【復活求む!】惜しくも解散してしまったバンド|J-ROCK編 >>

夫名義の通帳があり、あるいは、夫が株式をして証券会社に口座を開いていたとします。

突然、夫がなくなった場合、夫名義の通帳、あるいは証券会社に預けてあるお金ってどうなりますか。

銀行の場合、名義人がなくなった場合は銀行側に没収されるようなことを聞きましたが。

○ 妻が、通帳の印鑑の所在を知っている場合はそれを使って引き出せますか。
○ また、印鑑の所在がわからない場合はどうなるのでしょうか。

○ 妻が、証券会社の口座番号とかを知っている場合はログインしてお金を引き出せると思います。
  でも、引き出した銀行口座は夫名義で、そのネット銀行の暗証番号とかわからない場合はどうなりますか。
○ 妻が夫の証券会社の口座番号がわからない場合はどうなりますか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

 回答いたします


貴方の御質問は集約すると配偶者名義の金融資産は
配偶者が死亡した後 その配偶者が自由に移動できるのか
と言うものになります

金融機関は 現在は名義人の所有権を最優先して金融を実行しております
配偶者が死亡しており その名義金が全て使用できなくなると言う事は事実としてはあります
これには 金融資産の所有権者が亡くなっており
遺族の誰かがその金融資産を勝手に引き出した後に
その金融機関が他の遺族から
文句を言われる事を事前に避けるためです
これはたとえ夫・妻と言えども例外ではありません
遺産がある場合にはその遺産の相続権者全員の協議書
即ち 遺産分割協議書があれば その旨理解して金融資産の移動に同意いたします
遺言では不可能です
ここは一般の方々が誤解する箇所ですので要チェックです
早い話が 金融機関は個人の遺産相続のトラブルには
巻き込まれたくないと言う思いがあるからです
しかしながら 以上の様な関係性を事前に知っていれば
対応はそんなには難しいとは言えません
これは 資産の内の金融資産だけが対象の場合の事で御座います
ただし家族の誰かが死亡する事に依って
遺族の中に旺盛な金融需要が発生も致しますので
これに関しては金融資産の払い出しに柔軟に対応する金融機関も事実御座います
ただし余りにも莫大な資産が金融機関に存在しておる場合には
この限りとは言えません
誰名義だから当然出せる
誰名義だから当然出せない
と言う考え方が横行します
上記の行間を読み解いて下さいね
資産名義の移動に関しましては
その名義変更後の期間は余り重要では御座いません
気にしなくとも大丈夫ですが
備えあれば 憂いなし
とも言います

財産と
遺産
は違うものです

家族と
遺族も違います
この場合には言葉の違いが権利関係の違いになる
と言う事も併せて考えて下さいね

以上はあくまでも もしそうなればと言う御質問に対しまして
自身の経験を基に回答を致しました
    • good
    • 5
この回答へのお礼

丁寧な回答、ありがとうございました。

お礼日時:2012/04/17 07:57

>”事前に”夫の資産を全部妻の口座へ移しておく…



かまいませんが、日常の生活費を超える部分は贈与税の対象になります。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/zoyo/4402.htm

>夫の兄弟への資産配分、とかの話が出てきそうですが…

夫の意思 (遺志?) ならそうして上げてください。

>もともと若いうちから妻名義の銀行口座ですべて資産を保有していて…

判子と通帳を夫が握ったままなら現在も夫の財産。
判子と通帳が妻の手にあるなら、5年前までさかのぼって贈与税の申告が必要。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/zoyo/4429.htm

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm

>子供がいた場合、子供や夫の兄弟への相続ってどうなるのでしょうか…

それは#2で書いたとおりです。
回答をよく読んでから再質問してください。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

お返事ありがとうございました。
今度は税金の問題が出てくるのですね。まあ、当然なのでしょうか。

>子供がいた場合、子供や夫の兄弟への相続ってどうなるのでしょうか…

これについては、事前に妻に財産をすべて移管した場合について質問しています。
夫名義のままであれば、No2さんにかかれたことで理解しましたが、事前に夫と妻で協議して
すべて妻の口座に移したのであれば、子供や兄弟等への相続はなくなるのでは?と思ったので。
夫の遺志ともとれますからね。そういう意味での質問でした。
その場合、子供へ相続されるのは妻がなくなってからになるのかな、と。

