻射の分だけ質量は増加します。

> 最終的にブラックホールはどのようにして終わりを迎えるのでしょうか。

ホーキング博士のブラックホール理論によれば、最終的には全てのブラックホールはブラックホール輻射によってエネルギーを失い、蒸発することになっています。要するに、吸い込むことが出来る物質が周りにあるうちは、大きなブラックホールはどんどんと肥えていきますが、いずれ吸い込むものを全て吸い込んでしまうと、輻射によってエネルギーを失い始め、最終的には全てのエネルギーを絞り尽くして蒸発する、という訳です。

もっとも、巨大ブラックホールが蒸発するのは遙か先のこと(周りに吸い込むものがある限りブラックホールは成長していく)ですので、マイクロサイズのブラックホールを除けば、蒸発するというのは理論上のことと思っていても良さそうです。

> ブラックホールが誕生してその後、ブラックホールの質量は増え続けるのかそれとも収縮するのかがよくわかりません。

ブラックホールにある質量の物質が吸い込まれると、ブラックホールの質量はその物質の分だけ増加します。また、ブラックホールに何も吸い込まれないと、ブラックホール輻射の分だけ質量は増加します。

> 最終的にブラックホールはどのようにして終わりを迎えるのでしょうか。

ホーキング博士のブラックホール理論によれば、最終的には全てのブラックホールはブラックホール輻射によっ...続きを読む

Q円運動は加速と同じ?

宇宙ステーション等、地球等の天体の周回軌道上にある物は無重力状態になりますが、何故でしょうか。自由落下を行っている物体は無重力状態となりますよね。それは地球の引力が物体に下向きに加速させる力があるので、その力に逆らわない様にしている(落下している)物体は加速しており、引力がうち消され無重力になるのはわかります。落ちてこない人工衛星やスペースシャトル等は加速しているのでしょうか?円周上を等速で移動しているはずですが、円運動は何故「加速」と同じなんでしょうか?いまいちよくわかりません。暇なときに回答下さい。

Aベストアンサー

円運動が加速と同じであることについては、加速度の定義を思い出していただけたら明らかです。
「速度ベクトルの時間微分=加速度ベクトル」でしたね。
つまり速度ベクトルの大きさが変わらなくても、向きが変わるだけで加速度が生じたことになるのです。

で、ご存じのように円軌道は直線ではありません。つまり、円運動は常に速度ベクトルの向きが変わることになり、すなわち加速していることになります。

しかし、円運動では中心方向に加速されているのに、物体と円の中心の距離は常に一定ですね。この距離は、物体が円の接線方向へと飛び出そうとする慣性が、中心方向への加速度によってうち消すことによって、一定にされてます。これは、”円運動している座標”(回転座標系)から見ると物体は、見かけ上、力がかかっていないように見えることを意味します。

スペースシャトルで地球を回っている宇宙飛行士自体は、回転座標系にいるので自分が加速されてることを気づかないでしょうね(つまり無重力状態)。加速していると感じるのは、軌道を変えたときです。

Qホーキング放射でなぜブラックホールはエネルギーを失うのか?

物理素人です。

ホーキング放射は、ブラックホール事象の平面近くで対生成が生じた際、片方の粒子がブラックホールに落ち、もう片方が放射される(熱放射)、という理解をしています。この放射により、ブラックホールはエネルギーを失っていくと。

ここで生じる疑問が、なぜブラックホールの外に放射された熱が、ブラックホールのエネルギーとして放射されるのでしょうか?対生成はブラックホールのエネルギーで生じるのでしょうか?それとも、ブラックホールに落ちた粒子が負のエネルギー(あり得る?)として働くのでしょうか?

どなたかお詳しい方、どうかご教示お願いいたします。

Aベストアンサー

通常、エネルギーは正の値しか取れません。不確定性原理に反しない短い時間、真空からいわばエネルギーを借りて対生成が起き、対消滅によってエネルギーを返すわけです。それが、真空の安定性を保証し、勝手に物質が作られたり、消滅したりしないこの世の安定性を担保しています。

ブラックホールでは、事象の地平線で時間が止まり、時間方向の保存量であるエネルギーが、ブラックホール内でマイナスの値を取れるようになる。エネルギーがマイナスの値を取れれば、もはや対生成を起こすために真空から借りたエネルギーを返すために、地平線の外の物質と対消滅しなくても、エネルギー保存の法則が保たれる。結果、負のエネルギーにより、ブラックホール内部のエネルギーは減り、地平線外に残された粒子は正のエネルギーを得て、飛び出していく・・・。

