痔になりやすい生活習慣とは?

他のQ&Aサイトよりも博学な方が多い様なので質問させて頂きます
パラドックスの話であまり頭が良くない人でも「パラドックスがどういう物なのか」分かるような物を教えて頂ければありがたいです

また、「パラドックスはどういう物なのか」という事を人に説明するとき、分かりやすい説明の仕方も教えて下さい
WikiPedia等も見たのですが私の頭では理解出来ません

どうかよろしくお願いします

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (13件中1~10件)

アキレスと亀


とか
動いている矢は止まっている
とかいう話について、ご存じですか?

この回答への補足

アキレスと亀に関しては知りませんでした
ありがとうございます!

補足日時:2012/04/18 14:20
    • good
    • 0

今ではパラドックスではなくなったのですが、天文学で有名な


ものに「オルバースのパラドックス」と呼ばれるものがあります。
これは、20世紀にビッグバンが発見される何百年も前から、
その可能性を示唆していたものとして、有名になったものです。

恒星の明るさは、距離の自乗に反比例して弱くなります。
一方、観察者を中心とした同心球面を考えた時、その面上の
恒星の数は、距離の自乗に比例して増えます。
つまり、どの「同心球面」も同じ光量なので、それがずっと重な
ると、夜空は全面、恒星の表面の輝きになるはずなのです。

これは昔は、「宇宙は同じ状況が無限に続いており、それは
(遠くは昔の姿である以上)ずっと昔から同じ状態であった」
という思考停止な宇宙像だった事によります。
オルバースのパラドックスを逃れるには、ビッグバンの膨張の
ように遠くほどドップラー効果で光量が弱くなるとか、あるいは
(その結果でもあるが)宇宙の過去は無限ではない(=宇宙の
広がりも)といった、条件が必要であり、要するに何百年も前に
ビッグバンを予想する事も可能だったのです。
    • good
    • 0

>キリスト教の神は全知全能である。



これは、神は全知全能ではあるが、被造物に自分に
逆らう自由を許す(ただし地獄に落す)ということでは
無いでしょうか。

こういうのをパラドックスというのかは分かりませんが、
アダムとエバは、「産めよ増えよ地に満ちよ」といわれたときに
子供を作らず、わざわざ、善悪を知る木の実を食べた罰で
産みの苦しみが大きくなってから子供を作ったのかは
謎です。(これは、原罪の関係で今生きている人も
相当迷惑しているはずです)

更に聖書から、カインはアベルを殺し
ノドの地で妻を娶った(単純に考えれば、アダム、エバ、カイン
しかいないはずです)などもそうなのではないでしょうか。
    • good
    • 0

有名なスフィンクスの謎も、パラドックスの応用ですよね。


旅人を通せんぼして質問をし、ハズレると殺す、ていう
スフィンクスの話;

スフィ「オレの考えている事を当ててみよ!」
(どう答えても、「そんな事は考えてない」と言われて
殺され得る)

旅人「お前は私を通すつもりはない」
(もし「ハズレだ。お前を食う」とスフィンクスが答えたなら、
『通すつもりはない』という旅人の指摘が当たっているので、
通さざるを得なくなる。『通さざるを得ない』と考えたら、
旅人の指摘はハズレてるので・・・・)
    • good
    • 3

最初に,ふざけているわけではありませんので。


時間に関しては他の回答者様の意見を参考にしてください。
それをふまえて,映画ターミネーター全話,やっぱりシナリオがそれに近いです。
あとは,生物学やダーウィンの進化論と切り離して考えれば,男と女。
男を産んだのは女,じゃ最初の女はどうやって妊娠したの? とか。
少し脇道にそれますが,最大のパラドックスは人の気持ち。(人間)
行動や事象が先か,心が先か。ケースバイケース? じゃなぜ起きた? なぜ思った? 運命?
運命に関しては色々な意見があるでしょうね。
    • good
    • 0

一番簡単な例を一つ…


「私は嘘つきです」

これは完全に矛盾してます。
嘘つきなら嘘を言っている事になるので彼は正直者と言うことになりますが、正直者であれば、嘘を言っている事になります。
さーて、彼は嘘つきなのか?正直者なのか?
    • good
    • 1

以前、ここの住人さんが書いたものですが。




キリスト教の神は全知全能である。

全知全能なら、神が持ち上げることができない
バーベルも創れるはず。
そうでなければ全知全能とは言えまい。

そうやって創ったバーベルは神は持ち上げる
ことはできない。
すると神は全知全能ではないことになる。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

おー分かりやすいです
ありがとうございます

お礼日時:2012/04/19 14:12

パラドクスとはどういうものか、それを説明するには「例外のパラドクス」が最適ではないでしょうか。


「例外のない規則はない」
「例外のない規則はない」という規則があるとします。
例外のない規則ない→「例外の規則はない」という規則にも例外がある→つまり、例外のない規則がある
「例外のない規則はない」に反する結果が生じてしまった。