お礼日時:2012/04/16 18:52

通帳は1番さんのいうとおりです。



名義人が亡くなった場合ではなく、10年間動きが無く。

持ち主がいないものとバカ民主が言ってたような。

でも、銀行は渡さないし。そんなことはできないから安心を。

配偶者が相続すれば通帳は配偶者のものになります。

それからなら印鑑が解らないなら変更の手続きを取ればいいんです。

証券会社も同じです。

証券会社に行くことになります。

ちなみに追加ですが、旦那が株をもってたと仮定して

いまは株は電子証券になってるのでホフリに名義変更の手続きを

取ればいいんです。

株主優待の特典が受けられます。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

お返事ありがとうございました。
民主党が変なこと言ってましたねwww
わかりました。ちゃんと手続きをすれば、問題ないのですね。

お礼日時:2012/04/16 17:13

金融機関は、口座の名義人などが亡くなった事実を知った時点で、取引を凍結することでしょう。


安易に金融機関届出印やカードなどで引き出すべきではありません。

相続手続きを行えば、解約などにより引き出すことは可能となります。

相続手続きの中心は、法定相続人による遺産分割協議を行い、遺産分割協議書を作成することです。
遺産分割協議書の作成では、法定相続人全員が実印で捺印を行い、印鑑証明書を添付します。
これらの書類と相続人であることの確認書類として、亡くなられた方の戸籍謄本をすべて(出生にまでさかのぼる)用意することで、相続人全員の意思確認が可能となり、金融機関で相続した人が手続きをすることができるようになるでしょう。

状況によっては、すべての遺産をまとめた遺産分割協議書ではなく、金融機関ごとのための書類を作成する形で行う場合もあるようですが、後のトラブルのためにもすべての遺産について遺産分割協議をされるべきでしょうね。

相続人全員、被相続人の遺産について、遺産分割協議が終わるまではすべて共有している扱いとなります。ですので、相続人であることを証明(亡くなった事実と相続人の証明のため、戸籍謄本)すれば、金融機関は取引の有無の調査をしてくれますし、取引があれば、取引履歴や残高証明等の交付を求めることが可能です。もちろん費用がかかる場合もあるでしょう。
取引のある金融機関がわからなければ、手当たり次第金融機関に行かれることですね。通常本支店間の情報は共有しているため、一部の金融機関以外は一支店で一金融機関を調べられることでしょう。

どうしてもご自身でできなければ、書類の作成から遺産の調査までを司法書士などに依頼されることですね。ただ、楽する分専門家の費用は高くなりますので、ご自身で調べられるだけ専門家を使っても安く済む場合もあるでしょうね。

他に相続人がいる場合には、いくら生活のためであっても、単独で勝手に引き出せば争いとなることでしょう。お子さんがいなければ、ご主人の両親と遺産分割協議となりますし、お子さんも親もいないとなれば、ご主人の兄弟姉妹と遺産分割協議となるので、大変だと思います。
お子さんが未成年の場合には、あなたの権利と利益相反するため、後見人や特別代理人の選任を家庭裁判所で手続きが必要な場合もあるでしょう。

相続を安易に考えトラブルとなり、トラブル後では行政書士や司法書士が代理で手続きしたりできなくなり、弁護士による手続きなどが必要となってしまい、大きなデメリットや負担をしなければならなくなることもあります。

夫婦の一方が急死した場合には精神的余裕がないかもしれません。それでもいつかはやらなければならない手続きです。しっかりと整理して手続きをしましょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

No2,3,4さんへ。みなさん詳細ありがとうございました。よくわかりました。

そこで、ついでに、もうひとつ質問です。
もし、夫が病に臥せっていた場合、夫と妻で協議の上で、”事前に”夫の資産を全部
妻の口座へ移しておく、というのはあり、ですか。
夫の兄弟への資産配分、とかの話が出てきそうですが、どうなのでしょうか。

また、もともと若いうちから妻名義の銀行口座ですべて資産を保有していて夫がなくなった場合、
子供がいた場合、子供や夫の兄弟への相続ってどうなるのでしょうか。

お礼日時:2012/04/16 17:10

「名義人の死亡届」をして、各金融機関の指示に従って下さい。



>○ 妻が、通帳の印鑑の所在を知っている場合はそれを使って引き出せますか。

死亡後に口座からお金を引き出すと、色々と困った事になります。

例えば、後から莫大な借金が見付かり、相続放棄しようとしても「お金を口座から引き出した」と言う事実を理由に相続放棄が認められず、莫大な借金ごと全部を相続しなければなりません。

また、他の相続人が「横領だ」と言って相続排除の手続きをしたら、遺産をもらえなくなってしまいます。

後でトラブルにならないようにする為、絶対に、故人の口座に手を付けてはいけません。必ず「名義人の死亡届」をしましょう。

>○ また、印鑑の所在がわからない場合はどうなるのでしょうか。

金融機関に死亡届を出して口座を凍結後、除籍謄本・相続人全員の印鑑証明・遺産分割協議書が揃えば、お金を引き出せます(口座の印鑑は要りません)

通常、遺産分割協議書の作成には数ヶ月かかりますから、お金を出せるようになるまで数ヶ月かかります。

>○ 妻が、証券会社の口座番号とかを知っている場合はログインしてお金を引き出せると思います。
>  でも、引き出した銀行口座は夫名義で、そのネット銀行の暗証番号とかわからない場合はどうなりますか。

死亡後に口座からお金を引き出すと、色々と困った事になります。

これは、銀行口座でも、証券口座でも同じです。

>○ 妻が夫の証券会社の口座番号がわからない場合はどうなりますか。

名義人の死亡届で口座凍結されるのは変わりないですから、遺族が口座番号を知っていようが知っていまいが、何も関係ありません。

重要なのは「口座がある」と言う事実を知っているかどうかだけです。口座番号や暗証番号を知っているかどうかは一切関係ありませんし、何の影響もありません。

ただ単に「名義人の死後、死亡届を出さずに、口座を勝手にどうこうすると、大変な事になる」ってだけです。

下手をすると相続する権利を失いますし、莫大な借金を相続放棄できなくなって困った事になります。

「名義人の死亡届をだして、即座に口座凍結」が、唯一の選択肢です。

それ以外に選択肢はありません。

なお、口座凍結後「故人の収入しかなく、当面の生活費に困る」と言う場合だけ、150万円を限度に、一時的に引き出し出来ます。その際に必要な書類や印鑑は、各金融機関で異なるので、それぞれの金融機関に問い合わせて下さい。

ともかく「凍結しないで勝手に引き出したら、大変な事になる」ってだけは覚えておきましょう。

>銀行の場合、名義人がなくなった場合は銀行側に没収されるようなことを聞きましたが。

それは「口座の預金を相続できる相続人が居ない場合で、かつ、故人に債務が無い場合だけ」に限られます。

相続人が居れば口座は「遺産」になります。

相続人が誰も居なくても故人が借金を持っていたら、債権者が「法的手続きを取った上で配分」し、債務の返済に充てます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

No2,3,4さんへ。みなさん詳細ありがとうございました。よくわかりました。

そこで、ついでに、もうひとつ質問です。
もし、夫が病に臥せっていた場合、夫と妻で協議の上で、”事前に”夫の資産を全部
妻の口座へ移しておく、というのはあり、ですか。
夫の兄弟への資産配分、とかの話が出てきそうですが、どうなのでしょうか。

また、もともと若いうちから妻名義の銀行口座ですべて資産を保有していて夫がなくなった場合、
子供がいた場合、子供や夫の兄弟への相続ってどうなるのでしょうか。

お礼日時:2012/04/16 17:09

>銀行の場合、名義人がなくなった場合は銀行側に没収されるようなことを…



そんなことありません。
相続人のものになるだけです。

相続人は、あなたと夫のの子供が基本。
夫に子供がいなければ、あなたと夫の親が相続人。
子供も夫の親 2人ともいなければ、夫の兄弟が相続人に浮上してきます。
http://minami-s.jp/page008.html

これら相続人全員の印鑑証明と実印をそろえて銀行に行けば、引き出すことができます。
証券会社についても、基本的には同じです。

具体的な手続方法は個々の銀行、個々の証券会社によって異なりますので、相続が発生したときにお問い合わせください。

>○ 妻が、通帳の印鑑の所在を知っている場合はそれを使って…
>○ 妻が、証券会社の口座番号とかを知っている場合はログインしてお…

そういうことは良くないことです。
正規の手続を踏んで現金化しましょう。

>○ 妻が夫の証券会社の口座番号がわからない…

証券会社名と取引支店名まで分かれば、何とかなりますよ。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

No2,3,4さんへ。みなさん詳細ありがとうございました。よくわかりました。

そこで、ついでに、もうひとつ質問です。
もし、夫が病に臥せっていた場合、夫と妻で協議の上で、”事前に”夫の資産を全部
妻の口座へ移しておく、というのはあり、ですか。
夫の兄弟への資産配分、とかの話が出てきそうですが、どうなのでしょうか。

また、もともと若いうちから妻名義の銀行口座ですべて資産を保有していて夫がなくなった場合、
子供がいた場合、子供や夫の兄弟への相続ってどうなるのでしょうか。

お礼日時:2012/04/16 17:08

本来は、死亡された銀行口座や証券口座は取引停止になります。


入金はできますが、引出はできなくなります。

その口座を解約して、お金を引き出す場合は、相続をしなければなりません。
その相続権者のみが、解約を申請できます。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

正式に相続手続きさえすれば、解約してすべて妻のものとなる、でいいですか。
(子供がいない場合)
相続手続きは裁判所でするのでしたっけ。裁判所からの通知書かなにか、が必要なのですか。

お礼日時:2012/04/16 16:42

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q亡くなった父の株はどうするのがBEST?

亡くなった父名義の株をそのままにしていましたが、遺族全員株に興味はないので上がっている今のタイミングで売ってしまおうかと考えています。

本日時点で金額にして500万円未満ですが、どうするのがbestでしょうか?