Qふと、疑問に思ったのですが、

ふと、疑問に思ったのですが、

昼でも月が見える時がありますよね(´ω`)
っていうことは、日本の裏は夜なのに月が全く見えてないということなんでしょうか!?(´・ω・`)
よく頻繁に昼にも見る気がするのですが…


お時間がありましたら
ぜひ教えて頂きたいです!
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

いやほら、月って満月から三日月を経て新月になってまた三日月になって満月ってことを繰返しているじゃないですか。
で、新月はまったく昇ってこないし、三日月なんかも夜になったとたんにもう沈みかけてたり、朝方にやっと昇ってきたりしているわけです。
で、日本で夜見えていないズレた分は世界のどこかの昼に昇っているわけですよ。

Qブラックホールの温度を上げることができるか?

ブラックホールについて質問です。
ブラックホールはホーキング放射により質量に応じたエネルギーを発散しながら次第にエネルギーを失っていき、最後には消滅するとホーキングの本より読みました。

問い1:それでは何らかの外的要因でブラックホールの温度を上げることは可能でしょうか? 例えばブラックホール太陽クラスの星を取り込ませた場合、ブラックホール質量を上げてしまうため逆に放出される温度は下がると考えられます。
問い2:また、ブラックホールの消滅を早めることは可能でしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

> ブラックホールはホーキング放射により質量に応じたエネルギーを
> 発散しながら次第にエネルギーを失っていき、最後には消滅すると
> ホーキングの本より読みました。
ミニブラックホールの蒸発のことですよね。
確かその後の研究により、間違っているとの指摘があり、取り消されたとの記事を読んだ記憶もあるんですが・・・最近読んだ科学雑誌newtonにはブラックホールの消滅が載っていたから、一部変更だったのかな~。

それは置いといて、ホーキングが唱えたブラックホールの蒸発には、事象の地平線近くでの素粒子「対生成」が必要です。
http://www.geocities.co.jp/Playtown-Denei/1808/jouhatu.html
http://www.lares.dti.ne.jp/~s-miyabi/science/tales5.html

ですので、
問い1の方法は適用できないと考えます。
問い2は事象の地平線近くで素粒子の対生成が頻繁に発生するよう、粒子加速器(サイクロトロンやシンクロトロン)を設置する事できれば可能なのかもしれません。

> ブラックホールはホーキング放射により質量に応じたエネルギーを
> 発散しながら次第にエネルギーを失っていき、最後には消滅すると
> ホーキングの本より読みました。
ミニブラックホールの蒸発のことですよね。
確かその後の研究により、間違っているとの指摘があり、取り消されたとの記事を読んだ記憶もあるんですが・・・最近読んだ科学雑誌newtonにはブラックホールの消滅が載っていたから、一部変更だったのかな~。

それは置いといて、ホーキングが唱えたブラックホールの蒸発には、事象の...続きを読む

Qブラックホール

ミクロブラックホールという言葉を小耳にはさんで気になったことがあったので質問しました。もし手のひら大のブラックホールがあったとして、その小さなブラックホールに手を突っ込んだらどうなるのですか?ブラックホールより体のほうが大きくても吸い込まれてしまうんでしょうか?あほな質問でしたらすいません(笑)

Aベストアンサー

こちらも専門家ではないので、アホなこと書きますがお許し下さい。

ブラックホールには強大な重力があるため、(厳密には違うのですが)一定の範囲より内側[事象の地平線]に踏み込んだ物は外に出られず、ブラックホールの重力に引っ張られると共に物質は圧縮(重力の働きに偏重が有る場合には引伸ばし)されます。

ですので、ミニブラックホールであっても、体の一部が一定範囲(それが1kmなのか1mmなのは知りません)より内側に入った途端に引きずり込まれ、引きずり込まれた体は多分即時にバラバラと為るか押しつぶされる物と考えます。

Qブラックホールの弱点はないのでしょうか?

ブラックホールの弱点はないのでしょうか?

全てを飲み込むとされているブラックホールについてなのですが、
ブラックホールで吸い込めないものはあるのでしょうか?またブラックホールに吸い込まれたものが
再び戻ってくるといったことは今までに1度もないのでしょうか?
また実際にブラックホールにはどのくらいの距離から吸い込まれてしまうのでしょうか?
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

>ブラックホールで吸い込めないものはあるのでしょうか?

 ブラックホールも離れた所から見ると、同じ質量(重さ)の普通の星と、重力の強さは同じです。
 ですから、ブラックホールに近づく軌道を採らない物体は吸い込まれる事はありません。


>ブラックホールに吸い込まれたものが
再び戻ってくるといったことは今までに1度もないのでしょうか?

 理論的には、ブラックホールに吸い込まれたものを吐き出す、ホワイトホールという時空の穴が存在すると言われる事もありますが、現実にはブラックホールと考えられる天体が多数見つかっているのに対して、ホワイトホールらしきものが発見された事はありませんし、ホワイトホールは実在しないとする説もあります。
 尚、もし、ホワイトホールが実在したとしても、ブラックホールに吸い込まれた宇宙船等がそのままの形で、ホワイトホールから出て来る訳では無く、宇宙船等を構成していた素粒子が、バラバラとなって出て来る可能性が高いと思います。

【参考URL】
 ホワイトホール - Wikipedia  http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9B%E3%83%AF%E3%82%A4%E3%83%88%E3%83%9B%E3%83%BC%E3%83%AB

 回転するブラックホールの周囲にある、エルゴ領域と呼ばれる領域であれば、入った後に出て来る事も可能と考えられています。
 尤も、厳密にはブラックホールに吸い込まれたとは言えませんし、普通サイズのブラックホールの場合は、エルゴ領域まで近づいた物体は、素粒子レベルまでバラバラにされてしまうと考えられています。

【参考URL】
 エルゴ球 - Wikipedia
  http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A8%E3%83%AB%E3%82%B4%E7%90%83

 ブラックホールから素粒子が出て来る様に見えるホーキング放射と呼ばれる現象が存在すると理論的には考えられています。
 これは厳密には、吸い込まれたものが出て来る訳では無く、ブラックホールのすぐ外で、ブラックホールの超強力な重力によって生み出された素粒子(の一部)が、ブラックホールから離れる方向に飛び出したものです。
 しかし、その素粒子を生み出すためのエネルギー源はブラックホールの質量であり、素粒子を生み出すために消費されたエネルギーの分、ブラックホールの質量は軽くなります。
 ブラックホールの質量は、ブラックホールに吸い込まれたものの質量が元になっていますから、エネルギー的に見ますと、ブラックホールに吸い込まれたものが出て来たと見做す事も出来るかも知れません。

【参考URL】
 ホーキング放射 - Wikipedia
  http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9B%E3%83%BC%E3%82%AD%E3%83%B3%E3%82%B0%E8%BC%BB%E5%B0%84

>ブラックホールで吸い込めないものはあるのでしょうか?

 ブラックホールも離れた所から見ると、同じ質量(重さ)の普通の星と、重力の強さは同じです。
 ですから、ブラックホールに近づく軌道を採らない物体は吸い込まれる事はありません。


>ブラックホールに吸い込まれたものが
再び戻ってくるといったことは今までに1度もないのでしょうか?

 理論的には、ブラックホールに吸い込まれたものを吐き出す、ホワイトホールという時空の穴が存在すると言われる事もありますが、現実にはブラック...続きを読む

Qブラックホールについて

地球上でブラックホールを発生させるには、どうすれば良いでしょうか。
一度発生したら、止められない気がするのですが……。

また、ブラックホールの消滅プロセスについても説明頂けると有り難いです。

Aベストアンサー

ブラックホールはその空間が重力崩壊に至った状態ですから、簡単に言えば、ある物体が自分自身にかかる圧力(重力)に耐えれなくなった時を言います。地球を例に上げると、地球を極限まで小さくしていくと大きさが10mmほどになった時点でブラックホールに変わります。

ブラックホールの消滅については、電磁波のようなものをエネルギーとして放出するようで、大きいものだと現在の宇宙の年齢よりはるかにかかり消滅とは言いがたいですが、マイクロブラックホールのような陽子程度の質量であれば、すぐに消滅するようです。

ですが、理論上の話で実際目の当たりにしたわけではありませんし、どうなるかは結果次第ですね。というか理論が間違っていたら私たち人類終わってしまいますが(汗)


人気Q&Aランキング