これはいわゆる「嘘つきのパラドクス」の変形です。嘘つきのパラドクスとは、かならず嘘をつく人が「私の言うことは嘘である」と言った場合、「私の言うことは嘘である」は正しいのか、間違っているのか、という問題です。
かならず嘘を言うのだから、「私の言うことは嘘である」も嘘。つまり、「私の言うことは嘘である」も嘘で、「私の言うことは嘘である」が正しいことになってしまう。しかし、これでは”かならず嘘をつく"ことに反する。矛盾である。
いわゆる「パラドクス」と呼ばれるものには、この「嘘つきのパラドクス」の変形が多いです。「床屋のパラドクス」、「ある町には、”町の住民はすべて自分でヒゲを剃ってはいけない。その町に一軒ある床屋でヒゲを剃ってもらわなければならない”という規則がある。では、その町に一軒だけある床屋の人(一人だけです)は、誰にヒゲを剃ってもらえばいいのか?」も、「嘘つきのパラドクス」の変形です。

また、有名な「アキレスと亀」や「飛んでいる矢は止まっている」というパラドクス(ゼノンのパラドクスと呼ばれます)は、アキレスと亀は無限の点を通過するということを、「飛んでいる矢は止まっている」は時間を無限に分割できるということを言っているだけで、実は矛盾でも何でもありません。ゼノンの発言の真意は、「無限なんてものを考えると、こういう矛盾が生じる」というところにあったらしいですね。

変わったところでは、抜き打ちテストのパラドクスという、哲学や論理学などでも扱われるパラドクスがあります。
抜き打ちテストのパラドクスとはこんなものです。
『ある大学は各年度内に各科目について全学生に試験を課するが、この試験は不意打ちでなければならない。つまり、年度内のどの日に試験があるかは、学生には前もって(試験の前日までに)分からない日にしなければならない。この時、試験を行うことができるか?』
というものです。

問題を簡単にするために試験の期日を一週間とします。
最終日の日曜日はできない。なぜなら、土曜までに試験が行われなかったので、学生たちに土曜日の講義が終了した時点で、「試験は日曜だ」と気づかれてしまうから。
すると、試験可能な日は月~土曜に限られる。しかし、土曜にも試験は行えない。なぜなら、金曜日の講義が終了した時点で、学生たちに「日曜に試験を行えないのだから、試験は土曜日」だと気づかれてしまうから。
同様にして、金、木、水、火、月にも試験が行えないことになってしまう。
つまり、試験を行うことができない。

これって本当か、本当に試験は行えないのか、という問題です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

長文ありがとうございます!
難しいですが、理解できるように頑張ります

お礼日時:2012/04/19 14:11

>「パラドックスはどういう物なのか」という事を人に説明するとき



●「矛盾」(むじゅん)は,どうでしょう!

「矛盾」(むじゅん)という漢字は,実は,パラドックスから生じているのですが,これは,ご存じですよねぇ! こうです,

「矛盾」の「矛」は「ほこ」と読み,長い柄の先に両刃の剣をつけた武器です.「盾」は「たて」と読み,敵の矢などから身を守るための板です.

「矛」は,この世の全ての物を突き通す能力がある.「矛」で突き通せない物は,この世に存在しない.

一方,

「盾」は,この世の全ての物から防ぐ能力がある.「盾」を突き通す矛は,この世に存在しない.

と言うことで,「矛」と「盾」がパラドックスになっている.

「矛」は全ての物を突き通すと言うし,「盾」は全ての矛は突き通せないと言う.これ,パラドックスです.

だから,こういう時に,矛盾している,と言います.

● 本のパラドックス

今,ここに,一冊の本があります.

この本の或るページ目に,次のように書かれています.

「このページに書かれている事は全て嘘である」

じゃあ!「このページに書かれている事は全て嘘である」も,嘘なんだから,このページに書かれている事は全て嘘ではない事になる.

さーて! どっちが本当か?! 判断がつかない!! 

これが,本のパラドックスです.
    • good
    • 0
この回答へのお礼

矛盾ですか!分かりやすいです!
なんだか一気に納得してしまいました……
ありがとうございます

お礼日時:2012/04/19 14:11

「タイムパラドックス」2題;



1.親殺しのパラドックス
タイムマシンで過去に戻って、自分を生む前の親を殺したら、
自分は生まれないので、親は殺されないので、自分は生まれ、
親は殺され‥‥ていう。

2.双子のパラドックス
宇宙空間で互いに慣性運動しているロケットにおいて、互いに
相手の時間が遅れる。双子が別方向のロケットに乗って光速に
近い速度で宇宙旅行して往復して再会すると、どちらも相手が
若い事になる。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

タイムパラドックスについても気になっていました、そういうことなのですね
親殺しのパラドックスに関しては自分でも理解できました。ありがとうございます

お礼日時:2012/04/19 14:10

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング