東大寺と東大寺南大門ってどこが
違うんですか??それと、この二つ
はいつ立てられたか教えてください。。
お願いします。。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (9件)

ぅわッ!失礼しました~!



♯6の、
>最古の木造建築ですね。

ではなく、「校倉造の木造建築」です!!

ちなみに最古の木造建築は法隆寺ですね。

注意力散漫でした。大変申し訳ございません。m(_ _)m
    • good
    • 1

「華厳」の意味は蓮華を指すのでもなく、放射状の力の作用を意味するものでもありません。

華厳経にもとづくこの言葉は梵語ではgandavyuhaの訳語である「雑華厳飾(そうけごんしき)」とか「雑華厳浄(ぞうけごんじょう)」を短く言い習わしたものです。その意味は「種々さまざまな華で(仏の世界を)飾りあげる」というような意味で、もちろんこれは華厳経に説く「重々無尽」、つまり世界すべてのものが関わりをもって存在する、という法界縁起を一言で表したものです。

従って、少なくともこの華厳という言葉を中央集権の象徴の如く語ることも同じく誤りです。そもそも東大寺が総国分寺などと言われるようになるのは天平よりずっと後のはなしですし、東大寺が諸国の国分寺の要であるという程度の認識はあったとしても、全体を監督統括するような組織上のつながりは全くありません。せいぜいが学問のうえの人的交流程度でしょう。
地方の国分寺は国司が造営したことをみれば東大寺の国家的造営は確かに特別扱いですが、これをもって中央集権の表れとみることは早計でしょう。

もっと言えば、よく知られているように本来の大仏造営の詔は近江の紫香楽宮の近辺を意図したもので、結果的に大和国分寺の地に移った経緯があります。つまり国分寺建立と大仏造営はもともと一体の事業ではないのです。大体、国分寺の事業は国家鎮護の経典であった「金光明最勝経」の思想によるものですし、「華厳経」による大仏造営とは本来別々のプロジェクトです。要は華厳と中央集権はどこまでも相容れない内容だということです。

また開眼法要の導師を行基が行ったかのように書かれているのもいかがでしょうか。導師はインドから招かれたボーディセンナで、行基は勧進僧として恐らく意に反してかつぎ出された存在であったからです。

以上、質問者氏には失礼致しました
    • good
    • 0
この回答へのお礼

やっとわかりました。。
皆さん本当にありがとうございました。。
感謝しています。。

お礼日時:2004/01/05 23:54

言葉が足りなくて申し訳ありません。



「文化的に言うと、東大寺は再建されているけれど、創建が聖武天皇の時代なので天平文化、南大門は鎌倉時代の物が残っているので鎌倉文化」という事を書きたかったのですよ。

質問者に誤解を与えるような書き方をしてしまったことを反省します。
    • good
    • 0

 おっと!言い忘れた。

正倉院だけは奈良時代の建物です。これだけは難を逃れて生き残りました。
 最古の木造建築ですね。

参考URL:http://www1.kcn.ne.jp/~joykun/
    • good
    • 0

♯3です。



♯4さん、ご指名ありがとうございます。でも、

>東大寺は奈良時代に建てられた(天平文化)
南大門は鎌倉時代に再建された(鎌倉文化)

>東大寺は聖武天皇によって、
奈良時代に立てられ、のちに、
鎌倉時代に正門として東大寺南大門が
立てられたってことですか??

というのは違うんです。大変失礼なんですけど、訂正させてください。

 東大寺は、♯3の参考URLで見て頂くと分かるように、大仏殿や他の建物、もちろん南大門も含んで「東大寺」という一つのお寺なんです。
大仏殿は天平勝宝四年に完成、開眼供養が行われています。南大門は少し遅れたようで、天平宝字元年(757)に完成しました。どうして出来上がる年が違うかというと、東大寺はとても広くてたくさんの建物があるからです。現在よりも当時はさらに敷地が広かったくらいです。そういうわけで建物を作っていくうちに、どうしても完成年にズレが出てしまうんです。大仏殿は、東大寺の中核ともなる建物です。なので、大仏殿の完成で、一応ひと段落、落成会を行って、「東大寺」は完成したことになります。
 南大門自体は、お寺の一部に過ぎませんから、あまり分けて考える必要はありません。東大寺の完成は天平勝宝四年。これでOKです。南大門は完成していなくたってお寺としては機能するので、五年ばかり遅れて完成させた、というわけなのです。

 この奈良(天平)時代に建てられた東大寺の建物は、治承四(1180)年の南都焼き討ちでほぼ全滅した、と考えてください。大仏殿も、南大門も、ほとんどがこの事件の後で再建されました。つまり、聖武天皇時代に建てられた建物は今は殆ど残っていないんです。大仏殿も南大門も、ほぼ全て鎌倉期に新たに作り直されたんです。 せっかく作り直したのに、また後世になって災害に合い、江戸時代、そして現在に至るまで何度も修復されています。
 
 繰り返しますが、要するに創建されたのは聖武・孝謙天皇の治世である奈良時代ですが、建物(南大門も含む)自体はほとんどが鎌倉時代の再建、ということです。分かりにくいようでしたら、再度ご質問ください。
    • good
    • 0

 すごく簡単に言うと、


東大寺は奈良時代に建てられた(天平文化)
南大門は鎌倉時代に再建された(鎌倉文化)
ということです。

 詳しくは、No.3の方を参考にして下さい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

みなさん返信ありがとうございました。。
つまり、東大寺は聖武天皇によって、
奈良時代に立てられ、のちに、
鎌倉時代に正門として東大寺南大門が
立てられたってことですか??
違ってたら訂正してください。

お礼日時:2004/01/05 02:32

 東大寺南大門というのは、門です。

東大寺の玄関みたいなものですね。そこに現在あるのが、有名な運慶・快慶によって作られた『金剛力士像』です。お寺には、色々な建物があって、全部併せて一つのお寺です。参考URLをご参照下さい。
 
 東大寺というのは、天平十五(743)年に聖武天皇によって大仏造像の詔が出され、天平勝宝4(752)年に大仏開眼供養がなされました。これが一応の東大寺の完成期です。開眼供養とは、あの大仏さんも完成した落成記念会みたいなものです。聖武と奥さんの光明皇后、娘の孝謙天皇、僧一万人が参列するなか、行基という坊さんによってこの儀式が行われました。
  
 東大寺は、仏教の中でも華厳宗という宗派(学派)です。『華厳』の意味は華、特に蓮華を指すのですが、花弁のように中心から放射状に力が作用する意味をもちます。奈良時代の律令制の中央集権体制のシステムを象徴するように、国家宗教として機能しました。全国に国分寺・国分尼寺がありますが、これは東大寺を中心として統率する意図がありました。
 東大寺の中には校倉造の正倉院がありますが、中に収納されているのは聖武天皇の遺品です。1250年以上も昔のものが、大事にされています。

 ところで、東大寺が創建されたのは天平勝宝四年で間違いないのですが、治承四(1180)年に平重衡の率いる平氏軍による南都焼き討ちによって大破してしまいました。それで鎌倉時代に重源という坊さんによって再興されましたが、以後も災難に合い、何度も再建・修復されています。建物自体は鎌倉初期の再建である法華堂を最古として、ほとんどが鎌倉から江戸期のものです。
 あの大仏さんも、聖武天皇時代の当初の部分は台座の一部くらいで、ほぼ江戸期に作られてます。

参考URL:http://www1.sphere.ne.jp/naracity/j/daibutu/w_bu …
    • good
    • 0

 東大寺は聖武天皇の皇太子基親王の菩提を弔うために、728年に建てられた金鐘山寺が、741年に国分二寺・法華寺建立の詔が発せられたのに伴い、昇格してなった大和国金光明寺を前身としています。



 東大寺はいくつかの戦乱に巻き込まれ焼失しますが、そのうち、1180年の平家により南都焼き討ちが行われ、鎌倉時代に入って復興事業が開始され、1199年に完成したのが現在の南大門です。
    • good
    • 0

東大寺は大仏殿を中心とした伽藍(寺の建物)によって構成されており、南大門はその一つです。


東大寺は752年に大仏殿が完成、南大門は757年に完成しています。
詳しくは下記ページなどを参照してください。

http://www.tabiken.com/history/doc/M/M383C100.HTM
http://www.tabiken.com/history/doc/M/M378C100.HTM
http://www.todaiji.or.jp/
http://www.todaiji.or.jp/index/index-annai.html

参考URL:http://www.tabiken.com/history/doc/M/M383C100.HTM,http://www.todaiji.or.jp/index/index-annai.html
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q京都 桜が描かれている御朱印帳を教えて下さい

今週末に京都へ行きます。
その時に新しい御朱印帳を購入する予定なのですが、
桜の時期なので桜が描かれている御朱印帳が欲しいなと思っています。
仁和寺の御朱印帳には桜が描かれているようなのですが
今回は仁和寺には行かないので、
他の寺社でこのような御朱印帳がありましたらぜひ教えて下さい。

Aベストアンサー

桜で有名な平野神社の御朱印帳は桜模様だそうです。
「平野神社 御朱印帳」で検索してみて下さい。
ピンクと水色の2種類があるそうです。

Q中国の鉄道はいつ誰がどこからどこに通したのが最初?

現在東洋史関連の研究をしています。海運などはこれまでに少し勉強しましたが、鉄道に関しては全く分かりません。日本であれば、新橋横浜間に通ったのが最初だとかいろいろ分かるのですが、中国に関しては、19世紀末としか分かりません。
誰がどこにいつ通したのが最初か教えてください。また、中国近代鉄道史?が分かる本がありましたら教えてください。

Aベストアンサー

明治9年の呉淞鉄道です。
あのマンダリンオリエンタルホテルグループの親会社でもあるJardine Matheson 商店がつくりました。
江蘇省松江府上海県の北、むかしの上海北駅のあったところから、同省太倉州宝山県の南、呉淞鎮までを結んだものです。

Q御朱印帳について

僕は毎年、伊勢神宮へ参拝しに行っており、最近になって御朱印帳を集めてみるのいいかなと思うようになりました。
ですが、御朱印帳の知識が全くありません。
楽天市場などネット通販などでもいろんなデザインの御朱印帳が販売されていますが、本来、御朱印帳はどこで購入するべきものなのでしょうか?
それにブック式と蛇腹式の2種類ありますが、どちらを選ぶべきでしょうか?
使い勝手や、もらった御朱印の整理のし易さなどはブック式の方が良いと思いますが…。

Aベストアンサー

大きな神社で購入してスタートしたら良いかと。
始めた時の記念にもなるでしょうし。
http://gathery.recruit-lifestyle.co.jp/article/1143118407199170601/page_4#auto

Q奈良・東大寺三月堂の不空羂索観音宝冠盗難事件について。

奈良・東大寺三月堂の不空羂索観音宝冠盗難事件について調べていますが詳しい資料が見つかりません。

ググってみたところ

(1)昭和12年2月12日に盗難にあった。(お水取りのとき、というので旧暦だと思われる)
(2)お水取りのどさくさに紛れて泥棒が空羂索観音にはしごをかけて
宝石をとった。(盗難にあったのは宝冠そのものだったのでは?)
(3)古物商の機転で宝冠は三月堂に戻された。
(4)宝冠に大きな緑色のルビー(ルビーは赤ではなかったか?)がついていたが紛失していた。

などの記事が見つかりました。
しかし、括弧内に記したような疑問点もあります。

東大寺三月堂の不空羂索観音宝冠盗難事件について、詳細をご存知の方、いらっしゃいましたら教えて下さい。

また詳しく説明されたサイトなどがありましたら紹介していただきたいです。

よろしくお願いします!

Aベストアンサー

こんばんは

参考になる本のことが書いてありますが
http://blog.goo.ne.jp/narasannjou/m/200612

http://www.bunkaken.net/index.files/raisan/shodana/shodana95.htm

Q(御朱印帳が原因で)御朱印をいただけない寺社?

これまでは集印というほど明確に考えず、
時々旅先で書置きや半紙への御朱印をいただいたりしていました。
いい年齢になってきたので、整理も兼ね、今後は御朱印帳にいただこうと思います。

私自身は、歴史上長い神仏習合の考え方を肯定していますので、
御朱印帳をお寺と神社で分けなくてよいのではないかと思います。
(実家の神棚と仏壇も“仲良く”居てくださってると信じていますので)
興福寺と春日大社など、縁ある寺社をあえて続けて詣でるのも
楽しみ方のひとつではないかと考えております。

ただ、「厳格な寺社では御朱印帳が混在だと書いていただけない」と聞いたこともあります。
実際にその理由で断られた方はおありでしょうか?

泉岳寺のように、恐らく事情があって御朱印帳にのみ書かれる寺社もありましょうが、
知らずに寺社混在の御朱印帳を差し出して断られるのは避けたいなぁ、と思います。
また、そういう寺社は半紙に書いていただけるものでしょうか?

さらに余談ですが…
仏式葬儀のお棺に、神社の御朱印が混ざった御朱印帳が入ったら、
神様や仏様に失礼なのでしょうか…
神社分だけ切り取って入れる? それも失礼な気がします。
葬式仏教自体、色々ギモンもあり? 気持ち次第ではマズイのかしらん、と思うのですが。

みなさんのお知恵を拝借できれば幸いです。

これまでは集印というほど明確に考えず、
時々旅先で書置きや半紙への御朱印をいただいたりしていました。
いい年齢になってきたので、整理も兼ね、今後は御朱印帳にいただこうと思います。

私自身は、歴史上長い神仏習合の考え方を肯定していますので、
御朱印帳をお寺と神社で分けなくてよいのではないかと思います。
(実家の神棚と仏壇も“仲良く”居てくださってると信じていますので)
興福寺と春日大社など、縁ある寺社をあえて続けて詣でるのも
楽しみ方のひとつではないかと考えております。

ただ、「厳...続きを読む

Aベストアンサー

私も断わられたことはないのですが。

想像するに、「厳格な寺社」というのは、自分の宗派しか認めず他宗派を排斥・攻撃するような宗派(具体的な宗派名は言いませんが)の寺社なのでは?

仏教の宗派の多くは他宗派に対して寛容ですし、神社で御朱印を書いてくださるのは神仏習合の名残でしょうから、そう無下に断わるということもないと思います。

個人的には、神さまだ仏さまだと区別せず、「有り難い」と感じるものを敬うのが日本人の特性なのだと思っていますので、御朱印帳に混ざっていても、お棺に入れても、何の問題もないと思います。
それをあーだこーだと説教するお寺さんがいるのだとしたら、「もう一回、修行しなおしてこい」と言いたくなります。

Q「西洋文化には二つの原点がある。それは聖書(キリスト教)とヘレニズム(

「西洋文化には二つの原点がある。それは聖書(キリスト教)とヘレニズム(ギリシャ・ローマ)だ」と聞いたことがあります。

では、日本文化の原点は何なのだろうと考えてみましたが、これといって明確なものが思い浮かびません。
西洋文化のように宗教を取って考えてみても、日本は宗教色が薄い気がしますし・・・
日本文化にも原点みたいなものがあるのでしょうか?

Aベストアンサー

 
 沿革 ~ 記紀万葉(ききまんにょう)~
 
 日本文化にも二つの原点がある。それは「記紀」と「万葉」だ。
 万葉は「沿=自然」を、記紀は「革=歴史」を伝えている。
 ともに、現代に至るまで継続している点で、諸外国に類を見ない。
 
 ↑
 
── 【記紀】古事記と日本書紀。
── 【古事記】稗田阿礼が誦習し、元明天皇の命で太安万侶が文章に
記録し、和銅5年(712)に献進された。
 
── 【日本書紀】最初の勅撰正史。30巻。舎人親王らの編。養老4年
(720)成立。神代から持統天皇までを漢文の編年体で記した。
 
── 【万葉集】奈良時代の歌集。20巻(略)歌数4500余首。天平宝字
三年(759)大伴家持の歌まで約400年にわたる全国各地、各階層の人の
歌が収められる。
 
── 沿革;「沿」は前に因って変わらない、「革」は旧を改め新しく
する意。物事の移り変わり。今日までの歴史。変遷。── 大辞泉
 
 ↓
 
 日本人の美意識
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/4864108.html (No.3)
 日本文化の定型 ~ 七五調・序破急・起承転結 ~
 
 もののあはれ
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/4478342.html (No.1)
 感情移入 ~ 古代の科学から中世の詠嘆へ ~
 

 
 沿革 ~ 記紀万葉(ききまんにょう)~
 
 日本文化にも二つの原点がある。それは「記紀」と「万葉」だ。
 万葉は「沿=自然」を、記紀は「革=歴史」を伝えている。
 ともに、現代に至るまで継続している点で、諸外国に類を見ない。
 
 ↑
 
── 【記紀】古事記と日本書紀。
── 【古事記】稗田阿礼が誦習し、元明天皇の命で太安万侶が文章に
記録し、和銅5年(712)に献進された。
 
── 【日本書紀】最初の勅撰正史。30巻。舎人親王らの編。養老4年
(720)成立。神代から持統天皇までを漢文の編...続きを読む

Q御朱印帳の使い方について

駅スタンプを集めるのが趣味なのですが、最近御朱印帳というものを知りました。
今後御朱印帳にスタンプを押していこうと思うのですが神社に参拝したさい、駅スタンプを押してある御朱帳に御朱印を書いてもらうことは可能なのでしょうか?
失礼に当たることになるならやめようと思います。
ご回答宜しくお願いします。

Aベストアンサー

厳密に云うと失礼に当たります。

御朱印帳には特に仏閣ではその仏閣の御本尊様のお名前を記入いただき、本尊様の印を頂きます。

この御朱印は信仰の篤い方々には「あり難いもの」と認識されておりますので

神社、仏閣に関しては、その他のスタンプがある場合、御朱印頂けない事も無いとは言い切れません。

やはり、駅スタンプと御朱印は別になさることをお勧め致します。

ご参考まで

Q【竹田城跡の雲海って姫路の北にあるんですね】竹田城跡の雲海は1年のうちいつ見れるんでしょうか? 姫

【竹田城跡の雲海って姫路の北にあるんですね】竹田城跡の雲海は1年のうちいつ見れるんでしょうか?

姫路から何時間で着きますか?

いま雲海が見える季節ですか?

Aベストアンサー

9月下旬から12月上旬です。
しかし常に見られるというものでもなく、気象条件が良くなければ雲海は出ません。
http://find-travel.jp/article/1073

Q御朱印帳を持って神社に出かけるとは

こんにちは、ある方が「休日の日には御朱印帳を持って神社に出かける」と言っておりましたが、この御朱印帳とは一体何でしょうか?

Aベストアンサー

白紙を綴った冊子を持参して、神社を参詣した記念もしくは証に、神社に用意されてる大型の印を神職に押印してもらうのが御朱印(多くは朱色で押印される)、
神職が達筆で神社名などを書き添えて下さるところも在ります、
其れを数多く押印された物が御朱印帖、

今も、コレクション的に集めるのを楽しみに巡る方が多いようです。

Q鑑真は東大寺を追われましたか?

下記サイトによれば、鑑真は東大寺を追われ、唐招提寺も私寺だったとされています。
http://kajipon.sakura.ne.jp/kt/haka-topic25.html
758年、鑑真は大僧都を解任され東大寺を追われた。
「鑑真は私寺となる『唐招提寺』を開き戒壇を造る。
「この非公式な戒壇で授戒を受けても、国からは正規の僧とは見なされなかった

これは本当のことでしょうか?
鑑真は朝廷からけむたがられていたのでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

鑑真が、東大寺を追放になったのは事実です。
当時、民は重税に苦しんでいました。
ところが、僧侶は「税金免除」となるため誰もが税金逃れのために「僧侶」となったのです。
当然、彼らは「名ばかりの僧侶」。修行した事もなく教養・知識もありませんでした。
政府は「税収減」と「偽物僧侶の増大」を危惧し、僧侶の資格を「国家管理」する事を考えました。
朝廷が認めた者だけを「僧侶」としたのです。
ところが、鑑真は「僧侶育成よりも仏法を広める」事に重点を置いていました。
当然、朝廷側と対立が起き、「国立東大寺」を追放(解雇)となりました。
しかし、鑑真を慕う人達の援助を得て「私立唐招提寺」を設立します。

>国からは正規の僧とは見なされなかった

その通りで、唐招提寺で授戒を受けても、国からは僧侶と認識されませんでした。
公認僧侶と非公認僧侶が、存在する事になります。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報