この金額だと相続税はかからない様なので、インターネットで売って現金化してしまおうかと思うのですが、本人ではないので後ろめたさがあります。

かといって名義変更だと戸籍謄本の用意等が必要で、時間もかかるようですし、出来るなら今のタイミングを逃さずスピーディーに行いたいです。

極力費用と手間を省きたいので、正規の手続きではなく裏話程度のアドバイスを頂ければ嬉しいです。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

ネット証券だと、それまでに一定の取引をしていて、かつそのID/
パスワードを知っていれば、売買そのものは本人が死亡した後
でもできちゃいますね。

問題はできちゃった後で、売買代金を指定口座に取り込む時です。
指定口座とはいえ、その口座は死亡した本人の口座ですから、
死亡時から口座を凍結しなくちゃいけません。要は振り込めない、
更に振り込んでも引き出すことができない、となるわけです。

まあ、その口座も「凍結」しなければ分からない・・・とも言えます
けどね。ATMなんかで引き出す分には本人確認は不要ですし。

相続税に関しては、その資金が「どの口座にあるか」は問われない
ので、仮に本人死亡後の金融取引があったとしても、金額を正直に
申告すれば「相続税の脱税」は問われないはずです。

本人死亡後の金融取引については、こちらを、どぞ。
http://souzoku.kouekisya.com/4-1-01.html

Q契約者が死亡した場合の証券会社への諸手続き

証券会社にて資産運用しているのですが、契約者本人が
死亡した場合の諸手続きの方法をお教え願いたく書き込み
ました。

契約者(本人)
 ↓
●証券会社に提出する書類や伝えるべき事項などを具体的
 にお教え頂きたく存じます。
 ↓
相続人(結婚していないので妹夫婦に財産を渡す予定)

※ちなみに私は楽天、イートレード、マネックス、カブドットコム
 とネット専業のみです。窓口対応の証券会社と同じ手続きかと
 思いますがネット専業ならではの手続きもあるのでしょうか?

※検索サイトで「銀行」に関しては沢山出てくるのですが、
 証券会社に限って何度検索しても目ぼしい情報が見つかり
 ませんでした。

何卒宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

>契約者が死亡した場合の証券会社への諸手続き

銀行の場合と、変わりませんよ。
先ず、証券口座名義人(死亡者)の相続権利者を確定します。
妹夫婦に相続との事ですが、妹とあなただけが相続権利者なんですね。
銀行と同様に「遺産分割協議書」を作成します。
あなたは「遺産相続放棄」と記入すれば良いでしよう。
それと、相続物件には「証券会社にある資産全てを記入」して下さい。
MMFは100万円。日本株ファンド101万円、MRF1234円など「証券会社の残高全て」を1円単位で記入します。
金額が合わないと、無効になる可能性があります。

後は、証券会社の窓口で、遺産分割協議書・妹の身分証明書(又は委任状)・証券会社指定の解約書類を提出します。
これで、おしまい。
ただ(銀行と違って)証券会社の商品(MMF・株式・債権・投資信託など)は解約申込日が解約日ではありません。
解約申込から3日前後してから、指定口座に入金となります。
3日後などの日数は、死亡者が取引していた証券会社に行けば、パンフレットが店頭にあります。ご確認下さい。

Q厚生年金・夫死亡後の妻の受取額について

妻の両親が厚生年金を受給しています。
(本人達の年金等の知識・認識が浅く、要領を得ない質問になることをお許しください)
父親は69歳で厚生年金を11.5万円/月、母親は63歳で厚生(おそらく)年金を3.0万円/月受給しています。
両親は田舎に住んでいますが、現在でも生活費に事欠く状況です。
今後、仮に父親が先に他界した場合、母親の受給額はいくらになるのでしょう。
生活費の援助が必要になると思いますので、今から考えておきたいと思います。
遠隔地に住んでいるため、厚生年金の種類などは確認できていません。
本来は社会保険庁に問い合わせるべきでしょうが、もし詳しい方でおよその事が簡単に分かる方がいらっしゃれば、
ご回答願います。

Aベストアンサー

年金は簡単に言うと、老齢基礎年金と老齢厚生年金の2本建てになります。(会社員の経験がある場合)
なお、公務員の場合は厚生年金の代わりに共済年金となりますが、どちらでも大きな違いはありません。

まず、現状の認識で考えますと、夫は最低15年(おそらく25年)以上は公的年金に加入していたと思われます。
妻も最低15年以上加入していたと思われます。

a)夫:69歳、老齢基礎年金及び老齢厚生年金を受給
金額がかなり少ないことから、厚生年金受給期間が少ない、国民年金未加入期間があるなどの事情があると思われます。

b)妻:63歳、厚生年金3万円受給
これは特別支給の老齢厚生年金と呼ばれる物で、厚生年金独自の給付です。
金額からすると長期ではないが一時会社員として働いたことがあると思います。

まず将来について考えますので妻が65歳以降の場合について考えます。

A)夫、妻共に健在の場合
夫の年金額は変化はありません。
妻の年金は自分自身の「老齢基礎年金」及び「老齢厚生年金」を受給するようになります。
金額はご質問内容からはわかりません。
というのも妻の年金加入期間が満額の40年あれば基礎年金だけで月6.5万円ほどもらえますが、加入期間は現在の特別支給の厚生年金の金額からは推測できないのです。
妻はこの老齢基礎年金に加えて老齢厚生年金をもらいます。ただ金額は現在の受給額よりも少なくなるでしょう。

B)夫が死亡したとき
妻は3つの選択肢があります。
1)自分自身の老齢年金をそのまま受給する。しかし今回の例では金額的に損になると思われます。
2)自分自身の老齢基礎年金+夫の遺族厚生年金(夫の老齢厚生年金金額の3/4)
3)1,2の中間です。夫の遺族厚生年金の2/3と自分の老齢厚生年金の1/2を受ける

上記のうち一番金額の大きい物を選択します。
なお、夫が妻65歳以前に死亡した場合は中高年寡婦加算がもらえ、その後65歳からは経過的寡婦加算がもらえるのですが、妻が65歳以降に夫が亡くなった前提ですから今回は算定に含めませんでした。

どちらにしても夫・妻が健在(且つ妻は65歳以上)の場合よりも少なくはなります。
ただどの程度減額になるのかは夫と妻の加入歴次第で変わります。

これ以上のご回答を知りたい場合は、まず夫、妻の加入歴をきちんと調べるしかありません。
年金制度は複雑ですから、夫、妻の生年月日と加入歴がわからないと金額的にも相当異なる答えが出てきてしまいます。
なお本人以外が社会保険庁に問い合わせても教えてはくれません。(当人がいけない場合は代理人となりますが、詳細は社会保険庁に問い合わせて下さい)

では。

年金は簡単に言うと、老齢基礎年金と老齢厚生年金の2本建てになります。(会社員の経験がある場合)
なお、公務員の場合は厚生年金の代わりに共済年金となりますが、どちらでも大きな違いはありません。

まず、現状の認識で考えますと、夫は最低15年(おそらく25年)以上は公的年金に加入していたと思われます。
妻も最低15年以上加入していたと思われます。

a)夫:69歳、老齢基礎年金及び老齢厚生年金を受給
金額がかなり少ないことから、厚生年金受給期間が少ない、国民年金未加入期間がある...続きを読む

Q株式の名義変更について

株主優待券の関係で、父から私に4000株の株式を名義変更をしようと思っております。

所有株式数による発行枚数は以下の通りです。
1000株~4000株までは1000株につき、1枚発行。
4001株~9999株までは4枚+超過分2000株毎に1枚発行。
10000株~999999株までは7枚+超過分4000株毎に1枚発行

父は航空会社勤務で、自社の持ち株会で購入。所有株式数は2万株~3万株だそうです。(正確な株式数は父も知らず・・・)
会社の口座?にも数千株あるはず?!と言っていますが、
私も父も意味がよくわかっておりません。
証券会社は○興コー○○○○だったと思います。

私はネット証券(ka○.com,イー○レード)と証券会社(SMBC○○○○証券)に計3つの特定口座を所有しております。

対象の株価は1株約350円で、4000株だと約140万円になってしまい、110万円を超える為、贈与税がかかるとの認識です。
贈与税がかかるのは嫌なので、2000株ずつを2年にわけて名義変更が一番良い方法でしょうか。
なお、当面、というか今のところ現金化するつもりはありません。

ka○.comは贈与により取得した株式の取得費を特定口座へ入庫するのは法的には可能だが取り扱いをしていない旨が記載されておりました。(意味がよくわからない)

父と私がそれぞれどのような手続きをすればよいのかをご教授いただけますでしょうか?
わたしの3つのうち、どこに入庫するのが一番良いでしょうか?
また、他に最良の方法があればご教示願います。
よろしくお願いいたします。

株主優待券の関係で、父から私に4000株の株式を名義変更をしようと思っております。

所有株式数による発行枚数は以下の通りです。
1000株~4000株までは1000株につき、1枚発行。
4001株~9999株までは4枚+超過分2000株毎に1枚発行。
10000株~999999株までは7枚+超過分4000株毎に1枚発行

父は航空会社勤務で、自社の持ち株会で購入。所有株式数は2万株~3万株だそうです。(正確な株式数は父も知らず・・・)
会社の口座?にも数千株あるはず?!と言っていますが、
私も父も意味がよくわかっておりま...続きを読む

Aベストアンサー

長文大変失礼いたします。
・結論:やるべきこと
お父様=持株会からの引き出し手続
jinroxさん=名義書換手続と特定口座預け入れ手続。

・注意点
1.お父様が持株会から引き出す際に、「引出精算書」など(名称は各会社によって若干違います)を取ること。それに今までの取得の平均単価が記されていますので、取得価格の根拠に出来ます。(日付・価格・印など用件は満たす必要があります)

2.名義変更は、銘柄ごとに決まっている窓口の信託銀行で出来ます。ご質問の銘柄の場合は住友信託です。その際もちろん贈与に関する手続が必要です。

3.あなたへの名義書換を終え、証券会社の特定口座に入れます。その際の取得価格は1で述べた「精算書」を使います。一般的にはその時に贈与に関する書類も必要となります。カ○ドットのように取扱いをしていないケースもあるようですが私の勤務する証券会社では可能です。

4.精算書にある平均取得価格がみなし取得価格よりも低い場合は無理に特定口座に入れると不利になる恐れがあります。ちなみにご質問の銘柄のみなし価格は238円です。

5.特定口座に入れずに一般口座に置く場合でも、平成22年末までの売却であれば、みなし価格を取得価格として採用できます。(逆に言えばみなしを使いたいなら一般口座。特定でのみなし採用は昨年末で締切となってます。)

5.贈与税に関しては、仰るとおり4千株ですと110万を超えそうですので2年に分けてやってもいいでしょう。本日6/14現在では339円ですが、やるタイミングによってはより安い値段を採用できる可能性もありますので、考慮してください。贈与した日以外に、当月・前月・前々月の平均値などの最安値を使えます。
http://www.smbc-friend.co.jp/info/tax/jojokabusikizoyo.html

6.「2千株づつ2年に分けてやるのが一番良いか」はわかりません。一括でやっちゃった方が良いかもしれませんが事後的にしかわかりません。株価が今後上昇する可能性もありますので。ちなみに本日終値で計算した贈与税は、2万5千円くらいですね。
(339*4,000-1,100,000)*0.1=25,600
http://www.taxanswer.nta.go.jp/4408.htm

※まずお父様の会社の持株会にそのような精算書が発行できるかを確認し、また預入れ予定の証券会社の特定口座の取扱い(贈与時などの取扱い)を尋ねてください。
以上で対処出来ない場合は他の方法もなくもないですが、その折にはまた質問立ててください。私の出来る範囲でお力になります。

長文大変失礼いたします。
・結論:やるべきこと
お父様=持株会からの引き出し手続
jinroxさん=名義書換手続と特定口座預け入れ手続。

・注意点
1.お父様が持株会から引き出す際に、「引出精算書」など(名称は各会社によって若干違います)を取ること。それに今までの取得の平均単価が記されていますので、取得価格の根拠に出来ます。(日付・価格・印など用件は満たす必要があります)

2.名義変更は、銘柄ごとに決まっている窓口の信託銀行で出来ます。ご質問の銘柄の場合は住友信託です。その...続きを読む

Q「株」の遺産相続は、どのようになりますか?

父が高齢で、ガン治療の最中です。
が、残念なことに、おそらく、あと1年以内に亡くなると思います。

そこで気になるのが遺産相続と、相続対策です。

父には、現金以外に、およそ4000万円分の株を持っています。
私達は3人兄弟です。

私は株に詳しくないので、この株券がどのように遺産相続されるのかが分かりません。

勝手に推測してみたのが、
●父の死亡後、強制的に売却しないといけない。売却したお金から相続税を支払い、余ったお金を兄弟で分ける?

●父の死亡後、株は売らなくても良いが、3人兄弟の誰かが相続しないといけない。
その場合、例えば、1500万の株、3000万の株、500万の株があったとしたら、誰がどの株を相続するかで相続の際に不平等で争いの原因にならないか?
また、株を売らずに相続した場合、相続した人間が自腹で相続税を支出する必要があるのではないか?

そのような感じかな、と勝手に想像してみたのですが、
なにしろ知識が全くないので、よくわかっていません。

父の死後は、実際はどのようになるのでしょうか?

また、父の死亡前に、私が取っておくべき、ベターな相続対策(株について)はありますか?
アドバイスがあればお願いします。

父が高齢で、ガン治療の最中です。
が、残念なことに、おそらく、あと1年以内に亡くなると思います。

そこで気になるのが遺産相続と、相続対策です。

父には、現金以外に、およそ4000万円分の株を持っています。
私達は3人兄弟です。

私は株に詳しくないので、この株券がどのように遺産相続されるのかが分かりません。

勝手に推測してみたのが、
●父の死亡後、強制的に売却しないといけない。売却したお金から相続税を支払い、余ったお金を兄弟で分ける?

●父の死亡後、株は売らなくても良い...続きを読む

Aベストアンサー

親の遺産相続にだいたい同額の株式がありました。
私の相続時には課税限度額が5000万円+法定相続人数×1000万でしたから
楽でしたが
現在は厳しいですね。
まずは、株式以外の相続財産との合算で相続税を考える必要があります。不動産だと小規模
宅地の特例とかあって評価が減額されます。
その前にご母堂はもうお亡くなりですか?一旦お母様に全額相続してもらいお母様の生存中に
相続税対策をするというのも一案ですが、お亡くなりになったなら仕方がないです。

株のみの相続対策はまず、亡くなった日の株価で資産評価がされます。
株価が上がり調子ですからこのままいくと相続税で他の資産と合算されて少しもっていかれます。


一番安全なのは株を全部換金して、当然譲渡益の20%は所得税でとられますが
それを住宅ローンの返済にあてる。もちろん持ち分を一部父親名義に書き換える。
相続の際遺産分割協議書で持ち分をそれぞれ子供が相続する。
私ならそうします。

Q父死亡 家の名義変更は必要か。

先日父が死亡しました。  
年金だけの生活で、預貯金はわずかで、
30坪に満たない家を所有しているのみです。
郡部ですので、土地・家の評価格は低いでしょう。
母は健在で独りで住んでおり、当方・弟は一家を構え、別の場所で暮らしています。将来、母が亡くなったら、やむなく売却する予定でおります。

土地・家の名義は父ですが、これを誰の名義に替えたらいいのか、また どんな手続き・税金が発生するのか、簡単にお教えいただけますでしょうか。

Aベストアンサー

お母様が相続する場合、名義変更(相続登記)をしてしまうと、登録免許税を余分に払うことになるため、名義変更はしない方が良いと思います。名義変更(相続登記)は義務ではありません。

お母様が相続して名義変更をすると、まずそこで登録免許税がかかります。さらにお母様がお亡くなりになった場合、売却する際には必ず名義変更が必要ですので、もう一度登録免許税がかかり、結局2回登録免許税を払うことになります。
お母様が相続して名義変更をしない場合、お母様がお亡くなりになった後に1回だけ名義変更をすれば済みますので、登録免許税を1回分節約することができます。
なぜなら、1回でお父様名義から貴方・弟様名義に直接名義変更することができるからです。

お母様の心情を考えますと、夫婦で築いてきた財産ですので、とりあえずはお母様が相続するのが良いのではないでしょうか。

遺産分割協議書は必ず作っておく必要があります。
お母様が相続して名義変更をしない場合、お母様がお亡くなりになって貴方・弟様名義に名義変更をする際、お父様のご相続の時の遺産分割協議書も必要になります。

登録免許税は、固定資産税評価額×0.4%で計算できます。

お母様が相続する場合、名義変更(相続登記)をしてしまうと、登録免許税を余分に払うことになるため、名義変更はしない方が良いと思います。名義変更(相続登記)は義務ではありません。

お母様が相続して名義変更をすると、まずそこで登録免許税がかかります。さらにお母様がお亡くなりになった場合、売却する際には必ず名義変更が必要ですので、もう一度登録免許税がかかり、結局2回登録免許税を払うことになります。
お母様が相続して名義変更をしない場合、お母様がお亡くなりになった後に1回だけ名義変...続きを読む

Q死亡した母の預金口座がわからない場合

先日母が亡くなりましたが、預金がかなりあるはずなのに郵便局の普通口座に葬儀代くらいしか出てきませんでした。これは、亡くなりそうだという事で急いで引き出した物で、亡くなってから調べるには除籍謄本やら、相続人の戸籍謄本やら、印鑑証明やらを提示するように言われ、やみくもに片っ端から銀行を調べる為に揃えるには気力もなく父はかなり疲れています。母は亡くなる1年ほど前から、肝臓からくる脳症で妄想を見たりしてお金に執着するようになり、全部隠すように持っていました。死んでも父には絶対渡さないという態度で、ガンだとわかってからは印鑑を替えたりと特にひどかったのです。通帳は一切出て来ず、普通預金のキャッシュカードだけが残りました。お墓や供養にお金がかかり、年金生活の父があまりに可哀相です。どこに口座を持っていたか調べる何か良い方法がありましたらどうぞ教えてください。

Aベストアンサー

再度登場です。

万が一貸し金庫を借りていた場合、年一回貸し金庫手数料の決済が大抵4月
にあります。その決済の時に領収書を発行して借りている人に送りますので
その時にもしかしたら判るかもしれませんね。

やっぱり金融機関では書類が揃っていて状況確認が出来てからでないと動い
くれませんね。トラブル防止の為なので仕方ないのですが....

大変ですね。早く解決出来る事、祈ってます。

Q遺族年金支給開始までの期間はどれくらいですか?

公務員だった父が今年の5月末に亡くなりました。享年56歳で、母(50歳)から遺族年金はいつから支給されるのか調べてほしいと頼まれ、質問させて頂きました。
父は32歳から共済年金に加入し、それまでの約180ヶ月を厚生年金に加入しておりました。
母は働いていますが、年収は約350万で、18歳未満の子はいません。
実際に遺族年金を支給された経験のある方で、お亡くなりになってから遺族年金を受給するまでに、実際どれくらいの期間がかかったのかを教えてください。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

5月分まではお父様の年金で、6月分以降がお母様の遺族共済年金となります。

>母は働いていますが、年収は約350万で、18歳未満の子はいません。
この条件であれば、同居要件を満たしていて、ほぼ確実に遺族認定されるでしょう。
複雑な家庭環境にある場合はこのかぎりではないですが(ちょっと変な書き方ですが、例えば重婚的内縁者がいるとか、そういった特別な場合ですので、あまり気にしないでください)。

で、共済組合への連絡はいつぐらいに行われていますが?
6月にすぐに連絡されているのであれば、早ければ8月支給から開始されているはずですが、8月支給期に間に合っていなければ、10月支給期からではないかと思われます。最近になってからの連絡だとすると、さらにその後の12月支給期になる可能性もありますが・・・。
いずれにしても、遡って支給されますので、その辺については安心してください。

逆に、単なる遺族転給で10月支給にも間に合っていないようなら、なぜ遅れているのかを確認してもよいかと思います。

Q夫婦で年金受給者ですが、夫が死んだ場合、妻は?

夫婦で厚生年金をもらっています。
75歳と73歳です。
仮に夫が20万円、妻はが10万円もらっているとして、夫が死亡した場合、妻がもらえる年金は、いくらになりますか?
多い方を選べると聞いたのですが、本当でしょうか?
心配していますので、ぜひ、お願いします。

Aベストアンサー

>ちょっと質問ですが、なぜ夫の遺族年金は10万円なのでしょうか?
まず、国民年金の遺族基礎年金は18才到達年度未満の子(わかりやすく言うと高校生以下)のいる妻でなければ受け取れませんので、受け取るのは厚生年金部分のみとなります。
そして、遺族厚生年金は老齢厚生年金の3/4ですから、13.3万の3/4で約10万となります。

Q遺産相続で死後の預金の引き出しは、違法ですか

親の死後キャシュカードを預かっていた人が預金を引き出すのは他人のお金なので違法行為ではないでしょうか。(当然銀行へは死亡を伝えていません)
また事実が明らかになった場合は遺産相続に変換する必要があるとおもうのですが。
銀行に問い合わせても個別にとのことで取り合ってもらえませんが。
どのようにすれば円満におさまるのか教えてください。

Aベストアンサー

>遺産相続で死後の預金の引き出しは、違法ですか

違法ですね。
相続財産は、相続者全ての共有財産となります。
最高裁判例では、勝手に相続財産を(個人的に)引き出した者は「他の相続者が受け取る財産を盗んだ」事になっていますね。
つまり、窃盗事件です。
親族間でも、刑法上は犯罪行為(実刑は免除)となります。
※引き出した本人は、前科一犯にはありません。が、犯罪歴が付きます。
※但し、引き出した本人を除く相続権者が訴えた場合。

>事実が明らかになった場合は遺産相続に変換する必要があるとおもうのですが。

本人が死亡した時点で、既に遺産相続対象の財産となります。
わざわざ、手続きを行う必要はありません。
が、金融機関などは「本人の死亡を確認しないと、口座凍結」は行ないません。

>銀行に問い合わせても個別にとのことで取り合ってもらえませんが。

これは、その銀行の対応が間違っています。
故人の死亡を金融機関に届けた時点で、故人名義の口座は凍結になります。
「個々の案件だから・・・」は、銀行の業務放棄です。

>どのようにすれば円満におさまるのか教えてください。

相続に関して、違法行為を働いた者は「相続権を失う」事になります。
質問者さま以外の相続権者が居れば、その方たちにも「勝手に出金した」事を伝えて下さい。
そして、違法行為を働いた者を除いた相続権者が「全国銀行協会」「銀行本店の苦情・相談担当部署」に(現状を)伝える事です。
故人の口座凍結を「個別に・・・」で無視する銀行(支店)は、話になりません。

余談ですが・・・。
故人の葬儀費用として故人の口座から出金する場合でも、相続権者全員の同意証明書が必要です。

>遺産相続で死後の預金の引き出しは、違法ですか

違法ですね。
相続財産は、相続者全ての共有財産となります。
最高裁判例では、勝手に相続財産を(個人的に)引き出した者は「他の相続者が受け取る財産を盗んだ」事になっていますね。
つまり、窃盗事件です。
親族間でも、刑法上は犯罪行為(実刑は免除)となります。
※引き出した本人は、前科一犯にはありません。が、犯罪歴が付きます。
※但し、引き出した本人を除く相続権者が訴えた場合。

>事実が明らかになった場合は遺産相続に変換する必要があるとお...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング